2022年01月07日

決戦は日曜日

kessen.jpg

監督・脚本:坂下雄一郎
撮影:月永雄太
音楽:渡邊崇
出演:窪田正孝(谷村勉)、宮沢りえ(川島有美)、赤楚衛二(岩渕)、内田慈(田中菜々)、小市慢太郎(濱口)、音尾琢真(向井)

とある地方都市。
谷村勉はこの地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平の私設秘書。秘書として経験も積み中堅となり、仕事に特別熱い思いはないが暮らしていくには満足な仕事と思っていた。
ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。後継候補として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美(ゆみ)。谷村は有美の補佐役として業務にあたることになったが、自由奔放、世間知らず、だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される日々…。
父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実…だったのだが、政界に蔓延る古くからの慣習に納得できない有美はある行動を起こす――それは選挙に落ちること!前代未聞の選挙戦の行方は?

東京ウインドオーケストラ』(2017)『ピンカートンに会いに行く』(2018)で笑わせてもらった坂下雄一郎監督の最新作。コメディで政治を描きたいと2016年の企画から5年をかけて完成したオリジナル脚本です。調査・取材を重ね、時事ネタを拾い、願ってもないキャストが終結し、15日間で撮り終えたという作品。議員秘書たちは選挙で議員が落選すればたちまち無職。そんな秘書から見た選挙の裏側を、坂下監督は熱すぎず重すぎず品よく描いています。
それを担った俳優陣は演技巧者ばかり。真っ赤なスーツが似合う宮沢りえさん扮する2世候補は、無駄に熱い正義感で秘書たちを振り回します。海千山千の政治家に仕えてきたベテラン秘書たちは、新人のなだめ方、危機の対処も上手。ニュースやSNSで見聞きしたあれこれも絶妙に配されて、実在の誰かさんを思い出しました。窪田正孝くんの谷村秘書の力の抜け具合もよく、当選&落選のための運動もへー!ということばかり。政界・選挙に限らず、どの世界でも裏側とはこうなのでしょうか。笑いながら「社会勉強」もできます。(白)


宮沢りえの第一声がいかにも政治家の口調で、「いるいる、こういう人」と笑ってしまいます。世間を知らないお嬢さま育ちの有美を見事に体現しています。
個別訪問しているときに思いっきり失礼なことを言ってしまいますが、演じる人によっては嫌味に見えるでしょうけれど、お嬢さま育ちだから仕方ないと思えてしまうのは宮沢りえが持っている内面の気品によるものかも。
考えなく投降したSNSが炎上するなどあるあるな話だけでなく、やっぱりこういうことってしているのね話まで、坂下監督はしっかりリサーチして書きあげた脚本はコメディタッチな展開でもリアリティを感じます。
12月24日に東京で先行上映が始まった『香川1区』とセットで見るとその落差に驚くものの、もしかすると『香川1区』の三世議員の平井卓也さんには有美的な部分があるのかもしれないと思ってしまいました。
それにしても選挙ってやっぱりこんな感じなんだろうか。。。(堀)


2022年/日本/カラー/ビスタ/105分
配給:クロックワークス
(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会
https://kessen-movie.com/
★2022年1月7日(金)より新宿バルト9ほか絶賛公開中!!

posted by shiraishi at 14:48| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

夫とちょっと離れて島暮らし

otto.jpg

監督・撮影・編集:國武綾
プロデューサー:中川究矢 
エグゼクティブプロデューサー:宮下公一
出演:ちゃず、マム、ヘイ兄、加計呂麻島 西阿室集落のみなさん、けんちゃん 他

イラストレーターのちゃずさんはずっと東京暮らし。仕事に追われる日々がなんだか息苦しくなって、夫と相談の結果、1年間だけ単身奄美群島の加計呂麻島に移住することにした。仕事はパソコンがあれば東京とやりとりができる(接続は遅い)。夫とは毎日スマホで交信、島の人々と顔見知りになり挨拶をかわし、自転車で走り回る。ちゃずさんはたくさん充電ができた。
そんな島暮らしの様子をたまたまラジオで聞いた國武綾は、ちゃずさんのinstagramHPをフォローし、ワニブックスの著書も読んだ。そしてちゃずさんが島にいる間に”ドキュメンタリーを作ろう!”と思い立つ。

國武綾監督は俳優をしながらアルバイトもしています。そのバイト先のラジオでちゃずさんの声を聞いたのが、映画のきっかけというのですから面白いです。ちゃずさんと同じく夫さんが映像作家で、撮影許可をもらいに2人で加計呂麻島を訪ねました。飛行機で成田から奄美空港へ(一日一便/3時間)、南下して船で30分。遠路はるばる出かけ初めてちゃずさんに出逢って、カメラを回したときの感想がHPに掲載されています。初々しいです。
私はこの映画で初めてちゃずさんを知りました。笑顔も元気もいっぱいの方です。東京を飛び出したいほど、元気の出ないときもあったんですね。期限付きの移住って、故郷がもひとつ増えた感覚じゃないでしょうか?島暮らしは不便なこともあるけれど、島時間が流れて東京のようにせかせかしません。映画を観たら島に行きたくなりました。(白)


期間限定の奄美大島・加計呂麻島への移住。この作品を観て、私自身の1981年から85年までの信州、鹿島槍高原、白馬村暮らしのことを思いだした。私の場合は写真をやっていて鹿島槍ヶ岳という山の写真を撮ろうと思っての信州暮らしだったけど、この作品を観て、これも今思えば「期間限定の移住」だったなと思いました。山やスキーにハマって、1970年から80年の約10年の間に60回くらい長野、松本、白馬など信州の山々に通い、鹿島槍ヶ岳に魅せられ、結局、北アルプス山麓で暮らすことになったのでした。私の信州での山里暮らしも当初1年の予定だったけど、結局延べ5年の滞在。やはり魅せられた場所での暮らしは離れがたくなるのです。私の場合は、帰るか残るかすごく迷いましたが、やはり東京に戻ってきました。ちゃずさんも当初は1年の予定だったけど2年半の加計呂麻島・西阿室集落での生活を続けました。イラストレーターという仕事を持ち、地元の人たちとの交流、共同作業や仕事の請負いなど、その地に根付いてしまうと離れがたくなるのです。ちゃずさんの仕事を観て、『街は誰のもの?』を思いだしました。この作品はブラジルサンパウロで、家の壁などに文字やイラストなどを描いている人たちのことを描いていたけど、ちゃずさんもいろいろな人の家の壁などに絵を描いていました。こういう絵もいいなあと思いました。
奄美大島というと、私にとっては田中一村が移住して絵を描いた島というイメージで、一村は50歳をすぎてから奄美大島に行き、大島紬の染色工として生計を立てながら絵を描き続け、生涯を終えた69歳までここで絵を描き続けました。彼の絵は亡くなってから知られるようになり、今、奄美大島に「田中一村記念美術館」もありますが、一村の作品も奄美の自然に魅せられて、鮮やかな色彩と奄美の動植物を描いていますが、ちゃずさんの絵を見て、ここに暮らすとやはり同じように自然に影響された色彩や姿かたちを描くのだなと思いました。一村の絵は生きているうちは社会に知られることがなかったけど、現代に生きるちゃずさんはインターネットを駆使して、自分の今を社会に発信しています。
私は一村の絵を見て衝撃を受けたのですが、奄美の自然は人の心を揺さぶります。いつか奄美大島に行ってみたいと思っていましたが、『夫とちょっと離れて島暮らし』を観て、いっそうその気持ちが強くなりました(暁)。


2021年/日本/カラー/90分
配給:Amami Cinema Production
https://chaz-eiga.com/
協力:BUENA、エビス大黒舎、お食事処もっか、株式会社ワニブックス

★2021年12月25日(土)より新宿K's cinemaにて2週間限定公開!
ほか全国順次公開
連日朝10時より上映※1/1は休映ロードショー



posted by shiraishi at 01:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

なれのはて

narenohate.jpg

監督・撮影・編集:粂田 剛 
出演:嶋村正、安岡一生、谷口俊比古、平山敏春

フィリピンの首都マニラの貧困地区。ここでひっそりと暮らす「困窮邦人」と呼ばれる高齢の日本人男性4人を、7年にわたって追ったドキュメンタリー。

嶋村 正 (62)
神奈川出身。元神奈川県警の警察官。フィリピーナにハマり、離婚してフィリピンへ。日本料理店のコック、旅行代理店などで働いていたが、脳梗塞で倒れたことで仕事ができなくなり、生活が困窮。フィリピン人の妻にも逃げられる。その後知人の紹介で偽装結婚の相手となり、わずかなお金をもらって暮らす。

安岡 一生 (58)
大阪出身。元証券会社勤務。証券会社を退職後、ゴルフ場の開発に絡んでフィリピンに来て、その魅力にハマり、居つく。いつしかマニラに遊びに来る日本人向けのガイドとして生計を立てるようになった。エルミタ・マラテ地区のカジノやKTV、置屋に精通している。内縁の妻クリスティと10年以上同居生活を送る。

谷口 俊比古 (64)
東京出身。元暴力団構成員、ドッグトレーナー。日本で或る「事件」を起こし、当時弟がいたマニラに逃げて来た。その後、中古自動車販売店を営んでいた弟が借金で夜逃げ、残された本人はお金も家も無く路上生活を送るハメに。その頃知り合った自転車店に出入りして仕事の手伝いをするうちに、軒下を掃除して、居候するようになった。

平山 敏春 (63)
福岡出身。元トラック運転手、建設現場の重機オペレーター。離婚してフィリピンパブにハマる。日本で仕事が無くなり、知人に誘われ移住を決意。有り金全部に、借金もしてマニラに来るが、そのお金は知人によってカジノに消えた。それからは知り合いの家を転々としながら、現場作業員やジープの呼び込みなどで稼いで細々と暮らす。そんな生活の中で知り合ったテスに惚れ結婚、子供もできた。

粂田監督は、2012 年から 2019 年にかけて 20 回ほどマニラを訪れ、1回につき 10 日から2週間の滞在で4人の「なれのはて」を追っています。かつては、日本に家族もいたのに、それぞれワケあって日本に帰国せず、マニラで人生の終焉を迎えようとしている姿が、なんとも痛ましく思えるのですが、本人たちは案外そうでもないのかもしれません。
スラムの人たちは、自分たちの生活で精一杯のはずなのに、頼る家族のいない日本人男性たちに何かしら手を差し伸べている様が見てとれます。この地に身をゆだね、様々なしがらみから解き放たれてはいるのでしょうけど、私にはとうてい真似はできないなぁ~と、みていてつらいものがありました。歯が抜け落ちたままの方が多くて、さらに哀れな印象を受けてしまいました。歯の悪いのを長らく放っておいた私は、今後はちゃんと綺麗に治療しなくてはと反省!(咲)


第3回東京ドキュメンタリー映画祭 長編部門グランプリ&観客賞

2021年/日本/DCP/カラー/120分
製作:有象無象プロダクション 
配給・宣伝:ブライトホース・フィルム
Ⓒ有象無象プロダクション
公式サイト:https://nareno-hate.com/
★2021年12月18日(土) 新宿K's cinemaにてロードショー! 以降全国順次公開




posted by sakiko at 03:01| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

私はいったい、何と闘っているのか

watasiha.jpg

監督:李 闘士男
原作:つぶやきシロ―「私はいったい、何と闘っているのか」(小学館刊)
脚本:坪田 文 
音楽:安達 練
主題歌:ウルトラ寿司ふぁいやー「今すぐアナタを愛したい」(AMUSE)
出演:安田顕(伊澤春男)、小池栄子(伊澤律子)、岡田結実(伊澤小梅)、ファーストサマーウイカ(高井)、SWAY/劇団EXILE(梅垣聡)、金子大地(金子)、菊池日菜子(伊澤香菜子)、小山春朋(伊澤亮太)、田村健太郎、佐藤真弓、鯉沼 トキ、 竹井亮介、久ヶ沢徹、伊藤ふみお(KEMURI)、伊集院光、白川和子

伊澤春男45歳。スーパーウメヤの万年主任。店長に期待され、クールな高山さん、熱い金子くんたちと充実した毎日を送っている。家庭では妻、律子と可愛い娘、小梅と香菜子、長男の小学生の亮太と5人家族のマイホームパパ。実は春男の頭の中は常に先を読み、妄想が止まらない。気を遣ったはずがことごとく裏目に出て、自分の人生こんなもんと諦めの境地である。ある日ウメヤに緊急事態発生、本部から新店長がやってくる。春男にはこれまでなかった”副店長”という肩書がついた。

李闘士男監督と安田顕さんが『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(18年)以来の再タッグ。李監督の作品の登場人物は”濃い人”が多いですが、今回も大勢揃っています。空回りばかりの主人公・春男の笑顔の裏の闘い(脳内)をモノローグで表現していて、安田顕さんのモノローグも大量。逡巡するのもみな音声でかぶさるので、最初うざいです(笑)。いろいろ考えた割に成果がないのはお約束。思ったことを口に出せず、行動に移せず、損な役回りになってしまうのですが、しょうがないなぁと思われても、嫌われたりしません。こんな人だからあんな家族がいて、差し引きプラスの人生です。後半意外な事実が判明し、さらにほっこりします。
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(18年)の”タイジくん役”だった小山春朋くんがずいぶんと大きくなっていました。(白)


2021年/日本/カラー/114分
配給:日活、東京テアトル
(C)2021 つぶやきシロー・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会
https://nanitata-movie.jp/
★2021年12月17日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 22:03| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偶然と想像

guzentosozo.jpg

監督・脚本:濱口竜介
撮影:飯岡幸子
出演:古川琴音(芽衣子)、中島歩(彼)、玄理(つぐみ)、渋川清彦(瀬川)、森郁月(奈緒)、甲斐翔真(佐々木)、占部房子(夏子)、河井青葉(あや)

「魔法(よりもっと不確か)」
 撮影帰りのタクシーの中、モデルの芽衣子は、仲の良いヘアメイクのつぐみから、彼女が最近会った気になる男性との惚気話を聞かされる。つぐみが先に下車したあと、ひとり車内に残った芽衣子が運転手に告げた行き先は──。

「扉は開けたままで」
作家で教授の瀬川は、出席日数の足りないゼミ生・佐々木の単位取得を認めず、佐々木の就職内定は取り消しに。逆恨みをした彼は、同級生の奈緒に色仕掛けの共謀をもちかけ、瀬川にスキャンダルを起こさせようとする。

「もう一度」
 高校の同窓会に参加するため仙台へやってきた夏子は、仙台駅のエスカレーターであやとすれ違う。お互いを見返し、あわてて駆け寄る夏子とあや。20年ぶりの再会に興奮を隠しきれず話し込むふたりの関係性に、やがて想像し得なかった変化が訪れる。

タイトルの”偶然と想像”を共通テーマに全く違う色合いの短編3本。昨年の『ドライブ・マイ・カー』に続いて国内外での受賞多数。
1本目、世間は意外に狭くて、ありえるかも。でもあったら気まずいと思う設定。古川琴音さんが不思議ちゃんタイプの生々しくない女の子。
2本目、反対にやたら官能的な朗読に、現場の人はどうしていたのかと気になりましたた。人目に触れたくないものをメールで送ってはいけません。とてもまじめでニコリともしない渋川さんが珍しい。 
3本目、一番親近感あり、これはありそうです。ネットウィルスのためあらゆる機密情報が流失してまだ復旧できず、通信手段は数十年前に逆戻りしている、というのがミソ。2人の女優さんが良くて好きな短編でした。皆さんのお好みは?(白)


『偶然と想像』は、2021年の東京フィルメックスのオープニング作品として上映され、上映前に濱口竜介監督をはじめ、第一話「魔法(よりもっと不確か)」に出演の古川琴音さん、玄理さん、第二話「扉は開けたままで」に出演の渋川清彦さん、甲斐翔真さん、第三話「もう一度」に出演の占部房子さん、河井青葉さんが登壇し、舞台挨拶が行われた。

●P1140630補正_R_R.jpg
2021年東京フィルメックス舞台挨拶の写真
前列左から 古川琴音さん、渋川清彦さん、占部房子さん、濱口竜介監督
後列左から 玄理さん、甲斐翔真さん、河井青葉さん

上映後のQ&Aで

●P1140692_R補正_R.jpg
中島歩さんと濱口竜介監督

「偶然と想像」ベタなタイトルだけど、人生、想像もしなかったことが偶然起きるということが時々ある。そんな人生においての事象を切り取った作品。あるいは偶然起こったことを利用して新しく「創造」された作品ともいえる。こんなことあるかもと思わせる。撮影は飯岡幸子さん。濱口監督は、この作品の撮影は彼女に頼みたかったとQ&Aで答えていたけど、彼女の撮影した作品が来年早々2本公開される。
*『春原さんのうた』2022年1月8日、『三度目の、正直』2022年1月下旬
日本の映画界での女性撮影者は女性監督以上に少ないと思うが、芦澤明子さんに続く撮影監督としてぜひ日本の映画界の中で活躍していってほしい(暁)。

第71回 ベルリン国際映画祭(2021年)審査員グランプリ(銀熊賞)受賞
ナント三大陸映画祭 グランプリ(金の気球賞)と観客賞
第17回CineFest ミシュコルツ国際映画祭 エメリック・プレスバーガー
第22回東京フィルメックス 観客賞を獲得
シカゴ国際映画祭 シルバー・Q・ヒューゴ賞

2021年/日本/カラー/1.85:1/5.1ch/121分
配給:Incline
(C)2021 NEOPA / Fictive
https://guzen-sozo.incline.life/
★2021年12月17日(金)Bunkamuraル・シネマほかロードショー

posted by shiraishi at 21:53| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする