2021年11月13日

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実   原題:Podolskiye kursanty 英題:THE LAST FRONTIER

1941.jpg
© Voenfilm

監督・脚本:ヴァディム・シメリェフ
製作・脚本:イゴール・ウゴルニコフ(『ブレスト要塞大攻防戦』)
製作:ヴァディム・ザドロジニ
撮影:アンドレイ・ガーキン
音楽:ユーリ・ポテイェンコ(『ナイト・ウォッチ』)
出演:アルチョム・グビン、リュボフ・コンスタンティノワ、イゴール・ユディン、アレクセイ・バルデュコフ「メトロ42」、エフゲニー・ディアトロフ、セルゲイ・ベズルコフ、ロマン・マディアノフ、エカテリーナ・レドニコワ、セルゲイ・ボンダルチュク(『スターリングラード 史上最大の市街戦』)、グラム・バブリシヴィリ(『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』)

第2次世界大戦の流れを変える転換点となった「モスクワ攻防戦」。
最前線でドイツ軍に対峙した若き士官候補生たちの知られざる物語。

1941年10月、ポドリスク砲兵学校で訓練中の士官候補生ラヴロフとディミトリ。二人は共に思いを寄せている看護師のマーシャをめぐって喧嘩し、独房に入れられてしまう。そんな最中、ナチス・ドイツ軍がワルシャワ街道をモスクワに向かって進撃中との情報が入る。中央司令部は適切な援軍を集めるまで進軍を阻止するべく、訓練中の学生兵を前線に送ることを決断する。士官候補生のラヴロフたちは、いずれは将校や中尉となり、兵士を率いる立場だが、基礎訓練も終えておらず、現役の経験もない。いきなり最前線でし烈なドイツ軍の攻撃を受け、仲間が次々に命を落としていく・・・

1941年10月、ポドルスクの2つの軍事学校とモスクワの軍事工学学校から、20歳前後の若者約3,500人の士官候補生が、指揮官とともにマロヤロスラベッツ近郊の前線に派遣された。彼らの任務は、第43軍の部隊とともに、ワルシャワ街道をモスクワに向かって進む敵軍の進撃を少なくとも5日間は阻止すること。ドイツ・ナチス軍は、重砲、空爆、戦車などで士官候補生たちの陣地を叩いたが、突破することはできなかった。士官候補生たちは12日間イリインスキーラインを守り続け、一人として自分の持ち場を捨てようとはしなかった。この作戦で約2,500人が命を落とした。

1941年のイリインスキー防衛線を忠実に再現するために、現在は住宅地となっている前線から少し離れた場所に映画のセットを建設。人工の川、村、ピルボックス、橋、ワルシャワ・ハイウェイの一部などを、航空写真などのアーカイブ資料を使って再現。Vadim Zadorozhny氏の車両博物館に展示されていたソ連やドイツの戦車の実物を使用し、銃器や軍装にも、こだわって1941年の戦いを再現しています。果敢にドイツの戦車に立ち向かう若き士官候補生たちが次々に命を落としていきます。あまりに過酷な戦場の実態。遠隔操作で敵を攻撃する今の時代と違って、戦争が人と人が殺し合うものであることを思い起こさせてくれます。
軍医の女性が嘆きます。「なぜ、未来のある若者が戦うの? 母国を守るために戦っている若者たちを、母国はなぜ助けないの?」
一人の女性を巡って争うけれど、深い友情で結ばれたラヴロフとディミトリ、前線に向かう前に思いを寄せている女性に思い切ってプロポーズする青年、ノートに詩を書きとめ皆に聞かせる青年・・・ 世界のどこにでもいそうな若者たちの姿が描かれていて、戦争の虚しさをずっしりと感じさせられました。(咲)


こちらも、あわせてどうぞ!
12/3公開 『ナチス・バスターズ』


2020年/ロシア映画/ロシア語/142分/シネマスコープ
字幕:藤本聡
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
© Voenfilm
公式サイト:https://1941.jp/
★2021年11月19日(金)より東京・グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー



posted by sakiko at 23:42| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

クー!キン・ザ・ザ   原題:Ku! Kin-dza-dza

kukinzaza.jpg

監督:ゲオルギー・ダネリア
共同監督:タチアナ・イリーナ
声の出演:ニコライ・グベンコ(ウラジーミル・チジョフ)、イワン・ツェフミストレンコ(トリク)、アンドレイ・レオノフ(ウエフ)、アレクセイ・コルガン(ビー)

雪に覆われたモスクワ。世界的に著名なチェリストのウラジーミル・チジョフは、大通りで「あなたの甥だ」というDJ志望の青年トリクから金を貸してくれと頼まれる。二人の前にパジャマ姿の裸足の宇宙人が現れ、彼の”テレポーター”のボタンをうっかり押してしまい、キン・ザ・ザ星雲にワープしてしまう。そこは見渡す限りの砂漠に覆われ、身に着けるズボンの色によって階級が分かれた場所だった。「クー!」の一言がその抑揚で名詞・形容詞・副詞・感嘆詞などを表す世界。トリクは、臨機応変に異星人たちと「クー!」を駆使して物々交換し、なんとか地球に還ろうと奮闘する・・・

ソ連時代のジョージア(グルジア)で、1986年に製作された『不思議惑星キン・ザ・ザ』を、ゲオルギー・ダネリア監督が自らアニメ化した作品。2019年に88歳で逝去し、遺作となりました。
2016年8月に公開された実写版『不思議惑星キン・ザ・ザ デジタル・リマスター版』を拝見し、何とも不思議な世界で面白かったので、これは絶対見逃せないと観てみました。
実写版の方がインパクトありましたが、アニメも負けず劣らず脱力系の作品で楽しみました。描かれている世界は、はっきりとした階級社会。現実社会への皮肉がたっぷりです。 (咲)


不思議な寓意に満ちた作品でした。あまりアニメとか見ない私ですが、たまにはアニメもいいかなと感じさせてくれました。言葉が通じない世界で、「クー」の抑揚を変えることで、話がわかるというのがおかしかったし、なるほどと思いました。現在の世界でもそういうのが通じたらいいのにと思ったけど、実際、言葉が通じないところに行ったら、大変でした。それにしても、階級社会、差別化された社会への痛烈な批評が込められた作品で、こういうアニメだからこそ表現できたのかもと思います(暁)。

2013年/ロシア/92分
配給:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/kookindzadza/
★2021年5月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
posted by sakiko at 18:44| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

LETO -レト-  原題:Leto  英題:LETO(The Summer) 

leto.jpg

監督:キリル・セレブレンニコフ
出演:ユ・テオ、イリーナ・ストラシェンバウム、ローマン・ビールィク

1980年代前半、ソ連時代のレニングラード。西側諸国(資本主義諸国)の文化は禁忌とされていたが、L・ツェッペリンやT・レックスなどの影響を受けて、アンダーグランドの活動ながら、ロックバンドを組む若者たちがいた。中でも「ズーパーク」は人気を博していて、リーダーのマイク(ローマン・ビールィク)に、ロックスターを夢見るヴィクトル(ユ・テオ)は「大ファンです。僕の曲を聴いてください」と大胆にも声をかける。ヴィクトルの歌を聴き、才能があると見込んだマイクは、共に音楽活動を始める。一方、マイクの妻ナターシャ(イリーナ・ストラシェンバウム)とヴィクトルの間には淡い恋心が芽生える・・・

ロシアの伝説的なロックバンド「kino(キノ)」を創設したヴィクトル・ツォイ。自ら曲を書き、ヴォーカルとして活躍。10枚のアルバムをはじめとして多くの音楽作品を生み出した。『僕の無事を祈ってくれ』(88)で映画初主演を果たし、名声を得る。1990年8月15日、新アルバム制作のために短期滞在していたラトビアで交通事故に遭い、28歳の若さで命を落とす。人気絶頂だった彼の突然の死はファンに衝撃を与え、後追い自殺する者もいたという。

夏の浜辺で、思い思いに歌って過ごす光景は、自由主義国となんら変わらないように見える。でも、ロッククラブの幹部が、「ソ連のロッカーには、社会的役割がある。貧乏くさいのはダメ」と語る場面があって、いかにも社会主義国らしい感覚。そんな規制がある中でも、ロシア語で自分の思いを歌ったヴィクトル。突然の死が、彼を伝説にした。
風貌が東洋的なのは、彼が朝鮮人とロシア人の間に生まれたから。父親は極東ロシアに住んでいた朝鮮人でカザフスタンに強制移住させられた方。ここにもソ連的な事情が見える。

ヴィクトルが歌う背景に、アフガニスタンに派兵させられる若者たちの姿が映る場面があった。母親が「コーリャ、アフガニスタンに行くの?」と叫んでいて、無事に帰ってこられるのだろうかと心配する母親の思いがぐっと迫った。1979年の年末に突如アフガニスタンに侵攻したソ連。撤退するまでの約10年間に、多くの若者が命を落としたことと涙。(咲)



『LETO -レト-』本編映像 パッセンジャー編
YouTube: https://youtu.be/mS06WyTcHdA
トロリーバスの中でヴィクトルが乗客たちと共に歌いだすミュージカルのような場面。
モノクロの実写の上に白でアニメーションを施したポップな映像に、思わず本編を観たくなること請け合います♪

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞受賞

2018年/ロシア・フランス/スコープサイズ/129分/モノクロ・カラー/英語・ロシア語/DCP/5.1ch
配給:キノフィルムズ
公式サイト:https://leto-movie.jp/
★2020年7月24日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

posted by sakiko at 21:38| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剣の舞 我が心の旋律 (原題:Tanets s sablyami 英題:SABRE DANCE )

15954922999360.jpg

監督・脚本:ユスプ・ラジコフ
出演:アンバルツム・カバニン、ヴェロニカ・クズネツォーヴァ、アレクサンドル・クズネツォフ、アレクサンドル・イリン

第2次世界大戦中、レニングラード国立バレエ(現ミハイロフスキー劇場バレエ)は地方に疎開する。劇団員たちは軍部の監視や物資不足に悩まされながらも、「ガイーヌ」プレミア上演を目指していた。そんな中、作曲家のアラム・ハチャトゥリアン(アンバルツム・カバニャン)は公演開始8時間前にいきなり上官から、剣を持つクルド人が戦いのダンスを踊る楽曲を創作するよう命じられる。

アラム・ハチャトゥリアンが、僅か8時間で名曲「剣の舞」を書き上げた2週間前後に物語を絞ったことが奏功した。ハチャトゥリアンはアルメニアにルーツを持つ。アルメニアの紙幣に肖像が使用され、今でも民族の誇りを象徴する存在なのだ。

「アルメニア人虐殺を傍観しなければユダヤ人迫害もなかった」と劇中で言及する台詞には今日性、普遍性があり、本作主題の肝となっている。
アルメニア・アゼルバイジャン・ジョージア…などコーカサス地方の土俗的な民族音楽の影響がハチャトゥリアンの楽曲から聴き取れる構成にしたのは、ウズベキスタン出身の監督・脚本家ユスプ・ラジコフの意図だろう。

本作でも、ハチャトゥリアンがアララト平原を訪れるシーンは最も印象的だ。高原の空気が流れ、真っ青な空と荒涼とした大地にハチャトゥリアンが佇む時、演じるアンバルツム・カバニャンの眼差しに強い意思が宿る。

旧ソ連の政治支配から逃れられないハチャトゥリアンの不遇が滲み出ている点が伝わった。それが作曲の原動力になるのだが…。

アルメニアを舞台にしたバレエ曲「ガイーヌ」の「アダージョ」は、キューブリック監督作『2001年宇宙の旅』で宇宙船内を飛行士がジョギングしているところで流される。浮遊感と孤独を表現した名場面だ。
また、「仮面舞踏会」よりワルツが奏でる目眩く情動も聴き応えがある。クラシック音楽ファンもハチャトゥリアンを堪能できる作品として見逃せない作品となろう。 (幸)


ハチャトゥリアンは、1903年5月24日、ロシア帝国支配下にあったグルジア(現ジョージア)のティフリス(現トビリシ)でアルメニア人の家庭の4男として生まれた。
アルメニア人は、12世紀に東ローマ帝国によってアルメニア王国が滅ぼされると、世界中に離散。アルメニア人の6割はアルメニア共和国の外で暮らしている。
ハチャトゥリアンの祖先がいつグルジアに移住してきたのかは不明だが、1915年から1916年にかけて東トルコの地を追われて命からがら逃げてきたアルメニア人の姿を、ハチャトゥリアンは子どもの頃に目の当たりにしているに違いない。
映画の中で、回想場面として出てくる1939年のアルメニア訪問。アルメニア人の心の拠り所であるアララト山を眺めながら、老人が語りかける。「25年前に先祖の墓も家も捨てて、砲弾の中、泣く泣く故郷をあとにした。あの山で死んだ者の分まで生きねば。忘れなければ、世界を腐敗から防げる」
ハチャトゥリアンは、このアルメニア滞在で、祖国を追われたアルメニア人の苦悩を生涯のテーマにして世界に伝えたいと誓うのだ。それはアルメニア人に限らず、全人類が平和に暮らせるようにとの願いなのだ。
共産党員で文化省の役人プシュコフが、「今やトルコはソ連の友好国。昔のことは忘れろ。百年もすれば誰も覚えてない」と一蹴する。直接描けない思いを、ハチャトゥリアンはしっかり後世に伝えている。
小学生の頃から慣れ親しんできた「剣の舞」に、こんな思いが込められていたことを知り、胸が締め付けられる思いだ。(咲)

スタッフ日記にも雑感を書きました。
『剣の舞 我が心の旋律』 世界に離散したアルメニア人に思いを馳せる 


何度も聴いたことがある「剣の舞」の誕生にこのような秘話があったとは驚きだった。しかも、公演直前に作られた曲だったとは。初めて聴いたのはいつだったか忘れたけど、きっと小学生の頃の運動会だったと思う。疾走感あふれる曲で、一度聴いたら忘れられない。クラッシック音楽という風に意識したことはなかったけど、気がついたら耳に馴染んだ曲のひとつになっている。
ハチャトゥリアンという名前も一度聞いたら忘れられない名前。どこの国の人とか、どういう背景を背負った人というのは、今まで考えたこともなかったけど、この映画で知ることができた。映画は遥か昔の時代へといざない、ハチャトゥリアンの境遇を映し出す。そしてアルメニア人迫害の歴史とソ連の暴挙も。やはりハチャトゥリアンがアララト山を眺める光景が圧倒的で、あの山にこの曲を生んだ力強さのヒントがあるのではと思った。
それにしてもこの曲に限らず、流行歌、歌謡曲、ポピュラーソングなどでも、印象的だったり、耳に残る曲にはこういう締め切り直前にせっぱつまって作られらた曲が意外に多いなとこの映画を観ながら思った(暁)。


2019年製作/92分/ロシア・アルメニア合作
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト https://tsurugi-no-mai.com/
★2020年7月31日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開★
posted by yukie at 16:59| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

ドヴラートフ レニングラードの作家たち  原題:Dovlatov

dovlatov2.jpg

監督:アレクセイ・ゲルマン・ジュニア
撮影:ウカシュ・ジャル 
美術・衣装:エレナ・オコプナヤ
出演:ミラン・マリッチ、ダニーラ・コズロフスキー、スヴェトラーナ・ホドチェンコワ、エレナ・リャドワ

現代ロシアの作家セルゲイ・ドヴラートフの、ある6日間に迫った物語。

1971年、ロシア革命記念日である11月7日を目前にしたソビエト、レニングラード(現サンクトペテルブルク)。
ドヴラートフは新聞や雑誌に小さな記事を書いて原稿料を得ながら文筆活動に勤しんでいるが、政府の厳しい統制のもとで自身の作品を発表できないでいた。妻エレーナとは別れ、娘カーチャとはたまにしか会えない。
友人で、のちにノーベル賞を受賞する詩人ヨシフ・ブロツキーや、女優のセリョージャなどと集い、自由に活動できないことを憂いながらも、30代の若者らしくエネルギーに溢れ、希望に満ちていた。そんな中、親友で画家のダヴィッドが闇取引で捜査を受ける途中で不慮の交通事故で亡くなってしまう・・・

監督のアレクセイ・ゲルマン・ジュニアは、27歳の時にドヴラートフの小説に出会い、一気に全作品を読み尽くしました。監督にとってドヴラートフは、ロシア文学のスーパースター。いつか映画にしたいと思いながら15年が経ち、ようやく完成させました。
1971年という年は、監督の父でやはり映画監督のアレクセイ・ゲルマンが、映画『道中の点検』を発表したものの、検閲で上映禁止処分を受けた因縁の年。第二次世界大戦後のソ連では、1953年に独裁者スターリンが亡くなった後、「雪解け」で文化の自由化が始まり、1960年代には従来のソ連ではありえなかったような文学・芸術の新しい波が勃興しました。ですが、1968年にチェコの自由化の動きにソ連が介入したのを機に、政治的な締め付けが再び厳しくなりました。そんな時代の物語です。

詩人ヨシフ・ブロツキーは自由な表現を求めてアメリカに亡命。その後、ノーベル賞を受賞。
ドヴラートフも、創作の自由を求めて、レニングラードを去り、エストニアのタリンの新聞社に勤めた後、亡命しアメリカに渡りましたが、48歳の時、心臓発作でご逝去。ドヴラートフご自身、後に故国で著書が出版されることも知らずに亡くなってしまったことに涙です。
政治に翻弄されながらも、自らの思いを表現したいと抗った若き芸術家たちの姿が瑞々しく描かれていて、素敵な映画でした。
最後の場面、身体の大きいドヴラートフが車の屋根の上に乗っている姿は微笑ましくもありました。(咲)


2018年/HD/シネマスコープ/5.1ch/126分/ロシア
配給:太秦
公式サイト:http://dovlatov.net/
★2020年6月20日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開




posted by sakiko at 11:29| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする