2022年06月26日

マーベラス(原題:THE PROTEGE)

marvelous.jpg
 
監督:マーティン・キャンベル
出演:マギー・Q、マイケル・キートン、サミュエル・L.ジャクソン

裏社会で⻑年トップクラスの暗殺成功率を誇ってきたアンナ(マギー・Q)とムーディ(サミュエル・L.ジャクソン)。師弟コンビとして親⼦の様な絆で結ばれた⼆⼈だったが、ある⽇、ムーディが何者かに惨殺されてしまう。復讐に乗り出したアンナの前に現れたのは、ターゲットの護衛を請け負ったプロのセキュリティ、レンブラント(マイケル・キートン)だった。敵対関係のはずのアンナに、意外にもソフトな物腰で迫る、底知れない魅⼒を持ったレンブラント。復讐に燃える暗殺者vs完璧を追求する護衛者。超⼀流の知⼒とスキルを駆使した戦いには、予測不可能な結末が待っていた。

『ジョン・ウィック』を手掛けた製作スタジオと『007/カジノ・ロワイヤル』『007/ゴールデンアイ』のマーティン・キャンベル監督が組んだ作品と聞き、その時点で間違いないと思っていましたが、期待を裏切らない作品でした。
何といっても、マギー・Qのキレのあるアクションが見ごたえたっぷりで素晴らしい。ジャッキー・チェンに師事して本格的にアクションを学んだそう。しかもどんなピンチに陥っても冷徹な判断⼒と精神⼒でさらりと乗り越えてしまうところがクールビューティーでカッコいい。
アンナと敵対するプロのセキュリティ、レンブラントを演じたのはマイケル・キートン。御年70歳とは思えないアクションを見せてくれます。同世代の俳優でこれができる人って日本にいる?!
脚本もよく練られており、クライマックスの作戦は見事としか言えません。すっかり騙されてしまいました。ぜひ、続編を作ってほしい!(堀)


マギー・Qは香港映画で先に観ていました。あれあれというまにハリウッドに進出して大作にも起用されました。美人でアクションができる上、何カ国語も話せる(父・アメリカ人。母・ベトナム人)のは強みです。
この頃女性の暗殺者の映画が多くなった気がするのですが、これもジェンダー平等が進んだ証拠?このメンバーなら攻守交替しても面白い作品になりそうです。マギー・Qにはジョン・ウィックにも出てキアヌと共演してほしいな。(白)


2021年/アメリカ・イギリス/109分/4Kスコープ R15
配給:REGENTS
© 2021 by Makac Productions, Inc.
公式サイト:https://marvelous-movie.jp/
★2022年7⽉1⽇(⾦)、TOHOシネマズ⽇⽐⾕ほか全国ロードショー

posted by ほりきみき at 02:41| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください