2024年07月07日

お母さんが一緒

okaasan.jpg

監督・脚色:橋口亮輔
原作・脚本:ペヤンヌマキ
撮影:上野彰吾
音楽:平井真美子
出演:江口のりこ(長女・弥生)、内田慈(次女・愛美)、古川琴音(三女・清美)、青山フォール勝ち〈ネルソンズ〉(清美の彼氏・タカヒロ)

親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた三姉妹。長女の弥生は妹たちのように可愛いといわれなかったコンプレックスがある。母の期待に応えて成績を上げ、いい大学にいい会社に入った。次女の愛美は優等生の長女といつも比べられて、頑張っても認めてもらえず姉とは犬猿の仲だ。三女の清美は、姉二人を見て育ち今は母と二人で暮らしている。母親の口から出るのはいつも欠点をあげつらう否定の言葉ばかり。三人は父親の悪口もさんざん聞かされてきた。
三人に共通しているのは「母親みたいな人生を送りたくない」ということ。それでも誕生日を迎える母のために温泉宿を予約してきたのだった。迎えの車が上り坂でエンストし、汗だくで押すという始まりがすでに不穏だ。母親の愚痴は止まらず、姉妹喧嘩もエスカレートしていく。

舞台劇を映画化するにあたって、橋口亮輔監督が脚色。舞台版で次女役だった内田慈さんが続投です。姉妹あるあるなセリフに、共感の連続でした。当人たちは真剣なのですが、はたから見ると滑稽なことがよくわかります。三人いると、2:1に分かれてしまいがちで、同じ三姉妹で育った私(次女)もいろいろと思い出しました。
末娘の清美がめんどくさい母親と同居しているので、お姉ちゃんたちは感謝とともに妹を気遣っています。弥生と愛美は未婚ですが、清美は結婚したい相手・タカヒロをサプライズで会わせようと思っていました。せっかく温泉に来たのに、姉妹喧嘩のとばっちりで、温泉にも入れずご馳走もお預けのタカヒロに同情してしまいます。気のいいタカヒロが、三姉妹の潤滑油になる役回り。外から人が入ることでこの「家族」もうまく回っていく気がしました。笑っているうちに、心がじんわり温まる温泉のような作品。(白)


2024年/日本/カラー/106分/G
配給:クロックワークス
(C)2024 松竹ブロードキャスティング
https://www.okaasan-movie.com/#modal
★2024年7月12日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

posted by shiraishi at 13:02| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大いなる不在   Great Absence

ooinarufuzai.jpg
(C)2023 CREATPS

監督:近浦啓
出演:森山未來、真木よう子、原日出子、藤竜也

俳優の遠山卓(たかし)は、ある日、劇団のワークショップを終えると父・暘二が警察に捕まったと連絡を受ける。小さい頃に自分と母を捨てた父は、再婚して北九州で暮らしていた。かつて大学教授だった父は認知症を患っており、施設で保護されているという。
妻の夕希と共に北九州に降り立ち、施設に向かうが、今は会えないといわれる。父の家に行くと、中は荒れ放題で、一緒に暮らしていたはずの義理の母は携帯電話を置いたままいなくなっていた・・・

冒頭、閑静な住宅街に潜む機動隊員たち。「遠山」の表札の一軒家に踏み込もうとした時、玄関のドアが開き、藤竜也さん演じる男が現れます。一体、何の事件? 
最後に事の真相が明かされるのですが、グッと引き付けられる幕開け。

施設の職員から、「お父さんの食べ物のアレルギーは?」と聞かれるのですが、もう30年も前に家を出た父のことを卓はわかりません。5年前に、25年ぶりに父に会いに行ったことがあって、卓は再婚相手にも会っています。ぞの彼女は行方不明。
卓は、手がかりはないかと家の中を探します。施設の職員からは、父が大事に持っていた鞄を手渡されます。その中には父の人生を示す重要な手がかりが・・・ 
両親のことを子は知っているようで、知らないことの方が多いのではないでしょうか。
離婚して長い間離れて暮らしていてはなおさらです。
卓が父の再婚相手がいる場所はあそこに違いない!と、電車で向かいます。窓の外の風景はどうやら有明海のよう。降り立った駅は、熊本県の網田(おうだ)駅。とても雰囲気のある駅です。監督が海辺のシーンを撮るのに適した絶景スポットをグーグルマップで探し出したのが、この近くの宇土市住吉町の長部田海床路。ぜひ行ってみたい素敵なところです。
藤竜也さんは、認知症を患った老人役でも、やっぱり渋くて素敵。第71回サン・セバスティアン国際映画祭で日本人初となる最優秀俳優賞を受賞されました。(咲)



第67回サンフランシスコ国際映画祭
“最高賞”【グローバル・ビジョンアワード】受賞

2023年/日本/カラー/アメリカンビスタ/5.1chデジタル/133分/G
製作・制作プロダクション:クレイテプス
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/greatabsence/
★2024年7月12日(金)テアトル新宿、TOHOシネマズシャンテ他 全国順次公開.



posted by sakiko at 03:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月30日

方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~

hakobune.jpg
(c)TBS

監督 佐井大紀
企画・エグゼクティブプロデューサー 大久保 竜
チーフプロデューサー 能島一人
プロデューサー 津村有紀 
クリエイティブプロデューサー 松木大輔 
撮影 小山田宏彰 末永 剛
ドローン撮影  宮崎 亮
編集 佐井大紀 五十嵐剛輝
MA 的池将

1980年、東京・国分寺市から10人の女性が突如姿を消したと報道される。彼女達を連れ去ったとされる謎の集団「イエスの方舟」、その主宰者・千石剛賢は、美しく若い女性を次々と入信させハーレムを形成していると世間を騒然とさせた。2年2ヶ月の逃避行の末、千石が不起訴となり事件には一応の終止符が打たれる。しかし彼女たちの共同生活は、45年たった今も続いていた。「宗教法人ではない」と語るその正体とは!?

当時、千石イエス、千石ハーレムなどと、センセーショナルに報道されたことを、はっきりと覚えています。千石剛賢氏が、2001年に他界された後も、共同生活が今も続いていることに驚きました。本作を通じて、「イエスの方舟」に所属する女性たちが、あのように報道されたあとも、たくましく、なおかつ、心穏やかに集団生活を続けていることを知りました。2年間の逃避行で資金が底をついた時に普通の仕事に就くことが難しく、皆でキャバレー勤め。その後、自分たちで福岡中州で「シオンの娘」を開き、看板には「イエスの方舟」が経営していることを明記しています。老朽化でコロナ禍の前に中州から香椎に移転。その後、共同生活をする古賀にリニューアルオープンしています。宝塚好きだった千石剛賢氏の妻・まさ子さんもショーの舞台に立って嬉しそうな姿を見せていました。
人の生き方は様々。幸せならいいじゃないかと思います。
映画を見て、まず目がいったのが、「イエスの方舟」の建物にあるダビデの星の中に十字架があるシンボルマークでした。女性たちが胸にさげているペンダントも同じ。旧約聖書と新約聖書の両方を学んでいるという証なのだそうです。
個人的には、千石剛賢氏とまさ子さんが知り合った頃の神戸の町の映像が出てきたのが嬉しかったです。思えば神戸の北野町には、様々な宗教の施設がすぐ近くに点在しています。ダビデの星と十字架が一緒になっているのも有りだなと。
本作の佐井監督が、1980年当時の騒動を知らない1994年生まれということも、先入観のない目線で彼女たちを追うことができたのではないかと思いました。(咲)



【佐井監督のコメント】
かつて日本を騒然とさせた「イエスの方舟」の女性たちは、今でも福岡で共同生活をしている。騒動時の過激な報道を経験してもなお、水商売で生計を立てながら、聖書と共に在るその生き様を45年間貫き通した。TBSに残された貴重なフィルムと、私がこの目で見た彼女たちの現在。そこから浮かび上がる真実は、シスターフッドか?それとも狂気か?
鑑賞後もあなたは、“ハーレム教団”と呼びますか?

「TBSドキュメンタリー映画祭2024」上映作品

2024年/日本/69分/ステレオ/ 16:9
製作:TBSテレビ
配給:KICCORIT
配給協力:Playtime
公式サイト:https://hakobune-movie.jp/
★2024年7月6日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開



posted by sakiko at 20:17| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月29日

先生の白い嘘

6104beeed9446783.jpg

監督:三木康一郎
原作:鳥飼茜 「先生の白い嘘」(講談社「月刊モーニング・ツー」所載)
脚本:安達奈緒子
音楽:コトリンゴ
主題歌:yama 「独白」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
出演:奈緒(原美鈴)、猪狩蒼弥(新妻祐希)、 三吉彩花(渕野美奈子)、風間俊介(早藤雅巳)

高校で国語の教師をしている原美鈴は騒がしく奔放な生徒たちを見ながら、地味だった自分の学生時代を思い出す。職員室に名指しでかかってきた業者だという電話は、早藤からだった。彼は美鈴の親友・美奈子の婚約者だったが、美鈴の初めての相手でもあった。無理矢理組み伏せられた美鈴は、壊れないように自分を納得させるしかなかった。以来、気まぐれで暴力的な早藤の誘いを断れずにいる。
美鈴のクラスの新妻祐希が年上の女性と交際していると噂が流れ、担任として真相を確認することになった。祐希は本当だと素直に認めるが、男女の格差を感じた美鈴は苛立ち、思わず本音をぶつけてしまう。

原作のコミックは’13〜’17年まで青年漫画誌に連載されました。ジェンダー格差とか、#MeToo運動がまだ広まる前のころ。女性の立場からの発信は当時の若い人たちにどんな風に届いたのか、今映画化されたことで伝わり方が違うでしょうか。
映画ではこれまでになかった顔を見せる奈緒さん、風間さんら俳優たちが、強く印象に残ります。それが仕事とはいえ、演じるのに大変だったのではと想像します。よその取材記事で奈緒さんが「インティマシー・コーディネイター」を要望したのに、監督が起用しなかったと知りました。細かに話し合って撮影したとのことで、映画は完成しました。プロの方がまだ数人しかいない、これまでいなくても撮れてきたこともあるのでしょうが、これは映画界全体が変わってもらいたいことです。
ポスターにアップになった美鈴の目は泣きはらしています。それぞれの気持ちも描いた本作をあなたはどう見るでしょうか。(白)


2024年/日本/カラー/117分/R15
配給:松竹ODS事業室 / イノベーション推進部
(C)2024「先生の白い嘘」製作委員会 
(C)鳥飼茜/講談社
https://senseino-shiroiuso.jp/
公式X & Instagram :@shirouso_movie
★2024年7月5日(金)全国劇場&3面ライブスクリーンにてロードショー

posted by shiraishi at 12:03| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月23日

長岡大花火 打ち上げ、開始でございます

nagaoka.jpg

監督:坂上明和
撮影:小山一彦
ナレーション:佐藤栞里
題字:金澤翔子

「日本三大花火大会」は、秋田県大仙市の「全国花火競技大会(大曲の花火)」8月31日、茨城県土浦市の「土浦全国花火競技大会」11月2日、新潟県長岡市「長岡まつり大花火大会」の3つ。長岡花火だけが競技大会ではなく、戦争や災害の歴史を経て慰霊と平和への祈りから始まった。毎年8月の2日、3日に渡り信濃川河川敷には、100万人もの観客が全国から集まってくる。
長年テレビ新潟で映像の仕事に関わった坂上明和監督の初監督作品。2023年8月の花火大会の様子を、20台以上のカメラで記録した。誰も見たことのない場所から撮影した映像が目の前に広がる。2004年の中越地震から復興20年祈念ドキュメンタリー。

この日に向けて工夫をこらし、美しく壮大な花火を作る花火師たち。見せ所を考えプログラムを組む人。会場設営に駆け回るスタッフ、観客の安全のために裏から支えるスタッフ、数えきれない人々がこの大会を作っています。その真摯な言葉が胸に刺さります。
夜空を見上げる人たちの様々な思いが、画面を通じて伝わってくるようでした。一瞬だけ描かれる打ち上げ花火は儚いものの代表のように言われますが、この迫力にそんな感想は吹き飛ぶはず。一度は行って自分の眼で見たい花火大会ですが、今年はひとまず映画館の大きなスクリーンで光と音のコラボをお楽しみください。(白)


2024年/日本/カラー/100分
配給:ナカチカピクチャーズ 宣伝:MAP
(C)2024 長岡花火ドキュメンタリー映画製作プロジェクト
HP:https://nagaoka-hanabi-movie.jp/
★2024年6月28日(金)ほか全国ロードショー

posted by shiraishi at 16:16| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする