2020年01月11日

ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を   原題:Vom Lokfuhrer, der die Liebe suchte...

bra bra bra.jpg

監督:ファイト・ヘルマー(『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』『ツバルTSUVALU』)
出演:
ミキ・マノイロヴィッチ(旧ユーゴスラヴィア<現セルビア共和国>)
ドニ・ラヴァン(フランス)(『ポンヌフの恋人』)
チュルパン・ハマートヴァ(ロシア)
イスマイル・クルザデ(フランス)
マヤ・モルゲンステルン(ルーマニア)
パス・ヴェガ(スペイン)
フランキー・ウォラック(フランス)
ボリアナ・マノイロワ(ブルガリア)
サヨラ・サファーロワ(ドイツ)
マナル・イッサ(フランス)
イルメナ・チチコヴァ(ブルガリア)
ラ・シュリアシュビリ(グルジア)

定年を迎える鉄道運転士ヌルラン。最後の乗車となるバクー行きの列車が、草原を抜け、両脇に住宅が迫る地区に入っていく。お茶を運ぶ少年が列車の通過を告げる笛を鳴らすと、お茶を飲んだり、ゲームに興じたりしていた人たちが大急ぎで線路から退散する。ロープを渡して干していた洗濯物を大急ぎで取り込む女性もいる。終点に着き、ヌルランは青いブラジャーが列車の正面に引っかかっているのを見つける。翌日、ヌルランは可愛い青いブラの持ち主を探して、線路脇にある家々を訪ねて歩く・・・

ブラをつけて踊ってみせる女性、サイズが合わないのを示す女性、夫が怒り出す家も。言葉を廃し、動作と音楽だけで、しっかり物語を綴っています。
ドイツ人のヘルマー監督が、この映画を撮りたいと思ったのは、2014年にアゼルバイジャンの首都バクー近くの上海と呼ばれている線路の脇に住宅が迫る地区に取り壊しの予算が割り当てられたと聞いたことから。2017年までに何とか製作資金を集め、町が消失する前に撮影することが出来たそうです。
列車の走る先には、バクー名物の炎が揺れるような3つの高層ビル「フレイムタワー」も見えていて、開発の波がすぐそこに押し寄せているのを感じさせてくれました。
列車が通るたびに、線路でくつろぐ人たちがあわてて避けるようなのどかな暮らしもいつかなくなってしまうのでしょうか。


2018年、第31回東京国際映画祭コンペティション部門で『ブラ物語』のタイトルで上映され、ヘルマー監督と鉄道運転士役のドニ・ラバンはじめ5人の女優さんたちパス・ベガ、フランキー・ウォラック、サヨラ・サファーロワ、ボリアナ・マノイロワ、イルメナ・チチコバが世界各地から駆けつけました。
DSCF6332 bra.JPG


Q&Aで印象に残ったことをここにお届けします。
DSCF6318 bra.JPG

監督:あの地区では、20分ごとに列車が走っていて、それを狙って撮影したのですが、とにかく大変でストレスもありました。運転士が定年後に帰る設定の山の上の家は、標高2600m位のところにあって、9月には雪が降るのでその前に大急ぎで撮影。機材や食糧を運ぶのも大変でした。

ドニ・ラヴァン:監督とは、『ツバルTSUVALU』でも組みましたが、その時よりもさらにクレイジーでした。美人ばかりの現場で、3ヶ国語を駆使しながらの撮影でした。どこにそんなエネルギーがあるのかと感心しました。

女優さんたちからは、
「半裸で踊るという噂が広まって人が集まり、警察が来て、緊迫感の中で撮影しました」
「言葉に頼らないスリリングで濃縮した時間でした」
「まだ完成した映画を観ていないので楽しみ」といった話が語られました。

DSCF9152 ichigo top.JPG

ファイト・ヘルマー監督には、『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』が公開された折にインタビューしています。
これまでの作品をみると、初の長編『ツバル』はブルガリアで撮影。2003年『ゲート・トゥ・ヘヴン』はフランクフルト空港を舞台にした国際色豊かな恋愛コメディ。2008年『Absurdistan』は、アゼルバイジャンで撮った民族色豊かな全編ロシア語のラブ・コメディ。
2011年『Baikonur』は、カザフスタンを舞台にした、カザフスタンの少年とフランス人女性宇宙飛行士の恋。これまでも様々な文化や音楽、人種や民族を融合させたユニークでアーティステックな作品を発表し続けています。
インタビューの最後に、またアゼルバイジャンで撮る予定とおっしゃっていたのが、本作という次第でした。アゼルバイジャンの風光明媚な山上の村と、住宅が線路に迫る郷愁溢れる光景をたっぷり楽しませてくれる1作です。(咲)


2018年/ドイツ・アゼルバイジャン/90分
配給:キュリオスコープ
公式サイト:http://www.curiouscope.jp/thebra/
★2020年1月18日(土)新宿K’s cinema他にて公開




posted by sakiko at 21:34| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

気候戦士 クライメート・ウォーリアーズ  原題: Climate Warriors

kikoosensi.jpg

監督:カール-A・フェヒナー(『第4の革命』)
共同監督:ニコライ・ニーマン
制作:フェヒナー・メディア

産業革命以後、温暖化効果ガスの増大で気温が上昇し、地球環境の汚染が続いている。
本作は、気候変動の要因を阻止しようとする気候活動家たちの挑戦に密着したドキュメンタリー。

カリフォルニア州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴したアーノルド・シュワルツェネッガー。
17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネス。人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう若手の気候活動リーダーだ。
元イラン難民のアミール・ロガニ。Vispiron社の創業者で、再生可能エネルギーが平和な世界への鍵だとウクライナで活動している。
その他、バーニー・サンダースなどの政治家、グラミン銀行の資金を利用して太陽光エネルギーに挑戦するバングラデシュの女性たちなどが登場する。

自転車で颯爽と登場するシュワちゃん。大きな国際会議で、脱炭素と草の根運動の重要性を語る姿がカッコいい。一方、地球温暖化はないとして、気候変動抑制に関するパリ協定からの脱退を宣言し、石炭復活策を進めるドナルド・トランプ大統領。吠える姿が醜悪だ。
本作は、各地の「気候戦士」の活動する姿を見せながら、一人一人が出来ることを模索すれば大きな力になることを訴えている。
再生可能エネルギーへの転換で、気候変動の危機を回避しようという趣旨は素晴らしいけれど、太陽光にしても風力発電にしても、かさばる器具はいずれ廃棄処分すべきゴミになることも考えないといけない。
電気やガス、様々な交通機関など、普段当たり前のように享受しているものが、気候変動にどれほど影響しているのか、立ち止まって考えてみたくなった。そして、私に出来ることは?(咲)

DSCF2472 kikoo.JPG
カール -A.・フェヒナー監督が公開を前に来日。
11月21日(木)に日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホールで行われたジャパン・プレミアに参加してきました。
DSCF2475 kikoo.JPG
上映前後フェヒナー監督が登壇。
10年以上ドイツの軍人を務めた後、平和と環境問題を解決するために活動してきたことを熱く語りました。
「気候変動は確実に起こっている現実。どう力を合わせれば解決できるのか、個人と社会の問題。この映画は、私からの招待状。心と頭をオープンにして考えてほしい」と訴えました。

2018年/ドイツ/86分
配給:ユナイテッドピープル
公式サイト:http://unitedpeople.jp/climate
★2019年11月29日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国公開




posted by sakiko at 09:32| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント(原題:Why Are We Creative?) 

tensai-atama.jpg

監督・製作:ハーマン・ヴァスケ
出演:デヴィッド・ボウイ、クエンティン・タランティーノ、ジム・ジャームッシュ、ペドロ・アルモドバル、ビョーク、イザベル・ユペール、スティーヴン・ホーキング、マリーナ・アブラモヴィッチ、ヤーセル・アラファト、ボノ、ジョージ・ブッシュ、ウィレム・デフォー、ウンベルト・エーコ、ミハイル・ゴルバチョフ、ミヒャエル・ハネケ、ヴェルナー・ヘルツォーク、サミュエル・L・ジャクソン、アンジェリーナ・ジョリー、北野武、ジェフ・クーンズ、ダイアン・クルーガー、スパイク・リー、ネルソン・マンデラ、オノ・ヨーコ、プッシー・ライオット、その他大勢。

大学時代に“クリエイティビティ”の意味を問い始めたバシュケ監督。ロンドンの名門広告代理店に入社後は“クリエイティブ・ディレクター”の下で“クリエイティブな案件”を産み出す“クリエイティブ部門”で働いたにも関わらず、“クリエイティブ”の謎が深まった。
「自身のアイデアを抽象的なものから実態のあるものに変化させるものは何なのか?」と考え抜いた果てに辿り着いたのが、「Why are you creative?(あなたはなぜクリエイティブなのですか)」というシンプルな質問。
以後、世界で活躍する“クリエイティブ”な人物に会い、「Why are you creative?」というシンプルな質問を投げ掛けてきた。時にアポなし、時にぶら下がり取材でアタックしたのは30年で1000人以上。
2002年にはカンヌ国際映画祭の連動企画として「Why are you creative?」コレクションを開催。2018年には30周年記念として故郷ドイツのベルリンとフランクフルトで大々的にコレクションを発表した。
本作は世界で活躍する“クリエイティブ”な人物がヴァスケ監督から放たれる突然の質問に答えるインタビュー映像から107名を厳選した。

ヴァスケ監督は学生の頃から考え続けたテーマを著名人に次々とぶつけた。その答えは人それぞれ、千差万別で面白いが、私にはむしろ監督の人選が興味深い。今は亡きミュージシャンのデヴィッド・ボウイやスティーヴン・ホーキンス博士やネルソン・マンデラ元大統領に始まり、ダライ・ラマ法王14世やミハイル・ゴルバチョフ元大統領といった世界の超大物にも取材する。日本人としては映画監督でありタレントの北野武、写真家の荒木経惟、パリコレで長年活躍するファッションデザイナーの山本耀司、そしてアーティストのオノ・ヨーコが取り上げられた。デヴィッド・ボウイは時期を変えて3回も取材している。もしかすると本作に取り入れたのが3回分であって、実はもっと何度も取材しているのかもしれない。
30年続けた取材を通して、監督は自らの答えを得ることができたのだろうか。そろそろ監督の答えを聞かせてほしい。(堀)


2018年/ドイツ/英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・日本語/88分/ビスタ/5.1ch
配給:アルバトロス・フィルム
©️2018 Emotional Network
公式サイト:http://tensai-atama.com/
★2019年10月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

posted by ほりきみき at 22:14| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

サタンタンゴ 原題:Satantango

IMG_0314.JPG

監督・脚本:タル・ベーラ
共同監督:フラニツキー・アーグネシュ
原作・脚本:クラスナホルカイ・ラースロー
音楽:ヴィーグ・ミハーイ
撮影:メドビジ・ガーボル
編集:フラニツキー・アーグネシュ
出演:ビーグ・ミハーイ、ホルバート・プチ、デルジ・ヤーノシュ、セーケイ・B・ミクローシュ、ボーク・エリカ、ペーター・ベルリング

ハンガリー、ある田舎町。シュミットはクラーネルと組んで村人達の貯金を持ち逃げする計画を女房に話して聞かせる。盗み聞きしていたフタキは自分も話に乗ることを思いついた。その時、家のドアを叩く音がして、やって来た女は信じがたいことを言う。
「1年半前に死んだはずのイリミアーシュが帰って来た」
イリミアーシュが帰って来ると聞いた村人たちは、酒場で喧々諤々の議論を始めるが、いつの間にか酒宴になって、夜は更けていく。
翌日、イリミアーシュが村に帰って来る。彼は村にとって救世主なのか?
イリミアーシュと相棒のペトリナは警察に行き、警視からこれまでの悪事をとがめられる。

上映時間7時間18分の超長尺に、全編約150カットという驚異的の長回し撮影。準備に9年、撮影期間2年、完成まで4年の歳月‥。全てに規格外の映画が製作から25年を時を経てやってきた!
しかも、35ミリフィルムにこだわり続けたタル・ベーラ監督が初めて許可した4Kデジタルレストア版が日本で初公開されるのだ。”観る””観ない”‥。あなたは何方を選択するか? 本作の降り止まない雨と同じく、一旦”観る”選択を下したら、もうタル・ベーラは逃げ場を与えてくれない。映画に集中せざるを得ないだろう。それ程の吸引力を持つ作品である。

ライティング、アングルなど、全てが計算し尽くされたであろう長回しショットにも関わらず、俳優たちは極めて自然に動いているように見える。尚且つ、決してシアトリカルな設定ではなく、あくまでリアルなセット・ロケに於ける”映像演技”なのだ。

ポピュリズムに背を向けながら、これほど甘美な映画体験を齎せてくれるタル・ベーラのような監督は他に類を見ない。タルコフスキーの継承とする評を目にするが、個人的には決定的に異なると思う。ハンガリーの風土に根付いた、感傷を排し、しかも情熱的な話法はタルコフスキーのような映像詩人より直接的な感情に訴えかけるものがある。

中盤、少女と猫のシークエンスを観れば明らかだ。コンプライアンスに雁字搦めにされた現代のメディア界隈では得られない表現がそこにある。この中性的な少女は、児童養護施設に入所していたところをタル・ベーラに見出され、『ニーチェの馬』『倫敦から来た男』にも娘役として強い印象を残している。本作でもキーパーソンと言える役柄のため、「エシュティケ」の場面には是非ご注目を。メディア擦れしていない瞳の力に釘付けになること請け合いだ。(幸)


IMG_0315.JPG


『サタンタンゴ』 タル・ベーラ監督来日記者会見
DSCF1082 satan.JPG

『ニーチェの馬』公開の折の2011年11月以来8年ぶりに来日したタル・ベーラ監督。映画に対する持論をたっぷり語ってくださった。
デジタル化に当たっては、7時間18分すべてご自身でチェック。昨今のデジタル映画はフェイクのフィルム映画の様。デジタルにはデジタルの映画言語があるはずと苦言。(咲)

1994年製作/ハンガリー・ドイツ・スイス合作/モノクロ/1:1.66/7時間18分
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/satantango/
9月13日(金)より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか、全国順次公開
posted by yukie at 11:52| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

ジョアン・ジルベルトを探して 英題:WHERE ARE YOU, JOAO GILBERTO?

Joaogilberto.jpg

監督:ジョルジュ・ガショ
原作:マーク・フィッシャー
出演:ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・ヴァーリ

「イパネマの娘」などの名曲で知られ、日本でライブを行ったこともあるミュージシャンのジョアン・ジルベルトは、2008年夏のボサノヴァ誕生50周年記念コンサートを最後に公の場から姿を消す。彼に会おうとリオデジャネイロに出向いた顛末を綴った本の出版直前に自殺したドイツ人ジャーナリストの旅に共鳴したジョルジュ・ガショ監督が、ジルベルトに会うためにブラジルに向かう。

ジョアン・ジルベルトの歌声は何と心地好いことか!幼い頃から聴き続けてきたにもかかわらず、本作でも流される代表曲の「イパネマの娘」「想いあふれて」といった楽曲は少しも陳腐化せず、新鮮な響きを届けてくれる。桃源郷にいる気持ちにさせる透き通った声質、涼やかな風が吹くようなメロディ…。今年、そんなジルベルトの生の歌声を2度と聴くことが出来なくなった事実に打ちのめされている時、本作が届けられた。
多少、毛色が変わったドキュメンタリーだ。隠遁暮しを続け、私生活は謎に包まれていたジルベルトに相応しいと言えるかもしれない。

ブラジルから遠く離れたドイツ人のジャーナリスト、マーク・フィッシャーは、なぜジルベルトに会うためブラジルへ出向き、その果実である出版本を見る前に命を断ったのか?
フランスとスイス国籍を持つガショ監督は、なぜフィッシャーの本に共鳴し、彼の夢を実現すべくブラジル中を訪ね歩いたのか?2人のクリエイターをそこまで突き動かした原動力は何か?
いちファンだからと出来る行動ではない。このドキュメンタリーは、”追った旅”を”追う旅”として記録された映像を観客が”追って行く旅”なのだ。二重三重構造の映画に相応しく、言語もドイツ語、フランス語、ポルトガル語、英語というように多言語である。だが、テーマはシンプルに、「ジョアン・ジルベルト」。

「デサフィナード」や「オバララ」の楽曲に乗せ、映し出されるイパネマビーチやヂアマンチーナの美しい風景。次々と登場する人々は、ジルベルトとの想い出を語ってくれる。かなりな奇人だったらしいジルベルトについての様々な逸話が楽しい。これは観てのお楽しみだ。
皆、ジルベルトを愛し、ジルベルトに愛された人ばかり。おそらく映画館にもジルベルトに魅せられた観客が詰めかけるに違いない。ジルベルト一色に染まった空間で111分を過ごすのは、ファンにとって至福の時ではないだろうか。(幸)


2018年製作/111分/G/スイス/ドイツ/フランス後援
配給 ミモザフィルムズ
カラー/ビスタサイズ/5.1ch / DCP
©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018
公式サイト:http://joao-movie.com/
8 月 24 日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開
posted by yukie at 12:30| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする