2020年01月19日

無垢なる証人   原題:証人   英題:Innocent Witness

mukunaru.jpg

監督:イ・ハン
出演:チョン・ウソン、キム・ヒャンギ、イ・ギュヒョン、チャン・ヨンナム、ヨム・ヘラン

スノ(チョン・ウソン)は、長い間、民主弁護士会に所属して人権派弁護士として自身の信念を貫いてきたが、1年程前に大手弁護士事務所に転職。上司から雇い主を殺した嫌疑をかけられている家政婦の弁護を小手試しに任される。唯一の目撃者である少女ジウ(キム・ヒャンギ)は自閉症。法廷で証人に立たせるのは無理だとして、検察側は文書提出で済ませようとしている。スノはジウに会って、本人の口から実際に何を見たのか聞き出そうとするが、ジウは自分の世界に入り込んで、なかなか意思疎通がはかれない。そんなジウが突然数字を言う。ネクタイの水玉の数だった。観察力が鋭く、クイズ好きなのを知ったスノは、毎日夕方5時に電話でクイズを出し、徐々にジウと心を通わせていく。いよいよジウが出廷し、証人台に立つ日がくる・・・

大手弁護士事務所は、人権派弁護士としてのスノの顔を利用したくて雇ったらしいことが見え隠れするのですが、自分に正直でありたいスノは、上司の思うツボにははまりません。自閉症の少女を証人台に立たせるのは無理だと皆が言っても、なんとか彼女の心を開かせようとします。実直で、根が優しい男なのです。デビュー作の『クミホ(九尾狐)』以来、ずっとチョン・ウソンを追ってきましたが、こんなチョン・ウソンが観たかった!という役柄に、惚れ直しました。
第40回青龍映画賞で主演男優賞を受賞した時、スピーチの第一声、「『パラサイト』のソン・ガンホが取ると思ってたのにって、言ってみたかった」とにっこり。
そして、「私の親友イ・ジョンジェ氏、誰よりも僕がトロフィーを持っている姿を喜んでくれていることと思います」とテレビを見ているであろうイ・ジョンジェに語りかけました。二人はほんとに仲良しなのですねぇ。(親友でなく、パートナーと言ったような気も・・・)
『無垢なる証人』でも、実生活と同じく、40歳を過ぎても独身で、父親が自分が亡くなったあと息子が一人なのは寂しいから、「この際、相手は男でもいい」とつぶやいた場面があって、思わず笑ってしまいました。スノが担当する裁判の進行と別に、発がん性のある生理用品を製造した会社を女性たちが訴える裁判が進行し、その裁判を担当している友人女性の弁護士とスノが心を通わせていくことも語られ、なごませてくれます。(咲)

2019年/韓国/129分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
配給:クロックワークス
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
公式サイト:http://klockworx-asia.com/innocent/
★2020年1月24日(金)シネマート新宿他ロードショー






posted by sakiko at 09:30| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

エクストリーム・ジョブ   原題:極限職業   英題:Extreme Job

extream job.jpg

監督:イ・ビョンホン(『二十歳』)
出演:リュ・スンリョン(『7番房の奇跡』『王になった男』)、イ・ハニ(『私は王である!』)、チン・ソンギュ(『犯罪都市』)、イ・ドンフィ(『ベテラン』)、コンミョン<5urprise>(「ハベクの新婦」)、シン・ハギュン、オ・ジョンセ

コ班長(リュ・スンリョン)率いる麻薬捜査班5人組。昼夜駆けずり回って容疑者を追うが検挙にいたらず、解散の危機にあった。そんな折り、国際犯罪組織のアジトを突き止め、その真向かいにあるチキン店に張り込み、24時間体制で監視を始める。チキン店が営業不振で身売りすることを知った捜査班は、店を買い取りチキン店を偽装営業しながら監視を続けることに。厨房長となったマ刑事(チン・ソンギュ)の思わぬ絶対味覚で、カルビソース味のチキンは大ヒット。紅一点のチャン刑事(イ・ハニ)はホールマネージャーとして店を切り盛りし、若手ジェフン(コンミョン)は厨房捕、尾行係ヨンホ(イ・ドンフィ)は運転手として配達係、コ班長ならぬコ店長も自ら配膳を手伝い大忙し。そんなある日、麻薬密搬入情報を入手する・・・

張り込みの隠れ蓑のはずのチキン店が、SNSで話題を呼び、長蛇の列ができるほどに。犯人を挙げないといけないのに、チキンを揚げないといけないという本末転倒に大笑い。
映画を観る前に、第40回青龍映画賞で人気スター賞を受賞したイ・ハニの華麗なドレス姿をテレビで観たのですが、映画の中では、化粧っ気もなく、ぶっきらぼうに悪態をつき、強力なパンチを食らわすという役柄でびっくり。ソウル大学校大学院国楽科修士で伽耶琴(かやぐむ)の名手。2006年にはミス・コリア優勝という才色兼備なイ・ハニですが、その片鱗もみせず、ちょっとずっこけた熱血刑事ぶりがカッコよかったです。
国際犯罪組織の無慈悲なボスとして、シン・ハギュンが登場するのも見どころ。 
韓国で観客動員1600万人を突破。青龍映画賞最多観客賞を受賞したのも納得です。
それにしても、韓国の人たち、いつ頃からこんなにチキン好きになったのでしょう・・・(咲)


2019年/韓国/111分/シネマスコープ/5.1ch
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/extremejob/
★2020年1月3日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー
posted by sakiko at 17:40| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

パラサイト 半地下の家族   原題:Gisaengchung(寄生虫) 英題:Parasite

Parasite.jpg

監督: ポン・ジュノ (『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』)
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

環境劣悪な半地下の部屋で暮らす貧しいキム一家。何度も事業に失敗しながらも楽天的な父キム・ギテク。そんな夫に強くあたる元ハンマー投げ選手の母チュンスク。息子ギウは何年も大学受験に失敗、娘ギジョンも美大を目指すが予備校に通うお金もない。一家4人でピザの箱を組み立てる内職に勤しむ日々だ。
そんなある日、ギウの友人で名門大学生のミニョクが、自分の留学中、女子高生ダヘの家庭教師を代わりに引き受けてくれないかとやってくる。
ダヘの住む高台の瀟洒な大豪邸を訪ねるギウ。ダヘの父はIT企業の社長パク・ドンイク。若く美しい妻ヨンギョは、ギウの偽造した大学在学証明書に目も通さす、授業の様子を見せてくださいとダヘの部屋に案内する。無事、家庭教師の仕事に就くギウ。さらにギウは、ダヘの弟ダソンにお絵描きの家庭教師として妹ギジョンを推薦する・・・

日本ではほとんど見かけない半地下の部屋。韓国では、半地下と屋上に増築された屋根部屋は、家賃が安く、低所得者層や学生の間借りの定番。
道に撒かれた消毒剤が部屋に入ってきそうになって、窓を締めなければとあわてる姿に、まずは笑わせられます。ソン・ガンホ、情けない役が絶品です。一方、IT企業の社長役のイ・ソンギュンは、若い妻を愛撫する姿が生々しくて、ドキッとします。
社会の底辺の家族と、成功し豪邸に住む家族との対比を見事に見せながら進む物語の行方に、ハラハラドキドキ。
ある場面で、もう50年以上前によく聴いていたジャンニ・モランディが歌っていたイタリア語の曲が流れてきて、なんとも懐かしかったです。高揚感がぴったり! 1960年代当時のオリジナルのものなのか、その後のカバーなのか気になるところ。(咲)


映画野郎の小川さんが調べてくださって、1964年のヒット曲「Inginocchio da te(あなたにひざまづいて)」と判明しました。(ぴったりの場面で流れるのですが、ネタバレになるので、どんな場面とここには書けません)
従姉に感化されて、初めて買ったシングルレコードでした。家探ししたけど見つけられず・・・
下記のyoutubeにジャケット写真がありました! 当時の若い時のジャンニ・モランディが歌う姿も!

=貴方にひざまづいて、In Ginocchio Da Te=ジャンニモランディ、 Gianni Morandi
https://www.youtube.com/watch?v=VVQ142u6XbE
しばらく本気でイタリア語学ぼうと思ったのでした。

私は、歌だけしか知らなかったのですが、『貴方にひざまづいて』の邦題で1966年1月8日に公開された映画の主題歌なのでした。



ポン・ジュノ監督に主演ソン・ガンホときたら、絶対おもしろい!と期待満々で試写へ。そのストーリーの転がり方がすごかった。富豪と庶民の生活の差に驚いているうちに、じわじわとパク家に寄生していくキム一家。文字通り鍵を握る家付きの家政婦の反撃、そうくるか、というラストに唖然としました。紹介を書くときにラストが思い出せないことがよくあるのですが、これは忘れられません。
ポン・ジュノ監督が『ほえる犬は噛まない』(2000年の長編デビュー作)で2003年7月に来日したときに(咲)さんと記者会見に出席しました。俳優さんよりオーラのある方でした。記事はこちら。同年11月の東京国際映画祭では韓国で大ヒットした『殺人の追憶』が上映されました。最優秀監督賞を受賞しています。以後の活躍はご存知のとおり。(白)


第72回カンヌ国際映画祭パルムドール
第92回アカデミー賞®国際長編映画賞韓国代表

2019年/韓国/132分/PG12/2.35:1
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.parasite-mv.jp/
★2019年12月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
posted by sakiko at 09:07| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班 原題:Hit-and-Run Squad

speed.jpg

監督:ハン・ジュニ(『コインロッカーの女』)
武術監督:ホ・ミョンヘン(『新感染 ファイナル・エクスプレス』『神と共に 第二章:因と縁』)
出演:コン・ヒョジン(『ドアロック』)、リュ・ジュンヨル(『毒戦 BELIEVER』)、チョ・ジョンソク(『EXIT』)、ヨム・ジョンア(『完璧な他人』)、チョン・ヘジン(『名もなき野良犬の輪舞』)、イ・ソンミン(『工作 黒金星と呼ばれた男』)、キム・キボム(KEY)、ソン・ソック(「最高の離婚 ~Sweet Love~」)

警察庁内部調査課のシヨン(コン・ヒョジン)は、巨大企業JCモータースの若き会長を務める元F1レーサーのチョン・ジェチョル(チョ・ジョンソク)と警察庁長官との収賄事件を捜査していた。しかし、長官の圧力でシヨンは捜査半ばで交通課のひき逃げ専門捜査班に異動させられてしまう。捜査班は、妊婦のウ係長と、頼りない巡査のミンジェ(リュ・ジュンヨル)だけ。吹き溜まりのような部署で、3ヶ月前の未解決ひき逃げ事件を捜査するうち、有力容疑者がチョン・ジェチョルだと知る・・・

これまでドラマでも映画でも、好青年を演じてきたチョ・ジョンソクが、スピード狂で、私欲のためなら脱税、横領、賄賂など、なんでもやってしまうという悪を、実に楽しそうに演じてます。対するコン・ヒョジンも、左遷させられながらも実力発揮する警官役がかっこいいです。
チョ・ジョンソクとコン・ヒョジンの共演といえば、テレビドラマ「嫉妬の化身」を思い出します。男ながら乳癌に罹ってしまったチョ・ジョンソク演じる人気キャスターが、コン・ヒョジン演じる気象キャスターと同じ病室に・・・というラブコメ。あのほんわかしたドラマと違って、本作では二人が本気で闘ってます。イ・ソンミン、リュ・ジュンヨルといった実力派俳優の確かな演技もみどころ。(咲)

2019年/韓国/133分/G
配給:アルバトロス・フィルム
公式:サイト:https://speed-squad.com/
★2019年12 月 13 日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー




posted by sakiko at 21:29| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

EXIT(原題:EXIT)

exit.jpg

脚本・監督:イ・サングン  
出演:チョ・ジョンソク、ユナ

韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめる。道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街。そんな緊急事態になっているとも知らず、70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)が、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュ(ユナ)との数年ぶりの再会に心を躍らせていた。しかし、彼らにも上昇してくる有毒ガスの危険が迫っていた。地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、跳び、走る‼ 絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまる!

そこ、登るの? えっ飛び移っちゃうわけ? 蔓延する有毒ガスから逃れるため、主人公男女が元山岳部のスキルを存分に発揮して、より高いビルの屋上に移動していく。
危険が身に迫ったときこそ人間性が出るもの。2人の信頼の絆は次第に強まり、ラストをよりハッピーに盛り上げた。途中で2人をサポートするドローンがめちゃめちゃかわいい~まるで意志があるみたいだった。(堀)


2018年/韓国/104分/カラー/5.1Ch/シネスコ
配給:ギャガ・プラス
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:https://gaga.ne.jp/exit/
★2019年11月22日(金)新宿武蔵野館他にて全国順次公開

posted by ほりきみき at 11:52| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする