2022年04月08日

ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード(原題:HITMANʼS WIFEʼS BODYGUARD)

hitmanswifesbodyguard.jpg

監督:パトリック・ヒューズ
出演:ライアン・レイノルズ、サミュエル・L.ジャクソン、サルマ・ハエック、アントニオ・バンデラス、モーガン・フリーマン、フランク・グリロ ほか

超一流のボディガード、マイケル・ブライス(ライアン・レイノルズ)も今や落ち目。宿敵の殺し屋ダリウス(サミュエル・L.ジャクソン)に保護対象者を殺害されたトラウマで神経症に陥り、ライセンスをはく奪され、休暇で訪れたバカンス先にも災難は待ち受けていた。
ダリウスの妻で詐欺師のソニア(サルマ・ハエック)に拉致されたマイケルは、マフィアに捕まったダリウスを救出するというミッションを強いられる。クレージーな彼女に振り回されながらも、救出に成功するが、殺したマフィアの中にインターポールへの情報提供者も混じっていたことで、かわりに捜査に協力するハメになる。最先鋭装置を使ってEUへのサイバーテロを企てるギリシャの大富豪アリストテレス(アントニオ・バンデラス)から、装置の奪取に成功するマイケルたちだったが、敵の包囲網は彼らを苦しめていく。新婚旅行気分のダリウスとソニアに対して、マイケルは心も体もボロボロになり、伝説のボディガードである父(モーガン・フリーマン)を頼る。しかし、魔の手はすぐそこに迫っていた。
3人は世界を救うことができるのか?そして、ひたすら打ちのめされ、神経をすり減らすマイケルの運命は⁉︎

前作『ヒットマンズ・ボディガード』は殺し屋のダリウスが服役中の妻ソニアの釈放を条件に国際司法裁判所で裁かれる独裁者について証言することになり、元一流ボディガードのブライスが裁判所へ護送するまでを描いていました。
マイケルとダリウス。それぞれ、仕事人としての能力は超一流ですが、相性は最悪。そんな2人がバディを組んで繰り広げられる派手なカーアクションにハラハラドキドキしながらも、随所で笑わせてくれる作品でした。
その前作では殺し屋・ダリウスの妻・ソニアはちらりとしか出てきませんでした(とはいえ、かなりの印象を残しました)が、本作ではメインキャラクターとして登場。猛女ぶりを全編通して発揮します。厳つい男性が束になってかかってきても怯みません。あっという間になぎ倒してしまいます。ここまでパワフルな女性キャラクターをこれまで見たことがないくらい派手にやらかしてくれるので、見ているだけでどんなストレスもスッキリしてしまいそう。
そんなソニアの願いはただ一つ。行きそびれていた新婚旅行に出掛けて、2人の愛の証を授かること。お母さんになりたいと語ります。普段の行動とのギャップに驚くものの、そんなところがダリウスには可愛く思えるのでしょう。鋼のように強固な夫婦の愛にほろりとしてしまいます。そしてラストにソニアが下した決断に男性2人の更なる試練が求められるに違いありません。(堀)


2020/アメリカ/116分/5.1ch /カラー
配給: REGENTS
© 2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:https://hitmanswifesbodyguard.jp/
★2022年4月8日(金)TOHOシネマズ⽇⽐⾕ほか全国ロードショー
posted by ほりきみき at 11:52| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください