2024年06月08日

蛇の道   原題:Le chemin du serpent

hebinomiti.jpg
© 2024 CINÉFRANCE STUDIOS – KADOKAWA CORPORATION – TARANTULA

監督・脚本:黒沢 清 
原案:『蛇の道』(1998年大映作品)
出演:柴咲コウ、ダミアン・ボナール、マチュー・アマルリック、グレゴワール・コラン、西島秀俊、ヴィマラ・ポンス、スリマヌ・ダジ、青木崇高

パリの病院で心療内科医として働く新島小夜子(柴咲コウ)。娘の死のショックで精神を病んだジャーナリストのアルベール・バシュレ(ダミアン・ボナール)と知り合い、娘を殺した犯人への復讐を手助けすることになる。とある財団が、娘マリーの殺害に絡んでいることを突き止め、小夜子とアルベールは財団の関係者を次々と拉致していく。彼らの口から思いもよらない恐ろしい真実が明らかになっていく・・・

黒沢清監督が、98 年に劇場公開された同タイトルの自作をオールフランスロケによる日仏共同製作でリメイク。セザール賞受賞歴もある撮影監督アレクシ・カヴィルシーヌはじめ『ダゲレオタイプの女』のスタッフたちが監督たっての希望で再結集。
小夜子を演じた柴咲コウは、撮影の半年前からフランス語の厳しいレッスンに臨み、現地で2ヶ月間、実際に生活をして、パリで暮らす謎多きヒロインを完璧に自分のものにしている。

『レ・ミゼラブル』(19)主演のダミアン・ボナールはじめ、マチュー・アマルリック、グレゴワール・コランなどフランスの名優たちが続々出てきて、味のある演技を見せてくれます。ずっとフランス語の場面が続く中、パリ駐在に慣れず心を病んで小夜子のもとを訪れる患者役の西島秀俊さんの登場は短いながら、ちょっと嬉しい。
日本で暮らす夫・宗一郎役の青木崇高さんは、黒沢監督の『旅のおわり世界のはじまり』(19)のウズベキスタンの撮影現場を訪ねた縁で、黒沢監督が是非にとオファー。
★ご参考『旅のおわり世界のはじまり』青木崇高さんのウズベキスタン弾丸ツアー!スペシャル映像上映付き加瀬亮さんとのトークイベント
青木崇高さんはビデオ通話の場面でしか登場しなかったと思うのですが、撮影のためにパリに飛んできてくれたそうです。
さて、復讐劇を描いた本作、柴咲コウさんの刺すような鋭い目線が、まさに「蛇の道」を象徴しているように感じました。(咲)

2024年/フランス・日本・ベルギー・ルクセンブルク/フランス語/113 分
字幕翻訳:関美冬
製作:CINEFRANCE STUDIOS KADOKAWA 
配給:KADOKAWA
公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/hebinomichi/
★2024年6月14日(金)全国劇場公開



posted by sakiko at 21:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月26日

アニマル ぼくたちと動物のこと 原題:ANIMAL

2024年6月1日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
劇場情報 

640_R.jpg
(C)CAPA Studio/Bright Bright Bright/UGC Images/Orange Studio/France 2/CinNa 2021

僕たちは絶滅するの?
地球上の生命の「6度目の大量絶滅」が迫っているらしい。

監督:シリル・ディオン
出演:ベラ・ラック、ヴィプラン・プハネスワラン、ジェーン・グドール 他
撮影:アレクサンドル・レグリーズ 編集:サンディ・ボンパー
プロデューサー:ギヨーム・トゥーレ、セリーヌ・ルー他

過去40年で野生動物の6割以上が絶滅?
どうすれば絶滅を回避できる?2人は解決策を探りに世界各地へ


ベラとヴィプランは、動物保護と気候変動問題に取り組む16歳。自分たちの未来が危機にさらされていると強く感じ、何年もデモ、ストライキなどの抗議行動に参加し、環境保護団体等と関わってきた。しかし、行動の時は盛り上がるが、そのあとは何も変化がなく、どれもうまくいかないと行き詰まり感を持っていた。
過去40年間に絶滅した脊椎動物の個体数はすでに60%以上と言われ、ヨーロッパでは飛翔昆虫の80%も姿を消しているという。このことを科学者たちは「6度目の大量絶滅」と呼んでいるらしい。50年後、人類は生存していないかもしれない。野生動物はなぜ姿を消しつつあるのだろうか? そして何よりもどうすれば絶滅を食い止めることができるのだろうか。ふたりは映画監督で活動家のシリル・ディオンに後押しされて、気候変動と種の絶滅という2つの大きな危機の核心に迫ろうと決意し、絶滅を食い止めるための答えを探りたいと世界を巡る旅に出た。
まず、古生物学者アンソニー・バルノスキーから種の絶滅の5つの原因を教わる。教授は、絶滅の原因として「地球環境の破壊」「乱獲」「気候変動」「環境汚染」「侵略的外来種」と、ふたりに伝えた。インドでは海岸と海の中のプラスチック汚染について、ベルギーでは魚の乱獲問題、フランスでは温室効果ガス排出量の約15%を占める畜産業の実態を、パリでは動物行動学者のジェーン・グドールから動物と人間の関係について学ぶ。また、ケニアの大草原を訪れ野生生物を訪ねる。環境大国コスタリカでは現職大統領から自然再生のノウハウを学ぶ。ふたりは果たしてより良い未来のための解決策を見出せるのだろうか?

この映画を観て、人間の果たすべき役割とはということを考えさせられた。それにしても海のプラスチック汚染はすさまじいことになっている。こんなにも海の生物たちに大きな影響を与えていたとはびっくりした。文明の発達というけど、人間は快適な生活と引き換えに地球環境を汚染してきてしまっている。一人一人がプラスチックの使用量を減らしていかないと、そのうちほんとに破滅が訪れるかもしれないと思わせる映像だった(暁)。

公式HP
原語:英語、フランス語
配給:ユナイテッドピープル
105分/フランス/2021年/ドキュメンタリー

・予告編
https://www.youtube.com/watch?v=JJHp7nX1rzw
posted by akemi at 21:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月20日

バティモン5 望まれざる者(原題:BÂTIMENT 5)

batemont.jpg

監督・脚本:ラジ・リ
出演:アンタ・ディアウ(アビー)、アレクシス・マネンティ(ピエール・フォルジュ)、アリストート・ルインドゥラ (ブラズ)、スティーヴ・ティアンチュー(ロジェ・ロシュ)、オレリア・プティ(ナタリー・フォルジュ)、ジャンヌ・バリバール(アニエス・ミアス)

パリの郊外に連なる団地群、そこへ向かってカメラが降りていく。移民が多く住む10階建ての古びたアパートは、エレベーターが故障中、電気もときどき消えてしまう。高層階の一室では葬儀の真っ最中、遺体の入った棺を屈強な男たちが担いで、障害物をよけながら階段を下る。葬送の列では「こんなことろ人間が住むところじゃない」という嘆きの声。
再開発が進むこの地域でアパートを爆破するイベントに市長が出席した。住民たちが見守る中、アパートが崩れ落ちるのと同時に市長も倒れ急逝する。臨時の市長に市議会のトップの打診により、ピエール医師が選ばれた。地域の発展と住民のために働くと明言したピエールだったが。

導入部だけで移民の困難な暮らしが垣間見られますが、理想に燃えていたはずのピエールが市長となって、権力を持ったときから徐々に変わっていくのをうすら寒い思いで見つめました。副市長のロジェは移民の出であるだけ、住民との付き合い方を熟知しています。中古住宅を一軒ずつ買い上げるといいながら、取り壊しの理由が見つかると飛びつき、手っ取り早く追い出しにかかる行政。それがなだれをうって襲い掛かってくるので、住民はなすすべもありません。理不尽このうえなく、上の命令に背けない警察の一部や廃棄物収集の業者も逡巡する様子を見せています。スピーディなドキュメンタリーのようにいくつものドラマが、この映画の最初から最後まで展開していきます。
この迫力に圧倒され続けました。実際にこのバティモン5で育ったラジ・リ監督が、その地区の人々の出演協力を得て完成した作品だからこそです。国や事情は違いますが、警察に排除されるシーンに沖縄の人々を、住み慣れた家を大急ぎで出なければいけないシーンに福島の人々が思い出されました。
印象に残ったシーンがほかにもあります。市議会で臨時市長の認定を受け、フランス国旗と同じ三色のたすき(?)をかける市長。市議会のトップに「代議士は赤が上、市長は青を上にする理由は、代議士が国王ルイ16世の斬首を決めたから、首の近くに赤を持ってくる」と説明を受けました。ベテランの副市長が「市議会には気をつけろってこと」とピエールに助言します。市議を選ぶのは市民です。今回は臨時ですが、本来は市長も市民に選ばれます。選挙のときだけ住民側でも、当選後は権力者になってしまう人ばかりでは、住民は希望が持てません。
怒りをためていくブラズに「怒るだけでなく、声をあげなきゃ」と繰り返し訴え、暴力によらず街を変えようとするアビーの意思に期待します。(白)


2023年/フランス、ベルギー合作/カラー/105分
配給:STAR CHANNEL MOVIES
(C)SRAB FILMS - LYLY FILMS - FRANCE 2 CINEMA - PANACHE PRODUCTIONS - LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE – 2023
https://block5-movie.com/
★2024年5月24日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 01:26| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月05日

またヴィンセントは襲われる(原題:VINCENT DOIT MOURIR 英題:VINCENT MUST DIE)

vincent.jpg

監督:ステファン・カスタン
原作:マチュー・ナールト
脚本:マチュー・ナールト、ドミニク・ボーマール、ステファン・カスタン
出演:カリム・ルクルー(ヴィンセント)、ビマーラ・ボンス(マルゴー)

建築デザイナーのヴィンセントは、職場のインターン生から突然殴られる。同僚からも襲われるが、加害者たちはその記憶がないという。非があるのはヴィンセントのほうでは?と疑われ、自宅ワークを進められる。しかし、知らない老若男女たちからも突然攻撃され命を狙われるようになった。なんの心当たりもなかったが「自分と目線が合ったとたんに、相手が襲いかかってくる」のに気がついた。この理不尽な暴力の日々に放り込まれたヴィンセントは、自衛の方法を考える。

「ただ目が合っただけ」で周囲の人々に襲われるようになったとは!猿山に出かけたとき、猿と目を合わせないように、と注意を受けたことがあります。でもこれは人間世界の話。自分がそんな目にあったら、と思うとぞっとします。視線を合わせないために「サングラスをかけたら」とすぐ思いつきますが、映画では一度も使われません。SNS情報もあまり駆使されず、話はわりあいシンプルです。この災厄のおかげで出会うマルゴーや、目の見えない人に活躍してほしかったし、続編はないのでしょうか。
主人公ヴィンセントを演じたのは『バック・ノール』のカリム・ルクルー。目力が強いので、そのせいではと最初に考えてしまいましたが、そうではありませんでした。はて?
本作は、第76回カンヌ国際映画祭の批評家週間に選出されゴールデンカメラ賞にノミネート。シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀主演俳優賞を獲得。(白)


2023年/フランス/カラー/シネスコ/115分
配給:NAKACHIKA PICTURES
(C)2023 - Capricci Production - Bobi Lux - GapBusters - ARTE France Cinema - Auvergne-Rhone-Alpes Cinema – RTBF
https://vincent-movie.jp/#
★2024年5月10日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

posted by shiraishi at 13:07| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月23日

パリ・ブレスト 夢をかなえたスイーツ   原題:A la belle etoile

paris brest.jpg
(C)DACP-Kiss Films-Atelier de Production-France 2 Cinema

監督:セバスチャン・テュラール
脚本:セドリック・イド
出演:リアド・ベライシュ、ルブナ・アビダル、クリスティーヌ・シティ、パトリック・ダスマサオ、フェニックス・ブロサール、リカ・ミナモト

夢を叶え世界最高のパティシエになったヤジッド・イシュムラエンの物語

少年ヤジッドの母サミナは、定職もなくアル中のモロッコ移民のシングルマザー。ヤジッドは、預けられていたフォスターファミリー(里親)の家の息子がパティシエで、手作りのスイーツを皆で食べるのが楽しみだった。いつしか自分もパティシエになることを夢見るようになる。
2006年、児童養護施設で暮らすヤジッドは、パリの高級レストランに、機転を効かせた作戦で見習いとして雇ってもらう。毎日180キロ離れた田舎町エペルネからパリへ長距離通勤。時に野宿をしながらも必死に学び続け、偉大なパティシエたちに従事し、活躍の場を広げていく。心許せる親友も出来、夢に向かって充実した日々を過ごすヤジッドだったが、そんな彼に嫉妬する同僚の嫌がらせで、突然仕事を失ってしまう。なんとかしてパティスリー世界選手権に出場したいと、ヤジッドはかつて自分の作った「パリ・ブレスト」を気に入ってくれたムッシュ・ブシャールにパトロンになってほしいと頼み込む。半年後、いよいよパティスリーの世界選手権国内予選に挑む・・・

ヤジッド・イシュムラエンは、1991年フランスのエペルネ生まれのパティシエであり実業家。著書「Un rêve d'enfant étoilé: Comment la pâtisserie lui a sauvé la vie et l'a éduqué」(星の少年の夢:菓子作りが彼を救った理由)を、「Clique」という番組で紹介する彼に、本作のプロデューサーであるローレンス・ラスカリーが圧倒されたことから、この映画は生まれました。彼女は、ヤジッドの常に上を目指す姿に感銘を受け、著書の映画化権を獲得。縁あってセバスチャン・テュラールの初監督作品となりました。
本のタイトルに「星の少年の夢」とあるように、ヤジッドは夜空を眺めるのが好きでした。野宿するヤジッドに「10億星ホテルに泊まってる!」と親友。その親友に「北斗七星は片手鍋、こぐま座は小鍋の形」と言って、「星を見ても仕事!」とからかわれます。バンリュー(都市の郊外)で育ったモロッコ移民ルーツのヤジッドが、22歳でパティスリーの世界選手権のチャンピオンに輝き、今や、アヴィニョンのほか、ギリシャ、スイス、カタルなどにも店舗をオープン。高級ブランドともコラボし、実業家としても成功しています。
本作で、ヤジッド役を務めたリアド・ベライシュは、アルジェリア生まれで、8歳の時に両親と共にフランスに移民。YouTubeチャンネル「Just Riadh」を運営し、その登録者数は142万人を超える人気者。
ヤジッドの母親サミナ役のルブナ・アビダルもモロッコ生まれで、フランスの映画やTVシリーズで活躍する方。フランスの3割を占めるといわれる移民ルーツの人たちの存在をずっしり感じさせてくれる映画です。(咲)


2023年/フランス/フランス語/110分/5.1ch/カラー
字幕翻訳:手束紀子.
配給協力:FLICKK 
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ、日本スイーツ協会 
配給:ハーク
公式サイト:https://hark3.com/parisbrest/
★2024年3月29日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国ロードショー

posted by sakiko at 22:55| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする