2020年09月26日

オン・ザ・ロック ( 英題:ON THE ROCKS )

16004473583130.jpg

監督・脚本:ソフィア・コッポラ
衣装デザイン:ステイシー・バタット
音楽:フェニックス
撮影:フィリップ・ル・スール
美術:アン・ロス
出演:ビル・マーレイ、ラシダ・ジョーンズ、マーロン・ウェイアンズ

ニューヨークで暮らしているローラ(ラシダ・ジョーンズ)は、夫のディーン(マーロン・ウェイアンズ)や子供たちと穏やかな日々を送っていたが、夫との関係に疑問を感じてもいた。ある時からディーンの残業が増えたことに疑いを持った彼女はプレイボーイとして名をはせた父親のフェリックス(ビル・マーレイ)に相談する。事の真相を突き止めるため、フェリックスはローラに、ディーンの尾行を提案する。

「他の男を好きになるなよ、結婚するまではな」
「はい、パパ」
冒頭、 声のみで表現される父と娘のやり取りが本作の全てを象徴する。小津安二郎の世界とは真逆な(当然だけど)父娘の物語が、ソフィア・コッポラでなければ描けない色調、間合い、ユーモア、生活感といった道具立てを贅沢に用いたNYセレブ譚だ。

ゴージャスな室内プールへ花嫁衣装のまま飛び込むローラ。が、次の瞬間には、2人の子どもを学校へ慌ただしく送り、髪は無造作に引っ詰め、ボーダーシャツを着た専業主婦になっている。映画が時間芸術である旨を知るソフィアならではの大胆な省略とテンポの良さが心地好い。
軽快な劇伴が、NYのアパートメントに暮らす一家の日常を彩る。あるきっかけから夫の浮気を疑ったローラが、離婚した両親に相談すると正反対の反応を示す父母。
「おばあちゃんの家に集まるから、貴女もいらっしゃいよ」
母に誘われて訪れる父方の祖母宅がまたゴージャスだ。手入れの行き届いた芝生、広い庭、高価な食器、宝石を自然に纏う祖母…。父が裕福な家で育ったことが一目瞭然である。ここでもローラはボーダーシャツにボサボサ髪。「身なりにに気をつけたら?」と促す祖母に、娘をフォローする母。
出張の多い夫を「あの魅力的な秘書と一緒?心配じゃない?」 「NYの女はみんな魅力的よ」と返すローラだが、内心は穏やかではない。

家事と育児で息つく暇もないローラがベッドで倒れこむように寝ていると、お掃除ロボットが家具にガンガンぶつかり稼動中。現代人の生活を表す上手い表現だ。父役のビル・マーレイが登場すると、映画は一気に勢い付く。ユーモアセンス抜群だが、女に色目を使わずにいられない。運転手付きのロールスロイスに乗り、高級会員制クラブに出入りする国際的画商。こんな役が似合う男優はそういるものではない。
飄々としたマーレイをNYの街角に立たせただけで、軽妙洒脱な佇まいが活きてくるのは不思議だ。宵闇に紛れ、娘婿の浮気を見張る場面では、
「隠れろ!ここは戦場だ!」「私にくっ付かないでよ、気持ち悪い!」
クレイジーで何事も規格外の父に付いていけないローラだが、何故か父を憎めない。自伝ではないにしてもソフィアの体験が活かされている?
扮するラシダ・ジョーンズは、監督や脚本、プロデューサーもこなす才女。今まではどちらかというと目立たず、クインシー・ジョーンズの美人娘という印象だったけれど、本作では活き活きと演じ、マーレイに伍して魅力的だ。

いつものソフィア作品同様、細部のディテールに手抜かりなく、NYが揺曳する光彩のような質感を伴って輝く。(幸)


子育てって大変。特に小学校に上がるまではとにかく手がかかる。夫ファーストの生活が子どもファーストに一変してしまう。本作の主人公ローズはまさにその真っ只中。「急いで」とか「早く」とかばかり言っている。ママ友との会話も少々鬱陶しく感じることも。そんな子育て世代あるあるの話が満載で、最中の人も通り過ぎた人も共感すること必至。ただ、ソフィア・コッポラには見えているのではないだろうか。あと数年でその忙しさからも解放されることが。子どもがティーンエージャーになったら、こちらが構いたくても鬱陶しがられるだけの存在になってしまうのだ。でも、それは通り過ぎた者だけが分かっていること。「とにかく今はがんばれ!」とエールを送りたくなる。
しかし、男性は子どもが生まれても感じるものが違うらしい。ローズの父は典型的な“かまってちゃん”。妻が子どもファーストになったことが寂しくて、よその女性に優しさを求めた。そして、それを正当化する動物的根拠を娘に諭す。自分の時間を持つよう勧めるローズの夫は理解があるように見えてくる。恐らくローズの夫も「俺って理解ある夫」と自己満足に浸っているだろう。しかし、口で言うだけ。仕事に追われて、家事や育児を負担する気配さえ見せない。本当に理解ある夫ならもっと子育てに関わりを持ち、自分が子どもを世話して妻の時間を確保してあげるのではないか。父の世代とは違う、夫世代の問題点もしっかり描き込まれた本作は女性監督ならではいえるだろう。(堀)


学校に子供を送っていくシーンで、教室の入り口まで親が送っていくんだとびっくり。学校の入り口まで子供を送っていくシーンは、いろいろな国の映画で見てきたけど、ニューヨークでは教室の入り口まで送っていくの?と驚いた。そんなにも治安が悪いのか過保護なのか。はたまた、親がいかに子供を大事にしているかの競い合い? 今までのアメリカ映画の中でも見たことがないような気がする。それともセレブの子弟が通う学校ではそれが普通? そして、ちょっとおしゃれだけど、今までのニューヨークを描いた作品には出てこなかったような場所がたくさん出てくる。ニューヨークに行ったことはないけど、子供連れの母親がいくような公園とかもめずらしかった。アメリカでも、子育て中の母子の姿は日本と同じような感じなのだろうかと思いながら見た。
そのほかのシーンでも、ニューヨークのセレブ生活をしてきたソフィア・コッポラ監督自身の体験が出ている?
それにしても出張が多いという夫の仕事はどういうものだったんだろうかと思う。IT企業勤め?、それとも接待があるような貿易関係? 
突っ張っているようでいて、夫や子供に振り回されている主人公。さらに父親にも振り回されてしまう。父は、ほんとは娘と久しぶりに一緒にすごしたいからこんな行動をしていたんだろうな(暁)。


何より夫ディーンが、事業に成功した黒人なのが小気味よい。明らかに自分とは肌の色が違う二人の女の子を学校に送り届けるローラ。
警官が黒人を射殺する事件が相次ぎ、「Black Lives Matter」と、黒人差別への抗議運動がこれほどまでに高まることを、ソフィア・コッポラがこの映画を製作している時には、思いもよらなかったかもしれない。だが、意図的な設定だったことは間違いない。
そして、撮影後にニューヨークの街がコロナでロックダウンされたことも想定外だろう。
「この映画は私からニューヨークへのラブレターにしたかったの」とソフィア・コッポラが語るように、ニューヨークの街の魅力があふれていて、あちこちの有名なお店でのシーンも満載。コロナ禍で閉店を余儀なくされた店もあるのではないか。
それにしても、父親とあんなにも明け透けな会話ができるものなのかと驚いた。日本人なら母親や同性の友人とも話さないようなプライベートな話。ソフィア・コッポラはビル・マーレイが演じたフィリックスのようなタイプの男性ばかりいる環境で育ったのだそうだ。きわどい話も日常会話で飛び交っていたのかも。なんとかして娘にかまいたい父親の姿が可笑しかった。もう娘は夫のものなのだから、娘離れしなくっちゃ。(咲)



2020年製作/97分/アメリカ/カラー/ビスタサイズ/5.1chリンク
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
(C) 2020 SCIC Intl
公式サイト :http://ontherocks-movie.com/
★2020年10月2日(金)より、全国公開




posted by yukie at 23:44| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

フェアウェル ( 英題:THE FAREWELL)

16004115127240.jpg

監督・脚本・製作:ルル・ワン
撮影:アンナ・フランケスカ・ソラーノ
美術:ヨン・オク・リー
編集:マイケル・テイラー、マット・フリードマン
衣装:アテナ・ワン
音楽:アレックス・ウェストン
出演:チョウ・シュウチン、オークワフィナ、エクス・マヨ、ルー・ホン、リン・ホン、水原碧衣

末期がんを患う祖母のため、祖国を離れて海外で暮らしていた親戚一同が、従兄弟の結婚式を理由に中国に戻ってくる。ニューヨークで育ったビリー(オークワフィナ)は、祖母が残りの人生を悔いなく過ごせるように病状を本人に明かした方がいいと主張するが、両親を含めたほかの親族たちは、中国では助からない病気は本人に告げない伝統があると反対する。

全米わずか4館から口コミで評判が広がり、大ヒットしたのも納得の佳篇。これが2作目の中国系米国人ルル・ワン監督は、自身の体験を基にした下地であるにもかかわらず、感傷を排し、洗練された話法を展開。小気味好いテンポ・リズムは見事としか言いようのないウェルメイドなドラマに仕上げた。
主演のオークワフィナは、『オーシャンズ8』や『クレイジー・リッチ!』でも個性的な味を発揮していたが、本作では終始素顔の美肌を晒し、飾らず活き活きと自然体な演技で観客の心を掴む。アジア系女優として初めてゴールデン・グローブ賞女優賞を受賞したのも嬉しい限りだ。

NYに住むビリー(オークワフィナ)は、中国の祖母が大好き。オークワフィナのハスキーで少し圧のある声と、電話口から聞こえる祖母の慈愛溢れる優しげな語り口の掛け合いが面白い。おばあちゃん子であるビリーの性格を知る家族は、”感情を隠せない”彼女に内緒で「ある計画」を企て、祖国へ帰郷する算段を立てる。
米国に移り住んでも、ビリーを含む親族は中国からの生活習慣を変えようとしない。それを熟知するワン監督は、親族が一同に会する円卓を巧みにカメラに収め、異国の文化摩擦(日本もちょっぴり出てくる)をコメディ調に綴る。米国で評価されたのも、こうした家族単位の生活習慣を細部のディテールを疎かにせず柔らかく描いた点だろう。結果として、本作は民族を超えた普遍的人間像を獲得することになった。

祖国へ一時帰国した家族は相変わらず円卓を囲む。円卓越しに祖母を上目遣いで見上げるビリーの表情が真に迫っているため、周囲は”秘密”がバレないかと気が気ではない。一方の祖母は元気そのもの。「ハァー!ハァー!」と声を出しながら歩く健康法をビリーに伝授するさまは、ビリーと祖母の呼吸が一体となったような深度に達した名場面だ。
自分探しを続けるビリーが祖母や親族と過ごす中で少しずつ開放されて行くくだりは、繊細な演出を得意とするワン監督の真骨頂だろう。
すったもんだの末に、最後は大きなカタルシスと爆笑のオチが待っている。観終わったら、ビリー世代はおばあちゃんに、祖母なら孫に会いたくなるに違いない心温まる映画だ。(幸)


誰しもがいつしか迎える死。それがいつになるかわからない。
お葬式には誰も呼ばなくていいと、常々妹にお願いしている。友人が駆けつけてくれたとしても、私自身がその人と久しぶりのおしゃべりを楽しむことができるわけじゃない。なので、この映画のように嘘でもいいから、人生の最期に親しかった人たちとのひと時を作るのは大賛成だ。
それにしても、オークワフィナの風貌は、西洋人が漫画に描く典型的な中国女性のよう! 実際にいるんだ~!と感嘆♪ (咲)


自分がもし末期ガンだったとしたら、今は告知をしてほしいと思うけれど、実際にその立場になったらどうなんだろう? この作品を見ていて、そのことがずっと頭の隅に引っかかっていた。作品では“余命ははっきりと伝えるべき”と考える西欧人、“最後まで知らせずに”と考える東洋人と分かりやすく大別され、NY育ちのビリーは中国人だけれど西欧人の発想とカテゴライズされていた。しかし、ビリーも祖母と接するうちに迷いが生じる。その辺りの心の機微をオークワフィナが繊細に演じていた。
オークワフィナを初めて見たのは『オーシャンズ8』だったが、あまり印象に残らず。続く『クレイジー・リッチ!』で個性的な顔立ちにほかのアジア系女優とは違うなと思い、『ジュマンジ ネクスト・レベル』の堂々とした姿に安心感を持った。そして、本作で彼女の演技力を改めて実感。今後の活躍に期待したい。(堀)


2019年製作/100分/G/アメリカ/カラー/5.1ch/シネマスコープ
配給:ショウゲート
(C) 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト: http://farewell-movie.com/
★2020年10月2日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開



posted by yukie at 23:46| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

TENET テネット(原題:Tenet)

tenet.jpg
 
監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン 
製作:エマ・トーマス 
製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー

満席の観客で賑わうウクライナのオペラハウスで、テロ事件が勃発。罪もない人々の大量虐殺を阻止するべく、特殊部隊が館内に突入する。部隊に参加していた名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)は、仲間を救うため身代わりとなって捕えられ、毒薬を飲まされてしまう…しかし、その薬は何故か鎮痛剤にすり替えられていた。昏睡状態から目覚めた名もなき男は、フェイと名乗る男から“あるミッション”を命じられる。それは、未来からやってきた敵と戦い、世界を救うというもの。未来では、“時間の逆行”と呼ばれる装置が開発され、人や物が過去へと移動できるようになっていた。ミッションのキーワードは<TENET(テネット)>。「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」。謎のキーワード、TENET(テネット)を使い、第三次世界大戦を防ぐのだ。
突然、巨大な任務に巻き込まれた名もなき男。彼は任務を遂行する事が出来るのか?
そして、彼の名前が明らかになる時、大いなる謎が解き明かされる――。

『ダンケルク』でスタートが違う陸・海・空軍の3つの時間を同時に映し出して、同じ時間に帰着させたノーラン監督。流れの速度の違いに戸惑わされましたが、今回は時間が前に進む“順行”と時間が戻っていく“逆行”が同時に進み、時間を逆行する敵とのアクションも描かれています。具体的には順行で前に進む車と逆行で後ろに進む車が同時に映し出されるのです。これ以外にも「いったいどうやって撮影したんでしょう?」というシーンの連発にノーラン監督の頭の中を見てみたくなります。
しかも、エストニア、スペイン、デンマーク、イタリア、韓国、ノルウェイ、イギリス、ドイツ、ロシア、フランス、オーストラリア&ニュージーランド、日本でロケを行い、本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げました。撮影規模の大きさに驚かされます。
見るというよりも体験する作品です。最初は理解しづらくて戸惑うかもしれませんが、とにかく見ていると何となく分かってきます。そして、多くの疑問がラストに一気に氷解。やっぱりノーラン監督ってすごい!!(堀)


冒頭から音!音!!音!!!に包まれます。これでびっくりしていられません。何?何?と考える暇もないほど早い展開の物語にぶち込まれます。これはIMAXでリピート必須の作品。一度目はただただ没入してください。現在のシーンに時間を越えて侵入した人やモノが混在して「???」と驚いたりパチクリしているうちに150分すぎてしまい、よしまた観なくちゃ!となります。
ノーラン監督の頭の中を可視化した俳優陣は、撮影中どんなだったのか知りたいものです。『ブラック・クランズマン』(18)で主演したジョン・デイビッド・ワシントン、この大作でも堂々の主演です。親(デンゼル・ワシントン)の七光りなど不要。公開作はあったけれど、私には久しぶりの相棒ニール役ロバート・パティンソン、髭で王子様顔が見えないアーロン・テイラー=ジョンソン、すっかり大人の男性です。
あまり感情を出さないシーンの中で、セイター(ケネス・ブラナー)と妻キャット(エリザベス・デビッキ)夫婦のやりとりが人間臭い。「もう無理!」の台詞に笑ってしまいました。さて、2度目はどこで観ようかな。(白)


2020年/150分/G/アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
公式サイト:http://tenet-movie.jp
★2020年9月18日(金)ロードショー
posted by ほりきみき at 17:41| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

アダムスファミリー(原題:The Addams Family)

adams famiry.jpg

監督・原案・製作:コンラッド・ヴァーノン
監督:グレッグ・ティアナン
声の出演:オスカー・アイザック(ゴメズ)、シャーリーズ・セロン(モーティシア)、クロエ・グレース・モレッツ(ウェンズデー)、フィン・ウォルフハード(パグズリー)、ベット・ミドラー(おばあちゃん)

モンスターの一族がひっそりと住む村。ゴメズとモーティシアの結婚式が行われていたその時、モンスターを恐れる人間たちが村を襲ってきた。命からがら逃げだしたゴメズとモーティシア夫婦は、あてのないまま旅をする。途中で出会った大男のラーチを執事として雇い入れ、一行は人里離れた丘の上に荒れ果てた屋敷を発見した。幽霊が住み着いていたので人間はやってこない。彼らには願ってもない物件だった。
時が流れて、夫婦には娘ウェンズデーと息子のパグズリーが生まれてすくすくと大きくなった。パグズリーの成長の儀式を行うために、屋敷には親戚一同が集まることになった。

元々は1937年から雑誌ザ・ニューヨーカーに連載されていた一コマ漫画。テレビドラマやアニメになった後、1991年に実写映画『アダムス・ファミリー』(バリー・ソネンフェルド監督)、1993年に同じスタッフ、キャストで続編『アダムス・ファミリー2』が製作されて大ヒット。3も計画されていたそうですが、ゴメズ役のラウル・ジュリアが亡くなったため作られていません。モーティシアがアンジェリカ・ヒューストン、ウェンズデーがクリスティナ・リッチとあまりにぴったりなキャストで、これ以上の組み合わせはないと思いました。が、このアニメ版の声をあてている俳優陣がすごい。このまま実写版を作ってほしいものです。
ストーリーは現代の人間たちとの関わり、どこにでもあるあるなエピソードが盛り込まれています。カリスマ主婦で実業家、テレビのコメンテーターまでやってる人って、いましたよね。あの人か?ウェンズデーが人間の学校に入学したことで、人間と関わらざるを得なくなるのですが、この知らない者同士が歩みよって行く過程も丁寧に描かれています。アニメ版2もできてほしいなぁ。(白)


何となく知っているけれど、実はよく知らなかったアダムスファミリーについて、本作は家族の成り立ちからしっかり描いているので、初心者にはぴったり。しかもキャラクターがきもかわいいので、ホラーが苦手な人でも大丈夫。
モンスターも人間も変わらない。愛する人と心地よく暮らしたいだけ。ただ、その心地よさが違うのが問題なのよねぇ。嫁姑問題が人間だけではないことには思わず笑ってしまいます。
いくつものドタバタの末、あの人がそんな決断をするのという想定外に驚くけれど、みんなが幸せになる結末に気持ちよく映画館を後にできること間違いなしです。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/シネスコ/87分
配給:パルコ、ユニバーサル映画
(C)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. The Addams Family (TM) Tee and Charles Addams Foundation. All Rights Reserved.
https://addams-movie.com
★2020年9月25日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 18:53| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

メイキング・オブ・モータウン ( 原題: Hitsville: The Making of Motown )

15996546627960.jpg

監督:ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー
出演:ベリー・ゴーディ、スモーキー・ロビンソン

1959年、ベリー・ゴーディが「タムラ・レーベル」をスタートさせたことから始まった音楽レーベル「モータウン」。スティーヴィー・ワンダーやマーヴィン・ゲイ、ダイアナ・ロス&シュープリームスなどの楽曲が次々とヒットした裏には、「クオリティーコントロール」と呼ばれた品質管理会議の存在があった。一方で人種差別や暴動といった苦難を乗り越え、反戦などメッセージ性の強い楽曲なども発表されていく。

1960年代、「品質管理会議」と銘打った会議の様子が音声で流れる。 ここは米国ミシガン州デトロイトに在る愛称"ヒッツヴィルUSA"。音楽レーベル「モータウン」創設者のベリー・ゴーディJr.を中心として、
やれ「シュプリームスはどうする?」だの「グラディスナイトを推すか?」とか、数人が声を荒げて、”商品の品質管理”を議論しているのだ。いやぁ〜、面白い!
ミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&シュプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5といったキラ星の如きスターたちが所属し、何をどう売るか?販促は?と日夜”品質管理”されていた現場なのだ。

主に語るのは、ベリー・ゴーディJr.と、アーティスト・作詞作曲・プロデューサーでもあるスモーキー・ロビンソン(若い!)。スタンダードナンバー「ゲット・レディ」をバックに、当時の街並みや風俗が映し出される。自動車生産拠点として夢の街だったデトロイト。興味深いことに、 商才に長けていたゴーディJr.は、車の工場組立ラインは、音楽プロデュース工程と同じだと語る。 生産工程を計画し、品質管理を頻繁に行う。モータウンサウンドの高品質が担保されていたのは、デトロイト発祥だったからなのだ。

オーディションにやって来た幼児のようなマイケル・ジャクソンの可愛らしさ。12歳で既にワンダー(奇跡)だったスティービー・ワンダーは楽器も歌も何でもござれ!舞台で観客を煽りながら、そのまま作曲したライブなど貴重な映像が満載だ。
レーベルの人気メンバーがツアーで南部を訪れた時、初めて知った差別体験。白人専用トイレや水飲み場など知らない彼らは、警官に銃を突きつけられ、
「場所を間違うと命懸けなんだな」
と述懐する場面は重い。ロープが張られ、黒人と白人が分けられた客席の映像はリアルだ。
レーベルでは、当時ドラッグカルチャーだったサイケデリックソウルを良しとせず、 商業路線で政治は扱わない方針を「世相を映す曲もありだ」と認めた。結果、マービン・ゲイ が黒人運動と変革を求めた名曲「What's going on」を生み出した過程は、今の米国の黒人差別問題とも繋がっている。数多のモータウンサウンドが現代にも普遍性を持つ理由が分かった気がした。(幸)


長年の盟友ベリーとスモーキーの二人が過去の思い出を語り、懐かしい映像が挿入されます。日本でも多くの洋楽が紹介され、いくつもあった音楽番組では日本語訳されたカバー曲が歌われました。作品中によく聞いた歌が紹介されるたびに、当時のあれこれが思い出されます。なんの知識もなく聞いていたあの楽曲がこの人たちに生み出され、会議にかけて選別、さらにブラッシュアップされて、遠い日本に届いていたんですね。あの印象的なギターリフの「マイ・ガール」byテンプテーションズがこうやって作られたのか!と知ったのは旧友に再会した気分でした。
「発見し、育成し、売り出す」ノウハウは日本の芸能事務所もそっくり同じでしょう。大ヒットすれば独立し、低迷すれば酒と薬に溺れるものが出てくる、というのも現在と変わりません。人種差別の問題は今も根深く残っています。
マイケル・ジャクソンとスティビー・ワンダーの少年時代は一見の価値あり。(白)


2019/カラー/5.1ch/アメリカ、イギリス/ビスタ/112分/
配給:ショウゲート 
公式サイト:http://makingofmotown.com
©2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved.
★2020年9月18日(金)より、全国公開
posted by yukie at 21:27| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする