2019年01月26日

サイバー・ミッション(原題:解碼遊戯 Reborn)

cyber.jpg

監督:リー・ハイロン
アクション監督:ニコラス・パウエル
音楽:ネイサン・ワン
出演:ハンギョン(ハオミン)、リディアン・ヴォーン(チャオ・フェイ)、リー・ユエン(スー・イー)、山下智久(モリタケシ)、リウ・カイチー
         
オタク系プログラマーのハオミン。かつてハッキング対決で、最強と目された”ゼブラ”に勝ったことがあり、いつかホワイトハッカーになることを夢見ている。そのゼブラが今は裏世界で働き、ハオミンを引き入れようとスー・イーを近づけていた。ハオミンは香港警察の依頼で”覆面捜査官”としてゼブラを探ることになってしまった。ゼブラとスー・インと行動をともにするうちに危険な世界へと踏み込んでいく。マレーシアに飛んだハオミンは、ゼブラの背後に裏世界の大物・モリタケシがいることを知る。モリの狙いはなんなのか?

主演は中国のハンギョン。10代かと見まごうほどコミカルで可愛らしい面を見せています。ブラックハッカーのゼブラは台湾のリディアン・ヴォーン、ゼブラの相棒で恋人のスー・イーはリー・ユエン。格闘技の達人という役どころで身体を張ったアクションを披露。実はモデルさんなのに、生傷が絶えなかったようです。初めての海外進出作品となった山下智久さんの、冷徹なモリタケシにぞくっとするはず。
アクション監督は、ハリウッドで『ボーン・アイデンティティー』などのアクションを手がけたニコラス・パウエル。ガチなアクションに挑戦した出演者たちの勇姿にご注目ください。メイキングも公開されて、ハラハラドキドキのシーンがどうやって作られたのがよくわかります。(白)


2018年/中国・香港/カラー/シネスコ/99分
配給:プレシディオ
©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED
https://cyber-mission.net/
★2019年1月25日(金)新宿ピカデリーほかロードショー

初日舞台挨拶合同インタビューに参加してきました。そちらもご覧下さい。(白)
posted by shiraishi at 07:32| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

迫り来る嵐   原題: 暴雪将至   英題: The Looming Storm

semarikuru.jpg

監督・脚本: ドン・ユエ
出演: ドアン・イーホン、ジャン・イーイェン、トゥ・ユアン、チェン・ウェイ

1997年、中国南部の小さな町。雨の降りしきる夜、野原で殺害された女性の死体が見つかる。同じ手口で3人目だ。国営製鋼所保安部の警備員ユィ・グオウェイ(ドアン・イーホン)は、現場に駆けつけ、懇意にしているジャン警部(トゥ・ユアン)から情報を聞き出し、刑事気取りで捜査を始める。被害者が通っていたという夜な夜な工員たちがダンスをしている広場で、気味の悪い男の存在を知る。ユイは、その広場で知り合った女性イェンズ(ジャン・イーイェン)と恋仲になる。工場では、模範工員として表彰され、連続殺人犯探しに益々拍車がかかる。町では5人目の女性が犠牲になる。ユイは犠牲者が皆、恋人イェンズに似ていることに気づく。しかも、イェンズの経営する美容院の客の男を、犯人像に合致するとユイが問い詰めたことから、思わぬ事態になる・・・

模範工員として、赤いリボンをつけ、意気揚々と演説するユイ。探偵ごっこにのめり込むあまり、恋人との関係がだんだんゆがんだものになっていく。おまけに、経済発展で中国社会が大きく変わり、国営製鋼所でリストラの嵐が吹き、ユイもその対象となってしまう。模範行員としての栄光を忘れられないユイが、どんどん取り残されていく様が切ない。降りしきる雨が、虚しさを助長するようだ。(咲)


◆2017年東京国際映画祭、コンペティション部門で上映され、最優秀芸術貢献賞と最優秀男優賞をダブル受賞。
semarikuru kantoku.jpg
最優秀芸術貢献賞のトロフィーを受け取るドン・ユエ監督(撮影:宮崎暁美)
「プロデューサーのシアオさんに出会えてラッキー。風水のいいロケ地に感謝。主演の二人、私の家族やスタッフにも感謝。力を貰って作ることができました」

semarikuru doan.jpg
最優秀男優賞 ドアン・イーホンさん(撮影:宮崎暁美)
「演じたユィ・グオウェイも、こうして舞台に立ちましたが血だらけでした。映画に参加する全員の火花の散るような努力で完成。家族、スタッフ、監督に感謝します。愛の力を感じました」と力強く語りました。

2017年/中国/北京語/カラー/119分/シネスコ/5.1ch
配給:アット エンタテインメント
© 2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited
公式サイト:http://semarikuru.com/
★2019年1月5日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラスシネマ有楽町にて、ほか全国順次公開






posted by sakiko at 21:08| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする