2022年08月07日

キングメーカー 大統領を作った男   原題:킹메이커(キングメーカー) 英題:Kingmaker

kingmaker.jpg
(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

監督:ビョン・ソンヒョン(『マイPSパートナー』『名もなき野良犬の輪舞ロンド』)
出演:ソル・ギョング(『ペパーミント・キャンディー』『名もなき野良犬の輪舞ロンド』『茲山魚譜 チャサンオボ』)、イ・ソンギュン(『パラサイト 半地下の家族』)、ユ・ジェミョン(「梨泰院クラス」)、チョ・ウジン(『SEOBOK/ソボク』)

1961年。世の中を変えたいと野党・新民党に所属し、理想と情熱に溢れる政治家キム・ウンボム(ソル・ギョング)。韓国東北部江原道で小さな薬局を営むソ・チャンデ(イ・ソンギュン)は、何度も落選するキム・ウンボムにほれ込み、選挙事務所を訪れる。「1票を得るより相手の10票を減らす」戦略を提案するなど、チャンデの豊富なアイディアで、ウンボムは補欠選挙で初当選する。さらに、1963年の国会議員選挙では、地元の木浦で対立候補を破り、新進気鋭の国会議員として注目を集める。しかしチャンデは、対立候補の隠し子を利用したネガティブキャンペーンを問題視されて謹慎状態になる。1967年の議員選挙で、ウンボムの台頭を警戒した大統領陣営のウンボム潰しに対抗するため、チャンデは再びウンボム陣営に呼び戻される・・・

理想に燃える政治家キム・ウンボムのモデルになっているのは、第15代大統領(在任:1998年~2003年)となった金大中(キム・デジュン)。その選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)が、ソ・チャンデのモデルとなっていて、本作で描かれている数々の選挙運動の秘策はほぼ実話とのこと。今、日本では、票を得るためにカルト集団の力を借りていたことが明るみになりましたが、どこの国でも選挙に勝つために、どの陣営もし烈な闘いを繰り広げます。そんな選挙の裏が見え隠れする物語なのですが、下手すると泥臭くなりそうな話を、ビョン・ソンヒョン監督は、『名もなき野良犬の輪舞ロンド』と同じく、とてもスタイリッシュに描いています。ホン・サンス監督作品にも数多く出演しているイ・ソンギュンが、選挙参謀をスマートに演じています。また、ソル・ギョングが理想に燃えた金大中を彷彿させる人物を体現していて、木浦での熱のこもった演説には、惚れ惚れしました。
金大中といえば、1973年(昭和48年)8月8日に、九段下のホテルグランドパレスから何者かに拉致され、船の上で抹殺されそうになったところをかろうじて助けられたという、いわゆる金大中事件が忘れられません。私が学生時代のことです。その時には、なぜ金大中が拉致されるような目にあったのかわからなかったのですが、その後、大統領になられ、独裁にまみれた韓国で民主的な大統領が誕生したことを知ったのでした。民衆に寄り添った人物が政敵として消されようとした事件だったのだと、あらためて驚いたものです。どこの国であれ、権力を持つ者は、民のことを真に思う政治をしてほしいものです。 (咲)


2021年/韓国/123分/5.1ch/ビスタ
字幕翻訳:小寺由香
提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン
公式サイト:https://www.kingmaker-movie.com/
★2022年8月12日(金) シネマート新宿ほか全国順次ロードショー








posted by sakiko at 16:19| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

恋愛の抜けたロマンス   原題:연애 빠진 로맨스  英題:NOTHING SERIOUS

renai nuketa.jpg
(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., TWELVE JOURNEY ALL RIGHTS RESERVED

監督:チョン・ガヨン
脚本:チョン・ガヨン、ワン・ヘジ
撮影:イ・ソンジェ『82年生まれ、キム・ジヨン』
音楽:サンウジョンア
編集:ナム・ナヨン『エクストリーム・ジョブ』『無垢なる証人』
出演:チョン・ジョンソ(『バーニング 劇場版』)、ソン・ソック、コン・ミンジョン(『82年生まれ、キム・ジヨン』「海街チャチャチャ」)、キム・スルギ(『操作された都市』)、ペ・ユラム(『パイプライン』)、キム・ジェファ『モガディシュ 脱出までの14日間』

29歳のジャヨンは、3年以上付き合った彼から、結婚は別の女性とすると捨てられ、もう恋はしないと決意するが、欲求は満たしたい。“いい人を見つけて幸せな旧正月を”のキャッチコピーに惹かれてデートアプリ「愛のかけ橋」に登録する。関心を示してくれた男たちの中から、「ヒヨドリ」の名で登録している男性と会う約束をする。ヒヨドリの名で登録したのは、雑誌社に勤める33歳のパク・ウリ。編集長からセックス・コラムを担当するよう命じられ強制的に「愛のかけ橋」に加入させられたのだ。お互い、恋愛抜きでホテルでひと時を過ごす。その後も本音や目的を隠して会う二人・・・

ジャヨンの元彼への恨みを晴らそうと、ウリは元彼の結婚式にジャヨンを連れて乗り込みます。そこでの行動があっぱれ! 
小説家志望のウリのセックス抜きのセックス・コラムは、思わせぶりでそそられると大ヒット。執筆のために登録したアプリで知り合ったジャヨンを騙したことになってしまったことに気が咎めるウリの誠実さがジャヨンに通じるといいなとハラハラしながら観ました。
ジャヨン役のチョン・ジョンソも、ウリ役のソン・ソックも年齢の割にまだ経験の浅い役者さんですが、それだけに二人の関係が新鮮に見えます。
その二人を支えるように、ジャヨンのおばあさん役で韓国の最高齢女優キム・ヨンオクさん、そしてジャヨンのお父さん役で名脇役としてドラマや映画で大活躍のキム・グァンギュさんが登場して、和ませてくれます。(咲)


ウリは取材目的なのをジャヨンに隠していますが、ジャヨンは率直であけすけに話します。アプリに登録したのも失恋した後に酔っ払った勢いでした。『パリ13区』(2021/ジャック・オディアール監督)でもセックス・パートナーをアプリで探す正直な女子が登場しました。ジャヨンはそこまで奔放ではなくて、会うのはウリとだけのようです。2人の会話がテンポよく、相性が良さそうなのが回を重ねるごとにわかります。ウリはどんどん惹かれていき、その分彼女に申し訳ない気持ちになります。つい漏れてしまったウリの言葉に、顔色を変えるジャヨンは「恋に落ちてる」じゃないですか。もう傷つきたくないので抑えているだけ。でなければあんなに怒らないはず。
煽る編集長の姿に「面白ければいい、ウケ最優先」の業界の本音が見えます。SNSのユーザーも言いたい放題でげんなり。けれども2人の主人公は、笑顔が可愛くて好感度高し。(白)


2021年/韓国/95分/カラー/ビスタ/5.1ch
日本語字幕:朴澤蓉子
配給:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-asia.com/romance/
★2022年7月8日(金) シネマート新宿ほかロードショー



posted by sakiko at 19:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月26日

モガディシュ 脱出までの14日間  原題:모가디슈(モガディシュ) 英題:Escape from Mogadishu

Mogadishu.jpg
(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

監督:リュ・スンワン
出演:キム・ユンソク、ホ・ジュノ、チョ・インソン、ク・ギョファン、キム・ソジン、チョン・マンシク

1990年、ソウル五輪で大成功を収め勢いづく韓国政府は国連への加盟を目指し、多数の投票権を持つアフリカ諸国へのロビー活動に励んでいた。ソマリアの首都モガディシュで韓国大使を務めるハン(キム・ユンソク)は、現地政府の上層部に何とか取り入ろうとしている。一方、韓国より20年も早くアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮のリム大使(ホ・ジュノ)も国連加盟のために奔走し、両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。
そんな中、ソマリアの現政権に不満を持つ反乱軍による内戦が激化。1991年12月末、反乱軍が首都のモガディシュを制圧、空港は封鎖され通信網が断たれる。「独裁政府に協力した外国政府は出ていけ!」と、大使館に石や火炎瓶が投げ込まれる。韓国と北朝鮮の両大使館も完全に孤立する。中国大使館にも助けを求められないことを悟った北朝鮮のリム大使は、絶対に相容れない韓国大使館に助けを求める決意をする。
年が明けて、韓国大使とイタリア大使の交渉がまとまり、赤十字の救援機に乗れることになる。そのためには午後4時までにイタリア大使館に着かなければならない。果たして、一行は全員で生きて脱出することができるのか・・・

北朝鮮のテ・ジュンギ参事官(ク・ギョファン)は、「韓国に助けてもらったことが知られると帰国して粛清される」と必死で大使を止めます。一方の韓国大使館のカン・デジン参事官(チョ・インソン)は、全員を韓国に亡命させ手柄にしようと画策します。そんな中、韓国大使夫人キム・ミョンヒ(キム・ソジン)が、北朝鮮の家族たちにも分け隔てなく気を遣う姿が素敵です。イタリア大使館が、国交のない北朝鮮の人たちを乗せることに難色を示した時には、ハン大使が「全員、南に転向した」と嘘をついています。
当時、南北が協力して脱出したことを中央日報が詳しく報じたものの、韓国の人々の関心を集めることはなかったとのこと。まだ北朝鮮への関心が薄かった時代だったそうです。
2006年、外交官を引退した元大使が自身の体験をもとに小説を執筆。本作は、その小説をもとに取材を始め、80年代のアフリカに駐箚した外交官にも取材。
撮影は、ソマリアが渡航禁止国家に指定されている為、モロッコで行われました。ハリウッド映画の撮影もよく行われるモロッコですが、舞台がモロッコでないのに、モロッコとわかってしまう映画も多い中、本作は撮影場所がモロッコであることを一切感じさせませんでした。エッサウィラの町を、見事にモガディシュに仕立てています。(もっとも、モガディシュの町を私は知りませんが・・・)
さて、クライマックスの一行が車に分乗してイタリア大使館を目指すシーン。韓国大使館を出発したのは、午後3時31分。ソマリアの国教はイスラーム。午後のお祈り(アスル)の時間は、3時半開始! 車が全力疾走する通りに、クルアーン朗誦の声が響き渡り、モスクに入りきれない人たちが道端でお祈りしている姿を映し出しています。お祈りの時間でなかったなら、暴徒に襲われることもあったはず。お祈りの時間に重なったのは、実に運がよかったと思います。絵的にも素晴らしい場面になっているのですが、事実はどうだったのでしょう?(咲)



2021年/韓国/カラー/121分/シネスコ/5.1ch
字幕翻訳:根本理恵
提供:カルチュア・エンタテインメント
配給:ツイン、 カルチュア・パブリッシャーズ
宣伝プロデュース:ブレイントラスト
公式サイト:https://mogadishu-movie.com/
★2022年7月1日(金)新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー




posted by sakiko at 19:26| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月23日

愛に奉仕せよ  原題:인민을 위해 복무하라(人民に奉仕する) 英題:SERVE THE PEOPLE 

aini housiseyo.jpg 
© 2022 JNC MEDIA GROUP. All Rights Reserved.

監督:チャン・チョルス(『シークレット・ミッション』)
出演:ヨン・ウジン(『ときめきプリンセス婚活記』)、ジアン(『罠 Deep Trap』)、チョ・ソンハ(『哀しき獣』)、キム・ジチョル(『シークレット・ミッション』)

1976年5月1日、模範兵士ムグァンは師団長宅の炊事兵として着任する。ほどなく、師団長は軍首脳会談のため、1か月家を空けるという。2階には、命令しない限り上がるなと言い残しで出かける師団長。一方、若く美しい師団長の妻スリョンからは、位牌が定位置にない時には2階に上がってくるよう命じられる。2階に上がり、「奥様」と呼びかけると、「人のいないところでは、ヌナ(お姉さん)と呼んで」と命じるスリョン。師団長は若くして戦場で生き残り、人民の英雄として大きな権力を手にしているが、戦地で受けた弾のため、男としての役目を果たせないとスリョンは明かす。スリョンの誘惑に負け、一線を越えるムグァン。市場で1か月分の食糧を買い込み、鍵をかけて、二人きりで一糸まとわぬ姿で過ごす。やがて師団長が戻ってくる。ムグァンは、スリョンの口添えで工場長に出世する・・・

ムグァンには、出世して、村に残してきた妻子をいつか都会に住まわせたいという夢があって、工場長になったことで夢は実現します。けれども、スリョンと過ごしためくるめく日々は、ムグァンにとって忘れがたいもの。スリョンもまた、女として満たされた気持ちになったのですが、夫には言えないし、ムグァンが別れの挨拶に来た時にも、何事もなかったように接します。もちろん、これで話は終わりません。二人の行く末は劇場でご覧ください。
それにしても、大胆な描写にどきまぎしてしまいます。それもそのはず、原作は、その性描写により刊行直後に中国で発禁処分となった閻連科(えんれんか)の小説「人民に奉仕する」。架空の社会主義国家が舞台ですが、「主席様」の写真が飾られていたりして、北朝鮮を思わせます。
ムグァンを演じたヨン・ウジンは、つい先日、再放送で観たドラマ「君の歌を聞かせて」で主役を務めて、ニヒルな魅力のある男でした。Netflixで配信中のドラマ「39歳」では、ソン・イェジン演じる主人公と恋に落ちる皮膚科医役だそうです。
大胆なベッドシーンに挑み、奥様としての威厳も見せたジアンは、『罠 Deep Trap』でマ・ドンソクの妹を演じた方。師団長役は、『哀しき獣』はじめ数々の映画やドラマで活躍しているチョ・ソンハ。威厳を見せています。
韓国版『ラスト、コーション』とも呼ばれているそうですが、私は、ソン・スンホン主演の『情愛中毒』(2014年)を思い出しました。(咲)


2022年/韓国/146分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:福留友子/レイティング:R18+
日本語字幕:福留友子
配給会社:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-asia.com/houshi/
★2022年6月24日(金) シネマート新宿 ほか ロードショー



posted by sakiko at 01:02| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

あなたの顔の前に  原題:당신 얼굴 앞에서 英題:In Front of Your Face 

anatano kaonomaeni.jpg
(C)2021 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

監督・脚本・製作・撮影・編集・音楽:ホン・サンス
出演:イ・ヘヨン、チョ・ユニ、クォン・ヘヒョ、シン・ソクホ、キム・セビョク、ハ・ソングク、ソ・ヨンファ、イ・ユンミ、カン・イソ、キム・シハ


長年アメリカで暮らしていた元女優のサンオク。突然帰国し、母が亡くなって以来疎遠だった妹ジョンオクの暮らすソウルの高層マンションに身を寄せる。朝食後、川沿いのカフェでコーヒーを飲みながら、ジョンオクはサンオクに目の前で建設中のマンションを購入して住めばと勧める。
カフェを出て公園を歩いていたサンオクとジョンオクは、とおりすがりのふたりの女性に写真を撮ってほしいと頼む。「女優さんでは?」と言われ、「今は違います」と答えるサンオク。
二人はジョンオクの息子スンウォンが経営するトッポッキ店に寄る。スンウォンは不在で、帰ろうとすると、帰ってきたスンウォンが追いかけてきて、大好きな伯母さんにとプレゼントを渡す。
サンオクが午後会う約束をしていた相手から場所を仁寺洞に変更したと連絡が入る。まだ時間があるので、サンオクはタクシーで梨泰院に向かい、昔、住んでいた家を訪ねてみる。家は洒落たお店になっていたが、庭は記憶の中のままで癒される。少女が現れジウンと名乗る。愛おしくて抱きしめる。
サンオクが指定された仁寺洞の「小説」に着くと、そこは居酒屋。彼女を誘ったのは面識のない映画監督ソン・ジュウォン。昼食を食べてなかったサンオクのためにエビチリと酢豚を頼んでくれる。昼間で誰もいない店で、監督は、学生だった30年前に観たサンオク出演作が忘れられないと熱く語る。そして、3カ月で脚本を仕上げるので、自分の作品にぜひ出演してほしいという。「ごめんなさい。私には時間がありません」と理由を語るサンオクの前で、いつしか監督は寝てしまっていた・・・

長年疎遠になっていた祖国の家族のもとに帰ってきた元女優サンオクの一日の出来事。過去に何があったのか、そして、なぜ突然帰国したのか、妹や監督との会話の端々から、観ている私たちは知ることになります。これまでのホン・サンス監督作品と同様、人と人の対話の妙を楽しみました。
元女優サンオクを演じたイ・ヘヨンさんは、ホン・サンス作品初出演。1962年生まれで、父は、1960年代の韓国映画に多大なる影響を与えた巨匠イ・マンヒ監督。1981年、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」で俳優デビュー。その後、多数の演劇作品に出演し、1982年、『ママの結婚式』で映画デビュー。1980年代の名だたる監督の映画に出演している大ベテラン。本作で、第58回百想芸術大賞<映画部門>女性最優秀演技賞受賞。
サンオクに憧れる監督役のクォン・ヘヒョさんは、ホン・サンス作品の常連。本作でも、真面目な顔で語っているのに、笑わせてくれました。
サンオクの妹ジョンオクを演じたチョ・ユニさんはクォン・ヘヒョさんの実の奥様。
ホン・サンス監督の公私にわたるパートナーであるキム・ミニさんは、本作には出演せず、プロダクション・マネージャーを務めています。
サンオクの一日を辿りながら、自分の人生を振り返りたくなる映画でした。(咲)




2021年/韓国/韓国語/85分/カラー/1.78:1/モノラル
字幕:根本理恵
配給:ミモザフィルムズ
公式サイト:http://mimosafilms.com/hongsangsoo/
★2022年6月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開


posted by sakiko at 20:13| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする