2019年06月09日

慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ 原題: Gyeongju

kyonnju.jpg

監督:チャン・リュル
出演:パク・ヘイル、シン・ミナ、ユン・ジンソ

北京の大学で教鞭をとるチェ・ヒョンは、先輩チャンヒが亡くなった知らせを受け、テグ(大邱)に帰ってきた。7年前、一緒に慶州(キョンジュ)に行った時に撮った写真が遺影になっていて、茶屋で観た春画を思い出す。その春画を確認したくて、チェ・ヒョンは慶州に向かう。
中国煙草を手にしていると、黄色いスカートの少女が「吸っちゃ駄目」と声をかけてくる。「匂いを嗅いでいるだけ」とチェ・ヒョン。妙に印象に残る少女。
観光案内所の若い職員の女性が、中国語で話しかけてくる。つい、韓国人と言いそこね、中国語で答えてしまう。職員のたどたどしい中国語が初々しい。
茶屋に行くが、春画があった壁は壁紙で覆われている。一度は立ち去ったが、再び訪れ、美しい茶屋の主人ユニに、春画がなぜこの店にあるのか前のオーナーから聞いてないか尋ねる。「昼間にいらした時には、変態かと思った」というユニ。
ユニの仲間たちとカラオケに行った後、丸いお墓の山に登る。「死んだらここに入りたい」とつぶやくユニ。彼女の夫は数年前に鬱病で自殺していた。「顔は似てないのに、耳がそっくり。さわらせてください」と、チェ・ヒョンの耳をさわる。
一方、チェ・ヒョンは過去の恋人ヨジュンに会いたいと連絡する。今は人妻となったヨジュンが慶州にやってくる・・・

古都・慶州への不思議な1泊2日の旅。
2014年のアジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映された折に拝見。なんともいえない余韻が蘇ります。
ゲストルームで他の作品の監督インタビューの為に待機していたら、パク・ヘイルさんが現われました。お昼を食べる時間がなかったらしく、コンビニで買ってきた袋入りのパンを大急ぎで召し上がっていました。すぐに舞台挨拶のために劇場に向かわれたのですが、とても自然体で親しみの持てる素敵な方でした。
映画の中のチェ・ヒョンは、パク・ヘイルさんそのままのような人物。落ち着いた雰囲気の古都・慶州を舞台にした味わい深い一作です。(咲)


2014年/韓国/145分
配給:A PEOPLE CINEMA
公式サイト:http://apeople.world/gyeongju/
★2019年6月8日(土)よりユーロスペース(渋谷)ほか全国順次公開




posted by sakiko at 15:02| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

神と共に 第1章:罪と罰(原題:Along with the Gods: The Two Worlds)

kimitotomoni1.jpg

脚本・監督・エグゼクティブプロデューサー:キム・ヨンファ、
撮影:キム・ビョンソ
照明:シン・ギョンマン
編集:キム・ジノ、キム・ヘジン
音楽:バン・ジュンソク
出演:ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、チャ・テヒョン、キム・ドンウク、D.O.、イ・ジョンジェ

火災現場で少女を救い、壮絶な殉職を遂げた消防士ジャホン(チャ・テヒョン)の前に突然3人の冥界の使者ヘウォンメク(チュ・ジフン)とドクチュン(キム・ヒャンギ)、そしてカンニム(ハ・ジョンウ)が現れる。彼らは「人は亡者になると49日間のうちに7つの地獄で裁判を受けなければならず、その裁判すべてを無罪で通った者は現世に生まれ変わることができる」という。ジャホンは生前の行いがよかった者に与えられる貴人の札を持つので、3人の使者は楽勝ムードだったが、<殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫>という7つの地獄を巡るうちにジャホンの意外な過去が次々と発覚。地獄鬼や怨霊が出現し、冥界が揺らぎ始める。無事にジャホンは全ての裁判をクリアーし、人間に戻ることが出来るのか。

三途の川、地獄、閻魔大王といった死後の世界が出てくるが、その世界観が日本とあまり違いがないことに驚く。かつて、韓国から日本に伝わった文化の1つなのだろうか。
最初は誰かがやっている、地獄で繰り広げられる壮大なバトルゲームを超リアルな感じで見ているようだったが、ジャホンの過去が分かってくると人間ドラマ全開で引き込まれる。しかし、物語の中心人物となるのはジャホンではなく、実は冥界の使者カンニム。ハ・ジョンウが演じているのだが、知性と武力を持ち合わせ、強力なリーダーシップを発揮して2人の部下を率いて裁判に立ち向かう姿は身震いするほどカッコいい。しかもカッコいいだけでなく、ときどき振り返る過去映像に影を感じ、胸が締め付けられる。こういうハ・ジョンウが見たかったのよね! また、護衛を担当する使者ヘウォンメクを演じたチュ・ジフンも2カ月以上に及ぶ訓練を重ねた見応えたっぷりのアクションを披露する。
見るまでは140分は長いと思っていたが、見始まればスピード感あふれる展開に、まったく長いと感じない。早く第2章が見たい!(堀)


ハ・ジョンウはもちろん存在感あってカッコイイし、チュ・ジフンも真面目なのか、おどけているのかわからない不思議な役どころで、とてもいい。
地獄での審査を受ける為、たらい回しにされる消防士ジャホンを演じたチャ・テヒョンも、まさにはまり役。ちょっと情けない感じだけど、実はすごく誠実な人物を自然体で演じています。チャ・テヒョン自身は賭けゴルフをしていたことが思わぬことから表沙汰になって謹慎中で、次はいつ出番があるのか心配!
それにしても、この映画、出演者がとにかく豪華。
消防士の同僚ユ・ジュンサンはじめ、あちこちに知ってる顔が出てくるのですが、何より豪華なのが、地獄の大王様たち。初江大王→キム・ヘスク、五官大王→イ・ギョンヨン、宋帝大王→キム・ハヌル、そして閻魔大王は、イ・ジョンジェさま! (すみません、どうしても、「さま」をつけたい!) 渋い声にぞくぞくさせられます。あ、判官役のオ・ダルスさんも見逃さないで! (咲)



2018年/韓国/カラー/140分/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:根本理恵
配給:ツイン
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.
公式サイト:http://kimitotomoni.com/
★2019年5月24日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー



posted by ほりきみき at 17:21| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

リトル・フォレスト 春夏秋冬(原題:Little Forest)

little.jpg

監督:イム・スルレ
原作:五十嵐大介
脚本:ファン・ソング
撮影:イ・スンフン
音楽:イ・ジュノ
出演:キム・テリ(ヘウォン)、リュ・ジュンヨル(ジェハ)、チン・ギジュ(ウンスク)、ムン・ソリ(ヘウォンの母親)

都会へ出ていたヘウォンは恋愛も仕事もうまくいかず、疲れ果てて故郷の実家に戻ってきた。母が出ていったきり誰も住んでいない。幼なじみのジェハは詳しいことを聞くでもなく、「用心に」と番犬を置いていった。もう一人の幼なじみのウンスクはずけずけと推測をする。当たっているから仕方がない。一人と一匹の生活は心地良い。ジェハとウンスクを呼んでの酒盛りもまた楽しい。母の手順を思い出しながら、昔食べた料理を土地の素材で作り始める。次々と生まれてくる食べ物はヘウォンを次第に元気にしていく。

原作コミックと日本版の2部作も見ました。この韓国版は美しい田舎の風景のもと、3人の幼なじみによりフォーカスしています。故郷で迎えてくれたのは、肩の力が抜けてほっとさせてくれるジェハ、明るくて楽しいウンスク、彼らと時々過ごしたならヘウォンならずとも都会の疲れが取れるはずです。
料理上手だった母ゆずりのヘウォンの毎日の食事は、一人分でも手を抜いていません。ここがすごい!調理の手際がすばらしく良くって、キム・テリさんが作ったのかしら?手元だけ吹替えもあり?料理上手な人は彼氏の胃を捕まえてを逃がさないと思うけれど、ヘウォンは重かったのか?
出来上がった料理はいかにも美味しそうで、目に美しく、身体にも良さそうです。映画に登場した料理が食べられる(または作り方教室)韓国ツアーがあったら、絶対行きたい~。お疲れのみなさま、ほっとする映画ですよ。(白)


原作の五十嵐大介のコミック「リトル・フォレスト」は日本でも2014年、2015年に二部作にして橋本愛主演で映画化された。ただ日本版は「冬・春」「夏・秋」の2部作で間が空いたため、続きが見たいという気持ちの持続が難しかった。今回の韓国版は1年を通して描かれているので、主人公の変化がしっかりと心に届いてきた。
この作品では食事も主役なのだが、出てくる料理がどれも美味しそうなこと!日本でいう天ぷらが出てきたが、「あの花のように見えた食材は何だろう?」と思っていたら、なんとアカシアの花の天ぷらだという。白菜まるごと1枚に衣をつけて焼いて食べるのはお好み焼きのよう。「寒い時には辛い味付けのすいとんがいいよね」と主人公が独り言をいうと思わず頷いてしまった。干し柿を作るため吊るすときには、ひもで縛るのではなく、専用のグッズを使っていた。それはがまるで100均で売っているような感じ。思い出すだけでいろいろな食に関する共感やワクワク感があふれてくる。
主人公は料理を作って食べるだけでなく、食材となる野菜も育てた。種を蒔き、食べられるまで育てるのは時間がかかる。人の気持ちも同じ。都会の生活に疲れて帰ってきた主人公が次のステップに羽ばたくためには、時間をかけてじっくりと心を癒していくことが必要。その過程で家を出た母の気持ちに気づくまでに成長した主人公はきっと次のステップへと大きく羽ばたくのだろう。(堀)



2018年/韓国/カラー/シネスコ/103分
配給:クロックワークス
(C)2018 Daisuke Igarashi / Kodansha All Rights Reserved.
http://klockworx-asia.com/little-forest/
★2019年5月17日(金)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:27| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

Be With You いま、会いにゆきます

be.jpg

監督・脚本:イ・ジャンフン
原作:市川拓司
出演:ソ・ジソブ(ウジン)、ソン・イェジン(スア)、キム・ジファン(ジホ)、コ・チャンソク(ホング)

ウジンの愛妻スアは病を得て、息子のジホと自分を残し一人旅立ってしまった。雨の日に帰ってくるという不思議は言葉を残して。ジホは毎日雨が降るのを待っている。
ある日ほんとうにスアが戻ってきた。ただし自分の名前も家族のことも何も覚えていなかった。ジホは大喜びで片時も離れない。ウジンはスアにふたりの馴れ初めからひとつずつ説明していく。

オリジナルはもう15年前ですが、泣かせるストーリーはよく覚えています。先がわかっていてもまた泣きました。大きな身体で不器用そうにご飯を作るウジンに、もう一度恋するウジンとスアにきゅんとするはず。ジソブくんがお父さん、哀しいヒロインが似合うソン・イェジンも小学生のお母さん役です。息子ジホのキム・ジファンは新人だそうです。なんと屈託なく自然な演技ができる子なんでしょ!
また原作に魅せられて映画化を実現させたイ・ジャンフン監督もデビュー作。原作の市川拓司さんは自分と、お母さんと奥さんがモデルです、と。

愛する人と限られた時間しか一緒にいられないとき、何ができるでしょう?
別れの辛さだけではない、愛情が溶けこんだ暖かい涙が流れるはずです。

オリジナル『いま、会いにゆきます』は2004年の作品でした。竹内結子さん、中村獅童さんの共演で、これをきっかけにお二人翌年結婚したのでした(3年後離婚してそれぞれ再婚しています)。このリメイクのお二人、プライベートのニュースはないんでしょうか?(白)


2018年/韓国/カラー/シネスコ/131分
配給:クロックワークス
(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://klockworx-asia.com/be-with-you/
★2019年4月5日(金)ロードショー

4月7日(日) イ・ジャンフン監督がサプライズ来日決定!
原作者・市川拓司氏と映画公開記念トークショー付き舞台挨拶?!
場所:シネマート新宿
日時:4月7日(日)11:20の回終了後
料金:通常料金(全国共通特別鑑賞券使用可)
※全国共通特別鑑賞券、お持ちのお客様は窓口までお越し下さいませ。
posted by shiraishi at 00:47| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

探偵なふたり:リターンズ(原題:The Accidental Detective 2: In Action)

tanteinahutari2.jpg

監督:イ・オンヒ
撮影:キ・セフン
編集:シン・ミンギョン
音楽:タル・パラン
出演:クォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンス

未解決事件を解決する推理コンビ、シャーロック・ホームズのオタクで漫画喫茶のカン・デマン(クォン・サンウ)と、広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)はついに韓国最初の探偵事務所をオープンし、探偵としての第一歩を踏み出す。しかし、現実は甘くなく、なかなか依頼主も現れない。生活費まで圧迫されるようになり、密かに警察署で営業をかける。
ついに待ちに待った最初の依頼人が現れ、成功報酬は5千万ウォン。自信満々に仕事を引き受け、元サイバー捜査隊のエース ヨチ(イ・グァンス)も仲間に引き入れるが、事件を暴こうとすればするほど連鎖的な不審証拠に混乱するのだった…
シャーロック・ホームズ並みの推理力と洞察力を持つデマン。広域捜査隊の人喰いザメと呼ばれるほど正義感が強すぎて警察内で疎まれるテス。反りが合わない2人が手を組んで難事件を解決した前作。今回はなんと2人が探偵事務所を開業させるところからスタートする。大丈夫なのかと心配しながら見ていると、案の定、依頼者が来ない。恐妻家という唯一の共通点を持つ2人は背に腹は代えられぬと古巣の警察にまで営業に行く。スマートさに欠ける展開がむしろ、この作品の魅力である。デマンは抜群の推理力を持ちながら、いざというときは意気地のないヘタレぶりを見せる。また、家計を顧みない(あくまでも、家計。家庭ではないところがポイント)ために、妻から育児を押し付けられ、赤ちゃん同伴で捜査に行き、現地でおむつも替える。このギャップが笑えた。クォン・サンウはいい役に巡り合えたといえるだろう。ぜひともシリーズ化してほしい。(堀)

デマンとテスのコンビに加えて今回初登場のヨチ役、イ・グァンスは『コンフェッション 友の告白』(2014)と『フィッシュマンの涙』(2015)で観ていました。フィッシュマンはずっと魚頭でしたが(笑)。ヨチはサイバー捜査の才能はあるけれども、調子がよくて車やバイク好き。この頼りになるような?ならないような?役柄がはまっていて、また見たいと思いました。(白)
配給:ツイン
(c)2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://tantei-movie2.com/

★3月16日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 14:31| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする