2022年01月16日

声もなく(原題:소리도없이 英題:Voice of Silence)

koemonaku.jpg

監督・脚本:ホン・ウィジョン
製作:キム・テワン
撮影:パク・ジョンフン
音楽:チャン・ヒョクジン&チャン・ヨンジン
出演:ユ・アイン(テイン)、ユ・ジェミョン(チャンボク)、ムン・スンア(チョヒ)、イ・ガウン(ムンジュ)

貧しさゆえ、犯罪組織からの下請け仕事である死体処理で生計を立てる2人。口のきけない青年テインと片足を引きずる相棒のチャンボクは、身代金目的で誘拐された11歳の少女チョヒを、1日だけ預かることになった。トラブルが重なり、テインとチョヒの疑似家族のような奇妙な生活が始まるが、チョヒの親から身代金が支払われる気配はない。出会うはずのなかった者たちの巡り合わせが、韓国社会で生きる声なき人間たちの孤独を浮き彫りにする。

ホン・ウィジョン監督は82年生まれの女性監督。ロンドンの映画学校卒業後、CMや短編を制作してきました。本作が初の長編作品にもかかわらず、青龍賞新人監督賞、百想芸術大賞監督賞を受賞しました。
主人公のテインを『バーニング 劇場版』(2018)、『国家が破産する日』(2018)で主演男優賞を受賞したユ・アイン。15㎏も増量して口のきけないテインを身体から作りあげ、台詞のない演技を見せました。相棒のチャンボクはテインの父親代わり、生活のために闇の仕事をせざるを得ません。ユ・ジェミョンは鬼気迫るような『ビースト』(2021)と違い、根は善人でありながら底辺で生きる辛苦を体現しています。2人は犯罪の後始末という一番の汚れ仕事に手を染めて生きていますが、子どもを巻き込む誘拐をするつもりはありません。テインがしかたなく連れ帰ったチョヒに妹のムンジュが懐いて、一時家族のように暮らすシーンにほっこりしました。陰惨な場面があってもどこか明るく、気を許しているととてつもなく切ないところに持っていかれます。ホン・ウィジョン監督に今後も注目です。(白)


チョヒがそばにいても、淡々と死体を運び処理するテインとチャンボクの姿からは、可笑しささえ漂ってきます。彼らにとって死体は、処理しなければならない単なるモノ。社会の底辺には、人が嫌がることを生業にするしかない人々がいることに思いが至ります。テインは声が出ませんが、テインならずとも、嫌なことも嫌と声をあげられない人たち・・・ そういう人たちの働きがあって、社会が成り立っていることを忘れてはならないと思いました。それにしても、額に汗して呻くユ・アインは見事でした。低予算の映画に出演を決めた気概を感じました。(咲)

2020年/韓国/カラー/ビスタ/99分
配給:アットエンタテイメント
(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEWIS PICTURES & BROEDMACHINE & BROCCOLI PICTURES. All Rights Reserved.
https://koemonaku.com/
★2022年1月21日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 15:40| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

ひかり探して (原題:내가 죽던 날 英題:The Day I Died: Unclosed Case) 

hikarisagashite.jpg

監督・脚本:パク・チワン
撮影:チョ・ヨンギュ
出演:キム・ヘス、イ・ジョンウン、ノ・ジョンイ、キム・ソニョン

台風が吹き荒れるある日の夜、遺書を残し離島の絶壁から身を投げた少女。休職を経て復帰した刑事ヒョンスは、少女の失踪を自殺として事務処理するため島に向かう。少女の保護を担当した元刑事、連絡が途絶えた少女の家族、少女を最後に目撃した聾唖の女、彼らを通じて少女がとある犯罪事件の重要参考人だった事実を知ったヒョンスは、たった一人孤独で苦悩していた少女の在りし日に胸を痛める。捜査を進めていくにつれ、自身の境遇と似ている少女の人生に感情移入するようになり、上司の制止を振り切って、彼女は次第に捜査に深入りしていく。

ある事件の証言者で遺書を残して絶壁から消えた少女、夫から離婚を申し立てられているときに、その少女についての報告書を上司から任された刑事、少女が身を寄せていた場所の家主で声を失っている女性。パク・チワン監督は「人と人との関わりが生きる希望となる物語を描きたかった」と語り、厳しい状況にある3人が少しずつ関わることで、現実に立ち向かう勇気を得ていく姿を描きました。どんな状況であっても希望の光はあると指し示してくれる温かなヒューマンドラマです。(堀)

やり手の女史のイメージがあるキム・ヘスがほとんどすっぴんの疲れた顔の元刑事。島で声をかけられて、参加した集まりでおばちゃんたちにぽつぽつと話をします。気のいいおばちゃんたちの会話に思わず故郷の島を思い出しました。
イ・ジョンウンがいるとなんだか安心できますが、今作では笑顔はほとんど見せず。しかし少女やヒョンスを手助けします。台詞がない分、目や表情、身体で演技することでまた役の幅が拡がったのではないでしょうか。『茲山魚譜 チャサンオボ』でも、なんだか可愛いおばちゃんでよそから来た人を助ける役でした。(白)


2020年/韓国/116分/カラー/5.1ch/DCP
配給:スモモ×マンシーズエンターテインメント 
©2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
公式サイト:https://www.sumomo-inc.com/hikarisagashite
★2022年1月15日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 02:09| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

ただ悪より救いたまえ   原題:다만 악에서 구하소서 (ただ悪より救いたまえ) 英題:Deliver us from Evil

tada akuyori.jpg
C)2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

監督・脚本:ホン・ウォンチャン (『チェイサー』『哀しき獣』(脚本))
出演: ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェ、パク・ジョンミン、白竜、豊原功補

インナム(ファン・ジョンミン)は、かつて韓国国家情報院の工作員だったが、組織は解体され、今は韓国から逃れ、東京で暗殺者として生きていた。ヤクザのコレエダ(豊原功補)殺害を最後の仕事にして、パナマでのんびり暮らす算段を立てていた。ところが、かつての恋人ヨンジュ(チェ・ヒソ)がバンコクで殺害され、自分の娘かもしれない9歳の少女ユミンは誘拐されていると聞かされる。インナムはユミンを探すべくバンコクに飛ぶ。一方、コレエダの弟で冷血な殺し屋レイ(イ・ジョンジェ)は、兄がインナムに殺されたと知り、復讐しようとバンコクに向かう。
インナムは、国家情報院時代の上司チュンソン(ソン・ヨンチャン)の協力者に紹介されたトランスジェンダーのユイ(パク・ジョンミン)をガイド役に組織のアジトに乗り込むが、ユミンはすでに心臓移植手術のために連れていかれた後だった・・・

娘を助けようと必死のインナムを、兄の復讐をしようと執拗に追うレイ。大好きなイ・ジョンジェが、本作では邪魔者はばっさり消す血も涙もない冷酷な殺し屋。役者魂には感服しますが、やっぱり笑顔が見たい。そして、ファン・ジョンミンは、どうしたって殺し屋には見えません。それでも繰り広げられるのは、殺伐とした殺し合い。性転換手術を受けるためバンコクに来ているトランスジェンダーのユイの存在が、なんといってもほっとさせてくれました。身の危険にさらされながらも、少女を守る姿がとてもキュート。 演じているパク・ジョンミンは、なんと、『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』で、カン・ハヌルが演じたユン・ドンジュ(尹東柱)の従兄ソン・モンギュ(宋夢奎)を演じていた人。学生服姿のモンギュと、ショートパンツ姿のユイが同一人物には、どうしたって見えません。いやはや驚きました。(咲)

殺し屋同志の対決で腕が互角なら、より非情なほうが勝算が高いはず。わき目もふらずに追うレイに引きかえ、インナムには弱みがあります。だから殺し屋は家族を持たないのでしょう。一緒に暮らしたこともない娘を守りたいインナムは、自分を捨ててでもという背水の陣。守る者のある人は強みに変わるんですね。
イ・ジョンジェは出演作を選ぶとき、これまでしたことのない役を優先するようです。大ヒットのNetflixドラマ「イカゲーム」ではいたって普通の市井の人。命がけのゲームに振り回される主人公を演じています。人気スターのオーラは消していて、今回のギラギラしたレイとは別人。ファン・ジョンミンもいつもはくしゃっとした笑顔が印象的な人ですが、悪徳政治家もやれますよね。俳優さんっていくつもの顔を持っていて、毎回楽しみです。(白)


2020年/韓国/韓国語ほか/シネスコ/カラー/108分
配給:ツイン 
C)2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:https://tadaaku.com/
★2021年12月24日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開



posted by sakiko at 19:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

雨とあなたの物語(英語題:Waiting for Rain)

ameto.jpg

監督:チョ・ジンモ
出演:カン・ハヌル(ヨンホ)、チョン・ウヒ(ソヒ)、カン・ソラ(スジン)

2003年韓国、ソウル。将来に夢も目標も持てない予備校生のヨンホは、長い間大切にしてきた記憶の中の友人に手紙を書いた。
プサンで暮らす女性ソヒは進学せず、母と一緒に古本屋を営んでいる。ソヒの姉ソヨンにヨンホからの手紙が届く。病気の姉に代わってソヒは返事を書く。”質問しない、会いたいと言わない、会いに来ない”という条件つきで。思いがけない返事にヨンホは喜び、また手紙を書く。2人の手紙のやりとりは退屈だった日常を色鮮やかに染めていく。やがてヨンホは「12月31日に雨が降ったら会おう」という提案をする。

カン・ハヌル、『ミッドナイト・ランナー』(17年)以来4年ぶりの映画出演です。この間兵役につき、除隊してNetfrix人気ドラマ「椿の花咲く頃」に主演。これは市井の人々の暮らしや喜怒哀楽(主人公は警官なので、殺人事件もありますが)を丁寧に描いて、作品もキャストも高評価を得、大ヒットしました。
脚本で出演を決めるというカン・ハヌル。本作もヒーローでも御曹司でもない”普通の青年”の真面目な恋を描いています。カン・ハヌルは目立ってしまいそうですが、そこは演技力でオーラを消してしまうのでしょう。チョン・ウヒは、行動的な予備校生スジンを演じたカン・ソラと『サニー 永遠の仲間たち』で共演。カン・ソラはドラマ「ミセンー未生ー」(14年)でカン・ハヌルとインターン同期生役で共演していました。
スマホやメールのない時代、時間のかかる手紙だからこそ届くのを楽しみに、心を繋げていたヨンホとソヒでした。今はなんでも「すぐ」です。便利と引き換えに、私たちは何かを失ってしまったようです。
手紙を待つ、雨の降るのを待つ、人を待つ‥‥本作は”待つこと”についての物語でもあります。(白)


カン・ハヌル演じる主人公に積極的にモーションをかけるカン・ソラ演じる女子がレスリー迷だと聞かされて楽しみにしていた作品です。2022年の初映画に♪
スタッフ日記にレスリー・チャンの出番を中心に物語を紹介しました。さわりだけこちらに!
映画は、2011年の大晦日、ヨンホ(カン・ハヌル)が8年前の春を思い出すところから始まります。それが、2003年4月1日。ヨンホは二浪が決まって、また予備校に。帰り道、ビルの外壁の大画面に、『欲望の翼』の場面が映し出され、脚のない鳥が落ちたと、レスリー・チャン飛び降り自殺のニュースが流れているのを眺めていると、同じく二浪のカン・ソラ演じるスジンが声をかけてきて、「朝まで一緒にいて。レスリーの命日だから覚えていられる」とラブ・ホテルへ・・・
レスリーが好きなスジンとの物語は本筋ではないのですが、こんな形ででも登場するのはファン冥利に尽きます。
そして、大学に進学するのはやめたけれど、初恋の人と文通するうちに自分のやりたいことを見つけてオリジナルの傘を作る職人になったヨンホの物語、とても素敵です。(咲)


2021/韓国/カラー/シネスコ/117分
配給:シンカ
(C)2021 KIDARI ENT, INC., SONY PICTURES ENTERTAINMENT KOREA INC. (BRANCH), AZIT FILM CORP., AZIT PICTURES CORP. ALL RIGHTS RESERVED
https://synca.jp/ametoanata
★2021年12月17日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:52| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

ニューイヤー・ブルース  原題:새해전야 英題:NEW YEAR BLUES

new year brouse.jpg
© 2021 ACEMAKER MOVIEWORKS & SOO FILM All Rights Reserved.

監督:ホン・ジヨン(『キッチン~3人のレシピ~』『結婚前夜~マリッジブルー~』)
脚本:コ・ミョンジュ(『結婚前夜~マリッジブルー~』)、ハン・ヒョンギョン
撮影:オ・スンチョル
編集:シン・ミンギョン(『82年生まれ、キム・ジヨン』)
音楽:イ・ジス(『建築学概論』)
出演:キム・ガンウ(『死体が消えた夜』)、ユ・インナ(「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」)、ユ・ヨンソク(『ビューティー・インサイド』)、イ・ヨニ(「華政[ファジョン]」)、イ・ドンフィ(『エクストリーム・ジョブ』)、チェン・ドゥーリン(『ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-』)、ヨム・ヘラン(『無垢なる証人』)、チェ・スヨン(『ガール・コップス』)、ユ・テオ(『めまい 窓越しの想い』)、イェ・スジョン(『69歳』)、イ・ジュンヒョク(『僕の中のあいつ』)、チョ・ハンチョル(『8番目の男』)、アン・セハ(『スウィンダラーズ』)、ソン・サンウン(「ザ・キング:永遠の君主」)

クリスマスから新年を迎えるまでの7日間。
結婚を控えた人に離婚訴訟中の人、プロポーズされた女性もいれば、失恋し旅に出る女性もいる。来年はいい年にしたいと願う4組のカップルの1週間。

パラスノーボード国家代表のレファン(ユ・テオ)。試合で良い成績で滑り終え、恋人の園芸師オウォル(チェ・スヨン)にプロポーズ。幸せいっぱい順風満帆に見えるレファンだが、障がい者であることから恋人に負い目を感じている。

つきあって2000日を迎えようとする時に、恋人から別れを告げられたスキー場スタッフのジナ(イ・ヨニ)。旅行会社に出来るだけ遠くに行きたいと言って勧められアルゼンチンへ。そこで、燃え尽き症候群に陥りアルゼンチンで暮らすワイン配達員ジェホン(ユ・ヨンソク)に出会う。

離婚して4年経つベテラン刑事ジホ(キム・ガンウ)。離婚訴訟中のリハビリトレーナー ヒョヨン(ユ・インナ)を、接近禁止命令を無視して近づく夫から守るため、ジホは身辺保護を担当する。結婚に失敗し、恋愛に臆病な二人だったが、いつしかトキメキを覚えるようになる。

旅行会社の代表ヨンチャン(イ・ドンフィ)は、中国女性ヤオリン(チェン・ドゥーリン)と結婚間近。ヨンチャンの姉ヨンミ(ヨム・ヘラン)は、言葉の通じないヤオリンとなんとか意思疎通を図ろうとし、弟を気遣う。そんな中、ヨンチャンは思いもよらぬ出来事で結婚資金まで失ってしまう。

ホワイトクリスマスから、花火のあがる新年までの、慌ただしくも心浮き立つ年の瀬。それぞれに人生の節目を迎えた人たちの姿を丁寧に描いたホン・ジヨン監督。前作『結婚前夜~マリッジブルー~』では、7日後に結婚を控えた4組のカップルのマリッジブルーを捉えていました。2009年、『キッチン ~3人のレシピ~』公開前に来日したホン・ジヨン監督にインタビュー。「スクリーンの中の1人1人の人生を大切に描きたい」と語っていたのが印象的でした。『ニューイヤー・ブルース』でも、それぞれの人生が細やかに描かれています。一番印象に残ったのは、国際結婚を間近に控えた弟を気遣う独身の姉のヨンミ。いいキャラでした。
レファンが参加するパラスノーボード大会が行われたのは、ジナが働くスキー場,
失恋したジナが旅行の申し込みに行くのが、ヨンチャンの経営する小さな旅行会社、離婚訴訟中のリハビリトレーナー ヒョヨンは、パラスノーボードのレファンのリハビリを担当・・・と、さりげなく絡まっているのも、楽しいです。6年付き合ったジナをばっさり振った男の末路も、ジホの務める警察署で最後に明かされますのでお見逃しなく!(咲)


honjiyon.jpg
ホン・ジヨン監督(撮影:梅木直子)
2009年『キッチン ~3人のレシピ~』公開の折のインタビュー

2021年/韓国/韓国語/114分/シネマスコープ/カラー
日本語字幕:朴澤蓉子
配給:クロックワークス
© 2021 ACEMAKER MOVIEWORKS & SOO FILM All Rights Reserved.
公式サイト:https://klockworx-asia.com/newyear/
★2021年12月10日(金) シネマート新宿 ほか順次公開



posted by sakiko at 03:10| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする