2019年06月08日

旅のおわり世界のはじまり 

tabisekamovie.jpg

監督・脚本:黒沢 清
出演:前田敦子、加瀬 亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ

テレビ番組のリポーターを務める葉子(前田敦子)は巨大な湖に棲む“幻の怪魚”を探すため、番組クルーと共に、かつてシルクロードの中心地として栄えたこの地を訪れた。夢は、歌うこと。その情熱を胸に秘め、目の前の仕事をこなしている。
収録を重ねるが、約束どおりにはいかない異国でのロケで、いらだちを募らせるスタッフ。ある日の撮影が終わり、ひとり街に出た彼女は、聞こえてきた微かな歌声に誘われ美しい装飾の施された劇場に迷い込む。
そして扉の先で、夢と現実が交差する不思議な経験をする──。彼女が、旅の果てで出会ったものとは……?

テレビリポーターの仕事は過酷だ。いちばん驚いたのは、ウズベキスタンの遊園地でレポートした絶叫マシン。ディレクターがやれといえばやるしかない。葉子は文句も言わず、淡々とこなす。演じている前田敦子本人もAKB48時代もこんな風に仕事をしていたのかもしれない。そういえば、最近、出産したはず。撮影のときに妊娠していたりしなかっただろうか。思わず、心配になってしまった。
そんな葉子がオフになるといきなり自由になる。その差は歴然。風船のようにふわふわした感じ。これがまた心配になって、作品に引き込まれる。案の定、いろいろとあり、観客ははらはらする。しかし、そこでの出会いが葉子を成長させた。
本作はウズベキスタンで全編ロケ撮影されたという。美しい風景に心を癒されるのは葉子だけではない。(堀)


黒沢清監督が全編ウズベキスタンで映画を撮ったと、中央アジア好きの人たちの間でかなり前から話題になっていて、気になっていた作品。
私がウズベキスタンを訪れたのは、1986年。チェルノブイリ原発事故のあった年の秋。無理矢理ソ連という印象だった。人々はほかのイスラーム地域と同様、それなりに人懐っこいし、民族衣装も健在だった。でも、ホテルや空港の店はいかにものソ連式。無愛想で効率も悪かった。1991年に独立して、早や30年近く。あれ以来訪れていないので、どんなに変わったのかを映画を通じて観るのも楽しみだった。レギスタン広場やシャーヒー・ジンダなどのペルシア風の青いタイルの建築群のほか、活気溢れる市場や土の香りのする旧市街も映していて嬉しかった。
何より注目したのは、戦後、抑留された日本兵たちによって建設されたナボイ劇場の内部の小部屋が映し出されたこと。外観や舞台はよく紹介されるが、あのような素晴らしい装飾を施した小部屋がいくつもあることを知らなかった。この場面を観るためにだけでも、もう一度観たいくらいだ。

前田敦子演じる葉子がオフの時間に住宅街を散策していた時に、狭いところに囲われている山羊を見かけ、そこから救いたいと奔走する。自由にはばたけてない自分自身のように思えたのだろう。ずっと憂鬱そうな葉子に少しいらついたのだが、彼女の心情がわかる行為で、ほっとさせられた。
ディレクターが視聴者の求めているような画が撮れないと、ぼやく場面がある。奇をてらった映像を視聴者も求めているという制作者の思いあがりを皮肉ったのだろうか。撮影の都合で、まだちゃんと炊けてないプロフを美味しそうに食べなければいけないという場面もあった。こんなこともバラエティ番組の取材では、ままありそう!
ウズベキスタンでもウィグルでも人参がたっぷり入ったプロフをよく食べた。民族によって発音が違うが、ピラフの語源。
映画公開を記念して、祖師ヶ谷大蔵のカフェ ジョルジュで「ウズベキスタンフェア」が開催され、恐らく本場のプロフも食すことができるはず。映画撮影風景などの写真展示も! 

「ウズベキスタンフェア」
6月8日から16日まで
場所:デトックス・カフェ&ギャラリー  ジョルジュ
世田谷区祖師谷3ー36ー72
小田急線祖師ケ谷大蔵駅北口4分
(とんかつサボテンが1階のビル2F奥です)
電話:03-6411-4333
https://www.facebook.com/gallerycafegeorge/

ジョルジュでキルギスのイベントを何度か開いている元JICAキルギス隊員の酒庭伊織さんが、この期間中、キッチンに立ち、「伊織食堂」をオープンさせるとのこと。是非、葉子の気分でプロフをどうぞ!
「食の宝庫キルギス」出版記念ランチ会の様子は、こちらで! (咲)


DSCF8609 photo 320.JPG

『旅のおわり世界のはじまり』青木崇高さんのウズベキスタン弾丸ツアー!スペシャル映像上映付き加瀬亮さんとのトークイベント(6/21)
こちらで!

スタッフ日記 映画『旅のおわり世界のはじまり』青木崇高さんのウズベキスタン弾丸ツアー (咲)
こちらで!

2019年/日本・ウズベキスタン・カタール/5.1ch/シネスコ/カラー/デジタル/120分
配給:東京テアトル
©2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
公式サイト:https://tabisekamovie.com/
★2019年6 月 14 日(金)全国ロードショー



posted by ほりきみき at 01:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください