2020年10月03日

82年生まれ、キム・ジヨン(原題:Kim Ji-young: Born 1982)

82.jpg

監督:キム・ドヨン
原作:チョ・ナムジュ
出演:チョン・ユミ(ジヨン)、コン・ユ(夫 デヒョン)、キム・ミギョン(母 ミスク)、コン・ミンジョン(姉 ウニョン)、キム・ソンチョル(弟 ジソク)、イ・オル(父 ヨンス)、イ・ボンリョン(ヘス)

1982年生まれのジヨンは大学の先輩のデヒョンと結婚し、出産のために会社を辞めた。デヒョンは仕事が忙しく、ジヨンは家事と一人娘のアヨンの育児にかかりきりで疲れがたまっていた。
新年はいつも夫の実家。義姉も帰省し、夫一家が歓談している間嫁は休むひまもない。突然ジヨンが実家の母の口調で「うちの娘も里帰りさせて」と話し始め、みんなはあっけにとられる。ときどきジヨンが他の人間が乗り移ったように変わるのを、夫のデヒョンだけが知っていた。ジヨン本人には全くその記憶がない。デヒョンは精神科医に相談していたが、本人にまだ言えずにいた。

同名の原作は韓国でも日本でも異例の売れ行きだったそうです。日本以上に男性優位の韓国で、時代が進んで目が開かれてきた女性たちが「これはおかしい!」と声をあげ始めました。社会でも家庭の中でも男の子が優遇され、女の子はそれを支える役割を担ってきました。男の子が生まれることばかり期待している親世代に、あなたは父親から生まれたのか?と言いたくなります。日本版の表紙には、観光地の看板のように顔がくりぬかれている女性が描かれています。誰でも顔を当てはめて「これは私のこと」と感じた女性が多かったはず。
ジヨンが”ほかの人間になって自分の心身の危機を訴えた”のは、自分の意見を言えなかったからでしょう。そこまで追い詰められていたことが痛ましいです。チョン・ユミとコン・ユはこれが3度目の共演で初の夫婦役です。繊細な演技の息もぴったり。デヒョンは決して無理解な夫ではありませんが、自分の育ってきた社会の認識から出て想像することができません。夫婦間のことだけでなく、女性が社会で期待される役割分担や、無意識の差別などが織り込まれて、自分や周りのことを振り返るきっかけができます。カップルで観ると認識の違いが明らかになりそうです。それで別れても責任は負えませんが、話し合ってより理解を深められたらいいですよね。
助演の俳優陣の手堅い演技にも支えられ、チョン・ユミは第56回大鐘賞映画祭で主演女優賞受賞、キム・ドヨン監督は第56回百想芸術大賞で新人監督賞を受賞しました。(白)


1人きりで抱える育児は本当に辛い。私もかつて心を病み、大丈夫と思えるまでに6年かかりました。夫はデヒョンのように病んだ私を気遣ってくれましたが、所詮は病に寄り添い、育児に協力するというスタンス。自分の問題としてとらえていませんでした。そこの認識の違いは大きい。作品からも夫婦の意識のずれが伝わってきます。
しかし、同じ経験をしたからこそ、見えてくるものもある。こちらが分かってくれないと思うように、夫もどうすればいいのかわからないことを妻に理解してもらえず辛かったのだと本作を見て、今更ながらに気づきました。
主人公は82年生まれ。韓国と日本では状況が違うかもしれませんが、87年に就職した私は男女雇用機会均等法2年目。年上の女性たちから、羨ましい気持ちからの過剰な期待を押し付けられました。その年上の女性たちの子どもがジヨン世代のはず。過剰な期待は私世代以上に強く押しつけられたのかもしれません。(堀)


1982年に韓国で生まれた女の子の名前の中で一番多かったのが、ジヨン。そして、韓国で一番多い名字がキム。まさにキム・ジヨンはどこにでもいる普通の女性。原作が出版された時に、韓国で100万部を超える大ヒットとなったのも、女性の社会進出が進む中で、育児や家事は女性がするものという考えが根強く、主人公の悩みが普通の女性たちの共感を得たからだといわれています。一方で、韓国では男性からの反発もあって、映画化にあたって反対意見もあったそうです。背景として、男性だけが軍隊に行く義務があることや、家族のために働いて犠牲になってきたという思いがあって、女性たちのほうが優遇されてきたじゃないかという被害者意識があるそうです。兵役の義務もない日本男子はもっと女性に協力すべきと思わず思ってしまいます。
出版のあと、男性も産休や育休などを取りやすくするなどの法案、いわゆる「キム・ジヨン法案」が国会で発議されたなど、韓国社会に大きな影響を与えた小説の映画化。さらに世界へも、男女の役割分担や、男女格差を考えるきっかけを与えてくれるでしょう。
ちなみに独身の私には、キム・ジヨンの思いにあまり感情移入できませんでした。思えば、育児や家庭に縛られるのが嫌で結婚に踏み切れなかったような気がします。もちろん、仕事の上での男女差別はずっしり感じてきましたが・・・ 世の男性にこそ観てほしい映画です。(咲)


2019年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:クロックワークス
© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://klockworx-asia.com/kimjiyoung1982/
★2020年10月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー



posted by shiraishi at 01:15| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

ヒットマン エージェント:ジュン(英語題:Hitman: Agent Jun)

hitman jun.jpg

監督・脚本:チェ・ウォンソプ
出演:クォン・サンウ(ジュン)、チョン・ジュノ(ドッキュ)、ファンウ・スルヘ(ミナ)、イ・イギョン(チョル)

両親が事故死して孤児となったジュンは、国家情報院に拾われ冷徹なドッキュ教官に暗殺要員となるべく育てられた。瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとして命令のまま多くの暗殺に関わっていく。しかしジュンには幼い頃から漫画家になりたいという夢があり、組織から抜け出す決断をする。任務遂行中、死を偽装して行方をくらませ15年が経った…。
ジュンは憧れたウェブ漫画家になったものの、全く人気が出ず妻の収入に頼っている。ついに編集長から打ち切りを宣告されて泥酔し、勢いで暗殺要員時代をネタにした漫画を描き上げ寝落ちしてしまう。ジュンが目覚めるとそのリアルな描写に驚愕した漫画ファンが次々と拡散、まさかの大ヒットとなっていた。妻が良かれと思ってやったことだが、ジュンが生きていると知られてはならない。

暗殺要員の殺伐な話と思いきや、なんと大笑いできるコメディでもありました。死んだはずのジュンが生きていると知った国家情報院と、ジュンに恨みを持つテロリストが執拗に追ってきます。過去を知らない妻と娘まで巻き込んでアクションが再び炸裂。漫画が要所要所に挟み込まれて、面白さを盛り上げます。どうしたらもっと面白くなるかを貪欲に追求したというチェ・ウォンソプ監督、その過酷な要求に応えて振り幅の大きな役を演じたクォン・サンウ、個性豊かなキャストを演じた助演の方々もエライ!
一つ疑問、新しい人生を始めたジュンですが、戸籍やIDはどうしたのでしょう?問題なく一般市民になるには何か裏技があったのか?(白)


チェ・ウォンソプ監督はクォン・サンウがジュンを演じることを想定しながら脚本を書き上げたそう。クォン・サンウも監督の期待に見事に応え、冴えないウェブ漫画家だと思っていたら、いきなり見事なアクションを決めてくるのでびっくり! そして、妻役のファンウ・スルヘもワイヤー・アクションと接近戦にチャレンジ。ここぞとばかりに華麗なアクションを披露しました。
しかし、物語の展開はアクション中心のシリアスタッチではなく、クォン・サンウが得意とするコメディ調。ファンウ・スルヘのアクションのオチには大笑い。大韓民国国家情報院の鬼教官も、敵役のテロリストもどこかドジでおかしなところを見せて笑いを誘います。
一方で反抗期真っ盛りに見えた娘の主人公に対する健気な思いには思わずほろりさせられました。この娘を演じたリー・ジウウォンが見せるラップシーンは軽やかでかわいい~
ところで、本作に挟み込まれるコミックはWEBTOON(ウェブトゥーン)と呼ばれる韓国から始まったコミック形式です。スマートフォンから縦スクロールで読むことを想定して描かれ、オールカラーという特徴があります。コミックは左からページをめくっていくものと思っていましたが、スマートフォンで読む習慣が広がっている今、韓国だけでなく、台湾・タイなどのアジアをはじめ、北米など国際的に人気が高まっているそうです。(堀)


2020年/韓国/カラー/ビスタ/110分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
https://hitman-movie.jp/
★2020年9月25日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。

posted by shiraishi at 14:31| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(原題:Bring Me Home)

bring me home.jpg

監督・脚本:キム・スンウ
撮影:イ・モゲ
出演:イ・ヨンエ(ジョンヨン)、パク・ヘジュン(ミョングク)、イ・ングン(スンヒョン)、ユ・ジェミョン(ホン)

看護師のジョンヨンは6年前に一人息子ユンスが公園で遊んでいて、失踪してしまった。以来夫のミョングクと二人で行方を捜している。記憶は7歳の面影のままのユンス、自分たちを忘れていないだろうか。捜索の旅の途中事故が起きて、ジョンヨンはショックで立ち直れない。そこへユンスに似た子がいるとの情報が寄せられる。マンソン釣り場で働く男の子の特徴がユンスと共通していた。一縷の望みをかけて釣り場へ向かうジョンヨン。釣り場を営む家族や従業員、土地の警察のホン警長まで、知らないの一点張り。疑惑がぬぐえないジョンヨンは諦めず、真夜中に忍び込むことにした。

キム・スンウ監督がこの脚本を書き始めたきっかけは、子どもを探す親が書いた横断幕を目にしたことから。子どもが行方不明になる事件は洋の東西を問わず無くなりません。自分も人の子として生まれながらよその子を攫い、いくばくかの金儲けの手段にしたり、快楽の対象にしたりする輩は、なんの痛痒も感じないのでしょうか(天罰を!)。
イ・ヨンエ主演作は2005年公開『親切なクムジャさん』以来です。自らも母になって、それ以前の作品選びや演技とは変化があったと語っています。掌中の珠である一人息子が行方不明になり、わずかな手がかりを求めて探し回るジョンヨンの姿に世の母親は胸をかきむしられるような思いで共感するはずです。疑わしい人間たちに壁やガラス戸に叩きつけられるアクションもあり、その激しさに思わず息を飲みました。
イ・ヨンエの迫真の好演と共に、憎まれ役を演じた助演の方々に最敬礼。行方不明の子どもたちが親元に戻れるよう祈りつつ。(白)


児童労働という社会の闇を描いた作品ですが、その児童は人身売買によって集められたことが推察されます。いったい韓国では年間どのくらいの子どもが失踪しているのか。ネットで調べたところ、3万人という数字が出てきました。とんでもない数字に驚いて、日本の子どもの失踪数も調べたら、平成28年の警察庁のデータによると、平成24~28年の9歳以下の子どもの失踪数は1000人前後と判明。この差はいったい何なんだろう。
しかし、親にとっては人数の問題ではありません。韓国であろうと、日本であろうと自分の子どもがいなくなったら、それはとても辛い。(白)さんも書かれていますが、お金儲けのために誘拐する人には、ほんと、天罰を喰らわせたい!
ただ、悪いのは人身売買に直接、関わっている人だけではないと作品から伝わってきます。周りの人間の無関心さが事件の隠ぺいを助長してしまいました。また、6年もの間、必死に息子を探し続けてきた主人公夫婦に襲い掛かった更なる不幸にも心が痛みます。軽い気持ちで人を騙してはいけません。私たちには関係ないといえる話ではないことを感じました。(堀)


2019年/韓国/カラー/シネスコ/108分
配給:ザジフィルムズ、マクザム
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
https://www.maxam.jp/bringmehome/
★2020年9月18日(金)新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー
posted by shiraishi at 12:11| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

世宗大王 星を追う者たち(原題:Forbidden Dream)

sejon.jpg

監督:ホ・ジノ
撮影:イ・モゲ
出演:ハン・ソッキュ(世宗)、チェ・ミンシク(チャン・ヨンシル)、ソン・グ(ファンヒ)、キム・ホンパ(イ・チョン)、ホ・ジュノ(チョ・マルセン)、キム・テウ(チョン・ナムソン)

朝鮮王朝が明国の影響下にあった時代。第4代王・世宗(セジョン)は、奴婢のチャン・ヨンシルの優れた才能を認め、武官に任命する。豊富な科学知識と高い技術を持つヨンシルは「水時計」や「天体観測機器」を次々に発明。それらは庶民の生活に大いに役立てられた。一方世宗も「明の従属国という立場から脱し、朝鮮の自立を成し遂げたい」という夢を持ち、朝鮮独自の文字である“ハングル”を創ろうとしていた。天と地ほどの身分の差を超え、尊敬と信頼の絆を結んでいく二人。だが臣下たちは、朝鮮の独立を許すはずもない明からの攻撃を恐れ、密かに二人を引き離そうとする。

1962年生まれのチェ・ミンシク、2歳年下のハン・ソッキュは東国大学校演劇映画科の先輩後輩。ハン・ソッキュは1997年の『グリーンフィッシュ』で主演男優賞受賞。1999年の『シュリ』で共演し、チェ・ミンシクが主演男優賞受賞。以来20年ぶりの共演となりました。韓国映画界をけん引してきたお二人は、どんな役柄でも安心して見ていられます。これからも元気で様々な役を見せてほしいものです。
ほとんど消息が知られていないチャン・ヨンシルの空白部分を創作したホ・ジノ監督、ヨンシルが設計、製作した数々の機器をそっくり再現した美術さん素晴らしい。どこか博物館などにレプリカとして寄付されなかったのでしょうか?
ほぼ宮廷内部が舞台なので、男性ばかり。それも平均年齢の高い地味目な服装に、役職や個々の持ち味も出さなければなりません。きっと悩まれただろう衣裳さんのお仕事も称賛に値します。(白)


朝鮮の自立を成し遂げたいと朝鮮独自の文字(ハングル)を作ろうとした世宗大王。奴婢の身分ながら豊富な科学知識と高い技術力で水時計や天体観測機器を次々と発明した才能にあふれるチャン・ヨンシル。身分の差を超えた2人の友情は庶民の生活を豊かにしたいという思いで結ばれていた。
そんな2人を臣下たちは引き離そうと画策したのは妬みだけではない。朝鮮の独立を許さない中国の怒りを恐れたとすれば、仕方ないだろう。世宗大王とヨンシルが互いのことを慮って振る舞う姿に胸が熱くなる。ハン・ソッキュが世宗大王、チェ・ミンシクがチャン・ヨンシルを演じ、「シュリ」以来20年ぶりの共演作となったが、歳を重ねた分、演技に深みと渋さが加わっているのを感じた。(堀)


2019年/韓国/カラー/シネスコ/133分
配給:ハーク
(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://hark3.com/sejong/
★2020年9月4日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 18:57| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

ディヴァイン・フューリー/使者(原題:The Divine Fury)

divine.jpg

監督・脚本:キム・ジュファン
出演:パク・ソジュン(パク・ヨンフ)、アン・ソンギ(アン神父)、ウ・ドファン(ジシン)、チェ・ウシク(チェ神父)

ヨンフは自分が産まれるのと引き換えに母を亡くし、警察官の父と二人暮らしだった。その父も亡くなってしまい、神父の言う通り真剣に祈ったのに助けてくれなかった!と怒る。神に見捨てられたと恨みながら20年が経った。いまや非情なプロの格闘家として負け知らずだったが、父の夢を見た後、手の平に覚えのない傷ができて血が止まらず原因は不明。占い師から心が汚いから悪霊につけこまれると言われて、ムッとするが反駁できない。
バチカンから悪魔祓いのためにソウルに派遣されたアン神父は、危ないところをヨフンに救われる。ヨフンの傷を聖痕と見たアン神父は、頑ななヨフンに「何事も神の意思」と説く。「神は信じない」と言いつつ、神父の手助けをするヨフン。一方ソウルに潜む大きな闇が2人に迫ってきていた。

悪魔祓いのストーリーはアメリカと思っていたら、これは韓国製。韓国はクリスチャンが全体の3割と日本よりずっと多い(日本は1%くらい)ので、成り立つんですね。とりつきやすい人のところに悪魔が次々とやってきて、アン神父が孤独な闘いを続けます。このとりつかれる子役さんすごい!
荒唐無稽な話でも、アン・ソンギがいるだけで、信ぴょう性が増します。頼りになって安心しますね。同時に茶目っ気を見せるシーンもあります。命がけで悪魔祓いをするアン神父に、ヨンフが亡くなった父親の姿を重ねて心を開いていくのにほっこりします。これからも元気で映画に出てくださいますように。
ウ・ドファンが邪悪で美しいです。善と悪のすさまじい戦いが待っていますので、心してご覧ください。(白)


子役くんはかわいいのだけれど、あまり運動神経が良さげには見えず。長じて総合格闘技の世界チャンピオンになったというのは少々ギャップが。。。しかし、そんな違和感もパク・ソジュンの鍛え上げられた肉体がすぐにねじ伏せてしまうので大丈夫。
それよりも本作でいちばんおいしい役どころだったのはウ・ドファンではないだろうか。悪役ながら美しさが堪能でき、アクションシーンの見せどころがばっちりある。特殊メイクはかなり時間がかかったであろうけれど、その変身ぶりは驚愕モノ! ファンにはたまらない作品だろう。『東京喰種 トーキョーグール【S】』での松田翔太を思い出した。
チェ・ウシクが演じたアン神父の弟子のチェ神父はすぐに退場してしまったかと思いきや、最後まで活躍場面があってよかった!(堀)


神様も世の中も信じられない格闘技チャンピオンを演じたパク・ソジュン。ちょうど観終わったばかりのドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」では、財閥の御曹司で大企業の副会長を務める完璧な俺様男で、全く違う雰囲気。さすがな演技力と唸りました。
そして、おぞましい悪魔祓いの映画なのに、観る者に安らぎを与えてくださるアン・ソンギさん! キム・ギドク監督の『人間の時間』も、かなりえぐい映画でしたが、アン・ソンギさんの静かな笑顔のお陰でなんとか観ることができました。どちらの映画も、演じるにはかなり勇気のいる役どころ。アン・ソンギさんは、柔軟剤か、はたまた緩衝材?! ご自身それを自認してオファーを受けたのかとお聞きしたくなりました。(咲)



2019年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:クロックワークス
(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
公式サイト:http://klockworx-asia.com/divinefury/
★2020年8月14日(金)シネマート新宿ほか全国順次公開



posted by shiraishi at 10:39| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする