2022年11月26日

あのこと  原題:L'evenement  英題:Happening

anokoto.jpg
© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – WILD BUNCH – SRAB FILM

監督:オードレイ・ディヴァン
原作:アニー・エルノー「事件」
出演:アナマリア・ヴァルトロメイ(『ヴィオレッタ』)、サンドリーヌ・ボネール(『仕立て屋の恋』)

1960年代のフランス。アンヌは大学で文学を学び、作家になるのを夢見ている。教授からも詩の解釈が素晴らしいと目をかけてもらっている。そんなある日、なかなか生理が来ないので、医者に行くと妊娠だと告げられる。学位を取るための試験を目前にして、今は産めない。医師からは中絶は違法だから加担できないといわれる。なんとかしなければと、アンヌは解決策を模索するが、ついに12週目を迎える・・・

中絶が違法な時代。医師は中絶に加担したくないどころか、「医師の大半は女性に選択肢はないと考えている。妊娠を受け入れて」と告げるのです。必ずしも快楽の結果だけでない妊娠。いえ、快楽の結果だったとしても、女性に選択肢がないというのは理不尽です。
自分でなんとか処置しようとする姿が痛々しいです。
処置できたとしても、その後、医師に診てもらって診断書に「流産」と書かれれば問題にならないけれど、「中絶」と書かれれば刑務所行きの時代でした。
中絶が違法な中で、少女が奔走する話で思い出すのは、『4ヶ月、3週と2日』『17歳の瞳に映る世界』です。
予期せぬ妊娠で辛い思いをするのは女性だけ。男性は妊娠させないことに、もっと気を使うよう、これらの映画を心して観てほしいと願います。

なお、フランスで中絶が合法化されたのは、1975年。
1974年、ジスカール・デスタン大統領時代に保健相になったユダヤ系の女性政治家、シモーヌ・ヴェイユの奔走によって合法化したもの。カトリック信者の多いフランスで大反対を受けながらの合法化。日本では、1948年に合法化されています。

原作は、2022年ノーベル文学賞を受賞したフランスの作家アニー・エルノーの短編「事件」。
エルノー自身が体験した壮絶な違法中絶をもとに描いた小説を映画化するにあたって、ディヴァン監督は、エルノーと1日一緒に過ごし詳しく話を聞いたとのこと。80歳を超えたエルノーが、まさに中絶を行う瞬間の話を始めた時、目に涙を浮かべていて、今なお癒えていない悲しみを感じたディヴァン監督。「政治的な背景をより正確に理解した上で、女性たちが決意の瞬間に抱いた恐怖に触れることができました」と振り返っています。
本作の原作「事件」は、「嫉妬」(早川書房)に併録されています。
また、アニー・エルノーが自身の年下男性との愛と性の体験を元に綴った原作を映画化した『シンプルな情熱』も記憶に新しいです。
『あのこと』でも、性への欲望を自然なものとして描いていることに注目いただければと思います。(咲)



第78回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

2021年/フランス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/100分
字幕:丸山垂穂
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/anokoto/
★2022年12月2日(金)Bunkamuraル・シネマ他 全国順次ロードショー.

posted by sakiko at 20:18| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月30日

ソウル・オブ・ワイン 原題:L'ame du vin

2022/11/4(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー  劇場情報

640_R.jpg
©2019 – SCHUCH Productions – Joparige Films – 127 Wall 

「ソウル・オブ・ワイン」は大地と空と人の出会いから

監督・脚本:マリー=アンジュ・ゴルバネフスキー
撮影:フィリップ・ブレロー
出演者 公式HP

高級ワインの代名詞ともいわれるロマネ=コンティをはじめとする世界最高峰のワインを生み出すワイン愛好家の聖地、フランス・ブルゴーニュ地方。名だたる畑を守る生産者たちの貴重な舞台裏を1年に渡り密着したドキュメンタリー。
農薬や除草剤を使わず、草むしりは手作業。畑を耕すのは馬を使い、自然のままの有機農法やビオディナミ農法でワイン造りをするブルゴーニュの生産者たち。土地の所有者ではなく、次世代へとその遺産を受け継ぐ番人と語る。そして何世紀もの間、ワイン畑を守り、その技と知恵、哲学をつないできた。ワインとテロワール(土壌や生育環境)について語り、最高級のワインが生まれる貴重なプロセスを、丁寧に、冬から春、実が大きくなり、熟れ、収穫を経て、ワインができるまでを四季を通じて映し出す。
詩的で芸術的な映像を観ながら、何世紀も繰り返され、継続されてきたワインができるまでの過程をじっくり眺めると、自然の真理やワイン造りの哲学が伝わってくる。またワイン造りに欠かせないオークの樽作り工程も丁寧に描きだされる。
葡萄生産者から樽職人、ワイン生産者、醸造専門家、ソムリエなど、フランスのワイン界を代表する一流のスペシャリストたちが、その香り高く味わい深い世界の導き手となり、フランスのワイン文化の「真髄」、丹念な仕事を映し出す。

サブ5(オベール・ド・ヴィレーヌ)_R_R.jpg
©2019 – SCHUCH Productions – Joparige Films – 127 Wall
 
1本200万円以上すると言われている高級ワインなんて、私には縁がないし、興味もなかったけど、この作品はそれらの高級ワインの生産地ブルゴーニュを舞台に、葡萄を栽培する人、ワインを造る人、はたまたワイン樽を作る人、そしてソムリエや醸造専門家など、ワインに関わる人たちが出てきて、ワインを語る。ワインはこういう風に作られているのだという作りになっていて、とても興味深い。ワインが好きな人もワインを飲まない人にとっても、このようにしてワインが作られていくという過程が描かれ、とても興味深いドキュメンタリーだと思う。
特に葡萄を作る生産者たちの仕事が最初から最後まで描かれていたのが、とてもうれしかった。馬で畑を耕すところや、剪定、農薬や除草剤に頼らず手による除草、葡萄を手摘みする姿、葡萄の仕分けまでしっかり描かれ、そして樽作りについても最初から最後まで描かれ、樽ってこんな風にできるんだと感心した。また、フランス、ブルゴーニュ地方の四季の葡萄畑の風景と、何世代にも渡ってワイン畑を守り続ける生産者たちの知恵と技、そして畑を継続してゆく姿を通して、ワインと人間の関わり、ワイン造りの原点を幅広く紹介している。この作品で、樽からスポイトのようなものでワインを取り出して試飲する光景を見て、私もこの経験をぜひしてみたいと思った。
最後のほうでパリに店を持つ日本人のソムリエとシェフが1945年のヴィンテージワインを試飲するシーンがでてくるが、「ドキドキするとか、感動しかない」とかいう言葉を繰り返すばかりで、せっかくのワインの味覚を表現する言葉が出てこなかったのが残念だった(暁)。


サブ8_R_R.jpg
©2019 – SCHUCH Productions – Joparige Films – 127 Wall 


公式サイト  http://mimosafilms.com/wine/
2019年/フランス/フランス語/102分/カラー/1.85:1/5.1ch 
字幕:齋藤敦子 字幕監修:情野博之
協賛:株式会社ファインズ 
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、一般社団法人日本ソムリエ協会 
配給:ミモザフィルムズ

posted by akemi at 20:32| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月22日

シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ  原題:La Revanche des Crevettes Pailletées

shaining.jpg
(C)2022 LES IMPRODUCTIBLES - KALY PRODUCTIONS - FLAG - MIRAI PICTURES - LE GALLO FILMS

監督:セドリック・ル・ギャロ、マキシム・ゴヴァール
出演:ニコラ・コブ、ミカエル・アビブル、デイヴィット・バイオット、ロマン・ランクリー、ローランド・メノウ、ジェフリー・クエット、ロマン・ブロー、フェリックス・マルティネス、ビラル・エル・アトレビー、ブリアナ・ギガンテほか
エンディング曲:ビッケブランカ “Changes”(avex trax)

前作『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』から2年後の物語。

クロアチアで開催されたLGBTQ+のスポーツの祭典ゲイゲームズに参加し、最高のゲームを繰り広げたゲイの水球チーム《シャイニー・シュリンプス》。病気を隠していたリーダー・ジャンを亡くしてから2年、メンバーたちは追悼の意を込めて東京で開催されるゲイゲームズを目指す。

出発当日、最年長のジョエルは、クロアチアで親しくなったリッチな彼氏ブラムとの別れを惜しむ。赤毛のグザヴィエと、くせ毛のヴァンサンは交際5か月目を仲間に隠しての参加。黒人のアレックスは亡きジャンが忘れられず薬が手放せない。コーチのマチアスは、今回、パリ郊外の水泳チームからセリームをスカウト。一人娘のヴィクトワールのゲイに違いないという言葉を信じてのことだったが、メンバーすべてがゲイだと知ったセリームはたじろぐのだった。

飛行機代を節約して乗継便に乗り込んだ一行。30分しかない乗継時間と思ったら、フライトは翌日の便だった! かくして、一行はゲイ嫌いの国で一夜を過ごすことになる・・・

雪のロシアの地に降り立った一行。ホテルに着き、テレビをつけると、トーク番組で「同性愛は病気」などと言う言葉が。 
そんな国で、その夜、町に繰り出した一行が、どんな目にあったかは、ぜひ映画をご覧ください。

本作、ロシアでは路上でのキスが法律で禁止されている為、同じスラブ文化圏のウクライナで撮影。その後、ロシア侵攻で、当時ウクライナでサポートしてくれたスタッフの人たちの中には、銃を手にしている人もいれば、国外に避難している人もいるとのこと。

パリ郊外の水泳チームのセリームは、移民(二世?)のムスリム。「自分のところでは、ゲイは地獄をみる」という言葉が漏れます。
ロシアに降り立った時に、「ゲイ嫌いの国よ」というのに対し、「チェチェンとは違う」という会話がありました。イスラーム教徒の多いチェチェンでは、国家がゲイを粛正しているのです。
『チェチェンへようこそ ーゲイの粛清ー』を観て、そこまでするのかと驚いたものです。  

かつてに比べると、LGBTQの人たちへの理解が深まったとはいえ、世界には、同性愛を悪としたり罪としたりする国がある現実を、本作でも突きつけられました。 コメディタッチで描かれた作品ですが、自分が自分らしく生きられる社会を願わずにいられませんでした。(咲)


2022年/フランス・日本/カラー/シネマスコープ/フランス語・ロシア語・日本語
字幕翻訳:高部義之
配給:フラッグ
公式サイト:https://www.flag-pictures.co.jp/shinyshrimps-movie/
★2022年10月28日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開



posted by sakiko at 21:13| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月05日

愛する人に伝える言葉   原題:De son vivant

aisuruhitoni.jpg
(C)Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN - LES FILMS DU KIOSQUE


監督・脚本:エマニュエル・ベルコ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ブノワ・マジメル、セシル・ドゥ・フランス、ガブリエル・サラ

40代の自称「無名の俳優」のバンジャマン。膵臓がんステージ4で切除不能と宣告され、一縷の望みをかけて、母クリスタルとともに、名医の誉れ高いドクター・エデを訪ねる。エデは率直に既に治せない状況だと告げる。ショックのあまり自暴自棄になるバンジャマンにエデは、「命が絶える時までの道のりが大事」と、生活の質を維持するために化学療法を提案し、「一緒に進みましょう」と励ます。
一方、母クリスタルは、病に倒れた息子を見ながら、かつて息子が若くして恋人アンナとの間に子供を作ったとき、息子の将来を思い認知させず、結果、二人が別れることになったことを思い出して悔いる。ドクター・エデにその思いを明かし、エデの勧めで、クリスタルはオーストラリアにいるアンナに連絡する・・・

誰しもに訪れる死。それでも、余命宣告を受け、親より先に逝くことを知った人の思い、さらに我が子が自分より先に逝ってしまうことを覚悟しなければいけない親の思いは計り知れません。
ドクター・エデの患者や患者の肉親に寄り添った治療や言葉に、病に罹ったら、こんなお医者さまに出会いたいと思いました。
実は、このドクター・エデを演じているガブリエル・サラは、本物のがん専門医。
『太陽のめざめ』(2015年)のニューヨークでの上映とエマニュエル・ベルコ監督のトークが終わった後、「映画とアフタートークから感じましたが、あなたは私の仕事に興味を持たれるはずだ」と監督に声をかけてきたのが、ガブリエル・サラ医師。その後、サラ医師の病院を訪れ、仕事ぶりを目の当たりにしたことが、この映画に繋がりました。しかも、彼をモデルにしたドクター・エデは、本人にしか演じられないと依頼。
映画のなかの彼の患者に対する姿勢や、言葉は、彼自身の哲学から生み出されているところが大きいとのこと。家族が患者本人の旅立ちを受け入れることも平穏に旅立てる条件。
また、患者たちのためのタンゴの公演会や音楽によるセラピー、看護師たちの精神的負担を和らげるような明るいミーティング風景も、実際に彼が病院で企画していること。一部の例外を除いて、病院のスタッフも本物の方たちに演じてもらったそうです。
セシル・ドゥ・フランスも、静かに、かつ、明るく患者を見守る看護師を体現していて素敵です。
さて、自分が余命宣告されたら覚悟はできるだろうか、旅立つ準備はちゃんとできるだろうか・・・と考えさせられました。(咲)


(白)


2021年/フランス/フランス語・英語/122分/カラー/スコープサイズ/5.1chデジタル
字幕翻訳:手束紀子
配給:ハーク/TMC/SDP
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
公式サイト:https://hark3.com/aisuruhito/
★2022年10月7日(金) 全国ロードショー


posted by sakiko at 02:05| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月18日

暴力をめぐる対話 原題:Un pays qui se tient sage 英題:The Monopoly of Violence

booryoku.jpg
© Le Bureau - Jour2Fête – 2020

監督::ダヴィッド・デュフレーヌ
プロダクション・マネージャー ::ガブリエル・ジュエル
制作総指揮::ベルトラン・フェーヴル(LE BUREAU)
共同製作::JOUR2FETE

2018年、地方都市で始まったマクロン政権に異を唱える市民たちによる“黄色ベスト運動”は、瞬く間にフランス全土に広まった。燃料価格、生活費高騰による社会的不平等に対する怒りと不満が高まるにつれ抗議はときに破壊行為へと激化。2019年3月16日にはパリで200人以上が警察に拘束された。市民の過激な行為を警察が武力鎮圧する事態はだんだん増大していく。それは正当な行為なのか?

冒頭近くで、マクロン大統領が、「人々を守る警察が襲うはずはない」と熱弁をふるう様子が印象的でした。その後、映し出されるのは、警察の暴力的ともいえる行為の数々。
本作は、各地でデモに参加した人々が撮影した生の映像などを大きな画面で見せながら、知らない者どうしを二人一組でそれぞれの思いを語るという対話形式で進んでいきます。登場する24人は、デモに参加し傷を負った当事者や家族、社会学者、歴史学者、弁護士、運転手、配管工、心理セラピストなどのほか、警察関係組織の書記長や、国家憲兵隊少将もいます。ただ、発言している映像には、それがどういう立場の人なのかは表示されません。先入観を持たないようにとの配慮です。
私が一番ショックを受けたのは、高校生たちが大勢、膝をつかされていた場面です。黒いヒジャーブ姿の母親が「息子は3時間、この姿勢をさせられた」と嘆いていました。移民の多い郊外の高校のようでした。(郊外の団地にあるマント=ラ=ジョリー高校だそうです)警察が、彼らに向かって「お利口なクラス」と言い放ちます。
この映画のフランス語タイトルは、『Un pays qui se tient sage』(意訳:お利口な国)。
お利口な市民には、警察がお仕置きをという次第でしょうか・・・ (咲)

2020/フランス/ドキュメンタリー/DCP/93 分
配給・宣伝::太秦
公式サイト:http://bouryoku-taiwa2022.com/
★2022 年 9 月 24 日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

posted by sakiko at 21:13| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする