2019年02月17日

フォルトゥナの瞳 

fortuna_main.jpg

監督:三木孝浩
原作:百田尚樹『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)
脚本:坂口理子、三木孝浩
主題歌・挿入歌:「In the Stars(feat, Kiiara)」/ONE OK ROCK (A-Sketch)
出演:神木隆之介、有村架純、志尊 淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎

幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎(神木隆之介)は、友人も恋人もなくただ仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分はなぜこんな力を持ってしまったのか―苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで桐生葵(有村架純)に出会う。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、初めて孤独だった慎一郎の人生に彩りが生まれる。互いに惹かれ合い幸せな日々を過ごす2人。しかしそれもつかの間、突然、葵の身体が透け始めてしまう。

原作は「永遠の0」、「海賊と呼ばれた男」も映画化された百田尚樹の同名小説。ある日突然不思議な力を持ってしまった青年が、その力に翻弄されながらも愛する人と巡り合い、彼女の“死の運命”に必死に立ち向かおうとする。設定はファンタジーだが、描かれているのは愛する人を守りたいという気持ちである。
主人公の慎一郎を演じるのは神木隆之介。人気子役としてスタートし、その後、『桐島、部活やめるってよ』、実写版『るろうに剣心』の「京都大火編」「伝説の最期編」、『バクマン。』など若手俳優へと確実に成長を遂げた。若干25歳にして20年以上のキャリアを持つのだが、意外にも本格的なラブストーリーは初めてという。三木孝浩監督によって、神木隆之介の男としての新たな魅力が見事に引き出された。
三木孝浩監督作品には必ず登場する野間口徹が今回もあんなところに! 分かりやすいが、ほぼ1シーンなのでお見逃しなく。(堀)


2019年/日本/カラー/110分
配給:東宝
(C) 2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会
公式サイト:http://fortuna-movie.com/

★2019年2月15日(金)全国東宝系にてロードショー

posted by ほりきみき at 20:25| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

hahawonakusita.jpg

監督・脚本:大森立嗣(『さよなら渓谷』『日日是好日』)
原作:宮川サトシ著「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊)
主題歌:「君の歌はワルツ」BEGIN書き下ろし
出演:安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司

2012年春。サトシは火葬場で最愛の母の遺骨の中から、小さなひとかけらをそっとポケットにしまう。こんなに早く別れの日が来るなんて・・・。
思えば、明るく元気な母が突然がんを宣告されたのは、2年前の春のことだった。30代半ばを過ぎても、漫画家を志ながら、知人と営む塾の講師をしているサトシをいつも励ましてくれていた母。サトシが中学生の頃に急性白血病に罹った時にも、必死になって守ってくれた母。今度は、サトシが母を励ます番だった。「必ず助かるよ」と声をかけながら、弱気になるサトシを笑顔にしてくれたのは恋人の真里だった。
母が亡くなり、真里との結婚を後押ししてくれていた母の思いに答えて、結婚する。
2012年秋。サトシは念願だった漫画家としてデビューを果たす。新婚の真里と東京に引っ越す。そんなある日、一本の電話がかかってくる。それは、亡き母が遺してくれた驚くべき贈り物だった…

原作は、2013年にWEBサイト「くらげバンチ」で連載がスタートした宮川サトシの自伝エッセイ漫画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊)。
作者の宮川サトシが、自身の母との最期の日々から葬儀、そして母亡き後の日々の体験をもとに描いた物語。
誰しもが経験する肉親との別れ。遺骨を食べたいほどに、そばに置いておきたい気持ちに、観る者皆がほろっとさせられることでしょう。で、驚かされるのは、母親が息子のことを案じて、そこまで考えていたのかという思いもかけない贈り物。私には子どもがいないけれど、母親というもの、子どものためならどんなこともするものだと感じ入りました。(咲)


2019年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/108分
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/
★2019年2月22日(金)全国順次ロードショー





posted by sakiko at 20:45| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

翔んで埼玉

tonde.jpg

監督:武内英樹
原作:魔夜峰央
脚本:徳永友一
撮影:谷川創平
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:はなわ
出演:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、中尾彬(壇ノ浦建)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、JAGUAR(エンペラー千葉)

東京の超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美が、生徒会長として君臨している。彼をヒエラルキーの頂点として、最下層には埼玉県出身の生徒がいる。埼玉県民は通行手形がないと、東京に出入りすることもできず、都民ばかりでなく近隣の県民からも差別を受けていた。過去から続く理不尽なこの状態を打破してくれる”ヒーローの登場”を埼玉県民は願い続けている。
百美は当然のように父の後をついで都知事への最短距離にいると信じて疑わなかったが、転入してきたアメリカ帰りの麻実麗に恋心を抱いたことで、百美の運命は大きく狂い始める。麻実麗こそ隠れ埼玉県人で、埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。

魔夜峰央(まやみねお)さんといえば今も連載が続いている「パタリロ!」がすぐ思い浮かびます。この映画の原作「翔んで埼玉」はまだ”ディスる”という言葉さえなかった1982年~1983年「花とゆめ」別冊に3回に分けて連載されました。当時殆ど反響がなかったのに、2015年に突如注目を浴び、まさかの復刊&大増刷。このたびの映画化とあいなりました。
二階堂ふみさんは違和感ありませんが、GACKTさんが麻実麗とは(ビジュアル再現は200%です)意外なキャスティングに驚き。そっこー断ったのだそうですが、魔夜峰央さんからたっての希望と聞いて、考え直したのだとか。
埼玉ディス映画というのは前半、後半は近隣諸県を巻き込み、郷土愛を前面に押し出したものになっています。江戸川をはさんでの埼玉・千葉対決も面白く思わず噴き出します。いい大人たちが観客を楽しませるために、真剣に大真面目に馬鹿なことをやってくれている娯楽大作。埼玉県知事のお墨付きもいただいたという本作、あの人もこの人も出ていますので、お見逃しなく。(白)


2019年/日本/カラー/シネスコ/107分
配給:東映
(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会
http://www.tondesaitama.com/
★2019年2月22日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 20:44| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔の向こうに

egaono.jpg

監督:榎本二郎
脚本:川崎龍太
撮影:ふじもと光明
音楽:フジパシフィックミュージック
出演:高杉真宙(大地)、安田聖愛(真夏)、池田鉄洋(父)、佐藤藍子(母)、松原智恵子(祖母)、辻本祐樹、西方凌、濱田英里、木村祐一(院長)

大地は、東京にすむ歯科技工士。金沢の実家の父も歯科技工士だったが、大地は口論の末飛び出したきり戻っていない。東京で技術を磨き、イケメンの大地は歯科医院の女性たちに「王子」と呼ばれている。幼馴染の真夏は歯科衛生士として郊外のクリニックで働きはじめ、納品にきた大地と偶然再会する。大地は母の呼びかけに応えて実家に帰り、父に手がけた義歯を見せるが半人前だと言われてしまう。

これまで歯科医が映画に出てきたことはあっても、義歯を作る歯科技工士にスポットをあてたものは見たことがありません。介護の現場でのやりとりも珍しいシーンです。患者役が丹古母鬼馬二さんでした。
「8020運動」は聞いたことありますよね。1989年(平成元年)に提唱された「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動。今年が30周年だそうです。歯科医、歯科衛生士さんが患者と直接ふれあいますが、患者さんには見えないところで日々お仕事をしているのが歯科技工士さん。歯科医院で型をとって1週間か2週間後くらいには、技工士さんの作ったインレー(詰め物)やデンチャー(義歯)ができてきます。普段見られないところが見られる「お仕事映画」でもあります。家族や友達とのすれ違いや仕事の失敗を経て、少しずつ成長していく主人公の青春物語。たくさんの器具を扱って、真剣な表情の高杉真宙さん、ファンはきゅんとしそうです。(白)


2019年/日本/カラー/シネスコ/84分
配給:テンダープロ、プレシディオ
(C)公益社団法人日本歯科医師会
https://egao-mukou.jp/
★2019年2月15日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 20:42| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラさん 僕が猫になったワケ

チラシ.jpg


原作:板羽皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス)
脚本:大野敏哉
音楽:渡邊崇
主題歌Kis-My-Ft2
出演:北山宏光(高畑寿々男/トラさん)、多部未華子(奈津子)、平澤宏々路(実優)、飯豊まりえ(ホワイテスト)、富山えり子(桜木亜子)

高畑寿々男は売れない漫画家。代表作「ネコマン」の最終回を書き上げることもせず、ギャンブルで一攫千金をねらっている。担当編集者には「ネコマン」を完結させるように言われているが、実は猫嫌いで他の新作が描きたい寿々男。愛妻の奈津子はそんな寿々男を見限ることもなくパートに通い、明るく家計を支えていた。一人娘の実優(みゆ)はクラスメイトに寿々男のことでからかわれていた。そうとも知らず、授業参観に出かけて実優に嫌がられるという体たらく。ある日こっそり家計費からくすねたお金を競輪につぎこみ、大当たり。浮かれて帰る途中に交通事故に遭ってしまった。寿々男が目覚めるとそこは「あの世の関所」。これまでの行いを裁判長から指摘され、人生を挽回するために1ヶ月だけ戻れることになった。ただし、猫の姿で。

同名のコミックを原作に「Kis-My-Ft2」の北山宏光さんが初映画主演。あまりにもぐうたらなダメ夫・ダメ父から生まれ変わった(?)トラ猫の着ぐるみで、遺した愛妻と愛娘の幸せのために頑張ります。最初はあんまり頑張ってないんですけどね(笑)。原作の絵とそっくりな北山さんのゆるーい脱力感が、悲劇になりがちなストーリーをあったかい家族愛の作品にしていました。トラさんにいろいろと猫社会の知恵をさずけてくれるのが、飯豊まりえさん演じるお嬢様猫のホワイテスト。この衣装デザインもなかなかです。
猫もの映画は数多くありますが、俳優さんが着ぐるみで猫になってしまうのは記憶にないですね。北山さん飯豊さんの猫っぷりに注目しつつ、家族愛に包まれてください。(白)


1.jpg
(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会


売れないアーティスト彼氏をパートタイマー勤務で支える彼女ってゆうカップルがイヤになるほど周りに居るので、この作品設定に私はのめりこみやすかったです、爆。それに、猫が主人公!! 宇宙一、可愛い生き物 それは猫。その猫に扮する主人公はジャニーズのキスマイ北山さん。私のジャニ歴はSMAPどまりなので、SMAP以降がとんと分からず…キスマイってナニそれ?!状態でしたが…。
(白)さんは俳優さんの着ぐるみ猫映画が記憶に無い~ と書いてますが 私は去年、六月に公開された犬童一心監督の映画『猫は抱くもの』が記憶に新しいです。 キスマイ北山さんの猫っぷり、ほんと面白くて原作漫画も読みたくなりました。 (千)




(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会
2019年/日本/カラー/シネスコ/91分
配給:ショウゲート
公式 http://torasan-movie.jp/
★2019年2月15日(金)より全国順次ロードショー

posted by shiraishi at 20:29| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする