2019年06月15日

アマンダと僕(原題:AMANDA)

amanda.jpg
 
監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アムリーヌ
撮影監督:セバスチャン・ブシュマン
音楽:アントン・サンコ
出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトリエ、ステイシー・マーティン、
オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ

夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッドは24歳。シングルマザーの姉と程よい近さに住み、姪の世話を助けていた。パリにやってきた美しい女性レナと出会い、恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたが、突然の悲劇で大切な姉が亡くなり、ダヴィッドは悲しみに暮れる。
彼は、身寄りがなくひとりぼっちになってしまった姪アマンダの世話を引き受けることに。若いダヴィッドには親代わりになるのは荷が重く、アマンダは母親の死を理解できずにいた。しかし、消えない悲しみを抱えながらも二人の間に少しずつ絆が芽生えはじめる。

気ままに生きてきた主人公が初めて大きな責任と向き合う。一度引き受けたら放り出すことはできない。悩み、戸惑い、逡巡する。しかし、責任を背負うと決めることで人は成長し、絆が生まれるものだと作品は伝え、人生に迷う人の背中を押す。(堀)

1.jpg
©2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

生まれた命はいつか死ぬ。でもできるだけ先で、穏やかであってほしいと心の底で願う。突然に消えてしまうこともあるというのに。大切な人をそうやってなくしてしまったら、残された自分は乗り越えられるだろうか?
この作品は突然姉を亡くした大人の男性と母親を亡くした小学生の娘のストーリー(姉と母親は同一人物)。二人は悲しみからどう立ち上がるのだろう? 互いに必要だと気づくまでを丁寧に描いている。
ヴァンサン・ラコスト演じるダヴィッドは、しっかりした姉に保護されてきたせいか、なんだか頼りない。アマンダ役のイゾール・ミュルトリエは演技の経験はなく、人混みに紛れたら見失いそうな普通の女の子。急に一人放り出されたアマンダそのものだった。グレタ・スカッキがすっかり貫禄のおばさんになっていて見違えた。エマ・ストーンみたいな細さだったのに。(白)


2.jpg
©2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA



2018年/フランス/ビスタ/107分
配給:ビターズ・エンド
©2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/amanda/
★2019年6月22日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 23:37| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅  原題;The Extraordinary Journey of the Fakir

closet.jpg

監督・脚本:ケン・スコット
原作・脚本:ロマン・プエルトラス(小説「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」)
プロデューサー・脚本:リュック・ボッシ
出演:ダヌシュ、ベレニス・ベジョ、エリン・モリアーティ、バーカッド・アブディ、ジェラール・ジュニョ、ベン・ミラー、アベル・ジャフリ、ステファノ・カセッティ

ムンバイのスラムで育ったアジャ。父の顔を見たことがなくて、小さい頃からいつも母に「この人がパパ?」と聞いて困らせていた。ある日、父親はフランス人で、母が彼の手紙を大事に持っているのを知る。いつか母を連れてパパに会いにパリに行こう! 路上で空中浮遊などのマジックショーをしながら一生懸命お金を貯めていたが、母は病に倒れ逝ってしまう。母の遺灰とパスポート、それに100ユーロの偽札を持ってパリに向かう。パリに着いた日、まず最初に憧れのインテリアショップへ。そこで家具を買いにきていたアメリカ人のマリ―に一目惚れ。翌日エッフェル塔でデートする約束を取り付ける。お金のないアジャは、その店のクローゼットをその日の宿に。ところが、よりによって、そのクローゼットがその夜、出荷されてしまう。目がさめると、ロンドンに向かうコンテナーの中。まわりにはリビアから違法に移民しようとする男たちがいた。彼らと共に、ロンドン、スペイン、イタリア、リビアへと旅することになる・・・

物語は、インドに帰ってきたアジャが、少年院行きの少年少女3人に、自分の奇想天外な旅を語る形で進みます。この子たちに、ぜひいい人生をおくってほしいという思いにあふれた語りに、ほろっとさせられます。不法移民や難民のことなども、さらっと織り込みながら語られるわくわくする冒険の旅をぜひお楽しみください!
アジャを演じたダヌシュは、タミル映画界の大スター。(*公式サイトには、ダヌーシュと表記されていますが、タミル語での発音はダヌシュとのこと) その後ボリウッドにも進出。監督・プロデューサー・歌手としても活躍しています。そして、奥様はラジニ・カーントの娘さん! 
私はこの映画で初めてダヌシュを知ったのですが、見た目、とても地味な感じで、インド映画通の友人から、大スターだと聞いてびっくり。少年たちに語る姿がとても誠実で素敵です。(咲)


2018年/フランス、ベルギー、インド/96分/シネスコ/英語
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:http://clotabi-movie.jp/
★2019年6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開


posted by sakiko at 08:47| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

パリの家族たち   原題:La fete des meres

paris chirasi.jpg

監督:マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
出演:オドレイ・フルーロ、クロチルド・クロ、オリヴィア・コート、パスカル・アルビロ、ジャンヌ・ローザ、カルメン・マウラ、ニコール・ガルシア、 ヴァンサン・ドゥディエンヌ、マリー=クリスティーヌ・バロー、パスカル・ドゥモロン、ギュスタヴ・ケルヴェン、ノエミ・メルラン

5月のパリ。母の日が近づき、それぞれの思いを巡らす女性たちの物語。

大統領在任中に出産したアンヌ。
国民を率いるリーダーシップには自信があるのに、初めての子育てに、ちょっと鬱状態。
夫グレゴワールが優しく支える。

花屋で働くココは身篭るが、子どもの父である恋人のスタンが全く電話に出てくれない。
同じ花屋で働くジャックは、亡き母との思い出に生きている。

ダフネはシングルマザーのジャーナリスト。二人の子どもたちは、仕事優先の母親よりベビーシッターのテレーズになついている。
ダフネの妹ナタリーは大学教授で独身。教え子との恋愛を楽しんでいる。大学で母の日をテーマに講義するが、そも、母親たちへの偏見が強い。
小児科医のイザベルは、ダフネとナタリーの姉。幼少期の母ジャクリーヌとの確執でトラウマを抱えていて母の日に感謝する気になれない。
一方、母は認知症が進み、3姉妹にとって母の扱いをどうするか悩みの種だ。

舞台女優のアリアンは不治の病で、残された人生をタップダンスに賭けている。行動を制限しようとする心配性の息子が煩わしい。

息子の将来のため国を出て、パリで娼婦として働く中国女性。スカイプで息子と話すのが生き甲斐だ。

幸せを求めて、さまざまな女性たちの思いが交錯する・・・

この映画を観ていて思い出したのが、何より亡くなった母のこと。私たち姉妹を産んで、手探り状態で子育てして、最後まで母親としての自分を模索していたように思います。懸命に私たちを育ててくれた母に、もう感謝の言葉を伝えられないのがほんとに寂しいです。
私自身は母親になったことがないのですが、いろいろな母親がいて、何が正解ということはないのだということも映画を観ていて思いました。そして、私は私でいいのだということも! (咲)


DSCF8430 paris 320.JPG
マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督インタビュー こちらで! 

2018年/フランス/103分/フランス語/カラー/5.1ch/シネスコ
配給:シンカ
提供:シンカ、太秦、アニモプロデュース、スウィートプレス
©WILLOW FILMS–UGC IMAGES–ORANGE STUDIO– FRANCE 2 CINÉMA
公式サイト:http://synca.jp/paris/
★2019年5月25日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開







posted by sakiko at 21:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ、嘘つきな恋(原題:Tout le Monde Debout)

paris-uso.jpg
 
監督・脚本:フランク・デュボスク
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー

ジョスラン(フランク・デュボスク)は、パリの大手シューズ代理店で働くビジネスマン。イケメンでお金持ちの彼は女性にモテるが、恋愛に求めるのは一時的な楽しさだけ、という軽薄な男。ある日、ひょんなことからジョスランが車椅子に座っていると、偶然美しい女性ジュリー(キャロライン・アングラード)と遭遇。 彼女の気を引くために「自分は車椅子生活だ」と、とっさに嘘をついてしまう。すっかり信じたジュリーが彼に紹介したのが、姉のフロランス(アレクサンドラ・ラミー)。フロランスは以前事故に遭い車椅子生活を送りながらも、ヴァイオリニストとして世界中を飛び回る、快活でユーモア溢れる魅力的な女性だった。親友マックス(ジェラール・ダルモン)には興味無いと言いつつも、ジョスランはフロランスが出場する車椅子テニスの試合を観戦したり、彼女が演奏するコンサートを観に、わざわざプラハを訪れる。そして会うたびに新しい一面を見せてくれるフロランスに、本気で恋に落ちる。2人はデートを重ね距離を縮めていくが、ジョスランはまだ本当のことを言えずに、車椅子に乗ったままだった。そんな時、ついに妹ジュリーに車椅子の嘘がばれてしまう!「48時間以内にフロランスに本当のことを言わないと、ただじゃ済まさない」と言われたジョスランは、マックスや秘書のマリー(エルザ・ジルベルスタイン)を巻き込んで、嘘を切り抜けるために奇想天外な計画を立てる。しかし一方、実はフロランスにも彼に隠し事があるようで…? 果たして、トンデモナイ嘘から始まった恋の行方は!?

相手の勘違いを訂正し損ねてついてしまった嘘。本当のことを言うのは難しい。しかも相手のことを好きになっていたらなおのこと。そんな葛藤に苛まれつつ逢瀬を重ねてしまう中年プレイボーイのあたふたする姿がキュートに描かれる。ルルドに行って奇跡が起こったことにしようという発想は西洋ならでは。ラストの仲直りが素敵。(堀)

2018年/フランス/仏語/108分/シネスコ
配給:松竹
© 2018 Gaumont / La Boétie Films / TF1 Films Production / Pour T oi Public
公式サイト:http://paris-uso.jp/
★2019年5月24日(金)より、新宿ピカデリー、東劇、渋谷シネクイント他 全国ロードショー
posted by ほりきみき at 13:21| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

RBG 最強の85才(原題:RBG)

RBG.jpg
 
監督・製作:ジュリー・コーエン、ベッツィ・ウエスト
出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ、ビル・クリントン、バラク・オバマ

1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ。弁護士時代から一貫して女性やマイノリティの権利発展に努めてきた彼女は、1993年にビル・クリントン大統領に女性として史上2人目となる最高裁判事に指名される。以降も男子大学の女性排除、男女の賃金差別、投票法の撤廃などに、弁護士時代と変わらぬ視点から、法の下の平等の実現に向けて果敢に切り込んでゆく。若者を中心に絶大な支持を得る「RBG」はいかにして誕生したのか?彼女を良く知る家族、友人、同僚が母として、友人として、働く女性としてのルースの知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫、マーティンとの愛溢れるエピソードも描かれる、全米大ヒットのドキュメンタリー。

ルース・ベイダー・ギンズバーグは女性やマイノリティへの差別撤廃のために50年近く闘い続けてきた。スクリーンに映し出されるルースの華奢な体のどこのそのエネルギーがあったのかと驚かずにいられない。ルースがジムでダンベルを持ちあげ、腕立て伏せをして健康維持に努める姿を見て、仕事を精力的にこなすには、仕事だけがんばればいいのではないことを知る。生涯現役を目指しているのも納得だ。作品内でRBG語録ともいえる、言葉がいくつも出てくるが、私には「怒るのは時間の無駄」がいちばん心に響いた。これは私にも役立つ気がする。
なお、本作で出てくる裁判は下記の5つ。
・1973年「フロンティエロ対リチャードソン」
・1975年「ワインバーガー対ワイゼンフェルド」
・1996年「アメリカ合衆国対バージニア州」
・2006年「レッドベター対グッドイヤー」
・2013年「シェルビー郡対ホルダー」
より作品を理解するために、予習をしておくといいかもしれません。(堀)


2018年/アメリカ/カラー/英語/98分
配給:ファインフィルムズ
©Cable News Network. All rights reserved.
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/rbg/
★2019年5月10(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにてロードショー
posted by ほりきみき at 21:45| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする