2020年11月05日

ストックホルム・ケース(原題:STOCKHOLM)

stockholmcase.jpg
 
監督・脚本:ロバート・バドロー
製作:ジェイソン・ブラム
劇中歌:ボブ・ディラン 
劇伴:スティーブ・ロンドン
出演:イーサン・ホーク、ノオミ・ラパス、マーク・ストロングほか

何をやっても上手くいかない悪党のラース(イーサン・ホーク)は自由の国アメリカに逃れるために、アメリカ人に扮装してストックホルムの銀行強盗を実行する。彼は幼い娘を持つビアンカ(ノオミ・ラパス)を含む3人を人質に取り、犯罪仲間であるグンナー(マーク・ストロング)を刑務所から釈放させることに成功。続いてラースは人質と交換に金と逃走車を要求し、グンナーと共に逃走する計画だったが、警察は彼らを銀行の中に封じ込める作戦に打って出る。現場には報道陣が押し寄せ、事件は長期戦となっていく。すると犯人と人質の関係だったラースとブリジッタたちの間に、不思議な共感が芽生え始める……。

「ストックホルム症候群」とは誘拐事件や監禁事件などの被害者が、犯人と長い時間を共にすることにより、犯人に連帯感や好意的な感情を抱いてしまう心理学用語のこと。ノオミ・ラパスが振り返るように説明するところから始まります。本作は、「ストックホルム症候群」の語源となった、“スウェーデン史上、最も有名な銀行強盗事件”として知られる5日間の立てこもり事件(ノルマルム広場強盗事件)を基にしたクライム・エンタテインメントです。
犯人ラースを演じるのは俳優のみならず脚本家、映画監督、演出家としても多方面で活躍するイーサン・ホーク。伝説のトランペット奏者チェット・ベイカーを演じた『ブルーに生まれついて』のロバート・バドロー監督と再タッグを組みました。
アメリカかぶれのラースは「警察はボブ・ディランが好き」といい、作品内でも「新しい夜明け」「今宵はきみと」「明日は遠く」「 トゥ・ビー・アローン・ウィズ・ユー」といったボブ・ディランの名曲が使われています。しかも俳優たちが英語を話すので、舞台がスウェーデンであることを思わず忘れてしまいそう(笑)。
それはさておき、本作の魅力はイーサン・ホークに尽きます。人質を取って銀行に立て籠もり、すぐにキレて過激な発言をするものの、実際には人質に危害を加える気がなく、むしろ優しい。本人は一生懸命なのだけれど、空回りするばかりでうまくいかない人物はイーサン・ホークの得意とするところ。チャーミングな魅力を本作でも余すところなく発揮しているので、気がつけば、すっかり犯人に肩入れしている自分に気がつくことでしょう。ファン必見の作品です。(堀)


2018年/カナダ・スウェーデン/英語・スウェーデン語/ 92分/シネスコ/カラー
配給:トランスフォーマー 
©2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved. 
公式HP:http://www.transformer.co.jp/m/stockholmcase/
★2020年11月6日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿、UPLINK吉祥寺ほか
posted by ほりきみき at 01:53| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった  原題:Once Were Brothers: Robbie Robertson and the Band

2020年10月23日(金)〜角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTO、アップリンク吉祥寺、立川シネマシティほか全国順次公開
劇場情報
16027629764130-thumbnail2.jpg
(C) Robbie Documentary Productions Inc. 2019


ミュージシャンが愛したミュージシャン、ザ・バンド
デビューから解散(ラスワルツ)までが語られる


監督:ダニエル・ロアー
製作:スティーブン・パニッチャ、アンドリュー・マンガー、サム・サザーランド、ラナ・ベル・マウロ
製作総指揮:マーティン・スコセッシ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワードほか
撮影:キアラッシュ・セイディ
原案:「ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春」(ロビー・ロバートソン著、奥田祐士訳、DU BOOKS刊)
出演
ザ・バンド:ロビー・ロバートソン、、リック・ダンコ、レボン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル

マーティン・スコセッシ、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ピーター・ガブリエル、ジョージ・ハリスン、ロニー・ホーキンス、バン・モリソン、タジ・マハール

ザ・バンドの中心メンバーだったロビー・ロバートソンが語る
伝説のバンドの誕生と栄光、そして、解散

 
ボブ・ディランをはじめ、世界で活躍するたくさんのミュージシャンたちからリスペクトされている「ザ・バンド」の誕生から解散までを描いたドキュメンタリー。彼らの足跡を、ロビー・ロバートソンが2016年に発表した自伝「ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春」をもとにたどった。
1959年にカナダでスタートした「ザ・バンド」。最初のメンバーはリヴォン・ヘルムで、その後、ロビー・ロバートソンが入り、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソンが入り、ザ・バンドの母体が出来上がる。その後、ボブ・ディランから声がかかり、65年、66年にかけて、彼のバックバンドとしてツアーに出た。1967年から76にかけて活動し、67年にはディランや彼のマネージャー、アルバート・グロスマンの誘いもあって、彼らが当時暮らしていたニューヨーク郊外のウッドストックに移り、ピンクに塗られた「ビッグ・ピンク」と呼ばれる家で創作活動続けた。ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ピーター・ガブリエル、ジョージ・ハリスン、ロニー・ホーキンス、バン・モリソン、タジ・マハールなど、大物ミュージシャンが登場し「ザ・バンド」の魅力を語る。
「ザ・バンド」の「ラストコンサート」を記録した音楽ドキュメンタリー『ラスト・ワルツ』を作ったマーティン・スコセッシや、ロン・ハワード、ブライアン・グレイザーらも製作総指揮として参加している。監督は若いカナダの新鋭ダニエル・ロアー。アメリカ映画界のベテランたちと組んだことで、いろいろな映像を加えることができ、世代を超えた心に響く作品ができあがった。

私が「ザ・バンド」のことを知ったのは、ボブ・ディランのバックバンドとして演奏している時。それ以前のボブ・ディランはフォークギター1本でソロで歌っていたが、フォークギターからエレキギターに変えたころで、フォークソングファンからはブーイングの嵐だった。ボブ・ディランその声には応えず、「ザ・バンド」を迎え、ロックの道を進んだ。当時そのことを、私も最初は残念に思っていた一人だったが、ザ・バンドとのセッションを見て納得。そしてボブ・ディランは「これでいい」と変わっていった。そのくらい「ザ・バンド」の演奏は素晴らしかった。その影に彼らとのこういう生活があったのだと、この映画で知った。そして伝説になった「ラストコンサート」。
しかし、これはあくまでロビー・ロバートソンの自伝を元にしたドキュメンタリー。兄弟のような絆で結ばれ、ウッドストック、「ビッグ・ピンク」での創作活動、ライブという生活の日々が続くなかで、やがてバンド内に不穏な空気が流れ5人はそれぞれの道を選択する。今となっては5人のメンバーのうち3人が亡くなってしまった。唯一残っているガース・ハドソンのインタビューも撮影されたが映画には使われず、最終的にはアーカイブ映像だけが使用されているとのことなので、やはり、これはロビー・ロバートソン目線の「ザ・バンド」の記憶なのだろう。
この映画を観て、1969年の「ウッドストックのコンサート」がここで行われたのは、彼らがここで暮らしていたことと関係あるのかもしれない」と思ったが、やっぱりそうだった。まさか50年もたってから知るとは思ってもみなかった(暁)。


公式HP
2019年製作/101分/G/カナダ・アメリカ合作
配給:彩プロ


posted by akemi at 20:56| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

マティアス&マキシム ( 原題:Matthias et Maxime 英題:MATTHIAS & MAXIME )

16001358624300.jpg

脚本・監督・編集・製作・衣装:グザヴィエ・ドラン
製作:ナンシー・グラント
撮影:アンドレ・チュルパン
音楽:ジャン・ミッシェル・ブレ
美術:コロンブ・ラビ
衣装:ピエール=イヴ・ゲロー

出演:ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス、グザヴィエ・ドラン、ピア・リュック・ファンク、サミュエル・ゴチエ、アントワーヌ・ピロン、アディブ・アルクハリデイ、ハリス・ディキンソン、アンヌ・ドルヴァル

親友同士で30歳のマティアス(ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス)とマキシム(グザヴィエ・ドラン)は、友人が監督する短編映画でキスシーンを演じる。その口づけをきっかけに、二人は今まで封印してきた相手への思いに気付き始める。婚約者のいるマティアスは親友への思わぬ感情に戸惑い、マキシムは長年の友情が壊れることを恐れていた。

グザヴィエ・ドラン監督・出演作史上、最も切なく涙を誘い、経済格差といった社会問題までを孕む、秀作が誕生した。19歳での監督デビューから30代に入り込んだドランの行く先はまだまだ伸びしろがありそうだ。何処まで伸長するのか予想もつかない未完成の魅力が本作でも発揮された。
湖畔の別荘、幼馴染みで気の置けない仲間たちとのパーティが物語の発端となる。オーストラリア留学まで12日と迫ったマックス(ドラン)は、親友マットの父親の推薦状を必要としていた。さらりと出てくるこの伏線が後に重要な場面と繋がるため、見逃せない。
夜明けの湖を泳ぐ幻想的な場面や、マットの言質をイジる”言葉警察遊び”など、ドランの演出は緩急自在だ。問題のマックスとマットのキスシーンは意外にあっさりと描かれる。これもドランの狙いなのだろう。

バス停で少年に見つめられたり、マックスは次第に自分の周囲にいる男たちを意識するようになる。一方、本作では生活臭の描き方がきめ細かい。マックスに平然と金をせびる薬物依存症の母。その母のために甲斐甲斐しくパスタを作り世話をしつつ、後見人となっている叔母と今後の話し合いも欠かせない。
バーテンダーとして働く店で、親切にしてくれる女友だちから、階級格差について皮肉を言われる。傍目に苦労しているマックスを仲間の母親たちは憐れむ。こうした立場の異なる複数の女たちの心情を見渡し、短いショットで繋ぐ観察技法に、これまで以上の洗練と成熟が観られた。

注目すべきは、マックスとは対照的な俗物として登場するマットの取引先相手、トロントから来たケヴィンの存在だ。登場シーンはドランの映像・音楽センス、テンポの良さといった技法の粋が凝縮されている。ゲスな発言を繰り返すケヴィンに、マットは戸惑いを覚えながらもビジネスライクに振る舞う。内心ではマックスのことを考えているのが透察される。ケヴィンを演じる英国人俳優のハリス・ディキンソンは、ドランの演出意図を汲み、人物造形を巧みに表出した。ハリス・ディキンソンはレイフ・ファインズと共に主演に抜擢された『キングスマン:ファースト・エージェント』公開が控える注目株だ。

撮影監督のアンドレ・テュルパンは、これまで組んできたドランの世界を知り尽くしたカメラマンとして期待に応える映像を展開。スタイリッシュなライティング、登場人物の目の光を捉え、セリフを排した感情表現の映像作りは卓抜した技術だ。本作では湖周辺の自然描写、瀟洒な別荘、叔母宅の赤いブラインドなど、経済・階級格差を可視化する視点に貢献している。
BL映画を苦手とする向きも映画ファンは少なくないだろう。でも、ドラン作品は一味違いますよ!(幸)


19歳で初監督作品『マイ・マザー』(2009)を放ったグザヴィエ・ドラン。その才能に驚くと共に、美しい容貌にクラクラしたものだ。その後も、『わたしはロランス』(2012) 『トム・アット・ザ・ファーム』(2013)、『Mommy/マミー』(2014年)、『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(2018)等々、印象に残る監督作を発表し続けているが、なかなか本人は出演してくれなくて、残念に思っていた。『ある少年の告白』(ジョエル・エドガートン監督、2018年)で、久しぶりにグザヴィエ・ドランの姿が拝めると楽しみに観たら、強制的に同性愛を治す施設に入居している男で、ちょっとむさ苦しい雰囲気。10代の時に美しかった少年も、大人になると・・・とがっかりしたが、『マティアス&マキシム』で払拭! 30を越えたと思えない初々しい姿にため息。右頬に大きな痣(あざ)があるのに、そんなことは気にならない美貌。グザヴィエ・ドランは、やっぱりこうでなくっちゃ。(咲)

提供・配給:ファントム・フィルム
2019年製作/120分/PG12/カナダ/ビスタサイズ/5.1ch
(C) 2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
公式サイト:http://phantom-film.com/m-m/
★2020年9月25日(金)より、 新宿ピカデリーほか全国公開
posted by yukie at 21:44| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

新しい街 ヴィル・ヌーヴ ( 原題:Ville Neuve )

15987873320910.jpg

監督: フェリックス・デュフール=ラペリエール
出演:ロベール・ラロンド、ジョアンヌ=マリー・トランブレ、テオドール・ペルラン

アルコール依存症の詩人ジョゼフは、離婚した元妻のエマを思い出の地である「ヴィル・ヌーヴ」に呼び出す。やり直せるかに見えた二人だったが、独立運動の盛り上がりと同時に、彼らの関係に新たな波乱が生じる。

まるで、”アニメーション版タルコフスキー”とでも称したいほど詩情溢れる作品だ。タルコフスキーの特徴である”水”の象徴性は、海辺の小屋や波、白い魚、水溜まりといった対象に呼応する。
作中でも、題名こそ示されないが、タルコフスキー作『アンドレイ・ルブリョフ』の挿話が引用される。
「鐘を造る映画を見た。 息子は父から鐘造りの秘伝は教わっていなかった…」
「鐘」は『アンドレイ・ルブリョフ』の中でも最も印象的な挿話だったため、タルコフスキーへのオマージュの感を強くした。

全編が墨絵・手描きで作られた本作は、米国の作家レイモンド・カーヴァーの「シェフの家」にインスパイアされた。原作は意外な程の短編である。元妻に未練を持つ中年男の物語を自由に翻案し、カナダ・ケベック州の独立運動を織り込んだ。
政治的な主題と愛情を交錯させつつ、国且つ人々の独立していく様を情感豊かに綴った脚本は出色といえる。

大人のためのアニメーションだが、決して政治色が強くも難解でもない。抽象的な表現こそ目立つものの、安易なカタルシスを求めがちなアニメーションが跋扈する中、一石を投じる作品だ。
監督はこれが初長編アニメとなるフェリックス・デュフール=ラペリエール。”映像詩人”の系譜を受け継ぐ監督がカナダに現れたことが素直に嬉しい。(幸)


配給・宣伝:ニューディアー
配給協力:植田さやか
2018年製作/76分/カナダ
後援:カナダ大使館
協力:ケベック州政府在日事務所
©L'unité centrale
公式サイト:http:// newdeer.net/ville
★9月12日(土)、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
posted by yukie at 20:47| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

馬三家からの手紙 (原題:Letter from Masanjia) 

masanjia.jpg

監督:レオン・リー
撮影:孫毅、マーカス・ファン
出演:孫毅、ジュリー・キース、江天勇ほか

米オレゴン州に住む女性ジュリー・キースがスーパーで購入した「中国製」のハロウィーンの飾りの箱に忍び込まれたSOSの手紙を見つけるところから「馬三家の手紙」は始まる。手紙は政治犯として捉えられた孫毅(スン・イ)が中国で恐怖の城と言われた馬三家(マサンジャ)労働教養所の中で書かれたものだった。8000キロ以上の旅を経てクシャクシャになった紙には、信念のために収監され、拷問・洗脳されている状況が詳細に書かれていた。このメッセージは次々と広まり、中国の労働教養所制度を閉鎖させるまでに至った。しかし、これでストーリーは終わらなかった・・・

孫毅は法輪功と呼ばれる中国の伝統的な健康法である気功を実践していたという理由だけで拘束され、馬三家収容所に収容された。そこで、鉄製の2段ベッドに24時間吊るされたまま、寝られなくなるという凄まじい拷問を受ける。それでも信念を変えない。その強さはいったいどこから来るのだろう。
釈放後も自宅軟禁や嫌がらせを受け、孫毅は中国共産党体制の非人道性を世の中の人に知ってもらおうと決意。それが実って映画となり、こうして日本でも公開される。「中国って怖い」と思うだけでなく、日本がそうならないよう、政治に無意識になってはいけない。(堀)


孫毅が拘束されたのは、法輪功を信奉する人数が増えてきて、政府にとって脅威だからという事情だった。孫毅は、かつて馬三家収容所で書いた手紙が世に出たことで、レオン・リー監督と共に、実態を世に知らせたいと映画にすることを決意したが、さらにそのことが彼の人生に大きな影響を与えた。それを思うと、はたして映画にしたことがよかったのかどうかと思ってしまう。
来る4月4日から公開(6月27日公開に延期されました)のワン・ビン監督の『死霊魂』では、1950年代後半、中国共産党によって突然「反動的な右派」として収容所に送られた人たちのことが綴られている。その中で、員数合わせで拘束されたと語る人もいた。
そして、今、中国ではウィグル族の人たちが思想改造のために収容されている。ただただ宗教や民族が違うだけのことで。
世界では中国のみならず、「政治犯」として拘束される人たちが後を絶たない。政権にとって邪魔な人を排除するという、独裁にとってありがちな行為。犠牲になった方々のことを思うと涙が出る。日本にも自由にモノを言えない時代があったことを思い出す。こんなことも書けなくなる時代に逆戻りしないようにと願う。 (咲)



2018年/カナダ/カラー/76分
配給:グループ現代
©2018 Flying Cloud Productions, Inc.
公式サイト:https://www.masanjia.com/
★2020年3月21日より新宿K's cinemaほか全国順次公開


posted by ほりきみき at 23:29| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする