2022年08月14日

みんなのヴァカンス 原題:À l’abordage

2022年8月20日(土)より、ユーロスペースほか全国順次公開
劇場情報 
alabordage_poster_R_R.jpg
©2020 – Geko Films – ARTE France

夏の物語、かなわぬ恋、さまざまなバックグラウンドを持つ若者たちの混沌とした友情

監督:ギヨーム・ブラック
プロデューサー:グレゴワール・ドゥバイイ
脚本:ギヨーム・ブラック、カトリーヌ・パイエ
撮影:アラン・ギシャウア 録音:エマニュエル・ボナ 
助監督:ギレーム・アメラン
製作総指揮:トマ・アキム 映像編集:エロイーズ・ペロケ 
音響編集:ヴァンサン・ヴァトゥ
ミキシング:ヴァンサン・ヴェルドゥ 
美術・衣装:マリーヌ・ガリアノ
出演:エリック・ナンチュアング、サリフ・シセ、エドゥアール・シュルピス、アスマ・メサウデンヌ、アナ・ブラゴジェヴィッチ、リュシー・ガロ、マルタン・メニエ、ニコラ・ピエトリ、セシル・フイエ、ジョルダン・レズギ、イリナ・ブラック・ラペルーザ、マリ=アンヌ・ゲラン

これまでも、もてそうもない男を登場させて、もてた男にしてしまう作品を作ってきたギヨーム・ブラック監督の最新作。
今回も、女の子、もてない男、水遊び、サイクリング、嫉妬、諍いなどをモチーフに、夏を謳歌する若者たちの物語を展開。南フランスのきらびやかな風景の中、不器用で愛おしいヴァカンスが、にぎやかに映し出されていく。

夏の夜、セーヌ川のほとりはカーニバルのようにたくさんの人々が集い、そこでフェリックスはアルマに出会い、一晩の恋、夢のような時間を過ごした。翌朝、アルマは家族とともにヴァカンスへ旅立つ。彼女を忘れられない思い込みの強いフェリックスは、彼女も自分のことを好きなはずと勘違いし、親友のシェリフをさそい、事情を知らない、「相乗りアプリ」で知り合ったエドゥアールを道連れに、彼女を追って南フランスの田舎町ディーに乗りこむ。自分勝手なフェリックスと、生真面目なエドゥアールと心優しいシェリフ。二人はフェリックスに振り回されながらも、アルマのいる高原の避暑地?に向かう。ひょんなことから、付き合わされてしまったエドゥアールは、自分の目的地にたどりつけないことになってしまったマザーコンプレックスのお坊ちゃん。しかたく、二人と行動を共にすることで、母親の呪縛から逃れていく。そして損な役回りのシェリフかと思ったら、彼もこの地で知り合った女性と、ヴァカンスの時を過ごしている。
サイクリング、水遊び、恋人たちのささやき。出会いとすれちがい、友情の芽生え…。3人のヴァカンスは思わぬ方向へ。
ロケ地はパリからおよそ600km南に離れたドローム県のディーという小さな町。撮影スタッフは12人という少人数。脚本は物語の大筋のみにとどめ、その時の光の変化や撮影現場の雰囲気を作品に取り込めるように、撮影での即興の余地を残し、町中を俳優たちと歩いて移動して撮影されたという。

『みんなのヴァカンス』は、『7月の物語』(17)に続いて、ギヨーム・ブラック監督がフランス国立高等演劇学校の学生たちと製作。俳優は長篇映画に出演するのがはじめての学生たち。スタッフもできるだけ若い人、長編映画に参加したことが少ない人を集めたそう。製作にフランス・ドイツ共同出資のテレビ局であるアルテが加わって、テレビ放映用に企画された作品だったが、高いクオリティーが評価され、第70回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に選出、国際映画批評家連盟賞特別賞を受賞し、2021年にフランスで劇場公開された。

この監督のモチーフは、もてない男、あるいはもてそうもない男を登場させ、そこから最後、ハッピーエンドにもっていく、はっきり言って、男にとって都合のいい物語。女性からはそんなことありえないと思えるような物語の展開になるんだけど、それが憎めない話になっているところがうまいところ。今回も、勝手に両想いだと思っている思い込みの強いフェリックスを登場させ、お調子者の迷惑な男で、最初は観ていてイライラしてしまった。そこにバランスよく、心優しいシェリフという親友を登場させてバランスをとっている。この二人は黒人の青年。そして、母親のところに行こうとして(実家に帰ろうとしていたのかも)、「相乗りアプリ」で女性でも乗せようと思っていたのに、思わぬ二人の黒人の男たちが乗り込んで来て、自分が行こうと思っていたのと違う場所にたどり着いてしまい、迷惑千万なことになってしまうエドゥアールという白人の青年が登場するのだけど、彼にとってはマザーコンプレックスからの解放にもつながり、良かったのかも。そして、子守ばかりして、一番損な役回りと思ったシェリフが、最後、思わぬ幸運をつかむ。でも、これって、やっぱり男にとって都合のいい話だよね。それともフランスの若い人の間では自然の流れ?(暁)。

公式HP
プロダクション: Geko Films  
共同プロダクション: ARTE France
2020年 / フランス / フランス語
カラー / 100分 / 1.66 : 1 / 5.1ch / DCP
字幕翻訳:高部義之 / 配給:エタンチェ  
posted by akemi at 20:30| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月30日

アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台(原題:Un triomphe)

囚人たちの大舞台.jpg

監督・脚本: エマニュエル・クールコル (アルゴンヌ戦の落としもの)
共同脚本: ティエリー・カルポニエ (パリ特捜刑事)
撮影: イアン・マリトー (アルゴンヌ戦の落としもの)
⾳楽: フレッド・アブリル (サウンド・オブ・ノイズ)
主題歌: “I Wish Knew How It Would Feel to Be Free” ニーナ・シモン
出演:カド・メラッド ([コーラス][オーケストラ・クラス])
タヴィッド・アラヤ / ラミネ・シソコ / ソフィアン・カーム / ピエール・ロッタン / ワビレ・ナビエ
アレクサンドル・メドヴェージェフ / サイド・ベンシナファ /マリナ・ハンズ(世界にひとつの⾦メダル)
ロラン・ストッカー(セザンヌと過ごした時間)

売れない役者のエチエンヌは、刑務所の囚人たちのためのワークショップに講師として招かれる。初めて足を踏み入れた刑務所で、訳あり曲者だらけの囚人たちに囲まれることになった。エチエンヌは素人の彼らに、不条理劇の「ゴドーを待ちながら」の役を振り、少しずつかみ砕くようにして演出する。興味を持つもの、全く無関心なもの、共通しているのは早くここから出たいという気持ちだけだ。順調とは言えない過程をへて、理解者も少しずつ増え、ついに舞台公演の機会がやってくる。

エチエンヌ役のカド・メラッドはフランスの国民的スターで、あちこちで顔を見る人です。助演の俳優たちが演じるのは一癖も二癖もある囚人で「素人の俳優」。これは演じ甲斐がありそう。撮影場所は本物の刑務所で、900人の受刑者が収容されています。そこにロケ隊が8日間入って撮影。これは初めてのことだったそうですが、本物の持つ力が映画に与えたものは計り知れません。最も驚くのはこれが実話を元にしていて、あのラストのその後も実際に続いていたということです。全く「事実は小説よりも奇なり」ですね。
サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」は、1954年に発表された戯曲で、私も高校生のとき一度友人と観に行って(日本の演劇)、途中で寝落ちした恥ずかしい記憶あり、私はつくづくエンタメ体質で不条理劇苦手だと知りました。それを演劇初挑戦の囚人たちにやらせたエチエンヌとやってみた彼らは凄い!と別の角度から感心したのでした。フランス語の原題”Un triomphe”は「勝利」、”applause”は「拍手・喝采」。(白)


いかにもフィクションという設定ですが、歯の浮くようなハッピーエンドで終わらない。スウェーデンで実際にあったことをベースにしていますが、展開にひねりを感じます。
それにしても刑務所内の発表会に留まらず、受刑者が外部の劇場で上演するというのは日本ではありえない発想でしょう。上演後、受刑者が刑務所に戻って来たときに刑務官から屈辱的な対応を受けます。見ていて気の毒になってきますが、仕方のないことなのかもしれません。
受刑者たちの変化や心情の揺れがこの作品のメインテーマですが、エチエンヌの人生への向き合い方の変化も浮かび上がってきます。思いやプライドに凝り固まって孤立していたエチエンヌが受刑者たちと接するうちに周りの人の気持ちを受け入れるようになっていくもちろん裏切られることもありますが、それさえ前向きに捉えて受け入れるラストに「人っていくつになってもやり直せる」と勇気がもらえます。
ところで、900人の受刑者が収容されている本物の刑務所で撮影されたことを(白)さんが書いたのを読んで知りました。日本との違いにびっくり。映画『すばらしき世界』(2021年)も刑務所が出てきますが、撮影が許されたのはほんの一部だけだったと聞いています。お国柄の違いでしょうか。(堀)


2020 年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション
2020 年ヨーロッパ映画賞ヨーロピアンコメディ作品賞受賞
2021 年アートフィルムフェスティバル最優秀観客賞受賞
2021 年ラボール映画と映画⾳楽祭⾦のイビス(映画⾳楽)賞受賞
2021 年カナダ・ヴィクトリア映画祭観客賞受賞
フランス映画祭横浜 2021 オフィシャルセレクション

2022年/フランス/カラー/シネスコ/105分
配給:リアリーライクフィルムズ
(C)2020 - AGAT Films & Cie - Les Productions du Ch’timi / ReallyLikeFilms
http://applause.reallylikefilms.com/
★2022 年 7 月 29 日(金)より 感動のロードショー
ヒューマントラストシネマ有楽町/新宿ピカデリー他にて全国縦断公開


posted by shiraishi at 10:45| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月24日

1640日の家族(原題:La vraie famille 英題: The Family)

family.jpg
 
監督・脚本:ファビアン・ゴルジュアール
出演:メラニー・ティエリー、リエ・サレム、フェリックス・モアティ、ガブリエル・パヴィ

生後18ヶ月のシモンを受け入れた里親のアンナと夫のドリス。2人の息子とは兄弟のように育ち、幸せな4年半が過ぎようとしていた。ところが、実父のエディからシモンを手元で育てたいと申し出が…。突然訪れた“家族”でいられるタイムリミットに、彼らが選んだ未来とはー。

複数の家族が一緒に休暇を楽しむ冒頭シーンから、3人の子どもに恵まれた幸せな家族の話と思いきや、里子を受け入れた女性の葛藤を描いた作品だった。本作はファビアン・ゴルジュアール監督の少年時代の体験がベースにある。映画と同じように、生後18ヶ月の里子を両親が迎え入れ、6歳まで一緒に暮らしたという。
フランスでは里親は職業の1つ。300時間の研修受講を受けると国家資格が与えられ、子どもの養育に必要な費用とは別に18万5000円の給与が支給され、有給休暇もある。子どもへの支援がとてもシステマティックに行われており、実子同様に育てていても、実親の養育が可能になれば返さなくてはならない。
本作でもアンナとシモンは実の親子同様の絆を結んでいたが、実父の申し出から別れのときが見えてくる。“プロの里親として、どう振る舞うべきか”はわかっているが、感情はそれに伴わない。「アンナをママと呼ばないように」という実父の気持ちは理解できる。彼にとってシモンのママは亡くなった妻なのだから。しかし、これまで実母同様の愛情を注ぎ、ママと呼ばれてきたアンナにとっては受け入れがたいことだろう。アンナは自分らしさを失っていく。子どもを育てたことがある身にはアンナの辛さが手に取るようにわかるに違いない。監督の母が初めて里親となったとき、ソーシャルワーカーから受けた「この子を愛しなさい、でも愛し過ぎないように」というアドバイスが胸に悲しく響く。
アンナとシモンの関係はどうなるのか。アンナの夫や実子たちはそれをどう見つめ、支えるのか。感涙必至のラストだが、家族の絆に希望が感じられる。(堀)


シモンがとても可愛くて、こんな子と別れなきゃならないなんて、アンナならずとも泣きの涙だわと、もらい泣きしつつ観ました。初めての映画出演だというガブリエル・パヴィ君、少しも演技臭いところがありません。演技体験などなく、遊んでいた公園で声をかけられて出演することになったそうです。監督は脇を固めて自然な表情待ちの演出?
里親が職業だというのに、ほ~。実父のエディが里親に対してなんだかよそよそしい感じがしたのは、報酬をもらっているプロだろうという意識があるせいなんでしょうか? アンナは我が子同様に愛してきたので、別れは身を切られるように辛いというのに。
日本にも里親制度はありますが、フランスとは大きく違います。子ども中心に多くの大人が関わるフランス、ソーシャルワーカーたちの声が上へと届くボトムアップ方式です。日本では親の権利が強くて、ソーシャルワーカーが圧倒的に少なく、現場からでなく上からのトップダウン。社会福祉制度があっても知らない人も多く、その周知も遅れています。何でも申請が先、実行まで時間もかかります。少子化を嘆くだけでなく、公的支援を厚くして、子どもを育てやすい環境をつくることが先です。里親についても経済的サポートも研修もあることを知れば、もっと里親になる人が増えて乳幼児が家庭で成長できるんじゃないかなあ。フランス映画を観ながら、日本の足りないところを考えさせられました。(白)


2021年/フランス/仏語/102分/1.85ビスタ/5.1ch
配給:ロングライド
©︎ 2021 Deuxième Ligne Films - Petit Film All rights reserved.
公式サイト:https://longride.jp/family/
★2022年7月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
posted by ほりきみき at 02:08| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月13日

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー  原題:Superwho

badman.jpg
©CINÉFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION

監督:フィリップ・ラショー
脚本:フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、ジュリアン・アルッティ、ピエール・デュダン
撮影:ヴァンサン・リシャール
音楽:マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン
製作:フィリップ・ラショー、ジュリアン・デリス、デヴィッド・ゴーキェ
出演:フィリップ・ラショー、ジュリアン・アルッティ、タレク・ブダリ、エロディ・フォンタン、アリス・デュフォア
ジャン=ユーグ・アングラード(『ベティブルー 愛と激情の日々』)、アムール・ワケド(『ワンダーウーマン1984』)

セドリックは、売れない3流役者。そんな彼に、ひょんなことから、新作映画「バッドマン」の主役が舞い込む。「バットマン」ではなく「バッドマン」。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーローだ。張り切って体を鍛え、武術を学び撮影に臨む。撮影初日が無事終わろうとする中、妹から父親が負傷したと電話がかかってくる。セドリックは、バッドスーツのままバッドモービルで病院に急ぐが、途中で事故に遭い気絶してしまう。目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた。車には大金と銃・・・ いったい自分は何者??

セドリックの夢は、映画スターになること、そして警察署長のパパのいい息子であること。でも、やることなすこと、父に呆れられることばかり。さらに記憶を失ってしまって、ほかの家族を自分の家族と思ってしまう始末。
下ネタ続出で、お馬鹿度120%! それでも愛に生きるところは、やっぱりおフランス! 
監督・脚本・主役のフィリップ・ラショーは、『真夜中のパリでヒャッハー!』や『世界の果てまでヒャッハー!』でも、限りなくはじけてました。 私は未見ですが、日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本・フランスで見事大ヒットを記録した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のチームが再結集して製作したものとのことです。(咲)


『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』でリョウとして颯爽と登場、原作やアニメのキャラを忠実に再現していました。今回も監督・脚本・主演のフィリップ・ラショーですが、前作よりコメディに振り切っています。プロデューサーの褒め殺しに乗ったはいいが、すぐに悲惨な目に遭ってしまいます。自分が誰かもわからない主人公セドリック、コスチュームはスーパーヒーローでも中身が伴いません。しかしセドリックの分まで活躍してくれるのが妹です。半端なく強い!実に頼もしい!ロマンスやら本物の悪党とのアクションやら忙しいですが、最後はきっちり終わらせてくれます。(白)

2021年/フランス・ベルギー映画/フランス語/83分/シネスコ/5.1ch
字幕:井村千瑞
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://badman-hero.com/
★2022年7 月 15 日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー


posted by sakiko at 15:01| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月12日

キャメラを止めるな! (原題:Coupez!  英題:FINAL CUT)

camera.jpg

監督・脚本・製作・編集:ミシェル・アザナヴィシウス
原案:和田亮一、上田慎一郎
出演:ロマン・デュリス(レミー/ヒグラシ)、ベレニス・ベジョ(ナディア/ナツミ)、グレゴリー・ガドゥボワ(フィリップ/ホソダ)、フィネガン・オールドフィールド(ラファエル/ケン)、マチルダ・ルッツ(アヴァ/チナツ)、ジャン=パスカル・ザディ(ファティ)、竹原芳子(マダム・マツダ)

「早い、安い、質はそこそこ」が売りの映画監督、レミーに日本で大ヒットしたゾンビ映画のリメイクの仕事が入る。問題はカメラ1台で30分ワンカットの撮影、しかもそれをB級映画専門チャンネルで生中継するって!?そんなの無理!と断ろうとしたが、妻のナディアにチャンスよ!と勧められる。父親を小ばかにしている映画監督志望の娘ロミーにもいいところを見せたい。キャストが揃ってリハーサル開始、主演のラファエルは文句が多い。スタッフもてんやわんや、チームワークは最悪だ。
日本のプロデューサーはマダム・マツダ、原作の変更は一切拒否、おまけに前日になって「役名も日本と同じに」と注文が入った。ラファエルがそれを知って降りる!と騒ぎ出す。悪いことは重なって、監督役とメイク役の俳優2人が来る途中に交通事故に遭う。2人は入院し代役は間に合わない。レミーとナディアは穴埋めに急きょ出演することになってしまった。

本家『カメラを止めるな!』は2018年日本映画界のビッグニュースでした。ワークショップから生まれたまだ無名の監督・俳優の作品が、口コミを中心に大ヒット。都内2館の上映だったのが日本国中に広まりました。製作費300万円の作品が観客動員数220万人!興行収入31億円突破!2018年度邦画第7位の成績を上げました。この試写を観たときに、すぐ「もう一回見直したい!」と思ったのですが同じ思いの人が多かったのでしょう。リピーター続出、見越していたのか「生き返り割引」がついていました。毎日出演者の誰かが舞台挨拶に日参したという記録的なできごとも。
リメイクはフランスの著名監督『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス。主人公のヒグラシ監督役をロマン・デュリス、妻役をベレニス・ベジョ。オリジナル版で誰よりも強烈なインパクトを残した、竹原芳子(旧芸名:どんぐり)さんが堂々のフランス映画初出演。
ワンカットに加えて、ライブという制約。その中にコメディ要素を増やして笑わせ、しんみりさせと監督と俳優の腕、予算の大きさがわかります。オリジナルにはいなかった音響スタッフがいい味出していました。最初はどうしてもオリジナルの記憶と比較して観てしまうので、やはりもう一回観直したくなります(オリジナルも)。皆様そのつもりで。(白)


2022年/フランス/カラー/シネスコ/112分
配給:ギャガ
(C)2021 - GETAWAY FILMS - LA CLASSE AMERICAINE - SK GLOBAL ENTERTAINMENT - FRANCE 2 CINEMA - GAGA CORPORATION
https://gaga.ne.jp/cametome/
★2022年7月15日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開

posted by shiraishi at 22:57| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする