2020年09月19日

フライト・キャプテン高度1万メートル、奇跡の実話(原題:中國機長)

captain_pos.jpg

監督:アンドリュー・ラウ
脚本:ユー・ヨンガン
視覚効果:エレン・プーン
出演:チャン・ハンユー(リュー機長)、ユアン・チュアン(ビ・ナン)、オウ・ハオ(シュ・イー・チェン)、ドゥー・ジアン(シャン・ドン)、チャン・ティエンアイ(フォアン・ジャ)

2018年5月14日、重慶市からチベット自治区のラサに向かう四川航空3U8633便が、乗客119人を乗せて飛び立つ。当初は順調なフライトだったが、地上1万メートルを飛行中、突如として操縦室のフロントガラスにひびが入り、瞬く間に大破する。氷点下30度の冷風が猛烈な勢いで吹き込み、操縦室の圧力は低下。自動操縦も不可能になり、激しく揺れる機体に乗客もパニックに陥るが……。

リュー機長が家を出るところから始まります。制服を着て仕事に向かう前、居間の飾り付けを眺めます。仕事から戻ったら愛娘の誕生日祝いをする予定。普通のお父さんの顔から機長の顔になるいいオープニングでした。『マンハント』で日本にも知られたチャン・ハンユー、精悍です。CAさんたちもそれぞれ出発準備に余念がなく、少し後に大パニックになるとは誰も予想していません。
混乱の中誰がどのように対処したのか、事実を調査しての映画化でしょう。観客は乗客になり、乗務員になり、機長になってその追体験をすることになります。
リュ―機長の経験に基づく技術と対応は、英雄と讃えられました。よくぞ生還したと誰もが拍手したはず。微に入り細に入りの再現で、しばらく飛行機に乗れなくなるかもしれません。私はこの映画の後、飛行機に乗る用事があり、思わずフロントガラスの強度など検索してしまいました。何事もなく往復しましたが、安全のために多くの人が携わっていることもいつもより感じました。
2019年の国慶節に建国70周年に合わせて作られた映画3本のうち、最も集客した作品というのが納得です。
アンドリュー・ラウ監督は20代で撮影監督からスタート、私好みの香港映画の多くはこの方が手掛けていました。40代で監督になり『古惑仔』『インファナル・アフェア』シリーズなどヒット作を送り出しています。エンタメと情感のバランスよく、満足させてくれる折り紙つきの監督。(白)


2019年/中国/カラー/シネスコ/111分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.
https://flight-captain.com/
★2020年10月2日(金)シネマート新宿・心斎橋ほかロードショー
posted by shiraishi at 21:02| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

クライマーズ(原題:攀登者 The Climbers)

crimbers.jpg

監督:ダニエル・リー
プロデューサー:ツイ・ハーク
脚本:ア・ライ
出演:ウー・ジン (ファン・ウージョウ)、チャン・ツィイー (シェイ・イン)、チャン・イー (ソンリン)、ジン・ボーラン/ジャッキー・チェン(リー)、フー・ゴー(ヤン)、チュイニーツーレン (ヘイムーダン)

1960年、ファン・ウージョウ率いるたった3人の中国登山隊は、世界で初めて北稜からのチョモランマ登頂に成功する。しかし、登攀中雪崩に襲われ、隊員のソンリンを助けたときにカメラを落としてしまう。証拠写真がないために、その偉業は国際的に認められることはなかった…。
15年後、ボイラー室で働いていたファンに朗報が入る。チョモランマ登頂を目指す第二次登山隊が結成されるというのだ。ファンは、長い交際の婚約者である気象学者インや、カメラマンのリー、測量士のヤンたち新しい仲間とともに、愛と名誉をかけチョモランマ登頂に再び挑む!

史実をもとに作られた、世界最高峰の山に命がけで挑む男たちの映画。香港の監督のダニエル・リーがメガホンを取っています。2019年の建国70周年記念の「中国の誇り3部作」のうちの1本。このほかに『フライト・キャプテン高度1万メートル、奇跡の実話』(原題:中國機長)、チェン・カイコー(陳凱歌)ら7人の有名監督が過去70年間の歴史的瞬間を切り取った『我和我的祖国』があります。
ファン役のウー・ジンは若いときから得意のカンフーを生かしたアクション映画でよく見かけましたが、年を重ねるにつれ人間としての内面を表現する役も多くなってきました。この作品でも不遇をかこちながら、鍛錬を忘れずここぞというときに力を発揮できるファンとして頼もしいです。
それにしても恋人へのぎこちない様子に歯噛みしたくなります。大事な言葉をさっさと言えない間の悪さ、中国ではこういう不器用な人こそ男らしいのでしょうか?ずっと待っていたシェイが可哀想じゃないですか。ま、それがドラマを盛り上げるのですが。
友情出演のジャッキー・チェンがチラシに大きく出ていますが、なかなか出てきません。眼を皿のようにして探さなくてもわかりやすく登場します。
登山映画は数々観てきましたが、何がそんなにも彼らを駆り立てるのかいまだわかりません。わからないから観続けているのかもしれない、と思うこのごろ。美しい雪山の撮影や伸長著しいVFXもお楽しみください。(白)


中国がチョモランマ登頂に国家の威信をかけていたことがひしひしと伝わってきます。エベレストがいつの頃からかチョモランマと言われるようになりましたが、エベレストはあくまでもイギリスがつけた名前で、中国にとってはチョモランマ。登頂はそれを広める意味合いもあったのだと知りました。
当時の中国がチョモランマ登頂に国家の威信をかけたのなら、今の中国はこの作品を撮ることに国家の威信をかけたのだと思われるほど、出演俳優はビッグネームですし、撮影にハリウッドを凌ぐ迫力のVFX が駆使されています。主演は中国とアジアの歴代興行収入で 1 位を記録した『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』のウー・ジンですし、相手役は昨年の第 32 回東京国際映画祭で審査委員長を務め、今年 1 月に滞在先の米国で第2子となる男児を出産したチャン・ツィイー。とても41歳には見えない、清純な三つ編みのお下げ姿に驚きました。2人のラブロマンスも涙なしには見られません。また、カメラより優先して助けられたことを恥じるソンリンが助けてくれたファンへ確執を抱く気持ちがわかるだけに、ソンリンの心の雪解けシーンには胸が熱くなりました。
しかし、最近またエベレストという表現も増えてきた気がする。8月に中国の測量隊8人がチョモランマに登頂して15年ぶりに測量したのは、エベレストという言葉を覆すためだったのかしら?(堀)


2019年/中国/カラー/シネスコ/122分
配給:AMGエンタテインメント
(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.
https://climbers-movie.com/
★2020年9月25日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 14:13| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

鵞鳥湖(がちょうこ)の夜 ( 原題:南方車站的聚会 英題:THE WILD GOOSE LAKE)

16001392048270.jpg

監督・脚本:ディアオ・イーナン
撮影:トン・ジンソン
照明:ウォン・チーミン
美術:リュウ・チアン
出演:フー・ゴー、グイ・ルンメイ、リャオ・ファン、レジーナ・ワン

2012年、中国南部の鵞鳥湖周辺エリアは再開発から取り残され、ギャングたちの抗争が激しくなっていた。刑期を終えてバイク窃盗団に戻ったチョウ(フー・ゴー)は、敵対関係にある猫目・猫耳兄弟たちとの争いに巻き込まれた揚げ句、警察官を殺してしまう。指名手配犯となった彼は、自分に懸けられた懸賞金30万元を妻と小さな息子に残そうと策を練る。

夜、篠突く雨、電車の機械音が響く中、印象的な劇伴が被さる。
「お兄さん、火を貸して」
物憂げな女が近づく。
「待ってる女は来ないわよ」 男「…。」
冒頭の数カットだけで、中国産フィルム・ノワールの雰囲気は決定付けられる。『薄氷の殺人』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したディアオ・イーナン監督が、新型コロナウイルス発生前の湖北省・武漢で撮影した本作は、前作のイメージを踏襲しつつ、暗い官能、薄幸の人間だけが醸す色気、胸騒ぎを誘う疾走感、銃撃戦のテンポとキレのよいアクションが混在し、画面から艶めかしさまでが漂う逸品である。

映画は2012年、事件の発端となる場面の回想へと自然に移る。再開発から取り残された鵞鳥湖周辺に渦巻く抗争、ギャングたちを”客”とする“水浴嬢”(湖畔の娼婦)たち、チンピラ窃盗団などが暗躍する。怪しく安っぽいネオンが点滅する繁華街、蛍光色靴で踊る人々、鵞鳥湖周辺の暗闇と幻想的な霧、雨、水音のイメージ、鬱蒼とした大自然、点在する禍々しい廃墟、真夜中の動物園までが、豊かな映像世界を彩る道具立てとして登場し、観客は息を詰めて見守ることになる。
2000年代を代表するヒット曲が、中国の裏社会でもがき生きる人々の心象風景を表出するのだ。情動的な音楽はエンディングの「ブンガワンソロの歌」で終焉を迎えるが、決して後味は悪くない。寧ろ爽快感さえ感じさせる演出話法に唸らされた111分だった。(幸)


『藍色夏恋』(2002年)で、台北の街を颯爽と自転車でいく姿で鮮烈な印象を残してくれたグイ・ルンメイ。『鵞鳥湖の夜』では、水浴嬢と呼ばれるリゾート地で海水浴に同伴する風俗嬢を演じているというので、ちょっと驚いた。ミステリアスで可憐。清楚な娼婦だ。出演していると聞けば、その映画を観たくなる。グイ・ルンメイはそんな女優。本作も、期待を裏切らなかった。(咲)

なぞの男となぞの女。暗い怪しげな人影の少ない駅で二人は会う。それは偶然ではなく、ある指令を受けて女が男に近づいた。追われる男と寄り添いながら逃走を続ける女。観ている側は、何がどうなっているのか、かなり中盤までなぞのまま話が進んでゆく。後半、やっと「どうやら、こういう話らしい」という感じが見えてくる。それにしても刁亦男(ディアオ・イーナン)監督の作品は前作の『薄氷の殺人』といい、なぞめいた話の流れを作り、最後のほうでやっと観客に「そういうことだったのね」と納得させる作りが不思議とイライラさせない。私は半分すぎても話が見えないと、途中でイライラするたちなので、そういう作品があまり好きではない。でもディアオ・イーナン監督の作品はけっこう好き。
桂綸鎂(グイ・ルンメイ)が水浴嬢という役でなぞの女を演じる。彼女のこれまでのはつらつとした役とは全然違う「女」を見て、彼女を「少女」の頃から見ている私としては、ますます「ミステリアスな女性」になってきたなと思った。刑事役の廖凡(リャオ・ファン)は刑事役で出演。この二人はディアオ・イーナン監督お気に入りの二人なのかな。『薄氷の殺人』に続いての出演。
そして指名手配犯となった男を演じた胡歌(フー・ゴー)これまでたくさんの中国映画を観てきたけど、彼を観たのは初めての気がする。調べてみたら2005年にデビューしているけど、これまで全然知らなかったのはなぜ?と思って出演作を見てみたら、TVドラマが多かったよう。しかも「新・射雕英雄伝」に主演している! これは香港の劉徳華(アンディ・ラウ)版しか見たことがないけど、繰り返し作られている中華圏では有名な作品。しかし、こんなイケメン俳優がいるというのを、これまで全然知らなかったとは。映画は観るけどTVドラマは見ない私なので出会わなかったのでしょう。今、日本公開されている『チィファの手紙』や、これから公開される『クライマーズ』にも出演しているというので、この9月末はフー・ゴー出演作3本が日本で公開されていることになる。すごい! 日本の中国ドラマファンだけでなく、中華圏映画ファンにも話題になるかも(暁)。


2019年製作/111分/PG12/中国・フランス合作/ビスタサイズ
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C) 2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,
公式サイト:http://wildgoose-movie.com/sp/
★ 2020年9月25日 (金)より 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほかにて全国公開

posted by yukie at 21:07| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

チィファの手紙(原題:Last Letter)

chifa.jpg

原作・脚本・監督:岩井俊二
プロデュース:ピーター・チャン
撮影:神戸千木
音楽:岩井俊二、ikire
出演:ジョウ・シュン(チィファ)、チン・ハン(イン・チャン)、ドゥー・ジアン(ジョウ・ウェンタオ)、チャン・ツイフォン(チィファ、サーラン)、ダン・アンシー(チィナン、ムームー)、フー・ゴー(ジャン・チャオ)

チィファの姉、チィナンが死んだ。彼女宛に届いた中学の同窓会に出かけて、そのことを伝えようとしたチィファだったが、姉に間違えられた上、スピーチまでするはめになってしまった。同窓会には、チィファが憧れていたイン・チャンも来ていた。途中で帰ったチィファをチャンが追いかけ、呼びとめる。チィファは姉のふりを続け連絡先を交換するが、チャンが送ったメッセージをチィファの夫ウェンタオが目にして激昂したあげくスマホは壊されてしまう。チィファは、チャンに住所を明かさないまま、チィナンとして一方通行の手紙を送る。それは思いがけないできごとを引き寄せた……。

今年1月に公開された岩井俊二監督の『ラスト・レター』のもう一つの”ラスト・レター”。中国版リメイクではなく、ほんとはこちらが先に作られました。
中国を舞台に二つの時代を描き分けるため、日本とは違う様々な文化・習慣をリサーチしたそうです。それをぴったりのキャストが演じ分けています。チィナンとチィファの少女時代と現代の娘役を同じ俳優が演じるのも、日本版と同じ。中国の一人っ子政策や、犬を飼うにも制限があったこともきちんと反映されています。
岩井俊二監督の『Love Letter』などロマンチックな作品は中国でも人気が高いそうです。その知名度に加えて岩井監督旧知の香港のピーター・チャン監督がプロデューサーとして加わったことで、制作がたいへんスムーズにいったのだとか。ジョウ・シュン、チン・ハンといった有名俳優を主演に迎え、観客の心に訴える中国映画が完成しました。(白)


好きになった人の想い人は姉。好きだからこそ思いを叶えてあげたい。しかし、自分の気持ちも抑え切れない。しかも、大人になって再会しても彼の想いは変わっていなかった。この設定は切なすぎる。岩井俊二監督の世界観が静かに炸裂していて、どっぷりと物語の中に引き込まれます。
2020年1月には『ラスト・レター』というタイトルで、同じ主題の日本版も公開されました。好みの問題ですが、私は『チィファの手紙』が好き。日本版では福山雅治、中山美穂、豊川悦司がくたびれた中年を演じていて、私の中でカッコいいはずの彼らのそんな姿がどうしても受け入れられなかったのです。(堀)


2018年/中国/カラー/シネスコ/113分
配給:クロックワークス
(C)2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved.
https://last-letter-c.com/
★2020年9月11日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 08:52| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

追龍(原題:追龍 Chasing the Dragon)

tsuiryuposter.jpg

監督:バリー・ウォン、ジェイソン・クワン
出演:ドニー・イェン(ホー)、アンディ・ラウ(ロック)、フィリップ・キョン、ウィルフレッド・ラウ、ケント・チェン

1960年、中国の潮州から仲間たちと香港に仕事探しにきたホーは、日当目当てでヤクザ同士の抗争に参加して逮捕されてしまった。差別意識の強い英国人上司とそりの合わない警察官のロックはホーたちを助け、ホーはその恩義を胸に刻む。ホーは裏社会で、ロックは警察でのし上がり、ここぞというときには互いに助け合いながら権力と金を手にしていく。

実在の二人をモデルにしたクライムストーリー。W主演のアンディ・ラウがドニーより2歳年長で、香港のテレビ局の俳優養成所の先輩でもあります。トップスター二人のこれが初共演。ケネス・ツァンやケント・チェンの共演、もう見ることのできない九龍城砦のセットが素晴らしく、香港映画ファンには嬉しい限り。ぜひ大画面で堪能してください。アンディ・ラウは『リー・ロック伝 大いなる野望』(91)では30そこそこで(若くて美形!)同じロックを演じています。見比べるのも良し。
ドニー・イェンは『ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱』(92)で黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の敵役で、ジェット・リーよりも目を引き「誰!?」と以後作品を追いかけたのでした。この作品の腕っぷし強く仲間思い、義理人情に厚いホーは、ドニー本人に近いのではないかと想像しています。
歌に映画にとトップを走り続けてきたアンディ、アクションだけでなく演技にもさらに磨きがかかってきたドニー、俺様キャラ二人かとの心配は無用。二人とも良い年を重ねてきました。(白)


市民の安全を守るためには警察内でのし上がって権力を持つしかない。ロックの考え方はどこかで聞いたことがあると思ったら、「踊る大捜査線」で柳葉敏郎が演じた室井慎次。テレビシリーズ当時は警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査担当管理官でしたが、その後、紆余曲折はあったものの、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』では警察庁長官官房審議官兼警察庁長官官房組織改革審議委員長に就任して、警察組織の抜本的改革に踏み出すこととなりました。
が、ロックは裏社会でのし上がったホーと手を組み、私利私欲にまみれてしまいます。どこで道を違えたのでしょうか。ホーとともに海の向こうを見たときの青空はいつの間にか消えていました。それとももともと目指すものが違っていた? 
アンディ・ラウに見とれているとラストは「よかった~」と思えるのですが、一般市民の感覚としては、それでよかったんだろうかと、何とも言えないざらざら感が残ります。(堀)


冒頭、頭上を飛行機が飛んでいきます。九龍城砦のすぐそばに啓徳空港のあった時代。空港ビルから眺めた九龍城砦の異様な姿を思い出します。無法地帯といわれ、足を踏み入れるのをためらっているうちに壊されてしまいました。在りし日の姿を写真展で見たことがありますが、本作で生々しく悪の巣窟を再現していて、こんなだったのかなぁ~と想像をめぐらしました。
九龍側から眺めた香港島には、まだ高層ビルも林立してなくて、のどかな風情。
警察が黒社会と結託して、担当地区を決めて甘い汁を吸っているのですが、九龍側に住む警察幹部のトン・ガン(ケント・トン)が尖沙咀と同じ位、香港島の湾仔にうまみがあると聞いて、食指を伸ばそうとします。ガンと対立するリー・ロック(アンディ・ラウ)が、すかさず「船酔いするぞ」とからかいます。まだ海底トンネルが出来てなくて船で行き来していた時代。
また、英国人があらゆる面で香港人の上に立っていたことが、競馬場の場面からも見て取れました。ジョッキークラブのメンバーでないと入れない上層部のテラスですら、英国人と香港人は柵で区切られていました。
英国から中国に返還され、一国二制度という形での独立を得たはずの香港ですが、香港人による自治とは程遠い現実。警察が市民にこん棒を振っているのも60年代と変わらないですね。(咲)


2017年9月中旬 『追龍』香港公開直前の銅鑼湾時代広場の看板(撮影:宮崎暁美)
PICT2452.JPG

私はよっぽど『追龍』と縁がないらしい。なかなか観ることができなかった。2017年9月中旬に華仔天地/わーちゃいてんち(アンディワールドクラブ)のイベントで香港に行った時は『追龍』香港公開1週間くらい前だった。日本に帰る前の日、銅鑼湾の時代広場にこの映画の大きな看板があるというので見に行った。
PICT2455.JPG
2017年9月中旬 『追龍』香港公開直前の銅鑼湾時代広場の看板

日本公開が決まり試写状をいただいたけど2月は2回旅行に行ったり、3月は大阪のアジアン映画祭に行ったのでなかなか試写に行けなくて、4月にやっと観に行けると思ったらコロナ禍中になり、持病持ちの私は約2ヶ月自粛状態で家にこもっていた。5月25日に東京の緊急事態宣言が解除され、6月1日の『追龍』最終試写で映画解禁と思ったのにやはり怖くて都心に行けず、(咲)さんがDVDを取り寄せるというので、それをまわしてもらうことにした。それが失敗だった。やっと観ることができたけど、我が家のTVは小さく、字幕が小さくてよく見えず、やはり映画は大きな画面で観なくてはと反省。公開されたら、さっそく映画館の画面で観なくては。お預け状態約3年近く。やっと観ることができる。それでもDVDで観た『追龍』、やっと観ることができて嬉しかった。

劉徳華(アンディ・ラウ)と甄子丹(ドニー・イェン)の二人が共演するという話を聞いたときは、これが初めての共演とは意外だった。長年香港映画界で活躍してきた二人だけど、やっと一緒にやれる機会がやってきたということだったのかも。それもリーロックとホーという実在の人物をモデルにした物語で。香港映画で幾度も描かれてきた実在のキャラクターということだけど、二人は大勢の出演者たちの中で実在感たっぷりに演じていた。そして、香港映画のおなじみの面々。フィリップ・キョン、ケント・チェン、ケネス・ツァンばかりでなく、アンディとTVBで仲間だった五虎のメンバーだったケン・トンやフェリックス・ウォンも出ているし、テレンス・インまで出ていて、香港映画ファンにとっては出演者だけでも思わずニヤリとしてしまう面々が、次々と登場。
大陸(潮州)からの無法移民、大勢の人数による黒社会の出入り、九龍城砦とそのすぐ上を飛行機が飛んでいる姿。英国人の警官。1960年代から80年代を映した香港映画ではお馴染みの光景。ちょっと懐かしかった。
警察と黒社会が結託し汚職が横行した時代を現した映画をたくさん観てきたし、英国人の警察官の横暴をあらわしたものもたくさんあった。でもこの映画を観たとき思ったのは、今は英国が中国に変わっただけで、相変わらず香港は自分たちが住んでいる国であって、香港人のものではないというのをひしひしと感じた。この数年の香港で起こっていることを暗示させるものだったのかもと感じた。そして「いつから英国の手下に」という言葉が、そのまま「中国」に成り代わっていると思いながら観た。バリー・ウォンの「おバカ映画」が好きなんていっていた時代もあったけど、今やバリー・ウォンはエンターティメント映画の中にしっかり皮肉を折りこんだ骨太の映画を作るようになっていた。「香港は俺たちのものだ」という言葉が空しく響く。
九龍城砦は取り壊され、今は公園になっていて、この映画に出てきたような光景とは思いもつかぬ姿になっている。2018年に香港に行ったとき、九龍城砦跡地にできた九龍塞城公園に行き、ここでゆっくりしながら数々の香港映画で観た九龍城の姿を思い出していた。

DSCN5779補正.jpg
九龍城砦跡地にできた九龍塞城公園

今年(2020年)2月に台湾に行き、台北・西門町の映画館で『肥龍過江』を観た。太っちょ姿のドニーさんが活躍する作品で日本でも撮影している。これを観たら、アンディの『ダイエット・ラブ/瘦身男女 』を思い起こすくらい似たような太っちょ姿だったので、この「太っちょ」姿を作ったのは、もしかしたらアンディの太っちょ姿を作った会社と同じかも(笑)。この作品面白かったので、ぜひ日本でも公開してほしい(暁)。

2020.2台湾西門町.jpg
西門町の映画館で『肥龍過江』の看板

2017年/中国、香港/カラー/シネスコ/128分
配給:インターフィルム
(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved
https://www.tsuiryu.com/
★2020年7月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー



posted by shiraishi at 10:54| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする