2024年02月11日

アリラン ラプソディ 〜海を越えたハルモニたち〜

スクリーンショット 2024-01-30 _R.jpg

2024年2月17日(土)ロードショー 新宿K's cinema より 全国順次公開
他の上映情報 

川崎に生きるハルモニたち 在日一世のおばあさんたちの歴史

劇場公開に先駆けて、映画の舞台となった川崎市にて 2023/12/16(土)〜22日(金)川崎市アートセンターで特別公開があった。

監督:金聖雄
出演:川崎市のハルモニたち

韓国語でおばあさんのことをハルモニという。戦争に翻弄され、生きる場を求めて何度も日本海を行き来し、川崎にたどりついた在日一世のハルモニたち。たどり着いた川崎でささやかにそしてたくましく生きてきた。波乱万丈の人生を歩み、朝鮮半島の故郷への思いも、貧困と差別の記憶も封印してきた。老いてようやく文字を学び、歴史を知り、静かに、そして力強く生きている。穏やかな老後を送るハルモニたちが波乱万丈の半生を語る。ハルモニたちは戦争を経験した最後の世代。ハルモニたちが、今、語っておきたいことは?
監督は在日二世の金聖雄。デビュー作品『花はんめ』(2004年)の撮影で川崎に通い始めて四半世紀。「ハルモニたちの過去と今をきちんと記録しておかなければ」との思いをもち完成させた。想像を絶する苦労をしてきたハルモニたちだけど、今はシワいっぱいの笑顔で語るチャーミングな彼女たちの姿を映像に残した。 

監督 金 聖雄(きむ そんうん) HPより
1963年、大阪・鶴橋生まれ。『花はんめ』以降の作品は『空想劇場』(2012)に続き、冤罪をテーマにした4作品。『SAYAMAみえない手錠をはずすまで』(2013年)では毎日映画ドキュメンタリー映画賞受賞。『オレの記念日』(2022年)は、全州国際映画祭に参加、フランクフルト ニッポン・コネクションではニッポン・ドックス賞受賞。時間をかけた取材、被写体に寄り添うあたたかな眼差しが国内外で評価されている。

金監督からのMessage
「生きていて良いことなんてひとつもなかった」人生の終盤を迎えたハルモニが振り絞ったひと言だ。植民地時代、解放、朝鮮戦争……。差別と貧困の中、ハルモニたちはただ生きる場所を求め、命をかけて何度も海を越えた。そのハルモニが完成した映画を観た後、こう語ってくれた。「昔の苦労を思い出したけど、自分ひとりで知ってるより、みんなに知ってもらってありがたかった」もうひとりのハルモニは「私たちの映画を観にきてくれてありがとう」そう言って試写会にきた人たちを迎えてくれた。その顔はにこやかでとても誇らしげに見えた。
「映画をつくってよかった」と、心から思えた。映画ってなんだろう。近ごろ、作家性や芸術性などどうでも良いと思ってしまう。監督としては失格かもしれない。ハルモニたちのシワいっぱいのチャーミングな笑顔を見られるだけで、ちょっとだけ救われた気持ちになる。
その深いシワの奥に刻まれた歴史ごと映画を楽しんでもらえれば幸い。この映画は応援団のみなさんからあたたかく力強いエールをいただき700人を超える個人・団体から寄せられた協力金によって製作いたしました。

2023年/日本/カラー/ビスタ/2h05/DCP
posted by akemi at 21:14| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください