2019年03月31日

ホフマニアダ ホフマンの物語 (原題:HOFFMANIADA)

hof.jpg

制作:ソユーズムリトフィルム・アニメーションスタジオ(ロシア)
監督:スタニフラフ・ソコロフ
脚本:ヴィクトル・スラフキン、スタニスラフ・ソコロフ
キャラクター・デザイン:ミハイル・シュミアキン
音楽:シャンドル・カロシュ
監修:木野光司

エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマンは作家、作曲家であり芸術家です。自分の人生と作品を振り返り、過ぎ去った日々を思い起こします。そして若かりし頃の姿、すなわちドイツの小さな町で若き裁判官見習いとして働き、質素な家の屋根裏部屋を借りて音楽家を目指していた頃に自分を重ねていきます。日中は官庁で退屈な仕事をこなし、仕事の後は近所の居酒屋に足を向けます。そして夜には芸術的な創作活動に熱中するのです。

たいへんに手間ひまのかかるストップアニメーション作品です。現在の大成した自分、見習いだった若い頃、空想を自由に羽ばたかせる幻想世界、これをいったりきたりしていると承知しておかないと、物語がすこしわかりくいかも。人形も衣装も舞台もものすごく凝っていて、実物をじっくり見たい気になります。美しくて、いくら見ていても飽きることがなさそう。完成まで15年もかかったのです。そんな作品を今見せてもらえる幸せ。(白)

2018年/ロシア/ロシア語・日本語字幕/72分
配給:リスキット
協力:太秦/T&Kテレフィルム/Stylab
(C)Soyuzmultfilm
http://www.hoffmaniada.net/
Twitter:https://twitter.com/hoffmaniada
★2019年4月2日(土)ロードショー

☆映画版『ホフマン物語』も公開中(料金は別ですので、ご注意ください)
監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー
出演:ロバート・ランスヴィル(ホフマン)、モイラ・シアラー(ステラ/オリンピア)
1951(日本公開1952)/イギリス/124分
posted by shiraishi at 20:22| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする