2020年12月25日

GOGO 94歳の小学生(原題:Gogo) 

gogo-poster-sr.jpg

監督:パスカル・プリッソン
出演:プリシラ・ステナイ

プリシラ・ステナイは、3人の子供、22人の孫、52人のひ孫に恵まれ、ケニアの小さな村で助産師として暮らしてきた。皆から“ゴゴ”と呼ばれる人気者だ。ある時、彼女は学齢期のひ孫娘たちが学校に通っていないことに気づく。自らが幼少期に勉強を許されなかったこともあり、教育の大切さを痛感していたゴゴは一念発起。周囲を説得し、6人のひ孫娘たちと共に小学校に入学した。年下のクラスメートたちと同じように寄宿舎で寝起きし、制服を着て授業を受ける。同年代の友人とお茶を飲んで一息つき、皆におとぎ話を聞かせてやることも。すっかり耳は遠くなり、目の具合も悪いため勉強するのは一苦労…。それでも、助産師として自分が取り上げた教師やクラスメートたちに応援されながら勉強を続け、ついに念願の卒業試験に挑む!

パスカル・プリッソン監督は前作『世界の果ての通学路』で、危険な道のりを何時間もかけ通学する世界各地の子供たちのがんばる姿をスクリーンに映し出しました。本作では植民地時代の1923年に生まれ、他の少女たちと同様に学校に行くことを禁止された94歳の女性ゴゴがひ孫娘たちと一緒に小学校に通う姿を映し出します。数学や英語の授業、修学旅行、誕生日会など幼い仲間たちと過ごす学校生活を満喫するゴゴを見ていると、いくつになっても学ぶことは人に希望を与えるものだと伝わってきます。
ゴゴが幼いときは女性に学問はいらないと言われていたかもしれませんが、今なお学齢期に達しても学校に通っていない子どもがいることに驚きました。その理由として慣習や貧困だけではなく通学時に襲われる危険性もあるとのこと。寄宿舎を建てることでその危険性が避けられるのであれば、何とかしてあげたいと思わずにはいられません。(堀)


2019年/84分/G/フランス
配給:キノフィルムズ
© Ladybirds Cinema
公式サイト:https://www.gogo-movie.jp/
★2020年12月25日(金) シネスイッチ銀座ほか全国順次 公開
posted by ほりきみき at 01:10| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

パリのどこかで、あなたと(原題:Deux moi) 

someone-somewhere.jpg

監督・脚本:セドリック・クラピッシュ
出演:アナ・ジラルド、フランソワ・シヴィル ほか

パリの隣り合うアパートメントでひとり暮らしをしている30歳のメラニー(アナ・ジラルド)とレミー(フランソワ・シヴィル)。がんの免疫治療の研究者として働くメラニーは、元恋人との恋愛を引きずりながらも仕事に追われる日々を過ごしていた。一方、倉庫で働くレミーは、同僚が解雇されるも自分だけ昇進することへの罪悪感とストレスを抱えていた。その影響から、メラニーはいくら寝ても寝足りない過眠症に、レミーは眠れない不眠症に苦しむ日々が続き、2人はそれぞれセラピーに通い始める。
そんな中、友人からマッチングアプリを勧められたメラニーは、出会った男性たちと一夜限りの関係を繰り返していたが、過去の失恋で空いた心の穴を埋められずに思い悩む。かたや、元同僚への罪悪感を抱えながら孤独な日々を送るレミーは、職場で出会った女性とデートをするも、うまく距離を縮めることができない。
都会の喧騒の中で、同じ電車に乗り、同じ店で買い物をして、同じように孤独を埋められない2人は、道ですれ違うことはあっても知り合うことはない。世界で最も美しい街・パリに住む2人の人生が交わることはあるのか? そして、その出会いは2人の人生を変えるものとなるのか?

男女2人のすれ違いを描いた作品と聞けば、愛し合っていた2人にすれ違いが重ねり、心が離れていく物語を思い浮かべますが、全く違う展開に驚きます。本作ではメラニー(アナ・ジラルド)とレミー(フランソワ・シヴィル)は頻繁に同じシーンに映り込みますが、一向に知り合う機会さえない! 見ているこちらはじれったくてヤキモキ。2人の一挙手一投足に目が離せなくなります。
メラニーを演じたアナ・ジラルドとレミーを演じたフランソワ・シヴィルはクラピッシュ監督の前作『おかえり、ブルゴーニュへ』(17)で姉弟役を演じて2度目の共演。あのときにイケメンだわ!とチェックしたフランソワ・シヴィルはその後、『私の知らないわたしの素顔』でジュリエット・ビノシュがSNS上で恋に落ちるカメラマン、『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』で妻とすれ違うSF作家を演じて、フランスでも人気急上昇中。第72回カンヌ国際映画祭で将来の活躍が期待される若手俳優に贈られるショパール・トロフィーを受賞しました。本作ではちょっと頼りない感じですが、ご近所さんに押し付けられた子猫と暮らすうちに見せるようになる笑顔は最上級の癒しになるはずです。(堀)


隣り合ったアパートに住んでいる二人。観客には何度もニアミスしているのがわかるので、二人の動向に目が離せません。そのほかに気になったのがカウンセリングのシーン。カウンセラーは答えを出すのではなく、本人が自分の心と向き合って問題を見つけ出す手助けをするんですね。なんでもなさそうな話から始まって、だんだんと核心に迫っていく過程が興味深かったです。いったい料金っていくらなんでしょう?ググルとすごく開きがあり、保険の対象になるにはいくつも条件がありました。
人と付き合うのはストレスにもなりますが、得られるものもあります。あの二人が何をきっかけに出会うのかは、映画を観てのお楽しみ。それまでのことを話し合ったら笑っちゃいそうですよね。
どの作品でも人を優しく見つめているクラピッシュ監督には、2008年のフランス映画祭で来日したときインタビューさせていただきました。作品の印象と同様穏やかで優しい方で、小さな雑誌の取材に丁寧にお返事してくださったのを思い出します。 (白)


2019年/111分/PG12/フランス
配給:シネメディア
(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
公式サイト:https://someone-somewhere.jp/
★2020年12月11日(金)より YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 23:37| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

燃ゆる女の肖像(原題:Portrait de la jeune fille en feu/英題:PORTRAIT OF A LADY ON FIRE)

portrait.jpg
 
監督・脚本:セリーヌ・シアマ
出演:アデル・エネル、ノエミ・メルラン

画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)は、ブルターニュの孤島で暮らす伯爵婦人(ヴァレリア・ゴリノ)から、娘のエロイーズ(アデル・エネル)の見合いのための肖像画を頼まれる。しかし、エロイーズは結婚を拒み、画家が来ても肖像画を描かせようとしない。マリアンヌは身分を隠して近づき、密かに肖像画を完成させた。真実を知ったエロイーズはその絵の出来栄えを否定し、モデルになると申し出る。伯爵夫人から描き直すために5日を与えられたマリアンヌはエロイーズとキャンバスを挟んで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合っていくうちに惹かれ合っていく。

本作は2019年の第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞と女性監督として初めてクィア・パルム賞を受賞しました。クィア・パルム賞は、LGBTをテーマにした作品に与えられるカンヌ国際映画祭の独立賞のひとつ。セリーヌ・シアマ監督は『水の中のつぼみ』でタッグを組んだ、元パートナーでもあるアデル・エネルを念頭に脚本を執筆したそう。舞台は18世紀のフランス・ブルターニュの孤島ですが、現代の女性にも繋がる問題をテーマにしています。
物語はマリアンヌを中心に進んでいきますが、ラストにエロイーズの表情を捉えた長回しのカットがあります。セリフはなく、マリアンヌが好きだと言った、ヴィヴァルディ協奏曲第2番ト短調RV315「夏」をオーケストラが奏でるのを聴くエロイーズの横顔を映すのですが、彼女の心に広がる感情の波が表情だけで伝わってきました。アデル・エネルの圧巻の演技は息を呑むほどです。(堀)


時は、1770年。フランス革命の起きる19年前のこと。
男性優位の社会の中で、精一杯、自分の気持ちに従って生きようとする女性たちの姿を、セリーヌ・シアマ監督は静かにみずみずしく描いています。
貴族の娘エロイーズは姉が結婚を拒否して自殺。自身もお見合い用の肖像画を描かれることを拒んでいます。一方、画家としての経験を積みながらも、女性の名前では絵を世に出せないことを不満に思っているマリアンヌ。女性が本を読むこともままならない時代に、メイドの若い娘は本を借りて読むのを楽しみにしています。そんな女性たちの気持ちが寄り添う数日の物語。
グザヴィエ・ドランが絶賛とのこと。画家とモデルとしてそばにいるうちに惹かれあう二人の物語。なるほど、恋に落ちる瞬間も目の動きで表していて素晴らしいです。(咲)


階層の区別が厳しかった時代。エロイーズの母親は貴族であることに誇りを持っていますが、娘はその縛られた生き方も重荷であり、枷と感じていたのでしょう。マリアンヌとの恋のほか、メイドの少女にも身分を越えて接し、彼女の一大事には二人して付き添います。これには驚きました。
古城で、海岸で、草原での二人が美しく、カメラと美術の方の力を感じます。画家としてのマリアンヌの矜持や悩みは、セリーヌ・シアマ監督自身と通じるものがあったのではないかしら。思い出の中のエロイーズがマリアンヌから消えることはなく、新たな彼女を祝福するところに監督が重なっていると思いました。(白)


2019/フランス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/122分
配給:ギャガ
© Lilies Films.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/portrait/
★2020年12月4日(金) TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ 他全国順次公開
posted by ほりきみき at 23:32| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

ルクス・エテルナ 永遠の光(原題:Lux aeterna) 

luxaeterna.jpg

監督:ギャスパー・ノエ
出演:シャルロット・ゲンズブール、ベアトリス・ダル、アビー・リー・カーショウ、クララ3000、クロード・ガジャン・マウル、フェリックス・マリトー、フレッド・カンビエ、カール・グルスマン、ローラ・ピリュ・ペリエ、ルー・ブランコヴィッチ、ルカ・アイザック、マキシム・ルイス、ミカ・アルガナラズ、ポール・ハメリン、ステファニア・クリスティアン、トム・カン、ヤニック・ボノ

ベアトリス・ダルがシャルロット・ゲンズブールを主演に迎えて、魔女狩りをテーマにした映画を撮ることになった。その日は磔のシーンが撮影される予定だったが、ベアトリスを監督の座から引き下ろしたいプロデューサー、彼と結託する撮影監督、更にはシャルロットを自身の作品にスカウトしようとする新人監督や現場に潜り込んだ映画ジャーナリストなど、それぞれの思惑や執着が交錯し、現場は次第に収拾のつかないカオス状態へと発展していく。しかも、問題のシーンの撮影直前、シャルロットは子守に預けている娘から電話で驚くべき話を聞き、不安に陥ってしまう。

前作でドラッグと酒でトランス状態に陥ったダンサーたちの狂乱の一夜を描いたギャスパー・ノエ。スクリーンの上下を字幕も含めて逆さまにするなど、これまでの常識を超えた編集に驚かされました。今作では魔女狩りをテーマにし、昔の映画風の映像による中世の魔女狩りで使われた拷問器具の解説からスタート。拷問の様子は映しませんが、それがかえって不安を煽ります。とはいえ、編集としてはおとなしめな印象でしたが…
シャルロット・ゲンズブールとベアトリス・ダルが登場し、2人を分割した画面で映す辺りからギャスパー・ノエらしさが現れ始めます。コロナ禍にリモート撮影された作品を見ているような感じですが、次第に2つの画面で別の展開を見せるようになっていき、それぞれの画面で字幕が表示されます。これを同時に理解しようとすると頭の中が混乱状態に。ギャスパー・ノエ、やってくれるね!といった感じです。
作品内での映画撮影が始まるとギャスパー・ノエはまた別の仕掛けを用意していました。そこでシャルロット・ゲンズブールが妖艶な色気を放ち、目が離せなくなります。ただ、光がちかちかと点滅するのが苦手な方は鑑賞を控えた方がいいかもしれません。事前に予告編をご覧になって、ご確認されることをお勧めします。(堀)


2019 年/フランス/フランス語・英語/51 分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/DCP
配給:ハピネット
©2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE
公式サイト:http://www.luxaeterna.jp/
「のむコレ2020」にて11/20(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋で公開!
1月上旬より全国劇場で順次公開予定
posted by ほりきみき at 12:40| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

家なき子 希望の歌声(原題:Remi sans famille)

ienakiko pos.jpg

監督・脚本:アントワーヌ・ブロシエ
原作:エクトール・アンリ・マロ
出演:マロム・パキン(レミ)、ダニエル・オートゥイユ(ヴィタリス)、ジャック・ペラン(壮年期のレミ)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(ハーパー夫人)、リュディヴィーヌ・サニエ(バルブラン夫人)、ジョナサン・ザッカイ(バルブラン)、ニコラス・ロウ(ジェームス・ミリガン)

フランスの真ん中あたりの小さな村で、レミはママと仲良しの牛と幸せに暮らしている。パパは長い間石工としてパリで仕事をしていて、一度も会ったことがないけれど、仕事中に怪我をしたという知らせが届く。足が不自由になって戻ってきたパパは不機嫌で、レミがママの子供ではなく、捨て子だと告げる。10年前、高級な産着に包まれていたから礼金目当てで拾ってきたのにこれ以上置いておけない、孤児院に入れると息巻いた。
レミが必死で抵抗していると、旅芸人のヴィタリス親方が1年契約で預かると申し出てくれた。レミは黒犬のカピと猿のジョリクールの仲間になって、あちこちを旅して歩くようになった。親方はレミの歌の才能に気づいてレッスンをし、木切れに文字を刻んで読み書きを教えてくれた。足の不自由な娘リーズと知り合ったレミは楽しい夏を過ごす。親方が警察に捕まって投獄されている間レミを預かってくれたのは、リーズの母親のハーパー夫人だった。

誰も一度は読んだり見たりしたことのあるフランス児童文学の名作。
オーディションでレミ役を射止めたマロム・パキンはこれが映画初出演。巻き毛で天使のように愛らしいです。合唱団に在籍したことがあり作品中で歌声を聞かせています。2005年生まれだそうなので、今は15歳。撮影当時より少し大人びて、『Fourmi』(2019/日本未公開)でフランソワ・ダミアンの息子役、サッカー少年を演じています。
本作で若いマロムを支えるのはフランスの名優たち。シネマスコープでの雄大な自然がもうすばらしいです。遠出できない今、映画館で旅気分を。そこで繰り広げられているレミの波乱万丈のストーリーをお楽しみください。村人たちと貴婦人たちの暮らしぶりや衣裳の違いなども、とても興味深いです。日本の名作もこんな風に丁寧な作品として残してほしいものです。
原作は児童文学全集で読んだはずですが、あまりに前なのでストーリーを忘れてしまっていて、今回初見のように感激しました。上下2巻の原作も手に入れたので、大切に反芻するつもりです。(白)


「家なき子」のタイトルは知っている人は多いと思います。これまでになんと3回アニメ化されてきているそう。私も子どもの頃、毎週日曜日の夜に見ていました。それなのに、ストーリーはすっかり忘れて、思い出せない。本作を見て、こんなに起伏に富んだ展開だったんだと驚きました。ただ、調べたところ、映画も原作とは設定を変えている部分がありました。2時間弱という尺で収めるためかと思われますが、レミの本当の母親が親子を確信するきっかけは歌を大事にした本作ならでは。またヴィタリスの過去もオペラ歌手からバイオリニストに変更し、心に抱える苦悩を加えました。演じたのはダニエル・オートゥイユ。渋い演技が物語に深みを感じさせます。
たとえどんなに辛い境遇でも、未来を信じて前向きにがんばれば、必ず幸せはやってくる。コロナ禍だからこそお勧めしたい作品です。(堀)


2018年/フランス/カラー/シネスコ/109分
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
(C)2018 JERICO - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - TF1 FILMS PRODUCTION - NEXUS FACTORY - UMEDIA
http://ienakiko-movie.com/
★2020年11月20日(金)109シネマズ二子玉川ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 14:56| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする