2021年02月21日

ミアとホワイトライオン(原題:Mia et le lion blanc)

mia.jpg

監督:ジル・ド・メストル
脚本:プルーン・ド・メストル 、ウィリアム・デイヴィス
協力(ライオン・アドバイザー):ケビン・リチャードソン
出演:ダニア・デ・ヴィラーズ(ミア)、メラニー・ロラン(母・アリス)、ラングレー・カークウッド(父・ジョン)、ライアン・マック・レナン(兄・ミック)

父親がライオンファームを経営するため、友達と別れて南アフリカにしぶしぶ移住してきた11歳のミア。動物好きの兄ミックと違って、大自然にも動物にも少しも興味を惹かれない。母は繊細なミックの世話ばかり焼き、ミアは都会に戻りたくてたまらない。クリスマスの夜、ファームに白いライオンの子が生まれた。チャーリーと名付けられた小さなライオンはミアに懐き、大の親友となる。
それから3年。チャーリーはたくましく育ち、ファームでは集客に欠かせない人気ものになった。そんな時ミアは尊敬していた父の知らなかった一面を見てしまう。囲い込んだ動物を標的にする「トロフィー・ハンティング」にライオンを売っていたのだ。

ライオンと子どもの成長、家族の立て直しのストーリーが大自然を背景に語られます。登場するライオンはCGではありません。赤ちゃんライオンから堂々とした風格が出たラストまで本物です。これは”動物研究家で保護活動家のケビン・リチャードソン”が撮影に参加して、俳優とライオンを繋ぐ役割をしたので可能になったこと。野生動物保護区を所有・運営している彼は、ライオンと一緒のシーンで危険がないよう、子どもたちにライオンとの接し方をトレーニングしたそうです。
実際に3年を超える年月をかけて撮影されて、ダニア・デ・ヴィラーズとライアン・マック・レナンは、ホワイトライオンと一緒に成長しています。この二人はそれまでに演技経験はあるものの、映画出演は初めて。オーディションでこの役を勝ち取り得難い経験をしました。ダニアは今も定期的にチャーリー役だったホワイトライオンのトールに会いに行っているとか。

*作中にある「トロフィー・ハンティング」は観光客が趣味や娯楽のために野生動物を狩ること。頭部や毛皮を記念品とする人もいます。囲い込んだ土地に放たれた動物を狩ることから「缶詰ハンティング」とも呼ばれています。2018年に公開されたドキュメンタリー『サファリ』の衝撃を忘れることができません。ビジネスとして成立し、野生動物の保護にもお金が回っていくとは皮肉の限り。(白)


2018年/フランス/カラー/シネスコ/98分
配給:シネメディア
(C)2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films
https://miaandthewhitelion.jp/
★2021年2月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 19:47| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

モンテッソーリ 子どもの家(原題:Le maitre est l'enfant)

monte pos.jpg

監督・撮影:アレクサンドル・ムロ
音楽:ダミアン・サランソン
日本語吹替:本上まなみ、向井理

”モンテッソーリ教育”とは20世紀初頭にイタリアのマリア・モンテッソーリが考案した教育メソッド。世界の140カ国以上の国に普及しているが、義務教育が徹底している日本では、西欧と違ってあまり知られていない。アレクサンドル・ムロ監督は自分自身の子育てに疑問を持ったことから、モンテッソーリ教育に着目した。フランスで最古の学校に2年3カ月に渡って通い、2歳半~6歳の28人の教室に小型カメラを設置し、注意深く子どもたちを観察した。

親も教師もつい、子どもの先へ先へと口を出して、管理したがるのが常です。その方が自分に都合がいいというのが大きな理由ではないでしょうか?じっと子どもを待つことができません。これは自省も込めて。
この映画では、子どもが自発的に考え、選択し、行動するようすが捉えられています。いきなりこうなるのではなく、少しずつ段階を踏んで子どもが学んでいきます。初めて教室に来た子が、帰っていく親の姿を窓に張り付いてずーっと見ているシーンも入っています。先生は仲間に入るように無理強いはしません。子どが興味を持つまで待っています。
初めてのことは少しやってみせて、子どもに聞かれたことには丁寧に応えます。年齢の異なる子どもたちが一つの教室にいることで、小さな子は大きな子の真似をします。真剣な表情がいじらしく、何度も繰り返してできたときの笑顔の可愛さといったら!
「子どもは“お仕事”が好き」「子どもの“集中現象”」「子どもに褒美や罰を与えない」「子育てにマニュアルなどない」などなど、大事なエッセンスが詰まった作品です。”自発的に考え、選択し、行動する”人間がたくさん育つと困るのは誰?というところは置いといて(後で考えてね)。まずはこの映画で”子どもが大きな可能性を秘めた存在”ということを胸に刻んで、自分の周りの子どもたちを見守る大人になりませんか。(白)


本作は想田和弘監督の観察映画のようにナレーション、説明テロップは一切なく、淡々と子どもたちの様子を映し出します。好きなことを集中して取り組み、大きな子が小さな子をリードしています。(きっと編集でうまくカットしているのではないかと思いますが)トラブルはほとんど見受けられません。
自由でのびのびとした幼稚園に通わせたい。娘が生まれてからいろいろ探して私が行き着いたのがモンテッソーリ教育でした。しかし、私が入園を考えたところは親の積極的な参加が求められ、縫物が絶望的に下手な私にはハードルが高く、家から車でないと通えないということもあって諦め、地元で自由保育を行う幼稚園に入園させました。そこは一斉保育をすることなく、この作品と同じように、子どもが自分のしたいことをし、先生はそれを見守ってくれる。娘は自由画帳を何冊も買うほどお絵描きをしましたが、3年間一度もお絵描きをしなかったお子さんもいるような自由な環境に、親子ともども満足することができました。担任の先生が娘たちを卒園させると、モンテッソーリの指導者になるための勉強をするといって園を退職し、2年間海外留学されたので、きっと先生なりにモンテッソーリ教育をしようとしてくださっていたのだと後から思いました。
できるならばこういった環境で子育てするのがベスト。久しぶりにモンテッソーリ教育に触れ、夏におばあちゃんになる私は孫への教育に思いをはせました。(堀)


子どもの自主性と自信を主軸にした教育メソッドを生み出したマリア・モンテッソーリ。1870年にイタリアで生まれ、1952年にオランダで亡くなった彼女は、ファシズムが台頭したイタリア、そしてスペインから2度も亡命し、二つの世界大戦を経験しています。1938年にインドを訪れ第二次世界大戦の為、約10年過ごす間に、ガンジーやタゴールとも交流。インドでモンテッソーリ教育の基本的で重要な概念である「宇宙的秩序」理論に基づく「宇宙的教育」を体系化しています。
教育とは知識を伝授することではなく、子どもの精神の発達を手助けすることという理念を、教育に携わる人も、親も胸に刻んで子どもに接するといいなと思いました。
私が受けた教育はといえば、小学校から大学まで、学校も親も自由放任! もしかしたらモンテッソーリ教育に通じるところがあったでしょうか? (咲)



2017年/フランス/カラー/105分
配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント
(C)DANS LE SENS DE LA VIE 2017
http://montessori-movie.jp/
★2021年2月19日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開
posted by shiraishi at 23:58| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

マーメイド・イン・パリ(原題:Une sirene a Paris)

マーメイド ポス.jpg

監督・脚本:マチアス・マルジウ
音楽:ディオニソス オリヴィエ・ダヴィオー
出演:ニコラ・デュボシェル(ガスパール・スノウ)、マリリン・リマ(ルラ)、ロッシ・デ・パルマ(ロッシ)、ロマーヌ・ボーランジェ(ミレナ)、チェッキー・カリョ(カミーユ)、アレクシス・ミシャリク(ビクトル)

セーヌ川に浮かぶ船のバー”フラワー・バーガー”は、祖母が始めて、母が歌い、今は父がオーナーの老舗。ガスパールは思い出が詰まったこの店の”サプライザー”を続けてきたが、失恋したばかりで興が乗らない。
セーヌ川では甘い歌声が響き、魅せられた男たちが次々と命を落としていた。ガスパールは帰り道、水辺に倒れている人魚を見つけ、連れ帰って手当をすると「ルラ」と名乗った。ルラの歌声はいくら試しても、恋を拒否するガスパールには届かない。夫を亡くした女医のミレナは、ルナの歌声が原因と気づいて、行方を追っていた。

人魚のルラは人間に痛めつけられ、たった一人で復讐を始めました。歌声に全く惑わされないガスパールは、海に戻すまでルラを匿いますが、隣人のロッシはガスパールにロマンスがやってきたと喜んで世話を焼きます。監督・脚本のマチアス・マルジウはこのロッシ・デ・パルマをあて書きしたのだとか。マチアス・マルジウ監督は才能あふれる人で、フレンチ・ロック・グループのディオニソス(音楽担当)を結成、小説も書き、それをアニメ化したのが前作の「JACK ET LA MECANIQUE DU COEUR 」。ルラの観るビデオがその一部分です。オーニングとエンディングのアニメーションも製作。美術や小物にもご注目ください。父から独立はしたようですが、子ども部屋のようなガスパールの家、アヒルちゃんいっぱいのバスルーム、彼が大切にしている宝物、思い出がスクラップされたポップアップブックを間近で観たいものです。
楽しい音楽と夢のような造形、いっときファンタジーの世界に身をゆだねて気分転換をしてください。(白)


マチアス・マルジウが、このパリを舞台にした現代のおとぎ話を紡ぐきっかけになったのは、2016年のパリの洪水。記録的な雨で大増水し、セーヌ川の土手にあがっていた魚やカモたちの中にキャットフィッシュを見つけたとき。人魚と歌手を主人公にしたロマンチックなコメディーを描きたいと思ったそうです。
セーヌ川に浮かぶ”フラワー・バーガー”は、祖母が1940年に始めたもので、レジスタンスを匿い、兵士たちが暗号を送るために録音室も作ったという設定。フロアーでは歌って踊る、人生を楽しむためのノアの箱舟なのです。おとぎ話の中で、この設定は妙に信憑性を感じます。
おとぎ話の、もう一つの小道具が、パリの町を行くトゥクトゥク(三輪車)。バックミラーがお魚の形をしていて可愛いです。(咲)



2020年/フランス/カラー/シネスコ/102分
配給:ハピネット
(C)2020 - Overdrive Productions - Entre Chien et Loup - Sisters and Brother Mitevski Production - EuropaCorp - Proximus
http://mermaidinparis.jp/
★2021年2月11日(木)ロードショー
posted by shiraishi at 10:46| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

天国にちがいない(原題:It Must Be Heaven) 

tengoku_poster-main.jpg

監督・脚本・主演:エリア・スレイマン
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、タリク・コプティ、アリ・スレイマン

スレイマン監督は新作映画の企画を売り込むため、故郷であるイスラエルのナザレからパリ、ニューヨークへと旅に出る。パリではおしゃれな人々やルーブル美術館、ビクトール広場、ノートルダム聖堂などの美しい街並みに見ほれ、ニューヨークでは映画学校やアラブ・フォーラムに登壇者として招かれる。友人である俳優ガエル・ガルシア・ベルナルの紹介で映画会社のプロデューサーと知り合うが、新作映画の企画は断られてしまう。行く先々で故郷とは全く違う世界を目の当たりにするスレイマン監督。そんな中、思いがけず故郷との類似点を発見する。

エリア・スレイマンが10年ぶりに長編映画のメガホンをとり、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で特別賞と国際映画批評家連盟賞を受賞した作品。

冒頭、儀式を行おうと聖職者を先頭に人々が聖堂に入ろうとしますが、扉が開かず入れません。怒った聖職者は1人で裏口に回り、中にいた人に聖職者らしからぬ暴言と暴力を振るって無理やり扉を開けさせました。コミカルなシーンなのですが、これってもしかするとイスラエルの建国を揶揄しているのもしれません。
このシーン以降はエリア・スレイマン監督が主人公として登場。自宅のベランダから庭を見下ろすと、知らない男が敷地の中に勝手に入って、庭になっているレモンを取っていました。男は「ベルを鳴らしたけれど気がつかなかったみたいだ」と言い訳。その後もちょくちょく来て、自分が収穫するために庭木の手入れを始めました。ここでもやっぱり国への思いを感じます。
その後、主人公はパリ、ニューヨークへと出掛けます。そこで映し出される光景は日本が“富士山芸者の国”と思われているのと同じくらいイメージ先行な感じ。セリフは極力排除し、全編通じてたった1つ。しかし、説明が一切ない分、自由な発想で作品を解釈ができそうな気がします。(堀)


東京フィルメックスでお馴染みのエリア・スレイマン監督。『天国にちがいない』が、2020年の東京フィルメックスでクロージング作品として上映されたほか、エリア・スレイマン監督特集が組まれ、長編デビュー作『消えゆくものたちの年代記』(1996年)をはじめ3本が上映されました。これまでも、生まれ育ったパレスチナの置かれた状況を独特のユーモアで語ってきたスレイマン監督。本作では、パレスチナをテーマにした新作の資金を得ようとパリやニューヨークに赴きますが、パレスチナの問題など、もはや見向きもされません。フィルメックスでの上映後のリモートQ&Aで、「世界全体がパレスチナ化していることを映画で描いています。主人公は天国を探して移動するのですが、世界中どこにも問題がある」と語っていたのが印象的でした。
DSCF4135-thumbnail2.jpg
リモートQ&A報告(作品内容も詳しく記載しています) 
人のいないパリの町を戦車が静かに走行する場面があります。(撮影はコロナ禍の前なのに!) すわ、戒厳令?とドキッとします。
夜中に着いたニューヨークでは、人々が皆、銃を抱えています。
タロット占いで「この先、パレスチナはあるのか?」と尋ねると、「必ずやある。ただし我々が生きているうちじゃない」との答え。
スレイマン監督が生きているうちに故郷ナザレで平穏な日々を暮らせることを願うばかりです。(咲)

フィルメックスで観た。スレイマン監督らしく、ユーモアと皮肉に満ちた展開。最初の舞台はナザレなのでしょうか。レモンが庭にある家と隣の家の人が勝手に入ってきてレモンを獲っているシーンからスレイマン監督自身が出てきたのだけど、最初本人とは気がつかなかった。現地の俳優さんだと思って観ていた。このご老人がパリやニューヨークに行くシーンになって、なんでこのパレスチナの老人がパリやニューヨークに行くのかな?と思い、新作映画の資金援助の話をする壇になって、初めてスレイマン監督自身と気がついた(笑)。ずいぶん年をとってしまったなと思った。以前と全然感じが変わっていた。観ている間中、話が全然見えず、何を言いたい映画なんだろうと思っていた(笑)。でも、映画の資金援助の話になって、この映画の話の流れについて納得した。そしてパレスチナの現状と世界のあり方を思った(暁)。

2019年/フランス、カタール、ドイツ、カナダ、トルコ、パレスチナ / 102分
配給:アルバトロスフィルム/クロックワークス
© 2019 RECTANGLE PRODUCTIONS – PALLAS FILM – POSSIBLES MEDIA II – ZEYNO FILM – ZDF – TURKISH RADIO TELEVISION CORPORATION
公式サイト:https://tengoku-chigainai.com/
★2021年1月29日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 15:32| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

パリの調香師 しあわせの香りを探して  原題:Les parfums

paris parfums.jpg

監督・脚本:グレゴリー・マーニュ
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、グレゴリー・モンテル、セルジ・ロペス、ギュスタヴ・ケルヴェン、ゼリー・リクソン、ポリーヌ・ムーレン

パリ。香水調香師の女性と、離婚調停中で親権が欲しい男性が出会う。

離婚調停中のギョームは、パリの高級アパルトマンに住むアンヌ・ヴァルベルグの運転手の職を得る。24平米のワンルームでは隔週娘と暮らすのさえ難しいと指摘され、やっと得た仕事でなんとか広い部屋に引っ越したいと願っている。アンヌは仕事先に車で送迎させるだけでなく、洞窟で匂いの成分のメモをギョームに取らせたりする。そんなある日、送り届けて待機する予定だったパーティに同席することになる。そこでギョームは、アンヌがかつてディオールの香水“ジャドール”をはじめ数々の名作を作った天才調香師だと知る。4年前に突然嗅覚障害に陥り、地位も名声も失い、嗅覚を取り戻すも、今は地味な仕事のみを請け負っているのだ。心を閉ざし、人との関わりを持たずにいるアンヌに、率直にものを言うギョーム。心をほだされ、アンヌは再び香水を作りたいと願うようになるが、また嗅覚を失ってしまう・・・

これまで全く違う世界で暮らしてきたアンヌとギョームの出会い。挫折して、心を閉ざしてきたアンヌが、また挑戦してみようという気持ちになったのは、ギョームのちょっとした言葉でした。ギョームもまた、アンヌから娘との関係のことで良いヒントをもらいます。私たちの人生にも、そんな出会いの積み重ねがあることを思い起こさせてくれます。

それにしても、香水調香師という仕事、嗅覚を失うというのは致命傷ですね。 『パフューム ある人殺しの物語』は、2007年製作のドイツ映画ですが、やはりパリを舞台にした超人的な嗅覚を持つ男が香水調香師に弟子入りするという話でした。香水というとフランスというイメージがあります。日本人はどちらかというと、無臭が好みではないでしょうか。自分の匂い(臭い!)を消してくれるようなものがあればと思うほど! と、余計なことを思ってしまいましたが、本作、エマニュエル・ドゥヴォスとグレゴリー・モンテルのかもし出す匂いがなんとも素敵です。(咲)


大人になり切れない男と女が出会う。互いに相手に欠けているものを補ってあげることで、それぞれが今までの自分の生き方を見つめ直す。そして新しい一歩を踏み出していく。いくつになっても人生はリセットできることを改めて感じさせてくれる作品です。下手に恋愛を絡ませずにハッピーエンドに繋げた監督の演出は幅広い層に共感を呼ぶのではないでしょうか。
ところで、アンヌの仕事が興味深いです。調香師の仕事は香水などの香りを作ることだと思っていましたが、アンヌはさまざまな場面で香りを変えて異臭を消す依頼を受けていました。もしかすると私たちの生活のすぐそばにも、アンヌのようなプロフェッショナルの仕事によって心地いいものに変えられているものがあるのかもしれませんね。(堀)


2019年/フランス/フランス語/101分/シネスコサイズ
配給:アットエンタテインメント
公式サイト:http://parfums-movie.com/
★2021年1月15日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開


posted by sakiko at 12:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする