2021年09月17日

殺人鬼から逃げる夜(原題:Midnight)

satujinki pos.jpg

監督・脚本:クォン・オスン
撮影:チャ・テキュン
出演:チン・ギジュ(ギョンミ)、ウィ・ハジュン(ドシク)、パク・フン(ジョンタク)、キム・ヘユン(ソジュン)、キル・ヘヨン(母)

ギョンミと母は聴覚に障害があり、二人暮らし。母は裁縫師として働き、ギョンミはお客様センターで手話部門を担当している。2人の目下の楽しみは済州島へ旅行に行くこと。ある晩、仕事帰りに母と待ち合わせたギョンミは、若い女性が路地に倒れて血を流しているのに気づく。慌てて助けを呼ぼうとしたが、すぐ近くに潜んでいた犯人に捕まってしまう。辛くも逃げ出し、全速力で走って非常ベルを押すが、管制センターの声は聞こえず、ギョンミも話すことができない。スーツ姿の男が現れて応答するうち、パトカーもやってくる。心配していた母と合流したが、路地に倒れていた女性は消えていた。警察署で事情を説明していると、帰宅の遅い妹を探して、ジョンタクが駆け込んできた。妹の写真を見ると、倒れていた被害者だった。警官が席を外したとたん、スーツ姿の男がナイフを向ける。彼こそ凶悪な連続殺人犯のドシクだった。

聴覚障害の女の子が殺人鬼から一晩中逃げ回るという展開に、ドキドキしっぱなしでした。韓国には街角に警察に繋がる非常ベルがあるんですね。せっかく連絡しても声は聞こえず説明もできません。スマホも持っていたのに、文字での通報はできないんでしょうか?とにかく走るギョンミ役は、チン・ギジュ。『リトル・フォレスト 春夏秋冬』でヒロインのヘウォンの親友役でした。2人で辛いトッポギを食べて、ヒーハー言ってたのがおかしくて忘れられません(そこ?)。
不気味な連続殺人鬼ドシクを演じたのは、ウィ・ハジュン。ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018)で、ジナ(ソン・イェジン)の弟スンホ、親友のソ・ジュニ(チョ・ヘイン)が姉に恋するのに戸惑う役。スンホを溺愛し、ジナとジュニの恋愛に大反対する母が、この映画ではギョンミの母役のキル・ヘヨンです。そちらではすっごい憎まれ役でしたが、こちらでは良き母。母と娘の手話には字幕がつきますが、身振り手振りは国を越えて理解できますね。もうひとつの言語なんだと再確認しました。(白)


2021年/韓国/カラー/シネスコ/104分
配給:ギャガ
(C)2021 peppermint&company & CJ ENM All Rights Reserved.
https://gaga.ne.jp/satujinki/
★2021年9月24日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 20:08| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

偽りの隣人 ある諜報員の告白(英語題:BEST FRIEND)

ituwari.jpg

監督:イ・ファンギョン(『角砂糖』『7番房の奇跡』
出演:チョン・ウ(デグォン)、オ・ダルス(イ・ウィシク)、キム・ヒウォン(キム室長)、キム・ビョンチョル(ドンシク)、チョ・ヒョンチョル(ヨンチョル)、イ・ユビ(娘ウンジン)、チ・スンヒョン(ドンヒョク)、ヨム・ヘラン(家政婦)、キム・ソンギョン(ウィシク妻)

1985年8月 軍事独裁政権下の韓国。次期大統領選を控え、民主化運動が激しさを増す中、野党総裁イ・ウィシクが3年ぶりに帰国した。空港に到着した直後、国家安全政策部のキム室長の指示でウィシクが拉致される。キム室長はウィシクを共産主義者に仕立て、国外追放する計画だった。野党の面々と会えないまま、ウィシクは自宅に家族とともに軟禁、その動向は隣家の盗聴チームにより監視されている。愛国心の強いデグォンが新たにチーム長として送り込まれた。デグォンは愚直に盗聴に励んでいたが、屋上でウィシクと顔を合わせてしまう。取り繕うデグォンは、隣人として暮らしながら盗聴を続けるうちに、ウィシクの人となりに感銘を受けていく。

国民を第一に考えるウィシク総裁にオ・ダルス、良き家庭人でもあるトップを演じて適役です。3バカのような盗聴チームはコメディ寄りなので、韓国の政治モノにしては親しみやすくなっています。ほのぼのホームドラマ的な部分もあり、ヨム・ヘランの家政婦さん(『野球少女』でのきついお母さん)との攻防もおかしい。
それもキム・ヒウォン演じる室長がキレるまでですが、そこからは容赦ありません。韓国の俳優さん憎まれ役もうまいですよね。緊張が高まる後半のカーチェイスにドキドキ、韓国の歴史に寄せつつ(同じではありません)、喜怒哀楽全部盛りのエンタメに仕上げています。愛国心が人一倍強く、直情男だったデグォンがウィシクに良い影響を受けていきます。それがちょっとした台詞に現れて胸が温まりました。(白)


こんな国民思いの政治家がいたらいいなという言葉がいくつも出てきました。ほのぼのとしたオ・ダルスが演じてこそでしょうか。韓国で銭湯といえばバナナミルクですが、これも笑えて泣ける場面になっています。
そして、隣家に住み込む諜報員デグォン。チョン・ウが諜報員らしくない人情溢れる人物を体現しています。変態男を装っての活劇には大爆笑。主役を張れるようになったチョン・ウの姿を嬉しく拝見。
2013年の第26回東京国際映画祭で出演作の『レッド・ファミリー』が上映されて来日しました。幸せな家族を装って暮らす北朝鮮の工作員という役どころでした。これもコメディー仕立て。
chon u.jpg
記者会見にて 右からキム・ギドク(脚本・製作)、イ・ジュヒョン監督、女優キム・ユミ、男優チョン・ウ、女優パク・ソヨン
この時の共演が縁でチョン・ウはキム・ユミとご結婚♪

ちょうどこの頃観ていたドラマ「最高です! スンシンちゃん」(2013年)で、ムショ帰りのパン屋さんを演じて好感度大だったチョン・ウ。記者会見から退場する時にそばを通られたので、思わず「イ・スンシン!」と声をかけたら、にっこり笑って握手してくださいました。懐かしい思い出です。(咲)



2020年/韓国/カラー/シネスコ/130分
配給:アルバトロス・フィルム
提供:ニューセレクト
c 2020 LittleBig Pictures All Rights Reserved.  
itsuwari-rinjin.com
★2021年9月17日(金)シネマート新宿ほか全国公開!
posted by shiraishi at 19:43| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

白頭山大噴火(原題:Ashfall)

pekuto pos.jpg

監督・脚本:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ
出演:イ・ビョンホン(リ・ジュンピョン)、ハ・ジョンウ(チョ・インチャン)、マ・ドンソク(カン・ボンネ)、チョン・ヘジュン(チョン・ユギョン)、ペ・スジ(チェ・ジヨン)

北朝鮮と中国の国境付近に位置する火山 白頭山(ペクトゥサン)観測史上最大の噴火が発生した。マグマ溜りがあるために2次3次と噴火が続くと予想された。爆発物処理班(EOD)の大尉チョ・インチャンは、除隊直前に足止めされてしまった。白頭山噴火を予見した地質学のカン・ボンネ教授のアイデァで人工的な爆発を起こして、続く噴火を食い止めることになったからだ。大統領府の民政主席のチョン・ユギョンは教授を支持し、爆発物処理班に期待を寄せる。ただしその遂行には北朝鮮に入り、情報を持つリ・ジュンピョンを確保することが必須だった。
インチャンはソウルの崩壊を目の当たりにするが、特別任務に向かう。帰りを待っている出産間近の愛妻ジヨンには、本当のことを告げるわけにはいかない。ジヨンは夫のインチャンが北朝鮮に向かったと知らないまま、ソウルを襲った災害を生き抜こうとする。北に向かった一行はいくつもの国の思惑に行く手を阻まれ、その間にもタイムリミットは刻々と近づいている。

韓国を代表するふたりの俳優イ・ビョンホンとハ・ジョンウの初共演が実現しました。共同監督として『神と共に』シリーズ(17/18)『PMC:ザ・バンカー』(18)でのダイナミックな世界観を作り上げたキム・ビョンソ。『彼とわたしの漂流日記』と『22年目の記憶』(14)ではイ・ヘジュンは監督として、キム・ビョンソは撮影監督として参加。本作では3度目のタッグです。2人で脚本を練り上げ、白頭山大噴火により朝鮮半島は壊滅かという大災害を、敵対する2人の男を中心に描いています。百戦錬磨のリ・ジュンピョンに翻弄されながら持ち前の正義感と責任感で進んでいくチョ・インチャン。家庭を捨ててスパイ活動をしてきた男と愛妻家の男が次第に近づいていくところにぐっときます。
噴火による大地震でビルが倒壊し、津波で橋が流され、町や村が灰に埋もれていきます。大迫力かつリアルで鳥肌がたちます。これが日本だったらどうなることでしょう。
肉体派のマ・ドンソクが教授役で専門用語を連発、意外にも似合っています。イ・ビョンホンとハ・ジョンウたちが、噴火を食い止めようと命がけで奮闘するのをハラハラしながら見守りました。韓国では820万人を動員したという大ヒット作品を大きな画面・音響の良い劇場でご覧ください。(白)


白頭山といえば、朝鮮民族発祥の地として崇められ、特に北朝鮮にとっては金日成主席が根拠地として戦い、そこで金正日が生まれた地としても特別な場所。
朝鮮半島の最高峰ですが、標高は2744メートルで富士山より低いことを今さらながら今回知りました。
1000年に一度、大噴火、100年に一度、小噴火が起こると言われていて、直近では1925年に小噴火がありました。もうすぐ、次の噴火?
そう思うと、この映画で描かれていることも有り得ない話ではないと、ぞくっとさせられます。人工的な爆発を起こせば、4次爆発はくいとめられると奮闘するのですが、科学の進歩は自然にほんとに打ち勝つことができるの?と思ってしまいます。
北と南の二人が任務にあたる中で、“「チェオクの剣」の最後を教えてくれたら、機密情報を教えてあげる”なんて言葉が出てきて和ませてくれます。イ・ビョンホンとハ・ジョンウの共演、そして学者役という意外なマ・ドンソクという名優たちが繰り広げるダイナミックな映画、ぜひ劇場でご覧ください。(咲)



2019年/韓国/カラー/シネスコ/128分
配給:ツイン
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
https://paektusan-movie.com/
★2021年8月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 13:55| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

SEOBOK/ソボク(原題:Seobok)

seobok pos.jpg

監督・脚本:イ・ヨンジュ。
撮影:イ・モゲ
音楽:チョ・ヨンウク
出演:コン・ユ(ギホン)、パク・ボゴム(ソボク)、チョ・ウジン(アン部長)、チャン・ヨンナム(イム・セウン)

余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン。死を目前にしている彼に、 国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(徐福)を護衛する任務が舞い込む。人類の救いにも災厄にもなりうるソボクを狙うものは多く、早々に襲撃を受ける。からくも逃げおおせたが、ギホンとソボクは2人だけになってしまった。 危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返しながらも、徐々に心を通わせていく― 。

韓国の人気俳優2人が初共演。お互いに期待大で臨んだようす。
コン・ユ(1979年生まれ184㎝)、パク・ボゴム(1993年生まれ182㎝)、2人並ぶと絵になります。余命僅かなギホンと永遠に生きられるクローンのソボク、皮肉なコンビの逃避行はどちらにも大きな影響を及ぼします。初めて研究所から外の世界に出たソボクは納得しないと動かず、初めて見るものに好奇心いっぱいで(可愛い)、護衛役のギホンをイラつかせます。しかしソボクの細胞が自分の病気を治すかもしれないという期待も捨てられず。過去のトラウマを抱え、自分の内と外の敵(二転三転)とも戦わねばなりません。それでもコン・ユなら大丈夫、とつい思ってしまいます。ソボクは純真無垢かと思えば、感情が発達していないのかと思う面もあり、まだ外に見せていない能力も秘めていそうです。パク・ボゴムの繊細な表情を見逃さないで。
只今兵役中(来春まで)のパク・ボゴムは、ルックスだけでなく、性格の良さ、ファンサービスでも定評があります。彼の韓国のファンクラブの名前は“ボゴム福祉部”というんだそうです。存在していてくれるだけで、癒されるってことでしょうか?ボゴムは漢字で”宝剣”と書くので、日本の厚労省にあたる韓国の”保険福祉部”と発音が似ているという解説になるほど~。
この映画でもコン・ユとのやりとりで見せる天使か赤ちゃんのような純真さにキュンっとやられます。後半、怒涛のアクション(特殊効果も凄い)ではきりり!
*徐福は始皇帝の命を受け、不老不死の霊薬を探した男の名。それにちなんで初のクローンに同じ名がつけられました。(白)


お気に入りの映画『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督が放った新作は、クローン人間が登場するSF。『建築学概論』とは、まったく違ったテイストでした。
人間にとって避けられない死。科学の力で作られた永遠に生きられるクローン人間のソボクですが、その細胞で「不死」を得ることを知られ、研究所の外に出たとたん、身に危険がおよぶという皮肉。警護にあたるギホンは、病を抱え、死が現実のものと感じているからこそ、少しずつ感情を持ち始めたソボクに、寄り添うことができたのだと感じました。実に人間味溢れる物語でした。(咲)


タイトルを見た時、クローンで「SEOBOK/ソボク」? なんだろうと思いました。「SEOBOK/ソボク」は「徐福」のハングル読みということを知り、なるほどと思いました。不老不死の薬を探して中国大陸から日本まで到達したのではないかという伝説の人の名前をつけたクローンだったのですね。この名前は中華圏の映画ではよく出てきますが、この「徐福」という名前を見るたびに、そんなにも人類は「不老不死」を求めてさまよったの?と気になっていたのですが、韓国でもこの名前は広く伝説になっていたのですね。クローン人間といういわばロボットを作り、不老不死を作り出す実験をしているという設定。死を克服したい人間たちは「ソボク」をめぐって争う。「ソボクがいれば人間は死に勝てる」ということを信じて余命宣告されたギホンはソボクの護衛を務めるが…。はたして、それは叶うか? 「不老不死」をテーマにクローンと人間の不思議な物語が描かれる(暁)。

2021年/韓国/カラー/シネスコ/114分
配給:クロックワークス
(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
http://seobok.jp/
★2021年7月16日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 00:46| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

サムジンカンパニー1995(英語題:Samjin Company English Class) 

samjin pos.jpg

監督:イ・ジョンピル
出演:コ・アソン(イ・ジャヨン)、イ・ソム(チョン・ユナ)、パク・ヘス (シム・ボラム)、キム・ジョンス(ポン部⻑)、ペク・ヒョンジン(常務)、デヴィッド・マクイニス(社⻑)

1995年ソウル。大手メーカーのサムジン電⼦⽣産管理3部イ・ジャヨン、商業⾼校出⾝8年⽬。マーケティング部 チョン・ユナ、アイデアにも優れている推理⼩説マニア。会計部 シム・ボラム数学⼤会で優勝の経歴を持つ数字の天才。3人は高卒で入社した同期。今年で勤めて8年になる。上司の男性や大卒女子も負けないほどの実務能力がありながら、いつもお茶くみや書類整理・補佐役に甘んじている。そこへ会社の方針でTOEIC600点を超えたら「代理」に昇進できるチャンスが到来!? 高卒女子たちはステップアップを夢見て邁進する。
ジャヨンが偶然出先で、自社工場が有害物質を川に排出していることに気づいた。さっそく上司の男性を通じて報告するが、会社側は問題ないと言うばかり。ジャヨンは親友のユナとボラムに相談し、ボラムの計算で基準値を大きく超える量だと知った。住民には明らかに健康被害が出ている。3人は愛社精神と正義感から、真相解明に向けて奔走する。

ロードムービーならぬ労働ムービー。1991年に起きた、斗山電子のフェノール流出による水質汚染事件がモデルになっているそうです。学歴が重視され、高卒女子が不遇をかこっていた時代のエピソードも盛り込まれています。
背景となる会社の内部も綿密な時代考証がなされて、デスクトップ型のパソコンの並ぶフロア。32ビットのロゴやレイアウトに、ああそうだった(エンドロールも見てね)。肩パッドの入ったスーツ、カーラーで巻いた前髪、カモメのような眉、ファッションやメイクも懐かしい。
主人公となるジャヨン、ユナ、ボラムの3人の性格付けとキャストの好演により、観客は自分のことのように共感して行動を見守ることになります。何度も壁にぶちあたりながらも諦めず、少しずつ協力者を得ていきます。なかなか黒幕にたどり着かないのにハラハラし、ラストに向けて盛り上がっていくのに快哉。仕事に誇りを持ちたいジャヨン役のコ・アソンは『グエムル 漢江の怪物』(2006)で、ソン・ガンホの中学生の娘でしたね。怪物に襲われる寸前のポスターを思い出します。姉御肌のユナ、可愛いだけでないボラムの3人をまた見てみたいです。
働く女子にも生きづらさを感じる人にも、贈り物になるような台詞がたくさんありますので、どうぞ聞き逃しのないように。(白)


物語の舞台になっている1995年といえば、1月に阪神淡路大震災の起こった年。思い返せば、インターネットが急速に普及し始めた頃ですが、この映画の中でポケベルが出てきて、携帯電話はまだそれほど普及していなかったことに思い当たりました。公衆電話から国際電話をかけるのに、小銭をたくさん用意している姿にも、そんな時代だったと懐かしく思い出しました。
そして、日本の会社と文化が似ているなと思ったのが、体操の時間。サムジンカンパニーでは、始業前の朝の時間に体操をしています。もっとも、私が勤めていた会社では、1975年に入社して数年は一斉に3時に体操をしていましたが、いつしか誰もしなくなって、音楽だけが空しく轟いていました。
また、女子社員が一斉にコーヒーを入れている姿には、お茶汲みが女子社員の仕事だった頃を思い出して、当時のちょっと悔しかった気持ちが蘇りました。私の勤務していた会社では、1991年に移転したのを機に、給茶機が設置されて、社員へのお茶汲みは廃止になりました。
サムジンカンパニーの女子社員たちは、責任ある仕事を任されない悔しさをバネに、英語の勉強に励み、あげくは自社の工場が有害物質を垂れ流していることを追求します。あっぱれな姿に、スカッとしました。男たちよ、女性を甘く見ちゃいけないですよ! (咲)



2020年/韓国/カラー/シネスコ/110分
配給:ツイン
(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.
https://samjincompany1995.com/
★2021年7月9日(金)シネマート新宿、シネマート⼼斎橋ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 17:01| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする