2021年02月25日

夏時間  原題:남매의 여름밤   英題:Moving On

natsu jikan.jpg

監督・脚本:ユン・ダンビ
出演:チェ・ジョンウン、ヤン・フンジュ、パク・スンジュン、パク・ヒョニョン、キム・サンドン

ある夏の夕暮れ、10代の少女オクジュは、父ビョンギの運転する車に家財道具を積んで、弟ドンジュと共に木々の生い茂る庭のある祖父の家に連れていかれる。母とは離婚し、事業に失敗した父は、「ここで夏を過ごす」という。暖かく3人を迎える祖父ヨンムク。父は車に靴の箱を積んで町に行き、路上で販売している。そんなある日、叔母のミジョンがやって来る。訪ねてきた夫を追い返し、どうやら離婚寸前だ。一つ屋根の下での、5人の暮らし。庭に実った唐辛子やミニトマトを祖父と共に摘むオクジュとドンジュ。そんな日々に馴染んできたころ、祖父がお漏らしをしてしまい、父と叔母は祖父を老人ホームに入れようという・・・

木々に囲まれた古い佇まいの2階建ての家は、この映画のもう一人の主役。ユン・ダンビ監督が、仁川の町で2か月以上かけて探し出した家。玄関の正面の階段を上がると、そこには足踏みミシン。どこか昭和の香りがする家で、オクジュは蚊帳を張って寝ます。小さい頃を思い出して懐かしくなりました。
natsujikan_news1.jpg
(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
そして、少女オクジュを演じたチェ・ジョンウンは、監督が見つけた1枚の写真から大抜擢。劇中、父に「二重瞼にする手術費用を貸して」と頼むのですが、一重瞼がまさに朝鮮女性らしい顔立ち。本作が映画初出演とは思えない才能です。

yoon danbi_1.jpg
ユン・ダンビ監督は1990年生まれで、本作が長編デビュー作。第24回釜山国際映画祭で4冠に輝いたのをはじめ、ロッテルダム国際映画祭など数多くの映画祭でも受賞。
『はちどり』のキム・ボラ、『わたしたち』のユン・ガウン、『82年生まれ、キム・ジヨン』のキム・ドヨンに続き、情緒豊かな才能ある若い女性監督の登場です。
真っ赤な西瓜、カルグクス(夏の麺料理)、蝉の鳴き声・・・ ひと夏の家族の物語を彩る夏の風物詩と共に誰しも自分の人生に重ねて懐かしい思いになるのではないでしょうか。(咲)


★2/27㊏12:45~の第1回目の上映終了後、(14:30頃より)
ユン・ダンビ監督がリモートでご登壇!ご質問にお答えします!


2019年/韓国/105分/DCP
協力:あいち国際女性映画祭 (映画祭2020上映タイトル「ハラボジの家」)
配給:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/natsujikan/
★2021年2月27日(土)渋谷ユーロスペースにてロードショー全国順次公開



posted by sakiko at 21:19| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

藁にもすがる獣たち(原題:Beasts Clawing at Straws)

waranimo.jpg

監督:脚本:キム・ヨンフン
原作:曽根圭介「藁にもすがる獣たち」(講談社文庫)
撮影:キム・テソン
音楽:カン・ネネ
出演:チョン・ドヨン(ヨンヒ)、チョン・ウソン(テヨン)、ペ・ソンウ(ジュンマン)、ユン・ヨジョン(スンジャ)、チョン・マンシク(ドゥマン)、チン・ギョン(ヨンソン)、シン・ヒョンビン(ミラン)、チョン・ガラム(ジンテ)

韓国の港町。ジュンマンは事業に失敗してサウナのアルバイトをしている。ロッカーの中に忘れたままのバッグを見つけた。開けると札束がぎっしりと詰まっていた。夜遅くに来て買い物に出ていったままのお客のものだとわかる。家には認知症の母、その世話とやりくりに苦労している妻がいる。大学生の娘に学費を出すこともできない。喉から手が出るほどお金はほしい。
出入国管理の仕事をしているテヨンは、失踪した恋人の借金の取り立てに追われている。金融業者に脅されているが金策のあてもない。借金のために夫にDVを受けているミラン。過去を精算して新たな人生を歩みたいヨンヒ。誰もが地獄から抜け出すために藁にもすがりたい。欲望に駆られたら獣にだってなる!?あの10億ウォンはどこへ行く?

10億ウォンというと今の為替で9500万円。ざっくりで1億円。1980年、銀座で風呂敷包みの1億円を拾って届け、落とし主が現れず一躍有名になった方がいましたね。結局誰のどんなお金か判明しませんでしたが、この映画はだんだんと明らかになります。
テヨン役のチョン・ウソンが口先ばかりのいい加減な男。いつもカッコいい役なのに、これ。チョン・ドヨンが何枚も上手の、男を翻弄するヨンヒ。真っ赤な口紅に胸元のあいたドレスが妖艶です。この二人に真面目なジュンマンのペ・ソンウや、凶暴なパク社長のチョン・マンシクらキャストたちが少しずつ関わって思いがけない展開になります。二転三転するストーリーに目が離せません。原作はありますが、脚本も書いたキム・ヨンフン監督うまいです!次作が楽しみ。
認知症の母スンジャのひとことが胸に落ちてしみてきます。さすがユン・ヨジョンさん。蛇足ながら”1億円は1万円札で重さ10㎏”、5万ウォン札で10億ウォンはその倍?(白)


冒頭、大写しのルイ・ヴィトンの鞄。若い頃、彼から貰ったのと同じ!と思わず見入ってしまいました。鞄自体が重くて、ブランド志向じゃない私には無用の長物でした。これに10億ウォンの札束が入っているのですから、かなりの重さ! 男性にとっても重いけど、チョン・ドヨン演じる華奢なヨンヒには、とてつもない重さのはず。それにしても、本作のチョン・ドヨン、ほんとに艶っぽいです。
チョン・ウソンがそのヨンヒの色気に現を抜かして借金を背負うマヌケな男なのですが、そんな役もさすがに上手い!(と、ウソンさま命の私) 
ホテル併設のチムジルバンでバイトしているジュンマンが床掃除している時に流れている3つのニュースが、この物語の核になっている事件。どうぞ聞き流してしまわずしっかり聞いてください。伏線がいっぱいあって、最後のオチには拍手です♪ あ~面白かった! (咲)


原作は曽根圭介の同名小説です。しかし韓国らしく設定し直されていて、日本の話だったとは思えません。原作者も「実をいうと、私は今、本作を手本にして原作を書き直したいと、半ば本気で思っています」とコメントしているくらい。原作は未読なのですが、小説ならではの仕掛けがあり、それをキム・ヨンフン監督は原作の構成を生かしつつ、巧みな手法で解決したそう。脚本も手掛けた監督の手腕ですね。しかし、高額な現金って怖いですね。どんな辛い仕打ちにも耐えていた人が大金を見つけた瞬間、人が変わってしまう。クライマックスのどんでん返しに笑ったものの、ラストで誰もが持つ人間の心の闇を改めて感じさせられます。
チョン・ドヨンが演じる女社長とチョン・ウソンが演じる出入国審査官のクズっぷりが半端ないのですが、どこか魅かれてしまう。その結果、ずるずると道を踏み外していく人がいるのも納得です。
個人的には不法滞在者を演じたチョン・ガラムに注目。「感染家族」でキャベツを食べるゾンビをかわいく演じていましたが、本作でも好きになった女のためなら何でもやってしまう漢気を見せたものの、その後にうじうじと悩む辺りは母性本能をかき立てられます。
また、『ミナリ』でオスカーの呼び声高いユン・ヨジョンは息子かわいさのあまりに嫁にきびしい認知症の姑を好演。こうはなりたくないと思いつつ、自分もこうなってしまうのではないかと不安になりました。(堀)


2020年/韓国/カラー/シネスコ/109分
配給:クロックワークス
(C) 2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED. (C) 曽根圭介/講談社
http://klockworx-asia.com/warasuga/
★2021年2月19日(金)シネマート新宿ほかロードショー
posted by shiraishi at 00:02| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

KCIA 南山の部長たち(原題:THE MAN STANDING NEXT)

kcia.jpg

監督:ウ・ミンホ
原作:キム・チュンシク「実録KCIA『南山と呼ばれた男たち』」
脚本:ウ・ミンホ、イ・ジミン
撮影:キム・ジヨン『タクシー運転手ー約束は海を超えてー』
出演:イ・ビョンホン(キム・ギュピョン)、イ・ソンミン(大統領)、クァク・ドウォン(パク・ヨンガク)、イ・ヒジュン

1979年10月26日、韓国のパク大統領が中央情報部(通称KCIA)部長キム・ギュピョンにより射殺された。事件発生の40日前、KCIA元部長パク・ヨンガクは亡命先であるアメリカの下院議会聴聞会で、韓国大統領の腐敗を告発した。激怒した大統領に事態の収拾を命じられたキム部長はアメリカへ渡り、かつての友人でもあるヨンガクに接触を図るが……。

実際にあった大統領暗殺事件をもとに、フィクションとして送り出された作品。2020年の韓国で興行収入第1位。べストセラーとなった原作のノンフィクション「実録KCIA『南山と呼ばれた男たち』」は、日本でも鶴真輔翻訳で1994年に講談社から出版されています。映画の登場人物は名前を変えてあり、実際は朴正煕(パク・チョンヒ)大統領(娘が18代大統領の朴 槿恵/パク・クネ)、撃ったのがかつては共にクーデターを起こし、長く側近だった金載圭(キム・ジェギュ)KCIA部長。
冷徹で野心家のキム部長をイ・ビョンホンが演じていますが、髪をぴったりとなでつけニコリともせず、色気のいの字もありません。迫力のビョンホンです。大統領はイ・ソンミン、2018年の『目撃者』『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』などで知られています。私はしばらく見続けていたテレビドラマ「ミセン 未生」のオ課長が最も似合って好きですが、悪役を演じると凄みが出ます。クァク・ドウォン、イ・ヒジュンが共演。
すぐ隣の国で長く軍事政権が続き、民主化宣言されたのは1987年。ほんの少し前のような気がします。こういう映画をきっかけに歴史をひもといてみるのもいいですね。(白)


パク・チョンヒ大統領暗殺を扱った映画で思い出すのが、『大統領の理髪師』と『ユゴ 大統領有故』の2作品。
『大統領の理髪師』(2004年製作、日本公開2005年2月11日、イム・チャンサン監督)では、大統領専属理髪師に指名されたソン・ガンホ演じる理髪師が警護室長の見張る中、びびりながら髪を整え髭を剃る姿に和まされました。本作でも、イ・ビョンホン演じるキム部長が理髪中の大統領を訪ねる場面が出てきて、思わず理髪師に目をやりました。そばに座って見張っているクァク警護室⻑を演じているイ・ヒジュンは、25キロ以上体重を増量して、キム部長に対立する嫌な奴を体現しています。ドラマ「棚ぼたのあなた」でのコミカルな役柄が好きなので、ちょっとびっくり。
『ユゴ 大統領有故』(2005年製作、日本公開 2007年12月15日、イム・サンス監督)は、美少女二人をはべらせた大統領が暗殺される凄惨な場面が印象的ですが、ハン・ソッキュが脇役というブラックコメディ仕立て。
今回、『KCIA 南山の部長たち』では、大統領に次ぐ権力を持つKCIAの部長が、なぜ大統領を暗殺するに至ったかに迫っています。最後に映し出される金載圭中央情報部部長本人の「民主主義を回復し、国民が犠牲になるのを防ぐことが目的で、決して自分が大統領になる為ではない」という言葉に胸が熱くなりました。一緒に革命を起こしながら、18年もの長い間、大統領の座に居座り、独裁者となってしまったパク・チョンヒを、そばにいる自分が始末しなければならないという思いに嘘はないでしょう。
キム部長を演じたイ・ビョンホンは、威厳があるわけでもなく、地味な普通の中年の男。イ・ソンミンは、私も(白)さんと同じく「ミセン 未生」のオ課長役が好きですが、本作では独裁者パク大統領の凄みを静かに滲み出していて、ぞくっとさせられます。(咲)


kcia main.jpg

2019年/韓国/カラー/シネスコ/114分
配給:クロックワークス
(C) 2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
http://klockworx-asia.com/kcia/
★2021年1月月22日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー



posted by shiraishi at 15:02| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

チャンシルさんには福が多いね(原題:Lucky Chan-sil) 

chansil.jpg

監督・脚本: キム・チョヒ
撮影: チ・サンビン 
編集: ソン・ヨンジ 
録音: パク・ジョンウ 
音楽: チョン・ジュンヨプ
主題歌: イ・ヒームーン
出演: カン・マルグム ユン・ヨジュン キム・ヨンミン ユン・スンア  ぺ・ユラム

ずっとプロデューサーとして支えてきた映画監督が打ち上げ宴会中に急死。これを機に失職して、何もかも失ってしまったチャンシルさん。映画だけに捧げてきた人生、気がつけば男も子供も家もなし、もちろん青春なんていまいずこ。そんな八方塞がり、アラフォー女子のチャンシルさんに、ある日突然、思わぬ恋の予感が…。

主人公は監督が急死して仕事を失い、それをきっかけに自分は何がしたいのかを悩みます。キム・チョヒ監督はもともと監督志望でしたが、自分より映画作りに向いている人がいるならその人のサポートに徹して映画作りに全力を尽くそうと考え、ホン・サンス監督のプロデューサーに。『ハハハ』や『ソニはご機嫌ななめ』『自由が丘で』などを担当しました。しかし映画作りの夢が捨てきれないことに気づき、41歳でプロデューサーを辞めてカナダに渡り、自分を見つめ直しました。主人公の葛藤は監督自身の葛藤と重なります。
主人公を演じたカン・マルグムは一般企業で働いた後、30歳で演劇の世界に入り、2007年『コメディア』で舞台デビューしました。短編『自由演技』(2018/キム・ドヨン監督)でワンオペ育児に疲れた俳優役を演じたのをキム・チョヒ監督が見て、本作に繋がりました。カン・マルグムもいろいろ迷った末に会社を辞めたのかもしれません。
自分が何をやりたいのか。分かっている人は少ないのではないでしょうか。それでも生きていくしかないのなら、自分にも他人にもちゃんと向き合って丁寧に生きていれば、きっとそれが何かに繋がっていくはず!迷っている人の背中をそっと押してくれる作品です。

ところで、主人公だけに見える、自称レスリー・チャンの幽霊を演じたキム・ヨンミンは本作で第56回百想芸術大賞・映画部門の助演男優賞にノミネートされました。残念ながら受賞は逃しましたが、同時に「夫婦の世界」でテレビ部門の助演男優賞にもノミネートされるという快挙を遂げています。白いシャツと下着姿は『欲望の翼』のレスリー・チャンを真似ているもののイマイチダサいのですが、洋服を着ているときは結構カッコいいです。Netflixで話題になったドラマ「愛の不時着」では耳野郎と呼ばれる盗聴係を演じて注目を集めましたし、これからブレイクしていくのかも。今後は要チェックです!(堀)


アラフォーのキム・チョヒ監督の体験を元にしたオリジナル作品だそうです。プロデューサーをなさっていたんですね。
劇中に白いランニングシャツにトランクスの「レスリー・チャン」が登場します。演じているのは、キム・ヨンミン。ここで、監督は香港映画好きで、レスリーファンに違いない!と確信しました。香港映画ファンなら画面に登場したとたん、どよめくか爆笑するはずです。髪型や衣裳が似ていても「レスリーじゃない」と真正レスリーファンは言うでしょうが、いないんですから無理言わないのっ。
ともかく彼は迷えるチャンシルさんに何かと金言を与えてくれます。仕事がなくなって何も残っていない、と失望していたチャンシルさんは、あれ?意外に「福」があるじゃん、ってことに気がついていくんです。いやネタバレじゃないですよ。これだけわかってても、「あるある」と、あちこちに共感できる作品です。あなたの周りの福にも気がつきますように。(白)


レスリー・チャンの追っかけ仲間(今や、未亡人会?)のLINEで、「映画館で、僕はレスリー・チャンと、なに~?なセリフがある予告見たんだけど」と話題に。
気になるレスリー迷は、まずはこの予告編を見てくださいませ。
https://youtu.be/L_gHX3Q2U9g
レスリーと名乗る彼に、「うそでしょ、全然似てない」とチャンシルさん。
眉毛をキッと描いて、キム・ヨンミンがそれなりにレスリーに見えます。(苦笑)
そして、「3時に人に会う約束なので」と出かけていきます。『欲望の翼』を観た人なら、思わずクスッとするでしょう。
韓国映画や韓国ドラマでは、いまだにレスリー・チャンやチョウ・ユンファのパロディが出てきて、日本よりも香港映画人気が根強いのを感じます。欧米スターも交えた人気外国人スターの20位以内に入るのもこの二人。『男たちの挽歌』はじめ香港映画を観て育った4~50代位の人たちが、脚本家や監督になって、盛り込んでいるようです。「花様年華」というドラマでも『欲望の翼』のリバイバル上映を観に行く場面があるとか。
似てなくても、いつまでも話題にしてくれるのはファン冥利に尽きます。(咲)


この作品は、2020年3月の大阪アジアン映画祭で初めて観た。会場はほぼ満員。あの『欲望の翼』のランニングとトランクス姿のレスリー(らしき人)が出てきた時、会場がドッと沸いた(笑)。そして彼が出てくるたびに会場では苦笑が。うれしい反面、全然似ていないという思いがあったみたい。でも香港ファンも多かったので、みんな嬉しそうだった。それにしても、監督が突然亡くなってしまい無職になってしまうというのは、映画界「あるある」だなと思った。そして、とりあえず後輩の女優の家で働き、知り合ったフランス語家庭教師。彼も映画を作る人だった。チャンシルさんは彼に興味をもち、彼も自分に関心があるのではと勘違いして行く姿が、可笑しくもちょっと寂しかった。
この中で印象的だったのは、長い階段を昇って、坂の上のほうにある家に引越しするシーン。何人かの人たちに手伝ってもらうくらいの荷物しかもっていなかったのだろうか。その後、何度もその坂を上ったりさがったりして移動する姿に、こんなところに住んだら大変そうと思いながら観ていた。尾道みたいなところなんだろうか(暁)。


메인-05.jpg


2019年/韓国/96分/韓国語/カラー/DCP・BD
配給:リアリーライクフィルムズ + キノ・キネマ 
配給協力: アルミード
© KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
公式サイト:https://www.reallylikefilms.com/chansil
★2021年1月8日(土)、福いっぱいの新春ロードショー!
ヒューマントラストシネマ渋谷・ヒューマントラストシネマ有楽町 他にて


☆映画公開日の 1/8(金)限定で福袋発売!
ヒューマントラストシネマ渋谷・ヒューマントラストシネマ有楽町の劇場窓口および webサイトにて4,000 円で発売予定。
thumbnail_福袋.jpg

☆公開を前に特別映像を一挙お披露目!
【主題歌「チャンシルさんには福が多いね」ミュージックビデオ】
 https://youtu.be/Q9c0uc7M4mE
【ショートショート5編】
「あなたは誰? 」https://youtu.be/c-vQnxDAY0A
 出演:キム・ヨンミン
 白のランニングシャツにトランクスという出立で現れた男は誰?
「帰省」 https://youtu.be/cCgiLdq09Jo
 出演: カン・マルグム
 帰省バスのチケットを買ったチャンシル。バスが来るまでの間、母親に電話するも、奇妙なリクエストばかり。
「宇宙から」 https://youtu.be/glZajl8DNfw
 出演:キム・ヨンミン
 まるでどこかの新興宗教の教祖のような、謎のメッセージを繰り返す、白いランニングシャツにトランクスの男。
「福探し」 https://youtu.be/iwhBMw4JtTE
 出演: カン・マルグム
 どこかの国営放送のような女性アナウンサーが、笑顔で緊急アナウンス。
「良いお年を」 https://youtu.be/lDx_T3S6BVI
 出演: カン・マルグム
 まもなく到着するバスを待つチャンシル 。こちらに向かって謎の微笑み。
posted by ほりきみき at 16:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

新感染半島 ファイナル・ステージ

sinkansen thefinal.jpg

監督:ヨン・サンホ
脚本:パク・ジュソク ヨン・サンホ
撮影:イ・ヒョンドク
出演:カン・ドンウォン(ジョンソク)、イ・ジョンヒン(ミンジョン)、クォン・ヘヒョ(キム)、キム・ミンジェ(ファン軍曹)、ク・ギョファン(ソ大尉)、キム・ドゥユン(チョルミン)、イ・レ(ジュニ)、イ・イェオン(ユジン)

謎のウイルスの感染爆発でによって半島が崩壊してから4年。元軍人のジョンソクは、家族を救えなかった後悔を抱え、香港で身を潜めて暮らしていた。そんなジョンソクと義兄に、2度と戻らないはずの半島へ潜入して、残された大金を手に入れる仕事が舞い込んだ。半島はさらに増殖したゾンビと、それを追い回す凶暴な民兵集団の戦いで地獄のような有様だった。一度はつかまりながらも逃げ出したジョンソクは両方に追い詰められる。彼を助けたのは、生き残っていたミンジョンとその娘たち。ここから脱出するわずかな希望にかけて、共に戦うことになった。

final2.jpg

ヨン・サンホ監督は『新感染 ファイナル・エクスプレス』で初の実写映画、同じ年にその前日譚の長編アニメーション『ソウル・ステーション パンデミック』を送り出し、どちらもヒットしています。スピーディでドラマチックな展開に手に汗握った方も多かったことでしょう。
本作は、崩壊してしまった祖国から香港に逃げたジョンソクが半島に戻るはめになり、ゾンビだけでなく、もっと質の悪い人間たちに追われます。カン・ドンウォンが花美男(イケメン)っぷりを見せるまもなく、泥と血にまみれて闘い続けるのでファンの皆様は応援を。登場するゾンビたちは動きが速く、いつも飢餓状態なのでアクションが過激です。目を覆うような場面もあるので要注意。窮地に陥ったジョンソクに手を貸す母娘たちが、有能で、しかも強い!ロックダウンされた半島で生き抜いてきたのは伊達じゃない。母親も年端も行かない娘も車の運転技術は最高、銃の扱いもお手のもの、女性の活躍に溜飲がさがりますよ!乞うご期待!!(白)

★主演のカン・ドンウォンとヨン・サンホ監督のオフィシャルインタビューはこちらです。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編ですが、登場人物に関連はありません。なので、前作を見ていなくても安心してご覧いただけます。
ゾンビものですが、ゾンビvs人間といった展開ではなく、理性のある人間vs理性を失った人間にゾンビが障害物として使われている感じといった方がいいかもしれません。極限状態に陥った人間の狂気はゾンビよりも怖い!
見どころはCG技術をたっぷり使って作り込まれたカーチェイス。ドリフトでゾンビを蹴散らしていく様は圧巻です。(堀)


2020年/韓国/カラー/シネスコ/116分
配給:ギャガ
(C)2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/
★2021年1月1日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 13:32| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする