2020年02月23日

娘は戦場で生まれた  英題:FOR SAMA 

musumewa.jpg


監督:ワアド・アルカティーブ、エドワード・ワッツ
出演:ワアド・アルカティーブ、サマ・アルカティーブ、ハムザ・アルカティーブほか

2012年3月、シリア、アレッポ。
マーケティングを学ぶ18歳の女子学生ワアドは、デモに参加したことをきっかけに、スマホで動画を撮りはじめる。アラブの春に触発され、民主化を求める平和的な運動だったが、やがてアサド政権をはじめ様々な勢力が台頭し、第二次世界大戦後、最大の人道危機とも言われる内戦状態になる。
そんな中、ワアドは医師を志す青年ハムザと出会い恋に落ちる。ハムザたちが設営した病院でプロポーズされ結婚。2016年1月1日、ワアドはパパの病院で娘を産み「サマ」と名付ける。アラビア語で空という意味だ。
ワアドは、サマのために、どんな街でサマを産み、どれだけ彼女を愛しているかを伝えるために動画を撮り続ける。だが、サマが生まれた時には、2016年がアレッポ陥落の年として記録されることになるとは思いもよらなかった・・・

アサド政権やロシア軍が、病院を爆撃するという蛮行を繰り返していることに憤りを感じます。地図に載っていない建物を探して、病院を設営しても、また破壊されてしまいます。人々の行き場がない絶望的な状況は想像を絶します。
ワアドがトルコに避難している義父のお見舞いに行った折、義父からサマを預るといわれるのですが、ワアドはアレッポにサマを連れ帰ります。例え、危険はあっても家族一緒にいたいという思い。
『アレッポ 最後の男たち』でも、トルコに逃れることもできるのに、アレッポに残って町を救おうと闘う人たちが描かれていました。故郷アレッポを愛する思いに涙です。

2016年12月にワアドが一家でアレッポから避難したとき、映像も無事持ち出し、アレッポの市民が蒙った生々しい様子をこうして世に出すことができたのです。
今はロンドンに住むワアド一家ですが、いつの日か故郷に帰りたいという思いは、やむをえず国を出た多くの人たちも同じでしょう。
美しい町並みは破壊されてしまいましたが、建築家になって町をなおすという少年や、燃えたバスに色を塗る子どもたちの姿に、人々が安心して暮らせる町が再建されることを願うばかりです。(咲)


泥沼化する戦地シリアで、戦争と人間を赤裸々に映しだした緊迫のドキュメンタリー
内戦の続くシリア、アレッポ。2012年から撮り始め、アレッポ陥落の2016年まで、この状況を撮影したのがこの映像。本当の戦争状態の記録である。ジャーナリストを目指す女学生ワアド・アルカティーブは、アサド独裁政権反対デモへの参加をきっかけにスマホでの撮影を始めた。しかし、平和を願う人々の思いはかなわず、内戦は激化するばかり。美しかった都市は破壊されていった。 
そんな中でワアドは、医師を目指し仲間たちと廃墟の中に病院を設けたハムザと出会い結婚。女の子が生まれ、自由と平和への願いを込めて、アラビアで「空」を意味する「サマ」と名付けた。サマはこんな状況の中でも無邪気。それがいっそう涙を誘う。
幸せもつかの間、独裁政権側の攻撃は激しさを増し、ハムザたちの病院は街で最後の医療機関となってしまった。明日をも知れぬ身で母となったワアドは、家族や愛する人々の生きた証を映像として残すことを心に誓い撮影を続けた。これは、若き母親ワアドの目を通して記録された戦争の現実。
脱出成功したワアドが、無差別空爆で無残に失われていく命、祖国を愛する人々の悲しみを死と隣り合わせの中でとらえた映像は、世界中を驚愕させた。ワアドは「私にとってこれは、私の人生そのもの。母親のワアド、活動家のワアド、市民ジャーナリストのワアド、そして映画監督のワアド。これらすべての私が物語を具体化し導いてくれました」と語っている(暁)。


☆シアター・イメージフォーラムでは、初日2月29日(土)14:35の回上映後、ワアド・アルカティーブ監督と、夫のハムザ医師がスカイプで登壇しQ&Aを開催


2019年/イギリス、シリア/アラビア語/100分
日本語字幕:岩辺いずみ/字幕監修:ナジーブ・エルカシュ
© Channel 4 Television Corporation MMXIX
配給:トランスフォーマー
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/forsama/
★2020年2月29日(土)よりシアターイメージフォーラムほか全国順次公開





posted by sakiko at 19:43| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

グッドライアー 偽りのゲーム 原題:THE GOOD LIAR

15800939920012.jpg

監督:ビル・コンドン 
原作:ニコラス・サール
脚本:ジェフリー・ハッチャー
出演:ヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ラッセル・トベイ、ジム・カーター

ベテラン詐欺師のロイ(イアン・マッケラン)は、出会い系サイトで夫が他界して間もない資産家のベティ(ヘレン・ミレン)をターゲットに定める。ロイが全ての財産をだまし取ろうとひそかに準備を進める一方で、世間知らずのベティは彼に心を許していく。

美し過ぎる74歳(!)と恐るべき80歳!英国を代表する名優同士の競演である。これにジム・カーター(矍鑠とした71歳。「ダウントン・アビー」の執事)も絡み、騙し騙されを繰り広げた後、思わぬ展開が...ネタばれご法度作品のため印象を中心にご紹介したい。

出演者の平均年齢は高いとしても、決して老練な話法の映画ではない。編集のテンポ、リズムとも若々しい躍動に満ちている。
象徴するのはマッケランの闊達なウォーキング!長い手脚、広い歩幅、高齢者の摺り足とは真逆な運び。ビジネスバッグを後ろ手に持ったスーツ姿の何と粋なこと!
マッケランのアクションシーンは流れるように無駄のない一瞬の身体の動きだ。お見逃しなく。

対するヘレン・ミレンのエレガントな物腰。初対面で見せる恥じらんだ初々しい表情。カップを持つ仕草まで気品を滲ませる。高級オーデコロンの薫りが画面から漂ってきそうだ。
知性・教養があることをひけらかさず、お嬢さまのような無防備さも併せ持つ微妙な役柄にグラデーションをつけて演じるのはミレンならではの技量である。

鉄道局が特別許可したというロンドンの地下鉄。ピカデリー街にある書店、老舗帽子店や有名百貨店など、目眩くロンドンロケから某国へと移動するにしたがって映像は緊張感を帯びてゆく。

ビル・コンドン監督とマッケランは『ゴッド・アンド・モンスター』以降、『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』などタッグが多い。オープンゲイ同士ということもあってか、息ピッタリな様子が伝わってきた。
前2作品同様、諦観とブラックユーモア、切なさが幸福な融合を果たすコンドン特有の話法である。


配給:ワーナー・ブラザース映画
2019年製作/109分/G/アメリカ
C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/goodliar/
★2020年2月7日(金)より、全国公開★
posted by yukie at 10:23| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

ロニートとエスティ 彼女たちの選択 原題:Disobedience

15800929162251.jpg

監督:セバスティアン・レリオ
脚本:セバスティアン・レリオ、レベッカ・レンキェヴィチ
原作:ナオミ・オルダーマン
撮影監督:ダニー・コーエン
製作:フリーダ・トレスブランコ、エド・ギニー、レイチェル・ワイズ
出演:レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス、アレッサンドロ・ニヴォラ

厳しいユダヤコミュニティーで育ったロニートとエスティは恋に落ちるが、おきてによって許されぬ行為とされてしまう。それを受けて、ユダヤ教指導者の娘だったロニートは父と信仰を捨てて故郷を離れ、エスティは幼なじみのドヴィッドの妻になりユダヤ社会で生きることにする。時は流れ、父の死を契機に帰郷したロニートは、エスティと再会する。互いに対する思いを抑え切れない二人は、ある決断を下す。

原題の「disobedience」とは、”不服従”を意味する。都会のロンドンに於いて、これほど厳格な宗教的戒律に支配される女たちがいたとは衝撃だ。ユダヤ教原理主義のコミュニティで育ち、ラビの娘として生まれながらも”不服従”の人生を選択したロニートを演じるレイチェル・ワイズの瞳には強い意思が感じられた。製作も兼ねたワイズは、この役に対する並々ならぬ思い入れがあったのだろう。
本作では女性同士の恋愛という他に、幾多の”禁忌”が示される。舞台となるユダヤ教コミュニティでは、女性信者は鬘を装着しなくてはならない。鬘を外していいのは夫とベッドに入る時だけ。安息日に車を運転できるのは男性のみ。教会でも男女同席出来ない。男性信者はラビらと同等の1階席で、女性は2階席と明確に分けられている。
合理的根拠があるとは思えないこうした掟に諾々と従い、ユダヤ教コミュニティに馴染んでいるのはラビの妻となったエスティである。見るからに可愛らしく愛される容姿のレイチェル・マクアダムスにエスティは適役だ。が、安定した情緒と居住に服従した日常がロニートの出現で揺れ動く。

ロンドンの重く垂れ込めた空、狭い人間関係に支配されたコミュニティ。閉塞感から一時期解放された2人が情念を吐き出すラブシーンは、それぞれの想いの発露まで表出し、本作の白眉と言える。”禁忌”と解放、服従と”不服従”。複雑な相対する見えない内心を俳優たちの身体を通して見事に描写したセバスティアン・レリオ監督は、前作の『ナチュラル・ウーマン』同様、LGBTQ問題との親和力があるようだ。初春に届けられた大人のための秀作である。(幸)



ユダヤ人をバビロニアに強制移住させた前586年のバビロン捕囚以降、様々な事情で世界中に散らばったユダヤの人たち。世俗的な暮らしをしている人たちもいれば、世界のどこに移り住んでも、連綿とユダヤの戒律を守っている正統派の人たちがいることを、これまで様々な映画で観てきました。
例えば、『僕と未来とブエノスアイレス』(ダニエル・ブルマン監督)ではアルゼンチンで、『ノラの遺言』(マリアナ・チェニーリョ監督)ではメキシコで頑なにユダヤの戒律に基づいて暮らしている人たちがいることに驚かされました。
一方、同性愛が禁忌のユダヤ社会で育っても、自分の気持ちに正直に同性を愛する人がいることも、様々な映画で観てきました。
東京国際映画祭の特集「イスラエル映画の現在 2018」で上映された『赤い子牛』(ツィビア・バルカイ・ヤコブ監督、2018年、イスラエル)では、ユダヤ教聖職者の娘が活発な女性を好きになり、それまで当たり前だと思っていた正統派としての暮らしから、だんだん自我に目覚めていく姿を描いていました。本作と同じく「選択の自由」が映画のテーマの一つでした。
『赤い子牛』監督Q&A 

『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』では、教師のエスティは戒律の中で生きることを選び、尊敬する夫との結婚生活を幸せだと言い聞かせていたのですが、ロニートとの再会で気持ちが揺らぎます。そんな思いの中、シナゴーグでラビが選択の自由について語るのを聞きます。
伝統を守ることも大切だけれど、自分の気持ちに正直であることもまた生きる上で忘れてはならないことだと感じさせてくれました。(咲)


配給:ファントム・フィルム
©2018 Channel Four Television Corporation andCandlelight Productions, LLC. All Rights Reserved
2017年/イギリス/英語/DCP/カラー/114分/
公式サイト:http://phantom-film.com/ronit-esti/
★2020年2月7日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国ロードショー★
posted by yukie at 10:36| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

バニシング(原題:The Vanishing)

vanishing.jpg

監督:クリストファー・ニーホルム
脚本:ケリン・ジョーンズ、ジョー・ボーン
出演:ジェラルド・バトラー(ジェームズ)、ピーター・ミュラン(トマス)、コナー・スウィンデルズ(ドナルド)、ソーレン・マリン

スコットランドの沖にあるアイリーン・モア島に3人の灯台守がやってきた。これから6週間の3人きりで灯台を守る暮らしが始まる。灯台守を25年続けているベテランのトマス、新人の若いドナルド。大柄なジェームズは粗暴だが妻子がいて、港で別れを惜しんできたばかり。
孤島の退屈な日々は、嵐の翌朝破られた。崖下に倒れている男とボートを発見し、ドナルドが降りてみるとすでに死んでいるようだった。ボートにあった木箱を引き上げようとしたとき、ドナルドは死んだと思っていた男に襲われる。必至でもみ合っているうちに男は頭を打ち、本当に死んでしまった。そしてボートと男を探して、仲間らしい2人が島にやってくる。

アイリーン・モア島の灯台守たちが失踪したのがわかったのは1900年12月のこと。ようとして行方が知れず、《フラナン諸島の謎》として、様々な憶測が流れたけれども事件は未解決のままです。大胆な解釈、脚色で映画化されたのがこの作品です。始まりは絶海の孤島の美しい自然が映し出されますが、漂流者の事件が起こってからは重苦しい空気が充満。死んだ男のボートにあった木箱には金塊がぎっしり詰め込まれていました。知らないと突っぱねる3人と、疑う2人。一気にサスペンスになだれ込みます。
人間の欲望と仲間内で生まれてくる猜疑心、罪を犯したことで苛まれる精神、どこに救いが見つかるのか?誰が助かるのか?心が疲れているときにはお勧めしません。(白)


2018年/イギリス/カラー/シネスコ/107分
配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス
COPYRIGHT (C) 2017 MAB DTP LTD ALL RIGHTS RESERVED
https://vanishing.jp/
★2020年1月24日(金)より全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 17:50| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

イーディ、83歳 はじめての山登り  原題:Edie

2020年1月24日公開 シネスイッチ銀座ほか 劇場情報

!cid_51985B20-2A78-4AC7-BC72-DCF51676ED94.jpg
(C)2017 Cape Wrath Films Ltd.


監督・脚本:サイモン・ハンター
脚本:エリザベス・オハローラン
撮影:オーガスト・ジェイコブソン
美術:クリス・リッチモンド
衣装:ジョージナ・ネイピア
音楽:デビー・ワイズマン
キャスト
シーラ・ハンコック
ケビン・ガスリー
ウェンディ・モーガン
エイミー・マンソン
ポール・ブラニガン

2017年製作/102分/G/イギリス
配給:アットエンタテインメント
公式HP 

いつだって手遅れなんてことはない

30年間夫の介護に人生を捧げてきた83歳のイーディ。やっと解放され、これから自分のために時間を使おうと思ったのに娘からは老人ホームへの入居を勧められ、人生の終わりを感じていた。そんな時、町のフィッシュアンドチップスの店で「追加の注文をしても良い?」と聞いたイーディに、「何も遅すぎることはないさ」と店員が答えた。その言葉に勇気を得たイーディは、かつて父が手紙で一緒に登ろうと行ってきていたスコットランドのスイルベン山に行ってみようと思いたち、夜行列車に乗りロンドンからスコットランドへ。
駅で鉢合わせして、偶然知り合っった地元の登山用品店の青年ジョニーをトレーナーとして雇い、山頂へ登る訓練を始める。イーディはこれまでの生活のせいかかたくなな態度で、何かを受け入れたり、頼ったりということができない。そんな態度が災いし、最初はジョニーとぶつかるが、ジョニーの丁寧な指導を受け入れていく。登山道の歩き方、登山グッズの使い方、地図の見方を教わり、ルートのとり方などを学んでいく。準備を整えたイーディはついにスイルベン山へ向かうのだが…。
83歳のイーディを演じるのは、撮影時イーディと同じ83歳だったシーラ・ハンコック。実際に山に登り過酷な撮影に挑んだという。またスイルベン山頂からの息をのむほど雄大で迫力ある景色もすばらしい。一歩踏み出せば人生は豊かになると勇気づけられる作品。

EDIE main.jpg
(C)2017 Cape Wrath Films Ltd.

そんなに仲が良かったわけではなかった夫が病気になり、介護が必要な生活になってしまい、それから30年という長い間の介護生活。そこからやっと解放されて、これから自分のやりたいことができると思ったもののすでに83歳。やれることは限られている。そんな中からどう考えても無理だろうと思う登山をしてみようと思うイーディ。若い頃、父親からスイルベン山に一緒に行こうという葉書が届いて、そのことを思い出したからだった。老人ホームに入れようとする娘の様子を見て、その前に行っておかなくてはと列車に乗ってでかけてしまう。実行してしまえばこちらのもの。イギリスを南から北へ、かなり長い旅。それにしても若い頃に登山をしていたわけではなく、せいぜいキャンプぐらいしか経験がないのに山へ行こうというのは、かなり無謀な選択だともいえる。
私は20歳から約25年くらい登山が趣味で、あちこちの山に行っていたけど、その後映画にはまって、結局、映画を取り、山には登らなくなってしまった。車で行って山を眺めたりはしているけど、登山らしきことはもう15年くらいしていない。5年前には心臓手術をして、その後は荷物を背負って歩くことはほとんどしていない。そして駅の階段でさえ上るのがきつい状態。
83歳といえば、よほど訓練を続けた人でなければきっと同じような状態じゃないかと思うけど、それでもお父さんが「一緒に行こう」と行っていた山に行こうと思う気持ち。なんだか意地のような気もする。ジョニーと何日か訓練したものの、いざ山に登るという時に一人でいくと言い出したことがその表れだと思った。ジョニーは山の経験がほとんどない老人を一人で送り出したけど、登山をしていた者からすれば、経験の少ない老人を一人で山に送り出すなんて考えられない。日本とイギリスでは考え方が違うのかもしれないけど。それでも高尾山程度の山ならわかるけど、スイルベン山はテントで一泊しないと登れない山だし、人がほとんどいない。そんな中をイーディは一人で歩き続けて山頂を目指す。
まわりに人がいなくて、たった一人でテントで眠るというのは、けっこう怖い経験。この作品の中で動物が移動していくシーンが描かれていたけど、イーディは動物の鳴き声にまんじりともしない。私も山の中でたった一人でテントを張って寝たとき、回りに何か音がするたびヒヤヒヤした経験がある。そして次の日は雨にも降られ、強い風にテントは飛んでいってしまった。そんな中を登っていったわけだけど、そんな経験をしたからか、ジョニーが助っ人に来てくれた時のイーディの笑顔が素敵だった。人の親切を素直に受け入れられるイーディの姿がそこにあった。そして山頂からの景色の素晴らしさ。それにしても大きな山を登ったんだな、よく登頂できたなとほっとした(暁)。


30年続いた夫の介護が終わり、いよいよ自由な日々と思いきや、娘が施設入居の手続きを進める。私の人生、こんなはずじゃなかったと、かつて父親と登る約束をしたスコットランドの山に登ることにしたのだが。。。
人との関わり方が下手で意固地な態度ばかり取ってしまうイーディが若者に登山のイロハを学び、助けを受け入れていくようになっていく。それにつれてイーディの表情が柔らぎ、笑顔が増えていく。
自分一人でがんばらず、助けを借りることも大事。子育てや介護のときにそれに気づいていれば、ここまで不満を抱え込むことはなかっただろう。しかし、ここにきてやっとそれに気づく。人生、遅すぎることはないというのは生き方にも当てはまるのだと伝わってきた。
しかし、まったくの初心者がいきなりハイレベルな登山に挑むのは問題があると思う。これを見て真似する人が出て、イーディのようなラッキーに恵まれなかったら大変なことになる。その辺りをもう少し触れてくれるといいのにと心配になった。(堀)


posted by akemi at 10:04| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする