2022年07月01日

神々の山嶺(いただき)(原題:LE SOMMET DES DIEUX )

kamigami.jpg

監督: パトリック・インバート(『大きな悪い狐とその外の物語』) 
原作:夢枕獏(原作)谷口ジロー(漫画)「神々の山嶺」集英社刊
アニメーション制作
声の出演:堀内賢雄(深町誠)、大塚明夫(羽生丈二)、逢坂良太(文太郎)、今井麻美(涼子)

カメラマン・深町誠は「登山家マロリーはエベレスト登頂に成功したのか」登山史上最大の謎を追っている。取材先のネパールで、ずいぶん前に姿を消した孤高のクライマー・羽生丈二と思しき男に出くわした。彼の手にはマロリーの謎の鍵となる遺品のカメラがあった。羽生を見つけ出せば、マロリーの謎が解けるかもしれない。深町は帰国して、羽生の山岳人生の軌跡を追いかける。予期せず彼と深くかかわり、不可能とされる挑戦を目論んでいることがわかる。それは冬季エベレスト南西壁に無酸素単独登頂するというものだった。

夢枕獏さんの作品は「陰陽師」から。映画化には難しそうな作品が多いですね。谷口ジローさんは1991年の「犬を飼う」でぼろ泣きして以来ファン。身体の造形、何気ない動作も骨格が内側にちゃんとあり、丁寧な筆致で程よく書き込まれた背景とドラマが好きでした。フランスのバンド・デシネに影響を受けたと公言していましたが、そのフランスでも人気で、2011年に芸術文化勲章のひとつであるシュバリエ章を受章しています。このアニメの制作にも参加していましたが、2017年に亡くなられて、完成作を見られなかったのが残念です。フランスでは13万人を超える大ヒットを記録しました。
羽生が挑んだ世界各地の山の風景、山にとりつかれてしまったクライマーの狂気ともいえる情熱。アニメだから描けた命がけの登攀シーンが展開していきます。猛暑のこのごろ、涼しい映画館へ出かけて大きなスクリーンで観ていただきたい作品。

この原作は日本で2016年に実写版で映画化されています。『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』(平山秀幸監督)として阿部寛、岡田准一出演。それを観たときもこんなに頑固な人がいたんだと驚きましたが、実際にそういうモデルがいたというのにさらに驚きました。森田勝さん(1937-1980)という登山家で、山への情熱が並外れて強く、周囲との摩擦が多かったこと。金策に苦労したこと、数々の挑戦や挫折などが小説に取り入れられています。(白)


原作者が夢枕獏、マンガ化したのが谷口ジロー。登場人物は現地の人が多少出てくるくらいで、あとは全員日本人。そういう作品をなぜフランスが映画化したのだろうと不思議に思っていたところ、谷口ジローはフランスでものすごく人気のあるマンガ家だということを知りました。制作陣の谷口ジローに対するリスペクトが半端なく、日本の風景描写が完璧です。公衆電話ボックスが並んで設置されているシーンは「そうそう昔はあんな感じだった」とかつての日本が懐かしく思い出されます。
アニメでエベレストの過酷な状況をどこまで描き出せるのか。見る前はそこがとても不安でしたが、まったくの杞憂でした。実写と遜色ないほど雪山の過酷さが伝わってきます。カンヌ国際映画祭でプレミアム上映された後、フランスでは300以上の劇場で公開され、大ヒットを記録。Netflixで全世界に配信されますが、海外では日本だけで劇場上映されるとのこと。ぜひ大きなスクリーンでご覧いただき、エベレストの頂上に立った気分を味わってください。(堀)


プロデューサー ジャン=シャルル・オストレロ氏は、幼い頃から登山と山岳文学に情熱を注いでいたとのこと。谷口ジローさんの漫画を読み終えた時、映画化したいという思いに駆られたそうです。それも、世界初の山を舞台にしたアニメーションをと。願いが叶って出来上がった本作、山の気高さや険しさが、リアルに描かれていて魅了されました。命を賭けてでも登りたい気持ちも、しっかり伝わってきました。
いかに山が美しくても、根性なしの私は、山登りはお金を貰ってもやりたくないことの一つ。映画の中で、「貧乏人には登れない」という言葉が出てきました。エベレストとなると入山料だけでも、100万円以上かかるとか。高い入山料を払ってでもエベレストに登りたいのは、見た目も美しいけれど、なにより世界最高峰だから。かつてエベレストが登山者で混みあっているニュースを見たことがありましたが、コロナ禍で中国もネパールも入山禁止に。エベレストのお陰で生活の糧を得ていた人たちにとっては死活問題です。いつかまた山を愛する世界中の人たちで賑わう日が訪れますように・・・(咲)


ジョージ・マロリーと言えば、「あなたはなぜ山に登るのか?」という問いに対して、「そこに山があるから」と答えた人ということで、「そこに山があるから」という言葉が独り歩きして半世紀余り。私もずっとその言葉で覚えていたら、今回いろいろ調べていたら、それは間違いだったという話が出ていた。本当は「あなたはなぜエベレストに登りたかったのか?」と問われて「そこにエベレストがあるから」とマロリーは答えたというのが正解らしい。登山史によると、1953年5月29日、ニュージーランドのエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイが、世界で初めてエベレスト登頂に成功したということになっているが、1924年マロリーたちイギリスの登山隊が挑み、「もしかしたらエベレスト登頂に成功していたのかもしれない」という話があるらしい。そのことは、この小説の日本での実写版『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』の公開時に知った。このアニメーションも、そのなぞに迫る物語に沿って話は進んでいた。アニメと言っても正確な山領の描写に驚いた。登山道具や靴、アイゼンに至るまで、まるで写真のように精密に描かれ、まるでボタニカルアートのよう。この夏、登山をめぐる映画がいくつも公開されるようだけど、これまでシネマジャーナルではたくさんの山岳映画を紹介してきました。下記に山岳映画の記事を参考までに記します。興味のあるかた覗いてみてください(暁)。

2021年/フランス、ルクセンブルク/94分/仏語/1.85ビスタ/5.1ch/吹替翻訳:光瀬憲子
配給:ロングライド、東京テアトル
©️Le Sommet des Dieux - 2021 / Julianne Films / Folivari / Melusine Productions / France 3 Cinema / Aura Cinema
https://longride.jp/kamigami/
★2022年7月8日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開

*シネマジャーナル 山岳映画関連記事
シネマジャーナルHP
2019年 
●東京国際映画祭 『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』 ワールドプレミアイベント
●『フリーソロ』  劇場公開日 2019年9月6日
2018年 
●特別記事『クレイジー・フォー・マウンテン
ジェニファー・ピードン監督インタビュー 
2016年 
●『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~
対談≪韓国の伝説的登山家オム・ホンギル × 野口健≫
●『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
MERU/メルー 原題 Meru
2014年
●『クライマー パタゴニアの彼方へ』デビッド・ラマ インタビュー
●『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』公開記念
女性世界初エベレスト登頂者 田部井淳子&エドモンド・ヒラリーの子息 ピーター・ヒラリートークショー

本誌
●2014年 シネマジャーナル91号
★今年、続々公開される山岳映画 古典~最新作まで
『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』『K2 初登頂の真実』『春を背負って』『アンナプルナ南壁 7400mの男たち』『クライマー パタゴニアの彼方へ』を紹介。また、1920年代に製作されたレニ・リーフェンシュタールの出演作『死の銀嶺』『モンブランの嵐』
●2011年 シネマジャーナル83号
★山好きから観た山岳映画 『劔岳 点の記』『岳 ―ガク―』『アイガー北壁』『127時間』『ヒマラヤ 運命の山』
posted by shiraishi at 15:26| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

母へ捧げる僕たちのアリア   原題:La Traviata Mes frères et moi

hahani sasageru.jpg
© 2021 – Single Man Productions – Ad Vitam – JM Films

監督・脚本:ヨアン・マンカ
出演:マエル・ルーアン=ブランドゥ、ジュディット・シュムラ、ダリ・ベンサーラ、ソフィアン・カーメ、モンセフ・ファルファー

南仏の海辺の町。14 歳の少年ヌールは、砂浜でサッカーに興じる兄3人を眺めながら、明日からの夏休みを、どう過ごすか思い巡らしている。古ぼけた団地に帰り、昏睡状態の母に大音量で母が大好きなオペラを聴かせる。兄たちは「消せ」「音量をさげろ」とつれない。
翌日から、教育矯正の一環で自分の中学校の修繕の仕事に就く。教室からオペラが聴こえてきて覗き込むと、講師のサラから歌ってみてと言われる。歌える曲は、「人知れぬ涙」しかない。亡くなった父がパヴァロッティと同じ町の出身で、父はこの歌でお母さんを落としたと説明するヌール。サラはヌールの才能を感じて、「椿姫」の楽譜を渡し、教室に通うよう勧める。
ヌールは声楽クラスに通いたいと思うのに、修繕作業もあるし、家では3男エディが母の薬代を持ち出し一騒動に。さらに、伯父が母を入院させてしまう。兄弟4人で病院に潜り込み、何とか母を家に連れ帰る。そんなある日、サラがレッスンに来なくなったヌールを心配して訪ねてくる。「才能があるから続けてほしい」というサラ。そこへ、警察がエディがドラッグを隠していると疑って家宅捜査にやってくる。ピアノに隠したのではと壊そうとするのを制止したサラが連行されてしまう・・・

ヌールが、声楽の先生と出会って、目覚めていく姿がとても爽やかでした。14歳という年齢で自分のしたいことに出会えたのは幸せだなと思いました。実は、ヨアン・マンカ監督自身が、サラを演じたジュディット・シュムラの歌う「椿姫」に魅了され音楽芸術の虜になったことが本作の原点。二人は公私ともにパートナー。
hahani.jpg
(C)2021 Single Man Productions Ad Vitam JM Films
舞台が南仏で、主人公の名前がヌール(アラビア語で「光」)なので、移民の人たちを描いた私好みの作品かなと観始めたのですが、ことさら移民社会を強調したものではありませんでした。父親はイタリア人、母親はマグレブ(北アフリカ)出身らしく、兄の一人が「どうせ顔をみれば、出自はわかる」という場面もあるのですが、少年の目覚め、親の介護などを描いた普遍的な物語。
母親が昏睡状態でも自宅で最期まで一緒に過ごしたいと、兄弟たちが一致団結して病院から連れ出す姿に拍手を送りたくなりました。
ヌールがいつもオペラを大きな音で母親に聴かせている場面には、小学校の同級生M子さんがクモ膜下出血で意識不明になり、息子さんが人工呼吸器につながれた彼女に、好きだったオペラを聴かせていたのを思い出して涙でした。
ヨアン・マンカ監督がプロデューサーに企画の相談をした際、「オペラは低所得者層のものではないよ」と言われたとのこと。本作は、オペラが決してエリート層だけのものでなく、好きな人のものだと証明しています♪ (咲) 


舞台は、南仏のリゾート地? 夏にはいろいろな所からやってくる人たちが滞在するような街。主人公の家族はイタリアからの移民? 海沿いの町の古ぼけた集合住宅で暮らす4人兄弟と昏睡状態の母親。14歳のヌールと3人の兄たち。兄たちはすでに社会人? でも、3人ともなんだか危なげな仕事をしている。昏睡状態の母を3人の兄たちと自宅介護しているが、介護費用も滞ったりしている。ヌールも夏休みはバイトをしないといけない状態。諍いは絶えないし不器用だけど、兄弟それぞれ思い合っていることは伝わってくる。母のために聴かせていたオペラだったけど、不安定な生活の中で歌う喜びを見つけたヌール。パヴァロッティやマリア・カラスの力強い歌声。オペラは自分にとって遠い存在でほとんど聴かないけど、そんな私でも知っている曲がかかり、オペラがちょっと身近になったかも(暁)。

2021年/フランス/フランス語/108分/カラー/ビスタサイズ/5.1chデジタル
字幕翻訳:手束紀子
配給:ハーク 配給協力:FLIKK  後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
公式サイト:https://hark3.com/aria/
★2022年6月24日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
posted by sakiko at 12:42| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

パリ・オペラ座バレエ・シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」

jerome.jpg

振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:ワレリー・オブシャニコフ 
演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
芸術監督:オーレリ・デュポン
撮影年月日:2018年11月8日、パリ・オペラ座ガルニエ宮

「ファンシー・ブリー」
音楽:レナード・バーンスタイン
キャスト:エレオノーラ・アバニャート、アリス・ルナヴァン、ステファン・ビュリオン、カール・パケット、フランソワ・アリュ、オーレリア・ベレ、アレクサンドル・カルニアト

「ダンス組曲」
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ 
キャスト:マチアス・エイマン

j1.jpg

「牧神の午後」
音楽:クロード・ドビュッシー
キャスト:ニンフ/アマンディーヌ・アルビッソン、牧神/ユーゴ・マルシャン

「グラス・ピーシズ」
音楽:フィリップ・グラス
キャスト:セウン・パク、フロリアン・マニュネ

j2.jpg

ジェローム・ロビンズ(1918ー1998)の名前を知らずに試写を観始めました。
最初の作品「ファンシー・フリー」は、振付家としてのデビュー作。水兵が女性との出逢いを楽しむコミカルなバレエで、歌のないミュージカルを観ているような気になりました。これは後に「オン・ザ・タウン」(On the Town/1944年)としてミュージカル化、1949年にはジーン・ケリーの監督・主演で『踊る大紐育』として映画化されています。
20代半ばで振付家として脚光を浴びて以来、多くの作品を送り出したジェローム・ロビンズ。その中からパリ・オペラ座での4つの演目が選ばれています。それぞれ異なった趣と、ダンサーたちの感情表現、鍛えぬいた身体での羽のように軽やかな動きをお楽しみください。アップの画面では流れる汗も、肩で息をする様子もわかります。それでもいつも笑顔の彼らに感嘆。
ロビンズはアメリカ、マンハッタン生まれ。アメリカン・バレエ・シアターでソリストとして、のちにニューヨーク・シティ・バレエ団で活躍しました。アカデミー賞受賞映画『ウエスト・サイド物語』(1961)では、ロバート・ワイズと共同監督。今回ご紹介したほかにも「王様と私」「屋根の上のバイオリン弾き」などの振付を手がけています。(白)


2018年/フランス/カラー/シネスコ/114分
配給:カルチャヴィル
Photos (C) Sebastien Mathe / OnP
https://www.culture-ville.jp/jerome
★2022年6月24日(金)東劇/新宿ピカデリー/ミッドランドスクエア シネマなんばパークスシネマ/kino cinema神戸国際/札幌シネマフロンティア/熊本ピカデリーロードショー

posted by shiraishi at 14:23| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月29日

オフィサー・アンド・スパイ(原題:J’accuse)

officer_poster.jpg

監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー
原作:ロバート・ハリス「An Officer and a Spy」
出演:ジャン・デュジャルダン、ルイ・ガレル、エマニュエル・セニエ、グレゴリー・ガドゥボワ、メルヴィル・プポー、マチュー・アマルリック他

19世紀末のフランス。ユダヤ系の陸軍大尉ドレフュス(ジャン・デュジャルダン)が、ドイツに軍事機密を流したスパイ容疑で軍法会議にかけられ、終身刑を宣告される。ところが新たに防諜部門の責任者に就いたピカール中佐が、はからずもドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見してしまう。中佐は上官に対処を迫るが、国家的なスキャンダルを恐れ、隠蔽をもくろむ上層部に左遷を命じられてしまう。すべてを失ってもなお、ドレフュスの再審を願うピカールは己の信念に従い、作家のエミール・ゾラらに支援を求める。しかし、行く手には腐敗した権力や反ユダヤ勢力との過酷な闘いが待ち受けていた……。

<ドレフュス事件とは>
1894年にフランスで、ユダヤ系のドレフュス大尉がドイツのスパイとして終身刑に処せられた。1896年に真犯人が現れるが軍部が隠匿。これに対しゾラや知識人らが弾劾運動を展開し、1898年1月13日付オーロール紙に「J’accuse」(私は告発する)の見出しで、ゾラの大統領あての公開告発状が掲載された。ドレフュス事件の理不尽さを厳しく批判したこの有名な告発状は、国論を二分する政治的大事件となった。1899年にドレフュスは大統領の恩赦により釈放され、1906年に無罪が確定した。2021年10月には、その生涯に敬意を表するドレフュス博物館が開館。マクロン大統領も来訪し「記憶伝承の場」と世界に訴えた。


第76回ベネチア国際映画祭 銀獅子賞(審査員大賞)受賞

ドレフュスの冤罪を証明することになる主人公のピカール中佐も登場当初はユダヤ人であることだけでドレフュスが犯人と決めつけ、官位剥奪式を物見遊山的に見ていました。それが諜報部に栄転し、冤罪の可能性があることに気付き、調査を進めた結果、真犯人を突き止めるのです。しかし、軍上層部はそれを認めず、食い下がるピカールをむしろ左遷してしまう。理不尽で不条理な政治の世界はどこの国も同じようです。
無実の罪で島流しの憂き目にあうドレフュス。アメリカを追われたロマン・ポランスキー監督は「俺は無実だ」とドレフュスに自身を重ねているのかもしれません。(堀)


有名人が意見を表明すると影響は大きく、それまで無視を決め込んでいた権力側が譲歩する、という構図。力のあるなしが人生を決める、そうでない者にはやりきれません。ユダヤ人であることが迫害の理由とは、もとはと言えば宗教のせい?争いを生むのでなく、人の平安のためではなかったのでしょうか。力を持つものが人心を掌握するために便利に使われたくないものです。
実話を元にした作品ですが映画を観るまで接点もなく、観られて良かった…。作品になったことで多くの人に知られるでしょう。古今東西不条理は変らず。 
(白)


2019年/フランス・イタリア/仏語/131分/4K1.85ビスタ/カラー/5.1ch
配給:ロングライド
©️2019-LÉGENDAIRE-R.P.PRODUCTIONS-GAUMONT-FRANCE2CINÉMA-FRANCE3CINÉMA-ELISEOCINÉMA-RAICINÉMA
公式サイト:https://longride.jp/officer-spy/
★2022年6月3日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国公開

posted by ほりきみき at 21:41| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月17日

ミューン 月の守護者の伝説(原題:Mune, le gardien de la lune)

MUNE_日本版KV.jpg

監督:アレクサンドル・へボヤン(『カンフー・パンダ』等)、ブノワ・フィリポン
音楽:ブリュノ・クレ
日本語吹き替えキャスト:大橋彩香(ミューン)、小野友樹(ソホーン)、武藤志織(グリム)、小林千晃(リユーン)、柿原徹也(グリムの父)、森嶋秀太(ネクロス)、蓮岳大(フォスフォ)

空想の世界に暮らす、青白くいたずら好きな森の子、ミューン。
ひょんなことから、夜を運び、夢の世界を守る『月の守護者』に選ばれたミューンだったが、何をするにも失敗ばかり。そしてとうとう月は失われ、太陽は冥界の王に盗まれてしまった。
世界に昼と夜を取り戻すため、ミューンはプライドの高い太陽の守護者ソホーンと、か弱い蝋人形の少女グリム(フランス語版では蝋を意味するシール)と共に旅に出る。これは素晴らしい冒険を経て、ミューンが伝説の守護者となるまでの物語。

Dream Works Pictures 出身のエボヤン監督と、犯罪アクション『略奪者』脚本家フィリポンがタッグを組んだファンタジー。宮崎駿、細田守ほか日本のアニメーションの影響を多大に受けたと言っているとおり、似ているキャラクターや映像が現れます。自分が作り手になれたとき、好きなものをとり入れて自分の味付けをしたくなりますよね。『もののけ姫』の森の神や『千と千尋の神隠し』のススワタリ(まっくろくろすけ)と似たキャラには思わずにっこりしてしまいます。
舞台はファンタジーですが、主人公の成長譚にとどまりません。異なる者同士が対決しても、双方の描写を忘れず、和解に至るまでを描いています。違いでなく、同じところ、共感できるところを探せば争いは減るはず。子どもたちと一緒に大人も観てほしい作品です。
東京アニメアワードフェスティバル(TAAF2015)にて優秀賞を受賞・フランス映画祭 in 横浜 2021 出品作品(白)


太陽と月、それぞれを聖獣と呼ばれる生き物が引っ張って動かし、聖獣をそれぞれの守護神が司る。その守護神の後継者選びにちょっとしたトラブルが起こって、予想外の存在だった主人公ミューンが月の後継者に選ばれます。突然のことに驚いた主人公は聖獣をうまく扱えず、月は軌道を外れてしまいました。
幼い子どもにも理解できるストーリーでありながら、大人をも満足させるのはフランスらしい、センスの良さを感じるキャラクターデザインと色合いのおかげ。月の守護神として成長していくミューンを見ていると、リーダーに必要な資質は腕力ではないことも伝わってきます。太陽や月を奪った悪者を成敗する勧善懲悪モノではなく、悪者にも更生の機会を与える辺りも含めて、今の世界のリーダーたちこそ見てほしい作品ではないかと思わずにはいられません。(堀)


=公開記念特別番組=
番組名: 仏アニメ映画「ミューン 月の守護者の伝説」公開記念 YouTube 生配信
日時: 4 月 23 日(土) 18:30-
出演: 大橋彩香(ミューン cv)、武藤志織(グリム cv)、森嶋秀太(ネクロス cv)
ゲスト:Julie (エンディング「Rescue me」歌手) MC:森遥香
https://www.youtube.com/c/RiskitMovie

2014年/フランス/カラー/シネマスコープ/85分
配給:リスキット
(C)Onyx Films-OrangeStudio-Kinology
https://mune-movie.com/
★2022年4月19日(火)より、日本語吹替え版/国際版 東京都写真美術館先行公開
2022年 5月20日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋を皮切りに全国順次公開


posted by shiraishi at 15:53| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする