2022年06月25日

哭悲/SADNESS(英題:The Sadness)

kuhi.jpg

監督・脚本:ロブ・ジャバズ
撮影:バイ・ジエリー
音楽:TZECHAR
出演:レジーナ・レイ(カイティン)、ベラント・チュウ(ジュンジョー)、ジョニー・ワン(ビジネスマン)、ラン・ウエイホア(ウォン・ジャンリアン)、ラルフ・チウ(リンさん)、アップル・チェン(シェン・リーシン)

謎のウィルスが蔓延している台湾。感染した当初は風邪のような症状だが、そのうち狂犬病のように信じられないほど凶暴になってしまうことがわかった。各地で阿鼻叫喚の地獄が展開し始めていたが、誰も止められず解決策も見つかっていない。カイティンとジュンジョーのカップルはまだ何も知らず幸せに暮らしている。ジュンジョーはカイティンをバイクで駅まで送り届けた後、血に飢えた感染者たちに出逢ってしまう。やっと家に戻ると、隣人もすでに感染していた。必死にカイティンに連絡するが、彼女は地下鉄で隣に座ったビジネスマンから難癖をつけられていた。カイティンは執拗に追ってくる彼から逃げて病院に駆け込むことができたが…。

コロナ禍の中で観ると、怖さが増幅します。感染して死に至るのも怖いですが、この映画では、ウィルスの突然変異種がうまれ、脳に作用して人間の理性が吹き飛び凶暴になる、とのこと。それも意識ははっきりしているのに、自分で制御できず残虐な行為に走ってしまいます。意識下の欲望が出てしまうというおぞましさ。これはいやだ。
初の長編監督作というロブ・ジャバズ監督は、大のホラーファン。これまでに観た作品にオマージュを捧げつつ、観たこともないような作品を作り上げ海外で高評価を受けています。残虐な描写とバケツでぶちまけたような大量の血に、気の弱い方はご注意。そんな中でなんとしても再会したいカイティンとジュンジョー、2人の絆の強さも描かれています。さてその願いは叶うや否や?
実は一番恐ろしいもの、見たくないものは、人の本音・欲望かもと思った作品。以前「他人の心が読める人が、知りたくなくても入ってくる人間の欲望の醜さに発狂してしまう」漫画を見たのを思い出しました。それも怖かった。(白)


2021年/台湾/カラー/108分
配給:クロックワークス
(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
https://klockworx-v.com/sadness/
★2022年7月1日(金)あなたの中の悪意が目覚めるロードショー
posted by shiraishi at 16:59| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

無聲 The Silent Forest   原題:無聲  英題:The Silent Forest

【確定】「無聲」ポスタービジュアル_1022修正版.jpg

監督:コー・チェンニエン(柯貞年)
エグゼクティブ・プロデューサー:ユー・ベイファ(於蓓華), チュウ・ヨウニン(瞿友寧)
出演:リウ・ツーチュアン(劉子銓)、チェン・イェンフェイ(陳妍霏)、キム・ヒョンビン(金玄彬)、リウ・グァンティン(劉冠廷) 他

普通学校から台湾南部のろう学校に転校してきたチャン (リウ・ツーチュアン)。折しも、創立記念パーティが開かれていて、愛らしい少女ベイベイ(チェン・イェンフェイ)が積極的に声をかけてくれて打ち解ける。普通学校で肩身の狭い思いをしていたチャンは、心地よい環境に期待を抱く。
NCZ_4322陳妍霏.jpg
ある日チャンは、ベイベイがスクールバスの中で男子生徒たちから性暴力を受けているのを目撃する。それでも、ベイベイは学校では彼らと何事もなかったように戯れている。先生に言うべきだとベイベイに言っても、「先生に嫌われて普通学校に行かされる。あなたも一緒にいじめてもいいのよ」と言われてしまう。スクールバスに乗ろうとしないチャンに、異変を感じたワン先生が声をかける。チャンは思い切ってバスの中での出来事を打ち明け、彼女を救ってほしいと嘆願する。 ベイベイは、友達を裏切りたくないと頑なに話をしたがらない。これまで何度も訴えたのに、周りの大人たちは何も解決してくれず諦めていたのだ。ワン先生とチャンは、何があっても彼女を守らなければと、校長にベイベイの被害を訴えるが、ことを荒げたくないと取り合ってくれない。過去にも同様の事件があったに違いないとワン先生は、生徒達から聞き取り調査をする。100件以上の性暴力・セクシャルハラスメント被害が明るみになるが、命令をしていた主犯格のユングァン(キム・ヒョンビン)は、見ていて楽しいと加害者であることを認めない。マスコミも学校の実態を取り上げるが、校長は事件の真相を隠蔽する。ユングァンが卒業するまでの辛抱というベイベイ。ワン先生とチャンにはなす術がないのか・・・
NCZ_0322劉子銓.jpg
冒頭、転校してきたチャンが、町で老人を殴って捕まります。財布を盗まれたから殴ったと訴えるのですが、手話が通じません。ろう学校のワン先生が通りがかって警官に通訳するのですが、事を大きくしない為に、「彼も反省しているので」と財布を盗まれたことは伝えません。真実や、自分の気持ちをちゃんと伝えられないろうの人たちの悔しさや辛さが、最初からずっしり伝わってきました。そんなワン先生ですが、チャンからベイベイへの生徒たちの性暴力を聞かされて、学校での実態を調べ始めます。性暴力を受けても声を立てて抵抗できないのをいいことに、先生までもが生徒に性暴力を繰り返していたことが明らかにされます。それでも校長は学校経営を優先して公にはしません。その校長はろう学校を経営しながら、手話を使うこともないのです。

本作は、台湾南部のろう学校で実際に起きた、性暴力・セクシャルハラスメント事件を題材にしていますが、メインの出演者たちがとても魅力的で、一気に物語に惹きつけられました。正義感溢れるチャンと愛くるしいベイベイは、まだあまり顔を知られていない新人。存在感たっぷりの性暴力の黒幕ユングァン役は、韓国で子役として活躍してきたキム・ヒョンビン。いずれも健常者ですが、ほんとうにろうあ者のようです。 ろう学校での出来事ですが、監督も述べているように、どこにでも起こり得る物語。声を出せても、その声が届かないことは多々あること。声が出せない人にとっては、さらに届かないことと思いました。(咲)


監督: コー・チェンニエン(柯貞年)
監督コー・チェンニエン.jpg
1982 年生まれの監督・脚本家。世新大学ラジオ・テレビ・映画総合大学院を卒業。学生時代から精力的に短編映画を制作しており、 『無名馬』(2011)が金馬奨の最優秀短編映画賞にノミネートされ、若くして才能を開花。その後、2015 年に短編映画『溺境』が第 57 回金穂奨優等賞を受賞。Netflix で配信中のドラマシリーズ『暗闇は目を閉じて』(2016)で監督を務めた他、リウ・ツーチュアンやリウ・グァンティンも出演したドラマシリーズ『你那邊怎樣,我這邊 OK』(2019)でも監督を務めた。 2020 年に本作で第 57 回金馬奨の新人監督賞とオリジナル脚本賞にノミネートされた。


2020年東京フィルメックス コンペティション部門選出
東京フィルメックス コー・チェンニエン監督とのリモートQ&A動画はこちらで!
*Q&Aでの監督の言葉より*
事件が報道されたとき、台湾の人たちは韓国映画『トガニ(邦題:トガニ 幼き瞳の告発)』を思い起こす人が多かったです。私にとっては、この事件がなぜ起きたかに興味がありました。事件後も被害者も学校に残って加害者と一緒にいることに疑問に思っていました。背後の問題にアプローチしたいと映画にすることにしました。

真実の事件が背景になっているので、いかに加害者や被害者の子どもたちのプライバシーを守るかに注意しました。リサーチの時も撮影の時も、実際の加害者や被害者とは誰とも会いませんでした。事件に関する記事をたくさん読んで脚本を作っていきました。見た目はろうあ学校で起きている話ですが、人のいるところではどこでも起こり得る事件だと思います。

メインの役者は健常者です。あまり演技経験のない新人を選びました。有名な役者に演じてもらうより、顔を知られてない役者の方が感情移入しやすいと思いました。演技指導は3か月くらいかけて行い信頼関係を築きました。エキストラで出演していただく役者にも手話の手ほどきをしました。
NCZ_2851金玄彬.jpg
ユン・グアンはキム・ヒョンビンにアテ書きしたわけではありません。適任者がなかなか見つからなかったのですが、ろうあ者なのでセリフが必要ないので、アジアの顔であればいいと範囲を広げました。韓国のドラマが好きなのでキム・ヒョンビンがいいのではと連絡を取ったところ受けてもらえました。現場では、言葉がわからないことから、健常者がいきなりろうあ者の世界に入ったのと同じ状況でした。

この映画はもともと公共放送が制作する予定の作品でした。企画を進めていくうちに映画にして広げたほうがいいとアドバイスを受けました。実際の事件を映画にしたものは台湾では少ないので、とても意義のあることだと応援してもらうことができました。製作費に関しては中くらいのバジェットで、商業エンターテインメントの規模ではありません。

*****
台湾では、教育者や政治家をはじめ多くの観客が事件の深刻さを問題視し、台北の週間興行収入1位を獲得。第57回金馬奨で8部門ノミネート、チェン・イェンフェイの最優秀新人俳優賞など2部門を受賞。2021年度の台北映画祭では最多7部門8ノミネートを記録し、チェン・イェンフェイの最優秀新人俳優賞など3部門の他、観客賞を受賞。

2020年/台湾/台湾語・中国語/5.1ch/104分/DCP
日本語字幕:島根磯美
配給:ライツキューブ
配給協力:渋谷プロダクション
©2020 Taiwan Public Television Service Foundation, Oxygen Film Co., Ltd., The Graduate Co., Ltd. and Man Man Er Co., Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト:https://thesilentforest-jp.com/
★2022年1月14日(金)より、シネマート新宿・心斎橋他、全国順次公開




posted by sakiko at 15:13| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月14日

恋の病 潔癖なふたりのビフォーアフター(原題:怪胎)

koinoyamai pos.jpg


監督・脚本:リャオ・ミンイー
出演:リン・ボーホン(ボーチン)、ニッキー・シエ(ジン)

重度の潔癖症のボーチンは、家中を隅々まで綺麗にし、何度も手を洗う。そのため汚れがいっぱいの外に出るときは完全防塵スタイル、マスクと手袋も欠かせない。社会生活が送れないので、在宅でできる仕事についている。同じような完全武装の女性ジンを電車で見つけて、思わず後をついていくと、彼女も同じくらいの潔癖症でさらに万引きがやめられない窃盗症まであった。一生ひとりぼっちで生きると思っていた2人の運命的な出会いを果たし、ジンはボーチンの家に引っ越してくる。このままずっと2人で暮らしていこうと誓ったのだが、ある日突然ボーチンの症状が消えてしまう。

「スタートレック」のスポックみたいな髪型のボーチン。この外形だけでなんだかこだわりの強そうな人、という感じがします。万引きを繰り返してもなんだか愛らしいジン、潔癖すぎる異色な2人の恋愛ストーリーです。
リャオ・ミンイー監督の初長編監督作、全篇iPhoneで撮影されています。メインテーマは「愛の約束と固執」、愛は時とともに最初の高揚感は薄れ、日常に変っていくのを世の恋人たち、夫婦はよ~く理解しているはずです。けれどもジンとボーチン、稀少な2人が結びついたのだから、それを認めたくありません。あの手この手で元に戻し、自分の元に留め置こうとします。それが両方の視点で描かれています。
中身は結構切実なのですが、画面は明るい色彩でポップ、ちょっと絵本を見ているようにファンタジックに描かれています。2人は結局どうなるの?と気になった方はぜひ完全武装で、いえ、コロナ対策をしたうえでぜひ劇場でご覧ください。(白)


2020年/台湾/100分/G
配給:エスピーオー、フィルモット
(C)2020 牽猴子整合行銷股イ分有限公司 滿滿額娯楽股イ分有限公司 台湾大哥大股イ分有限公司
http://filmott.com/koiyama/
★2021年8月20日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 13:51| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

日常対話 原題:日常對話 Small Talk

2021年7月31日(土)ポレポレ東中野にてロードショー 、 全国順次公開
劇場情報 
日常対話メイン2.jpg
(c) Hui-Chen Huang All Rights Reserved.

監督・撮影:黃惠偵(ホアン・フイチェン)
製作総指揮:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
プロデューサー:李嘉雯(リー・ジアウェン)
撮影指導:林鼎傑(リン・ディンジエ)
編集:林婉玉(リン・ワンユィ)
編集顧問:雷震卿(レイ・チェンチン)
音楽:林強(リン・チャン)、許志遠(ポイント・シュー)

カメラの前なら「言える」「聞ける」こともある
台湾発 娘がカメラを手に母の本音に迫る


「母(アヌ)は私(ホアン・(ホアン・フイチェン)と孫の食事を作ってから出かけ、帰るのは夜。夕飯は済ませて帰ってくる。同居しているのに何十年も他人同士のように暮らす母と私。「母の作る料理以外に、私たちには何の接点もない」と語るフイチェン監督。娘が誕生したことをきっかけに、監督はある日、勇気を出して母との対話を決意し、母親と向き合う様子を自らビデオカメラをまわし、同性愛者である母の思いを記録するすることにした。母のほか、親族、恋人、仲間などへのインタビューを通じ、アヌの思い、苦悩を浮き彫りにしてゆく。フイチェン監督も自身の過去と向き合い、子供の頃話せなかったある秘密を母に告げる。

2019年、アジアで初めて同性婚が合法化された台湾。だが1950年代、台湾中部の農村に生まれた母アヌがすごしてきたのは、「家」制度が支配し、父親(男)を中心にした保守的な村社会だった。先祖代々の墓に母や祖母(女)の名前は刻まれない。アヌは同性愛を自覚していたが、あの時代、日本と同じようにそういうことは理解されず、また結婚こそが女性の幸せとして、「女が一人で生きていく」ということは考えられない社会にいた。叔父や叔母など親族、故郷の人々はアヌが「同性が好きな人」ということは知らなかったとカメラの前では言う。だが、実際は知っていたのかもしれない。フイチェン監督の前では「知っていた」とは言えなかったのかも。
アヌは見合い結婚し、娘が二人生まれたが、夫は日雇い労働で稼いだ金を酒と賭博に使い果たしたあげく、アヌに暴力を振う。夫が家庭にお金を入れないので、アヌは「道士」として葬送の中で死者をあの世に送り届ける葬式陣頭「牽亡歌陣」の仕事をしていた。夫はアヌが葬式陣頭で稼いだお金さえ奪い、母娘はその日の食べるものさえ得ることができなくなった。暴力を振るう夫から身を守るため、アヌはフイチェンが10歳の頃、妹を連れて3人で家を出た。離婚もせず着の身着のままで家を出て、夫にみつからないように隠れて暮らしていたため、姉妹二人は学校にも行くことができなかった。
弔い業に対する世間の差別的な目。「女性が好きな人」として奔放に振る舞うアヌへの偏見。さらに娘よりも恋人を優先するアヌに、フイチェンは次第に不信感を募らせ、母娘関係はいつしか他人同士のように冷え切ってしまった。母が悪いわけではないのに、多くを語りたがらない母に不信感を募らせていく娘の心情が語られるが、カメラが進むうち、母アヌの苦悩がだんだんに明らかになってゆく。
フイチェンが20歳の時、仕事をしていた「牽亡歌陣」にドキュメンタリーの撮影隊がやってきて、ドキュメンタリー映画に興味を持ち、社区大学(コミュニティカレッジ)で映画を学びながら、消えゆく葬送文化とともに、同性を愛する母のありのままの姿を映像に収め始めたという。
監督がカメラを回す背後には、貧困、虐待、毒親、暴力の連鎖、マイノリティへの偏見等の問題が映し出される。民主化後、急速な経済発展を遂げる台湾社会に潜む問題として映し出されてはいるけど、それらは日本にとっても、決して他国の話ではない(暁)。


口をへの字に曲げ、「話さない方がいいこともある」「子どもに話すことじゃない」と、なかなか口を開かない母。そんなアヌが少しずつ胸の内を語る。暴力を振るう夫のことは「切り刻んで、ひき肉にしてやる!」というほど憎んでいる。10人以上はいたという母の彼女たち。そんな彼女たちの一人から、「とても優しいの。特にベッドの中では」という言葉も出てくる。暴力的な夫への反動か。ある彼女からは、「夫と寝たのは一度きり。娘二人は養女と言っていた」と聞かされる。
見合い結婚するしかなかった時代。針を戻せたら結婚しないという母。
「二人の娘を産んだことを後悔しているの?」との問いへの答えは、ぜひ劇場で!

本作では、母と娘の対話の背景に、台湾土着の葬送文化<牽亡歌陣>、亀甲型の墓(沖縄でも見られる形)での墓参り、街角にしつらえた舞台で行われている伝統劇など、台湾ならではの文化も映し出されていて興味深い。(咲)


『日常対話』公式HP 
2016年製作/88分/台湾
配給:台湾映画同好会

*イベント情報 [ポレポレ東中野]

7月31日(土)
①12:10の回上映後 初日舞台挨拶+Q&A
登壇者:ホアン・フイチェン監督 ※台湾からのオンライン登壇

②16:10の回上映後トークショー
登壇者:北丸雄二(ジャーナリスト、コラムニスト)

8月1日(日)
①12:10の回上映後トークショー
登壇者:牧村朝子(タレント、文筆家)※オンライン登壇に変更となります

②16:10の回上映後トークショー
登壇者:鈴木賢(明治大学法学部教授)

8月6日(金)16:10の回上映後トークショー
登壇者:宇田川しい(ライター、編集者、ゲイ・アクティビスト)

8月7日(土)18:10の回上映後トークショー
登壇者:ティーヌ(読書サロン)

8月8日(日)18:10の回上映後トークショー
登壇者:栖来ひかり(文筆家、道草者)※台湾からのオンライン登壇

8月9日(月祝)18:10の回上映後Q&A
登壇者:ホアン・フイチェン監督 ※台湾からのオンライン登壇

8月10日(火)18:10の回上映後トークショー
登壇者:松尾亜紀子(エトセトラブックス代表)

8月11日(水)18:10の回上映後トークショー
登壇者:山縣真矢(編集者/「結婚の自由をすべての人に」訴訟原告
/NPO法人東京レインボープライド顧問)&
小島あつ子(『日常対話』配給、『筆録 日常対話』翻訳者)

*参照 
『出櫃(カミングアウト) 中国 LGBT の叫び』 房満満監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/479677060.html
中国のLGBTに関するドキュメンタリー作品。こちらでは、子供が親に「同性愛であること」をカミングアウトする様子が描かれる。こちらも「カメラの前だから言えた」と語っている。
posted by akemi at 11:57| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

返校 言葉が消えた日 原題:返校

2021年7月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
劇場情報

●チラシomote_R_R.jpg
(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.


台湾戒厳令下の時代を描いたミステリー

監督・脚本: 徐漢強(ジョン・スー) 
製作:李烈(リー・リエ) 、李耀華(アイリーン・リー)

出演:
ファン・レイシン役:王淨(ワン・ジン)
ウェイ・ジョンティン役:曾敬驊(ツォン・ジンファ)
チャン・ミンホイ役:傅孟柏(フー・モンボー)
イン・ツイハン役:蔡思韵(チョイ・シーワン)
ホアン・ウェンション役:李冠毅 リー・グァンイー
ヨウ・ションジエ役:潘親御(パン・チンユー)
バイ教官役:朱宏章(チュウ・ホンジャン)

台湾で2017年に発売され大ヒットしたホラー・ゲーム「返校」を実写映画化したもの。台湾では1947年に「二・二八事件」が起き戒厳令が敷かれ、蒋介石率いる国民党が反体制派に対して政治的弾圧を行った。そして1987年に解除されるまでの40年間戒厳令下だった。国民に相互監視と密告が強制され、多くの人々が投獄、処刑された。この時代は「白色テロ時代」と呼ばれ、『悲情城市』(侯孝賢/ホウ・シャオシェン監督・1989年)や、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(楊德昌/エドワード・ヤン監督1991年)、『GF*BF(原題:女朋友。男朋友 GF*BF)』(楊雅喆/ヤン・ヤーチェ監督2012年)などでも描かれているが、今作でジョン・スー監督は、台湾人が忘れてはならないこの負の歴史を背景にしたダーク・ミステリーを作り上げた。

1962年、国民党の独裁政権下の台湾。翠華高校に通う女子高生のファン・レイシンは放課後の教室で寝込んでしまい、目を覚ますと学校には誰もいなくなっていた。誰もいない校内を彷徨うファンは男子学生ウェイ・ジョンティンと会い、協力して学校からの脱出を試みるがどこからも外に出ることができない。ジョンティンは、政府から禁じられた本を読む読書会メンバーで秘かにファンを慕っていた。彷徨う二人は悪夢のような恐怖と闘うなか、学内で起こった政府による暴力的な迫害事件と、原因を作った密告者の哀しい真相に近づいていった。
この作品は2019年度台湾映画No.1大ヒットを記録。第56回台湾金馬奨で12部門ノミネートされ、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞を獲得した。

『返校 言葉が消えた日』の話を聞いた時、ゲームが元で、ホラー作品というので、ゲームに興味がなく、ホラー映画が好きでない私は、別に観なくてもいいかなと思ったのだけど、「二・二八事件」事件を背景にした話と聞き、それは観ておかなくてはと出かけた。「二・二八事件」や「戒厳令下」を物語の背景や時代の背景に描いた映画は何本も観てきたけど、ホラーやミステリー仕立てで描いた作品というのは観たことがなかった。ホラーと聞いただけで、ただでさえ恐ろしいのに、「相互監視と密告が強制された時代」というのまで加わって、よけい恐ろしかった。ストレートな物語で観たかったけど、こういうのでないと観ないという人もいるとしたら、こういう形で歴史的な出来事を描いていくのも必要なことなのかもしれないと思った。なんせ台湾では大ヒットしたとのことなので。ま、私はホラーだけだったら観なかったけど、こういう歴史的事実は繰り返し、何かの形で伝えていかなくては忘れ去られてしまう。日本にもそういう出来事がたくさんある。戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさ、環境破壊や公害のことなど、これからもいろいろな形で、若い人たちに繰り返し伝えて行ってほしい。日本でも、戦前、戦中の言論弾圧があり、人々を戦争に駆り立ててしまったことがあったわけだから、ぜひそういう映画もできてほしい(暁)。


『返校 言葉が消えた日』公式」HP
2019年/台湾/カラー/103分/シネスコ/5.1ch/
字幕翻訳:岡田 美希 配給:ツイン    
宣伝プロデュース:ブレイントラスト
posted by akemi at 20:21| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする