2020年11月17日

ルクス・エテルナ 永遠の光(原題:Lux aeterna) 

luxaeterna.jpg

監督:ギャスパー・ノエ
出演:シャルロット・ゲンズブール、ベアトリス・ダル、アビー・リー・カーショウ、クララ3000、クロード・ガジャン・マウル、フェリックス・マリトー、フレッド・カンビエ、カール・グルスマン、ローラ・ピリュ・ペリエ、ルー・ブランコヴィッチ、ルカ・アイザック、マキシム・ルイス、ミカ・アルガナラズ、ポール・ハメリン、ステファニア・クリスティアン、トム・カン、ヤニック・ボノ

ベアトリス・ダルがシャルロット・ゲンズブールを主演に迎えて、魔女狩りをテーマにした映画を撮ることになった。その日は磔のシーンが撮影される予定だったが、ベアトリスを監督の座から引き下ろしたいプロデューサー、彼と結託する撮影監督、更にはシャルロットを自身の作品にスカウトしようとする新人監督や現場に潜り込んだ映画ジャーナリストなど、それぞれの思惑や執着が交錯し、現場は次第に収拾のつかないカオス状態へと発展していく。しかも、問題のシーンの撮影直前、シャルロットは子守に預けている娘から電話で驚くべき話を聞き、不安に陥ってしまう。

前作でドラッグと酒でトランス状態に陥ったダンサーたちの狂乱の一夜を描いたギャスパー・ノエ。スクリーンの上下を字幕も含めて逆さまにするなど、これまでの常識を超えた編集に驚かされました。今作では魔女狩りをテーマにし、昔の映画風の映像による中世の魔女狩りで使われた拷問器具の解説からスタート。拷問の様子は映しませんが、それがかえって不安を煽ります。とはいえ、編集としてはおとなしめな印象でしたが…
シャルロット・ゲンズブールとベアトリス・ダルが登場し、2人を分割した画面で映す辺りからギャスパー・ノエらしさが現れ始めます。コロナ禍にリモート撮影された作品を見ているような感じですが、次第に2つの画面で別の展開を見せるようになっていき、それぞれの画面で字幕が表示されます。これを同時に理解しようとすると頭の中が混乱状態に。ギャスパー・ノエ、やってくれるね!といった感じです。
作品内での映画撮影が始まるとギャスパー・ノエはまた別の仕掛けを用意していました。そこでシャルロット・ゲンズブールが妖艶な色気を放ち、目が離せなくなります。ただ、光がちかちかと点滅するのが苦手な方は鑑賞を控えた方がいいかもしれません。事前に予告編をご覧になって、ご確認されることをお勧めします。(堀)


2019 年/フランス/フランス語・英語/51 分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/DCP
配給:ハピネット
©2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE
公式サイト:http://www.luxaeterna.jp/
「のむコレ2020」にて11/20(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋で公開!
1月上旬より全国劇場で順次公開予定
posted by ほりきみき at 12:40| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

家なき子 希望の歌声(原題:Remi sans famille)

ienakiko pos.jpg

監督・脚本:アントワーヌ・ブロシエ
原作:エクトール・アンリ・マロ
出演:マロム・パキン(レミ)、ダニエル・オートゥイユ(ヴィタリス)、ジャック・ペラン(壮年期のレミ)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(ハーパー夫人)、リュディヴィーヌ・サニエ(バルブラン夫人)、ジョナサン・ザッカイ(バルブラン)、ニコラス・ロウ(ジェームス・ミリガン)

フランスの真ん中あたりの小さな村で、レミはママと仲良しの牛と幸せに暮らしている。パパは長い間石工としてパリで仕事をしていて、一度も会ったことがないけれど、仕事中に怪我をしたという知らせが届く。足が不自由になって戻ってきたパパは不機嫌で、レミがママの子供ではなく、捨て子だと告げる。10年前、高級な産着に包まれていたから礼金目当てで拾ってきたのにこれ以上置いておけない、孤児院に入れると息巻いた。
レミが必死で抵抗していると旅芸人のヴィタリス親方が、1年契約で預かると申し出る。レミは黒犬のカピと猿のジョリクールの仲間になって、あちこちを旅して歩くようになった。親方はレミの歌の才能に気づいてレッスンをし、木切れに文字を刻んで読み書きを教えてくれた。足の不自由な娘リーズと知り合ったレミは楽しい夏を過ごす。親方が警察に捕まって投獄されている間レミを預かってくれたのは、リーズの母親のハーパー夫人だった。

誰も一度は読んだり見たりしたことのあるフランス児童文学の名作。
オーディションでレミ役を射止めたマロム・パキンはこれが映画初出演。巻き毛で天使のように愛らしいです。合唱団に在籍したことがあり作品中で歌声を聞かせています。2005年生まれだそうなので、今は15歳。撮影当時より少し大人びて、『Fourmi』(2019/日本未公開)でフランソワ・ダミアンの息子役、サッカー少年を演じています。若いマロムを支えるのはフランスの名優たち。日本のお話もこんな風に丁寧な作品として残してほしいものです。
原作は児童文学全集で読んだはずですが、あまりに前なのでストーリーを忘れていて、今回初見のように感激しました。上下2巻の原作も手に入れたので、大切に反芻するつもりです。
映画はシネマスコープでの雄大な自然がすばらしいです。遠出できない今、映画館で旅気分を。そこで繰り広げられているレミの波乱万丈のストーリーをお楽しみください。村人たちと貴婦人たちの暮らしぶりや衣裳の違いなども、とても興味深いです。(白)


「家なき子」のタイトルは知っている人は多いと思います。これまでになんと3回アニメ化されてきているそう。私も子どもの頃、毎週日曜日の夜に見ていました。それなのに、ストーリーはすっかり忘れて、思い出せない。本作を見て、こんなに起伏に富んだ展開だったんだと驚きました。ただ、調べたところ、映画も原作とは設定を変えている部分がありました。2時間弱という尺で収めるためかと思われますが、レミの本当の母親が親子を確信するきっかけは歌を大事にした本作ならでは。またヴィタリスの過去もオペラ歌手からバイオリニストに変更し、心に抱える苦悩を加えました。演じたのはダニエル・オートゥイユ。渋い演技が物語に深みを感じさせます。
たとえどんなに辛い境遇でも、未来を信じて前向きにがんばれば、必ず幸せはやってくる。コロナ禍だからこそお勧めしたい作品です。(堀)


2018年/フランス/カラー/シネスコ/109分
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
(C)2018 JERICO - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - TF1 FILMS PRODUCTION - NEXUS FACTORY - UMEDIA
http://ienakiko-movie.com/
★2020年11月20日(金)109シネマズ二子玉川ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 14:56| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!(原題:Edmond)

edmond.jpg

監督・原案・脚本:アレクシス・ミシャリク
出演:トマ・ソリベレ(エドモン・ロスタン)、オリヴィエ・グルメ(コンスタン・コクラン)、マティルド・セニエ(マリア・レゴー)、トム・レーブ(レオ)、リュシー・ブジュナー(ジャンヌ)、アリス・ドゥ・ランクザン(ロズモンド)、クレマンティーヌ・セラリエ(サラ・ベルナール)、イゴール・ゴッテスマン(ジャン・コクラン)

1895年、無名の劇作家のエドモンは、ようやく上演された作品を支配人から酷評され1週間で打ち切りと宣告されてしまった。以来落ち込んでスランプから抜けられないエドモン。そんな彼を主演の大女優サラ・ベルナールが励まし、俳優のコンスタン・コクランに新作を売り込むように言う。1行も書けないエドモンはカフェの主人の言葉から実在したシラノ・ド・ベルジュラックを主人公にすることを思いつく。コクランも気に入って喜劇仕立てにして上演することになった。書き出せなくて悩むエドモンに友人の俳優レオが、衣装係のジャンヌへの恋心をうちあける。文才の全くないレオの代わりにラブレターを書く羽目になったエドモンは、代筆をしているうち興に乗り、ジャンヌからの返事も創作意欲を掻き立てた。この設定を舞台劇にしよう、と成りすましを続けていると次々に文章がわいてくる。舞台は成功するかに思えたのだが…

エドモンの筆が止まって生活の苦しい妻が冷淡になり、どん底のエドモンでしたが、ジャンヌというミューズに出会って、水を得た魚のように生き生きとします。友人のレオは、ジャンヌの心がロマンチックな手紙に掴まれていると知って、うろたえます。苦手だからと努力を怠るからですよね。エドモンの妻は妻で、夫がなんだか違うと勘がさえます。このあたりの男と女の感情の揺れや行き違いがなかなか面白く、スマホ全盛の現代ではこうはいきません。
実在の人たちのどこまでが真実で、脚色はどれほどかは定かでありませんが、人々が舞台を楽しみに暮らし、良い作品に熱狂していた時代のお話。崖っぷちに来てもあきらめず、一歩一歩と前に進んでいけばどこかに到達できるはず。今の時代へのエールにもなります。
アレクシス・ミシャリク監督は、2016年に上演された本作の舞台版でモリエール賞5部門を受賞して大喝采を浴び、自ら映画化に乗り出した、のだそうです。(白)


1895年12月の初演以来、今も愛し続けられている舞台劇「シラノ・ド・ベルジュラック」を生み出したエドモンの物語。監督が想像を膨らませて描いた誕生秘話ですが、冒頭に語られる1895年がどういう時代だったかは本物。5年前(1890年 )にはアデールが飛行機を、3年後(1898年 )にはルノーが自動車を作り、前年(1894年 )にはユダヤ系のドレフュス大尉がスパイ容疑で逮捕。このあたりまでは何となく知ってる史実。1895年10月のモンパルナス駅で機関車が駅舎を突き切った事故。写真が凄かった! フォール大統領のもとマダガスカルに侵攻したというのも知りませんでした。
そして、何より、1895年はリュミエール兄弟がシネマトグラフを発明した年。エドモンが支配人から酷評されて、うなだれて帰宅途中、活動写真に呼び込まれるという形で紹介しています。
映画の最後には、シラノ・ド・ベルジュラックを演じてきた俳優たちの写真が次々に映し出されました。1990年のジェラール・ドパルデューは、まさにはまり役と唸りました。 
私は中学生の時に神戸の国際会館で観て、バルコニーの下で美男に代わって 鼻の大きな醜男が恋を語る姿に強烈な印象を持ちました。調べてみたら、「1967年1月 - 3月:文学座、三津田健/北村和夫・杉村春子/小川真由美・細川俊之主演、国立劇場小劇場と渋谷公会堂・大阪・京都・神戸・名古屋・岐阜」とありました。
「シラノ・ド・ベルジュラック」の大ヒットで勲章まで貰ったエドモンですが、100年以上経った今も演じ続けられているとは想像もしなかったのではないでしょうか。(咲)


「シラノ・ド・ベルジュラック」はタイトルと鼻に特徴のある主人公というくらいしか知識がないまま作品を見ましたが、「シラノ・ド・ベルジュラック」のあらすじは理解できましたし、戯曲の誕生秘話に思いっきり笑って泣いてしまいました。劇作家エドモン・ロスタンの切羽詰まった執筆状況と戯曲がうまくリンクしています。初演のドタバタはフィクションだと思いますが、それが戯曲さえ盛り上げます。うまい脚本ですね。
(咲)さんが書いていますが、エンドロールにこれまでシラノ・ド・ベルジュラックを演じてきた俳優たちの写真が次々に映し出されます。日本における忠臣蔵的な国民みんなが知っている物語なのですね。

この戯曲はフランスだけではなく、もちろんイギリスでも上演されており、英国演劇界最高峰のローレンス・オリヴィエ賞で見事リバイバル作品賞を受賞した『シラノ・ド・ベルジュラック』が “ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)”の2020年新作第6弾として12月4日から公開されます。
NTLive日本公式HP: https://www.ntlive.jp/cyrano
(堀)


2018年/フランス、ベルギー/カラー/シネスコ/112分
配給:キノフィルムズ、東京テアトル
(C)LEGENDE FILMS - EZRA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA - EZRA - NEXUS FACTORY - UMEDIA, ROSEMONDE FILMS - C2M PRODUCTIONS
https://cyranoniaitai.com/
★2020年11月13日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 02:20| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン( 英題:HOUSE OF CARDIN )

16004446836670.jpg

監督・プロデューサー:P・デヴィッド・エバソール、トッド・ヒューズ
プロデューサー:コリ・コッポラ
撮影監督:ローレント・キング
音楽:ジェームズ・ピーター・モファット
出演:ピエール・カルダン、ジャン=ポール・ゴルチエ、シャロン・ストーン、ナオミ・キャンベル、森英恵、高田賢三、桂由美

ピエール・カルダンはファシズムが台頭する祖国イタリアを出て、フランスに移り住む。パリでファッションの道に進んだ彼は、オートクチュール(高級仕立服)から抜け出て、業界で初めてプレタポルテ(既製服)に本格参入する。アバンギャルドなスタイルを得意とするカルダンは、宇宙時代の感覚を表現したコスモコール・ルックで一躍有名になる。

”カルダンはバカンスをとらない”という話を聞いたことがある。バカンスのために働く印象あるの仏国に於いて、本当にそんな人がいるのか?と俄かには信じ難かった。が、本作を観て都市伝説ではないことが明白に。とにかくバイタリティ溢れる現役の98歳なのだ。インタビューを受ける様は赫灼としており、記憶力もしっかり!
多国籍・グループ企業化しつつあるファッション業界で、揺るぎない単独のブランド帝国を築き上げている。仏国に根を下ろしたパリジャンと思っていたカルダンが、イタリアの貧しい農家に生まれた出自は意外だった。ファシズムが台頭する祖国から仏国へ逃れる際、列車上の遠ざかる風景を昨日のことのように鮮明に語る。移民はパリでゼロからスタートしなければならなかった。バカンスをとらない働き詰めの習慣はこの時に培われたのかもしれない。

第二次世界大戦終結戦の1945年、23歳のカルダンは当時の人気メゾンで『美女と野獣』の衣装を依頼にきたジャン・コクトー監督と出会う。
「あの頃のアート界は狭くてね。直ぐに色々な芸術家と知り合えた。コクトー、ピカソ、ジャン・マレー…。みんな僕と寝たがったものだよ(笑)」
若きカルダンの映像を見ると、モテモテの美男子だったことは想像に難くない。こうした逸話からも、カルダンはゲイだと思い込んでいたため、ジャンヌ・モローとの5年間の恋物語は、美男美女のツーショットが映るに連れ、ロマンチックな気分にさせてくれた。2人が出会った頃、カルダンには公私に渡る男性パートナーがいたが、モローの熱烈アプローチで破局したそう。情熱的な容姿は役の上だけではなかったのだ。
『天使の入江』、『黄色いロールス・ロイス』、『ビバ!マリア』など立て続けにモローの衣装を手掛けたカルダン。一連の作品の中で幼心にも強烈な思い出があるのは、フランソワ・トリュフォー監督作『黒衣の花嫁』だ。婚約者を殺された花嫁が5人の男たちを次々に殺していく復讐劇。登場する度にプリーツやリボンなどメリハリある凝ったディテールの衣装を着こなすモローに見惚れたものである。

ファッションだけでなく、芸術文化全般を大衆化したカルダン。情熱を注いだ劇場運営では、名優ジェラール・ドパルデューを見出していた。また、松本弘子ら、いち早く白人以外のモデルを起用。当時のスーパーモデルとして最先端モードを着こなしていた松本弘子の映像が眩しい。逸話を紹介し出すと止まらなくなる本作。カルダンの「カラフルな人生」を丸わかりできるドキュメンタリーだ。(幸)


2019年製作/101分/G/アメリカ・フランス合作/ビスタサイズ/5.1ch
配給:アルバトロス・フィルム
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
提供:ニューセレクト
(C) House of Cardin - The Ebersole Hughes Company
公式サイト:https://colorful-cardin.com/
★2020年10月2日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開
posted by yukie at 01:01| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

この世の果て、数多の終焉(原題:Les confins du monde)

konoyonohate.jpg

監督・脚本:ギヨーム・ニクルー
出演:ギャスパー・ウリエル(ロベール・タッセン)、ギヨーム・グイ(カヴァニャ)、ジェラール・ドパルデュー(サントンジュ)、ラン=ケー・トラン(マイ)

1945年3月。フランス領インドシナに進駐していた日本軍がクーデターを起こし、それまで協力関係にあったフランス軍に一斉攻撃を仕掛けた。駐屯地での殺戮をただひとり生き延びたフランス人の兵士ロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を誓い部隊に復帰する。ゲリラとの戦いは苛烈を極め、ヴォー・ビン・イェンの行方はつかめない。ロベールはベトナム人娼婦マイに惹かれるが、復讐に取り憑かれて後戻りはできない。やがて軍規に背く行為へと駆り立てられるように突き進んでいく。

フランス領インドシナ(1887-1954)は現在のベトナム、ラオス、カンボジアを合わせた地域。第2次世界大戦中日本軍も一時占領していました。ヨーロッパの大国がアジア、アフリカの国々を植民地としていた時期、あまりに国力が違いすぎて抵抗できなかったのでしょう。日本も大東亜共栄圏という構想をぶちあげたことがありました。アジアで共存共栄をという日本も、列強もどっちもどっちです。蹂躙された人々の嘆きも涙も届かない、というより同じ人間として見ていません。
インドシナにやってきたロベールやほかの兵士たちも、国の欲と都合に人生を狂わされてしまいました。映画は兵士たちの戦う場面ではなく、戦闘が過ぎて死体が散らばる凄惨な場面を映し出します。ロベールは兄が無残に殺されて、憎しみと復讐心をたぎらせますが自分の家族だからこそ。繊細なギャスパー・ウリエルが苦悩するのが痛々しいです。
どの兵士も住民も娼婦も、父と母から生まれた同じ人間なのに、そうは思わない訓練をして兵士は作られていきます。
壊れていくロベールに手を差し伸べる作家サントンジュは、名優ジェラール・ドパルデューが貫禄で演じています。サントンジュはフランス軍と独立を求めるインドシナの間にいる人間です。慧眼と包容力、父性を兼ね備えた彼だけが、ロベールの魂を救えたのに。
ベトナムのじっとりした暑さと死臭漂うような画面は観客を不安にします。不条理で不毛なのが戦争、とわかっても繰り返すのはなぜなのか。今に人間は地球から放り出されるのでは、というのは杞憂でしょうか?(白)


主人公のロベールが肩を落として座っている場面はポスタービジュアルにもあるが、シネスコの横長画面がロベールを押し潰しているかのように見える。バックに見える人々も歪められているのか、速度が緩慢でぼわんとした印象。ロベールは精神状態が普通でなく、次第に追い込まれていく。ベトナム帰還兵が心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ話は映画に多いが、ロベールもPTSDだったに違いない。
ベトナム戦争はアメリカが起こしたものだとばかり思っていたが、始まりはフランスだったことをこの作品で知った。しかも日本がそこに絡んでいたとは! 歴史を知ってから見た方がより作品を理解できるだろう。
ところで、ジェラール・ドパルデューは14日公開の『ファヒム パリが見た奇跡』にも出演していて、今週はジェラール・ドパルデュー祭。フランスの国籍を捨て、ロシア国籍を得たとはいえ、演じている役はどちらも当然ながらフランス人。圧倒的な存在感を放っていた。(堀)


2018年/フランス/カラー/シネスコ/103分/R18+
配給:キノフィルムズ
(C)2017 Les films du Worso - Les Armateurs - Orange Studio - Scope Pictures - Rectangle Productions - Arena Films - Arches Films - Cinefeel 1 - Same Player - Pan Europeenne - Move Movie - Ce Qui Me Meut
https://www.konoyonohate.jp/
★2020年8月15日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:17| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする