2020年11月03日

トルーマン・カポーティ 真実のテープ(原題:The Capote Tapes) 

The Capote Tapes poster.jpg

監督:イーブス・バーノー
出演:トルーマン・カポーティ、ノーマン・メイラー、ジェイ・マキナニー、アンドレ・レオン・タリー

『ティファニーで朝食を』(58)、『冷血』(66)など多くの名作を残した20世紀を代表する文豪トルーマン・カポーティ。流行作家でもあり、マスメディアの急激な発展と共にあった戦後アメリカの代表的なセレブリティでもあった。『冷血』の大成功を経て、長年出版が待ち望まれた新作『叶えられた祈り』は、ニューヨークのハイソサエティの実態を描いた最高傑作となるはずだった。しかし「エスクァイア」誌に章の一部が発表されるや否や、そのスキャンダラスな内容によって激しい論争を巻き起こす。社交界から追放され、多くの友人を失ったカポーティは、アルコールと薬物中毒に苦しみ、作品の完成を待たずして60歳を目前にこの世を去ることとなる。

ジョージ・プリンプトンがカポーティの関係者や友人、約170人にインタビューした音声テープの音声をイーブス・バーノー監督が新たに取材した映像に挟み込みながら、トルーマン・カポーティの人生を紐解きました。
カポーティが親に捨てられ、親戚に育てられたという不幸な境遇からニューヨーカー誌で雑用係として働いていた過去やその後の起伏に富んだ生き様がさまざまな証言から炙り出されます。
カポーティの代表作『ティファニーで朝食を』『冷血』のエピソードをふんだんに盛り込み、カポーティの人となりが明らかに。そして、彼の人生を大きく左右した問題作『叶えられた祈り』がどのようにして書かれ、周囲にどんな影響を与えたのかへと繋げていきます。カポーティを知っている人には興味深く、知らない人には興味を持たせるでしょう。
カポーティは『叶えられた祈り』で彼がスワンと呼んだNYのセレブたちのスキャンダラスな内輪話を書いています。夫たちから精神的に虐げられているスワンたちの鬱憤を晴らしてあげたいという思いから執筆したようですが、思いとは裏腹に彼女たちをより傷つけてしまいました。もし、カポーティが現代に生きていたら、SNSでの炎上を頻繁に引き起こしていたのではないかと、ふと思ってしまいました。本作から書くことの難しさや怖さも伝わってきます。私たちもSNSでの発信が気軽にできるがゆえにそれを読んで傷つく人がいないか、送信前に一度考えたほうがいいかもしれません。(堀)


2019年/アメリカ=イギリス/英語/98分/カラー・モノクロ/ビスタ/5.1ch
配給:ミモザフィルムズ
© 2019, Hatch House Media Ltd.
公式サイト:http://capotetapes-movie.com/
★2020年11月6日(金)からBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開

posted by ほりきみき at 00:29| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

ストレイ・ドッグ(原題:DESTROYER) 

destroyer.jpg

監督:カリン・クサマ 
脚本:フィル・ヘイ&マット・マンフレディ 
撮影:ジュリー・カークウッド 
音楽:セオドア・シャピロ
出演:ニコール・キッドマン、トビー・ケベル、タチアナ・マズラニー、セバスチャン・スタン

LA市警の女性刑事エリン・ベル。若き日の美しさはすでに遠い過去のものとなり、今は酒に溺れ、同僚や別れた夫、16才の娘からも疎まれる孤独な人生を送っている。ある日、エリンの元に差出人不明の封筒が届く。17年前、FBI捜査官クリスとともに砂漠地帯に巣食う犯罪組織への潜入捜査を命じられたエリンは、そこで取り返しのつかない過ちを犯し、捜査は失敗。その罪悪感が今なお彼女の心を蝕み続けていた―。封筒の中身は紫色に染まった1枚のドル紙幣。それは行方をくらました事件の主犯からの挑戦状だった。過去に決着をつけるため、犯人を追う野良犬(ストレイ・ドッグ)と化したエリンは、灼熱の荒野へと車を走らせるが―。

特殊メイクを施したニコール・キッドマンにとにかく驚く。こんなにすさんだ汚れ役は初めてではないだろうか。1967年生まれのニコール・キッドマンは53歳。しかし、劇中では17年前に20代の役なので、どう高くみても40代のはず。実年齢よりも若い役を老けた感じに見せる特殊メイクで演じるとは! エリンのやさぐれ感が全身から陽炎のように立ち上っていた。一方で20代のときを本人が(すっぴんで?)演じている。しかし違和感がない。ニコール・キッドマン、恐るべし!
ストーリーは時間軸を自由自在に動かして展開する。ロサンゼルスの街がスクリーンから強烈に主張し、じりじりと照りつくような太陽に見ているこちらまで意識が朦朧となっていった先にあっと驚く結末が用意されていた。「ちょっと待って、もう一回見せて」と思わず、声をあげてしまうかもしれない。(堀)


2018年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/121分
配給:キノフィルムズ
(C) キノフィルムズ
公式サイト:https://www.destroyer.jp/
★2020年10月23日(金) TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 01:43| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

わたしは金正男を殺してない   原題:Assassins

watasiha kim.jpg

監督:ライアン・ホワイト(『おしえて!ドクター・ルース』『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判』)

2017年2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港出発ロビーで、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)が暗殺されたというニュースが世界を駆け巡った。北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男。空港の監視カメラには、一部始終が写されていて、殺害犯二人が捕まる。それは意外にも若い二人の女性だった。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン。二人はなぜ金正男殺害の実行犯となったのか・・・

当時、ニュースを観た時に、若い女性二人が空港ロビーを歩いている金正男に突然抱きつく姿が監視カメラの映像が映し出されていて、しかもそれが北朝鮮の女性ではないことに違和感を覚えました。本作は、二人がなぜ殺害実行犯になったのかを丁寧に紐解いていきます。北朝鮮の工作員たちは、SNSで日本のテレビ向けのイタズラ動画への出演を呼びかけ、巧妙に彼女たちを「演出」したのです。裏で操った工作員たちは、さっさと国外に逃げてしまい、実行犯として捕まった彼女たちのその後がなんとも気の毒でした。監視カメラに写ることも計算済みの暗殺劇。いやはや怖いです。(咲)

大きく報道された暗殺事件のニュースははっきり記憶にあります。白昼堂々と行われた暗殺、顔に塗られただけで死んでしまう薬物があるのにも驚きました。が、その後逮捕された彼女たちがどうなったかは全く知りませんでした。実際続報を観た覚えがありません。この作品は実行犯となってしまった二人がなぜこんなことに巻き込まれたのか、誰が暗躍していたのか、その後何があったのかを順序だてて見せてくれます。うまい話には裏があると、少しは疑いましょう。一般人の知らないところで、いろいろなことが秘密裡に動いているのだと知らされました。(白)

マレーシアでは殺人で有罪になると死刑が確定すると本作で知り、驚きました。他にも国王反逆罪や麻薬密輸、営利誘拐、銃器不法所持でも死刑になるようです。
金正男殺害実行犯としてインドネシア人のシティ・アイシャとベトナム人のドアン・ティ・フォンが逮捕されました。政治的な意図はなかったにしても、お金をもらって誰かを殺害することは許されないと思っていましたが、2人は殺人を犯した意識は全くなかったことが作品から明らかになります。しかし、誰かをスケープゴートにしなければ、マレーシアが国家としての面目が立たない。実行犯に仕立て上げられた2人は殺人で有罪と判決が出てしまうと死刑が確実。加害者というよりも被害者といえるでしょう。
それぞれに弁護士がついて、無罪獲得のために奔走します。観客からすれば2人は同じ立場ですが、母国と北朝鮮の関係からその後の状況に差が生まれます。思わず、「そんなのありなの?!」と叫んでしまいそうになりました。やり切れない思いがこみ上げてきます。
高度な政治的判断とエライ人はいうのでしょう。そんなこと一般人にはわかりません。私たちにもわかるように、ちゃんと正義を貫いてほしいものです。(堀)


殺されたのは、私の人生
この事件の映像が流された時、「嘘でしょ。どうして!」と思わず叫んでしまった。白昼、堂々と、暗殺が行われたということにびっくり。しかも殺されたのは、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)という人物。しかも場所は、大勢の利用客でごった返すマレーシア・クアラルンプール国際空港の出発ロビー。たくさんの防犯カメラの映像が一部始終を記録していた。この大胆で奇妙な謎に覆われた世紀の暗殺事件の真相に迫ったドキュメンタリーだが、暗殺事件を起こしたという女性二人は、加害者にさせられたと同時に被害者でもあった。そこに、サブタイトルににある「殺されたのは、私の人生」という言葉が突き刺さる。二人のその後がどうなったのか気になっていたけど、どうやら二人は裁判のあと、故国に戻れたらしいけど、高度な国と国との判断というのはなんなんだろうと疑問は残る。それでも見ず知らずの二人は、この裁判の間に協力しあい、励ましあう中で、弁護士など協力者の力を得て釈放に至ったということを知り、少しは救いを感じた。それでも納得のいく終わり方ではないのが政治判断という結果(暁)。


2020年/アメリカ/104分/G
配給:ツイン
公式サイト:https://koroshitenai.com/
★2020年10月10日(土) シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 12:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

トロールズ ミュージック★パワー(原題:TROLLS WORLD TOUR ) 

trolls.JPG

監督:ウォルト・ドーン
エグゼクティブ・ミュージック・プロデューサー:ジャスティン・ティンバーレイク
声の出演:アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク
吹き替えキャスト:上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗、宮野真守、松本梨香、吉野裕行、平田広明、木村昴、斉藤壮馬、浪川大輔、ミキ・昴生、関智一、ミキ・‎亜生、速水奨ほか 

歌って踊ってハグして、毎日ハッピーに暮らすポップ村のトロールたち。ある日、女王ポピーのもとに、ハードロック族の女王バーブからの手紙が届く。ポピーたちは、この世界に別の音楽を楽しむ仲間たちがいることを知って大興奮!テクノ、クラシック、カントリー、ファンク、そしてロック。そこは個性豊かな村が集まる1つの王国だったのだ。期待を胸に旅に出るポピーたち。でもそれは、すべての音楽をうばい、王国をロックで支配しようとするバーブのワナだった。
いま、世界中のハッピーを取り戻すための、ゆかいな仲間たちの壮大なアドベンチャーが始まる!

バラバラだったポップ、テクノ、クラシック、カントリー、ファンク、ロックの国が紆余曲折を経て、最後は手を取り合ってみんなで音楽を楽しむ。そこから伝わってくるメッセージはシンプル。人は違って当たり前、それを受け入れようということ。金子みすずさんの「 わたしと小鳥とすずと」の詩の一節「みんなちがってみんないい」という言葉を思い出します。子どもに「お友だちと仲良くしなさい」と言うよりも、親子でこの作品を見る方がストレートに伝わるのではないでしょうか。しかも、楽しいお出掛けの思い出にもなるのではないでしょうか。
キャラクターがかわいらしいこともあり、子ども向きの作品と思われてしまいそうですが、メッセージは大人の心にも奥深く響きます。しかも、シンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ウォント・トゥ・ファン」など往年の大ヒットナンバーもアレンジして使われているので、親世代もワクワクして楽しめること請け合いです。(堀)


2020年/92分/G/アメリカ
配給:東宝東和、ギャガ
A UNIVERSAL PICTURE ©2020 DREAMWORKS ANIMATION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/trolls/ 
★2020年10月2日(金)より全国ロードショー

posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ ( 原題 :The Last Black Man in San Francisco )

16010575841560.jpg

監督・脚本:ジョー・タルボット
共同脚本:ロブ・リチャート
原案:ジョー・タルボット、ジミー・フェイルズ
音楽:エミール・モセリ
出演:ジミー・フェイルズ、ジョナサン・メジャース、ロブ・モーガン、ダニー・グローヴァー

サンフランシスコ。祖父が建て、家族と暮らしていたことのある瀟洒(しょうしゃ)なヴィクトリアン様式の家に深い思い入れのあるジミー(ジミー・フェイルズ)は、観光名所となったその家を現在の家主が売りに出したことを知る。もう一度、そこに住むことをかなえようと駆けずり回る中、ジミーは家族や常に自分を支えてくれる親友モント(ジョナサン・メジャース)の存在のありがたみや大きさを噛み締めていく。やがて、財産を持たずとも守りたい大切なものが心の中にあるだけで人生は悪くないと思うようになる。

本作は、サンフランシスコの街、そこに建つ家、家具調度品、外壁の色、住む人々、友人、父、祖父らへの愛…、そして何より映画に対する愛、愛、愛…、万物への愛情に溢れた佳篇なのである。全編に横溢する好もしさは何処から来るのか?本名役で主演しているジミー・フェイルズと、これが初長編作となるジョー・タルボット 監督(脚本・原案も)は、サンフランシスコで生まれ育ったた幼なじみ同士。街を知り尽くした2人だけに、映し取る風景は第三者の観客の目から観ても優しく愛おしい。ただ、街への愛情が感傷やベタつきを伴わず、確かな技術に裏打ちされたものなのだ。
ハイスピードカメラ撮影による洗練された映像、スケボーが切り取って行くサンフランシスコ湾、ゴールデン・ゲート・ブリッジ、坂が続く街並み、路面電車、本作の鍵となるヴィクトリアン様式のレトロモダンな家。建物の意匠は逆光スモークのライティングで美しく照らし出される。プロダクション・デザイナーは舞台、CMの経験が豊富な女性だ。
品のいいオーケストレーションを含め、サンフランシスコに縁のあるジェファーソン・エアプレインやジョニ・ミッチェルなどの楽曲を使用した劇伴のセンスは抜群!音楽担当のエミール・モセリはこれが初の長編映画というから驚く。

舞台となるフィルモア地区は、戦前は日系人たちが住んでいたが、強制移住後は黒人たちが多く住むようになった。ジミーの祖父は、20世紀初め頃に建てられたヴィクトリアン・ハウスに住んだ”最初の黒人”という設定。IT長者や白人富裕層が占拠してしまい、黒人が追いやられている現代のサンフランシスコで、ジミーは”最後の黒人”となり得るのか?人種差別、格差といった単純な二分法では割り切れぬ現実が、ここにはある。(幸)


一つのスケボーに乗って、海辺の町を静かに行くジミーとモント。立ち止まって見上げるのは、かつて暮らしていた瀟洒な家。今は疎遠になってしまった家族との思い出が詰まった家だ。ある日、いつものようにこの家にたどり着いたら、荷物を運び出している。主が亡くなり、相続問題でもめているという。売りに出された家を買いたいと願うが、とても手が届かない。なんとかここに住みたいと願うジミーにモントはいつも寄り添っている。
風情あるサンフランシスコのベイエリアを舞台に、ジミーとモントの強い絆を描いた味わい深い映画。懐かしい「花のサンフランシスコ」の曲とともに、いつまでも余韻が残っている。
ちなみに撮影に使われたヴィクトリアン・ハウスのオーナーである元水化学者ジョン・テイラー氏(83歳)は、1889年に建てられた家を1960年後半に一目惚れし、数年後に友人と一緒に購入。友人の金策で一度売ってしまうも、1970年に、また家が売り出されていて買い戻したそうだ。同様の風情ある家が並ぶ地区だが、いつしか老朽化で建て替わってしまうのではないかと思うと、映像に残した意味は大きい。(咲)


主人公ジミーは祖父が建て、家族と暮らした思い出の宿るヴィクトリアン様式の美しい家に対する思いが強く、現在の居住者の留守を狙い、勝手にメンテナンスに勤しんでいます。あの家はジミーにとって幸せの象徴なのでしょうね。できれば買い取りたいと思っているけれど、彼には手が届かない。成功して、お金をためて買い戻す。そんなことさえ夢見ることさえできない格差が歴然と存在することを見せつけられます。
しかし、ジミーにとって象徴は呪縛でもありました。本当に大切なものに気づいたとき、新たな一歩を踏み出すことができたのです。こだわり過ぎて見えなくなっているものはないか。この作品をきっかけに振り返ってみてはいかがでしょうか。(堀)


2019 年/アメリカ/英語/ビスタサイズ/120 分/PG12
配給:ファントム・フィルム
提供:ファントム・フィルム/TC エンタテインメント
©2019 A24 DISTRIBUTION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://phantom-film.com/lastblackman-movie/
★2020年10月9日(金)より、 新宿シネマカリテ、シネクイント他にて全国公開



posted by yukie at 20:21| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする