2020年01月14日

9人の翻訳家 囚われたベストセラー 英題:THE TRANSLATORS

640-133.jpg

監督・脚本:レジス・ロワンサル
脚本:ダニエル・プレスリー、ロマン・コンパン
撮影:ギヨーム・シフマン
音楽:三宅純
出演:ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ、リッカルド・スカマルチョ、シセ・バベット・クヌッセン、エドゥアルド・ノリエガ 、アレックス・ロウザー、アンナ・マリア・シュトルム、フレデリック・チョー、マリア・レイチ、マノリス・マフロマタキス、サラ・ジロドー

映画化もされた世界的ベストセラー「インフェルノ」の出版秘話から生まれたミステリー。情報漏洩を防ぐため各国の翻訳家たちを完全に隔離した実話を題材に、発売前の小説の流出危機が描かれる。
ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。彼らは外部との接触を禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。ある夜、出版社の社長(ランベール・ウィルソン)のもとに、「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた。

①まるで映画そのもののような驚くべき実話に着想を得て、練りに練った展開と複雑な構成を仕掛けた脚本チーム。
②キャスティングに1年をかけた妥協を許さぬ製作姿勢。
③それぞれの役柄を肉付けし、造形した各国俳優陣の熱演!
④例のない
シチュエーションを具現化した美術、撮影、照明、音楽などスタッフワークのハイクオリティ。
⑤それらを全て束ね、極上のミステリー・サスペンスに仕上げたレジス・ロワンサル監督。
上記5点と、本作に関わった映画人たちに祝杯をあげたくなるような快作である。ネタばれできないため、この5点を見どころとして押さえてから鑑賞したほうが良さそうだ。

『七人の侍』よろしく、翻訳家たち9人のキャラクターが分かりやすく描出される場面から快調な滑り出し。出版社社長役のランベール・ウィルソンは、登場しただけで品格と知性、傲慢さを醸し出す。圧倒的美貌と、対象にのめり込み易いロシア語担当のオルガ・キュリレンコ。濃い顔ながらも社長への忖度は怠りなく狡猾なイタリアの名優リッカルド・スカマルチョ。
ギリシャ語担当のシニカルな大学教授は翻訳でギリシャ特有の低収事情を補う。パンクロッカーのような出で立ちのポルトガル人。パリ在住のイケメン中国人。
個人的に印象的だったのは、以下の3俳優である。吃音で内向的。普段のセクシーなイメージを払拭したスペインを代表する名優エドゥアルド・ノリエガ。仏俳優ベルナール・ジロドーを父に持ち、エレガントな社長助手を務めたサラ・ジロドー。
群を抜いていたのは、若干25歳ながらベテラン俳優陣を卓抜した演技力と創造性で圧倒した英国人アレックス・ロウザー。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でベネディクト・カンバーバッチの少年時代を演じた”子役”が、いずれ世界の映画界を席捲するのではないかと予想させる程の絶品演者の域にまで到達した。この年代のロウザーは観る価値がある。

見事な俳優陣と巧妙に張り巡らせた伏線。仏の館セット。カメラアングル、照明の妙など、注目すべきところが多く、観客は忙しい思いをする105分だが、知的好奇心を満たしてくれること請け合いだ。ぜひお見逃しないよう!
因みに音楽は、ジャズ・トランぺッターで国際的な活躍が目立つ三宅 純が担っている。(幸)



ベストセラーの完結編を発売前に手に入れたからくりに驚くが、それも犯人にとっては仕掛けの一部。文学は金儲けの道具ではない。自分の物は自分で守る。強い意志が感じられる。
犯人が何度も繰り返した願いは叶わないとわかっていたものの、あえて求めていたとラストで知り、犯人の怒りと悲しみがより伝わってきた。
正しい方向を見ないと目的を見失うという犯人の主張は私たちの人生にも言えることに違いない。(堀)


20191125_200515.jpg

製作国:フランス/ベルギー
配給:ギャガ
カラー/5.1ch/シネマスコープ/2019/105分
公式サイト:https://gaga.ne.jp/9honyakuka/
★2020年1月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほかにて公開★
posted by yukie at 14:56| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」『アニエスによるヴァルダ』『ラ・ポワント・クールト』『ダゲール街の人々』

agnes.jpg

2019年3月29日、フランスが誇る女性監督アニエス・ヴァルダがパリの自宅で息を引き取った。享年90歳と10ヶ月。2月にベルリン国際映画祭で最新作『アニエスによるヴァルダ』がプレミア上映され、舞台挨拶で元気な姿を見せた直後の訃報だった。
遺作となった『アニエスによるヴァルダ』と併せ、1954年に製作された長編劇映画デビュー作『ラ・ポワント・クールト』、事務所兼自宅を構えるパリ14区の商店街の人々の暮らしを点描した1975年の傑作ドキュメンタリー『ダゲール街の人々』の2作品も、この度、劇場初公開されます。

「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/
配給:ザジフィルムズ
★2019年12月21日(土)シアターイメージフォーラム他全国順次公開


◆『アニエスによるヴァルダ』 原題:Varda par Agnès  英題:Varda by Agnes
Varda by Agnes.jpg

監督:アニエス・ヴァルダ
製作:ロザリー・ヴァルダ
アソシエイト・プロデューサー:ダニー・ブーン

1955年製作の長編劇映画デビュー作「ラ・ポワント・クールト」から、数々の映画賞に輝いた前作「顔たち、ところどころ」まで、バルダ監督が自身の半世紀以上にわたる創作活動を情熱とユーモアあふれる口調で語り尽くし、貴重な映像とともに振り返った集大成的セルフポートレイト。

ヴァルダは冒頭で「マスタークラスのようだ」と言っていたが、舞台の上から聴衆に向かって自身の映画作りの基本を語った後に個々の作品を通して具体的に手法を解説するなどする。ワンカットで長回しにする意味には「なるほど!」と納得した。ほかの監督の作品を見ていてもワンカットの長回しがあるとヴァルダの言葉を思い出す。
身近な題材を取り上げてきた理由も家族との生活を大事にしていたからと知り、女性が仕事と家庭を両立させることの難しさを改めて感じるとともに、それを逆手にとって映画を撮っていた発想の柔軟さに驚いた。
また、カメラなどの技術は進化するが、怖じ気づかずに使いこなしていく。片手で持てる小型カメラで人懐っこく被写体の懐に入り込めるのもヴァルダの人徳のなせる業。これからも、もっともっとヴァルダの作品が見たかった。(堀)


2019年/フランス/フランス語/119分/カラー/5.1ch/1:1.85


◆『ラ・ポワント・クールト』原題:La pointe courte
AGNES VARDA ET ENFANTS.jpg

監督・脚本:アニエス・ヴァルダ
編集:アラン・レネ
出演:フィリップ・ノワレ、シルヴィア・モンフォール

ゴダールの『勝手にしやがれ』よりも5年、トリュフォーの『大人は判ってくれない』よりも4年も早く製作された、「ヌーヴェルヴァーグはここから始まった」と言っても過言ではない伝説的作品。
ラ・ポワント・クールト南仏の小さな海辺の村を舞台に、生まれ故郷に戻ってきた夫と、彼を追ってパリからやってきた妻。終止符を打とうとしている一組の夫婦の姿を描く。

描かれているのは結婚4年目を迎え、ちょっと倦怠期になっている若い夫婦の非日常と、ポワント・クルートの人々の日常。まったく関係ない2つを交互に映し出し、縦糸と横糸がポワント・クルートという布を織りあげていく。
この作品はぜひ、『アニエスによるヴァルダ』鑑賞後に見てほしい。編集によって通常とは違う音声の聞こえ方にしている箇所の説明や本作ならではのエピソードが語られているのだ。(堀)


1954年/フランス/フランス語/80分/モノクロ/モノラル/スタンダード


◆『ダゲール街の人々』 原題:Daguerréotypes
agnès varda et enfants.jpg

監督:アニエス・ヴァルダ
撮影:ウィリアム・ルプシャンスキー、ヌーリス・アヴィヴ

自身が50年以上居を構えていたパリ14区、モンパルナスの一角にあるダゲール通り。“銀板写真”を発明した19世紀の発明家の名を冠した通りには肉屋、香水屋…、様々な商店が立ち並ぶ。その下町の風景をこよなく愛したヴァルダがダゲール街の人々75年に完成させたドキュメンタリー作家としての代表作。人間に対する温かな眼差しと冷徹な観察眼を併せ持ったヴァルダの真骨頂。

2歳の息子を抱えたヴァルダが自宅から遠くに行けない状況を作品に反映させ、ご近所を捉えたドキュメンタリー。
肉屋、パン屋、美容院などにカメラを持ち込み、客とのやりとりを映し出す合間に、店の主人夫婦のなれそめなどを聞きだす。見ているうちにすっかりその町の事情通に。自分もそこで生活しているかのような気持ちになる。
多くの店が夫婦で営業しているようだが、香水屋の夫婦が印象に残る。妻は恐らく認知症なのだろう。商売に関わることはなく、顔の表情は乏しいが、夫を強く信頼している気持ちは伝わってきた。最近でこそ老々介護生活は描いた作品はいくつもあるが、この作品が撮られた1975年当時は珍しかったのではないだろうか。(堀)


1975年/フランス/フランス語/79分/カラー/モノラル/スタンダード




posted by sakiko at 22:24| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(原題:L'Incroyable histoire du Facteur Cheval)

cheval-movie.jpg
 
監督: ニルス・タヴェルニエ
原案:ファニー・デマレ
脚本:ファニー・デマレ、ニルス・タヴェルニエ、ロラン・ベルトーニ
出演:ジャック・ガンブラン、レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コク、フロランス・トマサン

19世紀末、フランス南東部の村オートリ―ヴ。日々、村から村へと手紙を配り歩く郵便配達員シュヴァル(ジャック・ガンブラン)は、新しい配達先で未亡人フィロメーヌ(レティシア・カスタ)と運命の出会いを果たす。結婚したふたりの間には娘が誕生したが、寡黙で人付き合いの苦手な彼は、その幼い生命とどう接したらいいのか戸惑っていた。
ある日、配達の途中で石につまずいた彼は、その石の奇妙な形に心奪われ、石を積み上げて壮大な宮殿を作り上げるという奇想天外な挑戦を思いつく。そしてそれは同時に、不器用な彼なりの、娘アリスへの愛情表現でもあった。村人たちに変人扱いを受けながらも、作りかけの宮殿を遊び場に育っていくアリスとともに、シュヴァルの幸せな生活は続いて行くかに見えた。しかし、過酷な運命が容赦なく彼に襲い掛かるのであった。

この作品を見るまでシュヴァルの理想宮のことを知らなかった。建築や石工の知識を持たない郵便配達員が独学で方法を考え、雑誌や絵はがきを参考に、拾い集めた石で築き上げたという。フランス南東部ドローム県のオートリ―ヴ村に現存し、高さが8~10mで、東西26m 、北 14m、南 12m の建物は1879~1912の33年間で、9万3000時間を費やして完成した。ピカソはシュヴァルの理想宮をモチーフにした素描も残している。1969年にフランス政府の重要建造物に指定され、現在では世界中から観光客が訪れる一大観光スポットである。 

シュヴァルがこの建物を作り始めたきっかけは娘への愛情の示し方がわからなかったから。娘を喜ばせたくて石を積む。その娘は15歳で天に召されたが、それでもシュヴァルは石を積むのを止めなかった。黙々と取り組むシュヴァルの悲しみはいかばかりか。シュヴァルを演じたジャック・ガンブランの顔に深く刻まれた皺から悲しみがにじみ出る。
しかし、できあがった建造物は独創的で素晴らしいと思うものの、家族は幸せだったのだろうか。特に妻は女として愛されている実感を得ていたとは思えない。妻を演じたレティシア・カスタの表情が寂しげに見えてならなかった。そういえば、レティシア・カスタは13日に公開された『パリの恋人たち』にも出演している。そちらはパートナーでもあるルイ・ガレルが監督と主演を兼ねるが、レティシアが演じた役は自分の気持ちをはっきり示し、主人公を翻弄させる。こちらの妻とは対照的である。
理想宮の完成時、シュヴァルは76歳。その2年後に妻が亡くなると、妻と自分が眠るための“終わりなき静寂と休息の墓”を共同墓地に築き始め、8年かけて完成させた。もし、私がシュヴァルの妻だったら、「お墓ぐらい別にしてほしい」と思ったかもしれない。(堀)


100年以上も前の、実際にあったお話がもと。郵便配達の男は何通かの手紙のために、はるばる山をも越えていきます。お城作りに使う手頃な石を持ち帰るのだから、帰りのカバンは行きより重いでしょう。「口数少なく不器用な」とは、ひと昔前の日本の男にも通じます。こつこつと地味な仕事を続けたお父さんの、一人娘への愛の具現化と思えば許してあげたい。日々の生活に頭を悩ましている妻にしてみたら、困った人ではあるけれど。
映画では、すでに完成している建物をブルーシートで覆って、次第に出来上がるように見せる工夫をしているそうです。
『山の郵便配達』(1999/中国)、『イル・ポスティーノ』(1994/イタリア)という郵便配達の映画がありました。現代ではメールやライン、画面で顔を見て話すことさえできるようになりました。ドラマも様変わりしますね。(白)


試写で観た時に、シュヴァルの理想宮について、似たような話を観たことがあると思ったら、似たようなでなく、この映画そのものでした。(情けない・・・)
「フランス映画祭2019横浜」(2019年6月20~23日)で、『アイディアル・パレス シュヴァルの理想宮(仮題)』のタイトルで上映された映画でした。
ニルス・タヴェルニエ監督のQ&Aレポートを是非ご覧ください。

以下、ポイントを抜粋しておきます。
「彼のすごいところは、33年もかけて子どものための遊び場を作っていたこと」
「自分の自由さを貫き通した結果、生きているうちに国際的な評価を享受できたという意味では、非常に稀有な人物」
「シュヴァルが「アニミズム的な信仰があること」や「マルチカルチャーを独学で吸収した人物でもあった」こと、そして「アートセラピーというものが、まだ存在しない時代から、それに近いものを自ら編み出していた人物でもある」

シュヴァルが、自分の愛情表現をうまくできなくて、ちょっと変わり者だったことを俳優ジャック・ガンブランが体現しています。
それにしても、娘の遊び場のために、こんな宮殿を作ってしまうなんて! (咲)


2018年/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/5.1ch/105分
配給:KADOKAWA
(C) 2017 Fechner Films - Fechner BE - SND - Groupe M6 - FINACCURATE - Auvergne-Rhone-Alpes Cinema
公式サイト:https://cheval-movie.com/
★2019年12月13日(金)全国公開



posted by ほりきみき at 18:36| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

冬時間のパリ (原題:Doubles vies 英題:NON-FICTION)

IMG_0358.JPG

監督・脚本:オリビエ・アサイヤス
撮影監督:ヨリック・ル・ソー
製作:シャルル・ジリベール
製作総指揮:シルビー・バルト
出演:ギョーム・カネ、ジュリエット・ビノシュ、バンサン・マケーニュ、ノラ・ハムザウ、パスカル・グレゴリー

電子書籍ブームに乗り遅れまいとしている編集者のアラン(ギヨーム・カネ)は、作家のレオナール(ヴァンサン・マケーニュ)から不倫をテーマにした新作について相談される。アランは友人でもあるレオナールの作風を時代遅れだと感じていたが、女優の妻セレナ(ジュリエット・ビノシュ)は評価している。実はアランはアシスタントと不倫中で、セレナもレオナールとひそかに関係を結んでいた。

パトリス・シェローやオリビエ・アサイヤスといった仏文化に根付く映画を撮る監督の新作には、堪らなく映画ココロをそそられる。好きではない人にはピンと来ないかもしれないが、杉綾織のように人物も物語も系譜のように連なっているからだ。
本作も、エリック・ロメール監督作『木と市長と文化会館 または七つの偶然』にインスパイアされて脚本を書いたという。ヒントを得るのも先達・同僚・後輩の作品から。続けて観ている仏映画ファンも含め、家族のような感覚になってくるのだから不思議なものだ。大所帯でシステマチックな製作手法を採るハリウッド映画と異なり、スタッフ、出演者とも気心知れた小さな「ワンチーム」感が伝わるせいだろうか。

冬のパリ、海辺の別荘(素敵!)を舞台に、2組の夫婦とそれに纏わる人々の織り成すタペストリーがもつれて行く様をパリの渇いた空気、海辺の光線を背景に描かれる。ギョーム・カネやジュリエット・ビノシュら仏を代表する俳優陣が、喋る喋る、飲むわ食べるわで、仏版ウディ・アレンを思わせる楽しさだ。洗練されたユーモアと今日性を盛り込んだ展開に観入っていると観客もパリを覗いたような気分にさせてくれる。
個人的にはパスカル・グレゴリーの変わらぬ姿に再会できたことが嬉しかった。(幸)


配給:トランスフォーマー
2018年製作/107分/G/フランス
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
(C)CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/Fuyujikan_Paris/
★2019年12月20日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開
posted by yukie at 13:12| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

パリの恋人たち(原題:L' HOMME FIDELE) 

parikoi.jpg

監督:ルイ・ガレル
出演:ルイ・ガレル、レティシア・カスタ、リリー=ローズ・デップ、ジョゼフ・エンゲル

ジャーナリストの青年アベル(ルイ・ガレル)は、3年間同棲したマリアンヌ(レティシア・カスタ)から妊娠を告げられ喜ぶが、それもつかの間、父親は友人のポールであることから別れを切り出される。数年後、ポールの葬儀でアベルはマリアンヌと再会。同時にポールの妹エヴ(リリー=ローズ・デップ)からも思いを告白される。

2018年の東京国際映画祭で『ある誠実な男』として上映された作品。モテモテのアベルだが、主導権を握っているのはアベルではなく女性たち。マリアンヌにもエヴにも誠実に向き合うがゆえに戸惑い、翻弄される。
リリー=ローズ・デップの一途さはここまでくるとストーカーだが、それに余りある可愛らしさに許してしまいたくなる。そんな一歩間違えれば狂気さえ感じる思いより、経験を重ねたマリアンヌの読みが一枚上手。あっぱれ!といいたくなるのだが、実はマリアンヌさえも息子に踊らされていたのだから驚く。この息子が超美形!!!将来が楽しみである。(堀)


2018年/フランス/フランス語/カラー/75分
配給:サンリス
©2018 Why Not Production
http://senlis.co.jp/parikoi/
★2019年12月13日(金)ロードショー
posted by ほりきみき at 02:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする