2020年07月08日

リトル・ジョー ( 原題:Little Joe)

15942166515471.jpg

監督:ジェシカ・ハウスナー(『ルルドの泉で』)
音楽:伊藤貞司
出演:エミリー・ビーチャム、ベン・ウィショー、ケリー・フォックス、キット・コナー

シングルマザーの研究者アリス(エミリー・ビーチャム)は、幸せになる香りのする新種の植物リトル・ジョーを開発するが、仕事にのめり込むあまり息子のジョーと向き合っていないことに後ろめたさを感じていた。ある日アリスは、リトル・ジョーを植えた鉢を持ち帰り息子にプレゼントする。しかし、花の香りをかいだジョーや、花粉を吸い込んだアリスの助手クリス(ベン・ウィショー)の様子が徐々におかしくなる。

冒頭から響き渡る尺八、箏、笙の音。真上から撮影される化学プラント。植物が居並ぶ無機的な空間。音響、カラフルな絵造りが映画に新鮮な調和を齎らす。"感染"が主題でもある本作は、今まさに鑑賞すべき作品と言える。母性ホルモンを誘発し、放つ香りは人々を幸せにする植物=リトルジョー。「幸せにする」プラントの意匠に温かみがなく、白ベースに青、赤の植物が整然と植えられたデザインはクールな印象である。日本人作曲家、故・伊藤貞司による楽曲は、寧ろ“怪談”を想起させ、時にケチャのようにも聴こえ、不穏な空気を醸し出す。

『ルルドの泉で』で宗教的奇跡と残酷さを演出したオーストリアの女性監督ジェシカ・ハウスナーが初のSFに挑んだ。種子を遺伝子を残せない、生殖させない改良を人工的にほどこした植物。花粉を吸った時に生じる反動を冷徹な話法で描き出す。

家族、同僚、知人、被験者といった集合体で登場する人物に扮する俳優たちは、いたって普通のドラマのように演じているため、事象の異様さが際立つ。エミリー・ビーチャム、ベン・ウィショー、子役のキット・コナーなど英国の演技巧者を集めた中、最も印象深い人物造形を残したのは、ジェーン・カンピオン作『エンジェル・アット・マイ・テーブル』(90)の主演が未だ忘れ難いケリー・フォックスだ。扮する同僚ベラの存在を契機として起こる事件がラストへと繋がる伏線となっており、本作に於ける重要なキーパーソンだろう。
”感染”と立ち向かう現在、多くの示唆を孕んだ問題作だ。(幸)


子どもを産むと女性は誰でも自分の子どもを最優先すると思われています。でも、中にはそれまで築いてきた仕事のキャリアの方が大事だと思ってしまう人もいるでしょう。ただ、それを表に出すと人間失格の烙印を押されてしまう気がして、隠しているのではないでしょうか。

この作品の主人公アリスもその1人、本心は研究に専念したい。正直、息子は研究の足枷。でも息子を見捨てられない。この葛藤を表に出さずに苛まれるアリスをエミリー・ビーチャムが好演。

母親らしさ、女性らしさにとらわれ過ぎず、生きたいように生きることも決して恥ずかしい選択ではないことを作品は伝えてくれます。(堀)


2019/オーストリア・イギリス・ドイツ/105分/カラー/ビスタ/5.1ch/英語
配給:ツイン
(c)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019
公式サイト: http://littlejoe.jp
★7月17日(金) アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺他にて全国順次ロードショー★
posted by yukie at 22:58| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

カセットテープ・ダイアリーズ   原題:Blinded by the Light

casette.jpg

監督:グリンダ・チャーダ(『ベッカムに恋して』)
脚本:サルフラズ・マンズール、グリンダ・チャーダ、ポール・マエダ・バージェス
原作:サルフラズ・マンズール「Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’Roll」
出演:ヴィヴェイク・カルラ、クルヴィンダー・ギール、ミーラ・ガナトラ、ネル・ウィリアムズ、アーロン・ファグラ、ディーン=チャールズ・チャップマン、ロブ・ブライドン、ヘイリー・アトウェル、デヴィッド・ヘイマン

1987年9月、イギリスのルートン。16歳のパキスタン系の少年ジャベドは高校に入学する。幼なじみの少年マットは恋人ができて忙しい。一人寂しくジャベドがウォークマンで流行のペット・ショップ・ボーイズを聴きながら歩いていると、すれ違いざまにインドにルーツを持つシーク教徒のルーブスからカセットテープを渡される。それは熱烈なファンたちから「ボス」と呼ばれ親しまれているアメリカのブルース・スプリングスティーンの歌。ジャベドは一気に惹きこまれる・・・

イギリスの小さな町で、人種差別や、故国の習慣を守ろうとする父親との確執など、ジャベドの悩みは尽きません。それを吹き飛ばしてくれたのが、スプリングスティーンの音楽でした。人生の価値を見出すほどの衝撃だったのです。カセットをくれたルーブスと親しくするようなったジャベドは、その後、スプリングスティーンの生の歌を聴きにアメリカにも一緒に行くほど意気投合。宗教は違うけど同じインド亜大陸の出身の二人の友情にほろりとさせられます。

原作はパキスタン出身で、イギリスでジャーナリストとして活躍するサルフラズ・マンズールの自伝的な回顧録。監督のグリンダ・チャーダも、スプリングスティーンの大ファンで、サルフラズと一緒に行ったイベントでスプリングスティーン本人に会ったことから、この映画は誕生しました。スプリングスティーン自身が多くの楽曲を本作に提供しています。さらに、アカデミー賞受賞のインドの音楽家A.R.ラフマーンが、オーケストラ編成の曲で映画に彩を添えています。

00005-Blinded By The Light  -Photo Nick Wall.jpg

グリンダ・チャーダ(写真中央)は、1960年ケニヤ・ナイロビ生まれのインド系。ロンドン育ち。BBCでジャーナリストとしてキャリアをスタートさせ、1989年から監督業に転身。英国映画史の中で、現役の最も多作な女性監督の一人となりました。2006年に大英帝国勲章を叙勲。『ベッカムに恋して』(02)『英国総督 最後の家』(17)等、自身のルーツにゆかりのある作品も数多く手がけています。
また、本作で描かれている80年代の国民戦線などの人種差別主義者の台頭もグリンダ・チャーダ自身が経験したもの。ジャベドの姉の結婚式が行われる日、結婚式場に向かう一行が、頭を剃り上げ、タトゥーで全身を覆った国民戦線の支持者たちのデモ隊に阻まれる場面は圧巻です。街の壁にあふれる人種差別的な国民戦線のスローガンは、実際に当時を経験したグリンダ・チャーダ監督と、父親役のクルヴィンダー・ギールが自ら落書きしたものだとか。
こうした移民排斥や人種差別は、残念ながら今も世界の各地で見られます。この映画で描かれていることは決して過去のことではありません。
そして、出会った音楽が人生を変えてくれるという魔法も、いつの時代にもあることですね。(咲)

2019年/イギリス/117分/カラー/英語/シネマスコープ/5.1ch/G
日本語字幕:風間綾平/字幕監修:五十嵐 正
配給:ポニーキャニオン
© BIF Bruce Limited 2019
公式サイト:http://cassette-diary.jp/
★2020年7月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー



posted by sakiko at 19:48| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

ワイルド・ローズ ( 原題:WILD ROSE )

15922243222280.jpg

監督:トム・ハーパー 脚本:ニコール・テイラー
出演:ジェシー・バックリー 、ジュリー・ウォルターズ、ソフィー・オコネドー

カリスマ的な歌声を持つシングルマザーのローズは、故郷のスコットランドからアメリカに渡り、歌手としての成功を夢みていた。だが不器用にしか生きられない彼女は、夢を追い求めるあまり、時に愛する母親や幼い二人の子供達を傷つけてしまう。
夢と家族の狭間で苦しみ、若く才能のピークを迎え焦燥感に駆られるローズにチャンスが訪れる。老いた母と幼い子供たちとのささやかな幸福に包まれた暮らしか、夢を掴んでスターの座を追い求めるのか。葛藤する彼女がたどり着いた答えとは?葛藤の末に書き下ろした初のオリジナルソング。ローズの魂のステージの幕が上がる。

ある事件が起こる映画の中盤から、もう泣き通し!そしてラスト、主人公のローズリンが歌う場面では号泣してしまった…。近年これほど感情を揺さぶられる映画はない。
前科持ちシングルマザーの、”夢を叶える”という公式モデルを逸脱し、安直な予定調和を避けた脚本の巧さと、演者陣の絶妙なアンサンブル!登場人物一人ひとりの心情が脇役や子役に至るまできめ細かく描出されているのだ。

加えてグラスゴー独特の地方性が画面を横溢する魅力。英国労働者階級ものには名作が多いが、本作もその系譜に連なろう。母娘3代の確執、労働者階級出身なのに起業して成り上がった新富裕層の欺瞞・偽善…。登場人物一人ひとりを主役にして更ににドラマが描けるくらい丁寧に造形され、また演者陣も脚本・監督の期待に応える絶品演技を披露している。

『ジュディ 虹の彼方に』の脇で光っていたジェシー・バックリーが、これほど歌が上手いとは!ウェスタンブーツにカントリーシャツを着こみ、
「私はトランスジェンダーみたいなもんだよ。心はアメリカ人でナッシュビルにいるはずが、ここ(英国)に居る」
と語るさまは、女優ではなくローズリンそのものにしか見えない。母役のジュリー・ウォルターズは、娘の夢と孫たちを含む現実生活との折合いに葛藤する。『リトル・ダンサー』を凌ぐ名演だろう。

正攻法に見える撮影も、ローズリンが掃除人として働いていた豪邸のパーティを一瞬だけ空撮することにより、この世界と訣別するのだ、という展開を冷徹に表現する。地味な一瞬のディテールに真実を語らせる演出法に感動した。
ローズリンが魂を込めた歌唱、「私はナッシュビルの人間じゃなくてグラスゴー  イエロー・ブリックロード道はないけれど故郷が1番」
と歌い上げる場面は観客の共感と涙を誘うに違いない。今年、必見の秀作をお見逃しなく!(幸)


主人公ローズの成長ぶりを取り上げて紹介する記事が多く見かけます。夢を叶えたい、でも子供の世話をしなきゃいけない。その葛藤に苦しみながらも自分なりの答えを出したローズをジェシー・バックリーが見事に演じ切りました。
しかし、私はローズの母やローズを雇っていた豪邸のマダムに共感しました。すべきことをきちんとして、真っ当に生きています。そしてローズを応援する。その心の裏には、常識に囚われず、やりたいことに向かってなりふり構わず突き進むローズへの羨望があったように思います。自分をローズにすり替え、ローズが夢を叶えることで自分も夢を叶えた気分を味わおうとしていたのではないでしょう。そのことに気づいたことで2人は自分の人生が少し変わって見えてきたはず。私も自分の人生を生きなきゃというエールを作品からもらいました。(堀)


2018/カラー/5.1ch/イギリス/スコープ/102分/PG-12
配給:ショウゲート
© Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
公式サイト:https://cinerack.jp/wildrose/
★ 6月26日 (金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開 ★
posted by yukie at 21:37| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

アドリフト 41日間の漂流(原題:Adrift)

adlift.jpg

監督:バルタザール・コルマウクル
脚本:アーロン&ジョーダン・カンデル
撮影:ロバート・リチャードソン
出演:シャイリーン・ウッドリー(タミー・オールダム)
サム・クラフリン(リチャード・シャープ)

1983年、婚約したばかりのタミーとリチャードは、ヨットに乗り込みタヒチからサンディエゴへと旅に出た。ところが出発から2週間後、記録的なハリケーンに遭遇し巨大津波に飲み込まれてしまう。船室にいたタミーはしばらくして目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線も繋がらない。さらに、大怪我を負い波に漂うリチャードを発見する。リチャードを助け出したタミーは、極限状態の中、セーリングの知識を総動員し陸を目指すが…。

実話と知っていても、次々と二人を襲ってくる困難にハラハラ。ことにハリケーンに遭遇して、文字通り木の葉のように浮き沈みするのに怖い思いをしました。ヨット好きのタミーですが、知識も経験も豊富なリチャードが頼りです。その彼が大怪我をし、ヨットも大破、食料も水も充分ではないと来たら…海での遭難は絶対体験したくないです。
孤軍奮闘するタミーを『ダイバージェント』シリーズ、『きっと、星のせいじゃない。』(14)のシャイリーン・ウッドリー。アクションも前作で鍛えられたでしょうが、最初から最後まで出ずっぱり。極限状態の後半はさぞ大変な撮影だったはず。カメラさん凄い!と資料を見ましたら、アカデミー賞撮影賞はじめ多くの受賞を果たしているベテランでした。船に弱い方は覚悟のほど。(白)


2018年/イギリス・アメリカ合作/96分
配給:キノフィルムズ
(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://adrift-movie.jp/
★2020年6月12日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 00:11| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

白い暴動(原題:White Riot) 


White Riot.jpg

監督:ルビカ・シャー
出演:レッド・ソーンダズ、ロジャー・ハドル、ケイト・ウェブ、ザ・クラッシュ、トム・ロビンソン、シャム 69、スティール・パルス他

「英国病」と呼ばれるほどに経済破綻状態にあった1970年代のイギリス。市民が抱いていた不安と不満は、第二次世界大戦後に増加した移民たちへ転嫁されていった。街は暴力であふれかえり、黒人やアジア人が襲われた。そのなかで、レッド・サンダースを中心に数人の仲間たちで発足された“ロック・アゲインスト・レイシズム”略称RARは、人種や生まれによる差別への反発、不平等への反抗を主張し、雑誌を自費出版して抗議活動を始める。RARの発信するメッセージはやがてパンクバンドのザ・クラッシュをはじめ、トム・ロビンソン、スティール・パルス等の音楽と結びつき、支持されていく。1978年4月30日、RARが決行した約10万人による大規模なデモ行進と、その終着地での音楽フェスは市民が一つになった瞬間であり、観る者の心を揺さぶる。

映画のタイトルを見て、英国のパンクロックバンド「クラッシュ」の代表曲を思い出した人は幸いである。たしかにクラッシュは映画に登場する。『白い暴動』も歌う。しかし音楽映画ではない。
1970年代後半の英国で経済や社会が停滞する中、台頭してきたレイシズム(人種差別主義)と闘った人々の記録である。当時の私は大学生のロックフリーク。クラッシュの性急なビートと荒々しいボーカルの叫びは気に入っていたが、背景にある英国社会の危機的な状況は知らずにいた。社会を覆う淀んだ空気は重苦しく、闘う人々は危険と隣り合わせだが、ロック音楽が人々の絆となり、社会を変革する力となった。ある意味で幸せな時代。そんな思いがエンドロールを見ながら頭をよぎった。(堀)


2019年/イギリス/英語/84分/カラー
配給:ツイン
photograph by Syd Shelton
公式サイト:http://whiteriot-movie.com/
★2020年4月3日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺他にて全国順次ロードショー!

新型コロナウイルスの感染拡大および緊急事態宣言の発出に伴い、各動画配信サービスで4月17日よりレンタル配信されることになりました。
配信期間は4月17日から5月15日まで。
配信プラットフォームは映画の公式SNSや配給会社ツインのTwitterを確認してください。
配信開始日や価格は各サービスによって異なる場合があります。

配信プラットフォーム
UPLINK Cloud / Amazon Prime Video / GYAO!ストア / クランクイン!ビデオ / COCORO VIDEO / TSUTAYA TV / DMM動画 / dTV / ひかりTV / ビデオマーケット / ビデックスJP / ムービーフルplus / music.jp / U-NEXT / Rakuten TVほか

(twitterより)
映画『#白い暴動』は緊急事態宣言の発出により、各上映劇場に休業要請が出ております。
残念ではありますが、各所当面休館が続きます。
再上映が出来る日まで尽力してまいります
また、1日も早い収束を願っています<(_ _)>
各劇場の公開情報はコチラ→http://whiteriot-movie.com
posted by ほりきみき at 00:17| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする