2022年07月08日

戦争と女の顔(原題:Dylda)

 
戦争と女の顔.jpg

監督・脚本:カンテミール・バラーゴフ
共同脚本:アレクサンドル・チェレホフ
原案:『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ, 三浦みどり 訳(岩波現代文庫)
音楽:エフゲニー・ガルペリン
撮影:クセニア・セレダ
出演:ヴィクトリア・ミロシニチェンコ、ヴァシリサ・ペレリギナ、アンドレイ・ヴァイコフ、イーゴリ・シローコフ

1945年、終戦直後のレニングラード。第二次世界大戦の独ソ戦により、街は荒廃し、建物は取り壊され、市民は心身ともにボロボロになっていた。史上最悪の包囲戦が終わったものの、残された残骸の中で生と死の戦いは続いていた。多くの傷病軍人が収容された病院で働く看護師のイーヤ(ヴィクトリア・ミロシニチェンコ)は、PTSDを抱えながら働き、パーシュカという子供を育てていた。しかし、後遺症の発作のせいでその子供を失ってしまった。そこに子供の本当の母であり、戦友のマーシャ(ヴァシリサ・ペレリギナ)が戦地から帰還する。彼女もまた後遺症や戦傷を抱えながらも、二人の若き女性イーヤとマーシャは、廃墟の中で自分たちの生活を再建するための闘いに意味と希望を見いだすが...。

30歳を過ぎたばかりのカンテミール・バラーゴフ監督がノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのデビュー作『戦争は女の顔をしていない』を原案に、戦後の女性の運命をテーマに脚本を書いた。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でプレミア上映され、国際映画批評家連盟賞と監督賞をダブル受賞したほか、50を超える世界各国の多くの映画祭で上映、30を超える映画賞を受賞している。バラク・オバマ元米大統領が年間ベストに選出したことでも話題になった。日本では『戦争は女の顔をしていない』が書籍だけでなく、コミックとしても販売されている。
主人公であるイーヤとマーシャはスナイパーとして従軍していたとのこと。「現代ならともかく、第二次世界大戦で女性がスナイパー?」と思うかもしれない。調べたところ、ソ連では第二次世界大戦時に多くの女性兵士が男性同様に前線で戦っており、リュドミラ・パヴリチェンコは309人を狙撃したと記録に残っている。女性のスナイパーは決してフィクションではない。
イーヤとマーシャは2人とも戦争による後遺症を抱えており、イーヤが看護師として働く病院には多くの傷病軍人が収容されている。戦争は勝っても負けても心や体に大きな傷を残すのだ。しかもマーシャは戦後になっても戦場に行っていない同胞の女性から侮蔑的な扱いを受けた。マーシャの心の痛みはいかばかりか。反戦を訴える監督の強い意志が全編から伝わってきた。(堀)


冒頭、何を思い出すのか、茫然と立ち尽くす背の高い女性イーヤ。傷病軍人が多く入院する病院で看護師として働くイーヤは、彼女自身、戦場を経験していて、その記憶に苛まされているのです。幼い男の子パーシュカを一人で育てているイーヤに、院長は「死者が出たので、その分の食糧を坊やのために」と配慮してくれます。
やがて戦地からマーシャという女性が帰還して、彼女がパーシュカの生みの母で、なぜイーヤが代わりに育てていたのかを観ている者は知ることになります。
我が子が亡くなったことを知ったマーシャが、心を癒すためにどうしても子どもが欲しいと画策するのですが、これがもう凄い展開。(ぜひ劇場でご確認ください。)

英題『Beanpole』は、「のっぽさん」という意味。背の高いイーヤは、親友マーシャからも傷病兵たちからも、のっぽさんと親しまれています。病院の台所で働く年配の男性から、「イーヤはギリシャ語でスミレという意味だよ」と聞かされます。まさにスミレのように純粋なイーヤ。ナンパされ、相手の男の腕をへし折るほど純なのです。親友マーシャのことが大好きで、マーシャにつきまとうウブな男サーシャが疎ましくて追い払おうとします。
戦地で壮絶な経験をしたイーヤとマーシャが深い絆で結ばれ、なんとか生き抜こうとする姿が描かれているのですが、一方で、戦地から生還したものの、首から下が不随になってしまい、家族の重荷になるから死にたいという男性の姿も本作では描かれています。1945年を舞台にした物語ですが、今も世界各地で戦争の犠牲になる人が後を絶ちません。民間人だけでなく、お国のためにと否応なく戦地に行かされる兵士も犠牲者であることを、本作はずっしりと伝えてくれます。皆が平穏に暮らせる世界はいつ実現するのでしょう・・・ (咲)


ロシア/ロシア語/2019年/137分/DCP/カラー/字幕翻訳:田沼令子/ロシア語監修:福田和代/PG12
配給:アットエンタテインメント
(C) Non-Stop Production, LLC, 2019
公式サイト:https://dyldajp.com/
★2022年7月15日(金)、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ピカデリーほか、全国順次ロードショー

posted by ほりきみき at 23:42| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

ヘイ!ティーチャーズ!(原題:Katya I Vasya idut v shkolu)

hey.jpg

監督:ユリア・ヴェシュネヴェッツ
出演:エカテリーナ、ワシリイ

モスクワの大学を卒業したエカテリーナとワシリイは、大都会から行ったこともない地方都市の学校に赴任した。エカテリーナは文学、ワシリイは地理を担当する。教師1年生の2人は、授業の計画を立て、生徒たちを知って様々なことを教え、一緒に考えたいという情熱と夢を抱いていた。ところがそれは早々に打ち砕かれる。生徒たちは教師の言葉を聞かず、授業中もお喋りを止めない。輪ゴムを飛ばし合い、こっそりスマホでゲームをしている者までいる。怒鳴ったり、脅したりしたくない2人はあれこれと工夫するのだが…。

「教師はツライよ」…そんなシリーズはありませんが、どの国にも共通する「新米教師あるある」が満載です。ロシアの学校は小さな1年生から大きな11年生まで、日本でいう小、中、高校が同じ敷地にあります。都会で育った2人の新米教師が、地方の学校で奮闘努力する姿をとらえたドキュメンタリー。
エカテリーナは冒頭で、ブルーのミックスに染めていた頭髪をおとなしい色に染め変えました。フェミニズム、個人の尊厳など新しめの考えの彼女は、生徒をもっと感じたいと率直に語りますが、ベテランの先生は「そんなことはどうでもいい。生徒に学ぶべきことを教えて導くのが教師の仕事」とピシャリ。自分で考えるより目上の者に従順であれ、結論はすでにあっての議論というわけです。
ワシリイはアウトドア派、陽気でポジティブな男性ですが、保守的な地方のシステムは手ごわく、苦労します。生徒は新米先生の力量を見極めようといろいろ仕掛けてきますが、一度信頼すると屈託なく話すようになっています。生徒たちのやりとりも楽しく、よく撮影させてくれたこと、と思う場面が多いです。スマホで情報が手に入る現代でも、教会の権力は大きいようで、ヤンチャ坊主もみなかしこまっているのがほほえましいです。
せっかくの高い志が空回りしたエカテリーナとワシリイが、これからもめげませんように。今、大きくなった子たちは戦場に行っているのではないでしょうか?2人と、自由にモノが言えていたあの子たちがどうしているのか、そちらが気にかかります。(白)


エカテリーナが子どもたちの作文を読み、学級の半分がナショナリストと嘆き、授業で移民について取り上げました。すると子どもたちから「外国人はルールを守らない」「外国人は好き勝手をする」「虫けらみたいにうじゃうじゃいる」といった意見が次々と出てきます。必死に人権について語っても聞く耳を持たない子どもたち。しかし、校長先生からSNS投稿について釘を刺されると、言論の自由を主張するし(校長先生は民衆扇動と反論しましたが)、ナワリヌイの崇拝者ではないけれど共感すると言い、「プーチンは終わっている」と一刀両断する子も。学校教育の大切さと同時に難しさを感じました。
学内イベントで銃の解体と組み立をするのに驚いていたら、軍の訓練に参加したためテストが受けられず留年する子がいました。ナショナリストの彼らが軍に入って銃を持ったらどうなるのか。不安しかありません。(堀)


2020年/ロシア/カラー/デジタル/90分
配給:豊岡劇場
(C) OkaReka 
http://heyteachersjapan.com/
★2022年6月25日(土)ユーロスペースにてロードショー、全国順次公開
posted by shiraishi at 15:22| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

チェルノブイリ1986  原題:ЧЕРНОБЫЛЬ(Kogda padali aisty)

chernobyl 1986.jpg
(C)≪Non-stop Production≫ LLC, (C)≪Central Partnership≫ LLC, (C)≪GPM KIT≫ LLC, 2020. All Rights Reserved.

製作・監督・主演:ダニーラ・コズロフスキー
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー
出演:オクサナ・アキンシナ、フィリップ・アヴデエフ

1986年4月26日、当時ソ連邦だったウクライナのプリピャチにあるチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。未曾有の大惨事は、のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったとも言われ、数多くの映画が作られてきました。
本作は、事故発生当時、現地で撮影した経験を持つプロデューサーが、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点から描いたフィクション。

若き消防士アレクセイ(ダニーラ・コズロフスキー)は、別れた元恋人オリガ(オクサナ・アキンシナ)と10年ぶりに再会する。美容師として働きながら女手一つで10歳の息子を育てていて、その父親が自分だと知ったアレクセイは、彼女とともに人生を歩もうと決意する。そんな矢先、地元のチェルノブイリ原発で爆発事故が起こる。
事故対策会議で、爆発した4号炉から溶け出した核燃料が、炉の真下にある貯水タンクに達すると大規模な水蒸気爆発が発生し、ヨーロッパ全土が汚染される大量の放射性物質がまきちらされると聞かされる。回避する唯一の手段は、貯水タンクの排水弁を手動で開くこと。命がけの作業に、アレクセイは一度は辞退するが、被爆したわが子にスイスでの治療を受けさせることを条件に、水蒸気爆発を阻止するための決死隊に志願する・・・

アレクセイたち決死隊が、防護服をまとって、地下にある排水バルブをめざしていく姿に、見ている私も息が詰まりそうになりました。
チェルノブイリ原発事故を描いた映画の中では、ミハル・ボガニム監督の『故郷よ』(2013年2月9日に日本公開。2011年の東京国際映画祭では『失われた大地』のタイトルで上映)が特に印象に残っています。
事故の日に結婚式を挙げた若い二人。披露宴の最中、新郎ピョートルは自衛消防団から火災発生で呼び出され、人間原子炉と化して面会もできないままに逝ってしまうという物語でした。
チェルノブイリ原発は、今も危険をはらんだまま、ソ連の負の遺産としてウクライナの地に放置されています。
ソ連崩壊後、ウクライナは独立を果たしたものの、ずっとロシアの脅威にさらされてきました。2014年のクリミア半島併合で表面化し、しばらく世界は忘れていましたが、この2月末に大規模な軍事侵攻が始まり、戦地と化してしまいました。
ロシア制裁の意味から、ロシア映画である本作公開についても様々な意見があるようです。でも、こんな今だからこそ、注目するべき映画だと思います。なにより、プロデューサーのアレクサンドル・ロドニャンスキー氏はウクライナ人。製作・監督で、主演も務めたダニーラ・コズロフスキー氏は、ロシア人ですが、インスタグラムで戦争反対を表明しています。
公式サイトにある「本作の公開について」をぜひお読みください。

プロデューサーのアレクサンドル・ロドニャンスキー氏の言葉より:
私は、ソ連政府がアフガン戦争の絶対的な必要性をどのように説明したかをよく覚えている。そして、それが悲劇的な間違いであったと認めるまでに、10年の歳月と1万5千人のソ連兵、100万人近いアフガニスタン人の犠牲を要したことも記憶している。
今日、ベトナム、イラク、アフガニスタンでの自国の戦争に言い訳を見いだせるアメリカ人はほとんどいない。
そして、この戦争も悲劇的な間違いである。


ウクライナへの軍事支援や、ロシアへの経済制裁ではなく、もっと平和な解決方法はないのでしょうか・・・ (咲)

2020年/ロシア/ロシア語/136分/シネスコ/5.1ch
字幕翻訳:平井かおり 字幕監修:市谷恵子
配給:ツイン
公式サイト:https://chernobyl1986-movie.com/
★2022年5月6日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー




posted by sakiko at 17:11| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月17日

インフル病みのペトロフ家  原題:Петровы в гриппе 英語題:Petrov's Flu

infruyami.jpg
© 2020 – HYPE FILM – KINOPRIME - LOGICAL PICTURES – CHARADES PRODUCTIONS – RAZOR FILM – BORD CADRE FILMS – ARTE FRANCE CINEMA -ZDF


監督:キリル・セレブレンニコフ(『LETO -レト-』)
原作:アレクセイ・サリニコフ著「Петровы в гриппе и вокруг него(インフル病みのペトロフ家とその周囲)」(邦訳未出)
出演:セミョーン・セルジン、チュルパン・ハマートワ、ユリヤ・ペレシリド

2004年のロシア、エカテリンブルク。インフルエンザが流行している。ペトロフは高熱にうなされ、妄想と現実の間を行ったり来たり。やがてその妄想は、まだ国がソヴィエトだった子供時代の記憶へと回帰していく…。

キリル・セレブレンニコフ監督は、2017年、国からの演劇予算の不正流用を疑われて詐欺罪で起訴され、自宅軟禁に。かねてよりロシアのジョージア侵攻やクリミア併合、LGBTへの抑圧を批判するなど、政権に批判的な姿勢を明らかにしていたため、この逮捕を不当な政治弾圧と見る向きもあり、演劇界・映画界からセレブレンニコフを支持する声が上がった。2018年のカンヌ映画祭で『LETO ‒レト‒』が上映された際は、軟禁により参加できず、女優のティルダ・スウィントンなどが「セレブレンニコフに自由を」とアピール。2018年8月にはフランス芸術文化勲章最高位(コマンドゥール)を受章。2020年6月10日有罪判決が下され、 3年の保護観察、執行猶予付き3年の刑及び罰金となる。本作の脚本は自宅軟禁中に執筆された。(公式サイトより抜粋)

父親はユダヤ人の外科医、母親はウクライナ人のロシア語教師というセレブレンニコフ監督。この度の、ロシアのウクライナ侵攻についても複雑な思いでいるのではないでしょうか。
『LETO ‒レト‒』のなんとも不思議な世界が忘れられず、今回も期待して拝見。やっぱりセレブレンニコフ監督らしいテイストでした。このワケのわからなさが癖になりそうです。(咲)


◆『インフル病みのペトロフ家』公開記念・無料オンラインレクチャー 
<ロシア・ウクライナ・ベラルーシ映画の知られざる世界 ―今こそ知りたい現状と今後―> 
2022年5月15(日) 17:30~19:30
要・事前申し込み 詳細は下記で!
http://cineja4bestfilm.seesaa.net/article/487048033.html


第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
CST Artist-Technician Prize受賞

2021年/ロシア/146分/DCP/カラー
日本語字幕:守屋愛 
配給:ムヴィオラ
公式サイト:http://www.moviola.jp/petrovsflu/
★2022年4月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:20| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

親愛なる同志たちへ   原題:Дорогие товарищи!  Dorogie Tovarischi 英題:Dear Comrades

sin-ainaru.jpg
©Produced by Production Center of Andrei Konchalovsky and Andrei Konchalovsky Foundation for support of cinema, scenic and visual arts commissioned by VGTRK, 2020

監督・脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー(『暴走機関車』『 パラダイス』) 
出演:ユリア・ビソツカヤ(『くるみ割り人形 3D』『パラダイス』)、ウラジスラフ・コマロフ、アンドレイ・グセフ

1962年、フルシチョフ政権下のソ連で起きたノボチェルカッスクの虐殺。機関車工場のストライキに端を発し、大勢の市民が犠牲になりながら、ソ連が崩壊するまで約30年間隠蔽されていた事件。
本作は、84歳になるロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキーが、一人の共産党員の女性を主人公に、事件の真相に迫ったもの。

sin-ainaru main.jpg
©Produced by Production Center of Andrei Konchalovsky and Andrei Konchalovsky Foundation for support of cinema, scenic and visual arts commissioned by VGTRK, 2020


1962年6月1日、ソ連南西部ノボチェルカッスク。
早朝、リューダは共産党市政委員会の同僚で恋人のロギノフの家を後にし食料品店に急ぐ。物不足で、なんとか入手しようと開店を待ち構えている人たちをかき分け、顔見知りの店員から乳製品や煙草を受け取る。家に帰ると、女手ひとつで育てた18歳の娘スヴェッカが工場に出勤する支度に追われている。年老いた元コサック兵の父は煙草を嬉しそうに受け取る。
リューダが美容院で身なりを整えて出勤し会議に参加中、機関車工場でストライキが発生したとの連絡が入る。リューダはモスクワから駆け付けた高官たちを交えた緊急会議に出席する。市外への情報漏洩を防ぐため、軍による封鎖と監視体制を敷いたとの報告を受ける。夜遅く帰宅したリューダは娘に工場に行くなと言い聞かせるが、「抗議するのも民主主義」と家を飛び出していく。

6 月2 日 レーニンの肖像を掲げて行進してくる大勢の労働者たちに、リューダの勤める党地方本部の建物が取り囲まれる。リューダは KGBのスナイパーが屋上に身を潜めているのを目撃する。銃声が鳴り響き、デモ参加者や市民が次々と倒れる。逃げ惑う群衆の中を、リューダは娘を探して遺体安置所や病院を駆けずり回るが、見つからない。

6 月3 日 朝、街は何事もなかったかのように平静を取り戻し、広場では夜に開くダンス・パーティーの準備が行われている。リューダはKGBのヴィクトルから隣町に多数の遺体が埋められていると聞き、彼に付き添ってもらって検問をなんとかすり抜けて隣町に行く・・・

sinnainaru.jpg
©Produced by Production Center of Andrei Konchalovsky and Andrei Konchalovsky Foundation for support of cinema, scenic and visual arts commissioned by VGTRK, 2020


スターリンを信奉し、「デモを扇動した者には厳罰を」と強硬手段まで提案したリューダ。群衆が無差別銃撃に倒れる姿を目の当たりにして、それまで信じていたものが崩れ落ちます。さらに、娘が虐殺されたかもしれないと知り、一人の母親として、党の規律を破って探しにいきます。娘の捜索に協力したKGBのヴィクトルもまた、事件の隠蔽を図る国家の実態を知ってしまいます。「軍が市民に向けて発砲するのは憲法違反だからありえない」と言っていたのですが。
この事件は、30年後に真相が明かされましたが、世界には内政にしろ外政にしろ、真実が隠蔽されていることは多々ありそうです。
ノボチェルカッスクは、ウクライナにほど近い町。ロシア軍の通過地として被害を被っているのではないでしょうか。
私たちが耳にする、今ウクライナで起きていることも、西側からの報道だけなので真相はわかりません。そんなことも思い起こさせてくれた映画でした。 そして、犠牲になるのは、罪のない庶民・・・ (咲)


2020年/ロシア/ロシア語/121分/モノクロ/スタンダード/5.1ch
日本語字幕:伊藤美穂
配給:アルバトロス・フィルム  提供:ニューセレクト
公式サイト:https://shinai-doshi.com/
★2022年4月8日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開.
posted by sakiko at 21:39| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする