2021年05月28日

コンティニュー(原題:Boss Level)

continue.jpg

監督:ジョー・カーナハン
脚本:クリス・ボーレイ、エディ・ボーレイ、ジョー・カーナハン
出演:フランク・グリロ(ロイ・パルヴァー)、メル・ギブソン(クライヴ・ヴェンター大佐)、ナオミ・ワッツ(ジェマ・ウェルズ)、ミシェル・ヨー(ダイ・フォン)、ケン・チョン(ブレット)

元デルタフォース特殊部隊員のロイは、朝目が覚めたとたんに襲撃される。しか~し対策はばっちり、目をつぶってもよけられる。なぜなら毎日同じ一日を繰り返す無限ループに陥っているから。冒頭は140回近く繰り返している今日。なぜ襲われるのか、敵は誰なのか、このループから抜けられるのか、答えは襲い来る敵を倒して進まねばわからない。銃で撃たれ、爆弾で吹っ飛び、首を切られ・・・と毎日殺されて一日が終わる。そしてまた同じ敵に襲われて一日が始まるのだ。ただ日々レベルアップして変化していることは間違いない。何度もトライ&エラーを重ねるうちに、科学者である元妻のジェマや息子にも危険が及ぶことがわかってきた。

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(2010)を送り出したジョー・カーナハン監督の最新作です。見た目は地味目なフランク・グリロが主人公。『パージ:アナーキー』(2014)から記憶に残るようになりました。本作は、またもや大好きなタイムループもの。ゲームさながらに戦って戦って主人公が死ぬと、また1からやりなおしです。最近のゲームのように進んだところで、セーブしておくということはできません。昔、小学生だった息子がシューティング・ゲームの「メビウス」をクリアするのに必死だったのを思い出します。ドラクエだって初期はヘンな呪文を長々と書き写し、一字でも違うと続きができなかったのですよ。今はめちゃくちゃ楽。あ、脱線しました。
さて、繰り返すうちにレベルアップし、要領よくなったロイの前には、小ボス、中ボス、ラスボスが立ちはだかりますが、一緒に戦ってクリアするつもりで楽しめます。
途中、香港・中国映画でお馴染みのミシェル・ヨーが登場して「お~!」と喜びました。いつもロイがなかなか勝てない「クワンイン=観音」対策のため。観音役はセリーナ・ロー。この作品で初めて観た気がします。お父さんがブルース・リーとジャッキー・チェンのファンで、セリーナは子どもの頃からマーシャル・アーツを学んでいたんだとか。それで綺麗にアクションが決まるんですね。以後注目。
元妻のほか、ロイの一人息子も登場して、父親としてのロイの心情も知ることができます。(白)


ミシェル・ヨーが出演しているとあっては、これは観なくては!と、観てみました。
冒頭、部屋には招き猫。ロイが毎日お昼に入り浸るのは中国料理のお店。東洋趣味満載と思っていたら、さらに、元妻ジェマから、「イシスとオシリスの物語」の本を渡され、「オシリスを覚えておいてね」と言われます。オシリスは、エジプト神話で冥界の神。死を克服する力を象徴する存在です。なるほど!
ミシェル・ヨーは、剣の名手ダイ・フォン役として、いつもながらの華麗な剣術を披露してくれます。「観音が成敗」と、襲ってくるセリーナ・ローも、独特な雰囲気で忘れられません。中国の彫像などが展示されている博物館のようなところで撮影していましたが、あれはどこなのでしょう? 気になる~
それにしても、毎日毎日、あの手この手で殺されるのは、観ているほうもしんどかったです。(咲)

このところよくあるタイムループものと思ったらひと味もふた味も違う作品でした。なんと冒頭ですでに140回もループ済。殺し屋の手の内はすべてお見通し。攻撃を避けながらコーヒーを淹れてしまう余裕には思わず笑ってしまいます。最近では『パーム・スプリングス』もループものでしたが、あちらは緩~いラブコメ。スピード感満載の本作は同じジャンルには思えません。さまざまなタイプの殺し屋が次から次へとやってきます。よく考えるとけっこうグロい殺され方もするのですが、グロいのが苦手な私が見ていても不快感がないのはテンポがいいからかも。ループの回数を重ねていくにつれ、謎が見えてきます。それとともに元夫婦の強い絆が浮かび上がってきて、そちらの行く末も気になってしまいます。(堀)

2021年/アメリカ/カラー/シネスコ/100分
配給:クロックワークス
(C)2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved
http://continue-movie.jp/
★2021年6月4日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

posted by shiraishi at 23:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーンランド 地球最後の2日間 (原題:Greenland)

greenland pos.jpg

監督:リック・ローマン・ウォー
脚本:クリス・スパーリング
撮影:デイナ・ゴンザレス
出演:ジェラルド・バトラー(ジョン・ギャリティ)、モリーナ・バッカリン(アリソン)、ロジャー・デイル・フロイド(ネイサン)、スコット・グレン(ディル)

近所の友人たちとのパーティのさなか、テレビに「隕石が地球に迫っている。ただちに避難せよ」という警告が流れる。人々がパニックに陥る中、ジョン・ギャリティは携帯に大統領アラートが届いているのに気づく。妻のアリソン、息子のネイサンとともに緊急避難者に選ばれたのだ。隕石が衝突するのは48時間後だという。選ばれなかった友人が娘を連れて「この子を基地まで一緒に」と涙ながらに追ってくる。許可証がないので断るほかない。ようやくたどり着いた集合場所の基地ではネイサンの持病のため、出発機への搭乗を拒否される。緊急避難者ではない群衆も集まり、大混乱のうちに3人は離ればなれになってしまう。

平和な日常が突然の隕石の接近によって一変します。隕石の落下はミサイルでも防ぎようがなく、人々は一律に危機に陥るのですが、ここには超能力のヒーローも卓抜した指導者も現れません。いつも強い主人公だったジェラルド・バトラーは、建築技師の普通の父親で妻と息子を守るために奔走します。世界崩壊まで48時間というタイムリミットの中、政府に選ばれた人々の避難が始まりますが、選ばれなかった人々はどこへ行けばいいのでしょう。必死で生き延びようとする人たちの、剥き出しの姿が描かれます。
『コンティジョン』(2011)は世界を覆うウィルスとの攻防を描いて、コロナ禍の現代と重なりました。政府にはこんな時にどう対処するのか、計画はあるのでしょうか?生き残るために私たちは何ができるのでしょう?
ウォー監督とバトラーは『エンド・オブ・ステイツ』(2019)に続く再タッグ。目を奪う視覚効果は、アカデミー賞受賞VFXスタジオの”PXOMONDO”が担っています。実際には絶対体験したくないこのディザスタームービー、劇場で”安全に体感”してください。(白)


2020年/アメリカ/カラー/シネスコ/119分
配給:ポニーキャニオン
(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://greenland-movie.jp/
★2021年6月4日(金)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン(原題:Amazing Grace)

aresa.jpg

監督・撮影:シドニー・ポラック『愛と哀しみの果て
映画化プロデューサー:アラン・エリオット
出演:アレサ・フランクリン、ジェームズ・クリーブランド、コーネル・デュプリー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、ケニー・ルーパー(オルガン)、パンチョ・モラレス(パーカッション)、バーナード・パーディー(ドラム)、アレキサンダー・ハミルトン(聖歌隊指揮)他

「ソウルの女王」アレサ・フランクリン(1942-2018)のドキュメンタリー。1972年1月13、14日の2日間、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会でのライブを収録したライブ・アルバム「AMAZING GRACE」は、300万枚以上の販売を記録し大ヒット。史上最高のゴスペル・アルバムとして今も尚輝き続けている。そのアルバムの映像が半世紀近く経って完成、日本で初上映となった。

「幻のフィルム」が公開できなかったのは、テイクの始まりと終わりの「カチンコ」が入っていなくて(なぜそんなことに?)、映像と音声をシンクロさせられなかったからなんだそうです。お蔵入りになっている間に技術が進んで、その修正ができるようになったんだとか。公開できてほんとによかった。
アルバムでは、アレサ・フランクリンの素晴らしい歌唱を聞くことができます。この映像には彼女のバンドのメンバーやコーラス隊、聴き入る観客が映っています。長い時を経てしまいましたが、そのときに飛び、彼女や観客と一緒に格別な体験をしましょう。(白)


私はアレサの名前も知らなかったほど疎いのですが、妹はジャズやブルースなど黒人音楽が大好きで、30年程前、3か月のアメリカ滞在中に黒人の集う教会でゴスペルを体感しています。特に、メンフィスからニューオーリンズにかけてドライブした時には、各町の教会を訪れ、どこでも大歓迎され一緒にゴスペルに合わせて踊って、ものすごく楽しかったそうです。
本作は、アレサ・フランクリンが子どもの頃から歌って慣れ親しんでいた歌の数々を収録した時の映像。歌詞も字幕でちゃんと見ることができて、なるほど、こうしてアメリカの黒人の人たちはキリスト教を自分たちの信仰として取り入れていったのだとわかりました。例えば、「Mary Don’t You Weep(マリアよ、泣くなかれ)」は、モーゼの出エジプトの話。歌で自然に旧約聖書も耳に馴染んでいくのですね。映画の最後には、司会の師の「天上の人は決して老いることはない。父や母にも会える」「信仰を持っていることが嬉しい」と結ばれます。1970年代といえば、黒人の公民権運動が盛んだったころ。白人に蹂躙され、差別を受けてきた黒人の人たちの心の拠り所になっていたのがキリスト教というのが、なんともなぁ~というのが信仰を持たない私の実感。でも、アレサ・フランクリンの魂が籠った熱唱を聴くと、酔いしれて信じてしまうのもわかるような気がします。 そして、1970年代という時代、ミニスカートが流行ったことも懐かしく思い出した映画でした。(咲)


「アメイジング・グレイス」は私の大好きな曲です。そしていろいろな人が歌っている曲でもあり、たくさんこの曲を聴いてきました。
この曲はアカペラで歌われるのが一番好き。でも、最後のほうたくさんの人が輪唱するように歌われるのも好き。とにかくこの歌を聴くと胸が打ち震えます。英語の歌詞は知らないできましたが、キリスト教徒でなくても、何か神様の力のようなものを感じます。
そして、この教会での50年近くも前のアレサ・フランクリンの歌の収録風景を感慨深く見ました。彼女の歌は若い頃、ずいぶんラジオから流れているのを聴きましたが、今、聴いても素晴らしい歌声です。教会での収録なんていうのが当時あったんだと驚きでした。確かに教会での音の反響というのは独特のものがあると思います。そして信心がなくてもおごそかな気持ちになります。でもおごそかさだけでなく、やはりソウルはパワフルなシャウトが真骨頂。彼女の歌の魅力を充分に伝えていました。けっして古くはないのです。
司会とピアノを弾いていたのは、「ゴスペル音楽の王」と言われたジェームズ・クリーブランド牧師。それにしてもこんな古い映像を再現できる技術があるとはびっくり。我が家の子供の頃に撮った8ミリの映像もなんかデジタル化できないかなと思わず思ってしまった(暁)。


2018年/アメリカ/カラー/90分
配給:ギャガGAGA★
2018(C)Amazing Grace Movie LLC
https://gaga.ne.jp/amazing-grace/
★2021年5月28日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 12:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告  原題:The War with Grandpa

granpa wars.jpg

監督:ティム・ヒル
脚本:トム・J・アッスル、マット・エンバー
原作:The War with Grandpa (ロバート・キンメル・スミス著)
制作:フィリップ・グラッサー、マーヴィン・ビアート、ローザ・モリス・ビアート
出演:ロバート・デ・ニーロ、オークス・フェグリー、クリストファー・ウォーケン、ユマ・サーマン、ロブ・リグル、ジェーン・シーモア

エド(ロバート・デニーロ)は妻を亡くして一人暮らしに。転んで怪我をしたエドを心配した娘サリー(ユマ・サーマン)に一緒に暮らそうと言われ、思い出のある家から引っ越すことになる。孫のピーター(オークス・フェグリー)は、おじいちゃんと暮らせることを喜んだものの、自分の部屋を明け渡して、鼠のいる屋根裏部屋に移ることになり激怒。ピーターは、おじいちゃんを追い出すために手紙を書き、宣戦布告。あの手この手で攻撃をしかけてくる。あまりにも度を越したイタズラにエドも激怒。悪友ジェリー(クリストファー・ウォーケン)の悪知恵を借り、ピーターに報復を始める。二人の部屋をかけた小さな戦争は、やがて隣人を巻き込み大騒動へ。果たして勝つのはエドか、ピーターか!?

これでもかとイタズラを仕掛けてくる孫のピーターが、こまっしゃくれていて、ほんとに憎たらしいのです。オークス・フェグリー、上手い!
立ち向かうおじいちゃんは、ロバート・デニーロが演じてるワケですから、一筋縄ではいきません。抱腹絶倒の部屋を巡る戦争! これぞアメリカ映画!
それにしても、ロバート・デニーロもいいおじいちゃんになりました。(咲)


親を引き取りたくても部屋が足りない。息子を屋根裏部屋に追いやって、親の部屋を確保する。アメリカでもそんな悩みがあるんだと何だかとっても身近に感じられました。
子ども相手に本気で立ち向かう祖父を演じたロバート・デニーロも何だかとっても楽しそう。そんなことまでできないだろうというイタズラもあるけれど、その盛り具合が作品を極上のエンタメとして昇華させています。それでいて、戦争は負けた人だけでなく勝った人をも傷つけると孫に諭す脚本のバランス感覚は見事。(堀)


2020年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/94分
配給:パルコ
公式サイト:https://grandpa-wars.jp/
★2021年4月23日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開



posted by sakiko at 11:35| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブックセラーズ  原題:The Booksellers

booksellers.jpg

監督・編集 : D ・W・ヤング
製作総指揮&ナレーション : パーカー・ポージー

世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から“本を探し、本を売り、本を愛する”ブックセラーの世界を紐解く映画

社会の多様化やデジタル化で本をめぐる世界が大きく変わってゆく中で、それでも本を愛し続ける人たち。
映画の要所要所に登場するのはNY派の作家、フラン・レボウィッツ。Netflixで配信が始まったマーティン・スコセッシ作の新作ドキュメンタリーシリーズ『都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-』の主人公でもある。
また、ビル・ゲイツによって史上最高額の2800万ドル(約28億円超え)で競り落とされた本「レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿」や、あの「若草物語」のオルコットが偽名で書いたパルプ小説、宝石が施された本、人間の皮膚で作られた本など、映画には、コレクターしか見ることのできないような希少本が多数紹介される。
本を愛するすべての人が好きにならずにいられない一級品のドキュメンタリー。

★コロナ禍で多くの国で劇場公開できなかった本作の、日本劇場公開を喜ぶ監督&プロデューサー&NYのブックセラーの皆さんからメッセージ動画が届いています。
https://youtu.be/owKTGmCLXpM
D ・W・ヤング監督は、「皆さんに映画館で見てもらえて嬉しい」と喜びのコメント。
人気テレビ番組「アメリカお宝鑑定団ポーンスターズ」に出演し注目を浴びた若手ブックセラーのレベッカ・ロムニーは、日本への留学経験があり、メッセージ動画では流暢な日本語も披露。
映画でマンモスの標本付きの探検記や化石の研究書を披露しているブックセラーのデイヴ・バーグマンは映画に登場し日本版ポスターにも使われている飼い猫”ムツヘタ”と共にメッセージを寄せています。その他、ブックセラーのヘザー・オドネルや、本作のプロデューサーで自身も”ブックセラー”であるダン・ウェクスラーなどからのメッセージも。ぜひご覧ください。

先日、久しぶりに神保町に行ったので、語学書や辞書を置いている山田書店は健在かしらと寄ってみました。ここは美術書や浮世絵がメインのようですが、世界各国の語学書や旅本もあるので、かつてよく利用していました。
語学書や旅本がすっかり少なくなっていたので、伺ってみたら、今や、どちらもネットの時代になって売れないとのこと。夏頃には在庫セールをして、取り扱い品目を変更されるそうです。なんとも寂しくなりました。それでも、本を愛する人がいる限り、本はなくならないと、『ブックセラーズ』を観て確信しました。
我が家にも、中をろくに読んでいないけれど、飾ってあるだけで嬉しいという本が多々あります。もちろん、いつかちゃんと読むつもりなのですが、装丁の素晴らしい本は、それだけで価値があると感じます。(咲)


本好き、本屋さん好き、図書館好きゆえ、劇場で観てきました。ふだん見る機会もない貴重な本をアップで紹介してもらえて眼福。美術品とはまた違ったこだわりのコレクターがたくさんいました。
町の本屋さんが1軒また1軒と閉じていきます。デジタル化に押されて、紙の本はだんだん少なくなるのかもしれませんが、レコードの人気が再燃しているように、本は細く長く愛されると信じたいです。1冊の本との出会いがどれだけ世界を拡げ、深くしてくれることか。あなたの「1冊」はなんですか?(白)


◆公開記念オンライントークイベント
「かげろう文庫」店主・佐藤龍さん&「Flying Books」店主・山路和広さん
アーカイブでご覧ください。
https://youtu.be/oxqmCIgAd2E


2019年/アメリカ/99分
字幕翻訳 : 斎藤敦子
配給:ムヴィオラ、ミモザフィルムズ
公式サイト:http://moviola.jp/booksellers/
★2021年4月23日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK吉祥寺ほか全国順次公開



posted by sakiko at 11:07| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする