2022年01月16日

ブラックボックス 音声分析捜査(原題:Boite noire)

black box.jpg

監督:ヤン・ゴズラン
脚本:ヤン・ゴズラン、シモン・ムタイルー 、ニコラ・ブーベ=ルブラー
撮影:ピエール・コットロー
出演:ピエール・ニネ(マチュー・ヴァスール)、ルー・ドゥ・ラージュ(ノエミ・ヴァスール)、アンドレ・デュソリエ(フィリップ・レニエ)

ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落。乗客・乗務員316人全員の死亡が確認される。司法警察の立会いの下、航空事故調査局の音声分析官が、フライトレコーダー、通称“ブラックボックス”を開く。いつもなら責任者のポロックに同行するのは、最も優秀なマチューだったが、天才的なあまり孤立していた彼は外されてしまう。だが、まもなくポロックが謎の失踪を遂げ、引き継いだマチューは「コックピットに男が侵入した」と記者会見で発表する。やがて乗客にイスラム過激派と思われる男がいたことが判明、マチューの分析は高く評価され、責任者として調査をまとめるよう任命される。本格的な捜査に乗り出したマチューは、被害者の一人が夫に残した事故直前の留守電を聞いて、ブラックボックスの音と違うことに愕然とする。今、マチューのキャリアと命をかけた危険な探求が始まる──。

飛行機事故のたびに話題となるブラックボックス。これを分析する専門の方がいると知っていましたが、実際の仕事をこの映画で初めて目にしました。どんな些細な音の違いも聞き逃さず聞き分ける感覚、記憶力も必要です。安全を下支えしてくれる重要な仕事ですが、誰にでもできることではありません。繊細なマチューは、普段余計な音が耳に入らないように耳栓をしています。
冒頭は快適な空の旅を続けている機内が写り、そして事故に。マチューが別のヘリコプター事故を分析中の場面では、50ヘルツの違いを聞き分けるマチューが「再テストを」というのに上司が却下。わずかでも疑念があるなら飛ばさないでと思います。数々の航空機事故を思い出すと、墜落して生存するのはほんとに奇蹟なんですから。
映画は事故の真相を探りながら、欲や名誉に走る人間も映し出します。判断を間違ったことを認めて、さらに真実を追求するマチューはまた孤立してしまいます。驚愕の展開にドキドキしてください。(白)


ヤン・ゴズラン監督は、本作誕生のきっかけを、「航空機メーカー、航空会社、パイロットなど様々な関係者の間に巨大な経済的利益があるこの業界が、創造的で魅力的な映画の舞台になると思ったから」と語っています。フライトレコーダーの音声分析官の緻密な仕事に焦点をあて、サスペンスフルな人間ドラマに仕立て上げています。本作が実在の事故をモデルにしたものでないことから、国家機関であるBEA(フランス民間航空事故調査局)が全面協力。技術面だけでなく、分析官の仕事の進め方から生活のリズムに至るまで、さまざまな情報を提供してもらったとのこと。
フライトレコーダーが、通称ブラックボックスと呼ばれているのは、1930年代に使われ始めた時、写真フィルムに飛行計器の情報を投影するため、感光性のフィルムを遮光性の黒っぽい容器に入れていたことから。現在は、がれきの中で目立つようにオレンジ色で、光を反射する白のストライプがついています。公式サイトのイントロダクションのところに、実物の写真が掲載されています。
ピエール・ニネが、細かい神経が必要な仕事をこなす分析官を体現していて、実際の分析官の方たちも、自分たちの仕事に日の目があたって喜んでいるのではないでしょうか。(咲)


2021年/フランス/カラー/シネスコ/129分
配給:キノフィルムズ
(C)2020 / WY Productions - 24 25 FILMS - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA - PANACHE Productions
https://bb-movie.jp/
★2022年1月21日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国で公開ロードショー
posted by shiraishi at 16:41| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

ヴォイス・オブ・ラブ(原題:Aline)

voice.jpg

監督・脚本:ヴァレリー・ルメルシエ
撮影:ローラン・ダイヤン
歌唱:ヴィクトリア・シオ
衣裳:カトリーヌ・ルテリエ
出演:ヴァレリー・ルメルシエ(アリーヌ)、シルヴァン・マルセル(ギィ=クロード)、ダニエル・フィショウ(アリーヌ母)、アントワーヌ・ヴェジナ(アリーヌの兄 ジャン=ボバン)

アリーヌはカナダの田舎町の音楽好きの一家に、14人兄弟の末っ子として生まれた。小さなころから歌がうまく、いろいろな集まりで歌っては人々を幸せにしていた。彼女の歌の才能に気づいた地元の名プロデューサー、ギィ=クロードは”奇跡の原石”として、大切に育てる。12歳でデビューして以降、アリーヌは世界的歌姫へと成長していった。そして自分を見出し、デビューさせてくれたプロデューサー、ギィ=クロードへの年齢差をものともしない愛に気づいていく。

セリーヌ・ディオンの半生を、フィクションをまじえながら再現、映画化した作品。監督・脚本・主演のヴァレリー・ルメルシエがセリーヌ・ディオンの大ファンで、たっぷりの愛が込められています。幼少期も全てルメルシエが演じているので、いくら小さくしても身体のバランスなど違和感はあるのですが、それも織り込み済み?設定に違和感を持たせるのも、印象に残る手段の一つなのだとか、何かで読みました。それだけルメルシエが自分で演じたかったということのようです。
圧巻の豪華なステージも再現。さすがに楽曲は歌手のヴィクトリア・シオがカバーしていますが、パフォーマンスはあたかもセリーヌ・ディオンのライブを実際に観ているような感覚になります。次々と披露される名曲をお楽しみください。(白)


第74回カンヌ国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門 正式出品作品

2020年/フランス、カナダ/カラー/シネスコ/126分
配給:セテラ・インターナショナル
(C)Rectangle Productions/Gaumont/TF1 Films Production/De l'huile/Pcf Aline Le Film Inc./Belga
http://www.cetera.co.jp/voiceoflove/
★2021年12月24日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷先行ロードショー
12月31日(金)全国ロードショー


posted by shiraishi at 01:17| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

神的少女ジャンヌ・ダルクを描いた2作品 『ジャネット』『ジャンヌ』


中世末期、イングランドとの百年戦争の中で果敢にフランス軍を率い、「救国のおとめ」として知られるジャンヌ・ダルク。
現代フランス映画において一筋縄ではいかない挑発的な作品を発表してきた鬼才、ブリュノ・デュモン監督が、シャルル・ペギーの詩劇「ジャンヌ・ダルク」(1897)と「ジャンヌ・ダルクの愛の秘義」(1910)を大胆な手法で二つの映画に仕上げました。
『ジャネット』では神の声を聞く体験と戦いに旅立つまでの幼年時代、『ジャンヌ』では異端審問と火刑までを描いています。


『ジャネット』 
原題:Jeannette, l'enfance de Jeanne d'Arc 英題: Jeannette, the childhood of Joan of Arc
jeannette.jpg
(C)3B Productions

監督・脚本:ブリュノ・デュモン
原作:シャルル・ペギー
撮影:ギヨーム・デフォンタン
音楽:Igorrr
振付:フィリップ・ドゥクフレ
出演:リーズ・ルプラ・プリュドム、ジャンヌ・ヴォワザン、リュシル・グーティエ ほか
2017年/フランス/フランス語/112分/カラー/ビスタ
日本語字幕:高部義之

1425年、フランスとイングランドによる王位継承権をめぐる「百年戦争」の真っただ中。幼いジャネット(ジャンヌ・ダルクの幼年期の呼び名)は、小さな村ドンレミで羊の世話をして暮らしていた。ある日、友だちのオーヴィエットに、イングランドによって引き起こされた耐え難い苦しみを打ち明ける。思い悩む少女を修道女のジェルヴェーズは諭そうとするが、ジャネットは神の声を聴く体験を通し、フランス王国を救うために武器を取る覚悟を決める。

原作の詩劇を映画化するのに、ブリュノ・デュモン監督は初めてミュージカルに挑戦。詩を音楽にのせて描いています。とはいえ、いわゆるミュージカルをイメージすると、ちょっと違いました。野原や川をあどけないジャネットが友達と歩き回り、後に軍を率いて戦う勇ましい乙女に成長するとは想像もできない、のどかな風情。
幼少期のジャネット役は、演技経験のない8歳の少女。清楚で純粋な雰囲気の可愛らしい子。神の声を聞いて目覚め、野性的で衝動的な13歳のジャネット役もプロの俳優ではありませんが、踊りを習っていて歌も上手な少女。監督の思うジャネットを描けたそうです。(咲)



『ジャンヌ』   
原題:Jeanne 英題: Joan of Arc
jeanne.jpg
(C)3B Productions

監督・脚本:ブリュノ・デュモン
原作:シャルル・ペギー
撮影:デイビット・シャンビル
音楽:クリストフ
出演:リーズ・ルプラ・プリュドム、ファブリス・ルキーニ、クリストフほか
2019年/フランス/フランス語/138分/カラー/ビスタ
日本語字幕:高部義之

15世紀、フランスの王位継承をめぐって、フランスとイングランドが血で血を洗う争いの時代。若きジャンヌ・ダルクは、「フランスを救え」と言う神の声に導かれてフランス王の軍隊を率いていた。神、愛、罪、福音と祈りを説くジャンヌだが、その力に畏怖と疑心を持った味方の軍内部から反発が生じる。やがてジャンヌはイングランド側に捕らえられ、教会によって異端審問にかけられる。抑圧と支配の濃密な論理で迫る「雄弁」な男たちを相手に、反駁の叫びと沈黙で応じるジャンヌ。告発に屈せず、自らの霊性と使命に忠実であり続ける。

冒頭、太鼓に合わせて、馬がステップを踏む様が優雅で、まるで踊っているよう。それが、これから戦いに挑むジャンヌたちを乗せていく馬たちなのです。少女ジャネットが神の啓示を受けてドンレミ村を出立するまでを描いた『ジャネット』が光を浴び、希望に満ちたものだったのが、『ジャンヌ』では、パリ攻略の失敗から敗北、そしてルーアンでの異端審問によって19歳で処刑されるまでを描いていて、映画のトーンも違います。
これまでになんとなく見聞きしていたジャンヌ・ダルク像とも違う印象を持ちました。それが、鬼才ブリュノ・デュモンらしさといえるのかもしれません。

自分ですっかり忘れていたのですが、ブリュノ・デュモン監督にインタビューしたことがありました。「いかにも哲学がご専門で気難しそうな雰囲気」と第一印象を書いていました。

bryuno.jpg
フランス映画祭2010『ハデウェイヒ』ブリュノ・デュモン監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2010/fffj2010d/index.html

このインタビューの中で、こんな言葉がありました。
「映画の仕事をする時に、いつも思っているのが理想を持たないこと。だから、プロを使いません。真実は普通のものから生まれます。プロだと理想像を持ちたがります。平凡である、普通であること、その人が世界で一つであることが、普遍的で真実を訴えることが出来るのです。」
驚いたことに、『ジャンヌ』でジャンヌを演じたのは、『ジャネット』で13歳のジャネットを演じたジャンヌ・ヴォワザンではなく、幼少期を演じたリーズ・ルプラ・プリュドム。ジャンヌ・ヴォワザンが諸事情で出られなくなったとき、リーズを起用することが天啓のようにひらめいたのだそうです。観ているときには、まさかそんな年が下の子が19歳を演じているとは気が付きませんでした。(咲)



配給:ユーロスペース
https://jeannette-jeanne.com/
★2021年12月11日(土)よりユーロスペースほか全国にて2作同時公開



posted by sakiko at 17:51| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東洋の魔女(原題:Les Sorcieres de l'Orient)

toyo.jpg

監督・脚本:ジュリアン・ファロ
製作:ウィリアム・ジェアナン
撮影:山崎裕
音楽:ジェイソン・ライトル K-Raw
ラインプロダクション:ドキュメンタリージャパン、橋本佳子、角田良子
出演:河西昌枝、松村好子、半田百合子、谷田絹子、宮本恵美子、磯部サタ、松村勝美、篠崎洋子、大松博文

1964年、東京で日本初のオリンピックが開催された。柔道、体操、レスリング、次々とメダルを獲得していく日本人選手に国中が熱狂した。中でも圧倒的な強さを見せたのが女子バレーボール。大松博文監督率いる大日本紡績(現ユニチカ)の選手を中心としたチームは、決勝戦でソ連チームと対戦し、固唾を飲んで見守る中3-0で勝利し、金メダルを獲得した。その後緒空前のバレーボールブームが起こり、「アタックNo.1」「サインはV」の漫画やアニメが大ヒットした。
ジュリアン・ファロ監督はかつてのメンバーたちにインタビューし、当時の思い出を語ってもらう。市川崑監督の『東京オリンピック』(65)、渋谷昶子監督『挑戦』(63)、当時の日本の風景なども織り交ぜ、「東洋の魔女」の姿を浮き彫りにする。

当時の熱狂ぶりをよく覚えています。バレーボールの決勝戦も観ていました。「アタックNo.1」「サインはV」も観ていて、主題歌も当然記憶にあります。作品中に出てきて懐かしかったです。「鬼の大松」と呼ばれた大松監督の練習の様子はテレビで何度も取り上げられました。「スパルタ」という言葉はここで覚えたはず。「回転レシーブ」にも目を見張りました。
下の渋谷昶子監督『挑戦』を後に観て、10代、20代の女の子たちが、定時の勤めを終えてからこんなに厳しい練習をよく続けていたこととあらためて感心しました。それが連勝記録を打ち立てていったのでしょう。戦後復興を悲願としていた日本人に少なからず影響を与えたんじゃないでしょうか。
作品に登場する元「東洋の魔女」たちは素敵なおばあちゃまになられていました。厳しい練習に耐えて偉業を成し遂げたことが、身体の芯として残っている気がしました。(白)


「東洋の魔女」と聞いて、私は1964年の東京オリンピックをすぐに思い出す世代ですが、この映画を作ったジュリアン・ファロ監督は、1978 年生まれ。しかもパリ在住。なぜ、ファロ監督が、半世紀以上前の「東洋の魔女」に焦点をあてた映画を作ったのか興味津々でした。監督は、フランス国立スポーツ体育研究所(INSEP)の映像管理部門に所属している方。これまでにも、超人的なパワーを持つアスリートたちに焦点を当てた作品を制作されています。2020年に再び東京でオリンピックが開催されることにも関係して「東洋の魔女」を取り上げたのかと思ったら、監督が本作のアイディアを思いついたのは、10年程前のこと。日本オリンピック委員会が1964年に製作したバレーボール関連の16 ミリフィルムの映像を観たのがきっかけでした。
冒頭、アニメで日本の魔女のイメージとして、お岩さん(かな?)やどくろ首が出てきます。今は素敵なおばあちゃまになった「東洋の魔女」たちが会食しながら当時を振り返るのですが、魔女というと鼻が大きくて悪いことをするのが魔女だと思っていたら、欧州に遠征したときに、人ができないことをできるのが魔女と聞いて、イメージが変わったと語っていました。
本作を観て、1964年の東京オリンピックが戦後復興の象徴として開催されたことを再認識しました。2020年の東京オリンピックはいったい何だったのでしょう・・・ (咲)


この欄に感想を足そうと思ったのですが、書いた文章が長くなってしまい、スタッフ日記のほうに書きました。こちらも良かったら読んでみてくださいね(暁)。

シネマジャーナルHP スタッフ日記
『東洋の魔女』を観に行く(暁)

2021年/フランス/カラー/100分/DCP
配給:太秦 
宣伝協力:スリーピン 
©UFO Production ©浦野千賀子・TMS
https://toyonomajo.com/
★2021年12月11日(土)より、渋谷ユーロスペースにて公開!

◎シネジャでも何度か記事に取り上げた故・渋谷昶子監督。youtubeチャンネルに「挑戦ー1964年カンヌ映画祭短編部門グランプリ作品」と題して”日紡貝塚女子バレーチーム”のドキュメンタリー『挑戦』が公開されています。渋谷監督のコメント「25歳から監督業をやり始めたが、30歳までに社会的に監督として認知されなければ、監督を辞めて、転進を計ろうと考えていた矢先の受賞で、今日まで50年の永きに亘って、監督業をつづけることになった」という記念碑的作品です。ぜひこちらもご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=krbJ1MBYXTo
(1963年/35ミリ/コダックカラーフイルム/30分)
posted by shiraishi at 13:18| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローラとふたりの兄(原題:Lola et ses freres)

lola pos.jpg

監督・脚本:ジャン=ポール・ルーブ
出演:リュディヴィーヌ・サニエ(ローラ)、ジョゼ・ガルシア(ピエール)、ジャン=ポール・ルーブ(ブノワ)、ラムジー・ベディア(ゾエール)

フランス西部の都市・アングレーム。弁護士のローラにはちょっと困った2人の兄がいる。眼鏡士のブノワと解体業者のピエール。三兄妹は両親の墓参りで月に一度は集まることが習慣になっている。
ブノワの三度目の結婚式、大遅刻をしてきたピエールの失礼なスピーチが原因で兄弟喧嘩が勃発してしまう。そんな中、ピエールは深刻な仕事のトラブルを抱え、新婚早々ブノワは妻とすれ違うことに。ローラは離婚調停の依頼人だったゾエールとの恋に落ちる。兄たちは妹の恋にいい顔をしない。

父は娘に、兄は妹に甘いとよく聞きます。このお兄さん2人も両親がいないせいもあって、大人のローラに過保護です。まだ会ってもいないローラの恋人が気に入りません。細かい長男は監督・脚本のジャン=ポール・ルーブ。『セラヴィ!』(2017)で共演したガブリエルくんが次男ピエールの息子ロミュくんで出ています。仕事がトラブってイライラしているピエールをジョゼ・ガルシア。間が悪くて災難に見舞われても、意地っ張りで弱みをみせません。弁護士のローラはリュディヴィーヌ・サニエ。いつのまにか40代になりましたが、昔からずっと笑顔が可愛いままです。
あちこちクスクス笑えるコメディ仕立てですが、人生の哀歓もたっぷり。兄弟姉妹は最初のライバル。喧嘩したりもめたりしますが、親亡きあとはやはり頼りになります。いろいろめんどくさいけど、愛情いっぱいの家族の物語。(白)


妹しかいない私は、小さいとき、お兄さんがいたらいいなと、よく思ったものです。ローラのこのふたりのお兄さん、憎めないけど、こんなお兄さんがいたら大変! 頼りになるどころか、世話のやける兄たち。大いに笑わせてくれました。それにしても、フランス人って愛に生きる人たちなのだなぁ~と感心します。懲りずに3度目の結婚をするブノワ。奥さんに逃げられたらしいピエールは、仕事を優先してまたまた恋人に見限られてしまいます。でも、未練たっぷり。弁護士のローラは離婚調停をしていて、修羅場を散々見てきたのに、よりによって自分が担当して離婚したばかりの男と恋に落ちます。
月初めの木曜日に3人で両親のお墓に集まると、必ず近くのお墓にいる男性。亡き妻をよほど愛していたのかと思いきや、生きてる間は憎かったのに先立たれたら寂しいそうで。
フランスの地方都市を舞台に繰り広げられる本作、等身大のフランスの人たちの暮らしを垣間見ているようでした。(咲)



2018年/フランス/カラー/105分
配給:サンリスフィルム、ブロードメディア
(C)2018 NOLITA CINEMA - LES FILMS DU MONSIEUR - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - FRANCE 2 CINEMA
https://senlisfilms.jp/lola_and_bros/
★2021年12月10日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 13:11| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする