2019年08月15日

火口のふたり

IMG_0302.JPG

監督:荒井晴彦
原作:白石一文
脚本:荒井晴彦
出演:柄本佑、瀧内公美

東日本大震災から7年目の夏、離婚し、再就職先も倒産してしまった永原賢治(柄本佑)は、かつて恋人だった佐藤直子(瀧内公美)の結婚式に出るため郷里の秋田に帰省する。久々に再会した賢治と直子は、ふとしたきっかけでかつてのようにお互いを求め合う。

漫画を原作とする砂糖菓子のような甘い恋愛映画が跋扈する中、珍しく性愛に身を窶す男女の物語。無修正映像ということもあり、より生々しく強い”身体性”を訴えかける映画だ。

象徴的な”火口”のモチーフ、ふたりの官能の日々が充満した一冊のアルバム、〝亡者踊り〟という幻想的な盆踊りの風景など、ビジュアル的要素は十分なのに、監督の荒井晴彦は脚本家出身のせいか、台詞で説明を加えようとする。狙った上での演出意図だろうか。

台詞や身体表現は達者なはずの柄本佑より、瀧内公美のほうが本作に限っては人物造形、心象描出ともに長けている気がする。覚悟を決めた女優は潔い。鋭い射抜くような眼差しに魅せられる。

下田逸郎の楽曲といい、全体的に昭和テイストな点も監督の狙いか。濡れ場シーンの多さに抵抗感を持つ女子は居そうだ。否が応でも身体に刻まれている記憶と、理性や規範意識の狭間で翻弄される抑制し難い欲求は、誰しも覚えのあるところかもしれない。(幸)


2019年製作/115分/R18+/日本
©2019「火口のふたり」製作委員会
配給:ファントム・フィルム
8/23(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開
posted by yukie at 11:42| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

チラシ.jpg

監督:佐古忠彦
プロデューサー:藤井和史,刀根鉄太 撮影:福田安美 音声:町田英史
編集:後藤亮太 音楽:坂本龍一,他
語り:山根基世,役所広司 出演:瀬長亀次郎,他

沖縄を深く愛した男の不屈の人生を描ききる
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長カメジローのドキュメンタリー『米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー』の続編
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/452837308.html
カメジローは230冊を超える日記を詳細に書き残していた・・・その日記を読み解き、あらためて人間カメジローを浮かび上がらせた。更に当時の佐藤首相とカメジローの、国会での迫力ある映像など貴重なアーカイヴ類も必見。カメジローを通して、戦後から現在に繋がる沖縄が見えてくる--

1.jpg(c)TBSテレビ


去年の3月、シネジャともご縁のある沖縄県那覇市の映画館、桜坂劇場を初訪しました。その時に観た映画が前作『米軍が最も恐れた男その名は、カメジロー』でした。沖縄に心から寄り添ったカメジローさんの闘う姿に涙とまらず・・・
http://cinemajournal.seesaa.net/article/458525465.html
その続編が制作されたと聞き、胸が熱くなりましたが、こちらの作品群の監督は大手テレビ局に勤務するテレビマン・・・そんなかたが、どうやって、この膨大なアーカイヴ資料を紐解き、映画を作ったりしたのか?! 疑問もあったところ、佐古監督に取材が叶いました。
音楽は前作と同じく坂本龍一さんが担当、その美しい旋律も心に響きます。 (千)



(c)TBSテレビ
2019年/日本/128分
配給:彩プロ
公式サイト: http://kamejiro2.ayapro.ne.jp/
★2019年8月17日(土)桜坂劇場にて沖縄先行公開、8月24日より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
posted by chie at 00:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

ダンスウィズミー 

dancewithmeposter.jpg

監督・脚本:矢口史靖
撮影:谷口和寛
照明:森紀博
美術:磯田典宏
主演:三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明

有名企業で働く静香(三吉彩花)は子どもの頃からミュージカルが苦手。姪っ子を連れて遊びに出かけた先で突然、マーチン上田(宝田明)に催眠術をかけられ、音楽を聞くと歌い踊らずにはいられない体になってしまう。このままでは、憧れの先輩エリート社員の村上(三浦貴大)との恋も仕事も失ってしまう。静香は催眠術を解くために、マーチン上田を探すが見つからない。そこにこズルい調査員の渡辺(ムロツヨシ)、お金とイケメンに弱いフリーターの千絵(やしろ優)、ワケありストリートミュージシャンの洋子(chay)といったひとクセもふたクセもある人々が絡んできて、更なるトラブルを引き起こしていく。果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか。

いきなり歌い出し、踊り歩き、音楽が終わった途端、普通にもどる。よくあるミュージカル仕立ての映画を見るたびに「それって普通じゃありえない!」と思っていた。では、ミュージカルシーンをリアルに持ち込むとどうなるか。矢口史靖監督も同じことを感じていたらしい。その疑問にしっかり答え、ギャップを笑いに変え、ロードムービーに仕上げてくれた。
主演の三吉彩花がミュージカルシーンの全ての歌とダンスを吹き替えなしで演じた。伸びやかな肢体がスクリーンいっぱいに弾ける。反発しながらも一緒に旅をする相棒にお笑い芸人のやしろ優。まったりとしながらもステップは軽やか。三浦貴大はイメージとは真逆な役だが、たまにはこんな役もいいかも。(堀)


矢口史靖(やぐちしのぶ)監督作品はほぼ観てきて、観るたび笑わせてもらって幸せな気分で劇場(または試写室)を後にしました。オリジナルストーリーの本作もぴったりのキャストを得て賑やかで楽しい作品に仕上げています。
オーディションで選出された三吉彩花さんはモデルーアイドルー俳優と進んできました。『グッモーエビアン!』(2012)で麻生久美子さんの中学生の娘役、『旅立ちの島唄 ~十五の春~』(2013)では沖縄民謡を三線を弾きながら歌っていましたっけ。素敵な女優さんになりましたね。歌とダンスは撮影に入る前から練習を重ねたそうですが、机の上を走ったり、レストランでシャンデリアにぶら下がったりとアクションスター顔負けの頑張りを見せています。芸達者なムロツヨシさん、やしろ優さんが笑いを倍加。(白)


2019年/日本/カラー/103分
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
©2019 映画「ダンスウィズミー」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/dancewithme/
★2019年8月16日(金)全国ロードショー
posted by ほりきみき at 12:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無限ファンデーション

mugenposter.jpg

監督:大崎章
撮影:猪本雅三
録音:伊藤裕規
照明:松隈信一
音楽・主題歌:西山小雨
出演:南沙良(未来)、西山小雨 (小雨)、原菜乃華(ナノカ)、小野花梨(百合)、近藤笑菜(笑菜)、日高七海(千明)、池田朱那(亜子)、佐藤蓮(智也)、嶺豪一(担任・滝本)、片岡礼子(未来の母・今日子)

人付き合いの苦手な女子高生未来(みらい)は、数学の補講中も洋服の絵を描いてしまう。夢は服飾デザイナーになることだけれど、誰にも話したことはない。演劇部のナノカが未来の絵を見て、衣装担当にと強引に誘う。帰り道、リサイクル施設の中から歌声が聞こえてきた。音楽にひかれて入っていった未来は、ウクレレを弾いていたお下げの少女小雨と出会う。
演劇部の活動と小雨との会話、未来の毎日はこれまでと違ってきた。

骨子だけ決めて、全編出演者の即興演技で作られた作品です。引っ込み思案だった未来が不思議少女の小雨に心を開いていくようす。演劇部員たちの丁々発止のやりとり。これが即興とはねえ、と見入りました。『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』ほか活躍中の南沙良さんほか、女子高生たちが生き生きしています。『お盆の弟』の大崎章監督がたくさんの少女たちを相手にどんな風に采配をふるったのかしら?と興味津々で取材を申し込みました。
そしてこの映画製作のきっかけとなったシンガーソングライターの小雨さん、ライブ中心の活動だそうで、この作品で初めて歌声を聞き、妖精かエルフか?な、その空気感に魅了されて、これまた取材を切望。運よくお二人そろっての取材が実現しました。絶賛編集中です。「MOOSIC LAB」の2018年度長編部門で女優賞(南沙良)、ベストミュージシャン賞(西山小雨)を受賞しました。MVの予定が長編映画になり、こうして上映の日を迎えることができ、最初の予定だったMVも完成しました。おめでとうございます。(白)


mugen1.jpg

夢や希望がきらきらと飛び交う高校時代。強く主張する子がいれば、遠慮がちな子もいる。叫んで、泣いて、諦めて。それでも立ち上がって進むことでかけがえのないものを手に入れる。
全編即興で撮られ、セリフはその場のリアルな感情そのものだった。特に、ナノカが映画のオーディションを優先して、演劇部の主役であるシンデレラを降りると言い出したときのほとばしるような感情の応酬。どちらの言い分もよくわかる。震えそう。青春は時に残酷な決断を強いる。
しかし、ナノカの立場になったら、どうすべきだったんだろう。正解はあるのだろうか。心の中に宿題のように残る。(堀)


予告編まで即興劇!(近藤笑菜さん&日高七海さん出演)こちら


2017年/日本/カラー/102分
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)2018「無限ファンデーション
https://mugenfoundation.com/
★2019年8月24日(土)K's cinema他全国順次公開
posted by shiraishi at 11:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

映画『東京裁判』4Kデジタルリマスター版

2019年8月3日(土)ユーロスペースほか全国順次公開!
劇場情報 http://www.tokyosaiban2019.com/theater.php

tokyosaiban_B5_leaflet_omote補正.jpg
(C)講談社2018

監督:小林正樹
総プロデューサー:足澤禎吉、須藤 博  
エグゼクティブプロデューサー:杉山捷三(講談社)
プロデューサー:荒木正也(博報堂)、安武 龍
原案:稲垣 俊  脚本:小林正樹、小笠原 清(CINEA-1)
編集:浦岡敬一(CINEA-1)  編集助手:津本悦子、吉岡 聡、佐藤康雄
録音:西崎英雄(CINEA-1)  録音助手:浦田和治  
音響効果:本間 明  効果助手:安藤邦男
資料撮影:奥村祐治(CINEA-1)  撮影助手:北村徳男、瓜生敏彦  
ネガ編集:南 とめ ネガ編助手:大橋富代
タイトル美術:日映美術  現像:東洋現像所  録音:アオイスタジオ
    協力:博報堂
史実考査:一橋大学教授 細谷千博(現代史)、神戸大学教授 安藤仁介(国際法)
翻訳監修:山崎剛太郎  
監督補佐:小笠原 清  助監督:戸井田克彦  製作進行:光森忠勝
ナレーター:佐藤 慶
音楽:武満 徹  指揮:田中信昭  演奏:東京コンサーツ
公式HP http://www.tokyosaiban2019.com/theater.php

第2次世界大戦。何を裁き、何が裁かれなかったのか

『壁あつき部屋』(BC級戦犯を扱ったもの)、『黒い河』(戦後の米軍基地を舞台としたもの)、『人間の條件』6部作(満州戦線に従軍した五味川純平氏の自伝的ベストセラー小説を映画化。戦争の中で人間がどう変わっていくのかという姿をリアルに描いた)など、これらの作品の中で戦争の「おそろしさ」、「むなしさ」、「おろかさ」を一貫して描いてきた小林正樹監督が、自らの戦争体験をもとに鎮魂の祈りを込めて作った4時間37分の作品が4kデジタルリマスター版で蘇る。

1945年8月に降伏した日本の戦後の運命を決定づけた極東国際軍事裁判(通称 東京裁判)の全貌を描いた映画『東京裁判』は、第2次世界大戦の実態を映像に収めた作品。東京裁判は1946年、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校大講堂(現在の防衛省の地)で開廷された。裁判官および検事は、日本の降伏文書に署名した9か国とインド、フィリピンの計11カ国の代表で構成。裁判では「平和に対する罪」「人道に対する罪」など55項目に及ぶ罪状が裁かれた。
元々はアメリカ国防総省が撮影していた50万フィートもの膨大な裁判記録のフィルムが1973年に公開され、講談社がこれを基に創立70周年記念事業として記録映画を企画した。監督に要請された小林正樹は、それまで何本もの作品で戦争の非を訴え続けてきたが、この作品では5年の歳月をかけてフィルムを吟味し、国内外のニュース映像なども調査してピックアップ。そこから脚本を作りながら適応するフィルムをあたるという気が遠くなるような作業を繰り返し、「時代の証言者」としての映画を完成させた。
この裁判で28人の被告は全員無罪を主張したが、公判では発狂免訴された大川周明、病死した松岡洋右と永野修身を除く全被告25名のうち東條英機ら7名が絞首刑、他18名は終身刑もしくは有期刑が宣告され、東京裁判は終結した。しかし、天皇は戦争責任を免がれた(アメリカの思惑、マッカーサーの天皇に対するシンパシーもあったかららしい)。真の裁きは終わってない。即ち東京裁判は完結していないことを、本作は示している。
単に裁判の記録ということだけではなく、日本の軍国主義の歩みと激動の世界情勢を照らし合わせながら、人類がもたらす最大の愚行「戦争」の本質を巧みに訴えた本作は1983年に製作、公開された。戦後38年で「戦争を知らない世代」が多くなった頃。
さらに2019年(戦後74年)、戦争を経験した世代が亡くなっていく中、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復された4Kデジタルリマスター版が公開される。改憲や戦争の是非をめぐる論議が出てきている今、改めて「平和」について考えさせられる。

東條英機.jpg
(C)講談社2018


「勝者が敗者を裁いたからね」といわれる「東京裁判」だが、それでも日本人自身の手で何も裁くことがなかった当時のツケが、現代に回ってきているのではないか? 戦後74年経った今、また、戦前の時代のような世相、憲法を改悪し、また戦争ができるように変えようとする動きを感じる。このようなときに、映画『東京裁判』が再上映される意味は大きい。若い人にぜひ観てほしい(暁)。

デジタル修復補訂版2018
デジタルリマスター監修:小笠原 清、杉山捷三
アーカイブコーディネーター:水戸遼平  
フィルムインスペクション:千陽裕美子
デジタルレストレーション:黒木 恒、高橋奈々子、森下甲一  
カラリスト:阿部悦明  音調調整:浦田和治
協力:独立行政法人国立映画アーカイブ 株式会社IMAGICA Lab.
サウンドデザイン ユルタ 豊国印刷 バーミンガム・ブレーンズ・トラスト
特別協力:芸游会
企画・製作・提供:講談社

1983年/日本/モノクロ/DCP/5.0ch/277分
配給 太秦
日本初公開 1983年6月4日

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受賞
第26回ブルーリボン賞 最優秀作品賞
第38回毎日映画コンクール 日本映画優秀作品賞
第12回日本映画ペンクラブ賞 日本映画第1位
1985年ロンドン国際映画祭招待作品 作品賞
1985年シドニー国際映画祭招待作品 作品賞
1985年モントリオール映画祭招待作品 批評家協会賞

posted by akemi at 17:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする