2019年07月27日

北の果ての小さな村で(原題:Une annee polaire)

kitabohate.jpg

監督・脚本・撮影:サミュエル・コラルデ
脚本:カトリーヌ・パイエ
音楽:エルワン・シャンドン
出演:アンダース・ヴィーデゴー、アサー・ボアセン、ガーティとトマシーネ、ジュリアス

グリーンランド東部に人口80人の小さな村チニツキラークがある。村の小学校にデンマークから28歳の青年教師アンダースが赴任してきた。アンダースは7代も続いた農家の一人息子だった。親の希望は後を継ぐことと知ってはいたが、ほかの仕事を経験したくてわざわざ不便なこの村での生活を選んだのだ。
しかし、やんちゃな子どもたちは新米教師の言うことを聞いてくれない。自然は想像以上に厳しく、自分の予想が甘かったことを早々に思い知る。土地の言葉を学ばずにやってきたアンダースは、村でもなかなか受け入れてもらえない。ある日、連絡なしに学校を休んだアサーの家を訪問したアンダースは、苦言を呈するつもりだったが、逆に狩猟で暮らす少年の祖父母からさまざまなことを教わることとなる。

アンダースが教師の希望を出したとき、役所の担当者に「デンマーク語を教えるのだから土地の言葉は覚えなくてよい」と言われます。外国語の授業でその国の言葉を使わない、というのは聞きますが、暮らしていく上で土地の言葉を身につけるのは必須でしょう?かつてはデンマークの植民地だったこと(1979年より自治政府)が影響しているのか、なんだか見下しているように見えます。
家業を素直に継げないアンダース、両親は後継者がとぎれるのが不安、どちらの気持ちもわかります。これは世界中普遍の悩みですね。
この大きな身体の優しそうなアンダースと村の人々は俳優ではなく、全て本人。ドキュメンタリーは今そこにあるものを映していますが、これは本人たちに少し前の自分たちを再現してもらっているようです。サミュエル・コラルデ監督はいつもこの手法を使うそうで、どんな風に演出しているか覗いてみたくなります。
普段見る地図は上下が広がっているメルカトル図法ですが、地球は丸くて極地からアラスカはすぐ近く。住民の顔立ちはヨーロッパとは違って親近感があります。北極圏のグリーンランドは日本の5倍の面積ですが、ほとんどが凍土で中央部には人が住めません。島の周囲に5万7千人(!)ほどが住んでいるそうです。厳寒期でないとき一度行ってみたいものです。(白)


『北の果ての小さな村で』sub6.jpg


「郷に入っては郷に従え」ということわざがあります。これはまさにそのことを伝える作品でした。
最初、自分の価値観を押し付けようとしたアンダースでしたが、ここの自然と、人々の知恵、暮らしぶりに触れ、溶け込もうとする姿がとても良かった。彼らと生活していく中で、ここの文化、歴史、言葉、狩りの方法などを知っていく。厳しくも美しい自然の中で、イヌイットたちは分け合って生活するという知恵を身に着けて生きてきた。
アンダースは故国デンマークから逃げるようにこの地にやってきて、自分の価値観が打ち砕かれたけど、かわりにこのグリーンランドの地で、新しい価値観と出会い、その中で生きていく道を選んだ。きっとデンマークに帰ってからも、ここで培ったことが生きていく糧になっていくのでしょう(暁)。


2018年/フランス/カラー/シネスコ/94分
配給:ザジフィルムズ
(C)2018 Geko Films and France 3 Cinema
http://www.zaziefilms.com/kitanomura/
★2019年7月27日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 09:14| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(原題Le grand bain、英題SINK OR SWIM) 

sinkorswim.jpg

監督:ジル・ルルーシュ 
脚本・脚色:ジル・ルルーシュ、アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ 
出演:マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールヴールド、ジャン=ユーグ・アングラード

2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)。子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング※」のメンバー募集を目にする。途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーは、妻と母親に捨てられた怒りっぽいロラン(ギョーム・カネ)、事業に失敗し自己嫌悪に陥るマルキュス(ブノワ・ポールヴールド)、内気で女性経験のないティエリー(フィリップ・カトリーヌ)、ミュージシャンになる夢を捨てられないシモン(ジャン=ユーグ・アングラード)など皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中の悩めるおじさん集団だった。
元シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)のもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになる。

※ 2017年7月22日、国際水泳連盟が種目名を「シンクロナイズド・スイミング」から「アーティスティックスイミング」に変更すると発表。伴い、日本水泳連盟も2018年4月1日から種目名等を「アーティスティックスイミング」に一斉に変更した。

男子のシンクロナイズド・スイミングといえば、『ウォーターボーイズ』(2001年)を思い出すだろう。妻夫木聡や玉木宏といったイケメン俳優が出演して評判になり、2003年にはテレビドラマにもなった。こちらには山田孝之、森山未來、瑛太、田中圭らが出演。引き締まった若い体のイケメンの宝庫だった。
ところが、本作ではヨーロッパを代表する演技派俳優たちがぽてぽてのお腹を揺らしながら振付の練習をする。自分の姿を棚に上げ、つい笑ってしまう。本作は原題『Le grand bain』が「大浴場」を、英題『SINK OR SWIM』が「いちかばちか」を意味するように、人生の折り返し地点を過ぎ、家庭や仕事、将来に惑う8人の中年男性が大浴場(プール)を舞台に、いちかばちかの再起に挑む姿を描いたヒューマン・コメディである。
練習しても技が決まらず、こんな調子ではフランスを代表して参加した大会で失態を見せてしまうのではとこちらまでハラハラ。現地入りすれば、ライバルたちの引き締まったお尻に経験の差を感じる。本番はどうなるのか? 若者にはない、大人の経験と貫禄が抜群の照明効果と相まって、彼らの演技と思いを魅せる。思わず立ち上がって拍手がしたくなる作品だった。(堀)


2018/フランス/スコープサイズ/カラー/フランス語/DCP/5.1ch/PG-12/122分
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
公式サイト:http://sinkorswim.jp/
★2019年7月12日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他ロードショー

posted by ほりきみき at 15:17| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

田園の守り人たち(原題:Les Gardiennes) 

moribito.jpg

監督・脚本:グザヴィエ・ボーヴォワ
原作:エルネスト・ペロション
脚本:フレデリーク・モロー
脚本・編集:マリー=ジュリー・マイユ
撮影:キャロリーヌ・シャンプティエ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:ナタリー・バイ、ローラ・スメット、イリス・ブリー、シリル・デクール

第一次世界大戦下のフランス。ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景。2人の息子を西部戦線に送り出した農園の未亡人オルタンス(ナタリー・バイ)は、やはり夫を戦場にとられている娘ソランジュ(ローラ・スメット)とともに、冬を前に種まきに備えなければならない。オルタンスは若い働き手フランシーヌ(イリス・ブリー)を雇い入れる。誠実な彼女は女主人の信頼を得て、家族同然に暮ら始める。女たちだけでなく、前線から一時休暇で帰ってくる次男ジョルジュ(シリル・デクール)もまた慎ましやかなフランシーヌに惹かれてゆく。

第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門出品(TIFF上映タイトルは『ガーディアンズ』)

女はたくましい。特に子を守る母の強さを強烈に感じる作品だった。ラストに流れた歌の歌詞は男を頼らず生きていく女の強い意志を感じさせる。が、愛を信じる幸せも切り捨てないでほしいと思う。
家を守る母親にナタリー・バイ。先を見越して的確な決断ができるが、時に理不尽を承知で信頼する使用人を切り捨てる気丈さを持つ。背筋が伸ばして毅然とした表情からそれがにじみ出ていた。使用人を演じたのは新人女優のイリス・ブリー。奉公先の次男と初めて愛を交わした日の夜、ひとり振り返って微笑む顔は愛の喜びにあふれていた。新人とは思えない演技に将来が楽しみである。
残された女性たちが畑を守る姿は戦時下の日本と似ている気がした。子どもたちが学校でドイツ兵を罵るシーンは鬼畜米英という言葉を思い出す。(堀)


2017年/フランス=スイス映画/シネマスコープ/カラー/135分
配給:アルバトロス・フィルム
(C) 2017 - Les films du Worso - Rita Productions - KNM - Pathe Production - Orange Studio - France 3 Cinema - Versus production - RTS Radio Television Suisse
公式サイト:http://moribito-movie.com/
★2019年7月6日(土)岩波ホールほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 09:50| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

サマーフィーリング 原題:Ce sentiment de l'ete

IMG_0287.JPG

監督:ミカエル・アース
脚本:ミカエル・アース、マリエット・デゼール
撮影:セバスティアン・ブシュマン
編集:マリオン・モニエ
音楽:タヒチ・ボーイ  
出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ジュディット・シュムラ、マリー・リヴィエール、フェオドール・アトキーヌ、マック・デマルコ、ドゥニア・シショフ、ステファニー・デール  

夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ローレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していくーー。

フランスでしか生まれ得ない佳編『アマンダと僕』で鮮烈な印象を残したミカエル・アース監督4年前の長編監督第2作である。16ミリフィルム・オールロケで撮影された本作も『アマンダと僕』同様、柔らかな光線、豊かで明るい色彩と自然光を取り入れることによって登場人物たちの心象風景を見事に描出している。

テーマの主軸となるのは『アマンダと僕』を想起させる喪失と再生である。2作に共通する点は多い。母性的な面から気付いたのは、子役の扱いが実に巧みな監督だということ。『アマンダ〜』では少女、本作の少年も台詞を与えられて喋っているとは思えない滑らかさで大人と会話し、存在する。子役の演技の不自然さに引っかかり、映画に没頭できない経験はしばしばあるが、アース監督作品ではその心配はない。

舞台は、ベルリン、パリ、ニューヨーク、3都市で時を遷移しながら、映す季節は常に夏。公園、海辺、新緑、散歩、自転車…。話す言語やちょっとした小道具、摩天楼といった背景がなければ、登場人物たちは同じ世界を彷徨しているようにも見える。

涼風、空気感まで流れてくる気がするのは、フランスの名匠エリック・ロメールの作風を踏襲しているせいか。日常に沈殿する哀しみも弾ける歓びも、殊更に強調されず、淡々と運ばれる演出が心地好い。
フランス映画ファンには懐かしい『緑の光線』のマリー・リビエール、『女の一生』での好演が記憶に新しいジュディット・シュムラなど、フランス映画に登場する女優は本当に魅力的だ。主演のアンデルシュ・ダニエルセン・リーはノルウェー生まれ。医師、作家、ミュージシャンでもある才人。今後は要注目したい。(幸)


2015年/フランス・ドイツ//カラー/106分
配給:ブロードウェイ   
©Nord-Ouest Films - Arte France Cinéma - Katuh Studio - Rhône-Alpes Cinéma
公式サイト:https://summerfeeling.net-broadway.com/
7月6日(土)より全国公開
posted by yukie at 14:52| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

アマンダと僕(原題:AMANDA)

amanda.jpg
 
監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アムリーヌ
撮影監督:セバスチャン・ブシュマン
音楽:アントン・サンコ
出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトリエ、ステイシー・マーティン、
オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ

夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッドは24歳。シングルマザーの姉と程よい近さに住み、姪の世話を助けていた。パリにやってきた美しい女性レナと出会い、恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたが、突然の悲劇で大切な姉が亡くなり、ダヴィッドは悲しみに暮れる。
彼は、身寄りがなくひとりぼっちになってしまった姪アマンダの世話を引き受けることに。若いダヴィッドには親代わりになるのは荷が重く、アマンダは母親の死を理解できずにいた。しかし、消えない悲しみを抱えながらも二人の間に少しずつ絆が芽生えはじめる。

保護者的存在だった姉を喪い、ダヴィッドは初めて大きな責任と向き合う。姪はかわいいものの、自分に育てることができるのか。悩み、戸惑い、逡巡する。一度引き受けたら放り出すことはできない。しかし、責任を背負うと決めることで人は成長し、絆が生まれるもの。作品はダヴィッドの奮闘を描くことで、人生に迷う人の背中を押す。(堀)

1.jpg

©2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

生まれた命はいつか死ぬ。でもできるだけ先で、穏やかであってほしいと心の底で願う。突然に消えてしまうこともあるというのに。大切な人をそうやってなくしてしまったら、残された自分は乗り越えられるだろうか?
この作品は突然姉を亡くした大人の男性と母親を亡くした小学生の娘のストーリー(姉と母親は同一人物)。二人は悲しみからどう立ち上がるのだろう? 互いに必要だと気づくまでを丁寧に描いている。
ヴァンサン・ラコスト演じるダヴィッドは、しっかりした姉に保護されてきたせいか、なんだか頼りない。アマンダ役のイゾール・ミュルトリエは演技の経験はなく、人混みに紛れたら見失いそうな普通の女の子。急に一人放り出されたアマンダそのものだった。グレタ・スカッキがすっかり貫禄のおばさんになっていて見違えた。エマ・ストーンみたいな細さだったのに。(白)


2.jpg

©2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

2018年、第31回東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞。
テロって遠い国の出来事と思ってましたが 最近の日本でもテロに似た事件が少なくないので、突然、身内を失う経験は誰にでも起こりうると思うと、この物語が俄然、自分の心身に響いてくるのでした。311の津波で叔母夫婦を亡くした時を思い出したり…
そして何気ない風景の光の再現が美しい!! ほとんどのシーンが16mmフィルムで撮影されているとのこと。道理で。私もフィルム派ですよ!! 写真のみですが…。 (千)

第31回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞した時の模様は、シネマジャーナルHP特別記事にあります(暁)。

シネマジャーナル 第31回東京国際映画祭 アウォードセレモニー報告
http://www.cinemajournal.net/special/2018/tiff-fin/index.html

アマンダ.jpg
第31回東京国際映画祭授賞式に映像参加したミカエル・アース監督
撮影 宮崎暁美

◆フランス映画祭 2019年6月20日(木)~23日(日)
会場:みなとみらい21地区ほか
でも上映されます☆
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/466890900.html




2018年/フランス/ビスタ/107分
配給:ビターズ・エンド
©2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/amanda/
★2019年6月22日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 23:37| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする