2022年07月10日

ボイリング・ポイント/沸騰  原題:BOILING POINT

boiling point.jpg
(C)MMXX Ascendant Films Limited

製作・監督・脚本:フィリップ・バランティーニ 
出演:スティーヴン・グレアム(『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』『アイリッシュマン』)、ヴィネット・ロビンソン(「SHERLOCK/シャーロック」)、レイ・パンサキ(『コレット』)、ジェイソン・フレミング(『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『ベンジャミン・バトン数奇な人生』)

クリスマス直前の金曜日の夜。ロンドンの人気高級レストランのオーナーシェフ、アンディ・ジョーンズは、店に急ぎながら妻に電話している。別居して2か月、今晩は息子ネイサンと会う約束をしていたのにとても無理。直接謝りたいのに息子はつかまらない。店に着くと、スタッフが開店準備に追われている中、衛生検視官が抜き打ち検査に来ていて、厳しくチェック。安全評価が「5」から「3」に落とされてしまう。アンディが衛生管理ファイルの記入を怠っていたのも一因だった。スタッフからは食材の注文忘れを指摘され、さらに、宿敵のシェフ、アリステアの予約が入っていると聞かされ、頭が痛い。ほどなく開店。フロアもキッチンも大忙し。そんな中、アリステアがやってくる。予告なしにグルメ評論家のサラを同伴して・・・

アンディの元同僚で今はテレビでも活躍する宿敵のシェフであるアリステア。来店するなり、アンディに「ナマステ」とインド式に挨拶し、料理を注文したあと、「小皿でザアタル(アラビア語でハーブ類の総称)を持ってきて」と頼みます。まず、この男、何者?と興味を惹かれましたが、アンディに借金を返せと無理を言ったり、共同経営の危なげな話を持ちかけたりと、なんだか信用できないいい加減な男。アンディにとってはアリステアとのやり取りだけでも頭が痛いのに、次から次へと問題が起こって、アンディの精神状態は沸騰点に達します。それも、アンディが会えない息子に電話するたびに、これでもかとトラブル発生! しか~し、そも、オーナーシェフとはいえ仕事中の私用電話、いいの?とちょっといらつきました。そんなアンディですが、副シェフの給料アップを共同オーナーに了承を得なければという問題は常に頭から離れません。
監督が、レストラン業界内で起きている、うつ病、薬物乱用、人種差別、ハラスメント、同性愛 嫌悪など、改革を切実に必要としている問題を描きたかったのだとわかり、アンディの周りで次々にトラブルが起こった意味を納得しました。
厨房、フロア係、客・・・と、多くの人物が登場して、様々な「問題」が起こります。「13卓はプロポーズ予定で、女性はピーナッツアレルギー」という注意があって、予測通り、女性が発作を起こしてしまうのですが、それすら、問題の一つという位! 
満席のレストランを舞台に、キッチンとフロアでの出来事を90分ワンショットで描き切ったことに、ただただお疲れさまのひと言です。(咲)


2021/イギリス/英語/95 分
字幕:石田泰子
配給:セテラ・インターナショナル
© MMXX Ascendant Films Limited
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/boilingpoint/
★202年7月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

posted by sakiko at 18:22| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月01日

ザ・ウィローズ(原題:The Wind in the Willows)

the willows.jpg
ⒸMarc Brenner

シネマ版監督:ティム・ヴァン・ソメレン
演出:レイチェル・カヴァノー
原作:ケネス・グレーアム「The Wind in the Willows」(日本語訳書籍は「たのしい川辺」岩波少年文庫99)
脚本:ジュリアン・フェローズ
作曲:ジョージ・スタイルズ
作詞:アンソニー・ドリュー
出演:ルーファス・ハウンド(ミスター・トード/ヒキガエル)
サイモン・リプキン(ラッティー/ネズミ)
クレイグ・メイザー(モール/モグラ)
ニール・マクダーモット(チーフ・ウィーズル/イタチ)
デニース・ウェルチ(ミセス・オッター/カワウソ)
ゲイリー・ウィルモット(バジャー/アナグマ)

春になって土の中の家から出てきたモグラのモールは、川辺に住むネズミのラッティーやアナグマのバジャーと友達になった。初めて船に乗りヒキガエルのトードとも知り合った。トードは親譲りの御屋敷に住むお金持ちで、スピードの出る乗り物が大好き。次々と欲しくてたまらなくなる。トードが新しい乗り物に夢中になってお屋敷を留守にしているとき、イタチのギャングたちがお屋敷を乗っ取ってしたい放題の大騒ぎ。
日頃からトードに忠告していたラッティーは、モールやバジャーと対策を考える。カワウソの奥さんの一人娘も行方不明になっている。みんなと力を合わせてこの危機を乗り越えなくては!

the willows2.jpg
ⒸMarc Brenner

松竹ブロードウェイシネマが送る1作。今回は2017年6月、ロンドンのウェストエンド(ブロードウェイのようなエンターテイメントが集合)地区のパレイディアム劇場で上演され大ヒットしたミュージカル作品です。スタッフ・キャストにそうそうたるメンバーを集め、2500人の観客が連日喝采した楽しい舞台を映画館で鑑賞することができます。
子どもの頃から親しんでいるケネス・グレーアムの世界、一人息子のために語って聞かせたという「たのしい川べ」がどんなミュージカルになるのか、ワクワクしながら鑑賞しました。動物たちは「キャッツ」のようなメイクではなく、鼻の頭をちょっと黒くして、髪の毛がその動物らしい色になっているだけ。その分、衣裳が凝っていて、その性格や暮らしぶりをちゃんと現わしています。大がかりな舞台装置も細かいところまで、とくとご覧ください。
明るくて楽しく、冒険ごころもくすぐられるファンタジーなので、お子様のミュージカル体験にぴったり。大人にはイギリスの階級社会や人間界のあれこれも思い出させる深さもあります。仲間たちや自分の居場所、故郷の大切さもじんわりしみ込んできました。帰り道で、ちょっと違う自分を見つけた気分にもなります。(白)


私はミュージカルが好きではないので、ほとんど観たことがない。もちろん音楽全般や歌は大好きなんだけど、生活の中で話している部分を歌にして表現というのが苦手。特に日本語で、普通に話をすればいい部分を歌にするというのに違和感を持っていた。
この作品は、川辺りに住む沢山の動物たちが繰り広げる、冒険と旅の物語。そして美しい四季の移ろいを表現した詩が素敵だった。動物たちの物語ではあるけど、人間社会への風刺ともとれるような物語でもある。舞台装置が次から次へと変わっていく移り変わりも素晴らしく、久しぶりに舞台の面白さも感じた。
ケネス・グレーアムも知らなかったけど、イギリスだとアーサー・ランサムの児童文学には子供の頃からなじんでいて、何年か前、アーサー・ランサム全集の神宮輝夫さんによる再訳版が出て12冊買った(全部で24冊)。このアーサー・ランサムの壮大な物語も、いつか映画になったらいいな。こちらは動物ではなく子供たちの冒険ではあるけど。ピーターラビットと同じ湖水地方が舞台なので、この『ザ・ウィローズ』の冒険に近い話ができるかも。
それにしても、日本語の生活の言葉を歌にしながらの芝居だと違和感なのに、外国語だとそう感じなかったのか。日本語のミュージカルにも機会があったら挑戦してみよう。今だったら、違う印象になっているかもしれない。そんな風に思うきっかけにもなった(暁)。


2017年/イギリス/カラー/ビスタ/131分
配給:松竹
(C)BroadwayHD/松竹
https://broadwaycinema.jp/
【松竹ブロードウェイシネマ 公式アカウント】
https://broadwaycinema.jp/
■www.instagram.com/shochikucinema/
■www.facebook.com/ShochikuBroadwayCinema
■twitter.com/SBroadwayCinema
★2022年7月8日(金)から東劇(東京)、なんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエア シネマ(名古屋)ほか全国順次限定公開

posted by shiraishi at 16:27| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月12日

エリザベス 女王陛下の微笑み  原題:Elizabeth: A Portrait in Part(s)

Elizabeth.jpg
(C)Elizabeth Productions Limited 2021

監督:ロジャー・ミッシェル(『ノッティングヒルの恋人』)
製作:ケヴィン・ローダー
音楽:ジョージ・フェントン
出演:エリザベス2世、フィリップ王配、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子、ダイアナ元妃、ザ・ビートルズ、ダニエル・クレイグ、マリリン・モンロー、ウィンストン・チャーチル ほか

2022年に在位70周年を迎えたエリザベス女王の初の長編ドキュメンタリー。
新型コロナウイルスの感染拡大で撮影ができないことから、ロジャー・ミッシェル監督は、アーカイブ映像からドキュメンタリーを作ることを提案。様々なテーマの中から選んだのが女王陛下。プロデューサーのケヴィン・ローダーと共に、ありきたりな王室ドキュメンタリーでなく、「機知に富んだイタズラ心と、サプライズがあるものを作りたい」と意見が一致。1930年代から2020年代までの膨大なアーカイブ映像の中から紡ぎだしたエリザベス女王の90年の物語。

ロジャー・ミッシェル監督は、2021年9月、最後のサウンドミックスの日に残念ながら亡くなられ、本作は遺作となってしまいました。
エリザベス女王の生誕からの素の姿から、公式の場でのとっておきの場面までがぎゅっと詰まった90分。6月2日から4日間にかけて行われた在位70周年「プラチナ・ジュビリー」の祝賀行事の生中継をはじめ、関連番組の数々が放映されましたが、その記憶も新しいうちに観ると、また格別な感動があると思います。
1952年、25歳の若さで英国女王という重責に就き、数多くの公務をこなしながらも、自然体で家族と暮らす姿に魅せられます。なによりお若い時のエリザベス女王は、チャーミングで華麗で女優さんのよう! ユーモアにも溢れるお人柄に和ませられます。

ELIZABETHsub01.jpg
(C)Elizabeth Productions Limited 2021

私にとってエリザベス女王といえば、香港の中環(セントラル)の中央郵便局の1階から2階に上がるエスカレーターの正面にかかっていた若い時の写真。よく眺めていた可憐な女王様の写真は、1997年7月1日以降は外されてしまい、ちょっと寂しい思いをしたのを思い出します。
今年4月21日に96歳になられたエリザベス女王。まだまだ気高い姿を見せてくださることを願っています。(咲)


2021年/イギリス/カラー/90分/英語/5.1ch/ビスタ
字幕:佐藤恵子/字幕監修:多賀幹子
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:https://elizabethmovie70.com/
★2022年6月17日よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー




posted by sakiko at 19:12| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月02日

ロイヤル・オペラ『椿姫』

tubakihime main.jpg

演出:リチャード・エアー
再演 演出:バーバラ・ルック
原作:アレクサンドル・デュマ・フィス
台本:フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
美術:ボブ・クローリー
出演:プリティ・イェンデ(ヴィオレッタ・ヴァレリー)、アンジェラ・シムキン(フローラ・ベルヴォア)、ジェレミー・ホワイト(ドビニー侯爵)、ジェルマン・E. アルカンタラ(ドゥフォール男爵)、デイヴィッド・シップリー(医師グランヴィル)、クセニア・ニコライエワ(アンニーナ)

パリの高級娼婦ヴィオレッタは肺の病におかされているが、パトロンの男爵の庇護を受けて、贅沢な暮らしで気を紛らわしていた。しかしヴィオレッタを真剣に愛しているアルフレードに出逢い、初めて愛する喜びを知る。病気の療養のためにヴィオレッタは華やかな生活を捨てて田舎に移り、アルフレードと充実した日々を送る。アルフレードは家族と疎遠となっていたが、ある日父親がヴィオレッタを訪ねてくる。家族のために身を引いてくれるよう頼まれ、悩んだ末に承諾する。そんな事情を知らないアルフレードは、自分を捨てたヴィオレッタをパーティの席で罵倒する。アルフレードは男爵と決闘して外国に旅立ち、ヴィオレッタは一人粗末な部屋で死の訪れを待っていた…。

原題の「La traviata(ラ・トラヴィアータ)」は「道を踏み外した女」の意味。娼婦のことを指しています。日本では「椿姫」のほうをタイトルにすることが多いようです。髪に椿の花を飾ったことからそう呼ばれたとか。原作のデュマの体験が反映されているそうです。
ヴィオレッタはアルフレードに愛されて田舎で療養しますが、アルフレードは、生活費がかかることにもヴィオレッタの真心にも少しも気づきません。そこのところが世間知らずの貴族の坊ちゃま。デュマの小説では2人は再会することなく、ヒロインのマルグリットは孤独のうちに亡くなりますが、オペラは少し違います。
ヴァイオレット役のプリティ・イェンデは、1985年南アフリカ出身のソプラノ歌手です。アパルトヘイト中に生まれ、撤廃された1994年にはまだ少女でした。白人優先の空気が残る中でどうやって才能を磨いてきたのでしょう。この作品では堂々の貫禄で、身体そのものが楽器というのがわかる美声です。結核ならもう少しほっそり…という感想はどこかへ消えて、死を前にしたヴィオレッタの嘆きの歌に思わず涙。
『月の輝く夜に』(1983)の中でオペラを観る場面があり、ヒロイン(シェール)が舞台を見つめて涙するのがこの第3章だった気がします。
シネマ歌舞伎と同様、こちらの映像もオペラを特等席から観ている気分になれます。ぜひ大きな画面で豪奢な舞台をご覧下さい。(白)


2022年/イギリス/カラー/シネスコ/208
原題:Royal Opera House Live Cinema Season 2021/22: La traviata
配給:東宝東和
(C)2022 ROH. Photograph by Tristram Kenton
http://tohotowa.co.jp/roh/
★2022年6月10日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋 ほか全国公開

posted by shiraishi at 18:45| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月31日

ストーリー・オブ・フィルム 111 の映画旅行(原題:The Story of Film : A New Generation)

story of film.jpg

監督&ナレーション:マイク・カズンズ『オーソン・ウェルズの目』(2018) 

本作で監督とナレーションを務めているマーク・カズンズは北アイルランドのベルファスト生まれ。エディンバラを拠点に活動するドキュメンタリー監督であり作家。発案から20年、観た作品は16000本。そのうち2010年から2021年までに製作された111作品をジャンル問わず選び、映画愛と知識で紐解いていく。

20年で16000本!年に800本とは!この映画のために、最近10年分の中から111作品選ぶのはさらに大変なはずです。シネジャスタッフになって1年に数百本観るだけでも結構大変なのですが、毎週作品紹介を書くために見直すことが多々あり(おまけによくラストを忘れてしまう)オンライン試写なのがとてもありがたいです。
マイク・カズンズ監督は日本映画が大好きだそうです。選んでいると似たようなものばかりになりがちですが、こちらでは広範囲にわたって様々なジャンルからとり上げられています。きっと記憶力もいいのでしょう。未見の作品の解説やヒントを聞くと、後で観たくなること必至。鑑賞済みでも印象に残る場面は人によって違いますしね。未見の作品と、その見どころをメモするのも楽しいです。
公式サイトには映画クイズが11問、どうぞお試しください。(白)


マーク・カズンズ監督は2011年に「ストーリー・オブ・フィルム」という全15章・全編900分以上にも及ぶドキュメンタリーのTVシリーズを制作。19世紀末の映画草創期から2000年代に至る映画120年の歴史を数多くの名監督、名優へのインタビューや膨大な数の映画の印象的なシーンを引用し、映画史を新しい視点で紐解きました。
本作はその続きともいえる作品。まずは『ジョーカー』と『アナと雪の女王』に共通点があると監督は伝えます。「えっ、どこに共通点がある?」と思ったら、ぜひご覧ください。監督が見つけた意外なキーワードに驚くはず。その後も「映画言語の拡張」、「我々は何を探ってきたのか」という二部構成で映画を検証していきます。
圧倒的にアメリカの作品が多いのですが、幅広く世界各国の作品が登場します。もちろん日本の作品も。さて、日本からは何が取り上げられたのか。今、日本で話題のあの監督の作品といったらわかるでしょうか。(堀)


2021年/イギリス/カラー/ビスタ/167分/5.1ch/
配給:JAIHO
公式サイト:https://storyoffilm-japan.com/ 
Twitter:@JaihoTheatre

★2022年6月10日(金)新宿シネマカリテ他、全国順次ロードショー!

posted by shiraishi at 22:28| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする