2019年04月06日

12か月の未来図   原題:Les grands esprits  英題:The Teacher

12kagetsu.jpg

監督・脚本:オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル
出演:ドゥニ・ポダリデス、レア・ドリュッケール

パリ。フランス最難関の名門アンリ4世高校の国語教師フランソワ・フーコー(ドゥニ・ポダリデス)。国民的作家である父の新刊サイン会の場で、美人がいるのを意識しながら、教育改革論を熱く語る。パリ郊外の問題校の生徒たちの学力を上げるには、ベテラン教師を派遣して新米教師を支援するのが解決策だと。彼が気に留めていた美人は、実は国民教育省で教育困難校を担当している女性だった。フランソワは、国民教育省からパリ郊外のバルバラ中学校で1年間教鞭をとってほしいと依頼される。断るわけにもいかず、しぶしぶ荒れ果てた場所にある学校に赴く。そこでは、貧困層や移民の子どもたちが学んでいて、フランス語がおぼつかない生徒もいた・・・

身から出た錆で、自身が教育困難校に派遣される羽目になったエリート教師フランソワ。勉強する気のない生徒たちに、問題児は退学させればいいという教師たち。途方に暮れる中、フランソワは生徒たちに「レ・ミゼラブル」を全編読ませたいと思い立ちます。もちろん、すんなりと子どもたちが学ぶ気になるはずもなく、問題山積み。それでも、徐々に勉強に興味を持ち始めます。
思春期の子どもたちにとって、資質の良い教師がいかに必要かを感じさせてくれます。
私自身、小学校から大学までの間に出会えた数名の先生が、今の私を作ってくれたと確信しています。
家庭環境や子ども自身に問題があっても、教師次第で解決できることを、本作は教えてくれます。そして、良き教師を育てるのは?? (咲)


2017年/フランス/107分/シネマスコープ/カラー
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://12months-miraizu.com/
★2019年4月6日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!




posted by sakiko at 11:07| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

クリス・マルケル特集2019<永遠の記憶> 『シベリアからの手紙』『ある闘いの記述』

4月6日(土)~19日(金)、渋谷・ユーロスペースでクリス・マルケル監督特集が開催されます。

クリス・マルケル Chris Marker
(1921年~2012年)
パリ生まれの映画作家/プロデューサー/写真家など。
第二次世界大戦中は、ナチスに対するレジスタンスに参加。
『夜と霧』(1955年)でアラン・レネの助監督を務める。
記憶と記録、歴史と個人史、戦争、虚構と現実など、永遠に消えることのないテーマで数多くの作品を発表。フィルム、写真、本、ビデオ、ゲームなど、多様なメディアを自在に使った独特の作品は映像詩のようでもある。
数回来日し 日本についての作品もつくっている。
(公式サイトより抜粋)

■上映作品

『北京の日曜日』 1956年/カラー/DCP/20分 
『シベリアからの手紙』 1958年/モノクロ/DCP/61分 
『ある闘いの記述』 1960年/カラー/DCP/60分 
『イヴ・モンタン~ある長距離歌手の孤独』 1974年/DCP/60分 
『サン・ソレイユ』 1982年/カラー/DCP/104分 
『A.K.ドキュメント黒澤明』 1985年/カラー/35㎜/74分
『レベル5』 1996年/カラー/DCP/110分 
『不思議なクミコ』 1996年/47分/35㎜/47分

試写で拝見した2作品について紹介します。

◆『シベリアからの手紙』  
原題:Lettre de Sibérie
1958年/フランス/モノクロ/DCP/61分

lettre_de_siberie.jpg
© 1957 Argos Films

レンズが捉える開発途上のシベリアの街や壮大な風景。
凍った大地のイメージのシベリアだが、緑の草原も広がる。白樺が美しい。
「悪魔が作ったタイガ」と呼ばれるシベリアの地は、アメリカとほぼ同じ大きさ。
シベリア鉄道が敷設され、町が建設される。
郊外には集団農場コルホーズ。
家鴨の集団。もともと家禽としてシベリアにはいなかった。
マンモスの時代がアニメーションで描かれる。
トナカイの群れる大地に、開発の車がやってくる。
軍艦が居並ぶ港・・・

シベリアの今と昔が、映像やアニメーションで点描される映像詩。
この地にやってきたよそ者が、見聞したシベリアに住む人々や風物のことを書簡形式で語る。不毛の地に人の息吹が吹き込まれていく姿が展開されて興味深い一作。(咲)


◆『ある闘いの記述』

原題:Description d'un combat
1960年/イスラエル=フランス/カラー/DCP/57分
1961年ベルリン国際映画祭短編部門金熊賞
description_dun_combat320.jpg
© 1961 Van Leer Productions et S.O.F.A.C
© 2014 Argos Films – Cinémathèque de Jérusalem


1948年にユダヤの人々が“約束の地”に建国して、12年目を迎えたイスラエルの様子を捉えた作品。
海沿いの町、ハイファ。旧約聖書にも出てくるカルメル山が背後にそびえる。
エルサレムでは、「ここはアラブ人の街」と嘆くユダヤ人の姿。一方で、荒れ果てたキャラバンサライやモスクも映し出される。追い出されたパレスチナ人のものだろう。
エルサレムには超正統派ユダヤの人たちの住む地区メアシェリームも出来ている。
ヘブライ語が蘇る。一方、エルサレムの町では、アラビア語も聞こえてくるし、イディッシュ語、ドイツ語、フランス語、ロシア語など、各地から移ってきたユダヤの人々の言葉も飛び交っている。
移民してきたユダヤ人が共同生活をおくるキブツ、死海、ネゲブ沙漠、紅海、ナザレ・・・  イスラエルが建国されて変わりつつある各地の姿も映し出される。
映画『サラー・シャバティ氏』(1964年/イスラエル)で観たイスラエルの建国初期の姿を思い起こした。

セファルディム(中欧のユダヤ人)の難民たちが荒れた海をイタリアから船で渡ってきてハイファに上陸するも、すぐにキプロスに移送されてしまう。
「ユダヤ人は他の民族を同じ運命に追いやるのか」と映画の中で語られているが、それを証明するかのように、今はシリアやアフリカなどからの難民が船でヨーロッパを目指し、追い返されている。なんとも複雑な気持ちになる。

1967年の第三次中東戦争勃発後、マルケル自身が本作の上映を禁じた時期もあったという。
イスラエル建国初期の姿を映し出した作品を、今再び観ることのできる貴重な機会に感謝したい。(咲)

【トークショー】
4月6日(土) 時間未定 ゲスト:港千尋さん(写真家/写真評論家)
4月7日(日)  15:00「北京の日曜日」「イヴ・モンタン」上映後 ゲスト:金子遊さん(映像作家)
4月13日(土) 12:30 「A.K.ドキュメント黒澤明」「不思議なクミコ」上映後 ゲスト:古賀太さん(日本大学教授)
4月14日(日) 17:30「サン・ソレイユ」上映後 ゲスト:岡田秀則さん(映画研究者)

企画・事務局:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/ChrisMarker/
★2019年4月6日(土)~4月19日(金)渋谷ユーロスペース
posted by sakiko at 18:05| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

ともしび(原題Hannah)

tomosibi.jpg

監督・脚本:アンドレア・パラオロ
撮影:チェイス・アーヴィン
出演:シャーロット・ランプリング(アンナ)、アンドレ・ウィルム(アンナの夫)、ステファニー・バン・ビーブ(エレーヌ)、シモン・ビショップ(二コラ)、ファトゥ・トラオレ(演技の先生)

アンナは夫と二人つつましく暮らしている。毎日食事を作り、演劇クラスと水泳を楽しみ、富裕な家族の家政婦の仕事に出かける。ずっと続くかと思われた平穏な日々が、突然夫が逮捕されたことによって破られてしまう。アンナのこれまでの日常に少しずつ狂いが生じ、楽しみも一つずつ奪われていく。ある日、階上の家の水漏れで、天井を修理することになった。大きな戸棚を移動して、その裏側に夫が隠した写真を見つけてしまった。夫の罪の証拠となるものだった。

『まぼろし』(2001)『さざなみ』(2015)とひらがな4文字の作品が続いたシャーロット・ランプリング。作品はどれも長く連れ添った夫婦についてのドラマです。夫役のアンドレ・ウィルムは『ル・ア-ヴルの靴みがき』(2011)の男優さん。アンドレア・パラオロ監督はこれが長編2作目の方です。若いのに、どうして老夫婦の機微をこんな風にとらえることができるのでしょう?
容赦なくアップになるのに抗わず、年取った身体もさらすシャーロット・ランプリング。カッコよく年を取っていく女優さんだなぁと毎回感じ入っています。入れ歯を外して演技した樹木希林さんが思い出されました。
どのシーンも台詞が少なく、雄弁に物語っているのは彼女の表情。孤独と絶望の中でかすかなともしびを見い出せるのか?この人がいてこその作品でした。落ち着いた色合いの撮影が美しい本作で、ところどころに花や風船の明るいさし色が入ります。シャーロット・ランプリングの着こなしが素敵で、セーターに小さなアクセサリー、地味な色のコートに色とりどりのスカーフが合わせてありました。それも見どころ。(白)


2017年/フランス・イタリア・ベルギー/カラー/シネスコ/93分
配給:彩プロ
2017 (C) Partner Media Investment - Left Field Ventures - Good Fortune Films
http://tomoshibi.ayapro.ne.jp/
★2019年2月2日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 09:28| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

ジュリアン(原題:Jusqu'a la garde)

julian.jpg

監督・脚本:グザビエ・ルグラン
撮影:ナタリー・デュラン
出演:レア・ドリュッケール(ミリアム・ベッソン)、ドゥニ・メノーシェ(アントワーヌ・ベッソン)、トーマス・ジオリア(ジュリアン・ベッソン)、マティルド・オネブ(ジョゼフィーヌ・ベッソン)

11歳のジュリアンは両親がDVで離婚したため、母ミリアムと姉のジョセフィーヌの3人で暮らしている。離婚調停で共同親権となったため、ジュリアンは毎週末父のアントワーヌと会わなければならない。アントワーヌはミリアムの電話を聞きだそうとするが、母親を守るため、ジュリアンは必死で嘘をつく。短気で激昂しやすい父親が母親にひどいことをしないように。ジュリアンの態度に、アントワーヌはますます妻に執着する。

ジュリアンの苦しげな表情のポスターに悪い予感がしてしまいます。お父さんの目が怖いです。口が優しい台詞を吐いても、目の鋭さは消えません。赤頭巾ちゃんの狼を連想しました。狼は空腹でした。この父親は家族に疎まれて愛情に飢えています。相手を愛する方法と方向が違っていても、気づきません。
ジュリアンは、母親をかばってその父親の怒りをまともに受けてしまいます。母はジュリアンを父親に会わせたくなくとも、法律のために面会を拒むことができません。どうしたらいいのか、ずっと緊張して観ていて身体に力が入っていました。姉のジョセフィーヌが歌う場面だけ、ふっと息をつくことができます。このジュリアン役のトーマスくんは初の長編、父親役のドゥニ・メノーシェはいつもはニコニコして明るい人だそうで、俳優さんってすごい!それを引き出すルグラン監督もすごい!(白)


別れた妻や子供、あるいは妻の親や姉妹なども殺してしまう元夫が起こす事件が報じられることがあると、なぜこの人はこういう行動に出てしまったんだろうと考える。衝動的な行動に出てしまう人はやけくそになりやすいということなんだろうか、恨みをはらすためそういう行動に出てしまうのだろか。そういう行動に走らないようにするにはどうしたらいいのだろうと頭を抱えてしまった。でも、私にはやっぱり、そこまでしてしまう人の心がわからない。決して元妻にも問題があるとは思えない。やはり本人が制御できないものを持っているのだろう。だってそうじゃない人がほとんどなんだから。自分の行動を制御できない人が増えたら世の中どうなってしまうだろう。この作品は、それほどDVのすさまじさを表している(暁)。

=宣伝さんよりお知らせです=
この度、フランス時間2月22日(金)に開催されたフランスで最も権威ある映画賞「第44回セザール賞」授賞式にて、本作が最優秀作品賞、主演女優賞、オリジナル脚本賞、編集賞を受賞しました。本作のメガホンを執ったグザヴィエ・ルグラン監督は、『ジュリアン』が長編デビュー作です。
ルグラン監督は初監督作品での作品賞受賞に「素晴らしい、本当にありがとう。この作品は国際的に重要なテーマだった。」と出演者、スタッフ一同に感謝を述べたのち本作の題材「DV」が世界で問題になっていることを示唆しました。初めてセザール賞主演女優賞を受賞したジュリアンの母役を演じたレア・ドリュッケールは、自身の名が呼ばれると凛とした面持ちで登壇し、「私はこの賞を捧げたい。現実の中にいるミリアム(レア演じるDVを受けた女性)のようなすべての女性たちに。」と世のDV被害にあう女性たちに向けてメッセージを贈りました。

2017年/フランス/カラー/シネスコ/93分
配給:アンプラグド
(C)2016 - KG Productions - France 3 Cinema
https://julien-movie.com/
★2019年1月25日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 12:35| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナチス第三の男(原題:The Man with the Iron Heart)

no3.jpg


監督:セドリック・ヒメネス

原作:ローラン・ビネ「HHhH プラハ、1942年」(東京創元社刊)

出演:ジェイソン・クラーク(ラインハルト・ハイドリヒ)、ロザムンド・パイ(クリナ・ハイドリヒ)、ジャック・オコンネル(ヤン・クビシュ)、ジャック・レイナー(ヨゼフ・ガブチーク)、ミア・ワシコウスカ(アンナ・ノヴァーク)、スティーブン・グレアム(ハインリヒ・ヒムラー)

海軍の兵士だったラインハルト・ハイドリヒは女性問題によって不名誉除隊を余儀なくされる。自分の拠り所である軍籍をもぎ取られて怒りに震えるが、妻の奨めでナチ党に入党。ナチ運動に怒りのはけ口を見つけ、出世欲にも駆り立てられて、ナチ運動に没頭していく。やがて、諜報活動で頭角を現し、瞬く間に党幹部へとのしあがる。さらに、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として、絶大な権力を手にしていく。その冷徹極まりない手腕から“金髪の野獣”と呼ばれ、ヒトラーさえもが恐れたという。
ハイドリヒの暴走を止めるべく、チェコ亡命政府によって選抜された2人の若き兵士が、闇夜に紛れパラシュートでプラハに潜入。綿密な暗殺計画を立て、1942年5月27日、遂に決行される。

原作はローラン・ビネの大ベストセラー「HHhH プラハ、1942年」。NYタイムズ紙の“注目すべき本”に選出され、映像化オファーが殺到する中、セドリック・ヒメネス監督が映画化権を獲得した。
前半はラインハルト・ハイドリヒがなぜナチ党員になり、ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男まで上り詰めたのかを、後半は史上唯一成功した、ナチス高官の暗殺計画を実行側から描く。この暗殺計画とその後については、2017年に公開された『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』でじっくり描いているので、既視感が拭えない。しかし、ハイドリヒの半生については、とても興味深かった。ノンポリだったラインハルト・ハイドリヒがナチにのめり込んでいく様は他人事には思えないのだ。そして、残された妻と子のその後をエンドロールで知り、複雑な気持ちになった。(堀)

2017年/フランス・イギリス・ベルギー/カラー/シネスコ/120分
配給:アスミック・エース
(C)LEGENDE FILMS - RED CROW N PRODUCTIONS ? MARS FILMS ? FRANCE 2 CINEMA ? CARMEL ? C2M PRODUCTIONS ? HHHH LIMITED ? NEXUS FACTORY ? BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.


★2019年1月26日(土)ロードショー


posted by sakiko at 00:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする