2020年10月10日

アウェイデイズ (原題:AWAYDAYS) 

awaydays.jpg

監督:パット・ホールデン
脚本:ケヴィン・サンプソン(原作「AWAYDAYS」ケヴィン・サンプソン著)
出演:ニッキー・ベル、リアム・ボイル、スティーブン・グレアム、イアン・プレストン・デイビーズ、ホリデイ・グレインジャー、サシャ・パーキンソン、オリヴァー・リー、ショーン・ワード、マイケル・ライアン、リー・バトル、レベッカ・アトキンソン、ダニエレ・マローン、デヴィッド・バーロウ、アンソニー・ボロウズ 他

母親を1年前に亡くした19歳のカーティ(ニッキー・ベル)は下級公務員として働きながら、郊外の中産階級の家庭で悲しみにくれる父、そして血気盛んな妹モリー(ホリデイ・グレインジャー)と暮らしていた。収入のすべてはクラブ遊び、レコード、サッカー、ライブに費やしている。
ある日、《Echo & The Bunnymen》のライブでカーティはエルヴィス(リアム・ボイル)に出会う。エルヴィスはカーティが魅了されていた悪名高いギャング集団“パック”の一員だった。彼らはピーターストームにフレッドペリー、ロイスのジーンズ、そしてアディダスのスニーカーを履いてスタジアムで常に問題を起こしていた。エルヴィスはカーティに“パック”と付き合うことが危険であることを警告した。それよりもエルヴィスはカーティの様に芸術、音楽、詩、そして死について語り合える友人をずっと待っていた。そして、いつしかエルヴィスはカーティに夢中になっていく。しかし、カーティの“パック”への憧れはエスカレートして行き、エルヴィスの警告にもかかわらず、危険な世界の扉を徐々に開いていくのだった。
ある日の遠征(=Awayday)でカーティは成果を得るが“パック”のボス、ゴッドン(スティーブン・グレアム)に認められることはなかった。自分よりも、謎に包まれた存在のエルヴィスが尊敬を集めていることに苛立つカーティ、自分の想いが届かないことに苦悩するエルヴィス。次第に綻びは大きな傷になっていく。

“Football Casual”とは
毎週末にサッカースタジアムに通う労働者階級のファッションのこと。
1970年代の終わりに、何千というリヴァプールのサポーターたちがチームに帯同してヨーロッパをまわりアディダスのスニーカーを手に入れ、それを履いてロンドンのチームとの試合に行く、それを見たロンドン子たちが衝撃を受け真似ていったという大きな流れがあります。1980年代に入ってから雑誌がカテゴライズして広まりました。
リヴァプールでは自分たちを“スカリーズ=Scallys”と呼び、カジュアルズはロンドンでの呼称です。まずフットボールありきで、スタジアムに入り易くするためにスポーツブランドに身を隠す様になったと言われています。

本作はケヴィン・サンプソンが1998年に上梓した同名小説を原作にして、自ら脚本を書きました。Joy Division、The Cure、Magazine、Echo & The Bunnymen、Ultravoxの音楽をバックに、若者たちが自らの拠りどころを探し、絶対的な者へ憧憬を抱き、そして形成された“族”の中で避ける事の出来ない運命にもがき苦しむ様をリアルに映像化しています。
これまで日本では英国フットボール発祥の文化“Football Casual”について、 ほとんど紹介されることがありませんでしたが、その黎明期を初めて切り取った映画でもあります。
イギリスでは公開当時、『さらば青春の光』(1979年)、『トレインスポッティング』(1996年)、『コントロール』(2007年)、さらには『スタンド・バイ・ミー』(1986年)等の映画を例えに、さらにこれら全ての要素を詰め込んだ、若者の生き辛さを描いた小説『ライ麦畑でつかまえて』(J・D・サリンジャー著/1951)のジャックナイフ版であると紹介されました。イギリス公開から11年の月日を経て、ようやく日本で公開されます。

ポスト・パンクの曲が数多く使われていますが、音楽が分からなくてもまったく問題はありません。カーティとエルヴィスという2人の若者が互いに自分とは違う世界に住む相手に惹かれて近づき、すれ違っていく物語です。どちらか片方が自分の世界に留まっていれば仲良くやっていけたのか。いや、それでは惹かれない。なるべくしてなった結果なのかもしれません。思い通りにならないもどかしさをニッキー・ベルとリアム・ボイルが若者らしく体現していました。(堀)


2009年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP/R18+/105分
配給:SPACE SHOWER FILM S
© Copyright RED UNION FILMS 2008
公式サイト:https://awaydays-film.com/
★2020年10月16日(金)より新宿シネマカリテほかにてロードショー!以降、全国順次公開!
posted by ほりきみき at 18:57| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

IMAGINE イマジン(原題:Imagine)

imagine.jpg

監督・編集・出演:ジョン・レノン オノ・ヨーコ

ジョン・レノンが1971年にリリースしたロック史を代表する名盤「イマジン」。本作はその収録曲を映画的にコラージュした映像集で、ジョンとヨーコが監督、制作した。アルバム収録曲それぞれに映像を作るという、初のビデオ・アルバムとしても有名な作品である。
今回の公開/再リリースにあたり、映像はオリジナル作品の16mmネガ・フィルムから手作業でフレームごとにクリーニングし復元。
そしてサウンドは3度のグラミー賞を受賞し、ビートルズのカタログ作品のリマスタリングで手腕をふるったポール・ヒックスが7.1/5.1サラウンドとドルビーアトモスにリミックスした。

ジョン・レノン(1940年10月9日 – 1980年12月8日)。自宅前で凶弾に倒れた彼はまだ40歳でした。世界中をかけめぐったこのニュースをビートルズファンは決して忘れません。そんな運命を知る由もなかった1972年のジョンとヨーコ夫妻のビデオ・アルバムが日本の劇場で初公開されます。
約半世紀前の仲睦まじい二人のようすに、思わず頬が緩みます。ジョンにはヨーコさんの感性が響いてかけがえのないミューズとなったのでしょう。充実して幸せだった日々を今こうして観られて良かったです…。
表題曲の「イマジン」はじめ十数曲のジョンの歌が流れ、ときに高く可愛い声のヨーコさんの歌も入ります。劇場上映版のみドルビーアトモスサウンド&15分の特典映像を加えた特別バージョン!劇場の設備によって違いますので、あらかじめお確かめください。前夜祭先行上映もあります。(白)


冒頭、霧の中を行くジョンとヨーコの後ろ姿。森の中に佇む白亜の大邸宅。部屋の片隅にあるグランドピアノで弾き語りするジョン。いくつもある窓を開け終えたヨーコが傍らに座ります。二人が暮らしたティッテンハースト・パークには湖もあって、ボートで渡り、畔の部屋でチェスをする二人。スカートを少し持ち上げ挑発的に脚を見せるヨーコ。ジョンはヨーコが差し出すチェスの真っ白な駒を口に。強烈な個性のヨーコと出会って、心が放たれたようなジョン。
10代の頃、ビートルズの新曲が出るのを楽しみにしながら育った私にとって、ビートルズの解散はとてもショックでした。ジョン・レノンと日本女性オノ・ヨーコとの結婚にも驚かされました。解散の一因にオノ・ヨーコの存在があったとの話も聞こえてきましたが、まだそんなことには関心もない私でした。
「イマジン」の曲が発表された時、ビートルズは解散したけれどビートルズらしい楽曲は健在とほっとした記憶があります。本作を観て、「イマジン」のアルバムを生み出したのが、ジョンとヨーコの深い愛だったのだと感じました。
ジョン・レノンあってのオノ・ヨーコだと思っていたけれど、オノ・ヨーコあってのジョン・レノンだということに思いが至りました。
ヨーコさんの様々なホットパンツ姿にクラクラさせられましたが、あの個性を丸ごと受け入れたジョン・レノン、凄いなと思いました。(咲)


2018年(オリジナル1972年)/イギリス/カラー/86分
配給:EASTWORLD ENTERTAINMENT、カルチャヴィル
(C)2018 YOKO ONO LENNON All Rights Reserved
https://www.universal-music.co.jp/johnlennon-imaginefilm/
★2020年10月9日(金)より生誕80周年記念上映
TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開


★★全国拡大公開が決まりました!★★
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=imagine




posted by shiraishi at 14:54| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(原題:LIAM GALLAGHER: AS IT WAS) 

asitwas.jpg

監督:ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
出演:リアム・ギャラガー、ボーンヘッド、ノエル・ギャラガー、ポール・ギャラガー、クリス・マーティンほか

1990年代から2000年代にかけて英国で絶大なる人気を誇ったロックバンド「オアシス」のボーカリスト、リアム・ギャラガーの栄光と挫折、そして復活への道程を追ったドキュメンタリー映画。数々のヒット曲を連発し、90年代を代表するアーティストとして世界に名を馳せるリアムは、破天荒かつスキャンダラスな行動でメディアからたびたびバッシングを受けていた。オアシスのギタリストである兄ノエルとは諍いが絶えず、ノエルの脱退でバンドはついに解散。さらに離婚訴訟が勃発し、ノエル抜きで新たに結成したバンドも軌道に乗らず自然消滅してしまう。失意の中で出会った新たなパートナーに励まされたリアムは自身の音楽人生を賭け、ソロデビューアルバムを発表する。

印象的なシーンがある。サンフランシスコの金門橋を早朝にジョギングするリアムがインタビューに応える場面だ。朝日に染まる水平線を指さして、「この歳になると最高だ」と嬉しそうに語るリアム。「若いころは調子こいてイケイケでいくもんだが、今は朝方の金門橋を見るために酒の誘いも断る」と打ち明ける。荒んだ暮らしで身を持ち崩したリアムならではの発言ではある。英国の音楽ファンなら先刻ご承知ということなのか、本作でリアムの暗黒時代については控えめに言及し、どん底から這い上がる過程が本人と関係者のインタビューで丹念に描かれる。復活の物語に厚みを持たせているのは、やはりリアム個人のキャラクターの魅力であろう。リアムと言えばジョン・レノンを彷彿とさせる独特の声が想起されるが、長年にわたり声質を維持するためのエピソードが興味深い。どん底のリアムを救ったパートナー兼マネージャーの女性は「若いころから少しも変わらないから愛される」とリアムを形容する。傲慢さと繊細さが同居し、率直な物言いは時に誤解もされるが、歳を重ねることで家族や自らの健康など大切にすべきものを明確に意識し、行動できるようになった。リアムのファンにティーンエージャーが多いというのも、頷けるところだ。今年で48歳になる稀代のロックンローラーの吹っ切れた清々しささえ感じる音楽ドキュメンタリーである。(堀)

2019年/イギリス/カラー/スコープサイズ/英語/89分 
配給:ポニーキャニオン
© 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED
公式サイト:https://asitwas.jp/
★2020年9月25日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
posted by ほりきみき at 13:58| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵  原題:Escape from Pretoria

prison.jpg

監督:フランシス・アナン
原作:ティム・ジェンキン「脱獄」(同時代社刊)
出演:ダニエル・ラドクリフ、イアン・ハート、ダニエル・ウェバー、ネイサン・ペイジ、スティーブン・ハンター

1970年代、アパルトヘイト下の南アフリカ。ティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)とスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)は、白人でありながらネルソン・マンデラ率いる反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」に加わり活動していた。1978年6月、爆破装置を使用してチラシを散布していたのが見つかり、白人政治犯専用のプレトリア刑務所に収監される。
看守長から「国と白人を裏切った“白人のマンデラ”」と揶揄される。マンデラと共に終身刑の判決を受けた政治犯の長老デニス・ゴールドバーグ(イアン・ハート)からは、「我々は“良心の囚人”。犯罪者じゃない。逃げずに闘え」と言われながら、ティムたちは抵抗の意思表示をするために脱獄を決意する。同調したレオナールと3人で脱獄方法を模索する。収監23日目、独房の鍵穴を見つめていたティムは、木片で鍵を作ることを思いつく。木工所で作業しながら、木片を隠して持ち帰り、鍵を試行錯誤で作る日々が始まる・・・

アパルトヘイト政策下の南アフリカで育ったティム-ジェンキンの自伝「脱獄」(同時代社刊)を基に製作された実話。なので、脱獄に成功したのはわかってはいるものの、10もの鉄の扉を開ける鍵を作り上げて、看守たちに見つからないように外に出るまで、ハラハラどきどき。脱出まで300日近く! その忍耐力と執念に驚かされます。
もう一つ驚いたのは、差別の対象でない白人が抵抗運動をしていたこと。アパルトヘイトの国らしく、白人専用の刑務所があったのは理解できるのですが、専用の刑務所が必要なほど、白人の政治犯が多くいたことに、なぜ彼らは抵抗運動をしたのか興味津々です。黒人用の刑務所と待遇に差別はあったのかも気になります。(咲)


アパルトヘイトについて取り上げた、御堅い作品ではありません。白人の主人公がアパルトヘイトに反対して投獄されるものの、鍵の形を記憶して、木片で合鍵を作って脱獄するという、ハラハラドキドキのエンターテインメント寄りの作品です。主人公を演じたのはダニエル・ラドクリフ。『スイス・アーミー・マン』では死体役でしたが、今回はちゃんと生きています。『ハリー・ポッター』の頃の印象がすっかりなくなっているのを感じます。
鍵の製作、リハーサル、本番。それぞれ違った緊張感が作品を盛り上げます。ぽたっと落ちた汗1つで不安が生じました。実話モノなので結果はわかっているものの、最後まで目が離さない演出の先にあるラストは爽やかです。(堀)


2020年/イギリス・オーストラリア/106分/G/
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:アット エンタテインメント
© 2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP
公式サイト:http://www.at-e.co.jp/film/escape/
★2020年9月18日(金)シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開




posted by sakiko at 13:09| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

パヴァロッティ 太陽のテノール ( 原題:Pavarotti )

15980718499050.jpg

監督・製作:ロン・ハワード
脚本:マーク・モンロー
出演:ルチアーノ・パヴァロッティ、ボノ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、アンドレア・グリミネッリ、アンジェラ・ゲオルギュー、キャロル・ヴァネス、ヴィットリオ・グリゴーロ、マデリン・レニー、ズービン・メータ、ユージン・コーン、ラン・ラン

テノール歌手のルチアーノ・パヴァロッティは、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に「世界三大テノール」として名をはせた。1990年にローマの遺跡カラカラ浴場で開催された野外コンサートでは、「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を歌い上げるなど、三大テノールの世界的なブームをけん引。故ダイアナ妃との交流もあり、プライベートでは妻や娘たちを愛する良き夫であり良き父親だった。

感動!号泣…。至福の115分である。三大テノールの中でも声量、音域、声の色艶、表現力とも群を抜いていたパヴァロッティの人となりもつぶさに描かれたドキュメンタリー。オスカー受賞録音技師が手掛けた最新音響技術により、各楽曲が鮮やかに蘇る。プッチーニ「トゥーランドット」は、天上を突き抜け宇宙へこだまするよう♪ドニゼッティ「連隊の娘」でのハイC(超絶高音)連打には恍惚としてしまう。
往年の名テノール、カルーソーには間に合わなかったけれど、パヴァロッティは同時代人であった幸せを実感した。旅立って13年。未だに鮮烈な歌声と人柄をプラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ズービン・メータ、U2のボノ、2人の妻、愛人(!)、3人の娘、生地イタリア・モデナでの幼少期を知る人々の証言から、魅力的な素顔が綴られる。

ダイアナ妃との交流、ボランティア活動といったオペラの世界の枠に収まらない生き方、太陽光を浴びた向日葵のような笑顔で大好物のパスタを作る姿、全てが愛おしい。
繰り出される楽曲は、プッチーニ「ラ・ボエーム」、ヴェルディ「リゴレット」、ドニゼッティ「愛の妙薬」などなど名編ばかり20曲。極め付けは、レオンカヴァッロの「道化師」だろう。伸びやかに力強く、情感に満ちた歌唱。歌い終わってからの表情に溢れる余韻が堪らない。聴衆の心を鷲掴みにし、まさに”神に選ばれし声”だ。

音楽ドキュメントに手練た名匠ロン・ハワード監督ならではの編集テンポとリズムで、膨大なアーカイブ映像を捌いてみせる。オペラファンならずとも必見のドキュメンタリー誕生を喜びたい。(幸)


音楽に疎い私は恥ずかしながら、本作で初めてパヴァロッティの名前を知り、唄声を聞きました。彼の名声を決定づけたテノールの「ハイC」を披露する場面も登場します。オペラ好きには至福の2時間でしょう。
本作ではそういった音楽シーンでなく、人間パヴァロッティにもスポットを当てているところが興味深い。娘ジュリアーナが難病にかかったとき、付き添うためにコンサートやオペラ、すべてをキャンセルしたというエピソードから家族思いの一面が伝わってきます。しかし、大切にしてきた家族を捨てて愛人との生活に走ってしまうのだから人間ってわからないもの。寂しがり屋が裏目に出たのでしょう。人懐っこい笑顔を見せるパヴァロッティの陰の部分も隠さずしっかり描いています。
また、ダイアナ妃やU2のボノとの出会いも見逃せません。ダイアナ妃と出会ったことで慈善事業の目覚め、それを通じてボノと交流が始まったいきさつも丁寧に描いていました。
ドラマチックなパヴァロッティの人生を多面的にたっぷりと味わえる2時間です。(堀)


配給:ギャガ
ビスタサイズ/5.1chデジタル/2019年製作/115分/G/イギリス・アメリカ合作
© 2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved
公式サイト:https://gaga.ne.jp/pavarotti/
★6月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次ロードショー
posted by yukie at 15:44| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする