2019年04月07日

『芳華-Youth-』 原題 芳華

劇場公開日 2019年4月12日

監督・製作:馮小剛(フォン・シャオガン)
脚本・原作:厳歌苓(ゲリン・ヤン)
製作:王中軍(ワン・チョンジュン)&王中磊(ワン・チョンレイ)
音楽:音楽:趙麟(チャオ・リン)
出演:黄軒(ホアン・シュエン):リウ・フォン
苗苗(ミャオ・ミャオ):ホー・シャオピン
鐘楚曦(チョン・チューシー):シャオ・スイツ
楊采鈺(ヤン・ツァイユー):リン・ディンディン
王天辰(ワン・ティエンチェン):チェン・ツァン
蘇岩(ヤン・スー):文工団分隊長
趙立新(チャオ・リーシン):文工団の政治委員

『狙った恋の落とし方』『戦場のレクイエム』『女帝エンペラー』『唐山大地震』『わたしは潘金蓮じゃない』など、ヒット作を監督し、映画出演作も多い馮小剛(フォン・シャオガン)監督の最新作。軍の歌劇団である文芸工作団(=文工団)に所属した監督自らの若き日の経験を、同じく若き日に文工団に所属したゲリン・ヤンの原作(『シュウシュウの季節』『妻への家路』)をもとに描いた作品。

1970年代~80年代の中国。軍所属で歌や踊りを披露し、兵士たちを時に慰め、鼓舞する役割をになう歌劇団・文工団に所属する若者たちの激動の時代に翻弄されながらもたくましく生きる青春の日々をつづった物語。
1976年、17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)はダンスの才能を認められ、夢と希望に溢れ入団するが周囲となじめないでいた。そんな彼女にとって唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だった。しかし、ある事件をきっかけにリウ・フォンは転属させられてしまい離れ離れになってしまった。
文革、毛沢東の死、中越戦争など、国を揺るがす事件が立て続けに起こり、時代の変化の中で文工団も解散に。激動の70~80 年代に、その時代の波に翻弄されながらも懸命に生きた若者たちを描く。そして何十年もたって、シャオピンとリウ・フォンは再びめぐり合う。
シャオピンを演じるのは苗苗(ミャオ・ミャオ)。彼女が想いを寄せるリウ・フォンを演じるのは『ブラインド・マッサージ』『空海-KU-KAI -美しき王妃の謎』の黄軒(ホアン・シュエン)。

今までいくつもの文工団を描いた中国映画を観てきたが、ここまで文工団の内部や生活を描いた作品はなかったような気がする。それにしてもダンス、歌、演奏、演劇など芸能に関係することに、こんなにたくさんの軍に所属する文工団団員がいるというのが驚きだった。それに入団したとたんに軍服(しかも自分の軍服ではなく、同室の人から黙って借りてしまった)を着た写真を撮って、その写真を親に送るという行為が最初に出てきて軍に所属するということがステイタスという、そういう文化もあるのだと知った。
主人公のシャオピンは、結局、文工団の中でダンスで生きていくことはできず、看護部門に移動し軍には所属を続けた。そういう中で中越戦争のシーンも出てきたのだろう。軍の娯楽部門に所属していたメンバーもそういう場から逃れられなかった。文工団に所属していたメンバーも、解散後、成功して金持ちになった人や、生活が苦しい人、時間の流れの中での変化が出てくるが、リウ・フォンも中越戦争で片手を失ってしまい傷害者として生き、生活が苦しい様子が描かれる。こういう中で二人は再び出会い、その後は一緒に生活してったのだろう。おだやかな日々を送れたのだろうか(暁)。

★第12回アジア・フィルム・アワード最優秀作品賞 受賞
2017年 製作国中国 配給アットエンタテインメント
posted by akemi at 20:32| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

サイバー・ミッション(原題:解碼遊戯 Reborn)

cyber.jpg

監督:リー・ハイロン
アクション監督:ニコラス・パウエル
音楽:ネイサン・ワン
出演:ハンギョン(ハオミン)、リディアン・ヴォーン(チャオ・フェイ)、リー・ユエン(スー・イー)、山下智久(モリタケシ)、リウ・カイチー
         
オタク系プログラマーのハオミン。かつてハッキング対決で、最強と目された”ゼブラ”に勝ったことがあり、いつかホワイトハッカーになることを夢見ている。そのゼブラが今は裏世界で働き、ハオミンを引き入れようとスー・イーを近づけていた。ハオミンは香港警察の依頼で”覆面捜査官”としてゼブラを探ることになってしまった。ゼブラとスー・インと行動をともにするうちに危険な世界へと踏み込んでいく。マレーシアに飛んだハオミンは、ゼブラの背後に裏世界の大物・モリタケシがいることを知る。モリの狙いはなんなのか?

主演は中国のハンギョン。10代かと見まごうほどコミカルで可愛らしい面を見せています。ブラックハッカーのゼブラは台湾のリディアン・ヴォーン、ゼブラの相棒で恋人のスー・イーはリー・ユエン。格闘技の達人という役どころで身体を張ったアクションを披露。実はモデルさんなのに、生傷が絶えなかったようです。初めての海外進出作品となった山下智久さんの、冷徹なモリタケシにぞくっとするはず。
アクション監督は、ハリウッドで『ボーン・アイデンティティー』などのアクションを手がけたニコラス・パウエル。ガチなアクションに挑戦した出演者たちの勇姿にご注目ください。メイキングも公開されて、ハラハラドキドキのシーンがどうやって作られたのがよくわかります。(白)


2018年/中国・香港/カラー/シネスコ/99分
配給:プレシディオ
©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED
https://cyber-mission.net/
★2019年1月25日(金)新宿ピカデリーほかロードショー

初日舞台挨拶合同インタビューに参加してきました。そちらもご覧下さい。(白)
posted by shiraishi at 07:32| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

迫り来る嵐   原題: 暴雪将至   英題: The Looming Storm

semarikuru.jpg

監督・脚本: ドン・ユエ
出演: ドアン・イーホン、ジャン・イーイェン、トゥ・ユアン、チェン・ウェイ

1997年、中国南部の小さな町。雨の降りしきる夜、野原で殺害された女性の死体が見つかる。同じ手口で3人目だ。国営製鋼所保安部の警備員ユィ・グオウェイ(ドアン・イーホン)は、現場に駆けつけ、懇意にしているジャン警部(トゥ・ユアン)から情報を聞き出し、刑事気取りで捜査を始める。被害者が通っていたという夜な夜な工員たちがダンスをしている広場で、気味の悪い男の存在を知る。ユイは、その広場で知り合った女性イェンズ(ジャン・イーイェン)と恋仲になる。工場では、模範工員として表彰され、連続殺人犯探しに益々拍車がかかる。町では5人目の女性が犠牲になる。ユイは犠牲者が皆、恋人イェンズに似ていることに気づく。しかも、イェンズの経営する美容院の客の男を、犯人像に合致するとユイが問い詰めたことから、思わぬ事態になる・・・

模範工員として、赤いリボンをつけ、意気揚々と演説するユイ。探偵ごっこにのめり込むあまり、恋人との関係がだんだんゆがんだものになっていく。おまけに、経済発展で中国社会が大きく変わり、国営製鋼所でリストラの嵐が吹き、ユイもその対象となってしまう。模範行員としての栄光を忘れられないユイが、どんどん取り残されていく様が切ない。降りしきる雨が、虚しさを助長するようだ。(咲)


◆2017年東京国際映画祭、コンペティション部門で上映され、最優秀芸術貢献賞と最優秀男優賞をダブル受賞。
semarikuru kantoku.jpg
最優秀芸術貢献賞のトロフィーを受け取るドン・ユエ監督(撮影:宮崎暁美)
「プロデューサーのシアオさんに出会えてラッキー。風水のいいロケ地に感謝。主演の二人、私の家族やスタッフにも感謝。力を貰って作ることができました」

semarikuru doan.jpg
最優秀男優賞 ドアン・イーホンさん(撮影:宮崎暁美)
「演じたユィ・グオウェイも、こうして舞台に立ちましたが血だらけでした。映画に参加する全員の火花の散るような努力で完成。家族、スタッフ、監督に感謝します。愛の力を感じました」と力強く語りました。

2017年/中国/北京語/カラー/119分/シネスコ/5.1ch
配給:アット エンタテインメント
© 2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited
公式サイト:http://semarikuru.com/
★2019年1月5日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラスシネマ有楽町にて、ほか全国順次公開






posted by sakiko at 21:08| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする