2022年11月26日

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ(原題:The Electrical Life of Louis Wain)

ルイス・ウェイン.jpg

監督・脚本:ウィル・シャープ
原案・脚本:サイモン・スティーブンソン
撮影:エリック・アレクサンダー・ウィルソン
ナレーション:オリビア・コールマン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ(ルイス・ウェイン)、クレア・フォイ(エミリー・ウェイン)、アンドレア・ライズボロー(キャロライン・ウェイン)、トビー・ジョーンズ(ウィリアム・イングラム卿)

19世紀のロンドン。上流階級の家に長男として生まれたルイス・ウェインは20歳のときに父を亡くし、母と5人の妹たちを彼一人が養うことになった。美術学校を出た後、教師の職につくが薄給で食べて行けずフリーの画家となる。妹の家庭教師だったエミリーと恋に落ち、年の差や階級の違いのため周囲に猛反対されるも結婚にこぎつけた。ようやく穏やかな暮らしを手に入れた二人だったが、エミリーに末期がんが見つかる。エミリーは迷いネコのピーターを可愛がり、ルイスは余命少ない妻のためにピーターの絵を描き続けた。ルイスの猫の絵は評判を呼び、多くの注文が舞い込む。

rouis main.jpg

世の猫好きな方々は作者を知らなくても、ルイス・ウェインの絵をきっとどこかで目にしたことがあるはずです。絵はがきは800種類もあり、かの夏目漱石もそれを手に入れていたのでは?とか。今回映画を見て初めてこういう人が描いていたんだ!と大発見をした気分でした。
ベネディクト・カンバーバッチは、気弱で経済観念に乏しいのに一家を背負わねばならなかった20代から、最盛期、統合失調症を患って精神病院に入院した晩年までを演じています。必死に働き、あれほど売れながら、絵の権利や契約の知識がなく晩年は貧困にあえいだルイスが気の毒です。上流階級の女性が仕事を持つことなどなかった時代、結婚が重要視されていました。そんな時代にルイスの妹たちは一人が精神を病んだことから、ほかの姉妹に結婚話が来なかったというのもルイスの重荷であったでしょう。
彼の人生の中で一番幸せだったに違いない愛妻エミリーとの3年あまりの生活を中心に、生き生きと描かれた猫の絵もふんだんに登場します。当時猫は犬のようにはペットとして飼われず、悪い印象だったというのが意外です。あんなに可愛いのに。
画家の役では筆持つ手元だけはプロの人に代わることもあるようですが、カンバーバッチ氏自らの筆さばきです。絵やイラスト好きな方、猫好きさん必見の作品。ルイスとエミリーの暮らしの背景となる家のたたずまいや外景が、泰西名画のように美しいです。ウィル・シャープ監督は、俳優・監督として注目されている日系英国人。かつて監督作で共演したオリビア・コールマンが落ち着いた声音でナレーションを務めています。(白)


ルイス・ウェイン_オルタナティブポスター2.jpg
ルイス・ウェイン・コレクション展が12月21日から。こちら

犬派か猫派か?と聞かれると、犬は飼ったことはあるけれど、猫は飼ったことのない私。友人には猫好きが多くて、それこそ猫可愛がりしています。ルイス・ウェインの生きたヴィクトリア朝の英国では、猫はあくまで鼠退治要員であって、ペットとして飼うものではなかったそうです。そも、西洋では、猫は魔女や悪魔の使いという位置づけだったのです。ルイス・ウェインは、妻の可愛がった迷い猫にピーターという名前も付けたのですが、友人から「まさか猫をペットにする気か?」と言われています。
1907年10月に、ルイス・ウェインはアメリカの新聞王ハーストから、「ニューヨーク・アメリカン」紙に猫の漫画を描いてくれと依頼を受けて渡米します。「日米協定で日本人は道を自由に歩けるようになったのに、猫は自由に道を歩けない」という言葉が出てきました。ルイスは、「猫の為にニューヨークに行く!」という意気込みだったようです。1910年に母が病気との報を受けて帰国しますが、死に目に会えませんでした。3年間アメリカで暮らしましたが、財産は作れなかったとのこと。帰国後、次々に家族が不幸に見舞われ、ルイス本人も精神に異常を来たしていきます。それでも、生涯、好きなだけ猫の絵を描いて過ごしたと知り、少しほっとさせられました。(咲)


2021年/イギリス/カラー/スタンダード/111分
配給:キノフィルムズ
https://louis-wain.jp/
(C)2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
★2022年12月1日(木)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 12:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月20日

マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説  原題:QUANT

quant.jpg
©2021 MQD FILM LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.


監督:サディ・フロスト 
出演:ケイト・モス、ヴィヴィアン・ウェストウッド、デイヴ・デイヴィス(ザ・キンクス)、ピート・タウンゼント(ザ・フー)、ポール・シムノン(ザ・クラッシュ)

ビートルズ、ツイッギー、ローリング・ストーンズと共に1960年代スウィンギング・ロンドンというムーヴメントを起こしたマリー・クワント。その知られざる素顔とデザインの秘密に迫るドキュメンタリー

教育者の家庭で育ったマリー・クワントは、アートスクールで貴族階級出身のアレキサンダーと運命的に出会う。1955年、自分が着たい服をクリエイトし、ロンドン初のブティック《BAZAAR》をチェルシーのキングス・ロードにオープン。開店直後からマリーがデザインした服は奪い合いになり、60年代初めには動きやすくて少女らしさを演出するミニスカートが世界中で大ブームを巻き起こした。マリーが才能を発揮できるように、夫となったアレキサンダーは渉外・後方担当として支えた。
当時の熱狂を知る関係者へのインタビューとアーカイブから、マリーの横顔と生涯を添い遂げた夫婦の知られざるエピソードが明かされる・・・

*注:個人を指す表記は「マリー・クワント」、ブランドを指す表記は「マリークヮント」

マリーは、ミニスカートに合うアンダーウェアやカラフルなタイツも考案。さらに、絵具パレットのような使いやすい化粧品は大人気になりました。
マリー夫妻にブティック開店を勧め、出資もしたのは、友人で弁護士のアーチー・マクネアでした。ライセンス事業という形で世界に広げていったのも、弁護士アーチーの存在があってこそでしょう。ポーチや香水、インテリア・・・ くっきりしたデイジーの花のマークが可愛くて、どれもすぐに「マリークヮント」とわかります。今も街でよく見かける「マリークヮント」ですが、実は、世界最大規模の店舗展開されたのが日本。しかも、日本独自の商品開発でインテリアやキッチン用品など多岐にわたる商品にデイジーの花があしらわれたのです。
映画を見終わって、マリーの「着たい」を生み出した才能はもちろんですが、アレキサンダーという素敵な伴侶を見つけたのも才能だなと思いました。
監督のサディ・フロストは、映画、演劇、テレビで30年以上のキャリアを持ち、プロデューサー、俳優、ファッション・デザイナー、作家の顔も持つ多才な女性。 (咲)


「マリークヮント」の花のマークは、5弁の花びらが日本の梅の花と同じ意匠。蕊でなく丸い花芯となっているところが違いますが、そんな親近感もあって可愛いもの好きの女性の心をつかんだのでしょう。私もいくつか持っていて、ずいぶん前にイギリスのブランドだと知らないまま、イギリス在住の友人へのお土産にお財布をプレゼントしたことがあります(恥)。日本で展開している商品はまた違ったのか、気遣ってくれたのか喜んでもらえました。
そんなことも思い出しながら拝見した本作、(咲)さんが書いているように、才能あふれるマリーがはつらつとして、女性から見ても魅力的です。後を行く女の子たちのあこがれの的であったはず。(白)


☆映画公開と同日の11月26日(土)より、Bunkamuraザ・ミュージアムにて「マリー・クワント展」も開催!

2021年/イギリス/英語/90分/ビスタサイズ/映倫区分G
協力:マリークヮント コスメチックス/後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:アット エンタテインメント
公式サイト:http://www.quantmoviejp.com/
★2022年11月26日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開

posted by sakiko at 01:12| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月16日

クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~  原題:Creation Stories

creation stories.jpg
(C)2020 CREATION STORIES LTD ALL RIGHTS RESERVED

製作総指揮:ダニー・ボイル
監督:ニック・モラン
脚本:アーヴィン・ウェルシュ&ディーン・キャヴァナー
出演:ユエン・ブレムナー、スーキー・ウォーターハウス、ジェイソン・フレミング、トーマス・ターグーズ、マイケル・ソーチャ、メル・レイド、レオ・フラナガン、ジェイソン・アイザックス

クリエイション・レコーズ創設者 アラン・マッギーの波乱に満ちた人生

1960年、スコットランド、グラスゴー生まれのアラン。ロックスターを夢見て粋がってみるが、保守的な父親は理解を示さない。ロンドンに出るしかない!と、バンド仲間たちとロンドンへ。サッチャー首相の起業支援一人40ポンドを貰って、クリエイション・レコーズを設立。トラブル続きのレーベル運営だったが、アランは宣伝の才能を開花させていく。次第に人気バンドを輩出する人気レーベルとなるが、その一方、レーベル運営のプレッシャーや家庭問題によって精神的に追い詰められていく・・・

クリエイション・レコーズが排出したオアシス、プライマル・スクリーム、ティーンエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどのことは、まったく知らなかったのですが、グラスゴー出身の赤毛の小男アランのハチャメチャ人生をしっかり楽しみました。父親との確執、逆に、「お父さんを見返してね」と旅立ちにあたりお小遣いをくれたお母さん。家族の関係を描いた映画でもあります。電車に乗り遅れたことがもたらす運命も描かれています。くすっと笑ったり、ほろっとしたり・・・ こんな人物がそばにいたら、なんだか大変だろうなぁ~。(咲)

2021年/イギリス/110分/PG12
配給:ポニーキャニオン
公式サイト:https://creation-stories.jp/
★2022年10月21日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー

posted by sakiko at 02:42| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月09日

スペンサー ダイアナの決意   原題:Spencer

spencer.jpg
© 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED


監督:パプロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
出演:クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』)、ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、ティモシー・スポール (『英国王のスピーチ』)、サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』、ショーン・ハリス『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)

1991 年12月24日。英国ロイヤルファミリーの人々は、いつものようにクリスマスを祝うため、エリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウスに集まった。ダイアナ妃は、生家の近くにもかかわらず道に迷い、エリザベス女王よりも遅れて到着する。玄関で待ち構えていたグレゴリー少佐から、さっそく王室のしきたりである体重を測ることを強要される。
夫チャールズ皇太子との仲は既に冷え切っていたが、集まった王族の人々は平静を装っていた。息詰まる思いに、ダイアナは邸を抜け出し、自分が育ったスペンサー家の邸宅に向かうが、老朽化で立ち入り禁止になっていた。仕方なく邸に戻り、息子たちの寝室に忍び込み、やっと安らぎを覚える。
そしてクリスマス、一族での記念撮影、教会での礼拝と決められた行事が続くが、チャールズ皇太子と口論となり、ついにディナーを無視して、息子たちを車に乗せ再び生家へと向かう。幸せな少女時代を過ごした地で、ダイアナは人生を変える一大決心をする・・・

チリ人であるパプロ・ラライン監督が、将来の王妃の座を捨ててでも、自分のアイデンティティを確立しようとしたダイアナを描いた作品。脚本は、イギリス人のスティーヴン・ナイトに依頼。ダイアナを演じたクリステン・スチュワートを始め、メインの俳優はイギリス人。ただ、不必要なメディアの注目を避けるため、撮影はイギリスではなく、ドイツで行っています。
ダイアナの36年という短い人生の中の、さらに3日間という限られた時間を想像力たくましく描いた映画ですが、不実な夫に悩まされる中、思い切った決断をしたダイアナの心情はしっかり伝わってきました。
原題『Spencer』に託した監督の思いも、ずっしりと感じました。(咲)


★ダイアナ元皇太子妃、非業の死から25年。
 彼女に迫る映画2作品が連続公開されます。


『プリンセス・ダイアナ』(9/30公開) 
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/491794369.html
駆け抜けた激動の人生をアーカイブ映像で振り返ったドキュメンタリー
ぜひ、こちらを先にご覧になってから、『スペンサー ダイアナの決意』を!


2021年/イギリス・ドイツ/117分/英語/カラー/4K ヨーロピアンビスタ/5.1ch・7.1ch
日本語字幕:川嶋加奈子
配給:STAR CHANNEL MOVIES
後援:ブリティッシュ・カウンシル 読売新聞社
公式サイト:https://spencer-movie.com/
★2022年10月14日(金)、TOHO シネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー



posted by sakiko at 01:46| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

プリンセス・ダイアナ  原題:The Princess

princes diana.jpg
© 2022 DFD FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

監督:エド・パーキンズ(Netflix『本当の僕を教えて』)
製作:サイモン・チン、ジョナサン・チン(アカデミー賞®2度受賞『シュガーマン 奇跡に愛された男』『マン・オン・ワイヤー』)

ダイアナ元皇太子妃 非業の死から25年
駆け抜けた激動の人生をアーカイブ映像で振り返る

1961年7月1日、オールドソープ子爵(後に伯爵)の令嬢としてノーフォーク州サンドリンガムで生まれ、ダイアナ・フランセス・スペンサーと名付けられる。
1981年2月24日、チャールズ皇太子との婚約発表。7月29日、ロンドンのセントポール大聖堂にて挙式。
1982年6月21日、第一子ウィリアム王子出産。
1984年9月15日、第二子ヘンリー王子出産。のちにこの頃から夫婦間の気持ちの上での関係は終わっていたと語る。
1986年5月、チャールズ皇太子と共に初来日。
1992年12月、チャールズ、ダイアナ両者が別居に合意。
1994年6月 チャールズ、カミラ夫人との関係を認める。
1996年8月28日、離婚成立。親権は両者平等に持つ。
離婚後も王室の一員として、「Diana, Princess of Wales」と呼ばれる。
ケンジントン宮殿に住み続け、事務所もそこに置き、王室の公務はほとんど無くなるが、様々な慈善活動を行う。
1997年8月31日午前0時35~40分頃、パリで交通事故にあい重傷を負い、病院に運ばれるも死亡。同乗していた恋人ドディ・アルファイドと運転手は即死。
9月6日、ウェストミンスター寺院で葬儀。


映画は、1997年8月31日深夜、オテル・リッツ・パリの前に群がるパパラッチを映し出して始まります。
チャールズ皇太子との婚約が噂される頃から、常にマスコミに追い掛け回されたダイアナ。お伽話のお姫様のような結婚式に世界の誰もが魅了されました。そして、チャールズの不倫の恋を知ったのを機に破綻していく結婚生活。その後、献身的に慈善活動を行う中で新たな出会いのあったダイアナを、マスコミは執拗に追いかけ続けました。その結果が、パパラッチを交わす為にスピードを出し過ぎ激突事故。
恋人ドディがエジプト人の大富豪の息子で、彼と結婚させまいとした陰謀説も出ましたが、真相は不明。ダイアナは、1996年、パキスタン系イギリス人の心臓外科医ハスナット・カーンと出会い恋人関係にありましたが、本作では触れられず。本命はハスナットだったのではという説も。
イスラーム文化圏贔屓の私は、エジプト系やパキスタン系の男性に惹かれたダイアナに親近感を持っていたのですが、映画の中で、関係の冷え切ったチャールズ皇太子と共に公式訪問したインドで、ダイアナがタージ・マハルに癒されたという場面があって、なるほどと! あと、今回、初めて知って驚いたのは、恋人ドディに婚約者がいたという事実でした。
リアルタイムでダイアナの人生を知っていた私にとっては、ほとんどの出来事が「懐かしい」ものでしたが、若い世代の方たちにとっては、この映画は、ダイアナの激動の人生を知る良い機会になると思います。  当時はなかったSNSの功罪を考える機会にもなるのではないでしょうか。

それにしても、あの衝撃的なダイアナの事故死から25年!
ついこの間のように思い出します。
葬儀の日は、ずっとBBCをつけて見守りました。棺の後ろを歩くウィリアム王子とヘンリー王子の姿が痛々しかったのですが、先日のエリザベス女王の葬儀の時にも、二人が棺の後ろを歩く姿に、25年前の二人が重なりました。二人にとっても、つらい記憶を思い出したときだったのではと思います。 
歴史に「もし」はありませんが、ダイアナが別の男性と結婚していたなら、パパラッチに追いかけられることもなく、平穏で幸せな人生をおくったかもしれないと思ってしまいました。
パーキンズ監督は、あえてナレーションやテロップによる解説を加えることなく、膨大な素材の中から厳選して、ダイアナの人生を綴っているのですが、そこからは、メディアの功罪を強く感じさせられます。SNSで誰しもが情報を拡散できる時代となった今、それはメディアだけの問題でないことも考えさせられました。(咲)



2022年/イギリス/109分/英語/カラー/ビスタ/5.1ch
日本語字幕:佐藤恵子/字幕監修:多賀幹子
後援:ブリティッシュ・カウンシル 読売新聞社
配給:STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:https://diana-movie.com/
★2022年9月30日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー



posted by sakiko at 19:44| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする