2019年10月15日

マレフィセント2 原題:MALEFICENT: MISTRESS OF EVIL

IMG_0332.JPG

監督:ヨアヒム・ローニング
製作:ジョー・ロス、 アンジェリーナ・ジョリー、 ダンカン・ヘンダーソン
脚本:リンダ・ウールバートン、 ノア・ハープスター、 ミカ・フィッツァーマン=ブルー
撮影:ヘンリー・ブラハム 美術:パトリック・タトポロス 衣装:エレン・マイロニック
出演:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー、ハリス・ディキンソン、サム・ライリー、MIYAVI

呪いの眠りから覚めたオーロラ姫(エル・ファニング)は、フィリップ王子(ハリス・ディキンソン)のプロポーズを受ける。一方、妖精界を滅ぼすために動き出す者たちがいた。そして結婚式当日、オーロラ姫に魔の手が忍び寄る。

女子の多くは、物心ついた時から「眠れる森の美女」を読み聞かせをしてもらったり、絵本を飽くことなく読んだ記憶があるはずだ。お城や深い森、光る湖、煌びやかな衣装に想像の翼を羽ばたかせ、そして恐怖のイメージを植え込ませたのではないか。
お伽話の世界ではイメージが何よりも大事!
大ヒットした前作同様、今回もコンセプトアートの豊かさが眼を惹く。パトリック・タトポロスによるプロダクション・デザインが本作をしっかりと大人の鑑賞に耐え得る深度、枠組みを与えているからに違いない。イメージの喚起力が映画に広がりを齎すのだ。ファンタジーには華やかさと恐怖がつきもの。

監督のヨアヒム・ローニングはノルウェー時代の出世作『コン・ティキ』の厳然たる史実と、ハリウッドに於ける『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』のエンターテイメント性を本作で結実させているようだ。

見どころはもう一つ。製作も兼ねるアンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファーらハリウッドの王道女優組を支える脇役に、キウェテル・イジョフォー、サム・ライリー、エド・スクレイン(『デッドプール』の悪役、「ゲーム・オブ・スローンズ」)の名優・イケメン英国俳優陣を配したことだ。王子役にはポカン顔(ファンの方すみません!)だった前作のブレントン・スウェイツに代わり、英国のハリス・ディキンソンを起用。王子としての悲哀を眼の奥に忍ばせる理解力を見せている。

また、オーロラ姫を世話する黄色の妖精にジュノー・テンプル、赤の妖精はイメルダ・スタウントン、水色はレスリー・マンヴィルらオスカー級の英国女優陣が引き続き出演したことからも製作陣が、”俳優の層が世界一厚い”英国俳優に期待を託していることが分かる。
今回から、マレフィセントと同じ種族の重要キャストにMIYAVIが配置され、検討している点もお見逃しなく!(幸)


真実の愛について描いた前作から5年。本作でもマレフィセントのオーロラへの愛は変わらない。血の繋がりを超えた母性愛は究極の行動を示す。

さらに、本作では共存について問う。前作で人間の王国と妖精の国は統一され、オーロラは2つの国の女王となった。しかし、本当に人間と妖精は共存できるのか。
オーロラが結婚するフィリップ王子の母であるイングリス王妃は幼い頃にムーア国との国境近くで恐ろしい思いをした経験から妖精を憎んでいる。オーロラに優しく接するが、マレフィセントに対する嫌悪はあからさま。イングリス王妃の思惑と行動が本作を大きく動かしていく。
作中、イングリス王妃は息子とオーロラの結婚式に口をはさむ。古今東西、嫁姑の関係は同じようだ。自分の価値観を押し付けずに、相手を尊重することはできないものか。家族と民族の違いはあるが、共存問題の根本は同じかもしれない。

ところで、アンジェリーナ・ジョリーの美しさは変わらないが、エル・ファニングの成長が著しい。この5年間に『ネオン・デーモン』、『20センチュリー・ウーマン』、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』、『メアリーの総て』といった作品に出演し、天真爛漫な雰囲気を残しつつ、大人の女性への脱皮と遂げた。それと同期するかのように、前作では守られる存在だったオーロラが自分で考え、行動するように。もし続編があるのなら、次はオーロラが1人堂々と主役を演じるところを見てみたい。(堀)


配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
製作 アメリカ/2019/カラー/ 119分
(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト :https://www.disney.co.jp/movie/maleficent2.html
★10月18日(金)より日米同時公開
posted by yukie at 23:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

クロール 凶暴領域(原題:原題:Crawl)

crawl.jpg

監督:アレクサンドル・アジャ
脚本:マイケル・ラスムッセン
ショーン・ラスムッセン
撮影:マキシム・アレクサンドル
出演:カヤ・スコデラーリオ(ヘイリー)、バリー・ペッパー(デイブ)、モーフィッド・クラーク(ベス)、ロス・アンダーソン(ウェイン)

女子大生のヘイリーは、子どものころから水泳に打ち込み今は競泳の選手をしている。フロリダで一人暮らしをしている父デイブと連絡が取れない、と姉から電話が入りこのところ疎遠だった父が心配になった。ハリケーンの暴風雨の中、急ぎ実家へ向かうと、近隣はみな水に浸かり住民は避難していた。家中を探して、やっと地下室で倒れている父を見つけたが重傷だった。助けようとしたヘイリーも巨大なワニに襲われる。洪水のため、近くにあるワニ園からたくさんのワニが逃げ出していたのだった。

パニックもの、サバイバルものが好きな方にお薦め!巨大ハリケーンの直撃で周りは大洪水、家の中にまでワニが侵入してきます。どんどん上がる水位に、カナヅチの私なら絶望するしかありませんが、ヘイリーは水泳選手。父はいつも試合前に「お前は最強の捕食者!」と励ましてくれていたのです。ワニもその最強の捕食者の一つなので、ここでガチ対決です。
ヒラリーは何度も脱出を図るのですが、重傷を負った父と愛犬とハリケーンの中で取り残されてしまい、結局自宅でワニと闘います。いやはや、観ながら何度ドッキリ!したかわかりません。心臓の弱い方ご注意ください。たくましいヒロインは『メイズ・ランナー』シリーズのカヤ・スコデラリオ。不死身の父デイブは名バイプレイヤーのバリー・ペッパー。(白)


2019年/アメリカ/カラー/シネスコ/87分
配給:東和ピクチャーズ
(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
https://crawlmovie.jp/
★2019年10月11日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 16:39| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

アップグレード 原題:UPGRADE

IMG_0329.JPG


監督・脚本:リー・ワネル  製作:ジェイソン・ブラム
出演:ローガン・マーシャル=グリーン、メラニー・バレイヨ、スティーブ・ダニエルセン、アビー・クレイデン、ハリソン・ギルバートソン、ベネディクト・ハーディ

近未来で妻のアシャ(メラニー・ヴァレジョ)と穏やかに生活していたグレイ・トレイス(ローガン・マーシャル=グリーン)は、突如現れた正体不明の組織に襲われる。妻は殺され、グレイは一命を取り留めるが、全身が麻痺してしまう。悲しみに沈む中、ある科学者から実験段階にある人工知能チップ“STEM”を肉体に埋め込む手術を提案され、受けることにするグレイ。やがて彼は体を動かせるようになったばかりか、驚異的な身体能力を得る。

これは新たな『ターミネーター』シリーズになるのではないか?という予感は遠からず…だった。ワネル監督自身、『ターミネーター』に強い影響を受けたそうだ。『ターミネーター』も1作目は低予算のインディペンデント作品ながら、豊かな発想とスケールの大きさで注目された。本作は『ターミネーター』をそれこそ”アップグレード”したような独創的な発想、奇抜な映像表現による近未来SFである。

AIチップが埋め込まれ、驚異的な身体能力を手に入れた男。脳内のチップ「STEM」と会話する様は”バディ映画”の新機軸といえよう。映画ファンなら誰もが知る『2001年 宇宙の旅』に於けるコンピューター”HAL”。あのハンサム声が全編にこだまし、脳内はフル回転、身体は超絶ロボット化すると想像してほしい。観客は聴覚、視覚から圧倒的な快感を得るのだ。

サウス・バイ・サウスウエストや、シッチェス・カタロニア国際映画祭など著名な映画祭で観客賞受賞し、批評サイト「Rotten Tomatoes」でも高評価を獲得したのが納得のクオリティである。
主人公を演じるローガン・マーシャル=グリーンのアクションには驚かされた!まるで本物のサイボーグが戦闘態勢に入ったかのようにしか見えない。トム・ハーディ似のイケメンでもあるので、今後ライジングして行く予感がする。
自然が破壊され、人工的な近未来世界の中で、坪庭のような日本庭園が眼を引いた。低予算の中で優れた映画にしようという気概を持つ美術・撮影・音響デザインといったスタッフワークにもご注目を。(幸)


自動運転の車が暴走し、事故を起こす。AIが管理する社会を進んでいると表現していいのか。事故後、妻を殺され、主人公も脊髄を損傷して四肢不随に。AIチップを埋め込まれることで動けるようになり、復讐に走った。しかし、次第にAIが暴走。その先に本当の復讐相手が見えてくる。
作品はすべてをAIに任せることへ警鐘を鳴らす。判断はテクノロジーに任せず、自らすべきと改めて思う。(堀)


配給:パルコ
2018年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語//100分
©2018 UNIVERSAL STUDIOS
公式サイト:http://upgrade-movie.jp/
★10月11日(金)より渋谷シネクイントほか全国ロードショー★
posted by yukie at 11:38| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ジョン・ウィック:パラベラム 原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM

IMG_0328.JPG

監督:チャド・スタエルスキ
脚本・キャラクター原案:デレク・コルスタッド
脚本:シェイ・ハッテン、クリス・コリンズ、マーク・エイブラムス
製作:ベイジル・イヴァニク、 エリカ・リー
撮影監督:ダン・ローストセン
出演:キアヌ・リーヴス、ハル・ベリー、アンジェリカ・ヒューストン、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン

裏社会の聖域コンチネンタルホテルでの不殺のおきてを破ってしまった殺し屋のジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は、裏社会を束ねる組織の粛清の対象になる。1,400万ドルの賞金を懸けられ、刺客たちと壮絶な死闘を繰り広げて満身創痍のジョンは、以前“血の誓印”を交わしたソフィア(ハル・ベリー)の協力を得ようとモロッコへ向かう。

こんなアクション映画があるだろうか?出演者全員が大真面目に大迫力画面で死闘を繰り広げるほど、場内は大爆笑なのだ!
「ここまで殺る?」 「えっ!ウソでしょ?」 「まだ続くの?まだ死なない!」
お茶の間で観るならいざ知らず、言葉を発することができない試写では驚嘆の場面を目の当たりにした観客が出来る反応は”爆笑”しかないことがよく分かる。

これは重要な点だ。本作が極めて”身体性”を伴うアクションを連打しているからこその反応なのだろう。小手先のCG加工ではない。身体を張った捨て身の演技を観客が賞賛している証拠。コメディ分野でも、キートンやチャップリンのサイレント映画が未だに陳腐化せず、大笑い出来るのは、創り手が危険も顧みずに身体を張って観客を喜ばせよう、楽しませたい、といったエンターテイメントの原点に感動するからなのだ。

かといっても勢いだけの映画ではない。複雑且つ綿密に計算されたスタントアクション、フォーメーションを逃すことなく映し出すカメラアングル、カットの切り返しを使わず遠隔からの長回しで死闘の全貌を見ることの出来る編集の妙。巧みな音響効果。
キアヌ・リーヴスはじめ、出演者全員(馬や犬も)の熱演が光るが、上記のようなスタッフあってこそ輝くというものだ。

クライマックス連続の圧倒される130分の中で、きめ細かな演出がなされている点にもご注目を!(幸)


IMG_0327.JPG


2019年製作/130分/R15+/アメリカ
配給:ポニーキャニオン
R, TM & c 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
http://johnwick.jp/sp/
★10月4日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー★
posted by yukie at 13:57| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

ヘルボーイ(原題:Hellboy)

hellboy.jpg

監督:ニール・マーシャル
原作:マイク・ミニョーラ
脚本:アンドリュー・コスビー
出演:デヴィッド・ハーバー(ヘルボーイ)、イアン・マクシェーン(ブルーム教授)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(ニムエ)、ダニエル・デイ・キム(ベン・ダイミョウ少佐)、サッシャ・レイン(アリス・モナハン)

紀元517年、暗黒時代のイングランド。ブラッドクィーンを呼ばれる魔女ニムエは疫病を蔓延させ、世界を手中にしようとしていたが、聖剣エクスカリバーによって阻まれる。ニムエの身体はバラバラになり、世界の果てにそれぞれが封印された。
現代。悪魔の力を持つヘルボーイは極秘の超常現象調査防衛局(B.P.R.D.)のエージェントとして、人間界を守っている。B.P.R.D.の創設者で、ヘルボーイにとっては父親代わりでもあるブルーム教授から、イギリス行きの指示があった。そのころ魔女ニムエは1500年の封印を解き、人間界への復讐に燃えていた。巨人退治のつもりで出向いたヘルボーイは、英国のエージェントと共に、強大な力を持つニムエと闘うことになった。

アメコミの異色のヒーロー、地獄で生まれた悪魔の子ヘルボーイは人間界に産み落とされ、ブルーム教授に育てられました。そのあたりは2004年の第1作『ヘルボーイ』2008年『ヘルボーイ ゴールデンアーミー』(ギレルモ・デル・トロ監督/ロン・パールマン主演)にも描かれています。異形ながらやさしい心を持つヘルボーイが人間界で受けた冷たい仕打ちはいかばかりか?それでもねじくれずに育っておばちゃんは嬉しい。本作では人間不信に陥った彼が、ニムエの甘言や罠にはまって悪魔界へ取り込まれそうになりますが…。
監督は「ゲーム・オブ・スローンズ」にも参加したニール・マーシャルに、ヘルボーイはデヴィッド・ハーバーに選手交代し、原作のマイク・ミニョーラが企画から関わって、25年も続いたコミックスの再映画化を支えました。クリーチャーが大量出現するアクション満載のダークファンタジーですが、男子好みなだけではありません。女子はアリスに感情移入できますし、相変わらずきりりと美しいミラ・ジョヴォヴィッチも悪役ながらかっこいいですよ。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/120分
配給:REGENTS
(c)2019 HB PRODUCTIONS, INC.
http://hellboy-movie.jp/
★2019年9月27日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:23| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする