2020年01月12日

ジョジョ・ラビット  原題:Jojo Rabbit

jojo rabit.jpg

監督: タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィン・デイビス、 タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、 トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン

第二次世界大戦下のドイツ。
10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、今日から始まる青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿を前に、空想の友人アドルフ(タイカ・ワイティティ)に「僕にはムリかも」と弱音を吐く。アドルフに、「ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされ、合宿に出かけていく。
合宿で待ち受けていたのは、戦いで片目を失ったクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、教官のミス・ラーム(レベル・ウィルソン)。厳しい訓練が始まる。勇気を試すため、ウサギを殺せと命令されるが、心優しいジョジョは殺せない。教官から、2年間音信不通で脱走したと決めつけられている父親同様、臆病者だと馬鹿にされる。おまけに「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名まで付けられてしまう。
くじけてはいけないと、張り切って訓練に臨むが、ジョジョは手榴弾の投てきに失敗して大怪我を負う。それを知った母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)はユーゲントの事務局に乗り込み、怪我が治るまで身体に無理のない奉仕活動につかせるよう掛け合う。
帰宅したジョジョは、亡くなった姉インゲの部屋に隠し扉があって、ユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)を母が匿っているのを知る・・・

jojo.jpg

ユダヤ人の少女エルサに「通報したらお母さんも協力者として死刑よ」と言われるジョジョ。ヒトラーユーゲントでユダヤ人は下等だと教え込まれているジョジョは、ユダヤ人を壊滅するための本を書こうと思いつき、「ユダヤ人の秘密を教えてくれれば、ここにいてもいい」とエルサに提案します。エルサから毎日講義を受けるうち、ユダヤ人は下等な悪魔だという教えは間違っているのではないかと気づくジョジョ。年上のエルサに惹かれていく姿も、なんとも可愛いです。
監督は、本作の原作であるクリスティン・ ルーネンズ著「Caging Skies」を母親から薦められ、大人たちによって憎悪を吹き込まれたドイツ人少年の目を通して物語が語られることに魅了されたそうです。
ニュージーランド生まれのタイカ・ワイティティ監督は、なんと、マオリ系ユダヤ人! 母親がユダヤ人で、父親がマオリ人ということから偏見にさらされて育った思いも、作品に込められています。また、祖父が第二次世界大戦でナチスと戦ったこともあり、この時代のことにも興味があったとのこと。
監督自身で、ジョジョの空想の友人アドルフ・ヒトラーを演じているのですが、ちょび髭姿は、まさにヒトラーそのもの。ユーモアのセンスも抜群です。
悲しい物語なのに、くすっと笑わせてもくれる素敵な1作です。(咲)


jojo2.jpg

この作品は何と言っても主人公のジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイビスがかわいくてたまらない! ジョジョは入隊するヒトラーユーゲントというナチスの青少年組織では体格的にも精神的にも他の子どもたちより圧倒的に幼いのですが、それでも必死にがんばろうとする健気さがローマンの全身から溢れ出ていて、ぎゅ~っと抱きしめて頬ずりしたくなるほどです。そんなジョジョが自宅で匿われていたユダヤ人の少女と出会い、信じていたことが少しずつ崩壊していくことに戸惑いながらも成長していく。母性本能がかき乱されること必至です。
そして、ヒトラーユーゲントで教官を務めるクレツェンドルフ大尉役のサム・ロックウェルがまたいい。クレツェンドルフ大尉は名誉の負傷で片目を失い、戦線を外されて教官になったのですが、あからさまに不満を表す嫌な奴。ところが物語が展開していくうちに、ジョジョのことを気に掛けていることが分かってきます。そして最後には思いっきり漢気を感じさせる行動に出る。そんな複雑な役どころにコミカルさを加えて演じられるのはサム・ロックウェルだからこそではないでしょうか。
スカーレット・ヨハンソンは絶対的に息子を守ろうとする強さと、父親の不在を息子に感じさせない優しさを内包する母親を魅力的に演じています。スカーレット・ヨハンソンも母親役がすっかり板についてきました。
ユダヤ人の少女を演じたトーマシン・マッケンジーはこの作品で初めて知りましたが、凛としていて、ユダヤ人であることの矜持を感じさせてくれました。女優として、今後が非常に楽しみです。(堀)


2019年/アメリカ/109分/G
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/
★2020年1月17日より全国にて公開




posted by sakiko at 22:06| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リチャード・ジュエル   原題:Richard Jewell

richard.jpg

監督・製作:クリント・イーストウッド
原作:マリー・ブレナー「American Nightmare:The Ballad of Richard Jewell」
出演:サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム

リチャード・ジュエル。
1996年、五輪開催中のアトランタで起こった爆破テロ事件の第一発見者であり、テロ犯人として、その名を記憶されている男。
本作は、巨匠クリント・イーストウッドが、テロ事件発生から、リチャード・ジュエルの容疑が晴れるまでの88日間を丁寧に追った物語。

1996円7月27日、警備員のリチャード・ジュエルは、コンサート会場近くの公園のベンチの下に爆発物が入ったリュックを見つける。率先して人々を避難させ、多くの命を救った英雄としてメディアに大きく取り上げられる。だが、3日後、FBIが第一容疑者として挙げたことが、写真入りで実名が報道される。一転してテロ犯となってしまったリチャード・ジュエル。FBIによる執拗な取調べが始まる。息子の無実を信じる母ボビ。かつて職場で面識のあった弁護士ワトソン・ブライアントも彼の無実を信じ、国家権力に立ち向かう・・・

リチャード・ジュエルは、警察官になりたくて警察学校を卒業したのですが、残念ながら警察官にはなれず、警備員の仕事をしていた時に、事件に遭遇します。容疑が晴れたあと、(映画の中では)念願叶って警察官になったのですが、2007年、44歳の若さで病死。太りすぎが心臓を悪くしたようですが、容疑者として過ごした88日間のストレスも影響したのではないかと思ってしまいます。
かねてからリチャード・ジュエルのことを映画にしたいと思っていたクリント・イーストウッド。本人は残念ながら亡くなってしまいましたが、母親ボビや弁護士ワトソン・ブライアントからも話を聞き、悪夢の日々を再現しています。
事件は20年以上前に起こったことですが、早く犯人を挙げ事件を収拾させたい検察側の事情が冤罪を生んだこと、真犯人が見つかっても容疑者として多くの人に記憶されていることなど、現代にも通じる問題を私たちに投げかけてくれます。
本作が注目され、リチャード・ジュエルの汚名は確実に挽回されたとはいえ、お母様の心中を察すると複雑なものがあります。息子が味わった悪夢の日々は取り返せないのですから。(咲)


クリントイーストウッドは2019年3月に『運び屋』が公開されたのに、もう次の作品とは! 驚きです。
英雄から容疑者へ。自分とは関係ないこととは言い切れない不安。それを恐れて何もしなくなることへの警告。見事に伝わってきました。
リチャードはほんと、いい人なんです。自分が不利になるようなことも検察に頼まれればやってしまうし、しゃべってしまう。サム・ロックウェルが演じるワトソンと一緒に「いいから黙って!」と心の中で何度も叫んでしまいました。
とはいえ、行き過ぎた正義感を振りかざすリチャードにも問題があるような気がする。それは母親の子育てに問題があったのかもしれない。自分の身にリチャードのようなことが降りかかるかもしれない不安より、リチャードのような行き過ぎた正義感を持った子を育ててしまうことへの不安を感じてしまいました。(堀)


2019年/アメリカ/131分/スコープサイズ/5.1ch リニア PCM+ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/
★2020年1月17日(金)公開




posted by sakiko at 18:54| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

フォードvsフェラーリ(原題・英題:Ford v. Ferrari)

FVF.jpg
 
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベイル、トレイシー・レッツ、カトリーナ・バルフ、ノア・ジュプ

ル・マンでの勝利という、フォード・モーター社の使命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。限られた資金・時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の乗り越え、いよいよ1966年のル・マン24時間耐久レースで長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦することになる。

いきなりレースシーンで始まり、しかも運転席からの視界で進んでいく。まるで自分が運転しているかのよう。ものすごい迫力に作品の期待値が高まります。しかし、この作品の良さはそういったメカニックな面だけではありません。ル・マンでの優勝に挑む男たちの熱い友情が作品のいちばんの見どころ。これはいろいろなサイトでも書かれています。
シネマジャーナルとして注目したいのは、クリスチャン・ベイルが演じたケンを支えた妻。夫が悔しい思いをしているときはそっと寄り添い、夢を諦めようとしているときは厳しいくらいに鼓舞する。しかも夫がレースで留守をしている時はしっかり家を守る。なかなかできることではありません。男が何か成し遂げるときには支える妻がいるものなのよねと納得してしまいました。
さて、肝心のレースの結果は。。。「そんなのあり?」と驚くようなクライマックスに怒りがこみ上げてくるかもしれません。しかし、意外に本人たちの方があっさりしているもの。浮かれるフォードたちを尻目に、シェルビーとマイルズがフェラーリとレースを愛するものにしかわからない敬意を互いに示していたシーンに胸が熱くなりました。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/英語/153分
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/fordvsferrari/
★2020年1月10日(金)全国ロードショー
posted by ほりきみき at 00:10| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(原題:LONG SHOT) 

longshot.jpg

監督:ショナサン・レウィン
脚本:ダン・スターリング、リズ・ハンナ
原案:ダン・スターリング
出演:シャーリーズ・セロン、セス・ローゲン、オシェア・ジャクソン・Jr、アンディ・サーキス、アレクサンダー・スカルスガルド

アメリカの国務長官として活躍する才色兼備なシャーロット・フィールド(シャーリーズ・セロン)は、大統領選への出馬を目前としていた。そんなある日、シャーロットはジャーナリストのフレッド・フラスキー(セス・ローゲン)と出会う。才能はあるものの、頑固な性格があだとなり、職を失っていたフレッドとは実家が近所で、シャーロットはフレッドにとって初恋の人だったのだ。予想外の再会を果たした2人は、思い出話に花を咲かせる。その後、シャーロットは若き日の自分をよく知るフレッドに、スピーチ原稿作りを依頼。原稿を書き進めるうちに、2人はいつしか惹かれ合っていく。しかし、越えなければならない高いハードルがいくつも待ち受けていた。

才色兼備のシャーリーズ・セロンぴったりな役どころをユーモアたっぷりに演じていて、とにかく見ていて楽しい。相手役のジャーナリストをセス・ローゲンが演じていて、見た目的にはお世辞にもイケメンとは言えないのだけれど、シャーロットとうまくいくようになるに従って、段々カッコよく見えてくる。むしろ、本来イケメンのアレクサンダー・スカルスガルドがダサい感じ。愛されている自信からでしょうか。不思議です。
シャーロットはロクセットの「愛のぬくもり(It Must Have Been Love)」が好きだというセリフが出てくるのですが、これは『プリティ・ウーマン』の挿入歌としてヒットした曲。二人が愛を確かめ合うシーンでフレッドがスマホを使って流していたのですが、スマホの画面がちらっと映り、そこには『プリティ・ウーマン』のビジュアルが! しかも、そのとき、シャーロットが着ていたのが真っ赤なイブニングドレス。『プリティ・ウーマン』でヴィヴィアンがエドワードと初めてオペラに行く際に着ていたのも真っ赤なドレスでしたから、オマージュなのかもしれません。スマホの画面は本当に一瞬なので、作品をご覧になるときはよ~く注意してくださいね。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/英語/ 125分/シネマスコーフ/5.1ch/PG12
配給:ホニーキャニオン
© 2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:http://longshot-movie.jp/
★2020年1月3日(金)、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー

posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

マザーレス・ブルックリン(原題:Motherless Brooklyn)

motherless.jpg

監督:エドワード・ノートン
原作:ジョナサン・レセム
脚本:エドワード・ノートン
音楽:ダニエル・ペンバートン
出演:エドワード・ノートン(ライオネル)、ブルース・ウィリス(フランク)、アレック・ボールドウィン(モーゼス)、ウィレム・デフォー(ポール)、ググ・バサ=ロー(ローラ)

孤児のライオネルには障がいがあり、その場と関係ない言葉が突然口から出てしまう。自分ではコントロールできないため、周囲からは変わり者扱いされてきた。フランクはそんなライオネルを施設から連れ出し、探偵の仕事を教え、居場所を与えてくれた身内のような存在。ライオネルには並外れた記憶力というほかの人間にはない能力があった。障がいの発作に耐えながら、その能力を駆使してフランクの役に立とうとするが、何者かがフランクを襲う。ライオネルは1人で調査を続けるが、真実に近づくほど彼に危険も迫って来るのだった。

原作にほれ込んだエドワード・ノートンが早くに映画化権を獲得、長い時間をかけて脚本を執筆。このほど監督・脚本・主演として力を注いだ作品が完成しました。芸達者な俳優たちが見せる表情、思わぬ50年代の音楽とタバコと酒の香りがしてきそうなバーのたたずまい。懐かしい雰囲気のノワール作品の中で、エドワード・ノートン演じる異色の探偵が活躍します。障がいのためにコントロールできないという言葉が、ときどきおかしいほど鋭いのは原作どおりなのでしょうか。思わず笑ってしまいました。
ググ・バサ=ロー演じるローラは、原作にない映画オリジナルの役柄。殺伐とした金権がらみの殺し合いの中で、ライオネルの障がいもさらりと受け止めるローラがライオネルの希望になります。彼女の空色のコートがくすんだ街に映えて美しく、彼女の存在が作品に色をそえて観客をストーリーへと案内してくれました。(白)


本作はなんと、エドワード・ノートンが主演だけでなく、監督と脚本、製作までこなしています。しかも脚本は初めてで、監督は20年ぶり。ノートン渾身の作といえるでしょう。
時代設定を原作の1999年から1957年へと変更したことで、ジャズと当時の風景がより調和したような気がします。ニューヨークの土地再開発における利権絡みの殺人事件というのも50年代らしいですね。
主人公のライオネルはトゥーレット症候群を抱えていますが、トゥーレット症候群は文字で読むより役者が演じた方がうまく伝わります。もちろんエドワード・ノートンの演技が素晴らしいこともありますけれど。最初は少し驚いてしまいましたが、物語が進むにつれて、彼の人柄が伝わってきて、次第に病気を抱える彼に寄り添ってあげたくなりました。
意外だったのが、ブルース・ウィリス。孤児を育てる善良な紳士かと思いきや、意外とお金にがめついところがある。これまでのブルース・ウィリスの印象が覆されました。こんな役も演じられるんですね。そのブルース・ウィリス演じるミナはライオネルのことを「マザーレス・ブルックリン」と呼びます。母親はいないけれど、父親代わりの俺はいるぞというメッセージのように思えました。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/シネスコ/144分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights eserved
http://wwws.warnerbros.co.jp/motherlessbrooklyn/
★2019年1月10日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 15:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする