2020年07月09日

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(原題:Grace a Dieu)

grace of god.jpg

監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:メルヴィル・プポー(アレクサンドル・ゲラン)、ドゥニ・メノーシェ(フランソワ・ドゥボール)、スワン・アルロー(エマニュエル・トマサン)、エリック・カラバカ(ジル・ペレ)、フランソワ・マルトゥーレ(バルバラン枢機卿)、フランソワ・マルトゥーレ

妻と子どもたちとの幸せな家庭を築いているアレクサンドルには、教会での忌まわしい思い出があった。子どもの頃人格者だと思われていたプレナ神父に性的虐待を受けていたのだ。教区を変えながら今も神父でいることを知って驚愕する。アレクサンドルは子どもたちが二度と同じ目に遭わないよう事件の告発を決意し、自分と同じ被害者を探し始める。同時に子どもを守り切れなかった親ともあらためて向き合うことになった。

フランソワ・オゾン監督が初めて実際にあった事件「プレナ神父事件」を映画化しました。一人が子どもの頃受けた性暴力を勇気を持って告発したのを契機に、次々と被害者が名乗りを上げ、結果的に80人以上になりました。裁判は現在も進行中です。
当時虐待を知りながら見ないふりを決め込んだ人たちがいて、被害者は増えていきました。大人になるまで声を上げられないほど、傷は深くトラウマは大きかったということでしょう。あらためて思い出し、言葉にすることでまた傷つく被害者たち。事件が明るみに出ると、家族を巻き込み、好奇の目にさらされます。
日本でも同じような問題があったことを知りました。幼い子どもに「人を信じるな」と教えなければならないとは。有形無形の様々な暴力に立ち向かうには、この映画のようにやはり声をあげること。たとえ小さな声でも、遅くなってもあきらめずに。
2019年の第69回 ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)受賞。2020年のリュミエール賞では最多の5部門にノミネート、セザール賞では7部門8ノミネートされ、今にも折れそうなエマニュエルを演じたスワン・アルローが助演男優賞に輝きました。(白)


本作は最初に声を上げたアレクサンドル、それを知って立ち上がったフランソワ、告発を躊躇うエマニュエルによって話が紡がれる。同じ神父による被害者でも、受け止め方やその後の人生によって苦しみ方が違うことがわかります。
また、苦しむのは本人だけではありません。家族にも大きな影響を及ぼしました。息子に告白されても認めない、重く受け止めて何とかしなければと奔走するなど親の受け止め方はさまざまで、その結果、兄弟間の関係性の亀裂が生じることもありました。フランソワ・オゾン監督は被害者やその家族の心情を丁寧に見つめて描いています。
さらに信仰の問題にも触れています。フランソワは無神論者になりましたが、アレクサンドルは被害を受けてもキリスト教信者として生きてきました。ラストにアレクサンドルは息子からまだ神を信じているかを問われます。フランソワ・オゾン監督がいちばん描きたかったのはこのことだったのではないでしょうか。(堀)


2019年/フランス/カラー/ビスタ/137分
配給:キノフィルムズ
(C)2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE
https://graceofgod-movie.com/
★2020年7月17日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー
posted by shiraishi at 00:27| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

今宵、212号室で 原題:Chambre 212/英題:On A Magical Night

15921073330030.jpg

監督・脚本:クリストフ・オノレ
出演:キアラ・マストロヤンニ ヴァンサン・ラコスト
カミーユ・コッタン バンジャマン・ビオレ キャロル・ブーケ

第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞(キアラ・マストロヤンニ)受賞

恋がいっぱい。でも、愛は一つだけ。
マリアは、結婚して20年になる夫リシャールと二人暮らし。今ではすっかり“家族”になってしまった夫には内緒で、密かに浮気を重ねていたが、ある日ついにバレてしまう。怒ったリシャールと距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室へ。窓越しに夫の様子を眺めるマリアのもとに20年前の姿をした夫が現れ、さらには元カレたちも次々と登場、そのうえ夫の初恋相手のピアノ教師までもがかつての姿でやってきて、愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開けた! もしもあの時、あの恋が成就していたら?かつての恋の思い出が脳内を走馬灯のように駆けぬけたあと、マリアが見つけた真実とは?

冒頭、アポリネール自身が朗読する「ミラボー橋」が流れた時から気分はもうパリ!颯爽とパリの街を歩くキアラ・マストロヤンニの魅力に酔いしれ、物語の独創性とウィットに富む上品なユーモア、センスのいい挿入歌(シャルル・アズナブールなど)の数々にウットリする87分である。

とはいえ、そこは仏映画。お気楽モードなロマコメでは終わらない。夫婦、男女の愛における本質、普遍性に鋭く迫る批評精神が断片のように忍ばせてある。タイトルの【212】には仏ならではの意味が込められているのだ。

性に放縦なヒロインを語り部に配し、片や浮気知らずの夫をサブパーソンに。口論から夫婦が暮らす部屋の向かいのホテルへ逃げ出した妻は、通常とは別の窓に広がる世界を初めてのぞく。目に入るのは怒り荒れる夫…。
と同時に25歳の若き夫が現れる!観客はファンタジックな夜に誘われる。「元カレ」大集合の場面は爆笑だ。

トリッキーな展開に呼応すべく、映像のカラリングや編集、ライティングまで魔法粉をまぶしたかのような幻想性を帯びて行く。巧みな絵造りと軽妙洒脱なタッチは仏映画ならでは。

キアラ・マストロヤンニの無邪気で憎めない表情は、ラテンラヴァーの父マルチェロ・マストロヤンニに生き写し。細長い手足は母カトリーヌ・ドヌーヴ譲りだ。
夫役のバンジャマン・ビオレは本業ミュージシャン。2人は実生活の”元夫婦”である。
若き日の夫を演じるバンサン・ラコスト(『アマンダと僕』など)はミュージシャンであり、医師免許も持つ才人。特別出演で仏を代表する美人女優キャロル・ブーケも顔を見せる。
魅力的なキャストを揃え、仏映画が苦手な方にも抵抗なく受け容れられる佳篇だろう。(幸)


2019年/フランス・ルクセンブルク・ベルギー/フランス語/87分/1:1.85/
配給:ビターズ・エンド
©Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema
公式サイト:http:www.bitters.co.jp/koyoi212
★6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテ他全国順次公開 ★
posted by yukie at 13:05| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

アンティークの祝祭(原題:La derniere folie de Claire Darling、英題:CLAIRE DARLING)

clairedarling.jpg

監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ 
原作:リンダ・ラトレッジ著「La derniere folie de Claire Darling」
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、アリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミ

意識や記憶がおぼろげになることが増えてきたクレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)は夏のある朝、突然「今日が私の最期の日」と確信。長年かけて集めてきたからくり人形、仕掛け時計、肖像画など数々のコレクションをヤードセールで処分することにする。見事な品々の大安売りに、庭先はすぐにお客と見物人で賑わいはじめた。大きな家財から小さな雑貨まで家中を彩り続けたアンティークたちは、いつもクレールの人生と共にあった。それは、彼女の劇的な生きざまの断片であり、切なく悲劇的な記憶を鮮明に蘇らせるものでもあった。
そこに、疎遠になっていた娘マリー(キアラ・マストロヤンニ)は、母のこの奇妙な行動を友人のマルティーヌ(ロル・カラミー)から聞きつけ、20年ぶりに帰ってくる。

ドヌーヴの毅然とした表情を見ていると「今日が人生最後の日なんてわかるもの?」という疑問も払拭されてしまいます。
クレールがなぜ1人で暮らしているのか。家族はどうしたのか。最初は分からないことばかりですが、少しずつ明らかになっていきます。それとともに浮かび上がってくる娘との確執。圧倒的な存在感を放つ母親とうまくやっていくのは難しかったことでしょう。娘マリーを演じたのはドヌーヴの実の娘のキアラ・マストロヤンニですが、マリーの寂しさはそのままキアラの寂しさではないかと思ってしまいました。実際にはどうなのでしょう。
クレールの邸宅は監督の祖母が遺したもので、作品を彩るティファニーやバカラなどの高級アンティークもその祖母や監督の私物だそう。この点でも見応えたっぷりの作品です。(堀)


「こんなヤードセールがあったら私も行きたい!」と誰しも思うはず。それほど素敵な品々が並んでいました。ロケーションも、屋内の撮影も美しいです。初という白髪も似合って、あたりを払うような貫禄のカトリーヌ・ドヌーヴでした。
マストロヤンニそっくりの実の娘キアラとの共演が久しぶりです。記憶を一番確かにとどめるのはやはり我が子か?親が消えてもたしかに続いていきます。
刻み込まれた記憶はその人のもの、墓に持って行けるのはそれだけです。その記憶も混濁してきたら、執着も消えていくのでしょう。断捨離進まず、まだ執着するものがある私、あともうしばらくの時間はほしい。(白)


2019/フランス/スコープサイズ/94分/カラー/フランス語/DCP/5.1ch
配給:キノフィルムズ/木下グループ   
©Les Films du Poisson - France 2 Cinema - Uccelli Production - Pictanovo
公式サイト:http://clairedarling.jp/
★2020年6月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 21:33| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

ANNA アナ(原題:ANNA)

anna.jpg

監督・脚本:リュック・ベッソン
撮影:ティエリー・アルボガスト
出演:サッシャ・ルス(アナ)、ルーク・エヴァンス(アレクセイ・チェンコフ)、キリアン・マーフィ(レナード・ミラー)、ヘレン・ミレン(オルガ)、アレクサンドル・ペトロフ(ペーチャ)

1990年、モスクワの露店でマトリョーシカを売っていたアナは、パリのモデル事務所にスカウトされた。あっというまに売れっ子になり、華やかな生活を送るようになった。しかしその裏の顔はソ連の諜報機関KGBに育て上げられた最強の殺し屋だった。あるときは美貌のファッションモデル、あるときは妖艶なコールガールと姿を変え、忠実に命令をこなしていく。アメリカのCIAの罠にはまったアナは、レナード捜査官からCIAのスパイになることを持ちかけられる。その究極のミッションとは?

自分をスカウトしたKGBのアレクセイと恋仲になり、上司のオルガの期待も裏切らないアナ。実際にスーパーモデルとして活躍していたサッシャ・ルスが、マーシャルアーツの特訓をへてスーパーヒロインとして登場しました。恵まれた肢体から繰り出されるアクションを指導(スタント&ファイト・コレオグラファーというそうです)したのは『LUCY ルーシー』『トランスポーター イグニション』のアラン・フィグラルツ。『ザ・ファブル』にも参加しています。本作では、いきなりのレストラン大乱闘に驚いてください。サッシャ・ルスは『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』にも出演していたそうですが、最初に出てくるパールの島の姫様でしょうか?特殊メイクしているんですが、スタイルや横顔がそうかな。
ヘレン・ミレンが食えない冷徹な上司役で、絶対何かあると勘ぐってみてしまいました。話が二転三転するので騙されないように頑張ってついていってくださいね。アナが大活躍してくれるのでスカッとします。
パリのモデル事務所の同僚でアナと親しいモード役、レラ・アボヴァも注目。これまでのヒロインたちのように次のリュック・ベッソン作品で重要な役になるのでは、とみています。(白)


2019年/フランス、アメリカ/カラー/シネスコ/119分
配給:キノフィルムズ
(C)2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://anna-movie.com/
★2020年6月5日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 13:43| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい 原題:Anna Karina, souviens-toi 英題:ANNA KARINA, REMEMBER

15911738020780.jpg

監督、脚本: デニス・ベリー
プロデューサー:シルヴィ―・ブレネ
出演:アンナ・カリーナ

1940年、デンマーク・コペンハーゲン生まれのアンナ・カリーナは17歳で故郷を飛び出す。パリのサンジェルマン・デプレに到着した彼女は、ようやく自分のいるべき場所を見つけたと確信。世界的デザイナーのココ・シャネルにアンナ・カリーナと命名され、一躍人気モデルとなった17歳の家出娘をゴダール監督が気に入り映画に出演させる。

アンナ・カリーナ、アンナ・カリーナ…その名前をつぶやくだけで甘酸っぱく切ない想いが胸いっぱいに広がる。アンナ・カリーナ80歳、ジャン=リュック・ゴダール90歳を迎える2020年を目前にした’19年12月14日、永遠のミューズ・アンナは旅立った。本作は夫のデニス・ベリー監督がアンナへの愛と敬意、万感の思いを込めたドキュメントである。
名前を口にするだけで胸ときめく人が、55分間スクリーンを占領し続けるのだ!瞬きするのも惜しい気持ちで魅入った。ゴダールやゲンズブールとのオフショット、様々な逸話や映画監督としての顔も披露される。アンナの女優人生=仏映画史として観ることもできる貴重な記録だ。

戦火のコペンハーゲンで生まれ、父を知らないアンナ。母に育児放棄され、愛情を注いでくれた祖母は他界。孤独と飢えを凌いだ家出少女を救ったパリ。モデル業で出会ったココ・シャネルがアンナ・カリーナと命名したことなど興味深い生立ちが綴られる。

モデルのアンナを見染めたゴダールが『勝手にしやがれ』のヒロインをオファーするも素気無く断ったアンナ。役を射止めたジーン・セバーグはベリー監督の前妻でもある。何という運命の悪戯か!

歌手志望だったアンナは、セルジュ・ゲンズブールと出会い、歌手の夢を果たす。「太陽よ!」と歌い上げるアンナの幸せそうな顔が眩しい。本作は挿入映像の権利から今年限りの公開だ。また『女と男のいる舗道』『女は女である』も同時上映されるが、『気狂いピエロ』は権利の関係で日本最終上映となる。この機会を逃すまじ!(幸)


配給:オンリー・ハーツ
2017年製作/55分/フランス/カラー
© Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017
公式サイト: http://annakarina.onlyhearts.co.jp/
★6月13日(土)より新宿K’s cinema他にて全国順次公開★
posted by yukie at 17:35| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする