2019年10月20日

この星は、私の星じゃない

劇場公開 2019年 10月26日(土)渋谷ユーロスペース他  公開情報 
a43cb4e67f3d172c.jpg
©2019 パンドラ+BEARSVILLE

監督・撮影・編集・朗読:吉峯美和
プロデューサー:中野理惠、吉峯美和
撮影:南幸男、小口久代 
テーマ曲「新 パワフル ウィメンズ ブルース」(作詞:田中美津、曲・演奏:RIQUO)
出演:田中美津、米津知子、小泉らもん、古堅苗、上野千鶴子、伊藤比呂美、三澤典丈、安藤恭子、徳永理華、垣花譲二、ぐるーぷ「この子、は沖縄だ」の皆さん

日本のウーマン・リブ運動を牽引した田中美津さんを4年間に渡り追ったドキュメンタリー

1970年代初頭「女性解放」を唱えて始まった日本のウーマン・リブ運動を牽引した田中美津さんの歩んできた道、鍼灸師として働く姿、そして沖縄辺野古に通う彼女の今を4年に渡り追ったドキュメンタリー作品。
吉峯美和監督が初めて田中美津さんに会ったのは4年前。「日本人は何をめざしてきたのか 女たちは平等をめざす」という、2015年NHKで放送された、戦後70年の女性史のドキュメンタリー制作にフリーの映像ディレクターとして参加したのがきっかけだった。吉峯監督は、この番組制作で知り合った田中さんに惚れ込んだことが、本作の製作動機になっている。「戦後、活躍したいろいろな女性の方にお目にかかったのですが、田中美津さんはその中でも特別で、強く心に残りました」と田中美津さんに魅力を感じ、映画化を考えたそう。
1970年、田中さんがビラに書いた「便所からの解放」が多くの女性の共感を呼び、日本におけるウーマンリブ運動を牽引する形になり、ウーマンリブ運動のカリスマ的存在になった。昨今、話題になっている“Me Too運動”の先駆けともいえる。女性が「母性=母」か「性欲処理=便所」の二つのイメージに分断されているととなえ、その解放の呼びかけに「便所からの解放」という言葉が使われた。
日本でウーマンリブ運動が始まった1970年代当時は儒教などの影響で「女性は子供のときは父親や兄に従い、結婚したら夫に従い、年老いた後は子(息子)に従うのがよい」という考え方が根深く残っていて、「女性は男性のいうことを聞いていればよい」とか、「結婚したら女性は家庭に入り、家で家事と子育てに従事するのがよい」という考え方があたり前だった。しかし、田中さんの家では、そういう「女はこうでなくてはいけない」みたいは押し付けはされずに育ったという。
それが、田中さんの「自分の思いに忠実に生きる」「ありのままの自分でいい」「女性自身の思いを大切にして、他者からもそういう生き方が尊重されるべき」というような主張に結びついたのだろう。そして、多くの女性たちの共感を得た。今ではこういう考え方はあたり前になっているけど、当時はそういうことを言うと「女らしくない」「女らしく」などと釘をさされたりした。
女性解放は大事、私の解放はもっと大事。家では感じなかった生きがたさを社会からは感じ、「この星は、私の星じゃない」と嘆きながら、不器用にこの星に立ち続けてきた美津さん。リブのカリスマと言ったら、いかにも気が強そうなイメージがあるけど美津さんは違う。体も弱くそれが鍼灸師の道を選ばせたのかもしれない。居場所を求めて、メキシコ、鍼灸師、辺野古と、自分の思いに忠実に行動してきた美津さん。そんな美津さんの魅力にせまる。

「便所からの解放」とは、家庭、性産業、学生運動、社会運動など、社会の中で、男性の性欲処理の対象とされていた女性たち。自尊心を取り戻し、それらからの解放を訴えた彼女の「便所からの解放」は、当時、良くも悪くも時代を象徴する言葉だった。当時高校生だった私はメディアなどから悪意を持って伝えられる「便所からの解放」の言葉を見て「何を言っているの、この人たち」と、リブの人たちに反発を感じていた。しかし、その後リブの女たちと知り合い、直接話を聞いて納得したという経験がある。主婦と性産業で働く女性たちは、こういう男社会の意識の中で分断されていて、お互いを敵のように思っていたところもあった。そんな中で「自分の思いに忠実に生きる」ということを教えてくれたのがリブだった(暁)、


2019年/日本/90分/配給:パンドラ
公式サイト
posted by akemi at 20:51| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1 

aireki2019.jpg

撮影・編集・脚本・監督:越川道夫
音楽:斉藤友秋
出演:瀬戸かほ、深水元基、山田キヌヲ、縄田かのん、宇野祥平

ユリ(瀬戸かほ)は、小さな古本屋を営む一回り年上の夫、トモ(宇野祥平)と暮らしている。バイトをしているうちに強く請われ、一緒になった。
トモは車の事故で、前の妻(縄田かのん)を亡くしていた。今でも毎日、前の妻のことを思い出す一方で、ユリがいつか自分のもとを去ることには耐えられない。死ぬ時は、幸福のてっぺんで死にたいと思っている。
そこにトモの幼馴染のリュウタ(深水元基)が訪ねてくる。長い間会っていなかった父が亡くなり、遺品の本をトモに買い取ってもらうためだった。
ユリは初めて会ったときから、リュウタに抱かれたいと願い、トモへの罪悪感に苛まれながらも思いを募らせていく。そして、もう後戻りはできないとわかったとき、ユリはリュウタが待つ場所へと駆けつけ、夢中で自分のすべてを委ねるのだった。

夫の指先や唇が妻の体を伝い、歓びを導き、妻は大胆な言葉を口にする。一方で胸に重ねられた男の掌に愛を感じつつも踏み留まる。妻のぎりぎりの貞淑さが切ない。募りに募った想いの先の交わりより、その後に2人で葡萄を食べるシーンが官能的だった。越川監督が抜擢した主演の瀬戸かほは本格的演技が初めてながら大健闘した。
夫を演じたのは宇野祥平。てっきり凄惨な修羅場があるかと思いきや、最後までみなが愛にきちんと正面から向き合っていた。(堀)


2019年/日本/106分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
配給:コピアポア・フィルム
© 2019キングレコード株式会社 
公式サイト:http://aireki2019.com/
★2019年10月19日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 19:12| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くらやみ祭の小川さん

kurayami_visual.jpg

監督・脚本:浅野晋康
出演:六角精児、高島礼子、水野久美、佐津川愛美、柄本明、螢雪次朗、斉藤陽一郎、水木薫、

思いがけず早期退職するハメになった56歳の平凡な会社員・小川秀治(六角精児)。家族は、母と嫁と、役者志望の息子に娘が一人。どこにでもある平凡な一家だが、出戻り娘の恋愛騒動、母親の認知症と問題だらけ。退職後、退屈な日々に時間を持て余した秀治は、「なにか趣味でもはじめよう」と考えるのだが、どれもうまくいかない。再就職しようと職業安定所に相談に行くも、なかなか厳しい現実を突きつけられる。やりたいことも特になく、再就職先が見つかるまでとりあえず決めたアルバイト。しかし、娘のような若い女子先輩にダメ出しばかりをくらってしまう。
そんななか、ひょんなことから地域住民との関わりを持った秀治は、地元・府中で開催されるお祭り「くらやみ祭」のお手伝いをすることに! 最初は気乗りしない秀治だったが、「くらやみ祭」を通して出会った仲間たちと関わるなかで、自分自身と家族の人生に向き合い、やがて人生再出発へ向けて奮闘しはじめる。そんなとき、「くらやみ祭」に大きな問題が持ち上がった。

1トンの神輿もみんなで担げば重くない。人生も同じ。思い通りにいかなくても、家族で支え合えば何とかなるもの。第二の人生をどう送るかは、そのときにならないとわからないとは思うが、前向きに捉えたいとこの作品を見て思う。
出戻りの娘は子どもを忘れて自分の幸せを求めてしまう。娘役の佐津川愛美が若いバツイチの葛藤を切実に伝える。ダメでしょと思いつつ、嫌いになれない。主演より脇で光るタイプの女優かもしれない。(堀)


東京都府中市が町を上げて応援して、「くらやみ祭り」を舞台にした映画が出来たと知って、わくわくしながら試写に伺いました。くらやみ祭りは、府中の大國魂神社の5月のお祭り。我が家が46年前に高幡不動に引っ越してきて以来、毎年初詣に行く府中の大國魂神社ですが、くらやみ祭りに通い始めたのは、この10年位。会社勤めしていた頃は、5月の連休には必ず海外旅行に出かけていたので、行けなかったのでした。
大國魂神社の起源は、第12代景行天皇41年(西暦111年)5月5日。武蔵国の守り神としてお祀りした神社で、実に歴史のある神社なのです。
5月5日に行われる例大祭が、闇夜の中、神輿を御旅所へ神幸することから、俗に「くらやみ祭」と言われています。4月30日〜5月6日の期間、「汐盛り」と呼ばれる神事から始まり、競馬式(こまくらべ)、萬燈大会、太鼓の響宴、山車行列、神輿渡御など、連日、様々な行事が繰り広げられます。
DSCF4445 kurayami.JPG

DSCF4426 kurayami.JPG

「くらやみ祭り」の詳しい日程を、大國魂神社のサイトで確認の上、来年の春に是非いらしてみてください。
https://www.ookunitamajinja.or.jp/matsuri/5-kurayami.php

小川さんたちが祭りの時に被っている烏帽子にも、ぜひ注目してみてください。
いかにも古式ゆかしい祭りという感じがします。

映画の中ではクライマックスの神輿を小川さんが初めて担ぎます。
府中の男たちは、この祭りのために働いているといってもいいほど。なので、府中で3代目の小川さんがこれまで会社勤めで忙しかったにしても、なぜ参加してなかったのかなぁ~と、ふっと思ってしまいました。祭りに目覚めるのがちょっと遅かったけど、これからは毎年楽しみにすることでしょう。
私自身、40半ばで会社の都合で辞めざるを得なかったのですが、この先、どうなるかと心配していたのに、逆に自由な時間を貰って、違う人生が開けました。映画を観て、そんなことにも思い至りました。(咲)

スタッフ日記:府中・大國魂神社のくらやみ祭りで神戸のだんじりに出会いました! 
http://cinemajournal.seesaa.net/article/359239631.html



2019年/111分/G/日本
配給:ピーズ・インターナショナル
(C) ヴァンブック
公式サイト:https://kurayamiogawa.com/
★2019年10月25日(金)TOHOシネマズ府中他全国順次公開
posted by ほりきみき at 16:29| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

108~海馬五郎の復讐と冒険~

IMG_0333.JPG

監督・脚本:松尾スズキ
撮影:山崎裕典
振付:airman
音楽:渡邊崇
主題歌:星野源
出演:松尾スズキ、中山美穂、大東駿介、堀田真由、土居志央梨、栗原類、LiLiCo、福本清三、岩井秀人、酒井若菜、坂井真紀

元女優の妻・綾子(中山美穂)の浮気をSNSの投稿を通じて知りショックを受けた脚本家の海馬五郎(松尾スズキ)は離婚を考えるが、財産分与で資産の半分を支払わなければならないことがわかる。資産を使ってしまおうと決意した海馬は、妻の浮気投稿についた108の「いいね!」と同数の女を抱く復讐に挑む。

題名の「108(イチマルハチ)」とは、浮気妻のSNS投稿に付いた「いいね!」の数。その数と同じ108人の女を抱いて復讐しようと奔走する売れっ子脚本家の物語だ。監督・脚本・主演の松尾スズキが殆ど”全裸監督”と化して出ずっぱりの熱演・怪演を見せる。

何かとコンプライアンスの厳しい現在の製作現場。R18(18歳未満入場不可)指定に敢えて挑戦した野心さと意欲に満ちた作品だ。国内外の映画について言えることだが、監督や脚本家を主役に据えると、とかくナルシスティックに陥りがち。本作の松尾スズキは自虐的な手法でその点を回避したようだ。オーディション場面がミュージカルになったり、歌や踊りのサービス提供も抜かりない。

松尾スズキは、劇団「大人計画」を主宰する。友人役の秋山菜津子に、「あんた、紀伊國屋演劇賞を獲ったことある?!」と言わせたり、「劇団ハイバイ」の劇作家・演出家・俳優として活躍する岩井秀人を傍観者役に据えるなど、演劇ファンにはクスリと笑える小ネタが満載だ。(幸)


妻の浮気を知った中年男が性の暴挙に出た愚かしさを松尾スズキが真面目に演じて笑いを取る。裸の男女50人がローションまみれでのたうち回る女の海は圧巻。撮影の苦労が察せられた。

脇を固めるキャストたちも個性豊か。特に仕事仲間で、親友で、セフレでもある美津子を演じた秋山菜津子のコメディエンヌぶりはさすが。妻を演じた中山美穂の官能シーンはまったりとした色気が伝わってきた。ミポリンもいつの間にかこんな役を演じるようになったのだと時の流れを感じてしまう。

自分にはセフレがいるのを棚に上げ、妻の浮気を許さない夫。浮気ではなく、本気の心変わりと思ったからか。原因を考えずに復讐に走る辺りに夫の幼さを感じる。男ってみんなそんなもの? 夫婦であっても言葉にしなければ不安な気持ちは伝わらないことを改めて感じた。(堀)


配給:ファントム・フィルム
ⓒ2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会『108~海馬五郎の復讐と冒険~』
2019年/ カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/102分/ R18+/日本
公式サイト:http://108-movie.com/
★10月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開★
posted by yukie at 12:48| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

駅までの道をおしえて

ekimadeno.jpg

監督・脚色:橋本直樹
原作:伊集院静
撮影:蔦井孝洋
音楽:原摩利彦
主題歌・挿入歌:コトリンゴ
出演:新津ちせ(サヤカ)、笈田ヨシ(フセコウタロー)、有村架純(10年後のサヤカ/モノローグ)、坂井真紀(サヤカの母)、滝藤賢一(サヤカの父)、羽田美智子(サヤカの伯母)、マキタスポーツ(サヤカの伯父)、佐藤優太郎(コウイチロー)、柄本明(動物病院院長)、余貴美子(看護師長)、市毛良枝(サヤカの祖母)、塩見三省(サヤカの祖父)

8歳のサヤカは両親と愛犬のルーと海辺の町に住んでいる。ルーはサヤカが小さいころやっと飼うことを許してもらった大親友だ。毎日散歩に行き、約束通りちゃんと世話もしてきた。ところがサヤカが臨海学校で留守をした数日の間に、ルーは亡くなってしまう。お父さんにどんなに言い聞かされてもサヤカには受け入れることができない。ルーにまた会えると信じて散歩道を辿っていると、原っぱで犬と出会う。すぐに姿を消してしまった犬は、数日後古い喫茶店に繋がれてルースと呼ばれていた。マスターのフセ老人も、何十年も前に亡くなった息子の死を受け入れられずにいる人だった。大切なものを失っている二人は不思議な友情で結ばれる。

サヤカは学校では友達がいません。まっすぐ家に帰ってルーと遊ぶのが日課でした。その親友にお別れも言えないまま、旅立たれてしまったので受け入れられません。フセ老人は息子の死を理屈で理解しても情が拒否しています。
笈田ヨシさんはピーター・ブルックのドキュメンタリーで、そのワークショップのただ一人の日本人として覚えていましたが、86歳になられたとか、お元気です。ちせちゃんとは77歳差、同じ目線で柔らかくお話していました。
新津ちせちゃんの演じるサヤカがごく自然で、台詞と思えない独り言や、軽い足取りや笑顔に見とれます。最近はどこで誰と一緒に遊ぶのか、何時に帰るのか親に言ってから出かけるのだと思うのですが、サヤカはそんな様子もなく一人でどこへでも行きます。ファンタジー要素の多い作品なのに、親子の信頼関係がきちんとあるのね、と思わずリアルに考えてしまいました。動物と子どもが主人公という強力な布陣+見守る大人たち、ゆったりと流れていく時間に身をゆだねてください。(白)


駅といえば、電車。原作に赤い電車が象徴的に登場することから、2018年2月25日に創立120周年を迎えた京急電鉄がタイアップ。あちこちの場面で赤い京急の電車が通り過ぎていきます。横浜や横須賀に縁のある方には、きっと懐かしい風景が見られます。
原っぱの中にポツンとたたずむ駅は監督が作り上げたもの。これは現実なのか、夢なのか・・・。新津ちせちゃん演じるサヤカが不思議な世界に誘ってくれました。(咲)


「犬を飼いたい!」
主人公のサヤカが愛犬ルーとの別れを受け入れるまでを描いた作品だが、作品を見終わったとき、そう思う人が多いに違いない。ルーと駆けるサヤカの弾けんばかりの笑顔があまりにも楽しそうなのだ。仲の良い友達のいないサヤカがルーと出会い、四季折々の風景の中で絆を結んでいく。じゃれ合うサヤカとルーの間に演技を超えた信頼関係が感じられた。実はサヤカを演じた新津ちせがルーを自宅で預かり、撮影期間中、毎日の散歩や世話をしていたのだという。
大切な存在を失うのは辛い。しかし、出会えたことを喜び、次の一歩を歩いていく勇気をサヤカから受け取ってほしい。(堀)


2019年/日本/カラー/シネスコ/125分
配給:キュー・テック
(c)2019映画「駅までの道をおしえて」production committee
https://ekimadenomichi.com/
★2019年10月18日(金)より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開
posted by shiraishi at 18:35| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする