2020年07月09日

パブリック 図書館の奇跡(原題:The Public)

the-public-poster.jpg
 
製作・監督・脚本・主演:エミリオ・エステベス
出演:アレック・ボールドウィン、テイラー・シリング、クリスチャン・スレイター、ジェフリー・ライト、ジェナ・マローン、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、チェ・“ライムフェスト”・スミス

米オハイオ州シンシナティの公共図書館で、図書館員スチュアート(エミリオ・エステベス)は常連の利用者のホームレスから「今夜は帰らない」と告げられる。大寒波が到来し、路上での凍死者が続出し、その日の朝も図書館前で別の常連利用者ホームレスが亡くなったばかりだった。しかし、市の緊急シェルターは満杯。行き場を失った70人ほどのホームレスたちが図書館を占拠したのだ。
彼らの苦境を察したスチュアートは、3階に立てこもった彼らと行動を共にし、出入り口を封鎖する。それは“代わりの避難場所”を求める平和的なデモだったが、政治的なイメージアップをもくろむ検察官の偏った主張やメディアのセンセーショナルな報道によって、スチュアートは心に問題を抱えた“アブない容疑者”に仕立てられてしまう。やがて警察の機動隊が出動し、追いつめられたスチュアートとホームレスたちが驚愕の行動に出た。

寒い中、図書館の開館を待つホームレスの人たち。開館と共に入場し、歯を磨いて顔を洗う。町のシェルターはすでに満員で、受け入れてもらえず、ここが生活の場となっている人たち。折りしも大寒波。閉館後、行くアテのない人たちに、夜を過ごす場所を提供してあげてもいいじゃないかと思ってしまいます。
図書館員スチュアートは、過去にホームレスの経験もあって、本に救われたと語っています。テレビレポーターから、人質事件の首謀者の烙印を押され、言いたいことは?との問いに、人道的危機と言いかけるのですが、まともに聞いてもらえません。そこで、「ここには告発しても足りぬ罪がある。涙では表わしきれない悲しみがある・・・」と「怒りの葡萄」の一節を語ります。いぶかしげなレポーター。小学校高学年の教科書にも載っている一節なのだそうで、リチャードの知り合いの女性たちがレポーターを馬鹿にしています。報道の功罪も考えさせられました。(咲)


監督のエミリオ・エステベスは、ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイにインスピレーションを得て、構想に11年かけて完成させました。
記録的な大寒波の到来し、凍死者が続出しますが、緊急シェルターがいっぱいで行き場がないホームレスの集団が図書館のワンフロアを占拠。ひとりの図書館員が突如勃発した大騒動に巻き込まれながらも奮闘していく姿を描きます。

配給をしたロングライドは、日本各地の“公共”のエキスパートの方たちを繋いで、コロナ禍でより露わになった、日本における公共性を持つ空間が現在抱える問題やその未来についてともに考えるオンライン座談会を2夜連続配信しました。


《イベント概要》
『パブリック 図書館の奇跡』公開記念 本作を通し考える、日本の公共性を持つ空間のあり方と未来

【第1夜】
日程:7/7(火)
時間:18:00~19:30
司会:岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 (arg)代表、著書『未来の図書館、はじめませんか?』)
登壇者:
福島幸宏(東京大学大学院 情報学環 特任准教授)
嶋田学(奈良大学 文学部 文化財学科 教授・司書課程)
谷合佳代子(公益財団法人大阪社会運動協会・エル・ライブラリー:市民ボランティアと寄付で支えられている労働専門図書館)
岡野裕行(皇學館大学文学部国文学科准教授)
桂まに子(京都女子大学図書館司書課程講師)

Youtube配信URL:https://youtu.be/GC4aGeKo2TM

【第2夜】
日程:7/8(水)
時間:19:00~20:30
司会:岡本真
登壇者:
田中元子(株式会社グランドレベル代表取締役社長、喫茶ランドリーオーナー)
平賀研也(前県立長野図書館長)
川上翔(NPO法人ビッグイシュー基金 プログラム・コーディネーター)
Youtube配信URL:https://youtu.be/D3VJK0lDI4w


初日は時間を1時間間違えて、終わりの方しか聞けませんでしたが、2日目はしっかり聞きました。
映画のシーンを引き合いに出して、日本の現状や今後への提案が話題に上がりました。

今から40年ほど前、図書館で働きたくて、大学で司書過程を取りました。しかし、当時は公務員試験に採用され、運よく図書館に配属されたらなれる職業で、なかなかなれない職業でした。(むしろ、意思とは関係なく図書館に配属され、不本意に図書館で仕事をしていた人もいました)
図書館は本を借りるところと思っている人が多いのですが、実はその利用方法は多岐にわたります。本の貸し出しの次くらいに分かりやすいのが、レファレンスサービス。利用者の質問に答えるのです。作品の中でも、「原寸大の地球儀はありますか」といったとんでもない質問がありましたが、これがなかなか大変なのです。そういった知られていない司書の仕事もさらりと紹介しているあたりに、エミリオ・エステベスの深いリサーチを感じる作品でした。(堀)


2018年/アメリカ/英語/119分/スコープ/5.1ch
配給:ロングライド
© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://longride.jp/public/
★2020年7月17日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 14:20| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

WAVES/ウェイブス 原題:WAVES

15855385194230.jpg

監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ
作曲:トレント・レズナー、アッティカス・ロス

出演:ケルヴィン・ハリソン・Jr、テイラー・ラッセル、スターリング・K・ブラウン、レネー・エリス・ゴールズベリー、ルーカス・ヘッジズ、アレクサ・デミー

フロリダで高校生活を送るレスリング部のタイラーはスター選手で、成績も良く、美人の恋人もいた。厳格な父親と多少の距離はあるが、満ち足りた毎日を過ごしていたある日、タイラーは肩を負傷してしまう。医師は大事な試合に出場することを許さず、さらに恋人の妊娠が発覚して順調だった人生が狂い始める。

『ルーム』『ムーンライト』『ミッドサマー』といった多くの秀作・話題作を放ってきたスタジオ「A24」発の新作だけに、脚本・監督のトレイ・エドワード・シュルツは自由な表現を極めている。脚本段階から31の楽曲と映像世界が脳内でシンクロし、車のエンジン音、波音、ほぼ全ての生活音までがシュルツ監督の中では構築済みだったのだろう。

映像構成も斬新だ。例えば、主人公が絶望する場面ではスクリーンの画角までが縮こまり、心象を描出する。細心のライティング、鮮やかな色彩感覚にも目を奪われる。

映像、楽曲センスともに新鮮さは感じさせるものの、二部構成の前半、高圧的・強権性を発動する父とプレッシャーに押し潰される息子の関係は、些か既視感があり、新鮮な題材とは言えない。

心惹かれたのは、前半から1年後、妹を主人公とした物語のほうだ。少女の内省にフランク・オーシャンの楽曲が寄り添う。
平静な高校生活を装いながら、兄の出来事は家族に影を落としている。塞いでいた少女の前に現れたのはルーカス・ヘッジズ扮する同級生。
「君は綺麗だね」
心を閉ざす少女には、自己肯定感を齎す言葉が必要だったのだ。素直に好意を寄せる誠実な少年をルーカス・ヘッジズが自然体で演じ、素晴らしい印象を残す。ルーカス・ヘッジズは既に多くの作品で主役・準主役を演じてきたのに、何故こうもメディア擦れした顔にならないのだろう。常に新味を保つ俳優としての力量は見事である。

後半、2人の俳優の存在により、映画がPVに陥る危険性を防いだと言えよう。(幸)


製作国/アメリカ/2019/ カラー/ビスタサイズ/135分
配給:ファントム・フィルム
(C) 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
公式サイト:https://www.phantom-film.com/waves-movie/
★7月10日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開★
posted by yukie at 12:23| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

SKIN/スキン   原題:SKIN

SKIN.jpg

監督・脚本:ガイ・ナティーヴ
製作:ジェイミー・レイ・ニューマン、ガイ・ナティーヴ
撮影:アルノー・ポーティエ
編集:リー・パーシー、マイケル・テイラー
音楽:ダン・ローマー
出演:ジェイミー・ベル、ダニエル・マクドナルド、ダニエル・ヘンシュオール、ビル・キャンプ、ルイーザ・クラウゼ、カイリー・ロジャーズ、コルビ・ガネット、マイク・コルター、ヴェラ・ファーミガ

スキンヘッドにタトゥーまみれのブライオン・“バブス”・ワイドナー(ジェイミー・ベル)。10代の時に親に見捨てられ、白人至上主義者グループを主宰するクレーガー(ビル・キャンプ)とシャリーン(ヴェラ・ファーミガ)に実の子のように育てられ、今やグループの幹部だ。反ファシスト抗議を行う人々に先頭きって襲い掛かる筋金入りの差別主義者のブラインアンだが、ある日、3人の幼い娘を育てるシングルマザーのジュリー(ダニエル・マクドナルド)と出会い、自分の生き方は間違っているのではないかと気づく。グループを抜け、ジュリーと暮らし始めるが、彼の裏切りを許さない元仲間たちから度々襲われる。そんな彼に、反ヘイト団体を運営する黒人であるダリル・L・ジェンキンス(マイク・コルター)が手を差しのべる。ある裕福な女性が、彼のタトゥー除去に資金を提供するというのだ。ブライオンは、計25回、16カ月に及ぶ除去手術に挑む・・・

イスラエル出身、ユダヤ人のガイ・ナティーヴ監督。アメリカにいる婚約者のもとに移住予定で、アメリカで映画を作りたいとテーマを探していたある日、新聞を読んでいて、過去の自分と決別するために過酷なタトゥー除去手術を終えたブライオン・ワイドナーの写真に目をとめます。ホロコースト生存者の孫である監督は、筋金入りの人種差別主義者だったブライアンの転向の過程をぜひ映画にしたいと、ブライアン本人を探し出します。彼に会い許可を得て、手助けしてもらいながら脚本にとりかかります。2012年のことでした。資金がなかなか集まらず、製作資金を募る目的で貯金をはたいて短編『SKIN』(2018)を製作。これが大きな反響を呼び、長編『SKIN/スキン』の製作にこぎつけました。

アメリカでは、ジョージ・フロイドさんが警官に殺害されたことを契機に、今また白人至上主義への抵抗運動が激しくなっています。世界をみても、多様な人々の共生をはかるどころか、人種差別や移民排斥がはびこり、国家権力者までもがそれを牽引しているケースも見受けられます。
ブライアンが顔中のタトゥーを消してまで主義主張を変える努力をしたことに、少しでも感じ入ってほしいものだと思いますが、差別主義者が、そも、この映画を観てくれなければ! (咲)


2003年に米国で発足したレイシスト集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーが辿った実話の映画化です。
親に捨てられ、白人至上主義者グループを主宰する夫婦に拾われ、実の子のように育てられれば筋金入りの差別主義者になるのも仕方ないといえるでしょう。それが愛する人と出会い、これまでの悪行を悔いて新たな人生を築こうと決意する。生半可な覚悟でできることではありません。抜けることを許さない組織から執拗な脅迫、暴力が容赦なく向けられていきます。それに負けることなく、過去の自分と決別するために計25回、16カ月に及ぶ過酷なタトゥー除去手術に挑んだブライオン・ワイドナー。愛がここまで強く人を変えるものなのかと驚きました。
主人公のブライオン・ワイドナーを演じたのはジェイミー・ベル。『ロケットマン』(2019年)でエルトン・ジョンの親友で作詞を担当していたバーニー・トーピンを演じていましたが、今作ではすっきりスキンヘッドに全身タトゥーで別人のよう。組織からの嫌がらせだけでなく、世間からの差別に苦悩する主人公を見事に演じ切りました。
資金集めのために作られた短編『SKIN』(2018)もご覧になる機会があればぜひ。こちらの作品もかなり秀逸です。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/DCP/118分
© 2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.
配給:コピアポア・フィルム
公式サイト:http://skin-2020.com/
★2020年6月26日(金)新宿シネマカリテ、ホワイト シネクイント、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開




posted by sakiko at 17:34| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

ランボー ラスト・ブラッド(原題:Rambo: Last Blood) 

RMB5.jpg

監督:エイドリアン・グランバーグ
出演:シルベスター・スタローン、パス・ベガ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、アドリアナ・バラーサ、イヴェット・モンレアル、オスカル・ハエナダ

ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)は故郷アメリカへ帰り、父親の牧場を引き継いで営んでいた。そして古い友人のマリア(アドリアナ・バラーサ)と彼女の孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と養子縁組をし、一緒に暮らしていた。
ある日、ガブリエラが自分と母を捨てた父に会いにメキシコへ行ったまま戻らなくなり、ランボーはメキシコへと向かう。ガブリエラは友人に騙され、裏社会を仕切る人身売買カルテルのボス、ウーゴ(セルヒオ・ペリス=メンチェータ)とビクトル(オスカル・ハエナダ)のマルティネス兄弟に売られたのだ。ランボーは客のふりをして潜入し、鉄の意志でガブリエラを奪還する。そしてランボーの壮絶な復讐劇が始まった。

1982年に第1作『ランボー』が公開されてから38年。戦地での苛烈な経験で精神を病んだベトナム帰還兵が田舎町で迫害を受け、自らの身を守るために暴走する。社会復帰に苦しみ、やり場のない怒りと悲しみを抱えたランボーはシルベスター・スタローンのもう一つの代名詞であるロッキーとは正反対なキャラクターでした。
今作では家族を得て、穏やかな暮らしをしているランボーを映し出し、やっとPTSDを乗り越えたかと思いきや、自宅の下に巨大な地下壕を作り上げ、夜はそこで過ごしている。PTSDの根深さを改めて突き付けます。
ランボーは今作を含めて5作品ありますが、2作目の『ランボー/怒りの脱出』(1985年)ではベトナムで捕虜にされている米軍兵を、3作目の『ランボー3/怒りのアフガン』(1988年)ではアフガンで捕まった恩人トラウトマン大佐を、4作目の『ランボー 最後の戦場』(2008年)ではミャンマー軍事政権の暴虐によって囚われたボランティア支援団体を救出するもので、2作目以降はどれも引き受けた仕事。今作は大切なものを守るため、自らの本能ともいえる意志で戦いに挑みます。内面的には1作目に近いのではないでしょうか。
とはいえランボーもすでに70歳を超え、体力的な衰えは否めません。見どころは地下壕に作り上げた罠の数々。ランボーの奮闘を最後までしっかり見届けてください。(堀)


2019年/アメリカ・スペイン・ブルガリア合作/シネスコ/カラー/5.1chデジタル/101分
配給:ギャガ
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/rambo/
★6月26日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

posted by ほりきみき at 01:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニック・ザ・ムービー(原題:Sonic the Hedgehog)

sonic.jpg
 
監督:ジェフ・ファウラー
出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター 
日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈

宇宙の果てにある平和な“島”でのびのびと育ったソニック。音速のスピードで走る能力を持つため絶えず狙われ、とうとう島にはいられなくなり、たった一人で地球に逃げてきました。それから10年、ソニック(ベン・シュワルツ)は誰にも見つからず安全に、でもさみしくひとりぼっちで生活していました。そんなソニックの存在を偶然にも探り当てた悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の魔の手がソニックに迫ります。ドクター・ロボトニックはそのパワーを利用して、世界征服計画を遂行しようとしたのです。窮地に陥ったソニックは、小さな街の保安官トム(ジェームズ・マースデン)に助けを求めました。

世界的人気を誇るセガのビデオゲームシリーズがハリウッドで実写映画化されました。監督のジェフ・ファウラーは13歳のときからゲームをやってきたとのこと。ソニックがトレードマークの赤いスニーカーを履くきっかけをさらりと挟み込むなど、映画全篇にわたってソニック愛が感じられます。それはゲームを知らない人を排除するのではなく、むしろWelcomeな雰囲気。まずはソニックのスピード感がどんなものなのかを見せ、驚かせます。そのソニックが別れを経験し、寂しさを乗り越え、新たな出会いがあり、友情を育んでいく。まさに王道の少年成長譚に仕上げられています。
さらにそのストーリーを彩る悪役ドクター・ロボトニックにジム・キャリーを配しましたが、これが大正解! 顔芸や奇妙なダンスを繰り広げ、見ていて笑ってしまって憎めません。主人公のソニックよりも印象に残るかも。
続編がありそうなラストに、ぜひ次はクリスマスの時期にと思ってしまいましたが、その理由はぜひドクター・ロボトニックに聞いてください。(堀)


2020年/100分/G/アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
©2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://sonic-movie.jp/
★2020年6月26日(金)公開!
posted by ほりきみき at 01:30| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする