2024年04月21日

悪は存在しない

akuhasonzaisinai.jpg
© 2023 NEOPA / Fictive

監督・脚本:濱口竜介
音楽:石橋英子
撮影:北川喜雄
美術:布部雅人
出演:大美賀均、西川玲、小坂竜士、渋谷采郁、菊池葉月、三浦博之、鳥井雄人、山村崇子、長尾卓磨、宮田佳典、田村泰二郎

自然豊かな高原に佇む長野県水挽町。巧(大美賀均)は薪を割ったり、せせらぎで水を汲んだりの暮らし。小学生の娘・花(西川玲)を迎えに行く時間をつい忘れて、いつも花はすでに歩いて帰途についたといわれる。林の中で花を見つけ、木の名前や、野生の鹿の水場を教える。自然と共にある暮らし。
そんな町に、東京の芸能事務所がグランピング場を作る計画が持ち上がる。住民を集めての説明会が開かれる。キャンプブームで遠方からの客を期待できるし、地元の方にも愛されるものを目指しているという。だが、地元の者にとっては汚染水や焚火の不始末など不安要素が多く、すぐには賛成できない。巧は、建設予定地が野生の鹿の通り道なのも心配だ・・・

『ドライブ・マイ・カー』(21)で音楽を担当した石橋英子さんから、濱口監督に提案された映像制作の新たな試み。映像に音楽をつけるのでなく、映画と音楽のセッション。
冒頭、美しい林の映像に、心を掻き立てるような音楽。けれども、映画全体に音楽が流れているわけではなく、日々の営みや、説明会の場面はあくまで映像中心。
そして、『ハッピーアワー』(2015年)と同様、出演者の方たちは名前をみても顔の浮かばない方たち。主演の巧を演じた大美賀均さんは、濱口監督作品には『偶然と想像』で初めて制作部の一員として入り、今回も当初スタッフとして参加していたところ、主役に抜擢されたという経緯に驚きます。
芸能事務所の説明会には、エキストラの方たちも参加しているのですが、それぞれの人物背景がしっかり設定されていたとのこと。
グランピング場は、コロナ禍で業績の落ち込んだ芸能事務所が、政府からの補助金を得て計画したもの。説明会に赴く芸能事務所の二人の会話が、人間臭くて面白いものでした。
芸能人のマネージャーとして17年働いてきた男性は、なぜ自分が住民に説明する立場にならなければならないのかと最初は不満たらたら。巧のところで薪割りをさせてもらって、スパッと割れた時の快感から、グランピング場の管理人もいいかなと思い始めます。芸能事務所とは真逆の業種から転職してきた女性も、このままでいいのかとつぶやきます。人生の岐路に立たされた時の思いにも寄り添った物語。
大人たちが、それぞれの立場で自分の思いを吐き出す中で、小学生の花が森の自然や野生の鹿を見つめる目はとてもピュア。写真でしか出てこない母親は亡くなったのか、離別したのか・・・ いろいろ想像を巡らす中、驚きのラストを迎えました。あ~ なんという映画なのでしょう! (咲)


第80回ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(審査員グランプリ)受賞

2023年/106分/日本
配給:Incline 配給協力:コピアポア・フィルム
公式サイト:https://aku.incline.life/
★2024年4月26日(金).Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シモキタ - エキマエ - シネマ『K2』ほか全国順次公開
posted by sakiko at 20:29| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越後奥三面 山に生かされた日々

echigo.jpg

監督:姫田忠義
出演:奥三面(おくみおもて)のみなさま

日本各地の生活や民族の伝統を数多くの映像作品として送り出した、姫田忠義監督。1976年民族文化映像研究所を設立し、1980年からダム計画によって、消えていく新潟県北部の奥三面という山村の取材を始めた。そこには消えつつある伝統の暮らしが驚くほど継承され、残っていた。4年をかけて映像をとりためた。集落は1985年に廃村、2000年にはダムの底に沈んだ。

1984年9月21日に日本初公開された作品が、40年を経てデジタルリマスター版でリバイバル公開です。
八百万の神はそこにもここにもいらっしゃいます。折りあればこうべをたれ、手を合わせます。自然を敬い、厳しい自然と折り合って暮らす人々が映像に残されています。ちんまりと座るおばあちゃん、毛皮を着て山に入る男性。なんだか自分の祖父母を見ているようです。育ったところは違うのですが、空気やたたずまいが似ています。頼み込んで狩猟に同行する監督のわくわく感も伝わってきます。子どもたちも仕事を分担し、親を助けてよく働きます。犬や猫にもちゃんと役割があります。
「山、山、山…」と繰り返す村の人の声になんだか泣けてきました。山で生まれ、山で育ち、心の中から身体のすみずみまで「山」が詰まっているんですね。
ここに映っている子どもたちは、すっかり大人になり、高齢の方々はすでに彼岸へと旅立たれたでしょう。姫田忠義監督も2013年に亡くなられています。この集落はダムの水面下に消えていきましたが、記録はこうやって残りました。記録は記憶になると映像作家の方が言われました。行ったことのない土地、会ったことのない人たちなのにどこか懐かしく思うのは、自分の記憶と少しでも重なるところがあるからです。感情もいっしょに上書き保存されて、新しい記憶となりました。(白)


1984年/日本/カラー/145分
配給:民族文化映像研究所
(C)民族文化映像研究所
https://minneiken.wixsite.com/okumiomote
民映研 X(旧Twitter)はこちら
★2024年4月27日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー、全国順次公開

posted by shiraishi at 16:11| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジオ下神白 あのとき あのまちの音楽から いまここへ

radio.jpg

監督・撮影・編集:小森はるか
編集:福原悠介
整音:福原悠介
出演:下神白(しもかじろ)団地の住民さん、アサダワタル、榊裕美、鈴木詩織、江尻浩二郎、伴走型支援バンド

福島県いわき市に、復興公営住宅・下神白団地がある。ここには2011年の福島第一原発事故の後、浪江町・双葉町・大熊町・富岡町から避難してきた人々が暮らしている。
2016年から住民を応援するプロジェクト「ラジオ下神白」が始まった。一人一人を訪ね、町の思い出と懐かしい曲にまつわるエピソードを聞いて、最後にCDに仕上げてプレゼントしている。2019年には「伴走型支援バンド」を結成した。バンドの生演奏で歌える「歌声喫茶、ミュージックビデオ制作など音楽を通じた支援活動を、小森はるか監督が追いかけて撮影した。

小森はるか監督作品は『息の跡』(2016)『空に聞く』(2018/公開2020)『二重のまち/交代地のうたを編む』(2021)などがあり、シネジャでもご紹介しています。
小森監督はその土地に住み、住民の一人となって震災後の東北の人々と風景を記録してきました。
この音楽活動は文化活動家のアサダワタルさんが中心となっています。2018年から小森監督が参加して記録したことで、映画が始まりました。大好きな一曲を生の演奏つきで朗々と歌う方、思い出を事細かに話す方、どの方もとても嬉しそうです。
住民のお話を聞くのは、孫くらいの年齢の女性たちです。とても親身に応対しているのに胸が熱くなりました。引っ越し予定の方は、別れを惜しんで寂しいと涙しています。故郷の老母の話をこんなに優しく聞いていないわ、と自分を振り返って反省しきりでした。「寄り添う」という言葉だけではない、目に見える行動をする人たちがここにいます。(白)


2023年/日本/カラー/70分
配給:ラジオ下神白
(C)KOMORI Haruka + Radio Shimo-Kajiro
公式サイトURL:https://www.radioshimokajiromovie.com/
公式X(旧Twitter): @shimokajiro
★2024年4月12日(金)よりフォーラム福島で先行上映、
4月27日(土)よりポレポレ東中野ほかにて全国順次公開ロードショー


posted by shiraishi at 15:16| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生売れない心の準備はできてるか

issyou urenai.jpg

監督:當間早志
プロデューサー:
撮影:奈須重樹、平良竜次
出演:やちむん刺激茄子(奈須重樹、育、長谷川淑生、さとうこうすけ、比嘉正一郎、ヤギフミトモ)、関島岳郎、島田篤、有田康信、和田充弘、ローリー、知念保、本村実篤、金城千賀子、赤嶺志麻子、内間晶子、ジーナ、新良幸人

沖縄発のバンド「やちむん刺激茄子」のリーダー奈須重樹は2021年、音楽活動30周年を迎えた。これまで小ヒットが一曲のみ。それでもめげずに活動を続け、今は流しを中心に日銭を稼ぎながら精力的に新曲を発表している。そんなイマイチ“売れない男”が、バンド結成25周年記念で18人編成のビッグ・バンドライブに臨んだ。会場は沖縄最古の映画館《首里劇場》。満員の聴衆を前に天衣無縫なパフォーマンスを繰り広げ、熱く華やかな空気で包み込んだ。

奈須重樹さんは延岡出身ですが、沖縄の大学進学を機に沖縄に住み早や42年。すっかり“しまんちゅ”です。カメラマンの仕事をしていたのに、タイトルのように心の準備ができたのか、いつのまにかミュージシャンが本業になってしまいました。沖縄は街も人も暖かくて暮らしていけるのでしょう(北国は寒くて大変)。何より歌っているのが心底楽しそうです。売れない覚悟は準備万端、覚悟を決めた人は強いのでしょう。この映画を観た後、タイトルの「一生売れない~♪」のフレーズが頭をぐーるぐる。すっかりしみ込んでしまいました。返事は「全然できてない♪」なんですが。(白)

2022年/日本/カラー/121分
配給:シネマラボ突貫小僧
(C)Shige&Hayashi
https://dekiteruka.com/
★2024年4月26日(金)よりアップリンク吉祥寺にて上映!

■2024年4月26日(金)〜5月2日(木)
※全ての回で主演・奈須重樹の舞台挨拶とミニLIVEを開催
※26日(金)27日(土)28日(日)は監督・當間早志も登壇。舞台挨拶を行います!!

■4月26日(金)夜〜
「world kitchen BAOBAB」(東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-6 B1F)にて奈須重樹LIVE開催予定。


posted by shiraishi at 14:25| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月14日

あまろっく

amarock.jpg

監督・原案・脚本:中村和宏
脚本:西井史子
撮影:関照男
音楽:林ゆう、山城ショウゴ
出演:江口のりこ(近松優子)、中条あやみ(近松早希)、笑福亭鶴瓶(近松竜太郎)、松尾諭(若き竜太郎)、中村ゆり(近松愛子)、中林大樹(南雲広樹)、鮎川太一(駿河太郎)

巨大な閘門(こうもん)“あまろっく”によって水害から守られている街・尼崎。近松優子は理不尽なリストラで失業し、この街に戻ってきた。
父親は一人暮らしのところに戻ってきた娘を大歓迎。39歳でニートな日々を送っていても文句も言わない。「人生に起こることはなんでも楽しまな」が口グセの能天気な父だ。突然再婚すると言い出し、つれて来たのが、なんと20歳の早希!ずっと孤独で「夢は家族だんらん」という早希。娘ほど年下の“母”の登場に戸惑う優子。波乱のの共同生活はどうなってゆくのかっ??

鶴瓶さんが再婚、それも中条あやみちゃんと。いやいや、映画の中のお話です(どうしても孫にしか見えん)。娘が憮然とするのも無理はありません。この人たちがどうやって家族になってゆくのか、というのが見どころです。江口さんは「わが道を行く」タイプの役多いですが、似合います。こちらも見ているだけで楽しめる「ソロ活女子のススメ」もシリーズ4です。
優子の旧友でなにかと優子を気に掛ける太一の駿河太郎さん、鶴瓶さんの息子さんですが、若き日を演じるのは松尾諭さん。お二人の役を取り換えてもいけそうです。
タイトルの「あまろっく」は「尼崎閘門」のことで海抜0mの地区を守っているのだそうです。この映画で初めて知りました。詳しい説明はこちら。「あまろっく」は普段は気づかないけれど、「ここというときに頼りになるお父ちゃん」のことでもあったか…もういない実父を思い出しました。(白)


「あまろっく」というタイトルから、音楽のロックの話かと思ったら、「尼崎閘門」の通称でした。閘門は、英語でLock Gate。
冒頭、白鳥ボートで家族3人が、のどかに「あまろっく」を通っていきます。お父ちゃんが小学生の娘に海抜ゼロメートル地帯の尼崎を救うために出来たと説明しています。この家族団らんが、1994年のこと。となれば、この翌年の1995年1月17日に阪神淡路大震災がこの地域を襲ったことが、きっとこの物語に出てくると頭をよぎりました。
この時の少女・優子が、大人になって、「白鳥総合研究所」所員として、会社から表彰される程の功績をあげながら、リストラされて尼崎の実家に戻ってきたのが、2015年。優子は、それからずっと家でゴロゴロしていて、お父ちゃんが再婚宣言したのは、8年後。初めて会った時、思わず「連れ子?」と聞くほど若い再婚相手。20歳にして優子の継母となった早希が、優子のためにお見合いの話を持ってくるのですが、これまた素敵なエピソードが満載。お見合い相手の南雲は、優子と同じ京大で、優子がボート部で活躍していたのもちゃんと知っていました。江口のりこさんは、ボート選手に見える様に練習を重ねたそうです。ボートから落ちた時に水が臭かったとか。
キャスト全員関西出身で、関西弁も本物。もっとも、地域によって関西弁にも微妙な違いはあるのですが、ほんわかとした雰囲気は全員関西人だからこそ出せるもの。人と人の繋がりって素敵だなぁ~と思わせてくれる物語です。(咲)



2023年/日本/カラー/119分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2024 映画「あまろっく」製作委員会
https://happinet-phantom.com/amalock/
★2024年4月12日(金)兵庫県先行、4月19日(金)新宿ピカデリー他 全国公開

posted by shiraishi at 19:59| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする