2022年08月14日

失われた時の中で Long Time Passing 英題「Long Time Passing」

2022年8月20日より ポレポレ東中野ほか全国順次公開
上映情報 
LTP_omote_R_R.jpg
(C)2022 Masako Sakata

写真家だった夫の死をきっかけにカメラを持ち、ベトナムに向かった妻
それから20年。枯葉剤被害者の現実の中に見出したものは

監督・撮影:坂田雅子
編集・構成:大重裕二
サウンドデザイン:小川武
音楽:難波正司
写真提供:グレッグ・デイビス フィリップ・ジョンズ・グリフィス ジョエル・サケット
コーディネーター・仏語翻訳:飛幡祐規

夫の死により、思いがけず映画監督として人生を歩むことになった坂田雅子さん。『花はどこへいった』(2007)『沈黙の春を生きて』(2011)など、ベトナムの枯葉剤被害をテーマにした作品を20年にわたって撮り続けてきた坂田雅子監督の最新作。
ベトナム帰還兵で、写真家だった夫のグレッグ・デイビスが2003年4月19日、胃の不調、足の腫れを訴え入院。5月4日、肝臓がんにより逝去。突然の死を遂げた原因が、ベトナム戦争時の枯葉剤にあるのではないかと聞かされ、夫の身に起きたことを知りたいと思い、ベトナムで取材を始めた。そこで見たのは、戦後30年を過ぎてもなお枯葉剤の影響で重い障害を持って生まれてくる子どもたち。そして、その子たちを愛しみ育てる家族の姿だった。
それからおよそ20年。ベトナムはめざましい経済発展を遂げたが、枯葉剤被害者とその家族は取り残されている。今なお、枯葉剤の影響で重い障害を持って生まれてくる子どもたち。そのケアを担い、家計を支えるために進学を断念せざる得ない兄弟、姉妹たち。無医村を周り、支援活動を続ける医師。アメリカ政府と枯葉剤を製造した企業に対する裁判を起こした元解放戦線の兵士だったジャーナリスト。時間の経過とともに明らかになる、戦争が奪ったものと奪えなかったもの。カメラは癒えることのない戦争の傷痕に向き合い続ける⼈々の姿を記録する。

坂田雅子さんは夫の死後、映像制作を⼀から学び、これまでに枯葉剤や核をテーマにしたドキュメンタリーを作ってきた。世界をめぐり坂田監督が描いてきたのは、戦争や原発事故などに翻弄されながらも、現実を受け止め、時に抗って、その中で生きる人々の姿。それらの人々との出会いの中で、坂田監督は 2010 年にベトナムの枯葉剤被害者支援のために「希望の種」という奨学金制度を設立、子どもたちの教育を支えてきた。「希望の種」の詳細についてはこちらで。

坂田雅子監督がこの作品を作ったいきさつを公式HPに載せています。大きな力がない私たちにもできることはあると語っています。ぜひ、皆さんもこの作品を観て、自分にできることから始めましょう。
<夫の死が枯葉剤のせいかもしれないと聞き、まさに藁にもすがるような気持ちで、枯葉剤について調べ、ドキュメンタリー映画を作ろうと思い立った時、私は55歳でした。何の経験もないところから始まった映画作りでした。
今回の『失われた時の中で』は枯葉剤をテーマにした3作目になります。続編を作ろうと意図していたわけではないのですが、ベトナムを訪れるたびに出会う被害者たちの声がこの映画を作らせたのです。
グレッグは彼の死によって、私に新しい生を与えてくれたのかもしれません。いくつかの小さなドキュメンタリーを作ってわかったことは、小さな私にもできることがある。いや、組織に頼らない小さな私だからこそできることがある、ということです。
ベトナム帰還米兵の「戦争はいつまでも終わらない。だから始めてはいけないのだ」という言葉が響き続けます。戦争や、国際政治など世界の大きな出来事の前につい立ちすくんでしまいますが、諦めずに一人一人がもち堪えるところに希望はあるのだと思います>

高校時代の1968~70年頃、日本でもベトナム反戦運動が盛んになり、私もデモに何度も参加した。そのことが、今の私の生き方に大きく影響している。そして、今もベトナムとベトナムの人々のことが気になる。
枯葉剤の影響については、中村悟郎さんがずっと写真で伝えてきたが、この作品の中でも、グレッグさんが中村さんの枯葉剤の影響を伝える写真展に行き、展覧会の後、中村さんに自身のベトナムでの枯葉剤体験について相談するシーンが出てきた。グレッグさんは、中村さんの写真展を見て、何らかの影響が自分にも出てくると予想していたのかもしれない。

*中村 梧郎 オフィシャルサイト
去年(2021)、日本公開されたイギル・ボラ監督の『記憶の戦争』という作品では、韓国軍がベトナムに参戦し、民間人を虐殺した話を扱っていたが、この作品を作るきっかけになったのが、監督の祖父がベトナム戦争に参戦し、枯葉剤の後遺症で亡くなったということもひとつのきっかけと語っている。監督にインタビューした時に、韓国軍は30万人近く参戦し、枯葉剤の被害者同盟の会員が14万人もいることを知った。これにも驚き。約半分の兵士が枯葉剤の影響を受けている。アメリカ軍は約55万人が参戦しているけど、いったいどのくらいの被害者がいるのだろう。アメリカ軍は友軍にも情報を流していなかったのだろうか。アメリカ、ベトナムだけでなく、ベトナムに参戦した他の国にも被害者はきっといるに違いない。ベトナム戦争が終了して47年、枯葉剤の被害はまだまだ続いている(暁)。
『記憶の戦争』イギル・ボラ監督インタビュー記事

2022年製作/60分/日本
配給:リガード
公式HP

シネマジャーナルHP 特別記事
『失われた時の中で Long Time Passing』坂田雅子監督インタビュー

『失われた時の中で Long Time Passing』上映、イベント情報

●あいち国際女性映画祭
9月9日(金)10:00 ウィルあいち大会議室

劇場イベント情報
●ポレポレ東中野
8月20日(土)10:00と11:50の回上映後、坂田雅子監督による初日舞台挨拶
8月21日(日)10:00の回上映後、坂田雅子監督・中村梧郎さん(フォトジャーナリスト)によるトーク
8月26日(金)10:00の回上映後、坂田雅子監督・小室等さん(フォークシンガー)によるトーク
8月27日(土)10:00の回上映後、坂田雅子監督・加藤登紀子さん(歌手)によるトーク
8月28日(日)10:00の回上映後、坂田雅子監督・渡辺一枝さん(作家)によるトーク
9月1日(木)10:00の回上映後、坂田雅子監督・大石芳野さん(写真家)によるトーク

●第七藝術劇場
9月3日(土)時間調整中|坂田雅子監督による初日舞台挨拶
9月4日(日)時間調整中|坂田雅子監督・桂良太郎さん(日越大学(ハノイ国家大学)客員研究員)によるトーク

●シネマテークたかさき
9月17日(土)、18日(日)時間調整中|坂田雅子監督による舞台挨拶

●京都シネマ
9月19日(月・祝)時間調整中|坂田雅子監督・アイリーン・美緒子・スミスさん(環境ジャーナリスト)によるトーク
9月28日(水)時間調整中|坂田雅子監督・山極壽一さん(総合地球環境学研究所 所長/人類学者)によるトーク

●シネマスコーレ
9月24日(土)時間調整中|坂田雅子監督による初日舞台挨拶

●前橋シネマハウス
10月1日(土)、2(日)時間調整中|坂田雅子監督による舞台挨拶
posted by akemi at 19:42| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月13日

バイオレンスアクション

vio.jpg

監督:瑠東東一郎
脚本:江良 至、瑠東東一郎
原作:浅井蓮次(漫画家)沢田新(原作者)
「バイオレンスアクション」小学館「やわらかスピリッツ」連載中
撮影:髙野学
アクション監督:田渕景也
出演:橋本環奈(菊野ケイ)、杉野遥亮(テラノ)、鈴鹿央士(渡辺)、馬場ふみか(店長)、森崎ウィン(金子)、大東駿介(アヤベ)、太田夢莉(だりあ)、佐藤二朗(三代目組長)、城田優(みちたかくん)、高橋克典(木下)、岡村隆史(ヅラさん)

ピンクボブがトレードマークの菊野ケイの目標は”日商簿記検定2級合格”。専門学校に通学中、スーツの長身イケメンに遭遇して胸をときめかせ、友達と楽しく毎日を過ごしている。一見ごく普通の女の子だが、アルバイト先のラーメン屋は仮の姿。裏稼業は殺しの請負。依頼が入れば躊躇なくターゲットを抹殺する。凄腕の殺し屋ケイが、ヤクザの跡目争いに巻き込まれ、史上最もハードなアルバイトに挑む!変幻自在のアクションに注目せよ!

原作のコミックはこちら。ケイに橋本環奈さんをキャスティングした時点で花丸でした。ゆるふわヒットガールなかなかの再現度です。こんなに動ける人でしたか!
男性陣も豪華な顔ぶれです。どのキャラもイケメン度上がって、「テラノ」の杉野遥亮さん、城田優さんの「みちたかくん」は過ぎるほどです。自分ルールがウザいですが、最狂レベルの強さ。「渡辺」役の鈴鹿央士さんは可愛さ満点。昔のグループサウンズのようなマッシュルームカットは地毛です。ライフルを持って登場するスナイパーの金子は映画のみのキャラ。森崎ウィンさん、ワイルドな髭で出演。ヅラさんの岡村隆史さん、謎の大男くっきーさんのインパクト大。
原作は今も大ヒット&連載中なので、続編も期待できるのでは。
注目のアクションは「リアルを360度カメラで撮影し、高画質のデータとして再生する最新の全天球映像技術“ボリュメトリック”を日本映画で初めて採用」したそうです。書いてみても理屈がよくわからないので、これはもう観て驚いていただくしかありません。これはいったいどうやって撮影したの?と目が丸くなるシーンがそうです。(白)


2022年/日本/カラー/111分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©️浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会
https://www.va-movie.jp/
★2022年8月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サバカン SABAKAN

sabakan.jpg

監督:金沢知樹
脚本:金沢知樹、萩森淳
撮影:菅祐輔
音楽:大島ミチル
主題歌 : ANCHOR「キズナ feat. りりあ。」(VIA / TOY'S FACTORY)
出演:番家一路(久田孝明・子ども時代)、原田琥之佑(竹本健次)、尾野真千子(久田良子)、竹原ピストル(久田広重)、貫地谷しほり(竹本雅代)、岩松了(内田)、草彅 剛(久田孝明・大人)

1986年の長崎。久田孝明は小学5年生。斉藤由貴とキン肉マン消しゴムが大好き。両親は仲がいいがよくケンカする。弟と4人の家はいつも賑やかだ。同じクラスの竹本健次は父親がなく、家が貧しいのをからかわれている。そんな竹本は、久田をイルカを見にブーメラン島に行こうと誘う。ママチャリに二人乗りして山を越え、初めて子供だけで海へと向かう。ヤンキーに絡まれたり、自転車が壊れたり散々な目に遭うが、綺麗なお姉さんに助けられたりもする。小さな冒険を通じて二人はすっかり仲良くなった。

大人になった久田を草彅 剛さん。柔らかな声で、子どものころの忘れられないひと夏を語ります。
金沢知樹監督はかつて芸人としてデビューしたあと、構成作家になり、劇団を旗揚げ、脚本を書き、演出もし、と歩んできてこれが初監督の長編作品です。『ガチ★星』(2018)や2020年の「半沢直樹」の脚本も手掛けているんですね。
長崎出身の監督の子ども時代が反映されているのか、家族は明るく仲が良くて、山も海も輝いています。ベテランの俳優たちが子役を支え、誰もが胸にしまっている戻らない日々を見せてくれます。久田兄弟はほんとの兄弟、いたずらすると引っぱたく尾野真千子母ちゃんの手の速さときたら!「またね」「またね」と言い合って別れた友だちは今どうしているのでしょう。
サバ缶は美味しいので我が家も常備しています。竹本くんのアイディアいただき!(白)


2022年/日本/カラー/96分
配給:キノフィルムズ
(C)2022「SABAKAN」Film Partners
https://sabakan-movie.com/
★2022年8月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:14| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウ

haw.jpg

監督:犬童一心
原作:斉藤ひろし
脚本:斉藤ひろし 犬童一心
主題歌:GReeeeN「味方」(ユニバーサルミュージック)
出演:田中圭(赤西民夫)、池田エライザ(足立桃子)、野間口徹(鍋島史郎)、渡辺真起子(鍋島麗子)、長澤 樹(朝倉麻衣)、モトーラ世理奈(森下めぐみ)、石橋蓮司(関根次郎)、宮本信子(関根志津)

市役所に勤める民夫は婚約者にあっさり捨てられた。そんな民夫に上司の鍋島は大きな保護犬と引き合わせる。以前の飼い主に手術をされて声が出ない白い犬は、すぐに民夫に懐いた。民夫はその鳴き声のまま「ハウ」と名付けて一緒に暮らし始める。毎日が楽しく互いの信頼も深まりかけがえのない存在になったころ、ハウは突然いなくなってしまった。必死に探しまわるが、ある日ハウと似た大型犬が事故死したと連絡が入る。すでに火葬されていて、確かめようがなかった。
実は、ハウは横浜から遠く離れた青森まで行っていた。大好きな民夫に会いたい一心で、南に向かって走り続ける。

偶然が重なって遠くまで行ってしまったハウは、民夫を求めて歩くうちに悲しみを抱えた人々と出逢います。これがもう一つ、いや、それぞれに映画ができそうなストーリーです。ハウはそばにいるだけなのに、その人たちは癒されてちょっとだけいい方向へ進んでいきます。見極めたように彼から離れて、また民夫を探して走るハウ。ハウが死んでしまったと思った民夫は、職場の同僚の桃子や、上司の鍋島夫妻に支えられて少しずつ元の生活を取り戻します。犬と人の愛情と深いつながりに、心がぽっと温かくなります。自分勝手な人間も出てきますが、そこもハウの活躍どころ。ハウ役は俳優犬のベック、初演技だそうですが、田中圭さんとの息はぴったり。石田ゆり子さんのナレーションも優しく、観終わったころには、犬と暮らしたくなっていました。
馳星周さんの『少年と犬』という小説を思い出しました。ハードボイルドな小説を数多く書かれてている馳さんですが、飼い犬のために引っ越しするほどの愛犬家。こと犬に関する小説はものすごく優しいんです。ハウの旅が気に入った方はそちらもおすすめ。犬童監督はこれまでにも、動物とのかかわりを描いた作品を何本も送り出しています。大島弓子さん原作の映画化作品もありますので、猫派の方も要チェックです。(白)


2022年/日本/カラー/118分
配給:東映
(C)2022 「ハウ」製作委員会
https://haw-movie.com/
★2022年8月19日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 20:56| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月07日

ブライアン・ウィルソン/約束の旅路 原題:Brian Wilson: Long Promised Road

2022年8月12日 TOHOシネマズシャンテ、渋谷シネクイントほかにて全国公開

ポスター正式_R_R.jpg
Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

カリフォルニア・サウンズを生み出したソングライター
元ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンに密着


監督:ブレント・ウィルソン 
製作:ティム・ヘディントン、テリサ・スティール・ペイジ、ブレント・ウィルソン
製作総指揮:ブライアン・ウィルソン、メリンダ・ウィルソン、ジェイソン・ファイン 
共同プロデューサー:ジャン・ジーフェルス
出演:ブライアン・ウィルソン、ジェイソン・ファイン、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、ニック・ジョナス、リンダ・ペリー、ドン・ウォズ、ジェイコブ・ディラン、テイラー・ホーキンス、グスターヴォ・ドゥダメル、アル・ジャーディン、ジム・ジェームズ、ボブ・ゴーディオ

メイン Brian Wilson Long Promised Road_Barb Bialkowski_1_R_R.jpg
Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

今でもラジオから曲が流れる、「サーフィン・U.S.A.」「グッド・バイブレーション」「神のみぞ知る」など。そして名盤『ペット・サウンズ』、『スマイル』。『ペット・サウンズ』はビートルズに影響を与えたともいわれる。これらは1960年代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」のヒット曲とアルバム。そしてこの曲を作ったのが、「ザ・ビーチ・ボーイズ」の創立メンバーであり、リーダーのブライアン・ウィルソン。聴く者の心を捉えて離さない旋律とコーラスの美しさ。ブライアンの高音にハリのある歌声。今の音楽にも影響を与えた斬新な発想の曲作り。
他の追随を許さないソングライターは、20歳でビーチ・ボーイズを頂点へと押し上げながら、ある日、グループから忽然と姿を消した。いったい何があったのか。輝かしい栄光の日々のなか、ブライアン・ウィルソンが抱えていた苦しみ。壮絶な人生の喜びと悲しみ、秘めた想いが、ブライアン自身によって語られる。
ブライアンが信頼をおく、友人の元ローリング・ストーン誌のベテラン編集者ジェイソン・ファインとともにドライブをしながら、幼少期を過ごした家や、『サーフィン・サファリ』のジャケット写真を撮影したパラダイス・コーブなど、ゆかりの西海岸の街をめぐる。ドライブを楽しみながらブライアンが話すグループや私生活をめぐる記憶を軸に、ホームビデオやレコーディング風景などの貴重なアーカイブ映像とともに、3年間で70時間以上にわたるインタビュー撮影で語られるのは、プレッシャーに苛まれ陥った薬物中毒、自由と金銭を奪われ続けた精神科医との葛藤。そして亡くなってしまったかけがえのない弟たちへの確執と愛情。それでもブライアンには音楽が、そして創作意欲があった。音楽が彼を世に導き、最悪の環境から救い出し、人間的な復活を遂げた。
貴重なアーカイヴ映像やブライアンをよく知る関係者、彼を信奉するブルース・スプリングスティーンやエルトン・ジョンなど有名ミュージシャンがブライアンへの思いを語り、ブライアン・ウィルソンの軌跡をひも解いていく。

サブ Brian Wilson_Courtesy of Alamy_R_R.jpg
Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

1960年代後半というと、私は中学生から高校生の頃。グループサウンズにハマっていた。そして高校3年の時にはフォークソング同好会を立ち上げ、活動していた。高校3年の時に初めてバイトして買ったのもギターだった。
イギリスではビートルズやローリングストーンズ、アメリカではモンキーズやビーチボーイズが全盛時代。外国の音楽も入ってきていたけど、主にラジオや街に流れる音楽で、TVで映像が流れることはあまりなかった。というよりは、我が家では、日本の音楽番組は見ていたけど、外国の音楽番組を見ることがなかったということだったのかもしれない。でも、この4つのグループぐらいは特集があったかもしれない。
この数年、『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』『スージーQ』『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』『エコー・イン・ザ・キャニオン』など、その頃の音楽シーンをよみがえらせる音楽ドキュメンタリーが、次から次へと公開され、その60年代後半の映像がいっぱいあったんだということを知った。当時、名前しか知らなかったり、名前は聞いたことはあっても顔と名前が一致しなかった人も多く、ブライアン・ウィルソンもその一人だった。『エコー・イン・ザ・キャニオン』で、ビーチボーイズの曲を作っていた人ということを知り、この映画で彼の歩んできた道と苦悩を知った(暁)。


公式HP
2021年/アメリカ/英語/93分
字幕監修:萩原健太
配給:パルコ ユニバーサル映画 
宣伝:ポイント・セット 
posted by akemi at 20:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする