2022年04月15日

スパークス・ブラザーズ(原題:The Sparks Brothers)

sparks-brothers.jpg
 
監督:エドガー・ライト
出演:スパークス(ロン・メイル、ラッセル・メイル)、ベック、アレックス・カプラノス、トッド・ラングレン、フリー、ビョーク(声)、エドガー・ライト

兄ロンと弟ラッセルのメイル兄弟からなる「スパークス」は、デビュー以来、謎に包まれた唯一無二のバンド。レオス・カラックス監督最新作『アネット』で原案・音楽を務めたことでも話題沸騰中!そんな彼らの半世紀にもわたる活動を、貴重なアーカイブ映像やバンドが影響を与えた豪華アーティストたちのインタビューと共に振り返る。スパークスの魅力を語るのは、グラミー賞アーティストのベックをはじめ、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、アレックス・カプラノス(フランツ・フェルディナンド)、トッド・ラングレン、デュラン・デュラン、ニュー・オーダー、ビョーク(声の出演)など 80 組にのぼる。音楽界の“異端児”と呼ばれ、時代と共に革命を起こし続ける<スパークス兄弟>は、なぜこれほどまでに愛され続けるのかー。挑戦的かつ独創的な楽曲、遊び心溢れる映像、さらには彼らの等身大の姿までを捉え、その理由を探る。

本作ではデビューから現在に至るまでのふたりの50年の軌跡が、スパークスの大ファンであるライト監督によって1つずつ丁寧に紐解かれる。『アネット』でスパークスを知ったばかりの者にはうってつけの作品である。エドガー・ライト監督は過去の映像に、音楽に疎い私でも知っているような有名アーティストの証言、アニメーションと様々な手法を組み合わせて表現するので、2時間21分と長尺だが、まったく飽きが来ない。仏頂面の兄は昔とあまり変わらないが、かつてはバリバリのアイドルだった弟は大分落ち着いた感じ。50年の時を感じてしまう。
来日したシーンも登場したので調べてみたら、フジロックで何度も来日していたのには驚いた。(堀)


2021年/イギリス・アメリカ/141分
配給:パルコ ユニバーサル映画
© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/sparks-brothers
★2022年4月8日(金)より全国公開

posted by ほりきみき at 01:11| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月19日

ベルファスト 原題:Belfast.

belfast.jpg
(C)2021 Focus Features, LLC.

製作・監督・脚本:ケネス・ブラナー
出演:カトリーナ・バルフ、ジュディ・デンチ、ジェイミー・ドーナン、キアラン・ハインズ、ジュード・ヒル、ルイス・マカスキー

イギリス・北アイルランドの首府ベルファスト。
9歳の少年バディは、生まれ育ったこの町で、家族や友人たちと映画や音楽を楽しみ、充実した毎日をおくっていた。唯一寂しいのは、建具工の父がロンドンに出稼ぎに行っていて、2週間に1度しか帰ってこないことだった。
1969年8月15日の午後、通りで遊んでいたバディは、突然暴徒たちの一団に巻き込まれる。プロテスタントの暴徒が、街のカトリックの住民たちを攻撃し始めたのだ。これまで、街区の住民たちは、宗派の区別なく一つの家族のように暮らしていたのに、この日を境に分断し、暴力が横行する。折しも、父が帰宅し、ロンドンで良い仕事を見つけ、家も用意してくれるという。バディは住み慣れたベルファストを離れたくない。何より、大好きなお祖母ちゃんを置いてはいけない・・・

ベルファスト出身のケネス・ブラナー(製作・監督・脚本)の幼少期の経験をもとにした自伝的作品。子ども心に、それまで仲良く暮らしていた人たちが、突然、対立して暴力まで振るうようになったのを目の当たりにした記憶は忘れられないものでしょう。でも、それ以上に感じるのは、故郷への愛。
監督自身を投影した少年バディを演じたジュード・ヒル君は、本作が映画初出演。自然体の演技に唸りました。暴徒に巻き込まれ、雑貨店で何か盗めと言われるまま、「環境にやさしい」と書かれた洗剤を手に家に帰り、母親に怒られてべそをかくバディの可愛いこと!
暴動が激しくなり、ついに一家がロンドンに引っ越す日、パパが花を用意してくれて、バディは大好きな女の子に別れを告げにいきます。パパに、「将来、彼女と結婚できるかな? あの子はカトリックだけど」と聞くと、パパは「カトリックでもヒンドゥーでも結婚できるよ」と答えます。なんて素敵なパパでしょう!

ケネス・ブラナーが生まれ故郷ベルファストへの思いを込めて作り上げた物語。
役者の出身地にもこだわってキャスティングしています。少年バディ役のジュード・ヒルは北アイルランド出身。父さん役ジェイミー・ドーナンとじいちゃん役キアラン・ハインズはベルファスト出身。母さん役カトリーナ・バルフはアイルランド、ダブリン出身。ばあちゃん役のジュディ・デンチも、母親がダブリン出身でアイルランドの血が流れています。
冒頭と最後にカラーで現在のベルファストの町が映し出されます。造船所のある大きな港町。少年時代の物語は、モノクロで描かれていて郷愁を誘います。
父親の仕事の都合で、故郷を離れざるをえなかったのは、私も同じ。15歳の時に生まれ育った神戸から東京に移り、もう東京での年数が圧倒的に長いのに、今なお神戸への思いが強いです。ケネス・ブラナーが、いつか故郷ベルファストを舞台に映画を作りたかったという気持ちが、しみじみと伝わってきました。(咲)



2021年/イギリス/英語/98分/ビスタサイズ/モノクロ・カラー/5.1ch
日本語字幕:牧野琴子、字幕監修:佐藤泰人(東洋大学・日本アイルランド協会)
配給:パルコ ユニバーサル映画
公式サイト:https://belfast-movie.com/
★2022年3月25日(金)全国ロードショー
☆3月18日(金)よりTOHOシネマズシャンテ・TOHOシネマズ梅田にて先行公開


posted by sakiko at 19:25| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きかんしゃトーマス オールスター☆パレード

thomas.jpg

監督:デビッド・ストーン
原作:ウィルバート・オードリー

ソドー島には「歌をきかせると手に入る宝物がある」と、トップハムハット卿から聞いたトーマスたちは宝探しにチャレンジ?!
イースターのお祭りで大賑わいのソドー島。トーマスと仲間たちは、これまでの大冒険を歌でめぐったり、クイズやしりとりに挑戦したりします。もちろんお客様もいっしょに!イースターパレードに参加することになったトーマスたちは、ウサギさんを追いかけて虹のふもとにたどりつくと・・・?

今回は劇場に来た観客と、トーマスはじめ仲間たちが一緒にゲームをして遊ぶスタイルを取り入れました。トーマスたちの呼びかけに、手拍子や拍手で応えて遊びます。小さなお子さんも一緒に楽しめる作りです。今までの冒険を思い出せるトーマスソングが8曲登場します。みんなでしりとりやクイズにチャレンジしてね。トーマスたちのイースター用のボディペイント、いったいどんなのになるかお楽しみに。
コロナ禍でお子さんたちもいろいろと我慢を強いられているはず。制作側も映画館で「安全に楽しく遊べるもの」をと工夫しているのがわかります。(白)


2022年/イギリス/カラー/65分
配給:東京テアトル
(C)2021 Gullane(Thomas)Limited.
https://movie2022.thomasandfriends.jp/
★2022年3月25日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 01:31| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月27日

ボブという名の猫2 幸せのギフト 原題: A Gift from Bob

bob 2.jpg
(C) 2020 A Gift From Bob Production Ltd. All Rights Reserved.


監督:チャールズ・マーティン・スミス(『ベラのワンダフル・ホーム』『イルカと少年』)
原作:ジェームズ・ボーエン「ボブが遺してくれた最高のギフト」&「ボブが教えてくれたこと」(辰巳出版)
製作:アダム・ロルストン(『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』) 
脚本・製作:ギャリー・ジェンキンス(『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』)
出演:ルーク・トレッダウェイ(『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』『不屈の男 アンブロークン』)、クリスティーナ・トンテリ=ヤング(「シスター戦士」Netflix)、ファルダット・シャーマ(『ゼロ・グラビティ』)、アンナ・ウィルソン=ジョーンズ(「女王ヴィクトリア 愛に生きる」)

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2016年、監督:ロジャー・スポティスウッド)の続編。
ストリート・ミュージシャンとして生計を立てていたホームレスの青年ジェームズが、一匹の野良猫ボブと出会い、困難を乗り越え、一躍ベストセラー作家になった前作から5年。
ボブを連れて出版社のクリスマスパーティーに出席したジェームズ。場違いを感じて早々に抜け出した帰り道、路上演奏違反で警察官に取り押さえられているホームレスの若者ベンを助ける。ジェームズは自暴自棄になったベンに、路上で過ごした最後のクリスマスの話を始める・・・

てっきり、ベストセラー作家として活躍しているジェームズの物語かと思っていたら、苦難の時代のもう一つのエピソードでした。寒い中、ボブを伴って路上ライブで日銭を稼いでいたジェームズは、動物福祉担当職員に目を付けられてしまい、引き離されそうになったことがあったのです。それをどう乗り越えたかを、かつての自分を見る思いでベンに語って、励ますという物語。
ジェームズをいつも助けてくれていたのが、近所で小さな店を営むヒンドゥー教徒のインド人のムーディでした。彼の語る小話が、実に含蓄があって心に残りました。

*農民が作ったバター1キロを、店で小麦や砂糖と交換してもらっていました。次にバターを持ち込んだら、900gしかないと言われます。「貧しくて秤を持ってないので、1キロの砂糖で重さを測った」と答える農民。

*3人の巡礼がいました。一人目は、後ろに良いことを、前に悪いことを抱えていたら、重くて前に進めなかった。
二人目は、前に良いこと、後ろに悪いこと・・・やはり重くて前に進めなかった。
三人目は、良いことを前に、後ろに穴をあけて悪いことを入れたら、どんどん落ちて巡礼地にたどり着いた。

ムーディーは、クリスマスの日に息子を亡くしているのです。かつてはくよくよしていたけれど、今は息子のいい思い出だけを持って過ごしていると語り、過去の記憶を未来の重しにするなと諭します。
ヒンドゥー教徒のムーディーのほか、シク教のターバンの男性、アジア系の女性でイギリスに里子に貰われてきた福祉事務所の女性、ジェームズに1000アルバニア・レクのチップを渡したアルバニア人、モロッコ風の帽子を被った少年たちなどが登場して、ロンドンがいかに人種のるつぼかを感じさせてくれました。
そして悲しいかな、名優・猫ボブは2020年6月に亡くなり、本作はボブの遺作になってしまいました。(咲)


猫に対して興味がない私は、前作の『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』観ていなかったし、ストーリーも全然知りませんでした。ただ、チラシだけは何度も見ていて知っていました。今回初めて、この作品を観て、「ああ、気になっていたんだから、観ておけば良かった」と思いました。飼い主の肩に乗って街を行く猫ってかっこいい!!そんな芸当ができるのかと思ってしまった。まだ無名で街角でストリート・ミュージシャンとしてチップをもらいながら生活している青年の話だったけど、その生活にボブはかけがえのない相棒だったんだと、後半、映画を観ながら涙が出てきた。この生活の日々を書いてベストセラーになったというのが1作目なのだろうか。機会があったら観てみたい(暁)。

2020年/イギリス/英語/92分
配給:コムストック・グループ
提供:テレビ東京、コムストック・グループ
配給協力:REGENTS
公式サイト:http://bobthecat2.jp/#
★2022年2月25日(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー




posted by sakiko at 16:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月20日

ゴヤの名画と優しい泥棒(原題:The Duke)

goya.jpg

監督:ロジャー・ミッシェル(『ノッティングヒルの恋人』『ウィークエンドはパリで』)
脚本:リチャード・ビーン、クライヴ・コールマン
撮影:マイク・エリー
出演:ジム・ブロードベント(ケンプトン・バントン)、ヘレン・ミレン(ドロシー・バントン)、フィオン・ホワイトヘッド(ジャッキー・バントン)、アンナ・マックスウェル・マーティン(グロウリング夫人)、マシュー・グード(ジェレミー・ハッチンソン)

197年の歴史を誇る美術館・ロンドン・ナショナル・ギャラリーで1961年、スペイン最大の画家と謳われるフランシスコ・デ・ゴヤの「ウェリントン公爵」盗難事件が起こった。この美術館の長い歴史の中で唯一にして最大の事件の犯人は、60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。彼はゴヤの絵画を“人質”に取り、イギリス政府に対して身代金を要求。TVが唯一の娯楽だった時代、孤独な高齢者たちにはイギリスの公共放送であるBBCの受信料が重荷だった。彼らの生活を助けようと身代金で受信料を無料にしようと行動を起こしたと言う。しかし、事件にはもう一つの隠された真相があった。実話に基づく物語。

老夫婦を演じたイギリスの名優お2人の掛け合いが素晴らしい。実話のご本人たちにとても似ていて60年代の庶民になりきっています。小説執筆やモノ申すことに熱心な夫ケンプトンを支え、家政婦の仕事で暮らしを担う妻ドロシー。彼女に同情しつつ、当時のイギリスの庶民の暮らしぶりを興味深く観ました。頑なに見えるドロシーが抱えている悲しみも明らかになっていきます。
ほかの人が胸にしまっていることをケンプトンははっきりと口にして抗議します。おかげでパン工場を首になりますが。映画の山場である法廷場面での受け答えには大笑いでした。当時の裁判記録に基づいた台詞だそうなので、この楽天的なケンプトンのユーモアあふれる姿勢が評決に繋がったのではないかしらん。
60年前に彼が訴えた英国のBBCの受信料制度、今年の1月18日「見直しの時期にきている」と文化相(正確にはもっと長い名称)が表明しました。各国に影響がありそうですが日本のNHK受信料はどうなる??(白)


「事実は小説より奇なり」の諺を地でいくようなストーリーである。主人公のバントンは正しいと思ったことをすぐ口にする性格のせいで、妻ドロシーとも口論が絶えない。やることなすこと妻の機嫌を損ねて叱責される夫は、なかなかに痛ましい。盗んだ名画で身代金を得られれば人々を助けられると小躍りしたのも束の間、ひょんなことから計画が発覚して逮捕されてしまう。バントンの“正義”は報われないのか。観る側にフラストレーションが溜まりに溜まったところで、本作の見せ場である裁判シーンを迎える。ユーモアあふれるバントンの語りに法廷は笑いに包まれ、やがてその笑いによって、法廷が小さき者の存在に共感し、生きづらさを共有し、その勇気を称賛しようとする空気に変わっていく。裁判に集う人々の気持ちが一つに収斂していくさまは、感動的でさえある。
バントンは孤独な高齢者がテレビに社会とのつながりを求めていたと考えていた。現代のテレビ放送はそうした役割を果たせているか。テレビやNHKのあり方にも思いを巡らせる映画である。(堀)


実話に基づく物語で、記録に残っていた裁判記録からケンプトンの日常の人物像も描いたのでしょう。喋りが過ぎ、呆れられたり、仕事をクビになったりのケンプトンですが、本人はおおまじめに正義の味方。パキスタン人の若い同僚が休憩時間のことで差別された時には、「誰にも私の心を土足で踏みにじらせない」と、マハトマ・ガンディの言葉を語ります。
ワーテルローの戦いで勇敢に戦ったウェリントン公爵の絵を英国が取り戻したというニュースを見て、「彼は普通選挙に反対した人物」とつぶやくケンプトン。しかも、「あの絵の代金を払ったのは我々納税者。上流のやつらはやりたい放題」と不服なのです。
同じような事例は、日本にもたくさんありそうです。血税を、まるで自分のお金のように、無駄遣いするお上。例えば、アベノマスク。最初の発想にも驚きましたが、その後の保管料に廃棄料、さらには引き取ってくれる人への発送料! ケンプトン見習って、声をあげなくちゃ! (咲)



2020年/イギリス/カラー/シネスコ/95分
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
(c)PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020
公式サイト:happinet-phantom.com/goya-movie/
公式Twitter:@goya_movie #ゴヤの名画と優しい泥棒
★2022年2月25日(金)TOHOシネマズシャンテほかロードショー
posted by shiraishi at 16:16| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする