2019年11月04日

その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project- 

sonoshunkan.jpg

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの第3弾となる今作。
5人の監督の共通した想いは、歌と映画だけが、未来が見えないこの国の苦しい日々から、ほんの少しだけ解き放ってくれる——。
三池崇史『Beautiful』は大地震をきっかけにそれぞれ自殺未遂をした男女の奇妙な出会いを、行定勲『海風』は愛に飢えた男女の一時の温もりを、松永大司『On The Way』はメキシコの移民を目の当たりにした目標の持てない日本人青年を、洞内広樹『GHOSTING』は悲しい過去と運命を変えようとする霊魂〈ゴースト〉となった青年を、井上博貴『魔女に焦がれて』は不思議な力を持つ同級生に惹かれる男子高校生をそれぞれ描き出す。

『Beautiful』 
出演: EXILE AKIRA 蓮佛美沙子  
監督:三池崇史  
主題歌:「Beautiful」 Crystal Kay

『海風』
出演:小林直己 秋山菜津子  
監督:行定勲  
主題歌:「海風」 Leola

『On The Way』
出演:今市隆二 パコ・ニコラス  
監督:松永大司   
主題歌:「Church by the sea」 RYUJI IMAICHI

『GHOSTING』 
出演:佐野玲於 畑芽育  
監督:洞内広樹  
主題歌:「ラストラブ」 LISA

『魔女に焦がれて』
出演:佐藤大樹 久保田紗友  
監督:井上博貴  
主題歌:「ライラック」琉衣

三池崇史、行定勲、松永大司、洞内広樹、井上博貴の監督5人のオムニバス。映像に音楽と詩を融合させる。それぞれが23分の短尺ながら監督は作家性をにじませる。意外だったのは三池作品。設定と冒頭こそ三池らしさ全開だが実は純愛モノ。エンドロールに心が和む。
みなが男女の関係を描く中、松永監督のみ社会問題に切り込む。これまでの作品は苦手だったが、答えの出ないもどかしさがかえってすとんと受け入れられた。その先に希望を感じさせる。洞内作品は若い主人公2人の関係性の設定にぎこちなさがあるものの、ラストの展開は温かい捻りがあっていい。
井上作品はいちばん共感しやすいだろう。チヤホヤしていた人たちがいきなり態度を変える。よくあるイジメの発端。細やかな心の機微を丁寧に描く。洞内広樹監督、井上博貴監督の他の作品も見たくなった。締めは行定作品。やりきれない思いを抒情的に描きつつ、救いに繋げた。(堀)


エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
製作:LDH JAPAN   
制作:パシフィックボイス
配給:LDH PICTURES
©2019 CINEMA FIGHTERS project
公式サイト:http://sonoshunkan.toeiad.co.jp/
★2019年2019年11月8日(金)ロードショー
posted by ほりきみき at 18:20| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください