2022年07月31日

きっと地上には満天の星(原題:Topside)

littles-wings.jpg
 
監督・脚本:セリーヌ・ヘルド&ローガン・ジョージ
出演:ザイラ・ファーマー、セリーヌ・ヘルド、ファットリップ、ジャレッド・アブラハムソンほか

NYの地下鉄のさらに下に広がる暗い迷宮のような空間で、ギリギリの生活を送っているコミュニティがあった。5歳のリトルは、“地上”から帰ってきた母に今日も尋ねる「ねえ、翼は生えた?」リトルの背中を見てニッキーは「もう少しね。翼が生えるまではここが安全。」と答える。リトルは、翼が生えたら地上を飛び回り、絵本で見た“星”を探すのが夢だ。
ある日、不法住居者を排除しようと市の職員たちがやってくる。隠れてやり過ごすことができないと判断したニッキーは、隣人のジョンにも促されリトルを連れて地上へと逃げ出すことを決意する。初めて外の世界を体験するリトル。明るすぎる地下鉄のホーム、階段でひしめき合うたくさんの人、けたたましく鳴るクラクション…。夢に見た地上は、リトルにとって刺激が強すぎる世界だ。しかし役所の人間が立ち去るまで“家”に戻ることはできない。せめて明日の朝までこの地上を逃げ続けなければいけない。
ニッキーは彼女に“商売”をさせてくれるギャングのレスの部屋を訪ねる。ジャンキーたちがうつろな目で場違いな母娘を見つめるその部屋は、やはり二人が安全に過ごせる場所ではなかった。冬の夜のNYへ飛び出すニッキーとリトル。この街に彼らが休める場所などどこにもない。疲れ果てたニッキーが仕方なく“家”へ向かおうと地下鉄に乗ったその時、リトルはホームを飛び回る小鳥の姿に気を取られ、ひとり乗り遅れてしまう。発車してしまった列車の車内でパニックになるニッキー。すぐに引き返すがどこにもリトルの姿はない…。
NYの街で追い詰められていく母娘に、希望の光は降り注ぐのだろうか―。

本作は監督のひとりで脚本を書き、リトルの母親ニッキーを演じたセリーヌ・ヘルドが、子守の仕事をした非営利団体で恒久的な住居を持たない母子と出会ったこと、同時期にジェニファー・トスの著書「モグラびと ニューヨーク地下生活者たち」を読んだことが製作のきっかけとなったという。
シングルマザーのニッキーは住むところがなく、地下鉄の廃トンネルで暮らしている。厳しい生活ながらも育児放棄せず、慈しんで育てていることがリトルの満ち足りた表情から伝わってきた。セリーヌがリトルを演じたザイラ・ファーマーと撮影前に信頼関係を築いていたからできたことだが、ザイラが元々親からしっかり愛されて育ったに違いない。純粋無垢なリトルを見ていると世の中の嫌なことを忘れられる気がしてくる。ニッキーも同じ気持ちだったのだろう。
しかし、親は愛を与えればいいというものではない。リトルが簡単な計算もできないことが明らかになる。本来、子どもが育つべき環境にいれば、足し算、引き算、割り算などは友だちとの遊びを通じて、感覚として身についていくものなのだ。自分にとって不本意でも、子どもの健やかな成長のために家族や公的機関を頼ることは必要。
ニッキーは自力で何とかしようと奮闘するものの、リトルを見失うというトラブルを経験して、自分が本当は何をすべきかに気付いていく。その決断はニッキーにとって今は辛いかもしれない。しかし、リトルの将来を考えたら、「間違っていなかった」と思える日がくるだろう。(堀)


2020年製作/90分/G/アメリカ
配給:フルモテルモ、オープンセサミ
© 2020 Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.
公式サイト:https://littles-wings.com/
★2022年8月5日(金)からシネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 19:15| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナル アカウント 第三帝国 最後の証言  原題:Final Account

final acoount.jpg
(C)2021 Focus Features LLC.

監督・撮影:ルーク・ホランド
製作:ジョン・バトセック、ルーク・ホランド、リーテ・オード
製作総指揮:ジェフ・スコール、ダイアン・ワイアーマン、アンドリュー・ラーマン、クレア・アギラール
アソシエイト・プロデューサー:サム・ポープ
編集:ステファン・ロノヴィッチ/追加編集:サム・ポープ、バーバラ・ゾーセル
音楽監修:リズ・ギャラチャー

イギリスのドキュメンタリー監督ルーク・ホランドは、10代になって初めて、母がウィーンから逃れてきたユダヤ難民で、祖父母はホロコーストで殺害されたというルーツを知った。2000年代になり、祖父母を殺した人間を探す目的で、ドイツやオーストリアで暮らす戦争体験者たちをインタビューし、カメラに収めた。その数は約250件にも及んだ。
ホロコーストを直接目撃した、生存する最後の世代である彼らは、ナチス政権下に幼少期を過ごし、そのイデオロギーを神話とするナチスの精神を植え付けられて育った。戦後長い間沈黙を守ってきた彼らが語ったのは、ナチスへの加担や、受容してしまったことを悔いる言葉だけでなく、「手は下していない」という自己弁護や、「虐殺を知らなかった」という言い逃れ、果てはヒトラーを支持するという赤裸々な本音まで、驚くべき証言の数々だった・・・

ナチスが犯したユダヤ人などの大量殺人は、今でこそ歴史的事実として皆が知っていることですが、当時は、渦中にいて目撃していた人にとっても、全体像は見えてなかったこと。ましてや、自分が大量殺戮に加担したとは思いたくないのが世の常でしょう。取材を受けた人たちの答える姿からは、様々な思いを感じ取ることができて、興味深いものでした。時代の動きの中で、そのような行動を取らざるをえないというのも、人間の悲しい性。
今、まさに戦闘の続くロシアとウクライナ。どちらの兵士も、本来なら戦うより平和に暮らしたいはず。それなのに、人を殺すことに加担させられているのです。権力者の欲のために・・・ 人類はいつまで無駄な戦いを繰り返すのでしょう。(咲)

2020年/アメリカ=イギリス/ドイツ語/94分/カラー(一部モノクロ)/ビスタ
字幕翻訳:吉川美奈子 字幕監修:渋谷哲也 ナチス用語監修:小野寺拓也  
配給:パルコ ユニバーサル映画
公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/finalaccount
★2022年8月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー





posted by sakiko at 19:01| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月08日

炎のデス・ポリス(原題:COP SHOP)

炎のデス・ポリス.jpg
 
監督:ジョー・カーナハン 
脚本:クルト・マクラウド、ジョー・カーナハン
出演:ジェラルド・バトラー、フランク・グリロ、アレクシス・ラウダー、トビー・ハス 

ある夜、砂漠地帯にたたずむ警察署に、暴力沙汰を起こした詐欺師テディ(フランク・グリロ)が連行されてくる。マフィアのボスに命を狙われ、身を守るためにわざと逮捕されたのだ。しかしマフィアに雇われたスゴ腕の殺し屋ボブ(ジェラルド・バトラー)も泥酔男に成りすまし、留置所に入ってくる。新人警官ヴァレリー(アレクシス・ラウダー)の活躍によってボブのテディ抹殺計画は阻止されるが、マフィアが放った新たな刺客、サイコパスのアンソニー(トビー・ハス)が現れて署員を皆殺しにし、小さな警察署はまるで戦場のような大惨事に…。孤立無援の危機に陥ったヴァレリーと裏社会に生きる3人の男たちによる壮絶な殺し合いを生き抜き、朝を迎えられるのは誰なのか。



(堀)

2021年/アメリカ/英語/107分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:橋本裕充/PG12
配給:キノフィルムズ
©2021 CS Movie II LLC. All Rights Reserve
公式サイト:https://copshop-movie.jp/
★2022年7月15日(金)、闘わなければ、死んじゃうんデ
posted by ほりきみき at 23:40| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WANDA/ワンダ(原題:Wanda)

wanda.jpg

監督:脚本:バーバラ・ローデン
撮影・編集:ニコラス T・プロフェレス
制作協力:エリア・カザン
出演:バーバラ・ローデン(ワンダ)、マイケル・ヒギンズ(Mr.デニス)

ペンシルべニアの炭鉱町に住むワンダは、夫に離別をつきつけられ離婚審問に出なければならない。近所の老人にお金を無心しバス代を手に入れた。出廷したワンダの髪にはカーラーがついたまま。夫の痛罵にも表情を変えず離婚も子どもを手放すことも認めて町に出ていった。ビールをおごってくれるならどんな男とでもベッドを共にする。捕まえたり逃げられたりした後、寂れたバーでMr.デニスという小悪党に出逢った。ワンダはビールとベッドのため、彼の言うままに犯罪の片棒をかつぐ羽目になる。

バーバラ・ローデンをこの映画で初めて知りました。撮影監督兼編集者のニコラス T・プロフェレスと共同で、11万5千ドルというわずかな予算で監督・脚本・主演で制作したロードムービー。自信も行く当てもなくふわふわしたワンダはバーバラ自身であったのかもしれません。
そのころは23歳年上のエリア・カザンと結婚 (1967年 - 1980年)していたそうで、この映画の男優の衣裳はエリア・カザンのものだったとか。この1本を作っただけで、やめてしまったというのが惜しいです。1970年ヴェネツィア国際映画祭最優秀外国映画賞を受賞していますが、アメリカ本国ではウーマンリブの全盛期で、ヒロインの受動的な生き方が受け入れられなかったのか、ほぼ黙殺されたそうです。こうとしか生きられなかったワンダ、彼女を利用する男を描くことがバーバラなりの告発であり、闘いではなかったかと思うのですが。その後次作をつくることなく、癌を患い48歳で永眠。この映画は遺作となりました。(白)


冒頭、泣いている赤ちゃんをあやしている女性。男が出ていくと、ソファで寝そべっていた女性が、「私がいると不機嫌ね」と起き上がる。この寝ていた方の女性がヒロインのワンダ。髪にカーラーをつけたまま離婚調停の場に遅れていき、「育児も家事もしないひどい妻」と夫に指摘されるまま、離婚を承諾し、二人の子の親権も放棄。二日勤務した縫製工場に給金を貰いがてら、雇ってもらおうと思うも、作業が遅いと断られる。浮遊するように入った酒場で知り合った男についていき・・・と、同情の余地なしのダメダメ女ぶりを演じているのが、なんと、監督したバーバラ・ローデンご本人。しかも、『エデンの東』のエリア・カザン監督の妻! そんなバーバラ・ローデンが、従順な女性像に疑問を持って作ったのが、『WANDA/ワンダ』という次第。そう思って観ると、ワンダは実に自由人に見えてきます。それにしても、この物語、どこに向かうのか、どう着地するのか・・・と、目が離せなくなりました。もちろんハリウッド的な着地などしません。50年も前に、まだアメリカで女性監督があまりいなかった時代に、こんなとんでもない映画をよくぞ作ったと思います。
1970年ヴェネツィア国際映画祭最優秀外国映画賞を受賞し、71年カンヌ国際映画祭で上映された唯一のアメリカ映画でありながら、アメリカではほぼ黙殺。
フランスの小説家・ 監督のマルグリット・デュラスに「奇跡」と称賛された本作。閉鎖前のハリウッド・フィルム&ビデオ・ラボに放置されていたオリジナルのフィルムが運よく廃棄処分から救い出され、修復を施されて蘇った経緯は、ぜひ公式サイトでお読みください。粒子の粗い16mmフィルムの質感を残した修復もまた、作った当時のバーバラ・ローデンの思いを伝えてくれます。(咲)



1970年/アメリカ/カラー/シネスコ/102分
配給:クレプスキュールフィルム
(C)1970 FOUNDATION FOR FILMMAKERS
https://wanda.crepuscule-films.com/
★2022年7月9日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
posted by shiraishi at 11:47| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月01日

アルピニスト(原題:THE ALPINIST)

『アルピニスト』ポスター.jpg

監督:ピーター・モーティマー、ニック・ローゼン
制作:レッドブルメディアハウス
撮影:ジョン・グリフィス
出演:マーク・アンドレ・ルクレール、ブレット・ハリントン、アレックス・オノルド、ミッシェル・カイパーズ

アウトドアのドキュメンタリー映画を20年作ってきたピーター・モーティマーとニック・ローゼンはカナダに無名のクライマーがいることを知った。23歳の青年マーク・アンドレ・ルクレールは、多くのクライマーがSNSで発信している中、ただ自分の楽しみのためだけに次々と新しいクライミングを続けている。偉業を誇ることもない、彼の居所をつきとめ、マークと恋人のブレットと長く一緒に過ごし、カメラが同行することを許された。
命綱をつけず、身体一つで山に登るマーク、無駄のない見事な動きは瞬時に的確な判断のできるセンスがあってこそ。撮影が進んだある日、マークの行方が分からなくなる。そして再会したときに彼が告白したのは大きな事件ともいえる挑戦だった。

ニコニコと人あたりの良い好青年のマーク、このドキュメンタリーを見るまで全く知らずにいました。「マークのことなら一日中でも話せる」というクライマーのアレックス・オノルドは『フリーソロ』で観た人でした。同じようにフリーソロでどこまでも登り、その結果をだれに見せるわけでもないマークがほんとに好きだったのでしょう。
マークは子どものころADHD(注意欠陥障害)と診断され、母親は将来息子が仕事につくのは難しいかもしれないと不安だったそうです。ところが、好きなものには抜群の集中力を見せるんです。クライミングを知り、山に出逢ったことでマークは自分だけの道を見つけました。特化すれば才能です。
高いところも登山も苦手、決して近づかない私は心臓に悪い…と思いながら観ていました。緊張で力が入って身体がこわばっていました。断崖の岩肌に自分の手と足だけでつかまり、下は谷底って何の罰ゲーム!?なんでこんなに危ないことを嬉々としてできるの?!答えは彼の笑顔です。ただただ山が好きで、彼の天性の素質がぴたりと合っていたとしか言いようがありません。中断した撮影を続け、彼の人となりをインタビューで追って、作品を完成させてくれた2人の監督に感謝。(白)


クライミングのドキュメンタリー作品はこれまでにもいくつか見てきましたが、本作のマーク・アンドレ・ルクレールはそれらの作品に登場するどのアルピニストよりも過酷なクライミングをしていました。たとえば『フリーソロ』ではアレックス・オノルドがマークと同じようにロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登っていましたが、アレックスがクライミングするのは雪山ではありません。『MERU/メルー』では難攻不落の壁として知られている北インド高度6500メートルにそびえるヒマラヤ・メルー峰のシャークスフィンに挑戦する3人のクライマーたちの姿を映し出しますが、こちらはロープや安全装置を使っていますし、1人ではありません。マークは目も眩むような断崖絶壁や崩れ落ちそうな氷壁に、命綱もつけずにたった1人で挑んでいくのです。しかも、今どきの若者はそんな偉業を達成したらSNSなどで誇示しがちですが、マークは一切しないそう。自分の楽しみのためだけに登山する姿を見ていると、打ち込めるものがあるっていいなと思えてきます。
そして何より、クライミングをするマークを至近距離で映し出す映像に驚きます。マークの集中力が途切れさせないよう、制作陣は事前にかなりの信頼関係を築いたはず。本作を観て、マークのクライミングに寄り添うことで、自然の中で何にも邪魔されず、自分の時間を楽しむ気持ちを劇場にいながら感じることができそうです。(堀)


『アルピニスト』場面カット①_R.jpg
© 2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.

私自身、山にハマり、1980年~84年の約5年、北アルプスの山麓、長野県白馬村にある会社の山荘に住み込みで働きながら鹿島槍ヶ岳という山の写真を撮っていたことがあります。私の山への興味は山の自然、高山植物や山の景色、自然現象などで、山へは登りますが山登りが好きというわけではありませんでした。でも、このマークという青年は切り立った岩壁を命綱なしのフリークライミングで登頂することが自分の興味の対象です。そして、こういう岩壁登りが好きな人たちがけっこういるのです。『フリーソロ』のアレックス・オノルドも、やはり飄々と登っていましたし、世界の山登りはより困難な登り方を目指す人たちが競い合っているようです。でもマークはそういう競い合いには興味がないし、登ったと誇示するのも好きではない青年です。そしてマークは、アレックス・オノルドが絶賛する孤高のアルピニストです。この映画の冒頭のパーティシーンでアレックス・オノルドが登場しますし、『フリーソロ』を監督したジミー・チンも一瞬ですが登場します。ジミー・チンは『MERU/メルー』に出てきた3人の登山家のうちの一人で高度な登山技術をもち、『フリーソロ』の撮影を担っていましたが、この『アルピニスト』の、目も眩むような断崖絶壁を登るマークを頭上から捉えたポスターの写真を観ると、この映画の撮影者ジョン・グリフィスも相当な技術を持ったアルピニストなのでしょう。そうでなければこんな写真は撮れません。それにしても、私はこんな危険極まりないフリーソロにハマっていく人たちの気持ちがわかりません。ただ怖いだけです。その恐怖を克服することに生きがいというか達成感を感じるのでしょうか。
この映画を観て、『さかなのこ』(9月公開)のことを思いました。こちらはさかなクンの驚きの人生を映画にしたものですが、「何かを猛烈に好きになった人の映画」というところが共通です。何かに夢中になり、他の人の追随が届かないところに到達する人の生き方にはやはり共通点があるのかもと思いました。
この夏、登山をめぐる映画がいくつも公開されます。これまでシネマジャーナルではたくさんの山岳映画を紹介してきました。下記にそれら山岳映画の記事を参考までに記します。興味のあるかた覗いてみてください(暁)。


2021年/アメリカ/カラー/ビスタ/93分
配給:パルコ ユニバーサル映画
© 2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.
https://alpinist-movie.com/
★2022年7月8日(金)TOHOシネマズ シャンテ 他全国公開

*シネマジャーナル 山岳映画関連記事
シネマジャーナルHP
2019年 
●東京国際映画祭 『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』 ワールドプレミアイベント
●『フリーソロ』  劇場公開日 2019年9月6日
2018年 
●特別記事『クレイジー・フォー・マウンテン
ジェニファー・ピードン監督インタビュー 
2016年 
●『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~
対談≪韓国の伝説的登山家オム・ホンギル × 野口健≫
●『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見
MERU/メルー 原題 Meru
2014年
●『クライマー パタゴニアの彼方へ』デビッド・ラマ インタビュー
●『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』公開記念
女性世界初エベレスト登頂者 田部井淳子&エドモンド・ヒラリーの子息 ピーター・ヒラリートークショー

本誌
●2014年 シネマジャーナル91号
★今年、続々公開される山岳映画 古典~最新作まで
『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』『K2 初登頂の真実』『春を背負って』『アンナプルナ南壁 7400mの男たち』『クライマー パタゴニアの彼方へ』を紹介。また、1920年代に製作されたレニ・リーフェンシュタールの出演作『死の銀嶺』『モンブランの嵐』
●2011年 シネマジャーナル83号
★山好きから観た山岳映画 『劔岳 点の記』『岳 ―ガク―』『アイガー北壁』『127時間』『ヒマラヤ 運命の山』
posted by shiraishi at 13:23| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする