2020年06月14日

ドヴラートフ レニングラードの作家たち  原題:Dovlatov

dovlatov2.jpg

監督:アレクセイ・ゲルマン・ジュニア
撮影:ウカシュ・ジャル 
美術・衣装:エレナ・オコプナヤ
出演:ミラン・マリッチ、ダニーラ・コズロフスキー、スヴェトラーナ・ホドチェンコワ、エレナ・リャドワ

現代ロシアの作家セルゲイ・ドヴラートフの、ある6日間に迫った物語。

1971年、ロシア革命記念日である11月7日を目前にしたソビエト、レニングラード(現サンクトペテルブルク)。
ドヴラートフは新聞や雑誌に小さな記事を書いて原稿料を得ながら文筆活動に勤しんでいるが、政府の厳しい統制のもとで自身の作品を発表できないでいた。妻エレーナとは別れ、娘カーチャとはたまにしか会えない。
友人で、のちにノーベル賞を受賞する詩人ヨシフ・ブロツキーや、女優のセリョージャなどと集い、自由に活動できないことを憂いながらも、30代の若者らしくエネルギーに溢れ、希望に満ちていた。そんな中、親友で画家のダヴィッドが闇取引で捜査を受ける途中で不慮の交通事故で亡くなってしまう・・・

監督のアレクセイ・ゲルマン・ジュニアは、27歳の時にドヴラートフの小説に出会い、一気に全作品を読み尽くしました。監督にとってドヴラートフは、ロシア文学のスーパースター。いつか映画にしたいと思いながら15年が経ち、ようやく完成させました。
1971年という年は、監督の父でやはり映画監督のアレクセイ・ゲルマンが、映画『道中の点検』を発表したものの、検閲で上映禁止処分を受けた因縁の年。第二次世界大戦後のソ連では、1953年に独裁者スターリンが亡くなった後、「雪解け」で文化の自由化が始まり、1960年代には従来のソ連ではありえなかったような文学・芸術の新しい波が勃興しました。ですが、1968年にチェコの自由化の動きにソ連が介入したのを機に、政治的な締め付けが再び厳しくなりました。そんな時代の物語です。

詩人ヨシフ・ブロツキーは自由な表現を求めてアメリカに亡命。その後、ノーベル賞を受賞。
ドヴラートフも、創作の自由を求めて、レニングラードを去り、エストニアのタリンの新聞社に勤めた後、亡命しアメリカに渡りましたが、48歳の時、心臓発作でご逝去。ドヴラートフご自身、後に故国で著書が出版されることも知らずに亡くなってしまったことに涙です。
政治に翻弄されながらも、自らの思いを表現したいと抗った若き芸術家たちの姿が瑞々しく描かれていて、素敵な映画でした。
最後の場面、身体の大きいドヴラートフが車の屋根の上に乗っている姿は微笑ましくもありました。(咲)


2018年/HD/シネマスコープ/5.1ch/126分/ロシア
配給:太秦
公式サイト:http://dovlatov.net/
★2020年6月20日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開




posted by sakiko at 11:29| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

私のちいさなお葬式(原題:Karp otmorozhennyy)

watasino.jpg

監督:ウラジーミル・コット
脚本:ドミトリー・ランチヒン
出演:マリーナ・ネヨーロワ(エレーナ)、アリーサ・フレインドリフ(リューダ)、エヴゲーニー・ミローノフ(オレク)、ナタリア・スルコワ(役所の女性)、セルゲイ・プスケパリス(検死医)

ロシアの小さな村に住む73才のエレーナ。夫に先立たれて息子を育て、教職を定年まで務めあげた。今は年金でつつましくも充実した毎日を送っている。自慢の息子は都会で暮らし、5年に1度しか帰ってこない。エレーナは病院の検査で、もと教え子の医師に心電図を見せられ「いつ心臓が止まってもおかしくない」と言われてしまう。余命はわずか。
あまりに突然で現実味がないエレーナだったが、ある日自宅で倒れてしまった。見舞いに来た息子は忙しそうで、ほんとのことなど言えない。今から自分の葬式の準備をしておこうと心に決める。忙しい息子の手を煩わさないように、死ぬまでにしなければならないことを書き出していく。気に入りのドレスを着て自分で選んだ棺桶に入る。仲の良い友達がお葬式に来たら、大好きな曲をかけ、思い出話をしながら美味しい料理を食べてもらう。それがエレーナの望み。

ロシア発、ベテラン俳優たちがおりなす人情コメディ。主演のマリーナ・ネヨーロワは本作で初めて観ました。日本公開作が全然ないのですが、ロシアでは知らない人がいない名女優だそうです。シミひとつない美しい元先生役。エレーナは完璧かとおもいきや、一人息子を愛するあまり恋路の邪魔をした過去があります。この黒歴史で、エレーナの印象が膨らみました。
隣人のリューダを演じるアリーサ・フレインドリフは『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』(2017)での厳しい講師役でした。エレーナの親友で一人住まいの彼女を支えます。リューダの孫パーシャはいまどきの若者ですが、自分の祖母には悪態をついてもエレーナの買い物を手伝う優しい一面もあります。まさに「遠い親戚より近くの他人です。
エレーナのお気に入り曲は、日本の双子デュオ、ザ・ピーナッツが歌った「恋のバカンス」(1963)でした。ロシアでもヒットしたそうです。誰にもやってくる老いと死を、前向きに受け入れるエレーナと周りの人々を描いて第39回モスクワ国際映画祭観客賞に輝きました。凍らせたのに生き返って泳ぐ鯉が、息子の行動に影響を及ぼします。台詞などなくともグッジョブ!(白)


2017年/ロシア/カラー/シネスコ/100分
配給:エスパース・サロウ
(C)000≪KinoKlaster≫,2017r.
http://osoushiki.espace-sarou.com/
★2019年12月6日(金)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 23:23| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(原題:T-34)

t34.jpg

監督・脚本:アレクセイ・シドロフ
撮影:ミハイル・ミラシン
出演:アレクサンドル・ペトロフ(ニコライ・イヴシュキン)、イリーナ・スタルシェンバウム (アーニャ)、ヴィツェンツ・キーファー(イェーガー大佐)、ヴィクトル・ドブロンラヴォフ (ステパン・ヴァシリョノク)、アントン・ボグダノフ(ヴォルチョク)、ユーリー・ボリソフ(イオノフ)

第2次世界大戦下。ソ連の新米士官ニコライ・イヴシュキンは前線で初の戦闘に敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となった。収容所ではナチスの戦車戦の演習のため、戦車の整備と演習の相手として駆り出される。ナチス・ドイツ軍はソ連の最強戦車T-34を手に入れており、その中には友軍兵士の遺体が残されたままだった。
イヴシュキンには同じ捕虜の仲間と共に演習の準備期間が与えられる。演習でこちらには弾の装備はなく、攻撃からひたすら逃げ回るしかない。しかしこれが脱出する唯一のチャンスと考えた4人の男たちは無謀な計画を立てる。

いや、怖かった!体感する映画でした。本物の戦車内に取り付けられた小型カメラで撮影、俳優自らが操縦している隣に自分がいるような感覚になります。戦車の重量感、閉鎖的な空間、被弾の衝撃などこんなに体感できる映画をこれまで経験したことがありません。
ロシア映画史上最高のオープニング成績を記録、興行収入40億円、観客動員数800万人、ロシアN0.1のメガヒット作品となったというのに納得します。観た後、必ずほかの人に「凄かった!」と言いたくなり、口コミでも大きく広がったに違いありません。VFXはインド映画『バーフバリ 王の凱旋』を手がけた“Film Direction FX"をはじめロシア最先端の映像技術を結集しています。エンドロールが短くて驚きましたが、VFXが外注でなく自国制作だったから、と詳しい先輩ライターさん。なるほど。(白)


2018年/ロシア/カラー/113分
配給:ツイン
(c)Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018
http://t-34.jp/
★2019年10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 11:14| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

ホフマニアダ ホフマンの物語 (原題:HOFFMANIADA)

hof.jpg

制作:ソユーズムリトフィルム・アニメーションスタジオ(ロシア)
監督:スタニフラフ・ソコロフ
脚本:ヴィクトル・スラフキン、スタニスラフ・ソコロフ
キャラクター・デザイン:ミハイル・シュミアキン
音楽:シャンドル・カロシュ
監修:木野光司

エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマンは作家、作曲家であり芸術家です。自分の人生と作品を振り返り、過ぎ去った日々を思い起こします。そして若かりし頃の姿、すなわちドイツの小さな町で若き裁判官見習いとして働き、質素な家の屋根裏部屋を借りて音楽家を目指していた頃に自分を重ねていきます。日中は官庁で退屈な仕事をこなし、仕事の後は近所の居酒屋に足を向けます。そして夜には芸術的な創作活動に熱中するのです。

たいへんに手間ひまのかかるストップアニメーション作品です。現在の大成した自分、見習いだった若い頃、空想を自由に羽ばたかせる幻想世界、これをいったりきたりしていると承知しておかないと、物語がすこしわかりくいかも。人形も衣装も舞台もものすごく凝っていて、実物をじっくり見たい気になります。美しくて、いくら見ていても飽きることがなさそう。完成まで15年もかかったのです。そんな作品を今見せてもらえる幸せ。(白)

2018年/ロシア/ロシア語・日本語字幕/72分
配給:リスキット
協力:太秦/T&Kテレフィルム/Stylab
(C)Soyuzmultfilm
http://www.hoffmaniada.net/
Twitter:https://twitter.com/hoffmaniada
★2019年4月2日(土)ロードショー

☆映画版『ホフマン物語』も公開中(料金は別ですので、ご注意ください)
監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー
出演:ロバート・ランスヴィル(ホフマン)、モイラ・シアラー(ステラ/オリンピア)
1951(日本公開1952)/イギリス/124分
posted by shiraishi at 20:22| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする