2022年06月25日

わたしは最悪。(原題:The Worst Person in the World)

watashiwa.jpg

監督:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト、エスキル・フォクト
撮影:キャスパー・トゥクセン
音楽:オーラ・フロッタム
出演:レナーテ・レインスヴェ(ユリヤ)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(アクセル)、ヘルベルト・ノルドルム(アイヴィン)

優秀な成績のユリヤは医学部に入学したものの、自分の興味はこれではないと気付いてしまう。心理学や写真もやってみた。道はいくつも開かれていると思っていたが、方向が定まらないまま30歳になるところだ。年の離れた恋人のアクセルはグラフィックノベル作家として成功し、若いユリヤを全て受け入れてきた。40代の彼は、ユリヤときちんと結婚して家庭を持ちたいと思っている。心を決められないユリヤはある晩アクセルと出席したパーティから抜け出し、通りかかった他人のパーティに紛れ込む。そこで魅力的なアイヴィンに出会って、久しぶりに大笑いし楽しい時間を過ごした。

「わたしは最悪」とは、ユリヤの自虐。あれ?若い人たちが大人になる過程で「あるある」なことばかりじゃないの、最悪なわけじゃないと思いつつ観ていました。あれもしたいこれもしたい(それも気が多くてに一つに決められない)と手を出しているうちに時間が過ぎて、いつのまにか30代に。30というのがミソで、10年ごとに刻みがちな人生の中でも子どもから大人への転換時期でもあります。もっと早く結婚して子供を持てば親になり、自分も子ども感覚から抜けて大人にならざるを得ません。
ユリヤには離婚した両親が健在、祖母もいます。そこに行けば「子ども」です。アイヴィンといるときは自分たちのことだけで済みます。しかもユーモアのセンスが合います。アクセルにはもう親はいなくて兄弟のみ。彼といれば「生活」と向き合わねばなりません。ストーリーが進むと、なぜ「最悪」と言ったのか、彼女の悔恨がわかります。
溌剌として何にでも興味を持つユリヤがチャーミングです。恋する気持ちや好きなものを見つけたキラキラな部分がまぶしいほど。大人で考え深く、包容力のあるアクセルがいても、若くて楽しいアイヴィンにも惹かれてしまう。節目ごとに章仕立てで語られる青春ラブストーリーですが、演じた俳優がそこにちゃんと生きていて3人の誰を主人公にしても映画になりそうです。
ヨアキム・トリアー監督作品は『テルマ』(2017)を観ています。美しい映像のホラー作品でした。今回は幻覚を起こす場面に片鱗が見えます。趣は違いますが、アイヴィンに会うためにオスロの街を走る場面が秀逸。周りの人間たちはみなフリーズする中、ユリヤが走り抜けていきます(ポスターはそのワンカット)。美しい上、遊び心もあって好きなシーン。(白)


ユリヤの20代半ばから30代初めにかけての数年間が、序章+12章+終章 と小説のような構成で語られていきます。だんだん大人になっていくのかと思いきや、そうでもありません。人生は試行錯誤。出会いがあって別れもある。別れたと思っても、またくっつくこともある。あの年齢の時にはこんなことをしていた等々。観ていて、誰しもどこかで感情移入できそうです。
「第4章 私たちの家族」では、30歳のユリヤが、母系家族をさかのぼって、30歳の時を写真を見ながら語ります。母30歳で離婚しユリヤを一人で育てる。祖母、曾祖母・・・それぞれの30歳を語り、最後、18世紀、女性の寿命は35歳というオチ。寿命の延びた現代では、30歳はまだまだこれからという年齢だけど、18世紀には余命を考えなければいけなかったのだとドキッとします。
そんなことを考えされられた映画ですが、それよりもオスロの街の魅力が本作には溢れていて、いつか訪れてみたいと思いました。(咲)


行き詰ると別のことがやりたくなるユリヤ。自分探しの節目ごとに男も変わる。そんなユリヤが自分にとって大切なものが何なのかに気づくまでを描いていく。
アクセルはユリヤと出会ったとき、自分は40歳を超えているから一般的な幸せ(子ども)を求めて束縛してしまう可能性があるからこれ以上は踏み込めないと伝えるが、そのひとことがきかっけでユリヤは恋に落ちる。その一方でそのことが彼女を苦しめ、心が離れていく。事前にいってあったのに、それが辛いと言われてしまうのはアクセルからすれば勝手に思えるだろう。しかし、これは恋においてはよくあること。女性心理をしっかりリサーチして脚本が書かれたことがわかる。
ヨアキム・トリアー監督が本作を撮った動機の1つはレナーテ・レインスヴェと語る。自身の過去作『オスロ、8月31日』に端役で出演したときに特別なエネルギーを放っていたそう。ユリヤはレナーテ・レインスヴェをあて書きされた。
またアクセルを演じたアンデルシュ・ダニエルセン・リーのことを監督は自分自身の分身的存在といい、彼の役を執筆するときには自身の過去の経験を反映させているとのこと。ユリヤからみれば“年上で懐が深い”アクセルも、本人いわく“自信のなさを必死に隠していた”というのは監督の経験だったのだろうと思えてくる。
大切なものは失ってから気づくとはよく言われるけれど、それを自分なりに受け止め、前に進むことを決めたユリヤの表情は清々しい。正直、それまでのユリアにはあまり共感できず、自分本位な女と思っていたのだが、その顔を見て、印象が一変した。ユリヤの人生に幸あれと願わずにはいられない。(堀)


2021年/ノルウェー・フランス・スウェーデン・デンマーク合作/カラー/シネスコ/128分
配給:ギャガ
(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VAST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA
https://gaga.ne.jp/worstperson/
★2022年7月1日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

posted by shiraishi at 18:17| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月05日

ロスバンド(原題:Los Bando)

losband.jpg

監督:クリスティアン・ロー
出演:ターゲ・ホグネス(グリム)、ヤコブ・ディールード(アクセル)、ティリル・マリエ・ホイスタ・バルゲル(ティルダ)、ヨナス・ホフ・オフテブロー(マッティン)

ノルウェーの田舎町。グリムとアクセルは幼いころからの親友で、2人はロックが大好き。グリムはドラム、アクセルはギターが村で一番上手い。本人は全く気付いていないが、困ったことに音痴なのだ。グリムはどうしてもアクセルに本当のことが言えず、こっそり調整した音源で大会に応募する。おかげで大会への出場権は得たけれど、メンバーが足りない。ベースを募集してみると応募してきたのは、9歳のチェロ少女ティルダだけだった。開催地は遥か北の街トロムソ。2人の有り金をはたいて、近所のマッティンに運転手を頼んでみた。家での不満が鬱積していたマッティンは、兄のワゴン車をこっそり塗り替え、3人とともに北を目指してくれることになった。

グリムの両親は不仲で喧嘩が絶えません。争う声が聞こえるとグリムは音楽を聴きます。アクセルはクラスの女の子に片想いしていますが、モテる彼女の反応は冷たくて落ち込んでいます。小さなティルダの両親は仕事で多忙、いつも独りぼっちでした。それぞれに事情を抱えた少年少女が、南北に細長いノルウェーの南から車で北上します。にわか仕立てのバンドは、最初のうち不協和音を奏でるばかり。本番までにアクセルの音痴をどうしよう…とグリムの悩みは尽きません。
お金がなくなったり、ティルダの両親に大騒ぎされたり、問題も続出。ほんとに会場までたどり着いて出場できるのでしょうか?観客はノルウェーの美しい景色を眺めながら、彼らを見守ることになります。
この作品はベルリン国際映画祭のジェネレーション部門(4歳以上が対象)に選出されています。それを聞くとちょっと安心しますよね。豊かな北欧の自然を堪能し、音楽を楽しんでください。出演の子どもたちが成長して、いつかまた画面に登場するのが今から楽しみです。(白)


losbando.jpg


2018年/ノルウェー,スウェーデン合作/カラー/シネスコ/94分
配給:カルチュアルライフ
FILMBIN AS (C) 2018 ALLE RETTGHETER FORBEHOLDT
https://www.culturallife.jp/losbando/
★2022年2月11日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国公開



posted by shiraishi at 01:34| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

ライダーズ・オブ・ジャスティス  原題:RETFÆRDIGHEDENS RYTTERE 英題:RIDERS OF JUSTICE

riders of justice.jpg
© 2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
撮影:キャスパー・トゥクセン
編集:ニコライ・モンベウ、アナス・エスビャウ・クレステンスン
音楽:イエッペ・コース
出演:マッツ・ミケルセン、ニコライ・リー・コース、アンドレア・ハイク・ガデベルグ、ラース・ブリグマン、ニコラス・ブロ、グスタフ・リンド、ローラン・ムラ

クリスマスを数日後に控えたエストニアのタリン。少女マチルダはお祖父さんから店頭に売りに出ていた赤い自転車をプレゼントにすると言われるが、青い自転車がいいと答える。マチルダの父で軍人のマークスが任地アフガニスタンから妻に電話すると、娘の自転車が盗まれたから車で学校に送りにいくところだという。
買い物をして大荷物を抱えて列車に乗り込むマチルダと母。眼鏡をかけた男が母に席を譲ってくれる。その後、事故が起こり母を含め11名が亡くなる。
知らせを受け、急きょ帰国したマークスのもとに、二人の男が訪ねてくる。その一人、数学者のオットーが、席を譲ったために奥さんが亡くなられてしまったと誤り、さらに事故ではなく、“ライダーズ・オブ・ジャスティス”と言う犯罪組織が、殺人事件の重要な証人を暗殺するために仕掛けたものだという。マークスは妻の無念を晴らそうと、オットーたちの協力を得て復讐に身を投じていく・・・

眼鏡をかけたオットーは数学者なのですが、いつもおどおどしています。そして彼の仲間レナートはヘラヘラしているし、最強のハッカーだというエメンタールも超デブで、まさに3馬鹿トリオ。オットーは、事故の起こる直前に、一口食べただけのサンドイッチと、ほとんど飲んでいないジュースを列車に捨てていった男が事故の仕掛け人に違いないと推測し、エメンタールが人物像を検索します。ヒットしたのが、エジプトに住むAharon Nahas Shadidという歯科技工士。そんな遠くに住む奴じゃないと、 Palle Olesenという兄がギャングという男に辿りつきます。Omar Shargawiの二役。似てるはず! 
ところで、使用言語は、Estonian、Danish、Arabicとあって、エストニア語とデンマーク語の違いは私にはわからないのですが、イスラームのお祈りを知らせるアザーンが聞こえてきて、エジプトに帰ったAharonがアラビア語で話す場面がありました。これが笑える種明かしになってます。お見逃しなく!
本作のマッツ・ミケルセンは、職業軍人で家族と過ごすこともあまりなかったのに妻を失い、にこりともしない鬱ぎみという役どころ。マチルダに「パパは軍人だから暴力で乗り切ろうとする」と言われます。マチルダはマチルダで、ポストイットに、赤い自転車、青い自転車・・・と、母親が事故死するに至った過程を自分なりに探っています。オットーもまた、女性には席を譲るものと教え込まれてなければ・・・とつぶやきます。でも、人生に「もし」はありません。そんなことを思わせてくれた映画でした。 最後には、それぞれにクリスマスらしいセーターを着て、プレゼント交換。出会いは、どんなきかっけであれ、人と繋がれるのはいいなぁ~と!(咲)


2020年/デンマーク・スウェーデン・フィンランド/カラー/シネスコ/5.1ch/116分 /デンマーク語ほか/PG12
日本語字幕:平井かおり
配給:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-v.com/roj/
★2022年1月21日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー



posted by sakiko at 16:25| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

グレタ、ひとりぼっちの挑戦(原題:I Am Greta)

thumbnail_『グレタ』poster.jpg

監督:ネイサン・グロスマン
出演:グレタ・トゥーンベリ、スベンテ・トゥーンベリ

環境活動家グレタ・トゥーンベリに2年間密着したドキュメンタリー。 当時15歳のグレタは、ひとりの内気で繊細な少女であり、発するメッセージもとてもシンプルなものだった。
・気候変動は深刻な危機であることに気づいてほしい。
・安全な未来を守ってほしい。
孤独だった少女が地球の危機を憂い、たったひとりで国会議事堂前に座り込んだ。家族は心配しながらも、そんなグレタの意志を尊重して応援する。

グレタさんの活動を知ったのはニュースでした。思っても行動できない人が大半なのに、こんなに若い人が地球の未来を考えて動いていることに感動しました。それまでにも環境破壊についてのドキュメンタリーや記事など、観たり読んだりしましたが、大人の一人として何ができるだろうと責任も一緒に考えたのはグレタさんのおかげです。夏にはテレビ番組でも特集があって、試写と前後して観ました。グレタさんはとっても小柄な少女ですが、いまは18歳になって、ますます進む温暖化と遅々として変わらない世界を憂えています。絶望しかけているけれど諦めてはいません。

国連総長アントニオ・グテーレスやフランスのエマニュエル・マクロン大統領、ローマ法王と会うグレタさんの姿とともに、非難する大人も登場します。活動が取り上げられるとアンチも出てくるもの、こちらの予告編ではそんな誹謗中傷にも耐えるグレタさんの姿も見せています。取返しがつかなくなってから「あのときああしていれば、こうしていれば」と後悔しても遅いですよね。子どもや孫を送り出した自分が具体的にできることを見つけて知らせていければと思います。
日本はCO2排出量が世界で5番目に多い国だそうです。電気・ガス・水などを無駄にしない、ゴミを減らす、エコバッグを持ち歩く、なるべく自転車や徒歩で移動など…すぐできることを始めませんか?(白)


ニュースで見ていたグレタさんは、一途な発言が攻撃的に見えて、言ってることは正しいと思うのに、好きになれませんでした。本作の中で、グレタさんは学校の同級生から誕生日パーティーなどに誘われたことがなくて仲間外れと語っています。どこか寄せ付けない雰囲気なのは、アスペルガー症候群故でしょうか。
本作を観ていて、そんなグレタさんをいつも暖かく見守るお父さんの姿が印象的でした。国連でスピーチするためにニューヨークに行くのに、飛行機を拒否し、ヨットで行くグレタさんにも同行。予備知識なく観たので、そこまで出来るお父さんって、よほどお金持ち?と思ってしまったのですが、父スヴァンテ・トゥーンベリさんは俳優で作家。金銭的なことはともかく、時間は自分の裁量で作れる方なのでした。母マレーナ・エルンマンさんはオペラ・メゾソプラノ歌手。2歳年下の妹・ベアタさんは歌手。一見華やかな家族の中で、自分を貫くグレタさん。凄いなと思います。(咲)



2020年/スウェーデン/カラー/ビスタ/101分
配給:アンプラグド
(C)2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.
https://greta-movie.com/
★2021年10月22日(金)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー

posted by shiraishi at 12:04| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈主婦〉の学校(原題:Húsmæðraskólinn)

syuhunogakko.jpg

監督・脚本・編集:ステファニア・トルス
製作・音楽・音響:ヘルギ・スババル・ヘルガソン
音楽:フリス
出演:アゥスロイグ・クリスティヤンドッティル(卒業生・1947年在学)、ラグナ・フォスベルグ(卒業生・1967年在学)、ラグナル・キャルタンソン(卒業生・1997年在学)、グズムンドゥル・インギ・グズブランドソン(卒業生・1997年在学)

世界最北の首都、アイスランドのレイキャビクに、1942 年に創立された伝統ある「主婦の学校」がある。寮での共同生活を送りながら生活全般の家事を実践的に学ぶことができる、一学期定員 24 名の小さな学校。かつて、義務教育後に進学の機会が少なかった女性たちを、良き主婦に育成することを目的としていた家政学校(花嫁学校)は、世界のあちこちにあった。その多くが衰退していくなか、この学校は、家政学校へと改称し、州立学校となった。1997 年に初めて男子学生を受け入れ、男女共学に。1998 年に国庫からの拠出金で運営される私立の学校となった。同年、マルグレート・ドローセア・シグフスドッティル校長が就任。レイキャビク女性協会のサポートを受けながら、現在も続いている。
「主婦になるために行くわけじゃない」「自分のことは自分で面倒を見られる人間になりたい」と、性別に関わりなく、「いまを生きる」ための知恵と技術を求めて学生たちが集まってきている。本作は、時代の移り変わりと共にその役割を変化させてきた「主婦の学校」に注目したドキュメンタリー。

320.jpg

〈今を生きるための、自立した人生を楽しむための術〉が、この学校で学べます。それは生きていくための基本の術で、男女関わりなく必要なもののはず。妻が亡くなったとたん、靴下のありかも洗濯機の使い方もわからない夫はいませんか?女の子だからと姉妹だけに家事を押し付けている兄弟は?コロナ禍で外出が思い通りにならず、巣ごもり状態の中もめたご家族は?
この作品に登場する元生徒の男性たちが、懐かしそうに思い出を語り「入ってよかった」と口をそろえます。楽しい家事を男性にも経験させてあげましょう。美味しいものが作れる、家で気持ち良くすごせる、工夫を生かせる丁寧な暮らし方はどんな時代であっても、心豊かにしてくれるもののはずです。
アイスランドは、2021 年世界経済フォーラム公表のジェンダーギャップ指数ランキングにて 12 年連続 1 位の “ジェンダー平等” が進んでいる国。日本は同ランキング 120 位です。国民の代表たる国会議員たちが、しばしばジェンダーについての失言でやり玉にあがっている日本では、まだまだ道は遠い…。しかーし嘆いていないでまずは身近から。(白)


2021 年世界経済フォーラム公表のジェンダーギャップ指数ランキングで 12 年連続 1 位のジェンダー平等が進んでいる国、アイスランドに<主婦>になるための学校があるとは!とタイトルに驚きましたが、この学校は1970年代に「家政学校」に名称が変更されましたが、監督が敢えて映画のタイトルに「主婦の学校」と昔の名前を復活させたそう。けっして、ここで学ぶ女性たちは良き花嫁を目指しているのではありません。入学理由も人それぞれ。しかし、ざっくり捉えればみな、“自立した生活を送るための術を身につけたい”ということ。登場する在学生は女性だけですが、過去には男性も学んでおり、学校初の男子学生だった卒業生の1人はアイスランドの環境・天然資源大臣となり、インタビューを受けています。きっとここで学んだことがその後の彼の人生に大きく影響を及ぼしたことは想像に難くありません。
結婚してもしなくても、家事ができることに越したことはありません。せめて、中高時代にもっと真面目に家庭科の授業を受けておけばよかったと思ってしまいました。(堀)


2020 年/アイスランド/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/アイスランド語/ドキュメンタリー/78 分/DCP
後援:アイスランド大使館
提供・配給:kinologue
© Mús & Kött 2020
https://kinologue.com/housewives/
★2021年10月16日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

posted by shiraishi at 11:58| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする