2024年06月07日

ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ(原題:The Holdovers)

hold overs.jpg

監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:デヴィッド・ヘミングソン
出演:ポール・ジアマッティ(ポール・ハナム)、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(メアリー・ラム)、ドミニク・セッサ(アンガス・タリー)

1970年代、アメリカのマサチューセッツ州。全寮制のバートン校で教師を務めるポール・ハナムは皮肉屋で頭が固く、生徒ばかりか同僚たちにも嫌われている。クリスマス休暇が近づき、自宅に戻る生徒たちは浮かれ気味。中には都合で帰れず、学校に残る生徒もいる。ポールはそんな置いてけぼりの生徒たちの子守+監督をすることになってしまった。初めは数人いた生徒たちが、迎えに来た親とスキーに行き、残るは母親が再婚して帰れないアンガスだけ。傷心のアンガスと、ポール先生と料理長のメアリー、独りぼっちの3人のクリスマス休暇が始まった。

最初の生徒たちの描写で、アンガスの性格や家庭環境がわかります。メアリーは一人息子をベトナム戦争で失なったばかり、最後にいっしょに過ごしたこの学校で息子をしのびながら年を越したいのです。ポール先生が嫌われる理由は、いろいろ。アンガスのストレートな質問に躊躇なく答える先生ですが、まだ何かありそうです。
なかなか距離が縮まらないアンガスとポール先生の間で、メアリがちょっとした、でも大事なことを気づかせてくれます。彼女がそばにいるとなんだか安心します。おかげで、ポール先生が「社会見学」と称してアンガスをボストンに連れて行ってくれることになりました。そこで、誰にも話さなかった2人の秘密が明かされていきます。さてさて。
とっても寒そうなクリスマス休暇のあったかいストーリーでした。二人のベテラン俳優が上手いのはもちろんですが、これが初めての演技というドミニク・セッサが、不安や寂しさを抱えたアンガスそのものでした。次はどんな役で出会えるのか楽しみです。(白)


冬のボストンの町をたっぷり味わえる、心温まる映画でした。
古代史を教えているポール・ハナム先生が、真っ先にアンガスを連れていったのは、考古博物館。「今の時代を理解するには、過去から学ぶべき」というハナム先生。彼の愛読書「自省録」は、約2千年前、第16代ローマ皇帝マルクス・アウレリウスが日記のように書き留めたもの。「聖書、クルアーン、ギーター(ヒンドゥーの聖典のひとつ)を合わせたようなものだけど、神について書いてないのがいい」とアンガスに薦めます。頑固者で、授業では怒鳴ってばかりのハナム先生の印象がぐっと変わります。
アンガスは、「スケートしたり、本物のツリーが観たい」とボストン行きをハナム先生にお願いしたのですが、本当の目的は別にありました。それはどうぞ劇場で! (咲)


2023年/アメリカ/カラー/1.66:1/133分
配給:ビターズ・エンド ユニバーサル映画
Seacia Pavao/(C)2024 FOCUS FEATURES LLC.
公式HP:https://www.holdovers.jp/
公式 X:@TheHoldoversjp
★2024年6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 00:03| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペラ座の怪人4Kリマスター版(原題:The Phantom of the Opera)

opera.jpg

監督:ジョエル・シュマッカー
原作:ガストン・ルルー
脚本:アンドリュー・ロイド=ウェバー、ジョエル・シュマッカー
音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演:ジェラルド・バトラー(ファントム)、エミー・ロッサム(クリスティーヌ)、パトリック・ウィルソン(ラウル)

19世紀のパリ。オペラ座では奇怪な事件が続いていた。仮面をつけた謎の怪人ファントムの仕業とされているが、いまだ捉えられていない。主役が事故のため降板し、若いクリスティーヌが代役をつとめることになった。初舞台で大成功をおさめ、幼馴染の貴族の青年ラウルとも再会した。
早くに両親に死なれ、寮生活を送ってきたクリスティーヌは、自分がプリマドンナとして成長できたのは、亡き父が差し向けてくれた「音楽の天使」のおかげと信じている。その正体が実はファントムと明らかになり、クリスティーヌは愛するラウルと心酔してきた天使=ファントムへの間で苦悩する。

ミュージカル「オペラ座の怪人」は、ガストン・ルルーの小説を元に、アンドリュー・ロイド=ウェバーが1986年に作曲し、初演はロンドン・ウエストエンドにあるハー・マジェスティーズ劇場。以来、世界中で1億6000万人が観劇、日本では劇団四季によって1988年から各地でロングラン公演を果たしています。
本作は2004年、アンドリュー・ロイド=ウェバー自身が製作・作曲・脚本を務め、『バットマン・フォーエバー』などのジョエル・シュマッカー監督とともにこだわりぬいて映画化。2005年1月29日に日本で公開されるとリピーターが続出したそうです。全世界の興収の4割を日本が占めたとか。
詳細は知らなくともビジュアルと音楽だけは記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。
映画版が公開されて20年になったのを記念して、このほど4Kデジタルリマスター版でよみがえりました。豪華賢覧なオペラ座の舞台や衣装に目を見張ります。そして当時30代半ばのジェラルド・バトラーのファントムがそれはそれはセクシーです。ぜひ大きな画面+音響の良い劇場で堪能されることをおすすめします。(白)


2004年/アメリカ/カラー/シネスコ/141分/字幕翻訳:戸田奈津子
配給:ギャガ
(C)2004 The Scion Films Phantom Production Partnership
公式HP:gaga.ne.jp/operaza4K    
公式X:@operaza4K
★2024年6月14日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他ロードショー

posted by shiraishi at 00:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月19日

関心領域  原題:The Zone of Interest

kansinryooiki.jpg
(C)Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.

監督・脚本:ジョナサン・グレイザー
原作:マーティン・エイミス
撮影監督:ウカシュ・ジャル 音楽:ミカ・レヴィ
出演:クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー

アウシュビッツ強制収容所の隣で繰り広げられる所長宅の穏やかな日常

「The Zone of Interest(関心領域)」とは、第二次世界大戦中、ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュビッツ強制収容所群を取り囲む40平方キロメートルの地域を指した言葉。

kansin main.jpg
(C)Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.

1945年、アウシュビッツ収容所の所長ルドルフ・ヘスの広い邸宅。芝生の庭にはプールがあって、5人の子供たちがはしゃいでいる。妻のヘートヴィヒは、訪ねてきた年老いた母親に丹念に手入れした庭を案内している。裏庭のレンガ壁は、いずれツタで覆われて境界線は見えなくなるわという・・・

映画を観ている私たちは、アウシュビッツ収容所で何が行われていたかを知っていますが、自慢の庭を案内する所長夫人ヘートヴィヒも、夫が電話で話している言葉などから、時折聞こえてくる音や、煙突の煙が何かもちゃんと周知しているのです。
ヘートヴィヒが「かつて掃除をしていたユダヤ人宅の家財道具が競売された時、狙っていたレースのカーテンをほかの人に取られて悔しかった」と母に話す場面がありました。今は使用人もいる夢のような暮らし。夫からベルリン近郊への異動を伝えられた時、それは夫にとっては栄転なのに、自分はここに住み続けたいから単身赴任してちょうだいといいます。
ロシアのウクライナ侵攻、イスラエルのガザ侵攻、世界を見渡せば各地で戦争が止まないことに心を痛めながら、好きなことをして日々暮らしている私も、思えば、この所長夫人と何も変わらない・・・と思い知りました。人間って、自分本位な生き物なのだと。
強制収容所で繰り広げられている惨い場面は映し出されないのですが、不穏な音で居心地の悪さを感じるのは、その身勝手さを突き付けられるからでしょうか・・・ (咲)


第76回カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞
アカデミー賞 国際長編映画賞、音響賞の2部門受賞


2023年/アメリカ・イギリス・ポーランド/105分
字幕翻訳:松浦美奈
配給:ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト:https://happinet-phantom.com/thezoneofinterest/
★2024年5月24日(金)より新宿ピカデリー、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開



posted by sakiko at 16:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月17日

ソイレント・グリーン(原題:Soylent Green)

soylent.jpg

監督:リチャード・フライシャー
原作:ハリー・ハリソン『人間がいっぱい』Make Room! Make Room! (1966)
脚本:スタンリー・R・グリーンバーグ
出演:チャールトン・ヘストン、リー・テイラー・ヤング、エドワード・G・ロビンソン、ジョセフ・コットン、チャック・コナーズ

2022年のニューヨーク。人口超過密のため人々は仕事も家も失い、雨露をしのげればとビルの階段に寝泊りしている。食料は希少で、新鮮な食べ物など望むべくもない。政府は新しく究極の栄養食という「ソイレント・グリーン」を配給し始めた。それもたっぷりではなく奪い合う有様だ。そのソイレント社の幹部の遺体が自宅で見つかった。捜査にあたった殺人課の刑事ソーンは、市民とかけ離れた豪華な暮らしぶりに驚く。
「人間ブック」こと豊富な知識を持つソル老人の協力を得て、捜査を続けるがその先はおぞましい闇に覆われていた。

チャールトン・ヘストン(1923年~2008年)が主演のこの映画は日本公開が1973年6月。半世紀も前に書かれたSF小説が原作で、技術の進歩の予想は難しかったのでしょう。電話は古いですし、パソコンこそ出てきませんが、食糧危機や電力不足、格差社会など現在を予見したような内容です。
上級国民の住む豪華なマンションには「家具」として、住人の希むサービスを提供する女性がいます。男性が未来にほしいインテリアなんでしょうか。今なら噴飯ものです。
自分の死に時を選ぶ自由だけは、階級に関わらずあるようで臨終のときは、もうなくなってしまったかつての美しい自然の映像と音楽(ベートーヴェンの田園)に包まれるというのが強烈な皮肉です。当時見てこんな未来はあってほしくないと思いましたが、さて?(白)


1973年/アメリカ/カラー/97分
配給:コピアポア・フィルム
(C)2024 WBEI.
https://soylent-green2024.com/
★2024年5月17日(金)シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 19:16| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月12日

ボブ・マーリー:ONE LOVE  原題:Bob Marley: One Love

bobmarley.jpg
© 2024 PARAMOUNT PICTURES

監督:レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
脚本:テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、フランク・E・フラワーズ、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)、レイナルド・マーカス・グリーン
出演:キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)、ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』)

1976年12月3日、ジャマイカ。2日後に開催する無料コンサート「スマイル・ジャマイカ・コンサート」のリハーサル中、ボブ・マーリーは銃撃された。当時、ジャマイカでは二つの政党が対立し、内戦一歩手前の状況で、コンサートは平和を呼びかける目的でボブが企画したものだった。ところが、ボブの人気を政治利用しようと、政党PNPがコンサートの2週間後に総選挙をすることを発表。そんな状況下で、対立政党JLPによるものと思われる銃撃だった。2日後、怪我をおしてステージに立ったボブは、「コンサートを決めた時、政治なんてなかった。人々の愛のためだけに演奏したかったんだ!」と8万人の観衆に向けて叫んだ。身の危険を感じたボブは、翌日、ロンドンへと脱出した。
ボブは、アルバム『エクソダス』の制作に勤しむ。その後、20世紀最高のアルバム(タイム誌)と呼ばれる名盤だ。ヨーロッパ主要都市を周るライブツアーを敢行し、アメリカツアーの準備中、癌が見つかる。体に刃物を当ててはいけないという敬虔なラスタファリアンだったボブは切除を拒否。放射線治療や化学療法を行うが、1981年5月11日、36歳の若さで亡くなった。5月21日、祖国ジャマイカで国葬が執り行われた・・・

世界に名を轟かせた「レゲエの神様」であり、ジャマイカの国民的英雄ボブ・マーリーの知られざる激動の生涯を描いた映画。
妻リタ・マーリー、娘のセデラ・マーリー、息子のジギー・マーリーなど、ボブ本人を誰よりも近くで見守ってきた家族たちがプロデューサーに名を連ねた<正真正銘のボブ・マーリー映画>

ボブの信じたラスタファリズムとは、旧約聖書に出てくる古代イスラエル人(ユダヤ人)とは自分たち黒人の祖先であり、奴隷として世界中に売られた黒人を救世主(ヤハウェー=ジャー)が救済し、約束の地アフリカに導いてくれるという宗教的思想運動。
ボブが生きていた時代、エチオピアの皇帝ハイレ・セラシエ1世が、ラスタにとって神ヤハウェ(=ジャー)の化身である生き神と信じられていました。ハイレ・セラシエ1世の即位前の名が「ラス・タファリ・マッコウネン」であることから、崇拝者のことをラスタファリアン(ラスタ)と呼ぶとのこと。
ボブの特徴的な髪形である「ドレッドロックス」は、聖書の記述に則り、体に刃物を当ててはならないことから生まれたラスタ特有のもの。
ボブの妻リタが、大きなダビデの星のペンダントをしていて、なるほど、ユダヤなのだと。
ボブの生涯、ラスタのこと、そしてジャマイカの政治状況のことなど、いろいろと学ぶことのできる1作です。(咲)



2024年/アメリカ/108分
字幕監修:池城美菜子
配給:東和ピクチャーズ
公式サイト:https://bobmarley-onelove.jp/
★2024年5月17日(金)ロードショー



posted by sakiko at 20:25| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする