2019年08月01日

世界の涯ての鼓動   原題:Submergence

sekaino hate.jpg

監督:ヴィム・ヴェンダース (『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』『Pina/ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち』)
脚本:エリン・ディグナム
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:フェルナンド・ベラスケス
原作:小説「Submergence」(J・M・レッドガード)
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アリシア・ヴィキャンデル、アレクサンダー・シディグ、ケリン・ジョーンズ、レダ・カテブ、アキームシェイディ・モハメド

海洋生物数学者のダニーは、グリーンランドで地球上の生命の起源を解明する調査を目前に控えている。潜水艇で深海に潜る前に恋人のジェームズの声を聞きたいのに、彼からの電話は途絶えていた。
1ヶ月ほど前、休暇で訪れたノルマンディーの海辺の瀟洒なホテルで出会って恋に落ち、5日後に別れるときにはお互い生涯の相手だと確信した二人。ジェームズは水道技術指導のため、ケニアに赴いていった。だが、それは表向きで、実はジェームズはMI-6(英情報機関・対外情報部)の諜報員で、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止するのが任務だった。ソマリア到着早々、イスラム過激派に拘束され、外界との連絡が取れなくなっていた・・・

長編監督50年を迎えるドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダース。プロデューサーのキャメロン・ラムより送られてきた原作を読んで、非常に興味を持ち監督を引き受ける。
自分の任務に信念を持っている男女が束の間の休暇中に出会うラブストーリーを主軸に、地球の環境問題や、解決の糸口が見出せないテロとの戦いなど、世界規模で抱える問題について、さりげなく考えさせる物語。
なにより、イスラム過激派の描き方に注意を払っていることに注目したい。ジハード(聖戦)戦士は得てして「悪」に描かれることが多いが、彼らとて信念を持った人たちであることが丁寧に描かれている。
歩み寄って対話することもなく、「テロとの戦い」の言葉のもと武力で鎮圧しようとする西側諸国に警鐘を鳴らしているのだ。
それにしても、レダ・カテブ演じるジハード戦士は、ヴィム・ヴェンダース監督も「夜中にこんな男と出会いたくないほど怖かった」という。実に渋い!
レダ・カテブ演じる過激派サイーブが、ある時、ジェームズがアラビア語を解することを知り、アラビア語で会話する場面がある。本来、諜報員は潜入先の言葉を解していてもわからないフリを通すものだと思う。会話は和解の一歩。なにごとも武力でなく対話で解決してほしいものだ。

5日間でお互いを生涯の相手だと確信した二人については、これはもう、恋なんてタイミング。勘違いで成立するものだと思っているので、勝手にしてちょうだい。などと言ってしまうのは、もう恋に縁遠くなってしまったひがみ?

この映画のなによりの魅力は、ダイナミックな映像。フランス各地の海岸沿い、スペイン、ドイツ、ジブチ(ソマリアは危険なので、近隣のジブチでソマリア部分を撮影)、フェロ-諸島など、ロケ地の風景が素晴らしい。 (咲)



2017年/イギリス/英語・アラビア語/カラー/ビスタサイズ/DCP/5.1ch/112分
配給:キノフィルムズ/木下グループ
公式サイト:http://kodou-movie.jp/
★2019年8月2日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー.

posted by sakiko at 13:37| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピータールー マンチェスターの悲劇 原題:PETERLOO

IMG_0294.JPG

監督:マイク・リー
出演:ロリー・キニア、マクシーン・ピーク、デヴィッド・ムースト、ピアース・クイグリー
ヨーロッパ諸国を巻き込んだナポレオン戦争も、1815年のウォータールーの戦いを最後に、ようやく終結。だが、英国では勝利を喜ぶのも束の間、経済状況が悪化、労働者階級の人々は職を失い、貧しさにあえいでいた。彼らに選挙権はなく、あちこちで不満が爆発し、抗議活動が炸裂していた。1819年8月16日、マンチェスターのセント・ピーターズ広場で大々的な集会が開かれ、著名な活動家であるヘンリー・ハントが演説することになる。だがこれは、あくまで平和的に自分たちの権利を訴えるデモ行進になるはずだった。あろうことか、サーベルを振り上げた騎兵隊とライフルで武装した軍隊が、6万人の民衆の中へと突進するまでは──。

今年の洋画暫定5位以内には入りそうな重厚長大たる傑作!重い映画と感じるかもしれないが、主題は極めて現代に通じる普遍性があり、写実的には19世紀初頭にタイムスリップし、自らが体感しているかの如くリアル感に満ちている。

『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』など秀作を撮り続ける英国の名匠マイク・リーはマンチェスター出身でありながら、「ピータールーの虐殺」事件をよく知らなかったという。調べるに連れ、政府が市民運動を鎮圧した圧政を歴史に埋もれさせてはならないとの使命感で映画化に踏み切った。政治問題・社会問題を扱った映画が製作し辛い何処かの国とは異なる”表現の自由”さに溜息を吐いてしまう。

ナポレオン戦争を終結させた戦いは、日本では”ワーテルロー”と呼ばれるが、英国では”ウォータールーの戦い”である。セント・ピーターズ・フィールド広場をもじり、「ピータールーの虐殺」と知られる大事件を、マイク・リーはまるでドキュメンタリーのように描く。基本的に主人公は存在せずスター俳優も出ない。弾圧する側の王室を諧謔味たっぷりに、政治家、軍人、法律家、資本家らは既得権益を守るエゴそのもの。弾圧される記者、市民活動家、労働者階級の人々。職場や家庭での細かな逸話を積み重ね、クライマックスに導く。

当時の労働者にとって「白い服」は晴れの日や教会へ行く時しか着られなかった。1800年代の衣装を再現し、晴れ着を纏って広場に集まった女性・子供たちをサーベルで容赦なく斬り付ける政府軍騎馬隊。集会に集まった男たちはもちろん丸腰だ。つい先ほどまで晴れやかな顔をしていた庶民たち、何ら抵抗する術のない彼らが次々と死屍累々の山を築いて行く現実…。息を飲まざるを得ない。

現代の天安門事件、香港のデモ弾圧、ロシアの選挙妨害・大量の逮捕者といった今起きている圧政の図式と、本作は地続きなのだ。浅薄な知識ゆえ、前半の論戦に次ぐ論戦が繰り広げられる場面は字幕を追うのに精一杯で、歴史認識まで至らなかった。是非もう一度観てみたいと思う。そういう映画は滅多にない。見逃せない今年の1本だ。
(幸)


© Amazon Content Services LLC, Film4 a division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2018.
2018年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1ch/155分/
配給:ギャガ 
公式サイト:gaga.ne.jp/peterloo/
8月9日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開
posted by yukie at 12:57| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

グッド・ヴァイブレーションズ 原題:GOOD VIBRATIONS

IMG_0291.JPG


監督 リサ・バロス・ディーサ、グレン・レイバーン
脚本 コリン・カーベリー、グレン・パターソン
出演 リチャード・ドーマー、ジョディ・ウィッテカー、マイケル・コーガン、カール・ジョンソン、リーアム・カニンガム、エイドリアン・ダンバー、ディラン・モーラン

1970年代、北アイルランドに住むテリー・フーリーは、ルースという女性と出会い結婚を決意する。生計を立てるためレコード店「GOOD VIBRATIONS」を開店した後、パンクロックに夢中な若者たちが集うライブハウスを訪ね、理不尽な権力にパンクで立ち向かう若者たちの姿に衝撃を受ける。

まさか!北アイルランドのベルファスト・パンク映画が観られるとは思わなかった。製作から7年の時を経て日本公開…。少数派の(?)パンクファンにとっては想定外の喜びに踊り出したくなってしまう♪

U2の名曲「Sunday Bloody Sunday」をこよなく愛する身としては、'72年、北アイルランドのロンドンデリーで起きた虐殺事件については知っているつもりでいた。加えてベルファストが紛争地帯だということも…。当時のニュース映像が流されはするが、本作は政治的な映画ではない。
「爆弾横丁」(!)と呼ばれる通りに、1人の音楽好きの男がレコード店を開くところから発展する実話。ハンク・ウィリアムズのカントリー音楽(パンクと真逆でしょ(笑))など聴いていた男が、パンクロックに啓示を受けたように触発され、インディーズ・レーベルまで立ち上げてしまうのだ。

日本ではマイナーなバンドや楽曲群が次々とスクリーンから飛び出さんばかりに現出してくる。その熱量たるや、まるで当時のクラブシーンや紛争の最中(さなか)へ送り込まれたような臨場感がある。ベルファスト・パンクを知らない人でも十分に楽しめる映画だ。それは製作スタッフ、2人の監督・脚本家、出演者に至るまで、心の底から音楽を映画を愛している純粋な想いが伝わるからだろう。
北アイルランド、パンク、ブリティッシュロックのファンは必見!ジョー・ストラマーの言葉で締めくくられるラストには胸熱だ。(幸)


2012年 イギリス・アイルランド合作/103分/PG12/カラー/シネマスコープ/DCP
配給 SPACE SHOWER FILMS
(C) Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012
公式サイト:http://good-vibrations-film.com/
8月3日(土)より新宿シネマカリテほかにて公開
posted by yukie at 12:44| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風をつかまえた少年 原題:The Boy Who Harnessed the Wind

IMG_0290.JPG


監督・脚本・出演:キウェテル・イジョフォー
出演:マックスウェル・シンバ、アイサ・マイガ
原作:「風をつかまえた少年」ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー著(文藝春秋刊)

14歳のウィリアムは、2001年にアフリカのマラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。

浅薄ながら、小国とはいえアフリカのマウアイ国についての知識は殆どなかった。電気を使えるのは総人口の僅か2%!21世紀になってもそのような生活を送る人々がいたことを本作で初めて知った。正に映画は「世界を開く窓」である。

主人公の父親として出演し、脚本、監督も手がけた英国の名優キウェテル・イジョフォーは監督デビュー作とは思えない洗練と成熟を見せている。長雨や日照りが続いても、族長と祈りを捧げ、超自然的な力にすがるしかない村人。生活に追われる大人たちは子どもに教育よりも働くことを優先するのが当然という風潮だ。
イジョフォー監督は最貧困国の厳しい現状を家族の動向、学費が払えない程の生計といった日常を丹念に描出することにより、映画の主訴を明らかにして行く。

終盤、樹々のさやぎや雲の流れから”風”を表現する映像の喚起力の素晴らしさに涙した。撮影監督はマイク・リー作品で知られるディック・ポープだと知り、納得。イジョフォー監督はスタッフ、出演者選びにも抜かりない眼力を示している。こういった地味な低予算の良作こそヒットしてほしいと願う。(幸)


ウィリアム・カムクワンバ氏が自身の体験を綴った原作に基づく映画。
飢饉から村を救おうと風力発電を考え出したのが、14歳の時だったということに何より驚いた。しかも、学費が払えなくて学校に通えなくなり、図書館で本を読み漁って考え出したのだ。
公開を前に来日されたウィリアム・カムクワンバ氏の姿をテレビで拝見した。現在、31歳。日本の中学生と交流。まさしく風力発電を考え出した時の年頃の中学生たち。自身の物語が映画化され、遠く日本でも上映されることに、感慨深げな表情だった。
日本の中学生たちも、彼から多大な影響を受けたことと思う。

商社に勤務していた時、その大半の24年間、経済協力部門で世界各国への政府開発援助(ODA)を利用した案件に携わってきた。サハラ以南のアフリカ諸国では、特に地下水開発や灌漑施設といった生活や農業に裨益する案件が目立った。一般市民の自立を促すのがODAの理念だが、国の末端まで行き渡るような援助は、果たしてできているのだろうか。権力を持つ者が結局潤っているのではないかと、つい危惧してしまう。願わくば、ウィリアム氏に続く人材が活躍できる社会になってほしい。(咲)


2018年/イギリス、マラウイ/英語、チェワ語/113分/シネマスコープ/カラー/5.1ch
© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC
提供:アスミック・エース、ロングライド 配給:ロングライド
公式サイト:https://longride.jp/kaze/
2019年8月2日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。



posted by yukie at 10:53| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

氷上の王、ジョン・カリー(原題:The Ice King)

john.jpg

監督・脚本:ジェームズ・エルスキン
ナレーション:フレディ・フォックス
音楽監督:スチュアート・ハンコック
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ

アイススケートをメジャースポーツへと押し上げ、さらに芸術の領域にまで昇華させた伝説の英国人スケーター、ジョン・カリー。彼はバレエのメソッドを取り入れた演技で、1976年インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得する。しかし、マスコミが真っ先に伝えたのは、表に出るはずのなかった彼のセクシュアリティだった。同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることが公表されたメダリストの存在は、世界中を驚かせ論争を巻き起こす。しかし、彼は華麗な滑りで多くの人を魅了し続け、現在の日本人スケーターにも影響を与えている。(公式サイトより)

フィギュアスケートは、次々と登場する美しいアスリートたちのおかげですっかりメジャーになりました。私もかたずをのんで見守っています。ここまでくるには先達の努力があったはず、と思いつつこの映画を観るまでジョン・カリーのことは知らずにいました。
栄光の背後には血のにじむ努力と、孤独な日々があると想像に難くありません。動画でも一枚の写真でも、彼の影を伴った美しさが見て取れます。同性愛が忌むべきもの、病気として治療すべきものとされていたことは、多くの映画でも描かれていますが、ジョン・カリーも父親から「人間として根本的なところがおかしい」と非難され続けたとか。一番味方でいてほしい家族から受け入れられなかった彼の孤独は、どれほど深かったことやら。
彼の完璧なパフォーマンスと、さらに高みを目指し続けた姿勢は、現代のスケーターにも憧れをもって見つめられています。どうぞ大きな画面でご覧ください。(白)


2018年/イギリス/カラー/89分
配給:アップリンク
(C)New Black Films Skating Limited 2018
http://www.uplink.co.jp/iceking/
予告編はこちら
★2019年5月31日(金)新宿ピカデリー、東劇、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 09:58| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする