2022年09月09日

3つの鍵  原題:Tre piani

3tsunokagi.jpg
(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

監督・脚本:ナンニ・モレッティ
原作:エシュコル・ネヴォ(「三階 あの日テルアビブのアパートで起きたこと」五月書房新社刊)
出演:マルゲリータ・ブイ、リッカルド・スカマルチョ、アルバ・ロルバケル、アドリアーノ・ジャンニーニ、エレナ・リエッティ、アレッサンドロ・スペルドゥーティ、アンナ・ボナイウート、パオロ・グラツィオージ、ステファノ・ディオニジ、トマーゾ・ラーニョ、ナンニ・モレッティ、デニーズ・タントゥッキ

ローマの閑静な高級住宅街。同じアパートで暮らす3家族の物語。
ある夜、アパート1階に車が衝突し女性が亡くなる。運転していたのは3階に住む裁判官のヴィットリオとドーラ夫婦の息子アンドレアだった。
同じ夜2階のモニカは陣痛が始まり、夫が長期出張中で、一人で病院に向かう。
1階のルーチョとサラの夫婦は、仕事場が事故で壊され、幼い娘を朝まで向かいの老夫婦に預ける。後日、ルーチョはジムに行くために、また、娘を向かいの老紳士レナードに預ける。レナードと娘が一時期行方不明になったと知り、ルーチョはレナードが娘に悪戯をしたのではと疑い始める。隣人夫婦の孫娘で大学生のシャルロットに探りを入れるが、そのことが思わぬ事態を引き起こす。
5年後、出所した3階の息子は家には戻らず、ドーラは夫に自分か息子かの選択を迫られる。2階の夫は変わらず出張続きで、義兄が起こした詐欺事件が世間を騒がせる。夫は頑なに兄を遠ざけるがモニカはその理由を知らない。ルーチョは疑念のせいで妻との間に溝ができ家を離れたが、いまだに疑惑を抱えたままだ。
10年後、住人たちは自らの選択の結果に苦しめながら現実と向き合っている・・・

同じ建物に暮らす3つの家族は、お互い顔は知っていても、干渉しないことをわきまえて暮らしていました。それが、3階の息子アンドレアが自動車事故を起こしたことをきっかけに、それぞれの暮らしが露わになっていきます。アンドレアの両親は裁判官で、もちろん、事故の後始末に奔走するのですが、アンドレアとしては裁判官なのだから、もっと自分に有利になるようにしてほしいと思っているのです。甘い!
事務所を壊されたことをきっかけに、娘を向かいの老いたレナードに預けたルーチョは、レナードが娘に悪戯をしたと疑います。そのことで接することになった孫娘の大学生シャルロットに逆に誘惑されてしまいます。ルーチョは妻と別居するまでになってしまうのですが、決してシャルロットを悪者にしません。彼女の一言が、ルーチョの人生を狂わせたともいえるのに・・・。群像劇である本作の登場人物の中で、リッカルド・スカマルチョが演じたルーチョのことが一番気になりました。
ナンニ・モレッティ監督は、事故を起こした息子と対峙する裁判官の父親役で出演しています。苦悩する様子が絶品です。
この映画の原作は、イスラエルの作家エシュコル・ネヴォの小説。テルアビブの同じ建物に暮らす3つの家族の物語がそれぞれ独立して書かれているのですが、映画では、それぞれの家族が絡み合う形で描かれています。舞台もテルアビブからローマに移されていますが、夫婦や親と子、隣人との関係、人生における選択など普遍的なことが描かれた物語。彼らのその後の人生はどうなるのだろう・・・と、さらに想像が膨らみました。(咲)


第74回カンヌ国際映画祭正式上映作品

2021年/イタリア・フランス/119分/ビスタサイズ
字幕:関口英子
配給:チャイルド・フィルム
後援:イタリア大使館 特別協力:イタリア文化会館
公式サイト:https://child-film.com/3keys/
★2022年9月16日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺他全国順次公開



posted by sakiko at 22:59| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月03日

靴ひものロンド  原題:Lacci  英題:The Ties

kutsuhimo lond.jpg
(C)Photo Glanini Fiorito/Design Benjamin Seznec/TROIKA

監督・脚本・編集:ダニエーレ・ルケッティ(『ワン・モア・ライフ!』『ローマ法王になる日まで』
原作:ドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」(関口英子訳、新潮クレスト・ブックス)
脚本:ドメニコ・スタルノーネ、フランチェスコ・ピッコロ
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイジ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ、シルヴィオ・オルランド

1980年初頭のナポリ。
アルドと妻ヴァンダは、娘アンナと息子サンドロと共に、集まりで皆が連なって踊るジェンカを楽しんで帰宅する。娘の髪を洗いながら、「嘘はよくない」と言い聞かせたアルド。妻に「別の女性と関係を持った。隠し事をしたくなかった」と打ち明ける。アルドはローマでラジオの朗読番組のホストを務めていて、相手は同僚の女性リディア。ナポリから通っていたが、妻に出ていってと言われ、ローマでリディアと暮らし始める。めくるめく楽しい日々だったが、あることがきっかけになって、アルドはまたヴァンダや子どもたちとナポリでやり直すことになる。
それから30年。40代になった子どもたちは独立し、アルドとヴァンダは二人で暮らしている。海辺で1週間過ごすため、飼い猫ラベスの世話を子どもたちに託して出かける。帰宅すると、家中が荒らされてモノが散乱し、猫のラベスが見当たらない・・・


冒頭に出てくるジェンカというフィンランド発祥の踊り。フィンランドで1960年代に作られた「レトカイェンッカ(Letkajenkka)」(列になって踊ろう)という歌が、日本では、「レット・キス」「レッツ・キス」として流行りました。前の人の肩に手を乗せて、皆が連なって踊るジェンカは、人と人との触れ合いや協力の大切さを感じさせてくれます。

そして、本作のタイトルになっている「靴ひも」。週末に久しぶりに会った子どもたちと行ったカフェで、娘アンナが弟の靴ひもの結び方がほかの人と違って、父親と同じだと指摘します。アルドが子どもたちに靴ひもを結んで見せるのですが、確かに普通じゃないです。サンドロは教えられた訳じゃないけれど、見よう見真似で父親と同じ結び方をしていたのですね。それは、靴ひもの結び方だけじゃなくて、生き方そのものにも言えて、子どもたちは親を見て育つのだと感じさせられました。浮気や別居と、いさかいの絶えない両親を見て育った二人がどんな大人になったのか・・・ 反面教師という場合もあるので、一概には言えませんが、何かしらの影響があるのは確かです。
老いたアルドが語る言葉にうん蓄がありました。
「人生で学んだのは、決して腹を立てないこと」
「夫婦を続けるには、あまり話さないこと。言葉を飲み込むのが肝心」
すぐに激情する妻と暮らす処世術ですが、これは私たちにも応用できそうです。

ダニエーレ・ルケッティ監督には、『ローマ法王になる日まで』が2017年に公開された折に、インタビューしましたが、「人生、何度でもやりなおすことができる!」という言葉が心に残っています。
『ワン・モア・ライフ!』も、まさに人生やり直しのチャンスを描いたものでした。
『靴ひものロンド』では、家中を荒らされたアルドとヴァンダは、その後、どんな人生を歩むのでしょう。アルドは、13歳の時に書いたものも大事に保存していて、家には本や紙が山積みです。それは私も同じで、何か(地震や火事??)を機に、思い切って捨て去って、新たな人生を歩めればいいなぁ~と思う次第です。(咲)


第77回ヴェネチア国際映画祭 オープニング作品

2020年/イタリア/イタリア語/100分/カラー/シネマスコープ
字幕:関口英子
配給:樂舎
後援:イタリア大使館、特別協力:イタリア文化会館
公式サイト:https://kutsuhimonorondo.jp/
★2022年9月9日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー



posted by sakiko at 21:09| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月12日

白いトリュフの宿る森(原題:The Truffle Hunters)

白いトリュフ.jpg

監督:マイケル・ドウェック、グレゴリー・カーショウ

世界で最も希少で高価な食材といわれるアルバ産白トリュフ。その名産地である北イタリアのピエモンテ州では、老人たちが訓練された犬たちと共に、危険のつきまとう森の奥深くで宝探しを愉しむように白トリュフを探し出す。気候変動や森林伐採により供給量が減り、世界中のシェフやバイヤーらが、トリュフ探しの極意を聞き出そうと躍起になるが、彼らはトリュフが実る場所やその方法を決して誰にも明かさない。それは長年連れ添った妻や友人にさえも、絶対に―。
写真家のマイケル・ドウェック監督は3年間にわたって彼らの生活に入り込み、信頼関係を築いたうえで貴重な撮影に成功。大地に寄り添い、時の流れが止まったかのような純粋で美しい暮らしを映し出す。

年明け早々、「ジャにのチャンネル」の動画をきっかけにTruffle BAKERY(トリュフベーカリー)の白トリュフの塩パンが話題になっています。いつ行っても行列ができていて、1人2個しか買えない貴重なパン。せっかくなので並んで買って食べてみました。普通の塩パンにはない香りがしましたが、きっと白トリュフなのでしょう。
その白トリュフを題材にしたドキュメンタリー作品が『白いトリュフの宿る森』です。登場する白トリュフ探しの達人たちの生活は自然とともにあり、まるでミレーの絵画を見ているかのよう。悠久の時の中でゆったりと生きている彼らの姿を見ているだけで癒される気がします。
一方で、バイヤーの手に渡ってからの白トリュフは人間の欲にまみれていく。クッションの上に鎮座まします白トリュフはその象徴でしょう。群がる人間たちの業が悲しい。達人たちが今のままの生活を続けていけることを祈らずにはいられません。(堀)


2020年/イタリア、アメリカ、ギリシャ/84分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2020 GO GIGI GO PRODUCTIONS, LLC
公式サイト:https://www.truffle-movie.jp/
★2022年2月18日(金)ロードショー

posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月06日

国境の夜想曲   原題:NOTTURNO

kokkyoo.jpg
(C)21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINEMA / Notturno NATION FILMS GMBH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GBR

監督・撮影・音響:ジャンフランコ・ロージ (『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』)

それでも、そこで暮らす人々・・・

夜明け、整列し掛け声を発しながら走る兵士たち。

荒涼とした地に建つキャラバンサライのような建物。スカーフ姿の女性たちが嘆く。ここに投獄され拷問を受け亡くなった息子たち。「神がお前のいない人生を生きることをお決めになった」と言いつつ、トルコ政府を恨む母親。

暗い中、バイクに乗る男。油田のやぐらに火が見える。
湿地帯。ボートで湖に漕ぎだす。遠くから銃声が聞こえる。

夕闇の町を見下ろす屋上にたたずむカップル。水煙草をふかす女性。遠くからアザーンが聴こえてくる。男は正装して、白い帽子を被り、太鼓を叩きながら歌い、古い町並みを行く。

荒野を装甲車が行く。
女性兵士たちが兵舎に入り、ストーブを囲む。
外では銃を構え荒野を見張る女性兵士。

精神病院。選ばれた患者たちが舞台で政治風刺劇の練習に勤しむ。(アラビア語)
軍事クーデター、アルカーイダ、ISIS・・・すべてを入れ込んだ台本。
スクリーンに映し出される映像。町をいく戦車。爆破されるモスク。博物館で叩き壊される古代の遺物・・・

夜明け前から家族のために、海で魚を釣り、草原で猟をする少年。時には猟師のガイドをして日銭も稼ぐ。父親はいない。幼い5人の兄弟たちと朝食を済ませると、少年はやっとソファで眠りにつく。

幼いヤズィーディー教の子どもたち。描いた絵の説明をする。ISISが家を爆発。拷問して人々を殺した・・・  子どもたちのおぞましい記憶。

オレンジ色の囚人服の男たち。
刑務所の中庭から、前の人の肩に手を乗せ、連なって中に入っていく。

大きな川。橋が途中で途切れている。筏のような“渡し”で車もミニバスも運ぶ。
水の溜まった道を行く車。

破壊し尽された町。娘からのVOICEメールを聴く母親。「500ドル送って」という娘。そばで男が監視しているようだ。シリアにいる。連絡が取れなくなっても心配しないでという娘。

再び、演劇。「尊厳のある国で暮らしたい」

冒頭、「オスマン帝国の没落と第二次世界大戦後、あらたな宗主国が国境線を引いた」と掲げられます。
かつては、メソポタミア文明の発祥した地。
民族や宗教の異なる人たちが、お互いに切磋琢磨して豊かな文化を育んできた地。
今は残念ながら紛争地域のイメージが植え付けられてしまったイラク、シリア、レバノン、クルディスタンの国境地帯。
監督が捉えるのは、その地で、自分の運命を受け入れ、懸命に生きる人たちの姿。
そこがどこで、なぜそのような境遇にあっているのかなど、一切の解説を廃した映像。
だからこそ、ちょっとしたヒントから、そこはどこと詮索してしまいますが、それは監督の意図するところではないでしょう。
あるがままを観て、感じて、想像を掻き立てて、そこで暮らす人たちの気持ちに寄りそうことができれば、それだけでいいのだと。

それでもヒントを得たい方は、公式サイト
『国境の夜想曲』を読み解くためのキーワードをどうぞ!
https://bitters.co.jp/yasokyoku/background.php

ジャンフランコ・ロージ監督は、1964年、エリトリア国アスマラ生まれ。エリトリア独立戦争中、13歳の時に家族と離れてイタリアへ避難。このご経歴が紛争地区で暮らす人々への静かな眼差しに繋がっているのだと感じました。 そして、私たちもまた、いつ歴史に翻弄されるかもしれないことを心しなければと感じさせてくれました。(咲)



受賞ノミネート
第77回ヴェネチア国際映画祭 ユニセフ賞/ヤング・シネマ賞
最優秀イタリア映画賞/ソッリーゾ・ディベルソ賞 最優秀イタリア映画賞 受賞
第33回東京国際映画祭 正式出品
山形国際ドキュメンタリー映画祭2021 コンペティション部門 正式出品


2020年/イタリア・フランス・ドイツ/アラビア語・クルド語/104分
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:https://www.bitters.co.jp/yasokyoku/
★2022年2月11日(金・祝)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー



posted by sakiko at 16:38| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

ほんとうのピノッキオ( 原題:PINOCCHIO)

pinocchio.jpg

監督/共同脚本:マッテオ・ガローネ
原作:カルロ・コロディ
脚本:マッシモ・チョッケリーニ
プロデューサー:ジェレミー・トーマス
撮影:ニコライ・ブルーエル
美術:ディミトリー・カプアーニ
衣裳:マッシモ・カンティーニ
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ロベルト・ベニーニ(ジェペット)、フェデリコ・エラピ(ピノッキオ)、ロッコ・パパレオ(ネコ)、マッシモ・チョッケリーニ(共同脚本/キツネ)、マリーヌ・ヴァクト(妖精)、ジジ・プロイエッティ(人形劇一座の親方)

貧しい木工職人のジェペットは丸太を手に入れて、一心に人形を作り始めた。話しかけると人形は喋り出し、足ができると歩き始めた。息子ができたと大喜びのジェペットは、ピノッキオと名付けてベッドカバーで帽子と洋服も作ってやった。自分の上着を売って教科書を買い、学校へ送り出す。ところがピノッキオは教科書を売って人形劇の公演を観に行ってしまった。人形劇の一座と別れたピノッキオは親方からもらった金貨を持って、ジェペットの家への道を探していた。そこにペテン師のネコとキツネがやってきて、もっと金貨を増やそうとピノッキオにウソを吹き込む。危ないところを妖精に救われるのだが…。

マッテオ・ガローネ監督はイタリアの裏社会を描いたクライムストーリー『ゴモラ』(2008)がカンヌ映画祭コンペティション部門でグランプリ、一躍有名になりました。原作は1883年に出版された「ピノッキオの冒険」です。世界中で知られている童話ですが、私も含めてイメージはディズニーのアニメーションでしょう。1939年制作だそうです。そんなに前からだったの!
原作はけっこう風刺もきいたダークファンタジーで、映画は原作にかなり忠実です。貧しく空腹、服は着た切り雀のジェペットの描写から始まります。ユーモアと悲しみが同居しているロベルト・ベニーニが適役。ベニーニは2003年公開の『ピノッキオ』を監督・主演していますが、そちらは未見。子どもの愛らしさに及ばないんじゃないかなあ。
ピノッキオは好きなように遊びまわり、ジェペットを死ぬほど心配させます。生まれたばかりで世間知らずなのに、よくウソをつき、妖精の家で鼻がどんどんのびて大騒ぎになります。長時間の特殊メイクに耐えたピノッキオのフェデリコ・エラピはじめ、不思議な生き物を演じた俳優たちと特殊メイクのマーク・クーリエの仕事に拍手。抑えた色味の泰西名画のような背景、登場人物の造形や衣裳も素晴らしいです。
ガローネ監督は6歳のときに「ピノッキオ」のストーリーボードを書いたそうです。映画化しようと原作を読み直して、満を持して送り出されたこの作品はこれまで観たピノキオとは大きく違っています。舞台は貧しく、厳しく、理不尽な世間。無知な木の人形が信じてくれる人を何度も裏切り、「楽な道を選んでは失敗」を繰り返します。苦労して少しずつ成長していく普遍的な物語は、現実を生きる私たちと変わりません。ピノッキオが人間の少年になるまで、応援しつつご覧ください。(白)


2019年/イタリア/カラー/シネスコ/122分
配給:オフィシャルサイト
copyright 2019 cARCHIMEDE SRL - LE PACTE SAS
happinet-phantom.com/pinocchio/  
公式twitter:@Pinocchio_2021
★2021年11月5日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 18:19| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする