2022年11月05日

奈落のマイホーム  原題:싱크홀(シンクホール)  英題:SINKHOLE

naraku.jpg
(C)2021 SHOWBOX AND THE TOWER PICTURES, INC. ALL RIGHTS RESERVED


監督:キム・ジフン(『ザ・タワー 超高層ビル大火災』)
出演:チャ・スンウォン(『毒戦 BELIEVER』)、キム・ソンギュン(『悪いやつら』)、イ・グァンス(『探偵なふたり:リターンズ』)、キム・ ヘジュン(『未成年』)

やっと手にしたマイホーム、陥没で奈落の底へ!

会社で課長を務めるドンウォン(キム・ソンギュン)は、11年間節約して、ようやくソウルの会社に近い場所にマンションを購入。妻と小学生の息子と共に引っ越してくる。引っ越し早々、変わり者の住人マンス(チャ・スンウォン)と何かとぶつかる。
部下を招いて引っ越し祝いのパーティーを開き、酔った部下二人を家に泊めた翌朝、大雨で巨大陥没が発生。マンションは地下500メートルに落下してしまう。建物ごと落下した住民たち。陥没した穴には、さらに大雨が降り注ぐ・・・

新しい家でくつろぐドンウォン夫婦に、息子がビー玉が自然に転がるとやって見せます。さらに、駐車場には亀裂が・・・ ドンウォンが部下に、チャンス洞のマンションを買ったと言った時に、「廃車場のあったとこ?」と言っていて、建設工事がずさんだったというより、土地に問題が? 実は、ソウルでは大小の土地陥没が結構あるそうです。
それにしても、マンションごと500メートル地下に落ちるなんて、あり得ない! 
奈落の底から、はたして這い上がれるの?と、さらにあり得ない展開が繰り広げられます。
ディザスター映画かと思っていたら、コメディタッチのハートウォーミングな家族映画といった感じでした。そも、チャ・スンウォンに続き、イ・グァンスが出てきたところで、これはもしかして笑える映画?の予感がしたのでした。
イ・グァンス、顔を見ているだけで可笑しいのに、やることがまた可笑しい!
チャ・スンウォン演じるマンスは、ちょっと変な嫌な奴で笑わせてくれるのですが、シングルファーザーで、ナム・ダルム演じる息子との関係にほろっとさせられました。
そして、韓国らしさもたっぷり。夫婦でレストランで食事して、家も近くなったので運転代行呼べばいいからワインを飲もうとか、引っ越し祝いに部下がトイレットペーパーを持ってくるなど、日本の日常とはちょっと違うところが面白いです。
一方、イ・グァンス演じる部下や、インターンの女性部下はワンルームの家にしか住めないから結婚できないといった社会事情も垣間見れました。
出演者には、映画やドラマで見たことのある人たちも。
ドンウォンの奥さん役のクォン・ソヒョンは、時代劇で見たお顔と思ったら、「コッパダン~恋する仲人~」でテビ(大妃)役でした。
隣のマンションの屋上にいたおじさん(チャン・グァン)と、災害対策本部の長(キム・ホンパ)も、よく見る方たち。似ていて、一瞬、隣りの屋上にいた男性が災害本部に?と思ってしまいました。(咲)


2021 年/韓国/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/114 分
字幕翻訳:根本理恵
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/naraku/
★2022年11月11 日(金)TOHO シネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

posted by sakiko at 21:31| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月02日

声/姿なき犯罪者 原題:보이스(ボイス)

koe.jpg
ⓒ 2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED


監督:キム・ソン&キム・ゴク(『ホワイト:呪いのメロディー』2011年)
出演:ピョン・ヨハン(『茲山魚譜 チャサンオボ』、『太陽は動かない』)、キム・ムヨル(『悪人伝』)、キム・ヒウォン(『鬼手』)、パク・ミョンフン(『ただ悪より救いたまえ』)、イ・ジュヨン(『サムジ ンカンパニー1995』)

釜山。ソジュン(ピョン・ヨハン)はワケあって刑事をやめ、建設現場で働いているが、正式に現場監督の内示も受け順調な日々だ。現場で作業員の落下事故が起こるが、なぜか携帯が通じない。その頃、ソジュンの妻は、建設現場で死亡事故が起こり、責任者の夫が逮捕され、示談金を払えば有罪にならないと言われる。夫に電話するも通じず、7000万ウォンを振り込む。建設現場の同僚たちの家族も同様に電話を受け、言われるままに金を振り込んだ。振り込め詐欺だと判明するが、会社自体が30憶ウォンの詐欺被害にあっていた。
ソジュンは、振り込め詐欺犯罪を担当する刑事イ・ギュホ(キム・ヒウォン)に早期解決を迫るが、元締めが中国にいてなかなか動けないといわれる。妻や同僚が失ったお金を取り戻すべく、ソジュンは自ら中国・瀋陽にある詐欺団のアジトに潜入する・・・

冒頭、スピード感に溢れる展開。詐欺にかかるのも、きっとこんな風にあっという間なのだと思いました。ピョン・ヨハンが、騙された悔しさから詐欺団に立ち向かう姿は、痛々しいながらカッコいいです。危ないアクションシーンもすべて自身でこなしたのだとか。
キム・ムヨル演じる振り込め詐欺本拠地の企画室総責任者クァクは、極悪非道ぶりが半端ないです。
監督のキム・ソンとキム・ゴクは双子の兄弟。実際にあった振り込め詐欺の事例を映画に落とし込んで、リアルを追求しています。
入手した個人情報に合わせた巧妙な台本を作り、電話のかけ子たちに配り、短期決戦で一斉に電話をかけ、振り込ませるという見事な手口。200人以上が制服を着て、一斉に電話をかける姿は、まるでコールセンター。始業時には訓示もあって、まさに企業そのもの。
日本でも組織的な詐欺グループの犯罪が後を絶ちませんが、韓国も同じ。「声」だけで、自分の大事な貯金を振り込んでしまうなんて信じられないと思っていても、引っかかる危険は誰しもにあるものと思います。映画の中で、キム・ヒウォン演じる刑事が、「不審な電話には出ず、お金の話が出たら切ること。何より、被害者は自分を責めがちですが、犯人が悪質なのです」という言葉を胸に刻みたいと思いました。(咲)


大がかりな詐欺に口があきっぱなし。犯罪は日々巧妙になっていて、騙しのプロに庶民は勝てません。それでも詐欺対策用に留守電にする。知らない番号の電話に出ないなど自分のできる工夫が必要ですね。
映画の中で、あれだけお金が集まっても本当に儲けているのは一握り。末端には借金に縛られて、しかたなく犯罪に加担してしまった人もいます。詐欺って人の弱点をつくんですね。誰か天誅を!
キム・ムヨルはドラマ「未成年裁判」では、情のある検事役でした。今回の凄まじい悪役っぷりにびっくり、演技の幅広げましたね。ソジュンに助けられたカンチル(イ・ジュヨン)がいいところで活躍します。彼女の髪型、「梨泰院クラス」(2020年)のイソちゃんと同じですね。流行りだったんでしょうか。(白)


2021/韓国/韓国語/109 分/シネスコ/5.1ch/カラー
提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン
公式サイト:https://koe-voice.jp/
★2022年10月7日(金)より新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー

posted by sakiko at 16:58| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月04日

人質 韓国トップスター誘拐事件 原題: 인질(人質)

2022年9月9日(金) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー
劇場情報
【キービジュアル】人質 韓国トップスター誘拐事件_R_R.jpg
(C)2021 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K & SEM COMPANY. All Rights Reserved.


前代未聞の緊急重大ニュース!
韓国のトップスター、ファン・ジョンミンさんが誘拐されました!


監督・脚本:ピル・カムソン
製作:リュ・スンワン
製作総指揮:キム・ウテク
撮影:チェ・ヨンファン
編集:キム・チャンジュ
音楽:キム・テソン
字幕翻訳:根本理恵
出演
ファン・ジョンミン:ファン・ジョンミン
チェ・ギワン:キム・ジェボム
イ・ユミ:パク・ソヨン
リュ・ギョンス:ヨム・ドンフン
ヨンテ:チョン・ジェウォン
コ・ヨンノク:イ・ギュウォン
イ・ホジョン

『国際市場で逢いましょう』(2014)、『ヒマラヤ〜地上8,000メートルの絆〜』(2015)などに出演してきた、韓国のトップスター ファン・ジョンミン。韓国では主演作の累計観客動員が1億人を超え“1億俳優”とも呼ばれている。そんな彼の最新作『人質 韓国トップスター誘拐事件』は、ファン・ジョンミン自身が誘拐事件の人質となるトップスターを実名で演じた前代未聞の“リアル”サスペンス。映画そのものが、ネット時代の世間を騒がす“緊急重大ニュース”。誘拐・監禁されたファン・ジョンミンの決死の脱出劇を描いた。

武器は“演技力”。犯人を騙まさなければ、死が待っている!
命がけの脱出劇の現場に、観客は立ち会う。


ソウルで新作映画の記者会見に出席したファン・ジョンミンが、その夜、自宅前で突然拉致された。正体不明の若者たちにからまれ、誘拐されたファン・ジョンミン。パイプ椅子に縛りつけられた状態で意識を取り戻した。そして、自分が高額の身代金目当ての一味に誘拐されたことを知った。激しい暴力の末、脅迫され、身代金5億ウォンの支払いを約束させられてしまった。そして、彼を誘拐した若者5人は、ゲームを楽しむようにソウルを震撼させている猟奇殺人事件を起こした凶悪な集団だった。その事件で、同じ部屋に監禁されている女性ソヨンがいた。彼女をを励ましながら脱出策を模索する。しかし冷酷な誘拐グループは、大規模な捜査を繰り広げる警察を翻弄して暴走する。
やがて、一か八かの賭けに打って出たジョンミンは、誰も想像できない熱演で、誘拐犯たちをだまして、クライマックスにもっていく。韓国中が、なんの証拠も目撃者もなく消息を絶ってしまったファン・ジョンミンの話題で持ち切りになり、警察、関係者が懸命に行方を捜す中、唯一の武器である卓越した演技力で犯人たちと対峙する。共演はドラマ「イカゲーム」のイ・ユミ、ドラマ「梨泰院クラス」のリュ・ギョンス。

ファン・ジョンミンは、この作品の中で、半分近く縛られたままの状態で出てくる。その中での、葛藤、脱出方法を考え、行動を起こすまでの緊張感。若者たちも容赦なくスターを殴ってボコボコにする。目も当てられない。希望なんかないようにも思える。それでも、拘束されたファン・ジョンミンは希望を捨てず、逃げ出すすきを狙う。犯人たちとの駆け引き。 “演技力”を武器に、誘拐犯だけでなく、観客まで騙し、命がけの脱出を試みる。彼の作品を観続けて来た人にとっては、過去の映画でのファン・ジョンミンのセリフが出てきたりして、ニヤリとさせてくれる。
ファン・ジョンミンの出演3作目の『ワイキキ・ブラザース』が、ツインがやっているJAIHO(アジア系作品のネット配信サービス)で21年ぶりに今年(2022)上映され、イム・スルレ監督にインタビューすることができた。その作品はファン・ジョンミンはじめ、パク・ヘイルなど、今をときめく俳優が何人か出ていて、俳優の登竜門のような映画だった。そして、イム・スルレ監督は、新作の『交渉』でもファン・ジョンミンを起用。コロナの影響で、まだ未公開のようだが、これにはヒョンビンも出演しているとのことなので、絶対、日本でも公開されると思う。興味ある方は下記参照記事を覗いてみてください(暁)。

『ワイキキ・ブラザース』イム・スルレ監督インタビュー

公式HP https://hitoziti-movie.com/
2021年 韓国 韓国語 /94 分 シネスコ
2021年製作/94分/G/韓国
提供:ツイン、 Hulu/ 配給:ツイン G
英題:Hostage: Missing Celebrity

posted by akemi at 20:19| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月07日

キングメーカー 大統領を作った男   原題:킹메이커(キングメーカー) 英題:Kingmaker

kingmaker.jpg
(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

監督:ビョン・ソンヒョン(『マイPSパートナー』『名もなき野良犬の輪舞ロンド』)
出演:ソル・ギョング(『ペパーミント・キャンディー』『名もなき野良犬の輪舞ロンド』『茲山魚譜 チャサンオボ』)、イ・ソンギュン(『パラサイト 半地下の家族』)、ユ・ジェミョン(「梨泰院クラス」)、チョ・ウジン(『SEOBOK/ソボク』)

1961年。世の中を変えたいと野党・新民党に所属し、理想と情熱に溢れる政治家キム・ウンボム(ソル・ギョング)。韓国東北部江原道で小さな薬局を営むソ・チャンデ(イ・ソンギュン)は、何度も落選するキム・ウンボムにほれ込み、選挙事務所を訪れる。「1票を得るより相手の10票を減らす」戦略を提案するなど、チャンデの豊富なアイディアで、ウンボムは補欠選挙で初当選する。さらに、1963年の国会議員選挙では、地元の木浦で対立候補を破り、新進気鋭の国会議員として注目を集める。しかしチャンデは、対立候補の隠し子を利用したネガティブキャンペーンを問題視されて謹慎状態になる。1967年の議員選挙で、ウンボムの台頭を警戒した大統領陣営のウンボム潰しに対抗するため、チャンデは再びウンボム陣営に呼び戻される・・・

理想に燃える政治家キム・ウンボムのモデルになっているのは、第15代大統領(在任:1998年~2003年)となった金大中(キム・デジュン)。その選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)が、ソ・チャンデのモデルとなっていて、本作で描かれている数々の選挙運動の秘策はほぼ実話とのこと。今、日本では、票を得るためにカルト集団の力を借りていたことが明るみになりましたが、どこの国でも選挙に勝つために、どの陣営もし烈な闘いを繰り広げます。そんな選挙の裏が見え隠れする物語なのですが、下手すると泥臭くなりそうな話を、ビョン・ソンヒョン監督は、『名もなき野良犬の輪舞ロンド』と同じく、とてもスタイリッシュに描いています。ホン・サンス監督作品にも数多く出演しているイ・ソンギュンが、選挙参謀をスマートに演じています。また、ソル・ギョングが理想に燃えた金大中を彷彿させる人物を体現していて、木浦での熱のこもった演説には、惚れ惚れしました。
金大中といえば、1973年(昭和48年)8月8日に、九段下のホテルグランドパレスから何者かに拉致され、船の上で抹殺されそうになったところをかろうじて助けられたという、いわゆる金大中事件が忘れられません。私が学生時代のことです。その時には、なぜ金大中が拉致されるような目にあったのかわからなかったのですが、その後、大統領になられ、独裁にまみれた韓国で民主的な大統領が誕生したことを知ったのでした。民衆に寄り添った人物が政敵として消されようとした事件だったのだと、あらためて驚いたものです。どこの国であれ、権力を持つ者は、民のことを真に思う政治をしてほしいものです。 (咲)


2021年/韓国/123分/5.1ch/ビスタ
字幕翻訳:小寺由香
提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン
公式サイト:https://www.kingmaker-movie.com/
★2022年8月12日(金) シネマート新宿ほか全国順次ロードショー








posted by sakiko at 16:19| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

恋愛の抜けたロマンス   原題:연애 빠진 로맨스  英題:NOTHING SERIOUS

renai nuketa.jpg
(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., TWELVE JOURNEY ALL RIGHTS RESERVED

監督:チョン・ガヨン
脚本:チョン・ガヨン、ワン・ヘジ
撮影:イ・ソンジェ『82年生まれ、キム・ジヨン』
音楽:サンウジョンア
編集:ナム・ナヨン『エクストリーム・ジョブ』『無垢なる証人』
出演:チョン・ジョンソ(『バーニング 劇場版』)、ソン・ソック、コン・ミンジョン(『82年生まれ、キム・ジヨン』「海街チャチャチャ」)、キム・スルギ(『操作された都市』)、ペ・ユラム(『パイプライン』)、キム・ジェファ『モガディシュ 脱出までの14日間』

29歳のジャヨンは、3年以上付き合った彼から、結婚は別の女性とすると捨てられ、もう恋はしないと決意するが、欲求は満たしたい。“いい人を見つけて幸せな旧正月を”のキャッチコピーに惹かれてデートアプリ「愛のかけ橋」に登録する。関心を示してくれた男たちの中から、「ヒヨドリ」の名で登録している男性と会う約束をする。ヒヨドリの名で登録したのは、雑誌社に勤める33歳のパク・ウリ。編集長からセックス・コラムを担当するよう命じられ強制的に「愛のかけ橋」に加入させられたのだ。お互い、恋愛抜きでホテルでひと時を過ごす。その後も本音や目的を隠して会う二人・・・

ジャヨンの元彼への恨みを晴らそうと、ウリは元彼の結婚式にジャヨンを連れて乗り込みます。そこでの行動があっぱれ! 
小説家志望のウリのセックス抜きのセックス・コラムは、思わせぶりでそそられると大ヒット。執筆のために登録したアプリで知り合ったジャヨンを騙したことになってしまったことに気が咎めるウリの誠実さがジャヨンに通じるといいなとハラハラしながら観ました。
ジャヨン役のチョン・ジョンソも、ウリ役のソン・ソックも年齢の割にまだ経験の浅い役者さんですが、それだけに二人の関係が新鮮に見えます。
その二人を支えるように、ジャヨンのおばあさん役で韓国の最高齢女優キム・ヨンオクさん、そしてジャヨンのお父さん役で名脇役としてドラマや映画で大活躍のキム・グァンギュさんが登場して、和ませてくれます。(咲)


ウリは取材目的なのをジャヨンに隠していますが、ジャヨンは率直であけすけに話します。アプリに登録したのも失恋した後に酔っ払った勢いでした。『パリ13区』(2021/ジャック・オディアール監督)でもセックス・パートナーをアプリで探す正直な女子が登場しました。ジャヨンはそこまで奔放ではなくて、会うのはウリとだけのようです。2人の会話がテンポよく、相性が良さそうなのが回を重ねるごとにわかります。ウリはどんどん惹かれていき、その分彼女に申し訳ない気持ちになります。つい漏れてしまったウリの言葉に、顔色を変えるジャヨンは「恋に落ちてる」じゃないですか。もう傷つきたくないので抑えているだけ。でなければあんなに怒らないはず。
煽る編集長の姿に「面白ければいい、ウケ最優先」の業界の本音が見えます。SNSのユーザーも言いたい放題でげんなり。けれども2人の主人公は、笑顔が可愛くて好感度高し。(白)


2021年/韓国/95分/カラー/ビスタ/5.1ch
日本語字幕:朴澤蓉子
配給:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-asia.com/romance/
★2022年7月8日(金) シネマート新宿ほかロードショー



posted by sakiko at 19:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする