2019年10月06日

トスカーナの幸せレシピ  原題:Quanto Basta

劇場公開情報
YEBISU GARDEN CINEMA 10/11(金) 〜
東京 新宿武蔵野館 10/12(土) 〜
Toscana_main_artwork.jpg 
©2018 VERDEORO NOTORIOUS PICTURES TC FILMES GULLANE ENTRETENIMENTO

監督・脚本:フランチェスコ・ファラスキ 
脚本:フィリッポ・ボローニャ、ウーゴ・キーティ
製作:ファビアノ・グラーネ ダニエレ・マッツォッカ
製作総指揮:アンドレア・ボレッラ
撮影:ステファーノ・ファリベーネ
編集:パトリツィオ・マローネ
音楽:パオロ・ビバルディ
字幕:吉田裕子
出演:ヴィニーチョ・マルキオーニ、ルイジ・フェデーレ、ヴァレリア・ソラリーノ

元一流シェフとアスペルガー症候群青年の友情を描く

 卓越した腕を持ち、開業したレストランも成功させた元三ツ星レストランのシェフ・アルトゥーロと、「絶対味覚」を持ち、料理の才能を秘めたアスペルガー症候群の青年グイドが、料理を通し築いていく友情や絆が描かれる。イタリアを舞台にしたハートウォーミングドラマ。
アルトゥーロは共同経営者に店の権利を奪われたことで暴力事件を起こし刑務所へ。順風満帆だった人生から転落。〝グルメ界の神〟になりそこねた不器用で怒りっぽい性格の中年男。
地位も名誉も信頼も失い、社会奉仕活動を命じられ、自立支援施設「サン・ドナート園」でアスペルガー症候群の若者たちに料理を教えることになった。 荒っぽい性格の料理人は、無邪気な生徒たちと初日からギクシャク。しかし、施設で働くアンナの後押しもありなんとか続けていた。そんな生徒のなかに、食材やスパイスを完璧に言い当てられる〝神の舌を持つ天才〟グイドがいた。
祖父母に育てられているグイドは、料理人として自立できれば、家族も安心するだろうと考え「若手料理人コンテスト」へ出場することにした。グイドの祖父母のオンボロ自動車をアルトゥーロが運転し、コンテスト会場トスカーナまでの奇妙な二人旅。3日間に渡るコンテストでグイドは決勝まで進むことができた。しかし、アルトゥーロに料理人としての将来をかけた仕事が急に舞い込み、決勝戦ではグイドのもとを離れることになってしまった。果たしてグイドは優勝できるのか。想像力と創造性溢れるイタリア料理の魅力が描かれる
アルトゥーロを演じるのは、凄惨な自爆テロから生還した男の実話『イラクの煙』(10)で「ヴェネチア国際映画祭イタリア映画記者賞」やイタリアのアカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」ほか多くの主演男優賞に輝いたヴィニーチョ・マルキオーニ。口にした料理の材料と調味料をすべて言い当てることができる「絶対味覚」の持ち主グイドを熱演したのは若手注目株ルイジ・フェデーレ。純朴なキャラクターの喜怒哀楽を巧みに表現し、本作で「国立イタリア映画記者連盟賞」を受賞。この二人を見守る女性心理学者アンナは、イタリアでスマッシュヒットを記録しシリーズ化された『いつだってやめられる10人の怒れる教授たち』のヴァレリア・ソラリーノ。それぞれ、人間味あふれるナチュラルな演技が芳醇なスパイスとなって、観客の心を感動で満たしていく。

Toscana_Main.jpg
©2018 VERDEORO NOTORIOUS PICTURES TC FILMES GULLANE ENTRETENIMENTO

公式HP
2018/イタリア語/イタリア/92分/5.1chデジタル/カラー
配給:ハーク  

最初はほとんど説明もなく、すぐ自立支援施設が舞台になってしまったので、この主人公シェフ、アルトゥーロの、それまでの仕事ぶりがよくわからなかったけど、怒りっぽい男というのはよくわかった。いやいやながら「サン・ドナート園」でアスペルガー症候群の若者たちに料理を教えていたけど、なりゆきでトスカーナで行われる料理にコンテスト行くはめになってしまい、思いっきりめんどくさそうな様子だったけど、徐々に考えが変わり、自分のステップアップの仕事をほおり投げて、生徒たちとレストランを開くという最後の展開は、けっこう感動ものだった(暁)。




posted by akemi at 09:29| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

ドッグマン  原題:Dogman

doguman.jpg

監督:マッテオ・ガローネ (『ゴモラ』)
出演:マルチェロ・フォンテ、エドアルド・ペッシェ、アダモ・ディオジーニ

海沿いのすさんだ町。犬好きのマルチェロは「ドッグマン」という犬のトリミングサロンを営んでいる。離婚し、娘は妻が引き取ったが、時折一緒に海に潜って親子水入らずの時を過ごすのが楽しみだ。温厚なマルチェロは町の仲間たちとサッカーや食事をして打ち解けている。一方で、小心者で人のいいマルチェロは、皆が嫌う暴力的なシモーネの頼みを断ることができず、盗みの見張りをさせられたり、麻薬を買いに行かされたりしている。
ある日、シモーネから「ドッグマン」の壁に穴をあけて隣の店に盗みに入ることを提案される。隣の店主とも親しくしているマルチェロは「町の人たちが大事。やめろ」と進言するが、とうとう拒みきれず実行する。翌日、警察に連行されたマルチェロは、シモーネの指示だと証言すれば執行猶予にしてやるといわれるが、なぜか拒否してしまう。単独犯として刑務所で1年の服役を追え、町に戻ったマルチェロは仲間から裏切り者として冷たくあしらわれる。シモーネに分け前をよこせと詰め寄るが、逆に痛めつけられてしまう。娘も寄り付かなくなり、希望を失ったマルチェロは驚くべき行動に出る・・・

どんな獰猛な犬も、マルチェロの手にかかればおとなしくなる。そんな力を持った心優しい彼は、無理な頼みを断りきれずに利用されてしまう。娘と一緒に、いつか紅海で潜りたいという夢を叶えてあげたくなった。
人のいい小心者を体現したマルチェロ・フォンテ。複雑な思いがにじみ出たような笑顔が忘れられない。(咲)


2018年度カンヌ国際映画祭主演男優賞他、多数受賞

2018年/イタリア・フランス/イタリア語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/103分/PG12
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://dogman-movie.jp/
★2019年8月23日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開






posted by sakiko at 09:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

家族にサルーテ!イスキア島は大騒動(原題:A casa tutti bene)

kazoku ni.jpg

監督・脚本:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ステファノ・アコルシ(パオロ)、カロリーナ・クレシェンティーニ(ジネーヴラ)、エレナ・クッチ(イザベッラ)、ピエルフランチェスコ・ファビーノ(カルロ)、クラウディア・ジェリーニ(ベアトリーチェ)

イスキア島に住むピエトロ&アルバ夫妻はめでたく結婚50周年を迎える。二人を祝うために家族、親戚一同が島にやってきた。総勢19人の宴がお開きとなるころ島の天候は激変し、ナポリへ戻るフェリーが欠航となった。足止めをくってしまい、帰れなくなったみんなの宿泊場所を確保しようと大わらわのアルバたち。それまで笑顔の下に隠してきた一人一人の事情がこのアクシデントで明らかになっていく。

原題は「A casa tutti bene」意味は”家ではみんな良い感じ”だそうで、家ほどいいところはないということなんでしょうか?そうであってほしいと願うものの、反対に家こそが修羅場という人もいるでしょうね。
このイタリアから届いた作品の、国を問わずどの家にもありそうな「あるある」エピソードに思わず引き込まれました。たくさんの登場人物がいるにも関わらず、一人ずつのキャラが立っているせいか少しもごちゃごちゃになりません。ガブリエレ・ムッチーノ監督の脚本と采配、そして俳優たちのうまさなのでしょう。舞台となったイスキア島の美しいこと、一度行ってみたいなぁ。(白)


金婚式に集まった親族たちが天候不良で二晩をともにすることに。普段は隠していた本音が炸裂し、関係がこじれていく。浮気、嫉妬、借金、老い。家庭で起きるトラブルがてんこ盛り。愛にしてもお金にしても、求めることが多い人ほどトラブルが炎上する。ささやかな幸せに喜ぶ少女の姿からうれしさがほとばしるのが眩しい。しかし、彼女もいつの日か、その幸せに慣れてしまうのだろうか。(堀)

2018年/イタリア/カラー/シネスコ/107分
配給:アルバトロス・フィルム、ドマ
(C)2018 Lotus Production e 3 Marys Entertainment
http://salute-movie.com/
★2019年6月21日(金)Bunkamura ル・シネマほかロードショー
posted by shiraishi at 16:21| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代 原題 Klimt & Schiele - Eros and Psyche

kurimt.jpg

監督 ミシェル・マリー
製作総指揮 ベロニカ・ボッタネッリ
脚本 アリアンナ・マレリ
撮影 マテウス・シュトレツキ
日本語ナレーション 柄本佑
出演 ロレンツォ・リケルミー、リリー・コール

「ユディトI」「接吻」といった作品で知られ、ウィーン分離派で中心的役割を果たしたグスタフ・クリムト。そのクリムトと深い関わりを持ち、「自画像」「死と乙女」などの作品を残したエゴン・シーレ。二人は人間の不安や恐れ、エロスを描き、革新的な作品を生み出した。彼らの作品を所蔵する美術館などを巡りながら、ウィーンの黄金時代を紹介する。

メイン.jpg


「クリムト展 ウィーンと日本 1900」とのタイアップで公開されるため、アート好きならずとも観るには絶好のタイミングではないだろうか。俳優の 柄本佑が日本語ナレーションを務めており、分かりやすく聴きやすい
ドキュメンタリーとなっている。

若くして夭逝した異端の画家エゴン・シーレの狂おしいまでの性愛表現・自我の解放には、28年間の短い創作活動が凝縮されているようで胸が詰まった。

本作の興味深さは、絵画のみならず、当時のウィーンに於ける音楽、建築、文学などにも新しい概念が顕在化したムーブメントを伝え、活写している点だ。
コルセットと封建主義から解放したモードの立役者、エミーリエ・フレーゲがクリムトの代表作「接吻」のモデルだと知ったのは新鮮な驚きである。フレーゲの先進的なモード・サロンに集まる上流婦人たちをフレーゲは「改良服」を着せて撮影し、クリムトはキャンバスに塗り込めていった。

そして本作は、マーラー、シェーンベルク、ブラームス、シュトラウス、ベートーヴェンらの荘厳な楽曲に酔いしれる極上の90分でもある♪
サロン文化やカフェ、舞踏会まで網羅した贅沢な映像に瞬きも忘れて魅せられるに違いない。(幸)


東京都美術館で開催されている「クリムト展 ウィーンと日本 1900」は、昨年でクリムト没後100年、今年は日本とオーストリア友好150年にあたることから企画されたもので、過去最大級のクリムト展。クリムトは作品に金箔を施したものが多く、とても華麗。本展覧会では、クリムトの弟子であるエゴン・シーレの作品のほか、サブタイトルに「ウィーンと日本 1900」とあるように、日本文化がどのよう影響を与えたかもわかる展示になっています。
映画を観てから展示を観るか、展示を観てから映画を観るか、どちらの順序でも興味深く映画と展示を観れることと思います。
映画の日本語ナレーションは柄本佑さんが務めていますが、「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の方は、音声ガイドを稲垣吾郎さんが務めていて、これまた心地よいのです。ぜひ聴きながら鑑賞を!(咲)

「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
東京都美術館 4/23-7/10
その後、愛知県豊田市美術館で開催 7/23-10/14
https://klimt2019.jp/


2018年/イタリア/イタリア語・ドイツ語・英語/90分 / カラー
配給 彩プロ
後援 オーストリア大使館オーストリア文化フォーラム
© Belvedere, Wien
公式サイト http://klimt.ayapro.ne.jp
★2019年6 月 8 日(土)より、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開


posted by yukie at 11:41| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

ザ・プレイス 運命の交差点(原題:The Place)

the place.jpg

監督・原案・脚本:パオロ・ジェノベーゼ
出演:バレリオ・マスタンドレア(謎の男)
サブリナ・フェリッリ(アンジェラ)
ジュリア・ラッツァリーニ(マルチェラ婦人)
アルバ・ロルバケル修道女(キアラ)ほか

ローマにある「The Place」というカフェの隅に一日中座り続けている男がいた。その男のもとに様々な人間がやってくる。どんな希望も叶うと伝え聞いてくるのだったが、男は途方もない課題を出す。やり遂げれば必ず望みは叶う。実行するしないは自由だと。逡巡しながら望みと課題を天秤にかける老若男女。カフェで一人働くアンジェラはそんな男のようすをじっと見ていた。

アメリカのテレビドラマ「The Booth at the End」(2011)のリメイク作品。邦題は「The Booth 欲望を喰う男」だったそうです。予告編では「アルツハイマーの夫を救いたい老婦人」に、「爆弾をしかけろ」と言う場面が出ています。多くの人を犠牲にして夫を助ける?夫を愛する老婦人は困惑します。
9人の男女の望みにつっこみを入れつつ、謎の男の出す理不尽といえる課題を聞くたび、自分ならどうする?と考えます。男は天使か、それとも悪魔なのでしょうか?びっしりと文字で埋め尽くされているあのぶ厚いノートには何が書かれているのでしょう?イタリア語のわかるかた、読めたら教えてください~。
ポイントは、男が命令していないこと。交換条件を示すだけです。実行すれば自動的に叶うので(しくみは不明ですが)嘘をついても駄目です。配されているキャストの説得力ある演技に引き込まれ、結果が気になって目が離せません。自分さえよければ他人はどうなってもいい、というニュースで溢れている現実のほうが怖いかもしれませんよ。(白)


2017年/イタリア/カラー/シネスコ/101分
配給:ミモザフィルムズ
(C)2017 Medusa Film SpA.
http://theplace-movie.com/
★2019年4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 00:53| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする