2020年09月18日

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(原題:LIAM GALLAGHER: AS IT WAS) 

asitwas.jpg

監督:ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
出演:リアム・ギャラガー、ボーンヘッド、ノエル・ギャラガー、ポール・ギャラガー、クリス・マーティンほか

1990年代から2000年代にかけて英国で絶大なる人気を誇ったロックバンド「オアシス」のボーカリスト、リアム・ギャラガーの栄光と挫折、そして復活への道程を追ったドキュメンタリー映画。数々のヒット曲を連発し、90年代を代表するアーティストとして世界に名を馳せるリアムは、破天荒かつスキャンダラスな行動でメディアからたびたびバッシングを受けていた。オアシスのギタリストである兄ノエルとは諍いが絶えず、ノエルの脱退でバンドはついに解散。さらに離婚訴訟が勃発し、ノエル抜きで新たに結成したバンドも軌道に乗らず自然消滅してしまう。失意の中で出会った新たなパートナーに励まされたリアムは自身の音楽人生を賭け、ソロデビューアルバムを発表する。

印象的なシーンがある。サンフランシスコの金門橋を早朝にジョギングするリアムがインタビューに応える場面だ。朝日に染まる水平線を指さして、「この歳になると最高だ」と嬉しそうに語るリアム。「若いころは調子こいてイケイケでいくもんだが、今は朝方の金門橋を見るために酒の誘いも断る」と打ち明ける。荒んだ暮らしで身を持ち崩したリアムならではの発言ではある。英国の音楽ファンなら先刻ご承知ということなのか、本作でリアムの暗黒時代については控えめに言及し、どん底から這い上がる過程が本人と関係者のインタビューで丹念に描かれる。復活の物語に厚みを持たせているのは、やはりリアム個人のキャラクターの魅力であろう。リアムと言えばジョン・レノンを彷彿とさせる独特の声が想起されるが、長年にわたり声質を維持するためのエピソードが興味深い。どん底のリアムを救ったパートナー兼マネージャーの女性は「若いころから少しも変わらないから愛される」とリアムを形容する。傲慢さと繊細さが同居し、率直な物言いは時に誤解もされるが、歳を重ねることで家族や自らの健康など大切にすべきものを明確に意識し、行動できるようになった。リアムのファンにティーンエージャーが多いというのも、頷けるところだ。今年で48歳になる稀代のロックンローラーの吹っ切れた清々しささえ感じる音楽ドキュメンタリーである。(堀)

2019年/イギリス/カラー/スコープサイズ/英語/89分 
配給:ポニーキャニオン
© 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED
公式サイト:https://asitwas.jp/
★2020年9月25日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
posted by ほりきみき at 13:58| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵  原題:Escape from Pretoria

prison.jpg

監督:フランシス・アナン
原作:ティム・ジェンキン「脱獄」(同時代社刊)
出演:ダニエル・ラドクリフ、イアン・ハート、ダニエル・ウェバー、ネイサン・ペイジ、スティーブン・ハンター

1970年代、アパルトヘイト下の南アフリカ。ティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)とスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)は、白人でありながらネルソン・マンデラ率いる反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」に加わり活動していた。1978年6月、爆破装置を使用してチラシを散布していたのが見つかり、白人政治犯専用のプレトリア刑務所に収監される。
看守長から「国と白人を裏切った“白人のマンデラ”」と揶揄される。マンデラと共に終身刑の判決を受けた政治犯の長老デニス・ゴールドバーグ(イアン・ハート)からは、「我々は“良心の囚人”。犯罪者じゃない。逃げずに闘え」と言われながら、ティムたちは抵抗の意思表示をするために脱獄を決意する。同調したレオナールと3人で脱獄方法を模索する。収監23日目、独房の鍵穴を見つめていたティムは、木片で鍵を作ることを思いつく。木工所で作業しながら、木片を隠して持ち帰り、鍵を試行錯誤で作る日々が始まる・・・

アパルトヘイト政策下の南アフリカで育ったティム-ジェンキンの自伝「脱獄」(同時代社刊)を基に製作された実話。なので、脱獄に成功したのはわかってはいるものの、10もの鉄の扉を開ける鍵を作り上げて、看守たちに見つからないように外に出るまで、ハラハラどきどき。脱出まで300日近く! その忍耐力と執念に驚かされます。
もう一つ驚いたのは、差別の対象でない白人が抵抗運動をしていたこと。アパルトヘイトの国らしく、白人専用の刑務所があったのは理解できるのですが、専用の刑務所が必要なほど、白人の政治犯が多くいたことに、なぜ彼らは抵抗運動をしたのか興味津々です。黒人用の刑務所と待遇に差別はあったのかも気になります。(咲)


アパルトヘイトについて取り上げた、御堅い作品ではありません。白人の主人公がアパルトヘイトに反対して投獄されるものの、鍵の形を記憶して、木片で合鍵を作って脱獄するという、ハラハラドキドキのエンターテインメント寄りの作品です。主人公を演じたのはダニエル・ラドクリフ。『スイス・アーミー・マン』では死体役でしたが、今回はちゃんと生きています。『ハリー・ポッター』の頃の印象がすっかりなくなっているのを感じます。
鍵の製作、リハーサル、本番。それぞれ違った緊張感が作品を盛り上げます。ぽたっと落ちた汗1つで不安が生じました。実話モノなので結果はわかっているものの、最後まで目が離さない演出の先にあるラストは爽やかです。(堀)


2020年/イギリス・オーストラリア/106分/G/
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:アット エンタテインメント
© 2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP
公式サイト:http://www.at-e.co.jp/film/escape/
★2020年9月18日(金)シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開




posted by sakiko at 13:09| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

パヴァロッティ 太陽のテノール ( 原題:Pavarotti )

15980718499050.jpg

監督・製作:ロン・ハワード
脚本:マーク・モンロー
出演:ルチアーノ・パヴァロッティ、ボノ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、アンドレア・グリミネッリ、アンジェラ・ゲオルギュー、キャロル・ヴァネス、ヴィットリオ・グリゴーロ、マデリン・レニー、ズービン・メータ、ユージン・コーン、ラン・ラン

テノール歌手のルチアーノ・パヴァロッティは、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に「世界三大テノール」として名をはせた。1990年にローマの遺跡カラカラ浴場で開催された野外コンサートでは、「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を歌い上げるなど、三大テノールの世界的なブームをけん引。故ダイアナ妃との交流もあり、プライベートでは妻や娘たちを愛する良き夫であり良き父親だった。

感動!号泣…。至福の115分である。三大テノールの中でも声量、音域、声の色艶、表現力とも群を抜いていたパヴァロッティの人となりもつぶさに描かれたドキュメンタリー。オスカー受賞録音技師が手掛けた最新音響技術により、各楽曲が鮮やかに蘇る。プッチーニ「トゥーランドット」は、天上を突き抜け宇宙へこだまするよう♪ドニゼッティ「連隊の娘」でのハイC(超絶高音)連打には恍惚としてしまう。
往年の名テノール、カルーソーには間に合わなかったけれど、パヴァロッティは同時代人であった幸せを実感した。旅立って13年。未だに鮮烈な歌声と人柄をプラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ズービン・メータ、U2のボノ、2人の妻、愛人(!)、3人の娘、生地イタリア・モデナでの幼少期を知る人々の証言から、魅力的な素顔が綴られる。

ダイアナ妃との交流、ボランティア活動といったオペラの世界の枠に収まらない生き方、太陽光を浴びた向日葵のような笑顔で大好物のパスタを作る姿、全てが愛おしい。
繰り出される楽曲は、プッチーニ「ラ・ボエーム」、ヴェルディ「リゴレット」、ドニゼッティ「愛の妙薬」などなど名編ばかり20曲。極め付けは、レオンカヴァッロの「道化師」だろう。伸びやかに力強く、情感に満ちた歌唱。歌い終わってからの表情に溢れる余韻が堪らない。聴衆の心を鷲掴みにし、まさに”神に選ばれし声”だ。

音楽ドキュメントに手練た名匠ロン・ハワード監督ならではの編集テンポとリズムで、膨大なアーカイブ映像を捌いてみせる。オペラファンならずとも必見のドキュメンタリー誕生を喜びたい。(幸)


音楽に疎い私は恥ずかしながら、本作で初めてパヴァロッティの名前を知り、唄声を聞きました。彼の名声を決定づけたテノールの「ハイC」を披露する場面も登場します。オペラ好きには至福の2時間でしょう。
本作ではそういった音楽シーンでなく、人間パヴァロッティにもスポットを当てているところが興味深い。娘ジュリアーナが難病にかかったとき、付き添うためにコンサートやオペラ、すべてをキャンセルしたというエピソードから家族思いの一面が伝わってきます。しかし、大切にしてきた家族を捨てて愛人との生活に走ってしまうのだから人間ってわからないもの。寂しがり屋が裏目に出たのでしょう。人懐っこい笑顔を見せるパヴァロッティの陰の部分も隠さずしっかり描いています。
また、ダイアナ妃やU2のボノとの出会いも見逃せません。ダイアナ妃と出会ったことで慈善事業の目覚め、それを通じてボノと交流が始まったいきさつも丁寧に描いていました。
ドラマチックなパヴァロッティの人生を多面的にたっぷりと味わえる2時間です。(堀)


配給:ギャガ
ビスタサイズ/5.1chデジタル/2019年製作/115分/G/イギリス・アメリカ合作
© 2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved
公式サイト:https://gaga.ne.jp/pavarotti/
★6月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次ロードショー
posted by yukie at 15:44| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!    原題:Thomas & Friends: Digs & Discoveries

kikansha.jpg

監督:ジョーイ・ソー
脚本:デイビー・ムーア、ベッキー・オーバートン
声の出演:比嘉久美子、田中完 ほか
特別出演:山口もえ、田村裕(麒麟)、川島明(麒麟)

青いボディのトーマスは、小型タンク式蒸気機関車の頑張り屋さん。車体番号は1番。
ソドー島ではトラブル続きで、トーマスたち蒸気機関車は大忙し。港で事故が発生。ティドマス機関庫の蒸気機関車たちは「スチーム・チーム」を結成し、なんとかピンチを切り抜ける。そのあと、イタリアで仕事をすることになったトーマス。イタリアで「消えた機関車」の伝説を耳にして興味を抱く。イタリアでは、女の子の機関車ジーナ(声:山口もえ)が、トーマスにいろいろなことを教えてくれる。果たして、消えた機関車の真相は?

2020年で原作誕生75周年を迎える、イギリス生まれの児童向けアニメ「きかんしゃトーマス」の劇場版。
2019年、国連が「きかんしゃトーマス」シリーズを通じて、世界の子どもたちに地球を守る為のメッセージを伝えていくことを発表。2015年9月に国連で採決されたSDGs(17の持続可能な開発目標)にちなんだエピソードをテレビシリーズや映画で展開しています。前作『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』では、トーマスが世界を巡り、見知らぬ文化や歴史を伝える役目を果たしました。本作でもソドー島を飛び出し、イタリアへ。女の子の機関車も大活躍していて、ジェンダー平等も根底に流れています。
友達の素晴らしさ、人と助け合うことや、自ら積極的に動くことの大切さを子どもたちに自然に教えてくれる物語です。(咲)


2019年/イギリス/デジタル/70分/ヴィスタ/カラー/5.1ch
提供:ソニー・クリエイティブプロダクツ
配給:東京テアトル
配給協力:イオンエンターテイメント
公式サイト:https://movie2020.thomasandfriends.jp/
★2020年9月4日(金)全国ロードショー




posted by sakiko at 19:37| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

オフィシャル・シークレット  原題:OFFICIAL SECRETS

pfficial secret.jpg

監督:ギャヴィン・フッド
出演:キーラ・ナイトレイ、マット・スミス、マシュー・グード、レイフ・ファインズ

2003年初頭、イラク打倒を目論む米国に同調する英国の諜報機関で働くキャサリン・ガンが違法な工作活動をリークし、世間を騒がした。本作は、勇気ある告発をした実話に基づく物語。

2003年1月。英国の諜報機関GCHQ(政府通信本部)で翻訳分析官として勤務するキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)はある日、米国の諜報機関NSA(国家安全保障局)から送られたメールを見て驚愕する。イラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーの動向を探るスパイ活動を指示するものだった。キャサリンは、元同僚で反戦運動家の友人を訪ね、マスコミにリークしたいと相談する。
2週間後、メールの内容が英国「オブザーバー紙」の一面を飾る。マーティン・ブライト記者(マット・スミス)の勇気ある告発記事だった。
英国GCHQでは、リークした犯人探しが始まる。キャサリンは、仕事仲間に執拗な尋問が及ぶ状況に耐えきれず、告発したのは自分だと名乗り出る。
しかし、キャサリンの告発も虚しく、3月20日、米英によりイラク侵攻は強行される。
起訴されたキャサリンを救おうと人権派弁護士ベン・エマーソン(レイフ・ファインズ)らが立ち上がった・・・

2001年9月11日の同時多発テロ事件以降、テロへの報復に躍起になっている米国政府の態度を腹立たしく見ていたのを思い出します。そして、ついに2003年3月20日、米英により強行されたイラク侵攻。今では、イラクが大量破壊兵器を開発しているというのは米国のでっち上げだったことが明らかになり、サッダーム・フセインを倒してもイラクに平和は訪れず、米英のイラク侵攻のツケはイラクの庶民にまわっています。
キャサリン・ガンは、そのような状況になることを見越して、理不尽なスパイ指示をリークしたに違いありません。
キャサリン・ガンは、台湾で育ち、日本に留学し、広島で英語を教えていたことがあり、反戦の思いを強くしたのだと思います。また、パートナーがトルコ出身のクルド人。強制送還されないために結婚したのかとまで言われたようです。映画の最後に映されるご本人の姿は、とても清楚で誠実な雰囲気でした。「私は政府じゃなくて国民に仕える」という言葉が心に残りました。キャサリン・ガンは無罪になりますが、それ以上追及すると、証拠を開示することになり、政府が違法に戦争に介入したことが明らかになるからという事情でした。世の中には不都合な真実がまだまだありそうです。 (咲)


ギャヴィン・フッド監督の前作『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2015年)は、幼い少女が巻き込まれる可能性がある中でのドローンによる自爆テログループ攻撃の是非を問う作品でした。今回はイラク侵攻の正当性をでっち上げたいアメリカをイギリスの諜報機関である政府通信本部(GCHQ)が手助けするよう職員に指示を出したことに危険を感じた職員がリークした実話を基にしています。ギャヴィン・フッド監督はイギリス国家に強い疑問を感じているのかもしれません。
裁判の結果は唖然とするものでした。だからこそ国家の闇の深さを感じます。この事件は忘れちゃいけない!(堀)


2018年/イギリス/カラー/英語/112分/シネマスコープ/5.1ch/G
配給:東北新社 STARCHANNEL MOVIES
©2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://officialsecret-movie.com/
★2020年8月28日(金) TOHO シネマズ シャンテほか全国公開




posted by sakiko at 04:22| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする