2022年01月08日

こんにちは、私のお母さん 原題:你好,李煥英 英題:Hi, Mom

2022年1月7日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
劇場情報 
こんにちは、私のお母さん/ポスタービジュアル_R_R.jpg
© 2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.

監督・脚本・主演:賈玲(ジア・リン)
脚本:スン・ジービン、ワン・ユー、ブー・ユー
製作:シー・シャオイエ
音楽:鵬飛(ポン・フェイ)
字幕翻訳:本多由枝
出演
賈玲(ジア・リン):ジア・シャオリン
張小斐(チャン・シャオフェイ):若き日のリ・ホワンイン(李煥英)
沈騰(シェン・トン):シェン・グアンリン
陳赫(チェン・フー):ロン・ター
劉佳(リウ・ジア):リ・ホワンイン

舞台・テレビ・映画で活躍する人気喜劇女優ジア・リンが、母との実話を元に監督・脚本・主演に初挑戦した作品。元気と明るさが取り柄で、他は何をするにもまるでダメで母親に苦労ばかりかけていた娘が、母と巻き込まれた交通事故をきっかけに 20 年前の 1981 年にタイムスリップ!?
迷惑をかけてきた母の幸せのため、孤軍奮闘!「最愛の母にしてあげたかった親孝行や、話したかったこと」を描いた。
撮影当時ジア・リンは39歳にして高校生を演じ、喜劇王シェン・トンは劇中でジア・リンと楽しい漫才を披露。若き日の母を演じたチャン・シャオフェイは、中国版ツイッター微博(ウェイボー)で「2021年度実力俳優」に選出された。

こんにちは、私のお母さん/サブ1_R_R.jpg
©2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.


この作品、去年(2020)の中国映画週間で上映された時、売り切れてしまい、観ることができなかったけど、日本公開が決まってよかった。
監督・脚本・主演と、大活躍の賈玲(ジア・リン)さん。中国の若手喜劇役者だそう。明るく元気な高校生役を演じている。それにしても、空から落ち葉の上に落ちてきてタイムスリップというのは面白かった。そして、若い日の母、自分と同じ年ごろの頃の時代にタイムスリップし、その時代で行動する。すでに起こったこと、わかっているので時代の流れを変えたりするのはできないはずなのだけど、変えようとするのがおかしい。もともと舞台で演じたものを映画化したとのことで、人気プログラムだったのかな?
中国では旧正月の2021年2月12日に公開され、公開6日後の2月18日に興行成績が約480億円を突破したそう。その後、4月6日には映画『ワンダーウーマン(17)』を超える約863.2億円を稼ぎ出し、最終的に900億円の興行収入を記録。ジア・リンは「世界で最高興収を稼ぐ女性監督」となった。すごいヒットだったんだ。


『こんにちは、私のお母さん』公式HP
2021年/中国映画/中国語/128分/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1chデジタル/
配給:Tiger Pictures Entertainment、ハーク 配給協力:イーチタイム
後援:中華人民共和国駐日本国大使館文化部
posted by akemi at 00:27| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

唐人街探偵 NEW YORK MISSION (原題:唐人街探案2)

tonyangai.jpg

監督・脚本:チェン・スーチェン
出演:ワン・バオチャン(タン・レン)、リウ・ハオラン(チン・フォン)、シャオ・ヤン(ソン・イー)、妻夫木聡(野田 昊)、ナターシャ・リュー・ボルディッツォ(チャン・イン)、シャン・ユーシエン(KIKO)

中国の天才探偵、チン・フォンは、叔父であるタン・レンの結婚式に招待され、アメリカ・ニューヨークへ向かう。しかし、結婚式というのは真っ赤なウソで、タン・レンの目的は賞金500万ドルが賭けられた「世界名探偵大会」に参加させることだった。その内容は唐人街マフィアの孫が惨殺された猟奇的殺人事件の犯人を捜し出すというもの。探偵専用の推理アプリ「CRIMASTER」(クライマスター)で世界ランキング上位の名探偵たちも、賞金目当てに各国から集結し、事件の謎に挑む。ところが、この事件は大きな陰謀が渦巻く連続殺人事件の序章に過ぎなかった—。

公開日が前後しましたが、このシリーズ3作目『唐人街探偵 東京MISSION』はすでに公開済み。舞台が日本だとどうもちょっと「?」が出てきてしまうので、違いのわからないNY編は落ち着いて観られます。
世界中の名探偵がそろったという趣向なので、チン・フォンの好敵手になる野田 昊(のだ・ひろし)役の妻夫木聡も登場します。賑やかというか騒々しいのは変わらず、殺人事件もミステリーもこの人たちにかかれば、ドタバタコメディに早変わり。ワン・バオチャンを正月映画で見るのをみんな楽しみにしているのでしょう。そろそろ人情物やアクション映画での彼を観たいものですが。(白)


『唐人街探偵 東京MISSION』(原題:唐人街探案3)はこちら

2018年/中国/カラー/シネスコ/121分
配給:チームジョイ
(C)Wanda Media Co., Ltd.
https://toujingai-nyc-movie.com/
★2021年11月12日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷・池袋HUMAXシネマズ 他全国順次公開!


posted by shiraishi at 21:03| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

大地と白い雲 原題「白雲之下」

2021年8月21日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!
上映情報
c22748c9a7c94242_R.jpg
©2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.

思いがすれ違う一組の夫婦の喪失と再生の物語

監督:王瑞(ワン・ルイ)
原作:「羊飼いの女」漠月著
脚本:チェン・ピン
字幕:樋口裕子
字幕監修:山越康裕
キャスト
ジリムトゥ:チョクト役
タナ:サロール役
ゲリルナスン
イリチ
チナリトゥ
ハスチチゲ

内モンゴル自治区フルンボイル草原に暮らす一組の夫婦。夫チャクトは妻サロールと一緒に都会で暮らしたいが、サロールは伝統的なパオでの暮らしに満足で都会には住みたくない。ここではないところへ思いを巡らせ、ふらりといなくなるチョクトに腹を立ててはいても、夫を愛するサロール。どこまでも続く大草原、白い雲。群れをなす羊、草原を駆けまわる馬も映し出される。しかし、モンゴルの草原でも、今では往来は馬でなく、ほとんどがバイクや車。でも年1回の馬追いの行事では馬乗りの妙技が披露される。
夫がふらっと出かけてしまうと、いつ帰ってくるかわからず、妻はひとりで家畜の羊の世話を続けるが気が気でない。雄大で壮大な大平原の厳しい大自然の中、新しい社会に憧れる夫と、今の暮らしを継続したい妻の間には心のすれ違いが広がっていく。ともに生きていきたいと願いながらも、時代の変化や価値観の多様化の中ですれ違っていく1組の夫婦と変わりゆくモンゴル草原の姿を描く。
北京電影学院の教授でもある王瑞監督が、内モンゴル出身の作家・漠月(モー・ユエ)の小説「放羊的女人」を原作に10年の歳月をかけて映画化。草原の生活の質感と四季の美しさにこだわり、内モンゴル出身の俳優やスタッフたちとともに、モンゴル語で挑んだ本作は中国映画に新たな可能性と多様性を提示し、中国最大の映画祭である金鶏奨で最優秀監督賞を受賞。東京国際映画祭2019では最優秀芸術貢献賞を受賞(映画祭での上映タイトルは『チャクトゥとサルラ』)。王瑞監督の長編5作目。
*シネマジャーナルHP 特別記事
第32回東京国際映画祭 クロージングセレモニー
http://www.cinemajournal.net/special/2019/tiff/index4.html

王瑞ワン・ルイ東京国際映画祭2019_R.jpg
東京国際映画祭2019授賞式での王瑞監督

チョクト役のジリムトゥさん補正_R.jpg
チョクト役のジリムトゥさん(東京国際映画祭2019で)

果てしない大空、大自然の美しさが描かれるが、厳しさも描かれ、激烈な吹雪のシーンも圧巻。零下40度のなか撮影が行われたそう。バイクに車、スマホまで登場し、草原の中には鉄塔も見える。草原の暮らしも便利になり、以前の暮らしからは大きく変わってきて、近代化からは逃れようもない。そんな中で描かれる未知のものへの憧れと、すでにある暮らしの満足。その狭間でゆれる気持ち。誰しもある普遍的なテーマ。
妻への思いはあっても、都会に行きたい夫の気持ち。束縛せずお互いの気持ちを大事にして、そのすれ違いをすり合わせることができなかったのだろうか。彼らが暮らしているところは都会からあまり離れていない場所のようなので、草原に住みながら都会にも時々行くとか何か方法はなかったのではないだろうかと私は思ってしまった。私自身は都会というより自然への憧れが強いけど、あちこち行きたい人なので夫の気持ちがよくわかる。空の大きさ、壮大な草原、そして羊や馬、そしてパオでの生活。そんな生活に憧れてはいるけど、毎日そこにいる人は刺激の多い都会に憧れるのだろう。
音も印象的。羊や馬の鳴き声、草原を渡る風の音、嵐の音、雪の上を歩く音。そして歌と馬頭琴。草原に響き渡る歌声が素晴らしかった。馬追いの映像も素晴らしかった。でもこの馬追いのレースは、映像の中だけ? 今はないのだろうか(暁)。


2019年の東京国際映画祭の折、EXシアターの大画面で拝見。映画祭での上映タイトルは、『チャクトゥとサルラ』。内モンゴルの草原で暮らす新婚夫婦。町に出たい夫と、草原で羊を飼う生活を続けたい妻。まったくのすれ違い夫婦。
TIFF 2019 chakut salura.jpg

ふいと出ていって、何か月も帰ってこない夫に呆れかえっていたら、上映後に登壇した夫チョクト役のジリムトゥさん(写真:右端)、「大きな画面で自分の演技を観て感動した」と、なんとも大らかな言葉! もしかしたら、普段から空気が読めない人?なんて、思ってしまったのを思い出す。若い人たちが都会に出たがって、地方がすたれるのはいずこも同じ。普遍的な問題を内蔵した物語。(咲)



配給:ハーク
配給協⼒:EACH TIME
2019 年/中国映画/中国語・モンゴル語/111 分
posted by akemi at 14:53| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

唐人街探偵 東京MISSION 原題:唐人街探案3

劇場公開 2021年7月9日
劇場情報 
映画『唐人街探偵 東京MISSION』ポスター_R.jpg
©WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”


シリーズ3作目は日本が舞台!

監督・脚本:陳思誠(チェン・スーチェン)
キャスト
王宝強(ワン・バオチャン):タン・レン
劉昊然(リウ・ハオラン):チン・フォン
妻夫木聡:野田昊
トニー・ジャー:ジャック・ジャー
長澤まさみ:小林杏奈
鈴木保奈美:川村晴子/芳子
奥田瑛二
染谷将太:村田昭
浅野忠信:田中直己
シャン・ユーシエン
三浦友和:渡辺勝
劉徳華(アンディ・ラウ)

中国旧正月初日の2/12(2021)に公開されるや、初日に約約10億1,000万元(約164億円)の興行収入を記録! 公開4日間で興行収入30億元(約490億円)を稼ぎ出し、中国最速となる興行収入30億元突破記録を達成。歴代1位の『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を抜き、全世界オープニング週末興行収入No.1の新記録を樹立した歴史的・超ヒット作映画『唐人街探偵 東京MISSION』(原題:唐人街探案3)が日本に緊急上陸!! 壮大なスケールの「コメディ&ミステリー&アクション&ドラマ」の超絶エンターテインメント作品が公開される。

大ヒットシリーズとなった本作は、中国の探偵コンビが活躍する物語。
中国の人気俳優・王宝強(ワン・バオチャン)と劉昊然(リウ・ハオラン)が共演し、世界中のチャイナタウン(唐人街)で難事件を解決する。物語は1作ごとに事件を解決してゆく。シリーズ1作目はタイ・バンコクを舞台に2015年に公開された『唐人街探案』(日本未公開)は興行収入8億2,300万元(約140億円)を記録。2018年に公開された2作目の『唐人街探案2』(未)は、ニューヨークが舞台で興行収入33億9,700万元(約576億円)を記録する大ヒットとなり、世界各国で劇場公開された。
そしてシリーズ3作目、初の日本公開となる本作の舞台は日本。東京と周辺各地を舞台に、中国の探偵コンビに加え、日本の探偵、タイの探偵が共同で、ヤクザ絡みの密室殺人事件解決のミッションに挑む。

『唐人街探偵 東京MISSION』_サブ②_R.jpg
©WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

チャイナタウンの探偵コンビ、タン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)は、日本の探偵、野田(妻夫木聡)から難事件解決の協力を依頼され東京に飛ぶ。タイの元刑事の探偵ジャック・ジャー(トニー・ジャー)も参加。4人は解決のためにあちこち飛び回り旋風を巻き起こす。大騒ぎの探偵たちがたくさんの人々を巻き込んで大暴れ。
今回のミッションは、東南アジアマフィアの会長の密室殺人事件で、犯人として起訴されたヤクザの組長・渡辺(三浦友和)の冤罪を証明するのが探偵たちの仕事。殺された会長の秘書である小林(長澤まさみ)が何者かに誘拐される事件も発生。そこに解決率100%を誇るエリート警視正・田中(浅野忠信)が登場。謎の指名手配犯・村田(染谷将太)も絡み事件は複雑化する。

出演者は、シリーズの看板俳優ワン・バオチャン<『盲井』李楊/リー・ヤン監督(03)、『イノセントワールド/天下無賊』馮小剛(フォン・シャオガン)監督(04)、『罪の手ざわり』賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督(13)>とリウ・ハオラン<『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』陳凱歌(チェン・カイコ―)監督(17)>に加え、2作目からの出演となる日本人のイケメン探偵・野田に妻夫木聡。日中ハーフという役どころなので、中国語を勉強し披露。タイの探偵にはタイのアクションスターで、『モンスターハンター』などハリウッド映画にも活躍の場を広げているトニー・ジャー。
日本からは、他に中国でも人気があったり、中華圏の映画やドラマに出演した俳優たちが出演。今回の事件の依頼人である、ヤクザの組長・渡辺役に三浦友和(「赤い疑惑」が中国で大ヒット)、ジョン・ウー監督作品にも出演し、中国でもファンの多い長澤まさみをはじめ、染谷将太、鈴木保奈美、浅野忠信など豪華俳優陣が出演している。香港映画界からは劉徳華(アンディ・ラウ)も友情出演。今年正月には、この映画の宣伝用としてワン・バオチャン、リウ・ハオラン、アンディ・ラウの3人が歌う「恭喜発財2020」のMTVが公開されたが、これは映画の最後にかかる曲。

監督・脚本は中央戯劇学院出身の陳思誠(チェン・スーチェン)。日本で劇場公開された婁燁(ロウ・イエ)監督の『スプリング・フィーバー』に出演するなど、元々は俳優として活躍をしていた。2014年『北京愛情故事』(未)から本格的に監督に転向し、『唐人街探案』シリーズでヒットメーカーの地位を確立した。また昨年(2020年)、張芸謀/チャン・イーモウ監督(『紅いコーリャン』、『初恋のきた道』)製作総指揮のオムニバス映画『愛しの故郷(ふるさと)』(20)に監督の1人として抜擢され『空からUFOが!』という作品を製作。これにはワン・バオチャン、リウ・ハオランを始めホアン・ボーも出演し、農村に出現したUFOをめぐるコメディタッチの物語を手掛けた。

1作目と2作目は東京・中国映画週間で『僕はチャイナタウンの名探偵』(2016)、『僕はチャイナタウンの名探偵2』(2018)というタイトルで上映され、1作目の『僕はチャイナタウンの名探偵』はシネマジャーナル98号で紹介をしている。『僕はチャイナタウンの名探偵2』も観たと思うけど、ニューヨークを二人の探偵が疾走しているのを観た記憶がない(笑)。でも最後に妻夫木君が出てきたのを見たような気がするから観ているのか? あるいは中国映画週間の中の予告編で観ただけなのか。今となってはわからず。
それにしてもこの映画どんどんハチャメチャになっている。日本が舞台だからよけい「なんだかなあ」と思うところも。いろいろ突っ込みどころがあります(笑)。関東各地でロケし、新宿歌舞伎町、秋葉原電気街、東京タワー、横浜中華街、大谷石地下採掘場跡などが登場しますが、印象的だったのは大谷石地下採掘場跡での場面。いつか行きたいと思いながら行ってないところだったので、この映画を観て、ぜひ行ってみたいと思いました。また、ロケでは撮影できなくて多額の予算を投じたセットも印象的でした。渋谷のスクランブル交差点のセットを栃木県足利市に、空港のセットを名古屋市に設けたそう。浜離宮のセットも大がかりでした。再度映画館の大画面で観てみたい。そしてシリーズ4はあるのか。次はどこが舞台か? 最後に出てきた場面がヒントかも(暁)。


2021年製作/138分/G/中国
『唐人街探偵 東京MISSION』公式HP
『唐人街探偵 東京MISSION』メイキング映像  7月9日(金)日本緊急公開!
提供:Open Culture Entertainment、アスミック・エース
配給:アスミック・エース
posted by akemi at 21:26| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

プロジェクトV (原題:急先鋒 Vanguard)

projectV.jpg

監督・脚本:スタンリー・トン
出演:ジャッキー・チェン(トン・ウンテン)、ヤン・ヤン(ロイ・ジャンユー)、アレン(チョン・ホイシュン)、ムチミヤ(ミヤ)、シュ・ルオハン(ファリダ、)、ジュー・ジャンティン(コンドル)、ジャクソン・ルー(チョン・クオックラップ)

トン・ウンテンが設立した民間の特殊護衛部隊”ヴァンガード”は、世界中のクライアントにセキュリティサービスを提供している。ロンドンのチャイナタウンで実業家のチョン・クオックラップが誘拐された。犯人はトンのビジネスパートナーのマシムの息子だった。マシムは中東の過激派の首領で、トンの通報によりマシムは米軍の攻撃で命を落とす。マシムの息子は父親の遺産のありかを知るチョンを拉致したのだった。若手の派遣でチョンは救出されるが、アフリカにいる自分の娘も守ってほしいと依頼する。トンも加わったヴァンガードチームはアフリカへと向かう。

古くからの香港映画ファンには嬉しい”スタンリー・トン監督&ジャッキー・チェン”の新作です。舞台があちこちへと移り、背景が楽しめます。今年はライオンが出てくる映画が続いて、ストーリーやアクションはあんまり目新しくはありません。オールドファンにはなじみのない若手がたくさん出演していて、香港映画(中国になりましたが、つい)も代替わりしたんだと実感しました。富豪の実業家役のジャクソン・ルーは台湾出身の俳優で、スタンリー・トン監督の映画でよく見かけました。
ジャッキーは1954年生まれ、還暦をとうにすぎていますが、相変わらず身軽にアクションを自らこなしています。アクション指導もスタンリー・トン監督、まめなジャッキーもきっとあれこれやったに違いない…と見ました。
公式ホームページではファンの"ジャッキーBEST MOVIE"があげられて、懐かしい作品が並んでいます。6月6日まで投稿も受け付け中。(白)


2020年/中国/カラー/シネスコ/107分
配給:ツイン
(C)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED
https://projectv.jp/
★2021年5月7日(金)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:03| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする