2022年04月15日

ベルイマン島にて(原題:BERGMAN ISLAND) 

bergman-island.png

監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ
出演:ヴィッキー・クリープス、ティム・ロス、ミア・ワシコウスカ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー

映画監督カップルのクリス(ヴィッキー・クリープス)とトニー(ティム・ロス)は、アメリカからスウェーデンのフォーレ島へとやって来た。創作活動にも互いの関係にも停滞感を抱いていた二人は、敬愛するベルイマンが数々の傑作を撮ったこの島でひと夏暮らし、インスピレーションを得ようと考えたのだ。やがて島の魔力がクリスに作用し、彼女は自身の“1度目の出会いは早すぎて2度目は遅すぎた”ために実らなかった初恋を投影した脚本を書き始めるのだが──。

作品の舞台はイングマール・ベルイマンが晩年を過ごしたスウェーデンの孤島、フォーレ島。映画監督夫婦が娘を親に預けて滞在し、創作活動に勤しんでいる。夫は自分の名前でトークイベントの客が集まり、サインを求められるくらい名の知れた監督で、作品の構想に行き詰まった年下の妻に
「子どもじゃないんだから書けるだろ」
「書けないなら休んでみてもいいんじゃないか」と優しくアドバイスをする。
本人にはそのつもりはないのだけれど、歳上のできる男性にありがちな対応。愚痴を聞いてほしいだけの妻には上から目線の指示に聞こえてしまう。夫婦あるあるの話に共感する方は多いのでは。
フォーレ島ということで、前半はベルイマンの私生活や『ある結婚の風景』や『鏡の中にある如く』の撮影秘話などが語られる。ファンには垂涎ものだろう。
ちなみに夫婦が滞在した家の主寝室はベルイマンが『ある結婚の風景』を撮影した場所。この作品を見て離婚が激増したとか。主人公夫婦も気持ちのすれ違いが次第に大きくなっていく。ベルイマンの呪縛なのか、そう思うから離れていってしまうのか。ミア・ハンセン=ラブ監督のかつてのパートナーがオリビエ・アサイヤス監督で、2人は2009年に結婚し、娘が誕生したものの、2016年に離婚している。主人公は監督自身のことだとしたら…(堀)


2021年/フランス・ベルギー・ドイツ・スウェーデン/英語/113分/カラー/スコープ/5.1ch
配給:キノフィルムズ
© 2020 CG Cinéma - Neue Bioskop Film - Scope Pictures - Plattform Produktion - Arte France Cinéma
公式サイト:https://bergman-island.jp/
★2022年4月22日(金)より公開
posted by ほりきみき at 00:13| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください