2019年05月17日

僕たちは希望という名の列車に乗った(原題:Das schweigende Klassenzimmer)

bokutachi-kibou.jpg
 
監督:ラース・クラウメ
原作:ディートリッヒ・ガルスカ「沈黙する教室」(アルファベータブックスより4月発刊予定)
出演:レオナルド・シャイヒャー、トム・グラメンツ、ヨナス・ダスラ―、ロナルト・ツェアフェルト、ブルクハルト・クラウスナー

1956年、東ドイツの高校に通うテオ(レオナルド・シャイヒャー)とクルト(トム・グラメンツ)は、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。やがて調査に乗り出した当局から、一週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか……。

今年はベルリンの壁崩壊(1989年11月9日)から30年。しかし、本作が描いている1956年はまだそのベルリンの壁さえ建設されていなかった。完全フリーというわけではないが、東ベルリンから西ベルリンへ行くことは可能で、テオとクルトは祖父の墓参りを口実に西ベルリンに出掛けている。しかし、人間関係は複雑だ。第二次世界大戦時、本人や家族がどこに属していたか。このことが大きく関わっていることが作品を通じて伝わってきた。それでもテオたちは祖父や父の立場でなく、自分はどうするかを考えた上で行動する。最後の彼らの決断と行動は清々しい。
本作は実話がベースにあり、原作はディートリッヒ・ガルスカが自身の実体験を綴ったノンフィクション『沈黙する教室 1956年東ドイツ―自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語』である。ラース・クラウメ監督が脚本も担当。原作者をクルトに反映し、緻密なリサーチでサスペンスタッチな青春映画に仕上げた。(堀)


2018年/ドイツ/ドイツ語/シネスコ/111分/PG-12
配給:アルバトロス・フィルム/クロックワークス
© Studiocanal GmbH Julia Terjung
公式サイト:http://bokutachi-kibou-movie.com/
★2019年5月17日(金)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
posted by ほりきみき at 01:00| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

希望の灯り(原題:In den Gängen/英題:In the Aisles)

kibounoakari.jpg
 
監督・脚本:トーマス・ステューバー
原作・脚本・出演:クレメンス・マイヤー(「通路にて」新潮クレスト・ブックス『夜と灯りと』所収<品切>)
撮影:ペーター・マティアスコ
音楽:ミレナ・フェスマン
出演:フランツ・ロゴフスキ、ザンドラ・ヒュラー、ペーター・クルト、アンドレアス・レオポルト、ミヒャエル・シュペヒト、ラモナ・クンツェ=リブノウ

内気で引きこもりがちなクリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)は27歳。ある騒動の後に建設現場での仕事をクビになり、在庫管理担当としてスーパーマーケットで働き始め、レジでの雑踏やフォークリフトなど、自分にとって全く未知の世界に放り込まれる。そこで飲料セクションのブルーノ(ペーター・クルト)、ルディ(アンドレアス・レオポルト)、職場で唯一ハンドパレットトラックの操縦を許可されているクラウス(ミヒャエル・シュペヒト)、ユルゲンと出会う。ブルーノは、クリスティアンに仕事のいろはやフォークリフトの操縦の仕方を教え、クリスティアンにとって父親のような存在になる。通路で、クリスティアンはスイーツセクションの年上の同僚のマリオン(ザンドラ・ヒュラー)と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。コーヒーマシーンのある休憩所が彼らのおきまりの場所となり、二人は親密になっていく。


郊外の大型スーパー。2階分くらいはあるような高い棚に商品が積まれている。担当するブロックの品物が手に届くところにあるよう、商品を管理するのが主な仕事。ずっとそこにいると、大きな空間に押し潰されそうだ。棚の向こうに仕事仲間の姿が見えるとホッとして、表情が和らぐ。人間関係も同じ。適度な距離感を保ち、深入りしない。東西の統合を経た人々だからこその配慮か。
タトゥーを入れ、ちょっとワケありそうな主人公クリスティアンにもとやかく言わない。ただ、指導係のブルーノはクリスティアンに仕事を教えることで親密さを増す。またクリスティアンは他セクションの同僚に恋心を抱くようになり、踏み込んだ行動を取ってしまう。静かな均衡に変化が見える。
しばらくして起こった悲しい出来事。距離感のある人間関係が原因かなのか。親密さを持ったことで孤独が浮かび上がってしまったからか。監督ははっきりとは描かず、見る者に委ねる。しかし、すべてを受け止めて、前に進もうとするクリスティアンに希望を感じた。(堀)


2018年/ドイツ/ドイツ語/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/125分
(C) 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH
公式サイト:http://kibou-akari.ayapro.ne.jp/
★2019年4月5日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

ちいさな独裁者   原題:Der Hauptmann

chiisana dokusaisya.jpg

監督・脚本:ロベルト・シュベンケ
出演:マックス・フーバッヒャー 、フレデリック・ラウ 、ミラン・ペシェル、アレクサンダー・フェーリング

1945年4月、第二次世界大戦末期のドイツ。敗戦の気配が漂い、兵士たちの脱走が相次いでいた。そんな一人、まだ20代そこそこのヘロルトは、道ばたで大尉の軍服を拾う。身にまとい、大尉に成りすました彼は、道中出会った脱走兵たちを次々と配下に従える。収容所では、ヒトラー総統からの命令だと巧みな嘘をつき、簡易裁判を行い、即決で人々を処刑していく・・・

終戦間際、数千人の脱走兵がさすらっていたドイツで実際にあった出来事をもとにした物語。ヘロルトは一時80人もの兵士を配下に従えたという。12人が最後までヘロルト親衛隊として、ヘロルトの指揮のもと処刑を繰り返した。1945年4月12日には、囚人に深さ1.8メートルの穴を掘らせ、対空砲で彼らを処刑し、さらに機関銃で100人近い兵士を殺し穴に突き落としたという。(実在の人物については、公式サイトで詳細を!)

敗戦の色濃い中で、皆が正気でなかった時代とはいえ、一兵卒の若造を大尉だと信じてしまって、蛮行を許したことに驚かされる。人はいかに権威に弱いか。そして、権力を手にした時、人はそれをふりかざしたくなる生き物だということを見せつけてくれる。それは、決して、本作のような戦争という異常な状況の中だけで起こることではないのも皆が知っていること。 権威にこだわる人ほど、それを失った時に生きる気力をなくすことも!(咲)

2017年/ドイツ・フランス・ポーランド/119分
配給:シンカ、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
(C)2017 - Filmgalerie 451, Alfama Films, Opus Film
公式サイト:http://dokusaisha-movie.jp/
★2019年2月8日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by sakiko at 20:42| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

未来を乗り換えた男(Transit)

miraiwo.jpg

監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト
原作:アンナ・ゼーガース「トランジット」
撮影:ハンス・フロム
出演:フランツ・ロゴフスキ(ゲオルク)、パウラ・ベーア(マリー)

ドイツの侵攻が進む現代のフランス。ゲオルクは祖国ドイツから追われ、パリにたどり着いた。ホテルで自殺していた作家ヴァイデルの遺品を預かりマルセイユに向かう。遺品のトランクには身分証明書があり、不法入国のゲオルクは間違われたことを利用し、ヴァイデルになりすますことにした。マルセイユに来る途中に死んだ知人の妻子に報告にいき、その息子と束の間楽しいときを過ごす。街中で自分を振り向かせた女性マリーにゲオルクは目を惹かれる。マリーは作家ヴァイデルの妻で、マルセイユに来るはずの夫を探し続けていた。

ナチスの迫害から逃れて亡命した作家の体験が原作。クリスティアン・ペッツォルト監督は40年代の史実を現代のフランスに置き換え、ナショナリズムの風が吹き荒れるヨーロッパの状況と、平和な安住の地を求めてさまよう人々を描きました。ゲオルクはマリーと出逢い強く惹かれるのですが、マリーの夫ヴァイデルになりすましているため、真実を告げられません。ゲオルクとマリーがすれ違うことが何度かあり、いつばれてしまうのかとはらはらして観てしまいました。
同行しながら傷が悪化して死んでしまった知人の妻子とのエピソード、マリーを愛してしまったために出立するはずだった船から降りてしまう男性。それもこれも祖国を離れて、寄る辺のない難民になったことにつながります。ナチスドイツ時代の話を今に移して、何の違和感もないことに逆に戸惑ってしまったと監督。
日本から出ない限り、自分がマイノリティになることが自覚できない私たちも、いつどうなるか先はわかりません。深田晃司監督の『さようなら』(2015)では放射性物質に汚染された日本を捨てて、海外へ脱出する難民となる「私たち」が描かれていたのを思い出します。

フランツ・ロゴフスキは『ハッピー・エンド』(2018)でイザベル・ユペールの弟役でした。今年4月に主演作『希望の灯り』が公開予定。パウラ・ベーアは『婚約者の友人』(2017)のアンナ。本作で、二人や周りの人々が味わう苦境は決して他人事ではありませぬ。(白)


2018年/ドイツ、フランス/カラー/シネスコ/102分
配給:アルバトロス・フィルム
(c)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema
http://transit-movie.com/
★2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 18:10| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

ヒューマン・フロー 大地漂流   原題:Human Flow

human flow.jpg

監督・製作:アイ・ウェイウェイ
製作:チン-チン・ヤップ、ハイノ・デッカート
製作総指揮:ダイアン・ワイアーマン『不都合な真実』/
編集:ニルス・ペー・アンデルセン『アクト・オブ・キリング』

何百人もの人を乗せたボートが地中海をいく。やっとたどり着いた地から、さらに受け入れてくれる国を求めて、移動する人たち。内戦で瓦礫の町となったシリアから逃げ出す人たちや、宗教の違いから差別され、バングラデシュに逃れるミャンマーのロヒンギャの人たち。一方で、もう何年も難民キャンプで暮らす、パレスチナやアフガニスタンの人たち。そして、トランプ大統領が壁を作ろうとしているメキシコとの国境。

本作は、中国の現代美術家で、社会運動家としても活躍するアイ・ウェイウェイが、なんらかの理由で難民となった人たちの日常に迫ったドキュメンタリー。訪れた場所は、23カ国40カ所にもおよぶ。
アイ・ウェイウェイ自身、幼い時に生まれ故郷から追放された経験があり、故国を去らざるを得なかった人々に寄りそうような眼差しを感じさせてくれる。
難民キャンプで生まれ育った子どもたちが、見たことのない故国にいつか帰り、国を立て直したいという。今いる国は、生まれたところなのに、故国ではないのだ。
2016年の撮影当時、世界で6,500万人いた難民は、さらに増え続け、恐れをなしたヨーロッパ諸国は門戸を閉ざす方向にある。悲しいことだ。だからといって、さて、私に何ができる?と自問する。

ドローンで上空から写した難民キャンプの全景に圧倒された。
もしかしたら、いつか私たちも、あのような場所に住まなくてはならない事態になるかもしれない。そう考えると、他人事でない。(咲)



『ヒューマン・フロー 大地漂流』 難民問題について考えるトークイベント (12/18)


◆初日トークイベント 

1月12日(土)【10:50の回上映後】13:10〜13:30(20分)
会場:シアター・イメージフォーラム
ゲスト:丸山ゴンザレスさん(ジャーナリスト)
TV番組「クレイジージャーニー」(TBS系列)で、世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩く“危険地帯ジャーナリスト”として出演。ギリシャの島からドイツまで難民に同行し密着取材したことがある。


2017年 ヴェネチア国際映画祭5部門賞受賞

2017年/ドイツ/ビスタ/5.1ch/2時間20分/
配給:キノフィルムズ/木下グループ
後援:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、認定NPO法人 難民支援協会 
© 2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.
公式サイト:http://humanflow-movie.jp/
★2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開





posted by sakiko at 21:43| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする