2019年06月08日

さよなら、退屈なレオニー(原題:The Fireflies Are Gone)

sayonara-leonie.jpg
 
監督:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ、ピエール=リュック・ブリラント

カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー(カレル・トレンブレイ)。高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。 そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴ(ピエール=リュック・ブリラント)と出会う。どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーヴに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことに…。夏が過ぎていくなか、あいかわらず、口論が絶えない家庭、どこか浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、それから、暇つぶしで始めたギター…毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた。

主人公は高校卒業を目前に控えた、こじらせ系女子。仲間とつるむのも、親との関係もうざい。「将来は?」と尋ねられても答えられない。決断や責任から逃げてばかり。レオニーを演じるカレル・トレンブレイからイライラする気持ちが手に取るように伝わってきた。
さて、これからどうするのか。人を非難するのは簡単。自ら行動することが大事と気付いてほしい。(堀)


主演のカレル・トレンブレイは第31回東京国際映画祭2018でジェムストーン賞(新人賞)を受賞した。(『さよなら、退屈なレオニー』の映画祭でのタイトルは『蛍はいなくなった』)
参照 第31回東京国際映画祭2018 授賞式レポート

カレル・トレンブレイ.jpg
撮影 宮崎暁美

2019年/カナダ/カラー/96分
配給:ブロードメディア・スタジオ
©CORPORATION ACPAV INC. 2018
公式サイト:http://sayonara-leonie.com/
★2019年6月15日より新宿武蔵野館ほか全国にて公開
posted by ほりきみき at 01:27| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください