2019年09月29日

エンテベ空港の7日間   原題:7 Days in Entebbe

entebe.jpg

監督: ジョゼ・パジーリャ
出演: ダニエル・ブリュール、ロザムンド・パイク、エディ・マーサン、リオル・アシュケナージ、ベン・シュネッツァー、ドゥニ・メノーシェ

1976年6月27日、テルアビブから約240名の乗客を乗せパリへ向かうエールフランス機が、4人のハイジャック犯に乗っ取られる。ハイジャック犯のうち二人は、パレスチナ解放人民戦線のパレスチナ人。あとの男女二人は、革命を志すドイツ左翼急進派メンバー。
ハイジャック機は、悪名高き独裁者イディ・アミン大統領のいるウガンダのエンテベ空港に着陸させられる。乗客たちは空港の旧ターミナルで武装犯の監視下に置かれる。犯人たちの要求は500万ドルと、世界各地に収監されている50人以上の親パレスチナ過激派の解放。
ハイジャック犯と交渉の道を探るイスラエル首相イツハク・ラビンと、交渉せず秘密裏に軍事的解決をすべきと進言する国防大臣シモン・ペレス。
3日目、人質がイスラエル人と非イスラエル人に分けられ、イスラエル人を一部屋に集め、爆発物で取り囲む。ますます窮地に立たされるイスラエル政府。ハイジャック犯に交渉すると歩み寄ったところで、ついに7日目、エンテベ空港奇襲作戦(別名:サンダーボルト作戦)を実行する・・・

46年前に実際に起こったハイジャック事件。
当事者のエールフランス機の乗務員や乗客、ハイジャック犯と対峙するイスラエル政府、そしてハイジャック犯。それぞれの目線で日を追って事件が語られる。
映画の冒頭で、事件の半年前にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)とドイツ左翼急進派メンバーが出会うところが描かれる。なぜハイジャック事件を起こすのかの動機を示す大事な部分だ。 それには、イスラエル建国に至った歴史にも触れないといけないところだが、そこは周知の事実として描いていないのだろう。今なお絶えないテロの起こる原因を、この映画を通じて再び考えてほしい。
現在公開中の『プライベート・ウォー』で、勇気ある戦場カメラマンを演じているロザムンド・パイクが、本作ではドイツ左翼急進派の闘士を演じている。どちらも強い女。素敵だ。(咲)


このハイジャック事件はこれまで「エンテベの勝利」「特攻サンダーボルト作戦」「サンダーボルト救出作戦」と3度映画化されてきた。どれもイスラエル政府の視点から描かれていたが、本作では4人のハイジャック犯のうち、革命を志すドイツ左翼急進派メンバーの男女、人質、イスラエル軍の兵士の視点も加えられ、多角的に捉えた。
ドイツ左翼急進派メンバーはパレスチナ解放人民戦線のパレスチナ人とは違い、次第にハイジャックが正しい方法だったのかと苦悩し始める。しかし、男は参加したことを後悔し、女はここまできたからにはやるしかないと腹をくくる。この向き合い方の違いに、(本来は男だから、女だからと決めつけてはいけないのだが)「そうそう男っていざとなるとダメなのよね」と思わず納得してしまう。
またイスラエルの兵士と恋人の会話からは、政府の望むことと末端の兵士の望んでいることの違いが浮き彫りになる。恋人は群舞に参加するダンサーなのだが、その群舞はちょっと不気味で、不安を煽るような狂気さえ感じた。これがハイジャック事件の合間に挟み込まれ、人質たちの不安と同期する。巧みな演出だ。特に最後の制圧場面はどきどきする気持ちが最高潮に達するだろう。(堀)


2018年/イギリス・アメリカ/107分/G
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://entebbe.jp/
★2019年10月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開



posted by sakiko at 09:49| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

エセルとアーネスト ふたりの物語(原題:Ethel & Ernest)

ehtell.jpg

監督:ロジャー・メインウッド
原作:レイモンド・ブリッグズ「エセルとアーネスト ふたりの物語」(バベルプレス刊)
音楽:カール・ディヴィス
エンディング曲:ポール・マッカートニー
出演:ブレンダ・ブレシン(エセル)、ジム・ブロードベント(アーネスト)、ルーク・トレッダウェイ(レイモンド・ブリッグズ)

「さむがりやのサンタ」「スノーマン」「風が吹くとき」などの絵本で日本でもよく知られているレイモンド・ブリッグス。彼の両親の思い出を描いた絵本を、味わいある手描きで忠実に再現したアニメーション。

1928年のロンドン。メイドとして働くエセルは、毎朝窓の下を通る牛乳配達人のアーネストと知り合い、二人は恋に落ちて2年後に結婚。アーネストは陽気で楽天的、エセルは生真面目で働き者、郊外のウィンブルドンパークに小さな家を買う。1934年、待望の一人息子レイモンドが生まれる。すくすくと成長したが戦争の影が近づいていた。疎開した息子からの便りを楽しみに戦火のロンドンで過ごす二人、1945年ようやく終戦の日が訪れた。レイモンドは希望校に進学しエセルは大喜びするが、青年期に入って美術の道に進むと言い出す。

世界的に有名な絵本作家のレイモンド・ブリッグズ。本人が机に向かっているシーン(実写)が登場します。少し背中を丸めて、拡大鏡を覗きながら両親の絵を描いています。机の周囲にあるペン立てや置物、壁のポスター…ファンは嬉しいですよね(私は大喜びでした。スノーマンのカップ&ソーサ―愛用中)。
映画は「普通の人だったパパとママ」が出会ってから亡くなるまでを丁寧に描いていきます。20世紀のほとんどを生きた普通の人の歴史が息づいています。戦争を生き延び、その後の復興と経済成長を体験します。次々と進化し生産された家電や乗用車を買うことを目標に、私の親たちも生きてきました。
3月の東京アニメアワードフェスティバルには、プロデューサーが来日し、『この世界の片隅で』の片渕須直監督とトークセッションがありました。ごく普通の人々の暮らしを描いた両作品も、世界中の片隅で生きた人たちの思いも、みなこのように似通っています。せっかく手に入れた平和を手放さないようにしたい、とあらためて思いました。(白)


「スノーマン」で知られる絵本作家レイモンド・ブリッグズが両親の出会い、結婚、家庭生活について描いた絵本を映画化。
ちょっと見栄っ張りでネガティブな母は息子の成長に一喜一憂する。そんな母を父は大らかに包み込む。夫婦の愛がじんわりと伝わってきた。
2人の夫婦生活に水洗式トイレ、ガス湯沸かし器、ラジオ、電話、冷蔵庫、テレビ、車など、文明の利器が少しずつ入り込む。イギリス庶民の生活史が見えた。
戦争が生活に落とした影は大きく、鉄製品が没収され、子供が疎開する。日本と同じだったと知り、改めて戦争は絶対にしてはならないと思う。(堀)


2016年/イギリス・ルクセンブルク合作/カラー/ヴィスタサイズ/94分
配給:チャイルド・フィルム、ムヴィオラ
(C)Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A.,The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016
https://child-film.com/ethelandernest/
★2019年9月28日(土)岩波ホールほか全国順次公開
posted by shiraishi at 17:46| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

シンクロ・ダンディーズ! 原題:SWIMMING WITH MEN

IMG_0321.JPG
監督:オリヴァー・パーカー
出演:ロブ・ブライトン、ルパート・グレイヴス、ジム・カーター、シャーロット・ライリー

妻と仲が悪く息子にはバカにされてきた会計士のエリック(ロブ・ブライドン)は、なじみの公営プールで中年男性ばかりが集うアーティスティックスイミングチームと出会う。メンバー入りすることになった彼は、仲間と一緒にイギリス代表チームの一員として世界選手権に出場することになった。エリックは、厳しい特訓に励むうちに生きがいを見いだす。

中年男性による実話ベースのシンクロナイズド・スイミング映画といえば、先ごろ仏版『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』が公開したばかり。本作の英国版と立て続けだ。なぜか今年は「おっさんシンクロ・ブーム」?
2001年に『ウォーターボーイズ』が上映された日本としては、同ジャンルは先輩格といえるかもしれない(笑)

高校生VSおっさんだからと侮るなかれ。スイミング場面はCGもスタントも使用せず、本人たちだけで演じたそう。撮影前にストラッドフォードで行われた水泳キャンプでは、殆どの俳優が水中でもがくだけだったというから驚きである。主要人物の1人を演じる人気ドラマ「ダウントン・アビー」のジム・カーター曰く、
「私たちはエレガントに溺れていた」
流石は英国紳士!表現まで優雅だ。

日本でも根強い人気を持つ英国映画『フル・モンティ』的要素を想像していたら、ミドル・クライシスをテーマとした、意外にもシリアスなテーマが根底に流れている。それでも、監督が『理想の結婚』『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』など軽妙洒脱な作品が多いオリヴァー・パーカーだけに、英国的ユーモアを品良く挟む。
撮影監督はダイビング資格を持つという頼もしさで安定感のある水中撮影を披露しながら、「ダウントン・アビー」のカメラもこなした気品さを忘れない。音楽はITVの人気ドラマ「セルフリッジ 英国百貨店」と同じスタッフだ。英国エンターテイメントを担う粋職人が本作を支える。

”世界一層が厚い”と言われる英国俳優陣。主役に『イタリアは呼んでいる』『スノーホワイト 氷の王国』の他、司会業もこなすロブ・ブライドン。『SHERLOCK』シリーズ、『モーリス』『眺めのいい部屋』などのルパート・グレイヴス。「ダウントン・アビー」の執事カーソン役ジム・カーターらが真面目に熱演し、笑わせてくれる。
その他、王立演劇学校を卒業したような舞台経験豊かな演技巧者ばかりだから、大人が安心して鑑賞できるレベルだろう。
人生の応援歌としての楽しさに溢れた本作。実話のモデルとなったスウェーデンの男子シンクロチームも登場するので、お見逃しなく!(幸)

IMG_0316.JPG


主人公のエリックは、会計士として職場ではそれなりの地位だけど仕事はマンネリ、妻は選挙に当選して政治家として采配を振るっていて、家に帰るとなんだか居心地が悪い。自分の居場所を感じてないところに、プールで成り行きでシンクロチームに入ることになり、だんだん生きがいを感じていく。演じたロブ・ブライドンは、そんな男の悲哀をそこはかとなく感じさせてくれて絶品。
私がもう一人気になったのが、メンバーの中でも肌の色が違って、異彩を放っているカートを演じたアディール・アクタル。『ヴィクトリア女王 最期の秘密』でも、チビのインド人従者を演じて笑わせてくれた方。日本の公式サイトにクレジットされてなくて、お気の毒なので、ぜひ注目を! (咲)


仲間とやりがい。人にはこれが不可欠。シンクロでストレス解消していた中年男性たちが世界大会を目指す。主人公は仕事が充実している妻へのヤキモチから負のジレンマに陥っていたが、シンクロを通じて立ち直っていく。
俳優たちが自ら演じたシンクロの技が見事。実は娘が学生時代に部活でシンクロをやっていた。水面でみんなが揃ってバランスよく浮かんで模様を描くのは本当に難しのだが、俳優の面々たちは短期間の練習でそれをやってのけた。こんなところにもプロ意識を感じる。そのうえで、大会の結果は嘘くさくない脚本もいい。
ほしいものには思い切って手を伸ばすことも必要。妻が来てくれるのを待つのではなく、自ら立ち向かった夫と支えた仲間が眩しい。(堀)



2018/イギリス/スコープサイズ/96 分/カラー/英語/DCP/5.1ch/
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©SWM FILM COMPANY LTD 2018
公式サイト:http://synchro-dandies.jp/
9月20日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開




posted by yukie at 13:18| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

プライベート・ウォー   原題:A Private War

private war.jpg

監督:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』『ラッカは静かに虐殺されている』)
出演: ロザムンド・パイク、ジェイミー・ドーナン、トム・ホランダー、スタンリー・トゥッチ

2012年2月、シリア内戦取材中、政府軍の砲弾に散ったアメリカの女性ジャーナリスト、メリー・コルヴィン。
本作は、英国サンデー・タイムズ紙の特派員として、世界各地の戦場に赴き、戦禍に苦しむ人々の思いを伝えたメリーの半生に迫る物語。
トレードマークだった黒い眼帯は、2001年、スリランカ内戦の折、ジャーナリスト入国禁止を無視し、バンニ地域を取材中、ロケット砲弾にあたって左目を失明して以来つけていたもの。
その後も、イラク、アフガニスタン、アラブの春に揺れるチュニジア、エジプト、リビアと精力的に取材。PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、戦地の真実を伝え続けた。享年56歳。

メリー・コルヴィンの名前を知ったのは、『バハールの涙』(2019年1月公開 作品紹介)で、彼女をモデルにした眼帯ジャーナリスト・マチルドと通じてのこと。『バハールの涙』でエマニュエル・ベルコが存在感たっぷりに演じた女性記者を、本作ではロザムンド・パイクが体現している。
ハードな取材の合間に、恋もしたらしいことに少しほっとした。
イラク、アフガニスタン、リビア、シリアなどの戦地の場面は、すべてヨルダンで撮影したとのこと。服装や看板などで、それぞれの雰囲気をうまく描いている。
メリーが2度、謁見に成功したリビアのカダフィ大佐も、なかなか似ている。

それにしても、数多くの戦場カメラマンと呼ばれる人たちが、取材中に命を落としている。危険を冒してまで、戦場の真実を伝えたいという思いには、ただただ感服するばかり。彼らが伝える映像や当事者の人たちの声に、戦争を終わらせなければと思うのに何もできないのがはがゆい。戦争を引き起こしている権力者たちは、このような報道を見ても動じないのだろうか。(咲)


2019年/イギリス・アメリカ/110分/G
配給:ポニーキャニオン
公式サイト:http://privatewar.jp/
★2019年9月13日(金)TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー





posted by sakiko at 18:44| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

やっぱり契約破棄していいですか!?(原題:Dead in a Week: Or Your Money Back)

yappari.jpg

監督・脚本:トム・エドマンズ
撮影:ルーク・ブライアント
出演:トム・ウィルキンソン (レスリー・オニール)、アナイリン・バーナード(ウィリアム・モリソン)、フレイア・メイヴァー(エリー・アダムズ)、マリオン・ベイリー(ペニー・オニール)、クリストファー・エクルストン(ハーヴェイ)

小説家志望の青年ウィリアムは、原稿は突き返されるばかり、少しも芽が出ない。おまけに自殺を試みるたびに失敗している。今日は橋の上から飛び降りようとしているとき、通りかかった年配の男が止めるでもなく名刺をよこす。ちょうど通過した観光船の屋根に落下したウィリアムは、またもや生き延びてしまった。翌日、名刺の番号に電話し、昨夜の男と待ち合わせすることになる。レスリー・オニールは英国暗殺者組合の会員。かつては名うてのヒットマンだったが、今やノルマを達成できずクビ寸前。自殺名所を見回っては死にたがっている人間を探していたのだった。
契約が成立して双方がホッとした後、編集者のエリー・アダムズからウィリアムの本を出版したいと電話がある。打ち合わせをするうちに二人は急速にひかれあい、ウィリアムはレスリーに契約破棄を申し出るが拒否される。契約では1週間以内に殺せなければ全額返金される。かくして、死にたくなくなったウィリアムとクビになりたくないレスリーとの命がけの追いかけっこが始まった。

レスリー役のトム・ウィルキンソンは、これまで数えきれないほどの出演作があるベテラン俳優。あちこちで観たことがあります。この方に「英国暗殺者組合」の名刺を渡されたらありそうな気がしてしまいます。アナイリン・バーナードは『ダンケルク』で主要な兵士の一人でしたが、みんな軍服姿だったので、すぐに思い出せず。本作では死にたいときに死ねず、生きる目的が見つかったときには、自分が依頼したヒットマンに狙われるという皮肉な役柄です。
いかにも気弱そうなウィリアムを支えるのが、出版社のエリー。このフレイア・メイヴァーは『泣き虫ギタリスト』でもしっかり者の恋人でした。レスリーを応援する奥さんペリーにも注目して。生き死にがかかっているというのに、笑いどころもたくさんあるイギリスらしいブラックコメディ。(白)


殺し屋に組合があり、ノルマを達成できないと引退を勧告される。老いを迎えた殺し屋は仕事を続けたいばかりに、死にきれない自殺志願者に「自殺を外注しないか」と営業をかけた。
とんでもない設定に驚くが、本作は死を延期したくなった自殺志願者とノルマを達成したい殺し屋をコミカルに描くことで、 “生きるとはどういうことか”を伝えている。

殺し屋はいたって真面目だ。殺しの方法をイラストで丁寧に説明し、依頼者の懐具合も考慮する。不幸な偶然で仕事に失敗すると、帰るや否や指先の感覚を鍛えるゲームを取り出し、自分の技量を確かめる。高いプロ意識を感じさせた。
一方、妻に対しては話をしっかり聞いてあげて、いい夫ぶりを発揮する。仕事帰りに買って来るよう頼まれたソースは買い忘れていたけれど、そんなことはどこの家庭でもあること。妻に指摘されて逆切れする夫もいる中、改めて買いに行こうとすることで十分及第点がもらえるだろう。
妻も夫の仕事を理解し、支え続けてきた。夫の仕事結果が掲載された新聞記事をスクラップにしてプレゼントしたこともあるようだ。そばで見てきたからこそ、夫の変化をよくわかっており、引退してほしいと思っているが夫の気持ちを尊重する。

殺し屋にとって仕事は生きがいなのだろう。しかし、老いは誰にでも訪れる。いつまでも仕事にだけ生きがいを感じて生きていくわけにはいかない。その時々で生きがいも変化していく。妻が提案する旅行に出掛けるなど、新しい生活を真剣に考えることも大切だ。
それは自殺志願者も同じ。生きる意味を見出している人が世の中にどれだけいるというのだろう。みんな、わからないまま生きている気がする。
以前、バラエティー番組で林修先生がこんな話をしていた。「やりたいこととできることの座標軸でどちらも+の部分の仕事をみんなができるわけではない。やりたいけれどできないことをやるのではなく、やりたいことではないけれどできることをするべき」と。林先生自身がやりたくないけれどできることを仕事にしたのだという。
自殺志願者と殺し屋の出会いは2人に人生に向き合うきっかけを与え、ダークコメディな作品を人生賛歌に昇華させた。(堀)


2018年/イギリス/カラー/ビスタ/90分
配給:ショウゲート
(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
http://yappari-movie.jp/
★2019年8月30日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 11:00| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする