2019年10月19日

風水師 王の運命を決めた男(原題:명당) 

fuusui.jpg

監督 パク・ヒゴン
出演 チョ・スンウ、チソン、キム・ソンギュン、ペク・ユンシク、ムン・チェウォン、ユ・ジェミョン、パク・チュンソン、イ・ウォングン、カン・テオ(5urprise)

土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン(チョ・スンウ)は運気の集まる土地“明堂(めいどう)”を探し当てる天才だったが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)の謀反に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君(チソン)と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは天下最強の“大明堂”をめぐる巨大な陰謀の真相を知ることになる。

権謀術数を駆使して、風水師が示すところに先祖の墓の位置を変え、権力を手にする。風水に重きをおく韓国らしい発想である。
些細なことですれ違う気持ち。秘めた野望。それぞれの思惑が交錯し、歴史の流れが変わる。努力せずに自分だけ得しようとする人間の末路は悲しい。(堀)


2018年/韓国/韓国語/スコープサイズ/126分
配給:ハーク   
©2018, JUPITER FILM & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://hark3.com/fuusui/
★2019年10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 17:58| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

毒戦 BELIEVER(原題:Believer) 

dokusen.jpg

監督:イ・ヘヨン 
脚本:チョン・ソギョン
出演:チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュヒョク、チャ・スンウォン、パク・ヘジュン

姿なき麻薬王“イ先生”を執拗に追い続ける麻薬取締官〈通称マトリ〉のウォンホ刑事(チョ・ジヌン)。ある日、組織の麻薬製造工場が爆破され、事故現場からラクと名乗る青年(リュ・ジュンヨル)が唯一の生存者として発見される。ウォンホ刑事は組織に捨てられた彼と手を組み、大胆かつ危険極まりない筋書きによる、組織への潜入捜査を決意するが。。。

麻薬組織のトップを追い続けてきた刑事が組織内抗争で殺されかけた青年と手を組み、潜入捜査をする。とんでもない珍味を食べさせられ、極上の麻薬を吸わされた。命懸けである。
危険な仕事であればあるほど互いの信頼が必須。青年が組織に寝返る懸念を払いのけ、刑事は青年と行動を共にする。想定外の場面が何度もあり、その度にハラハラ。それを繰り返すうちに信頼関係ができてくる。
主人公たちにとってのまさかの結末は見る側にはやっぱり感があるが、ラストに鳴り響く一発の銃声がいつまでも耳に残った。(堀)


2018年/韓国/韓国語/124分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:根本理恵
配給:ギャガ・プラス 
(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 
公式サイト:https://gaga.ne.jp/dokusen/   
★2019年10月4日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

posted by ほりきみき at 17:33| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

王宮の夜鬼(原題:창궐/英題:RAMPANT) 

rampant.jpg

監督:キム・ソンフン
脚本:ファン・ジョユン
撮影:イ・ソンジェ
出演:ヒョンビン、チャン・ドンゴン、チョ・ウジン、チョン・マンシク、イ・ソンビン、キム・ウィソン

咬まれると白目になり牙が生え、人の生き血を求める“夜鬼”へと豹変する謎の感染爆発が蔓延する朝鮮時代。存亡の危機に陥った朝鮮に帰還した王子イ・チョンは、至る所にはびこる夜鬼の群れと戦う朝鮮随一の武官 パク従事官らと出会い、成り行きで彼らと行動を共にすることになる。一方、国を掌握しようと企む国王の側近である絶対悪キム・ジャジュンは、国家転覆を謀り、夜鬼を利用して最終手段に打って出るが…。

清から呼び戻された第2王子にヒョンビン。国家の転覆を狙う重臣にチャン・ドンゴン。そこに夜鬼(ゾンビ)が絡んでくる。朝鮮はこのまま夜鬼に滅ぼされるのか。即位に興味のなかった王子が国のあるべき姿に気づいていく。それとともにヒョンビンが次第に精悍な顔立ちになっていくのが見ていてうれしい。チャン・ドンゴンは凄みのあるアクションに惹きつけられた。(堀)

2018年/韓国/カラー/シネスコ/5.1ch/121分
配給:クロックワークス
(C) 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & LEEYANG FILM & REAR WINDOW. All Rights Reserved.
公式サイト:http://klockworx-asia.com/rampant/
★2019年9月20日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー

posted by ほりきみき at 12:50| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

ザ・ネゴシエーション(原題:협상、The Negotiation)

thenegotiation.jpg
 
監督:イ・ジョンソク
出演:ヒョンビン、ソン・イェジン、キム・サンホ、チャン・ヨンナム、チャン・グァン、チョ・ヨンジン

ソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)は、事件現場で犯人との交渉中に人質と犯人の両方を死なせてしまう。それから10日後、事件に大きな責任を感じて辞表を提出しようとしたハ・チェユンのもとに再び応援要請が入る。
ミン・テグ(ヒョンビン)と名乗る人物が、タイ・バンコクで危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致し、ハ・チェユンを名指しで交渉相手に指名する。彼は外事課が以前から追っていた、国際犯罪組織の武器売買業者のリーダーだった。
拉致の動機、要求も不明。目的が見えないミン・テグに対し、交渉の糸口を掴めないハ・チェユンに焦りが募り始める―特殊部隊の救出まで残り14時間。警察を嘲笑い、残忍な人質ショーを繰り広げるミン・テグと、数日前に起きた事件のトラウマに苛まれながらも、今度こそ人質の命を救おうと後に引けない交渉人ハ・チェユン。果たして交渉の行方は―。

本作はハ・チェユンが人質犯ミン・テグと粘り強く交渉を続けるシーンが緊迫感とともに展開する。イ・ジョンソク監督は事件の状況を忠実に再現するため、「リアルな二次元撮影を撮影方法として取り入れた」といい、ヒョンビンとソン・イェジンは実際にモニター越しに演技をして、互いの反応にも真実味が出るように演出した。
しかし人質犯と対峙するのはチェユンだけではない。彼女の仲間が集める情報が交渉の武器。若い仲間はIT機器を、中年の先輩は足を使って彼女をサポートする。チームワークの良さが見ていて気持ちいい。
ところが上層部は何も情報を与えてくれない。チェユンは交渉を無事に進めるため、隠された状況を探り出す。やがて冒頭に起きた立て篭もり事件が無関係ではなかったと判明。事件の本当の姿が明らかになる。
テグを演じたのは、映画『王の涙 イ・サンの決断』で苦悩する王、『コンフィデンシャル/共助』では信念を貫く寡黙な北朝鮮の刑事、そして『スウィンダラーズ』でインテリな詐欺師を完璧に演じてきた人気俳優ヒョンビン。初の悪役に挑戦した。対する交渉人にはソン・イェジン。『Be with you~いま、会いにゆきます』では限られた時間を精一杯、家族と過ごした女性を演じたことが記憶に新しい。そして、チェユンを明るく鼓舞する中年の先輩を演じたのが個性派俳優のキム・サンホ。そのコミカルでユーモアのある演技は緊迫感あふれる作品にうまく緩急をもたらした。(堀)


2018年/韓国/カラー/シネスコ/5.1ch/113分
配給:ツイン
(C) 2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://thenegotiation.jp/
★2019年8月30日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 01:57| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

感染家族(原題:기묘한 가족 英題:The Odd Family:Zombie On Sale) 

theoddfamilyposter.jpg

監督:イ・ミンジェ
出演:キム・ナムギル、チョン・ジェヨン、オム・ジウォン、パク・イナン、チョン・ガラム、イ・スギョン

パク一家は寂れた田舎でガソリンスタンドを営んでいるが、ほとんど客が訪れずに開店休業中。父親マンドク(パク・イナン)、長男ジュンゴル(チョン・ジェヨン)、妊娠中の妻ナムジュ(オム・ジウォン)、末娘ヘゴル(イ・スギョン)はその日暮らしをしている。そこに次男ミンゴル(キム・ナムギル)が帰ってきた。
ある日、突然現れたゾンビ(チョン・ガラム)に父親マンドクが噛まれて若返ったことを利用して、一攫千金の“ゾンビビジネス”に乗り出す。適材適所の家族運営で若返りの依頼人も日々増えていく。ついにはガソリンスタンドの再建にも成功。一見順調なビジネスだったが、若返りを果たした人々に思わぬ副作用が勃発してしまう。そしてゾンビと化した人々が次々に道行く人を襲い、大群となってついにガソリンスタンドにも襲い掛かる。

ゾンビが犬に追いかけられて逃げ惑い、丸ごとのキャベツにかぶりつく。彼に噛まれた人間は若返る。既存の展開を取っ払い、コメディをベースに恋愛を加味した斬新さに驚く。ゾンビに噛まれて若返った父、日和見主義の長男、ゾンビより怖い?長男の嫁、口八丁の次男、芯の強い末娘。そこに父を噛んだゾンビが飼い犬のように加わった。意外に強固な家族の絆。ゾンビの行く末まできちんと決着をつけた結末がGOOD!(堀)

2019年/韓国/カラー/韓国語/112分
配給::ファインフィルムズ 
(C) 2019 Megabox JoongAng Plus M & Cinezoo, Oscar 10studio, all rights reserved.
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/theoddfamily/
★2019年8月16日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開
posted by ほりきみき at 15:23| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする