2021年01月23日

プラットフォーム(原題:El Hoyo/英題:The Platform)

platform.jpg

監督:ガルダー・ガステル=ウルティア
出演:イバン・マサゲ(ゴレン)、『パンズ・ラビリンス』『ミリオネア・ドッグ』「わが家へようこそ」、アントニア・サン・フアン

ゴレンは禁煙するために「穴」と呼ばれる「VSC/垂直自主管理センター」に入った。携帯品は一つだけ、6ヶ月の間に読み終わるように「ドン・キホーテ」の本を持ち込んだ。ガスで眠らされて目覚めると老人が自分を見つめていた。ベッドと洗面、トイレのほか何もない部屋で、床と天井に大きな四角い穴が開いている。詳しいことを知らされなかったゴレンに、老人は決まりごとをいくつか教えてくれた。老人は長い間ここにいて、下層の悲惨さを知りつくしている。自分たちがいる48階は良い階だと言うが、ゴレンは食べ散らかされた残り物を口にできない。
ルール1:一ヶ月ごとに階層が入れ替わる
ルール2:何か一つだけ建物内に持ち込める
ルール3:食事が摂れるのはプラットフォームが自分の階層にある間だけ

1日1度、上の階の残り物が載ったプラットフォームが下りてくる。最下層まで行くと凄いスピードで上がって戻る。食べて生き残ることしかすることがない。知るにつけ、とんでもない場所だとわかるが、途中で出ることはできないしくみだった。

縦構造になった階級社会を描く SF サスペンス・スリラー。よくこんなことを思いつくね、と呆れると同時に感心してしまいました。ガルダー・ガステル=ウルティアの長編初監督作品です。
ホテルの厨房かと見まがうところで、責任者らしい男性が厳しくチェックし、味や見た目はもとより髪の毛1本も見逃しません。それでも0階のプラットフォームに美しく盛られた食事がどうなるのかは、作り手の知るところではなく、知ろうとさえ思わないのかもしれません。
考えてみればわずかな食糧を奪い合っているのは、現実世界でも同じです。現実では階層が産まれながらに決まったり、努力次第で変えられることがあります。「穴」ではどこにいようと、1ヶ月経てば必ず移動するというところが異なります。
「奪い合えば足りず、分け合えば余る」という言葉がありますが、全員に行き渡るだけの食糧があっても下層まで届きません。たとえ下層で苦労しても、上層に移ればこのときとばかり幸運を貪り、分け合うことなど考えません。人間のイヤな部分がこれでもかとばかりにさらされます。そうしないと生き残れないので、ヘタレな私なら早々に脱落です。
豊かな国ではあり余り、廃棄される食品があっても、食べられない人には回っていかないドキュメンタリーを思い出しました。(白)


受賞歴
2019 トロント国際映画祭(ミッドナイトマッドネス部門):観客賞受賞
2019 シッチェス・カタロニア国際映画祭:最優秀作品賞、視覚効果賞、新進監督賞、観客賞受賞
2020 ゴヤ賞:特殊効果賞受賞

階級社会をデフォルメして描いている作品で、窓がなくて暗く汚い部屋、上から下りてくる残飯などが全体的にダークな印象を与えています。時折、目を覆いたくなるシーンも。この作品はホラーなのか、サスペンスなのか。情報が少ないゆえ主人公の先行きが気になって、なぜか目が離せません。
不条理な状況に立ち向かおうとする人も出てきますが、うまくいきません。彼らはヒーローではなく、むしろ人間としての矮小さが際立って感じられてしまいます。彼らに共感するか、どうかで見ている人の社会性が問われているような気がします。(堀)


2019年/スペイン/カラー/シネスコ/94分/R15+
配給:クロックワークス
(C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
http://klockworx-v.com/platform/
★2021年1月29日(金)劇場公開
posted by shiraishi at 23:59| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

43年後のアイ・ラヴ・ユー(原題:Remember Me)

43love.jpg
 
監督・脚本:マーティン・ロセテ
出演:ブルース・ダーン、カロリーヌ・シロル、ブライアン・コックス

70歳のクロード(ブルース・ダーン)は妻を亡くし、LA郊外に一人で住む元演劇評論家。親友のシェーン(ブライアン・コックス)と老後を謳歌していた。ある日、昔の恋人で人気舞台女優のリリィ(カロリーヌ・シロル)がアルツハイマーを患わせて施設に入った事を知る。もう一度リリィに会いたいと願ったクロードは、アルツハイマーの《フリ》をしてリリィと同じ施設に入居するという一世一代の《嘘》を思いつく。シェーンの協力のもと、遂にリリィと念願の再会を果たしたクロード。だがリリィの記憶からクロードは完全に消し去られていた―。そんなリリィに、クロードは毎日のように二人の想い出を語りかけるのだった。ある日、昔リリィが演じたシェイクスピアの「冬物語」を施設で観る事になり、クロードは孫娘と一緒にある作戦を実行する。

このところシルバー世代を主人公に迎えた作品がぐっと増えてきました。本作もその1つ。かつて愛した女性が認知症になって施設で暮らしていることを知った主人公の涙ぐましい奮闘を描いた純愛ストーリーです。
認知症には特効薬はありません。しかし、何かの拍子にふっと思い出したりすることがあるようです。頭ではなく、体が覚えていることなのでしょう。本作ではクロードを演劇評論家に、リリィを舞台女優に設定することで、リリィが認知症になってもかわいらしさを保っていることやクロードが起こした奇跡にリアリティをもたらしています。
またクロードの奮闘はリリィだけでなく、家族や親友にも影響を及ぼしました。ダメだと諦める前に一歩踏み出してみる。自分の思い込みが明るい未来を阻んでいたことに気づくのです。とはいえ、すべてが思い通りに進むわけじゃない。クロードもそれはわかっていました。立場をわきまえ、引くべきところは潔く引く。男としての矜持に惚れ惚れしてしまいます。それを体現できるのはブルース・ダーンだからこそ! さすがです。
作品にはシェイクスピアの作品がいくつか登場します。私はシェイクスピアに詳しくないのですが、解説的な話を自然な流れで盛り込んであるので問題ありませんでした。ただ詳しい方にはより楽しめるに違いありません。(堀)


冒頭、クロードと悪友シェーンとの会話は薬のことばかりで、この年になるとそうなるよねと実感する年代に私も達しています。かつての恋人の消息を知って色めきだって、認知症のフリまでして施設に入居してしまうクロードは、あっぱれです。人生まだまだ・・・と、私もチャンスを期待して元気になりました♪ 
認知症のリリィは、かつて舞台で演じた時のセリフをにわかに思い出します。年をとっても、昔ひとつ覚えした外国語のフレーズや、語劇で演じたセリフをいつまでも覚えている方を知っているので、あるあると思いました。(咲)



2019年/スペイン・アメリカ・フランス/英語/89分/スコープ/カラー/5.1ch/日本語字幕:星加久実
配給:松竹
(C) 2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/43love
★2021年1月15日(金)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷
posted by ほりきみき at 23:54| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

サウラ家の人々(原題:Saura(s))

 
sauras.jpg

監督:フェリックス・ビスカレット
出演:カルロス・サウラ、カルロス・サウラ・メドラノ、アントニオ・サウラ・メドラノ、アンナ・サウラ・ラモン

スペインが世界に誇る巨匠カルロス・サウラ。今年88歳になる彼と長男アントニオを筆頭にした7人の子どもたちとの交流を撮ったドキュメンタリー映画。サウラが撮った写真に手を加え、子どもたちと率直に語り合う姿をカメラがとらえた。

カルロス・サウラはルイス・ブニュエル、ペドロ・アルモドバルとともにスペインが世界に誇る映画監督。これまでに40本以上映画を撮っており、世界三大映画祭での受賞歴やノミネート作があります。1992年バルセロナオリンピックでは公式映像のディレクターを務めました。
サウラは4人の女性との間に7人の子どもがいます。その1人1人と向き合って語りあうのですが、子どもが幼い頃に父親とどんな風に一緒の時間を過ごしていたか、それについてお互いがどう思っていたかを聞いていると愛情の深さが伝わってきます。子どもたちの何人かはサウラの仕事に関わっていることもあるからか、本作のフェリックス監督は子どもたちに聞き出してほしいテーマを伝えていたよう。しかし、サウラ自身は人生を振り返るようなことは話さないし、気分がそがれると撮影の途中でも「今日はもうお仕舞」と言い出します。しかもフェリックス監督を画面に引き込んでしまいます。サウラの方が一枚も二枚も上手。撮影に行き詰って悩むフェリックス監督の姿まで作品は映し出します。
父と子の語り合いはスタジオ内で作品を映し出しながら行われるので、サウラの作品を見たことがある人にはとても興味深いでしょう。しかし、作品を見たことがなくても大丈夫。また、『カラスの飼育』『ブニュエル~ソロモン王の秘宝~』『フラメンコ・フラメンコ』『J:ビヨンド・フラメンコ』の4作品は同時上映されるので、本作を見て、気になったらぜひご覧ください。(堀)


本作を観る前に、カルロス・サウラというお名前に恥ずかしながら記憶がなかったのですが、『血の婚礼』(日本公開:1985年1月22日)が出てきて、この監督だったのか~と! 公開当時、フランコ独裁の時代に犠牲になった詩人ロルカに興味を持っていたので、そのロルカの舞台の映画化と知って観に行ったのでした。
カルロス・サウラは多くを語らないのですが、7人の子どもたちとの会話の中から、子ども時代に経験したスペイン内戦や、その後のフランコの独裁政治が、彼の人生、そして彼の生み出した写真や映画に大きく影響を与えたことを感じ取れました。
さらに、彼に影響を与えたのが、7人の子どもたちの4人の母親たち! 常に前を向いて歩くカルロス・サウラ。パートナーが代わるたびに作風が変わっていくのです。
チャップリンの娘、ジェラルディン・チャップリンは3番目のパートナー。籍こそ入れませんでしたが、息子を授かっています。
今回、同時上映される『カラスの飼育』(1975年)には、ジェラルディン・チャップリンが出演しています。
やはり同時公開される『フラメンコ・フラメンコ』(日本公開:2012年2月11日)、実は観ていて、「歌や踊り、ギターやピアノの演奏など、フラメンコの真髄を21幕で描き出した重厚な作品でした。ひたすら舞台を写していて、いつしか夢の世界へ・・・」とスタッフ日記に書いていました。トホホです。
★予告編 http://www.youtube.com/watch?v=9HS1e-aD0RQ には、この映画が凝縮されていて、これを観れば本作を観たくなること請け合います♪  (咲)



2017年/スペイン/カラー/85分
配給:パンドラ
© Una producción Pantalla Partida e Imval Madrid. 2017
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/sauras/
★2020年11月21日(土)〜新宿K's cinemaにてロードショー全国順次公開
posted by ほりきみき at 19:17| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

だれもが愛しいチャンピオン(原題:Campeones)

daremo_poster.jpg

監督:ハビエル・フェセル
脚本:ダビド・マルケス、 ハビエル・フェセル
撮影:チェチュ・グラフ
音楽:ラファ・アルナウ
出演:ハビエル・グティエレス(マルコ)、アテネ・マタ(ソニア)、フアン・マルガージョ(フリオ)、ヘスス・ビダル(マリン)、ホセ・デ・ルナ(フアン・マ)フラン・フエンテス(パキート)、セルヒオ・オルモス(セルヒオ)、アルベルト・ニエト(ベニート9、グロリア・ラモス(コジャンテス)、ヘスス・ラゴ・ソリス(ヘスス)、ステファン・ロペス(マヌエル)、フリオ・フェルナンデス(ファビアン)、ロベルト・チンチージャ(ロマン)

プロのバスケットボールチームのコーチのマルコは負けるのが大嫌い。手腕はあっても短気な性格が災いして、よく問題を起こした。妻とうまくいかず別居状態のマルコは、飲酒運転で車に追突、逮捕されてしまった。判事は社会奉仕活動を命じ、障がい者のバスケットボールチーム”アミーゴス”の指導を任されることになった。
コーチが長くいたためしのない”アミーゴス”のメンバーはてんでんばらばら。これまでと違いすぎる状況に頭を抱えるマルコ。しかし、彼らの純粋さ、自由さに目を開かされていく。

daremo1.jpg

勝つことにだけとらわれていたプロチームのコーチがその対極にあるチームに入ったら…こうなります。メンバーはみんなとびきり楽しくて自由、たくまざるユーモアにそこかしこで笑わされてしまいます。これが600人の中から選ばれた唯一無二の人たちで、脚本をあて書きにして全部書き直したというほど個性的。技術はともかく情熱だけはあるメンバーに、強力な助っ人が加わって、マルコの期待も高まります。ええっ!というラストに胸が熱くなるでしょう。笑ったり、ほろりとしたり、スペインで興行成績1位というのが納得の作品。
ハビエル・フェセル監督インタビューこちらです。(白)


負けず嫌いで短気な主人公マルコが知的障害者のバスケチームのコーチに。他人からの評価を気にせず、自由奔放な彼らの言動に戸惑う。私も似ている部分があるので、マルコの気持ちはよくわかる。そんなマルコが新たな価値観に気づいていく。試合も人生も楽しむことが大事なのだ。主人公の人生観が変わる作品はよくあるが、この作品が他とは違うのはラスト。えっと驚いたが、これこそ新たな価値観。うまくいかなくたって楽しければいいじゃないかと笑い飛ばせるくらいがちょうどいい。(堀)

マルコの姿はなんだか自己中心的で、最初は、こういう人いるよなあ「こういう人嫌いだ」と思い、飲酒運転の罪滅ぼしに知的障害者のチームを教えることになった時の態度も、ほんとに嫌な男というイメージだったけど自分の思い通りにいかない障害者チームのコーチをするうち、そういう嫌なところがだんだんに変わっていく。それにしてもチームの面々の自由奔放さ、マイペースぶり、どんくささがおかしい。思わずクスッというシーンもいっぱい。以前だったら、障害者のそういう姿を出したら、障害者団体からクレームがきそうなシーンもいっぱい出てくる。でもすべて含めてその人の姿、個性なのだから、ありのままで出せるようになったのが嬉しい。日本でもクレームは出ないと思うけど、NHKの「バリバラ」みたいな番組もあるし。それに最近は障害者スポーツが、以前に比べたらTVなどで紹介されだいぶ認識されてきた。昔はあまりTVで紹介されることもなかった。
私は障害者が始めた会社に15年勤めたけど、車いすの人や杖をついて通っている方もたくさんいた。そしてテニスやバスケットなどもやっていて、障害者スポーツの試合も何度か見に行った。7年前にリタイアしたけど、ちょうど長野オリンピックの時には在職していて、社員の両足切断の方がパラリンピックのアイスレッジホッケーに出場して、だいぶ会社でも盛り上がった。その時はTVや新聞でも大きく取り上げられ、社会的にも障害者スポーツが認識されてきたなと思った記憶がある。でもパラリンピックが始まったのは1964年の東京オリンピックの時からだったということは知らず、そのことを知ったのは最近だった。その年、中一だった私は、学校からオリンピック会場に行ける人の抽選に当たって、体操競技を見に行くことができ、目の前でチャスラフスカのウルトラCを見ることができた。そんな経験もあるので障害者スポーツにも興味があり、この作品で「彼ら障害者スポーツ」の姿を楽しんで観てもらえたら嬉しい。
私は若いころ軟式テニスをやったり、スキー、登山などをしていて、自分はスポーツウーマンだと思って生きてきたけど、4年前心臓手術をして障害者1級になってしまった。今ゆっくりしか歩けないし、カートが荷物入れと杖代わり。階段の上り下りも苦手になってしまってスポーツどころではない状態。そんなこともあり、障害者のスポーツ人口が増えているのは嬉しい(暁)。

2018年/スペイン/カラー/シネスコ/118分
配給:シンカ 宣伝:太秦
(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
http://synca.jp/champions/
★2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 10:39| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

永遠に僕のもの 原題:EL ANGEL

eiennibokunomonoposter.jpg

監督:ルイス・オルデガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア
出演:ロレンソ・フェロ、チノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス

1971年のアルゼンチン・ブエノスアイレス。美しい少年カルリートス(ロレンソ・フェロ)は幼いころから他人のものを手に入れたがる性分で、思春期を迎え窃盗が自分の天職だと悟る。新しい学校で出会ったラモン(チノ・ダリン)と意気投合したカルリートスは、二人でさまざまな犯罪に手を染め、やがて殺人を犯す。

映画の冒頭、煙草を加えた高校生、主人公カルリートスの窃盗行動を観るだけで、本作の演出意図が分かる。「盗みが天職。世の中の物は全部ぼくの物」と悪びれずにほざく少年は、17歳から数年のうちに12人以上を殺害した人物だ。実在したサイコパスを描くのに、有り触れたクライムストーリー展開では収まりがつかないだろう。
積み重なる犯罪の場面が、今まで観たことのないような感触を呈している。被害者が撃たれて「ウッ」と倒れるのでもない。無言で步いて行く老人。いったい生きているのか…。逆に最初から死んでいる?と思しき不思議な場面もある。常識では考え難い犯罪シーンに出会える時、映画が生まれて100年代の以上経っても、まだ発見すべき表現があるのだと気付かせてくれる。

本作の見どころは、主役ロレンソ・フェロの魅力だとする評価が多い。踊りの場面では、ウォン・カーウァイ監督作『欲望の翼』で踊ったレスリー・チャンを想起させるイノセントな怪しい色気を放っているのは確かだ。製作のアルモドバル好みだったのかもしれない。が、個人的に目が離せなくなってしまったのは、プレスリリースに載った実際のカルロス・エディアルド・ロブレド・プッチの写真である。
正に天使!世の背徳や悪事とは全く無縁の顔をしている。無理に不良(ワル)ぶったような演技を見せるロレンソ・フェロとは対極に位置するようだ。「事実は小説よりも奇なり」という言葉(ここでは”映画より”か)を思い知らされた。

カルリートスの一家はヨーロッパからの移民のため、アルゼンチン的ラテン気質とも異なる。両親は至って真面目な常識人に描かれている。こういった家庭から10代のサイコパスが生まれた背景について考え込んでしまった。何れにしても表現話法といい、とてつもなく魅力的な作品を世界に放った、この若手監督に注目したい。(幸)


IMG_0296.JPG

2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.1ch/115分
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono
8月16日(金)より、渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他、全国順次ロードショー
posted by yukie at 13:27| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする