2019年08月31日

帰れない二人(原題:江湖儿女/英題:Ash is Purest White)

kaerena.jpg

監督・脚本:ジャ・ジャンクー 
撮影:エリック・ゴーティエ 
音楽:リン・チャン 
出演:チャオ・タオ、リャオ・ファン、シュー・ジェン、キャスパー・リャン 

山西省の都市・大同(ダートン)。チャオはヤクザ者の恋人ビンと共に彼女らなりの幸せを夢見ていた。ある日、ビンは路上でチンピラに襲われるが、チャオが発砲し一命をとりとめる。5年後、出所したチャオは長江のほとりの古都・奉節(フォンジェ)へビンを訪ねるが、彼には新たな恋人がいた。チャオは世界で最も内地にある大都市・新疆(シンジャン)ウイグル自治区を目指す。そして2017年がやってくる――。

ヤクザ者を愛した女性の17年を追う。女が罪をかぶっても平気でいられる男は所詮それだけの器と思ったら案の定。男の心変わりにも毅然と対応する女が切ない。落ちぶれた男を引き取る懐の深さは愛の深さか、男に負けを認めさせたかっただけなのか。変わりゆく中国の風景と愛が重なる。(堀)

2018 年/135分/中国=フランス
配給:ビターズ・エンド 
©2018 Xstream Pictures (Beijing) - MK Productions - ARTE France All rights reserved
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/kaerenai/
★2019年9月6日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!
posted by ほりきみき at 16:48| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHADOW/影武者(原題:SHADOW)

shadow.jpg
 
監督:チャン・イーモウ 
脚本:チャン・イーモウ、リー・ウェイ 
出演:ダン・チャオ、スン・リー、チェン・カイ

20年前、弱小の沛〈ペイ〉国は強大な炎国に領土である境州を奪われた。若き王(チェン・カイ) は炎国と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていた。頭脳明晰で武芸の達人である重臣の都督〈トトク〉(ダン・チャオ)はそれを不満に思い、開戦を唱え、従う者も多かった。
しかし、その都督は影武者だった。1年前、都督は刀傷から病になり、影武者と入れ替わったのだ。影武者は都督の命令に従い、炎国の将軍にして最強の戦士・楊蒼〈ヤン・ツァン〉に対決を申し込む。都督は影武者に、自由と引き換えに、敵地での大軍との戦いを命じていたのだ。どんな相手も三太刀で必殺と言われる最強の楊蒼との対決に向けて、影武者は傘を武器にした技を磨くのだが、うまくいかない。都督の妻・小艾〈シャオアイ〉(スン・リー) は女性の身体のように柔らかく傘を使ってみてはどうかと提案し、その技を影武者に叩きこむ。
(影武者の)都督の勝手な行動に怒り狂う王も、実はある作戦を秘めていた。果たして、影武者は楊蒼に勝ち、自由を手に入れられるのか。

影武者が表舞台を全てこなすようになったら? 自分の与えられた仕事に精進する影と猜疑心が膨れ上がる本人。大国に抑えられている小国で様々な思いや政治的駆け引きが交錯する。水墨画のような色合いと降り続ける雨が展開を暗示。傘を使ったしなやかな戦法は奇抜でダンスのよう。敵地に攻め込むさまは亀を彷彿させる。
王の妹は真っ直ぐな心を持ち、国のために犠牲を厭わない。彼女が果たした仕事の大きさこそ、民に伝えるべきではと思う。
ダン・チャオが身を削るようなダイエットをして二役を演じ分けた。妻役は私生活でも夫婦であるスン・リー。琴を合奏するシーンは魂が叫び合うよう。クライマックスのアクションシーンと相まって作品を盛り上げる。(堀)


2018年/中国/カラー/5.1ch/スコープ/中国語/116分/PG12
配給:ショウゲート
©2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://shadow-movie.jp/
★2019年9月6日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
posted by ほりきみき at 16:44| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

The Crossing ザ・クロッシング Part II(原題:太平輪 彼岸 The Crossing 2)

thecrossing 1.jpg
 
監督・脚本:ジョン・ウー
原案:ワン・ホエリン
出演:チャン・ツィイー、金城武、ソン・ヘギョ、ホアン・シャオミン、トン・ダーウェイ、長澤まさみ

1949年、1,000人近い乗客乗員を乗せて上海から台湾へ向かっていた大型客船「太平輪」。船にはユイ・チェン(チャン・ツィイー)、イェン・ザークン(金城武)、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)が、それぞれに違う目的で乗船していた。深夜、付近を航海中の貨物船と衝突した事で船内はパニックに陥り、それまでお互いを知る事の無かった男女の3組の運命が交差する―

1945年国共内戦下の中国が舞台。Ⅰでは戦場の描写が多かったが、Ⅱでは純愛の側面にフォーカス。戦争によって引き裂かれた男女たちの届かない想い、切ない叫びが聞こえてくる。クライマックスは上海から台湾に向かう客船の沈没シーン。非常時とはいえ、とんでもないほどの人と貨物を載せて出発したこともさることながら、乗務員の常軌を逸した気の緩みに絶句。海に投げ出された人々の阿鼻叫喚ぶりに驚くが、それぞれの愛をうまく着地させた脚本に心が安らいだ。
ところで、ジョン・ウーといえば白い鳩と二丁拳銃が必ず出てくることで有名。本作でも、「ここはカモメでは?」という場所に鳩が飛んでいた。しかし、二丁拳銃を見落としてしまった! どなたか、ご覧になったらぜひチェックして、コメントでお知らせいただけると幸いです。(堀)


国共内戦が激しくなり、台湾に逃れようと上海の港に停泊している船に殺到する人たちの姿を観て、にわかに思い出した映画があった。タイトルが思い出せなくて、居心地が悪かったのだが、やっと思い出せた。1991年に日本で公開された『レッドダスト』。監督はイム・ホー。ブリジット・リン演じる女性作家と、日本への協力者として忌み嫌われていた男(シン・ハン)。1938年、日中戦争の時期から、1945年の日本敗戦後の国民党と共産党の内戦、1949年、国民党が台湾脱出するまでの時期を背景にした恋の物語。ラストが人々が船に殺到する場面だった。『レッドダスト』を、今再び観たくなった。

そして、本作で描かれた台湾の部分では、戦前、基隆に住んでいた亡き母のことを思い出した。細い入江が深く入り込んだ基隆港は天然の良港。本作では船が基隆に着く場面が出てきた。
外国航路の船長をしていた母方の祖父は、家族と過ごせる水先案内人の仕事を基隆港に見つけ、昭和6年から終戦まで基隆に住んでいた。高収入の仕事で、北投温泉にも別荘を持っていたそうだ。本作では、日本人が去った後の屋敷が出て来る。母が暮らした基隆の家は戦後もそのままあったのを台湾人の同級生から聞いたという。母たちが去った後、どんな人たちが住んだのだろう。そんなことにも思いを馳せた。
ジョン・ウー監督、壮大な物語を多謝~! (咲)



2015年/中国/カラー/126分
配給:ツイン
©Beijing Galloping Horse ・ All Rights Reserved.
公式サイト:http://thecrossing.jp/
★2019年6月14日(土)シネマート新宿・心斎橋他にてロードショー!
posted by ほりきみき at 00:31| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅠ(原題:太平輪 乱世浮生 The Crossing)

thecrossing 1.jpg

監督・脚本:ジョン・ウー
原案:ワン・ホエリン
出演:チャン・ツィイー、金城武、ソン・ヘギョ、ホアン・シャオミン、トン・ダーウェイ、長澤まさみ

1945年、国民党の将校、レイ・イーファン(ホアン・シャオミン)は、上海の舞踏会でチョウ・ユンフェン(ソン・ヘギョ)と運命的な出会いをする。しかし国共内戦が激化し、レイはユンフェンを残し内戦の最前線へと向かう―ユンフェンは新居の家屋で、「ザークン(金城武)」と記された絵と、額裏から「雅子(長澤まさみ)」の日記を発見する―ユイ・チェン(チャン・ツィイー)は、出征したまま行方不明になった恋人を探すため、従軍看護師に志願。十分な食糧が無いなかで見知らぬ兵士、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)と家族のふりをして、食糧配給を得る。

中国の国共内戦を背景に3組の男女の愛を綴る。砲撃爆発シーンは実写だという。リアリティが半端ない。さすが、ジョン・ウー監督が人生を懸けた作品である。
国民党将校を演じたレイ・シーファンの凛々しいこと! 男気に溢れ、見る者を惹き付ける。しかし、待つ妻は辛いだろう。また、金城武に恋する長澤まさみの目を見張るような初々しさにびっくり。『コンフィデンスマンJP』とは両極端の役どころをきっちりこなす。
後半が気になる!(堀)


2014年/中国/カラー/129分
配給:ツイン
©Beijing Galloping Horse ・ All Rights Reserved.
公式サイト:http://thecrossing.jp/
★2019年6月7日(金)シネマート新宿・心斎橋他にてロードショー!

posted by ほりきみき at 02:07| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

『芳華-Youth-』 原題 芳華

2019年4月12日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開
youth_b5o.jpg
 © 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved

監督・製作:馮小剛(フォン・シャオガン)
脚本・原作:厳歌苓(ゲリン・ヤン)
製作:王中軍(ワン・チョンジュン)&王中磊(ワン・チョンレイ)
音楽:音楽:趙麟(チャオ・リン)
撮影:羅攀(パン・ルオ)
編集:張琪(チャン・チー)
出演
黄軒(ホアン・シュエン):リウ・フォン
苗苗(ミャオ・ミャオ):ホー・シャオピン
鐘楚曦(チョン・チューシー):シャオ・スイツ
楊采鈺(ヤン・ツァイユー):リン・ディンディン
王天辰(ワン・ティエンチェン):チェン・ツァン
蘇岩(ヤン・スー):文工団分隊長
趙立新(チャオ・リーシン):文工団の政治委員

『狙った恋の落とし方』『戦場のレクイエム』『女帝エンペラー』『唐山大地震』『わたしは潘金蓮じゃない』など、ヒット作を監督し、映画出演作も多い馮小剛(フォン・シャオガン)監督の最新作。軍の歌劇団である文芸工作団(=文工団)に所属した監督自らの若き日の経験を、同じく若き日に文工団に所属したゲリン・ヤンの原作(『シュウシュウの季節』『妻への家路』)をもとに描いた作品。

1970年代~80年代の中国。軍所属で歌や踊りを披露し、兵士たちを時に慰め、鼓舞する役割をになう歌劇団・文工団に所属する若者たちの激動の時代に翻弄されながらもたくましく生きる青春の日々をつづった物語。
1976年、17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)はダンスの才能を認められ、夢と希望に溢れ入団するが周囲となじめないでいた。そんな彼女にとって唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だった。しかし、ある事件をきっかけにリウ・フォンは転属させられてしまい離れ離れになってしまった。
文革、毛沢東の死、中越戦争など、国を揺るがす事件が立て続けに起こり、時代の変化の中で文工団も解散に。激動の70~80 年代に、その時代の波に翻弄されながらも懸命に生きた若者たちを描く。そして何十年もたって、シャオピンとリウ・フォンは再びめぐり合う。
シャオピンを演じるのは苗苗(ミャオ・ミャオ)。彼女が想いを寄せるリウ・フォンを演じるのは『ブラインド・マッサージ』『空海-KU-KAI -美しき王妃の謎』の黄軒(ホアン・シュエン)。

今までいくつもの文工団を描いた中国映画を観てきたが、ここまで文工団の内部や生活を描いた作品はなかったような気がする。それにしてもダンス、歌、演奏、演劇など芸能に関係することに、こんなにたくさんの軍に所属する文工団団員がいるというのが驚きだった。それに入団したとたんに軍服(しかも自分の軍服ではなく、同室の人から黙って借りてしまった)を着た写真を撮って、その写真を親に送るという行為が最初に出てきて軍に所属するということがステイタスという、そういう文化もあるのだと知った。
主人公のシャオピンは、結局、文工団の中でダンスで生きていくことはできず、看護部門に移動し軍には所属を続けた。そういう中で中越戦争のシーンも出てきたのだろう。軍の娯楽部門に所属していたメンバーもそういう場から逃れられなかった。文工団に所属していたメンバーも、解散後、成功して金持ちになった人や、生活が苦しい人、時間の流れの中での変化が出てくるが、リウ・フォンも中越戦争で片手を失ってしまい傷害者として生き、生活が苦しい様子が描かれる。こういう中で二人は再び出会い、その後は一緒に生活してったのだろう。おだやかな日々を送れたのだろうか(暁)。


★第12回アジア・フィルム・アワード最優秀作品賞 受賞
北京語/2017年/ドルビー/シネスコ/135分/字幕:樋口裕子
2017年 製作国中国 配給アットエンタテインメント
posted by akemi at 20:32| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする