2024年02月23日

落下の解剖学(原題:Anatomie d'une chute)

rakkano.jpg

監督:ジュスティーヌ・トリエ
脚本:ジュスティーヌ・トリエ、アルチュール・アラリ
出演:ザンドラ・ヒュラー(サンドラ)、スワン・アルロー(ヴァンサン)、ミロ・マシャド・グラネール(ダニエル)、アントワーヌ・レナルツ(検事)

人里離れた雪山の山荘で、男が転落死した。
はじめは事故と思われたが、
次第にベストセラー作家である
妻サンドラに殺人容疑が向けられる。
現場に居合わせたのは、
視覚障がいのある11歳の息子だけ。
証人や検事により、夫婦の秘密や嘘が暴露され、
登場人物の数だけ<真実>が現れるが──。

ロケーションが美しいです。雪山に建つ家に住むのはサンドラ夫婦、視覚障害のある一人息子ダニエルとボーダーコリーのスヌープ。冒頭はインタビューに答える作家の妻サンドラ。上の階で作業する夫が大音量で音楽をかけています。階下の二人の会話がしばしば聞こえなくなります。なぜ注意しにいかないのだろうと疑問がわくほどです。
夫が亡くなって警察の捜査が入り、疑われたサンドラは旧知の弁護士に相談します。この二人の親密度が妙に高くて、いろいろ勘ぐってしまったり、最初の発見者の息子のショックを思ったりしてしまいます。法廷場面にけっこうな時間を割いていますが、こちらは彼女が犯人なのか、事故なのか、真実はどこに?と気にしているので、緊張は解けません。
上にあげた公式HPの紹介文の「登場人物の数だけ真実が」は、「観た人の数だけ真実が」に言い換えられそうです。
愛犬スヌープ役のボーダーコリーのメッシがパルムドッグ賞を受賞しました。(白)


息子ダニエルを演じたミロ・マシャド・グラネール、目が見えない役柄を見事に演じていました。中でも時折奏でるピアノ曲のアレンジが、時に激しく、時に寂し気にと変わり、気持ちを表していて素晴らしかったです。 そして、弾いていた曲のメインは、私が小学生高学年の頃にピアノを習っていた時に、「ブルクミュラー25の練習曲」の中で一番好きだった曲。イサーク・アルベニスのピアノ曲《スペインの歌》作品232の第1曲「前奏曲」として書かれた《アストゥリアス (伝説曲)(西語:Asturias (Leyenda))》です。アンダルシアのアラブ音楽に影響を受けた旋律だそうで、まだ10歳位だった私が心惹かれたとは!
あと興味深かったのは、裁判の場面で、サンドラがフランス語では自分の思うことをちゃんと伝えられないから、英語で話してもいいかとお願いした部分。フランス人と結婚し、長年、フランスで暮らしていても、微妙なことは言い表せないのだと思います。裁判の行方を固唾をのんで見守りました。(咲)



◎第76回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞
◎第81回ゴールデン・グローブ賞 脚本賞/非英語作品賞2部門受賞

2023年/フランス/カラー/ビスタ/152分
配給:ギャガ
(C)LESFILMSPELLEAS_LESFILMSDEPIERRE
https://gaga.ne.jp/anatomy/
★2024年2月23日(金・祝)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開
posted by shiraishi at 21:34| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月13日

VESPER/ヴェスパー(原題:VESPER)

vesper.jpg

監督・脚本:クリスティーナ・ブオジーテ、ブルーノ・サンペル
脚本:ブライアン・クラーク
出演:ラフィエラ・チャップマン(ヴェスパー)、エディ・マーサン(ヨナス)、リチャード・ブレイク(ダリウス)、ロージー・マキューアン(カメリア)

生態系が壊れ、資源が枯渇した未来の地球。一部の富裕層は鉄壁に囲まれた城塞都市“シタデル”に暮らしている。ほかの貧しい人々は食べるものも見つからない外の世界で暮らすしかない。13歳の少女ヴェスパーは、負傷して寝たきりになった父親と二人暮らし。食料探しが楽になるように、この世界でも育てられる食物の研究を続けていた。父親の実の兄、ヨナスは外の世界での支配者だが、冷酷で父娘の窮状など気にかけてはくれない。
ヴェスパーは森の中で倒れていた女性を助けて家に連れ帰る。いかにも高価な服装の彼女は、シタデルの権力者の娘のカメリアと名乗った。シタデルとのつながりが得られるかもしれない、とヴェスパーは期待するが・・・。

描かれたビジュアルはどんよりと灰色で、身の回りは廃墟と瓦礫ばかりです。分断された世界でヴェスパーが食物としているのは、「それは勘弁して」というたぐいのものです。みな飢餓状態で、いよいよとなると子どもたちは血を売るという手段に出ます。若い血は、シタデルで富裕層が買い上げます。その仲買で儲けているのがヨナス。植物の種もヨナスだけが持っています。
ジブリの『風の谷のナウシカ』を思い出させますが、住民が仲良く助け合っていた風の谷とは大違い。為政者の違いですね。こんな世界はいやだ~と思いながら、孤軍奮闘のヴェスパーを見守りました。未来はいつどうなるのか、誰にもわかりません。良い方にと願うばかりです、(白)


☆世界三大ファンタスティック映画祭の一つ(ほかにシッチェス、ポルト)、ブリュッセル国際映画祭で最高賞(金鴉賞)受賞

2022年/フランス・リトアニア・ベルギー合作/カラー/シネスコ/114分
配給:クロックワークス
(C)2022 Vesper - Natrix Natrix, Rumble Fish Productions, 10.80 Films, EV.L Prod
https://klockworx-v.com/vesper/
★2024年1月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 22:10| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月09日

ポトフ 美食家と料理人 原題:La Passion de Dodin Bouffant

potf.jpg
(c)2023 CURIOSA FILMS - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

監督:トラン・アン・ユン   
脚本・脚色:トラン・アン・ユン
出演:ジュリエット・ビノシュ、ブノワ・マジメル
料理監修:ピエール・ガニェール

19世紀末、フランスの片田舎。〈食〉を追求し芸術にまで高め、料理界のナポレオンと呼ばれる美食家ドダンと、彼が閃いたメニューを完璧に再現する料理人ウージェニー。二人は20年にわたって絆を育んできたが、ドダンの求婚にウージェニーはなかなか応えない。
ある日、ユーラシア皇太子から晩餐会に招待されたドダンは、豪華なだけで論理もテーマもない大量の料理にうんざりする。皇太子から料理人に指名されたドダンは、フランスの家庭で何世紀にもわたって作られてきたシンプルな料理〈ポトフ〉をメニューに決めたとウージェニーに打ち明ける。「リスキーで大胆ね」とウージェニー。準備に勤しんでいる中、ウージェニーが倒れてしまう。ドダンは人生で初めて、すべて自分の手で作る渾身の料理で、愛するウージェニーを元気づけようと決意する・・・

デビュー作『青いパパイヤの香り』のまったりとした情感が忘れられないベトナム出身のトラン・アン・ユン監督。本作は、フランス料理の真髄を描く一方で、長年、料理を共に追及しながら、心を通い合わせてきた二人の思いに迫った味わい深い物語。
様々な食材を混ぜ合わせて作る贅沢なソース。混ぜないで、それ一つだけで味わいたいと思う食材もあるけれど、それがフランス流なのですね。素材がわからなくなるソースと違って、ポトフは大きく切った素材がそのまま楽しめる煮込み。観ているだけで、ほっこりします。
劇中に登場する数々の料理を監修したのは、前衛的で独創性と芸術性に満ちた料理から、「厨房のピカソ」 と讃えられる三つ星シェフのピエール・ガニェール。劇中では、美食家・ドダンを招待するユーラシア皇太子のお抱えシェフとして登場し、豪華絢爛な晩餐会のメニューを読み上げています。 聞いているだけで胸がつまりそうなお料理のオンパレードに、観ている私も一緒に苦笑してしまいました。(咲)


2023年/136分/フランス/ビスタ/5.1chデジタル
字幕翻訳:古田由紀子
配給:ギャガ
公式サイト: https://gaga.ne.jp/pot-au-feu/ 
★2023年12月15日(金) Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by sakiko at 23:06| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月08日

Winter boy(原題:Le lyceen)

Winter boy.jpg

監督・脚本:クリストフ・オノレ
製作:フィリップ・マルタン ダビド・ティオン
出演:ポール・キルシェ(リュカ)、ヴァンサン・ラコスト(カンタン)、ジュリエット・ビノシュ(イザベル)、エルヴァン・ケポア・ファレ(リリオ)

リュカ17歳。大好きな父親が事故で亡くなり、高校の寄宿舎からアルプス山麓の実家に戻った。あまりに突然のことで、悲しいという感覚がマヒしてしまったようだ。葬儀の後、兄のカンタンは沈んでいる弟を自分の住むパリに連れていき、好きなように過ごさせる。リュカは初めてのパリで、カンタンの親友の青年リリオに強く惹かれていく。リリオには知られたくない秘密があった。

クリストフ・オノレ監督の十代の自分のセクシャリティや喪失感を描いた自伝的ストーリー。新星のポール・キルシェは『トリコロール/青の愛』(93)『トリコロール/赤の愛』(94)などの女優イレーヌ・ジャコブの実の息子。端正な容姿と繊細な演技で、衆目をひきつけます。傷つきやすい心を抱えて、パリをさまようリュカが光を見出せますようにと、つい見守ってしまいます。恵まれた環境に甘えることなく、探求心や努力を怠らない、先が楽しみな若手スターです。
母役にイレーヌ・ジャコブと共演していたジュリエット・ビノシュ。兄のカンタン役のヴァンサン・ラコストは口元が可愛いですよね。春に公開された『幻滅』で主人公の先輩編集者役を演じていました。リリオ役のエルヴァン・ケポア・ファレはまだ俳優歴は浅いようですが、リュカが目を止めるだけの存在感あり。
中身は全く違うけど、青春って痛かったと思い出しました。(白)


2022年/フランス/カラー/シネスコ/122分/R15+
配給:セテラ・インターナショナル
(C)2022 L.F.P・Les Films Pelleas・France 2 Cinema・Auvergne-Rhone-Alpes Cinema
https://www.winterboy-jp.com/
★2023年12月8日(金)よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 22:37| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月26日

ショータイム!(原題:Les Folies fermieres)

show time.jpg

監督・脚本:ジャン=ピエール・アメリス
撮影:ヴィルジニー・サン=マルタン
音楽:カンタン・サージャック
出演:アルバン・イワノフ(ダヴィッド)、サブリナ・ウアザニ(ボニー)、ベランジェール・クリエフ(レティシア)、ギイ・マルシャン(レオ)、ミシェル・ベルニエ(ミレーユ)

フランスの中南部、カンタル地方。経営危機に陥っている農場主のダヴィッドは地方裁判所の判事の元へ“出頭”する。祖父の代から続いた農場を差し押さえられないよう猶予をもらうつもりだ。なんとかあと2か月の猶予をもらえたが、何の打開策も浮かばない。傷心のまま歩くダヴィッドの目にキャバレーのネオンサインが飛び込んでくる。
初めて観るダンサーのパフォーマンスにくぎ付けになったダヴィッドは、自分の農場でこれと同じことができないかとひらめく。恐る恐るキャバレーに出向いてみると、ボニーがボスと喧嘩して出てくるところだった。この僥倖に遭遇して、普段は口下手なダビッドは勇気を振り絞って声をかける。思いがけないスカウトにボニーは警戒するが、誘いに乗ってみる。何しろクビになったばかりでほかに行く当てがなかった。

あれあれというようなストーリーですが、実際にあったことです。アメリス監督は2018年1月に主人公のモデルとなったダヴィッド・コーメット氏の記事を見つけ、その奇抜なアイディアに興味をひかれ、映画を作ろうと思ったそうです。酪農家や農場主の苦難は実際多く、自殺に追い込まれる人も出ていました。起死回生の勝負に出たダヴィッドは、ショウを盛り上げるパフォーマーを捜し歩きます。ボニーはコーチで演出家となり、寄せ集めのスタッフを特訓します。劇中でボニーが空中での布を使ったダンスを披露していて、これが目玉ですが、ほかの出し物も楽しいです。ここでのキャストたちの獅子奮迅ぶりが見ものです。
本当にショウは出来上がるのか?納屋のキャバレーにお客が来るのか?疑問や心配で頭がぐるぐるするダヴィッドの母と同じ心持ちで見守ってしまいました。二転三転する状況にちりばめられた笑いと人情をお楽しみください。(白)


2022年/フランス/カラー/シネスコ/109分
配給:彩プロ
(C)2021 - ESCAZAL FILMS - TF1 STUDIO - APOLLO FILMS DISTRIBUTION - FRANCE 3 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA
https://countrycabaret.ayapro.ne.jp/
★2023年12月1日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 14:20| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする