2021年09月03日

ミッドナイト・トラベラー  原題:Midnight Traveler

midnaight.jpeg

監督:ハッサン・ファジリ
出演:ナルギス・ファジリ、ザフラ・ファジリ、ファティマ・フサイニ、ハッサン・ファジリ
プロデューサー:エムリー・マフダヴィアン、スー・キム
共同プロデューサー:ファティマ・フサイニ、アフマド・イマミ
脚本・編集:エムリー・マフダヴィアン
撮影:ナルギス・ファジリ、ザフラ・ファジリ、ファティマ・フサイニ、ハッサン・ファジリ
音楽:グレッチェン・ジュード

アフガニスタンから逃れて5600km
タリバンに死刑宣告を受けた監督一家の長い旅


ハサン・ファジリ監督は、2015年に国営放送のために元タリバンで武器を捨てた平和主義者の男のドキュメンタリー「Peace in Afghanistan」を制作。タリバンの怒りを買い、出演者が殺される。監督も命を狙われていると知り、亡命を決意。妻と二人の娘を連れ、国境を越え、イランへ。そこからトルコ、ブルガリア、セルビア、ハンガリーと、アフガニスタンを出て3年目、ようやくEUに入ることを認められる・・・

冒頭、本作は携帯電話3台で撮影したと掲げられます。国を出る決意をした時には、安住の地を見つけられるまで、どれ程の時間がかかるか全くの未知数。密航斡旋業者に騙されることは日常茶飯事。娘を見失って暗澹たる思いになった日々もあります。一家のリアルな記録からは、国や場所による難民への対応の違いも見て取れます。

映画のタイトル『ミッドナイト・トラベラー』は、映画の冒頭で長女のナルギスが読んでいる本「エゴ・モンスター」の巻の名前から取ったもの。著者サイード・バホダイン・マジローは、政治家、民族誌学者、作家であり、暗殺されるまでの晩年を難民として暮らしたアフガニスタンの知識人です。
監督一家は、ダリ語、それもペルシア語に近い訛りのない綺麗なダリ語を話していて、知識人だとわかります。パシュトゥン族が主のタリバンとは民族も言葉も違います。国境を越える時に、ほかの男たちの中に溶け込むようにシャルワール・カミーズを着た監督に、娘たちが「パパの服、タリバンみたいで嫌い」という場面があります。その娘たちもまた、目立たないようにブルカですっぽり全身を覆うことになるのですが。

本作の製作をプロデューサー・脚本・編集として支えたエムリー・マフダヴィアンは、ペルシア語話者で、中央アジアの映画とメディアに関する博士号を持つ方。パソコンを持ち出せなかったファジリ監督から、撮影映像を記録したSDカードを各国協力者経由、アメリカにいるエムリーに届いたのを確認し、メモリーを消去して撮影を続けるという綱渡りで本作は出来あがりました。

ジャパンプレミアとして上映されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019で、審査員特別賞を受賞しましたが、ハサン・ファジリ監督はドイツで難民申請が受理され手続き中で出国できず、来日が叶いませんでした。その後、ドイツの永住許可を得たとのこと。
一家そろってドイツに到達し、永住権まで得ることができたのは、ほんとうに幸運なケースだと思います。移動途中で命を落としたり、家族が離散したりすることも多々あるでしょう。危険を冒してまで、故国を離れなければいけない人たちが世界の各地で後を絶たないことに胸が痛みます。誰しも、難民などと呼ばれたくないはずです。日本での公開を前にハッサン・ファジリ監督から届いたメッセージが、心に響きます。

★ハッサン・ファジリ監督から届いたメッセージ★
「私たちも母国を出たいわけでも、捨てたいわけでもない。
私たち、難民はいつも厄介者のような目でみられてしまう。しかし、私たちも人間です。
悲しみも、喜びも、希望もある。
私たちは食事のため、水のために、難民になっているわけではない。
望んで今の状態にあるわけではなく、私たちは仕方がなく、難民になってしまった。
本来は私たちも、アナタたちと同じような普通の人間なんです。
難民もひとりの人間。私たちの痛みも苦しみも理解をしてほしい。」


本作の公開日は、2001年9月11日の同時多発テロから20年に当たる日であり、アメリカ軍完全撤退の期限である日と、かなり以前に決められたのですが、アメリカ軍撤退に伴うタリバン勢力の拡大は予想以上に早く、8月16日に首都カーブルを制圧してしまいました。武力で民主主義を植え付けようとしたアメリカが出ていくことは歓迎ですが、今回もまた、土足でよその国に上がり込んで、後のことを考えず撤退することに憤りを感じます。部族社会の根強いアフガニスタン。女性隔離の慣習を持つパシュトゥンが国家権力を握ると、女性にとって、また暗黒の時代が訪れるのではないかと懸念します。さらなる難民が増えないことを願うばかりです。(咲)


この作品を初めて観たのは2019年の山形国際ドキュメンタリー映画祭。そしてこの作品は「優秀賞」を受賞した。しかし、映画祭へのハッサン・ファジリ監督の参加はなかった。監督と家族はまだ、ドイツの永住許可を獲得できてなくて、海外への移動はまだできなかったのだ。
しかし、この映画を2年前に観た時と今はアフガニスタンの状況が変わってしまった。2年前はタリバンがまさか復権するとは思ってもみなかったのに、この8月にアフガニスタンはまたタリバンに支配されてしまった。この国はイスラムの教義とか聖戦とかいう前に、男たちの権力争い、勢力争いに振り回され、力による支配が続いている。これまでの政権はアメリカの傀儡政権だったのだろうし、世界からの支援も、結局利権を獲得した層だけが得をしていたのだろうけど、それでも女性にとっては、タリバンの時代より暮らしやすかっただろう。しかし、またタリバンが支配することになってどうなってしまうのだろう。以前のタリバンの時代よりは女性の人権を考えると言っているらしいが、それにしたってたかが知れていると思う。
監督の家族たちは、約3年の月日を経てドイツの永住権を得た。しかし、ハッサン監督が「母国を出たいわけでも、捨てたいわけでもない。望んで今の状態にあるわけではなく、私たちは仕方がなく難民になってしまった」というように好き好んで難民になったわけではない。いつか祖国に帰りたいという気持ちはあるのだろうけど、この状態ではさらに帰りにくくなってしまった。こういう作品を観ると、私たちにできることはと思ってしまう(暁)。


参照
山形国際ドキュメンタリー映画祭2019 授賞式レポート
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/470947183.html

2019 年/87 分/アメリカ・カタール・カナダ・イギリス/ドキュメンタリー
配給:ユナイテッドピープル
公式サイト:https://unitedpeople.jp/midnight/
★2021年9月11日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー


◆【緊急開催】アフガニスタンの今とこれから。
REALs理事長 瀬谷ルミ子さんに聞く。
日時:2021年9月7日(火) 19時から20時
場所:オンライン(Zoomミーティング)
主催:ユナイテッドピープル
協力:認定NPO法人REALs
料金:1000円/人
▼詳細・チケット https://peatix.com/event/2894439/view


◆トークイベント
9月11日(土)13:00-上映後、安田純平さん/ジャーナリスト
9月12日(日)13:00-上映後、綿井健陽さん/ジャーナリスト・映画監督
※聞き手、ユナイテッドピープル代表関根健次


posted by sakiko at 03:49| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家   原題:Resistance

resisutance.jpg

監督・脚本・製作:ジョナタン・ヤクボウィッツ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クレマンス・ポエジー、マティアス・シュヴァイクホファー、フェリックス・モアティ、ゲーザ・ルーリグ、カール・マルコヴィクス、ヴィカ・ケレケシュ、ベラ・ラムジー、エド・ハリス、エドガー・ラミレス

1938年、フランス、ドイツ国境に近いストラスブール。アーティストを夢見る青年マルセルは、昼間は精肉店で働き、夜はキャバレーでチャップリンに似せた姿でパントマイムを披露していた。戦争が激化し、親をナチに殺されたユダヤ人の孤児たち123人がストラスブールに疎開してくる。マルセルは、兄アランや従兄弟のジョルジュ、思いを寄せるエマと共に、子どもたちの世話にあたる。悲しみに暮れる子どもたちをパントマイムで和ませるマルセル。
そんな中、フランスでもユダヤ人迫害が激化。マルセルはフランス風にマルソー名乗る。
“リヨンの虐殺者”と恐れられたナチのクラウス・バルビー親衛隊中尉がユダヤ人やその協力者たちを拷問し射殺。それに対し武力で復讐しようという恋人エマに、マルソーは一人でも多くの命を救おうと、ユダヤ人孤児たちをフランスからスイスへと逃がすことを提案する・・・

<パントマイムの神様>と称えられたマルセル・マルソーですが、2007年9月22日にパリで亡くなるまで、第二次世界大戦中にナチスに加担したフランスのヴィシー政権に対するレジスタンス運動に身を投じていた活動内容を自ら語ることはなかったとのこと。没後10年以上の時を経て、マルセルたちがユダヤ人の孤児たちを助けた実話が映画化されました。ジョナタン・ヤクボウィッツ監督は、1978年、ベネズエラ、カラカス生まれのポーランド系ユダヤ人。
マルセルの家族も食事の前のお祈りのあとの「ポーランドでのユダヤ人差別から逃げてきたのに、ヒトラーはいずれフランスにも侵攻してくる」という言葉からポーランド系ユダヤ人だとわかります。
ナチスの侵攻を察知して、ストラスブールのフランス人の多くが南部に疎開する中、マルセルたちは逃げることなく、ユダヤ人の孤児たちを助けたのです。
父に、「芸術に何の意味が?」と尋ねられたマルセルが、「なぜトイレに?」と問い、「体が求めるから」と答える父に、「僕の答えも同じ」という場面があります。そんな父も、歌手になることが夢だったのです。「戦争が終わったら一緒に舞台に立とう」と父はマルセルに語るのですが、父はホロコーストの犠牲になり、夢が叶うことはありませんでした。
戦後、マルセルがどんな思いを抱えて、パントマイムで皆を笑わせていたのかと思うと涙が出ます。人種や宗教で人を差別する風潮は、今また激化しています。差別することなく共生できる世界の実現を願うばかりです。
本作はユダヤ人を救った美談ですが、同じ8月27日公開の『ホロコーストの罪人』は、ノルウェーで警察と市民がホロコーストに加担していたことを暴いた物語です。人は状況次第で善にも悪にもなりえることをずっしり感じます。(咲)


2020 年/アメリカ・イギリス・ドイツ/英語・ドイツ語/120 分/カラー/スコープ/5.1ch
日本語字幕:高内朝子
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://resistance-movie.jp/
©2019 Resistance Pictures Limited.
★2021年8月27日(金)TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー




posted by sakiko at 12:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

クリーン、シェーブン(原題:Clean, Shaven)

clean pos.jpg

監督・脚本:ロッジ・ケリガン
撮影:テオドロ・マニアチ
編集:ジェイ・ラビノウィッツ
音楽:ハーン・ロウ
出演:ピーター・グリーン、ロバート・アルバート、ミーガン・オーウェン、ジェニファー・マクドナルド

ピーターは自分の頭に受信機、指に送信機が埋め込まれていると信じている。頭の中には常にノイズが流れ込んで休まるときがない。施設を出た彼は母がいる実家に向かうが、会いたかった一人娘はそこにいなかった。里子に出されたという娘を、幼児の頃の写真を手に捜し歩くピーター。その跡を追う刑事がいた。同じころ、幼児が続いて殺される事件が起きて、容疑者として目をつけられていたのだった。

ロッジ・ケリガン監督の長編デビュー作。撮影監督としてフレデリック・ワイズマンに師事し、ミュージックビデオなどを手掛けてきた1993年に製作され、日本では1996年9月に劇場公開。今回25年ぶりにリバイバル公開となりました。主演は『ユージュアル・サスペクツ』『テスラ エジソンが恐れた天才』のピーター・グリーン。『マスク』(1994)で、ジム・キャリーの敵役で出演しています(これが映画初出演だったキャメロン・ディアスが可愛い)。
本作では幻聴にさいなまれる男の役です。今でいう統合失調症でしょうか。病気の原因は今もはっきりしないようですが、溜まったストレス、強いストレスが引き金になりそうです。本人が苦しんでいても、ほかの人間にはその辛さがわかりません。『閉鎖病棟 それぞれの朝』(2019)で綾野剛さんが演じたチュウさんもそうでした。薬とリハビリで快癒し、社会生活が可能になっていましたが、1993年ではまだまだだったはずです。
ピーターの頭の中では四六時中不快な音が鳴り響き、いつも誰かに監視されているという緊張と不安の中にいます。幻聴と幻視なのですが、これは拷問と同じですね。映画では誰にも受け入れられず、母親は厳しく実家も安らげる場所ではありません。そんな中で娘に逢うことだけを楽しみにしていたピーターの心が切ないです。ラストに少しだけ救われます。
ググってみますと統合失調症は100人に1人と言われているようです。軽重の差こそあれ、誰でもかかりうる病気です。今コロナ禍の中で、緊張と不安の中で暮らしています。疑心暗鬼に陥ったり、監視しあうのでなく互いの理解が進みますように。(白)


1993年製作/アメリカ/79分/PG12
配給:アンプラグド
(C)1993 DSM III Films, Inc. (C) 2006 Lodge Kerrigan. All Rights Reserved.
http://clean-shaven.com/
★2021年8月27日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開


posted by shiraishi at 13:39| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

ドント・ブリーズ2(原題:Don't Breathe 2)

Don't Breathe 2.jpg

監督:ロド・サヤゲス
脚本:フェデ・アルバレス、 ロド・サヤゲス
製作:フェデ・アルバレス/サム・ライミ/ロブ・タパート
出演:スティーブン・ラング、ブレンダン・セクストン3世、マデリン・グレース

人気のない郊外の古びた屋敷に住む、ある盲目の老人。彼はその屋敷で一人の少女を大切に育て、二人だけで静かに暮らしていた――その男こそ、8年前、強盗に押し入られた被害者として生きているが、実は強盗団を惨殺した過去をもつ、あの盲目の老人だった・・・。
ある日、謎の武装集団が老人の屋敷に静かに忍び込む。その目的は少女――。暗闇の中、すべてを知り尽くした屋敷内で全員の抹殺を試みるも、訓練されていた集団は老人を襲い、火を放つ。命からがら炎の中から逃げ出したが、そこに少女の姿はない。目覚める狂気の怒り。老人は己の手で大切に育てた少女を取り戻すため、武装集団の後を追う・・・。その集団はなぜ少女を狙うのか、少女はいったい何者なのか、老人はなぜ少女に固執するのか。全ての真実を知ったとき、前作を超える衝撃に息が止まる――。

5年前の前作『ドント・ブリーズ』はそれこそ息をつめて観ました。盲目の住人を「弱者」とたかをくくって侵入した強盗の若者たちが返り討ちに逢い、逆に気の毒になりましたっけ。それほど容赦ない強すぎる老人でした。
今回は、自分一人ではなく守らねばならない娘がいて、それが老人の弱点になります。隅々まで熟知している自宅では優位に立てるものの、相手は前回と違う玄人集団。自宅を燃やされ、娘を攫われ、否応なく勝手知らないほかの場所へ移動することになってしまいました。圧倒的に不利な状況でどう戦うのか?お楽しみに。
息詰まる攻防と敵の正体、娘が攫われた理由、老人の過去などなど、この作品で初めて明らかになる真実。前作を上回る過激なバイオレンスに観客は休まる隙がありません。が、守られるだけではない娘と犬に注目してください。娘役のマデリン・グレースとワンコたちに何か賞をあげたい~。(白)


新場面写真2_DF-14586_2000x1331_thumbnail.jpg


2021年/アメリカ/カラー/シネスコ/98分/R15+
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
https://www.donburi-movie.jp/
★2021年8月13日(金)全国ロードショー

posted by shiraishi at 01:01| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

17歳の瞳に映る世界   原題:Never Rarely Sometimes Always

17sai.jpg

監督・脚本:エリザ・ヒットマン
製作総指揮:ローズ・ガーネット、バリー・ジェンキンス
音楽:ジュリア・ホルター
出演:シドニー・フラニガン タリア・ライダー セオドア・ペレリン ライアン・エッゴールド シャロン・ヴァン・エッテン

17歳のオータム。高校の文化祭でギターの弾き語りをする彼女に「メス犬!」と野次が飛ぶ。それでも歌い続けるオータム。愛想がなく、友達といえば、同じスーパーでバイトをしている従妹のスカイラーくらいだ。ある日、オータムは予期せぬ妊娠をしたかもしれないとウィメンズ・クリニックに行く。陽性。でも、地元ペンシルベニア州で未成年が中絶するには親の同意が必要だ。スーパーでレジ打ちしている時に吐き気を催す。察したスカイラーが付き添って、親の同意なしに中絶できるニューヨークに向かう・・・

エリザ・ヒットマン監督が、本作を作ろうと思ったきっかけは、2012年、アイルランドで中絶が違法で中絶手術を受けられなかった為に亡くなった女性がいるという記事を読んだこと。アイルランドの女性は中絶するためにイギリスに渡ることも知りました。(アイルランドでは、2018年に妊娠24週まで中絶が可能に)
その後、中絶手術を受けるためにニューヨークにやってきたものの、莫大な費用のために夜をベンチで過ごすという記事をみたことなどから、舞台をアメリカに。監督自身も妊娠を経験し、ウィメンズ・クリニックなどでのリサーチも重ねて、この物語を紡ぎました。
原題の「Never Rarely Sometimes Always(まったくない、ほとんどない、時々ある、常にある)」は、クリニックで、妊娠した女性に生理や性交渉などについて質問する時の回答の選択肢。妊娠がどんな状況の性行為から起きたものだったかもあぶりだしていきます。
一方で、クリニックのカウンセラーの女性ケリーが、「中絶を誰にも強要されずに自分で決めたなら何の問題もない」とオータムに語ります。罪悪感に捉われがちの女性に対して、なんと心強い言葉でしょう。
このケリーは、監督がクイーンズにあるチョイシズ・ウーマン・メディカル・センターを取材した時に知り合い、彼女の言葉に感銘を受けて、カウンセラー役に抜擢したとのことです。
ニューヨークで、費用の工面をアドバイスしてくれるなど、親に知られることなく中絶できる体制があることに感心しました。日本ではどうなっているのか気になりました。
予期せぬ妊娠をして親にも言えなくて、たいていの場合、一人で悩むところ、オータムにはそばにいてくれる従妹がいて、どんなにやすらいだことかと思いました。多くを語らず、そばに寄り添ってくれるというのは、心地よい支えだと感じました。
観終わったときには、10代、20代の若い女性たちに是非観てもらって、望まない妊娠で苦しむことのないよう注意してほしいと思ったのですが、これは、若い男の子にこそ観てもらって、迂闊な行為が相手の女の子を苦しめるかもしれないことを心してほしいと思いました。避妊の大切さを、男女共に映画から学んでほしいものです。(咲)



第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)
サンダンス国際映画祭ネオリアリズム賞

2020年/アメリカ/101分/ユニーバサル作品
字幕翻訳;稲田嵯裕里
配給:ビターズ・エンド、パルコ
公式サイト:https://17hitomi-movie.jp/
★2021年7月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー




posted by sakiko at 18:50| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする