2024年02月04日

風よ あらしよ 劇場版

2024年2月9日(金)より 新宿ピカデリーほか全国順次公開 劇場情報 

kazeyo.jpg
(C)風よ あらしよ 2024

100年前、自由を求め闘った伊藤野枝の生涯

演出:柳川 強
脚本:矢島弘一
音楽:梶浦由記
制作統括:岡本幸江
原作:村山由佳『風よ あらしよ』(集英社文庫刊)
出演
吉高由里子 永山瑛太 松下奈緒
美波 玉置玲央 山田真歩 朝加真由美 山下容莉枝
渡辺哲 栗田桃子 高畑こと美 金井勇太 芹澤興人 前原滉 池津祥子
音尾琢真  石橋蓮司  稲垣吾郎

2022年にNHKで放送された特集ドラマ「風よ あらしよ」の劇場版。
100年前、筆の力で結婚制度や社会道徳に異議を申し立てた女性伊藤野枝。関東大震災後(1923年、大正12年)の混乱のなか憲兵に虐殺された野枝の波乱に満ちた生涯を描く。

「女は、家にあっては父に従い、嫁しては夫に従い、夫が死んだあとは子に従う」が女の生きる道とされた大正時代。1895年(明治28年)1月21日福岡で産まれた伊藤野枝(吉高由里子)は、貧しい家を支えるための結婚を断り上京。平塚らいてう(松下奈緒)の「元始、女性は太陽であった」という言葉に感銘を受け、手紙を送ったところ、「青鞜」に参加することになり、男女差別や結婚制度、社会道徳に異議をとなえ、社会的矛盾を青鞜に綴るようになった。婦人解放を唱え闘う野枝と青鞜社の仲間たち。
野枝の文才を見出した最初の夫辻潤(稲垣吾郎)、その後パートナーになった無政府主義者の大杉栄(永山瑛太)との出会い。何人もの子供たち。
これからという28歳の時に関東大震災が起こり、その混乱の最中、朝鮮人や社会運動家たちが殺されたが、大杉栄と伊藤野枝も1923年(大正12年9月16日)憲兵大尉の甘粕正彦らの手によって殺害された。
演出は吉高主演のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」も手がけた柳川強。


本作を観て思い出したのが、『金子文子と朴烈(パクヨル)』
関東大震災発生後、ほどなくして朝鮮人アナキストの朴烈と共に、治安警察法違反容疑で起訴された金子文子。無政府主義者として朴烈と共に国家権力に対して闘い、「何が私をこうさせたか -獄中手記」という自伝や記事から文才に溢れた女性であったことがわかります。伊藤野枝もまた、筆の力で社会の矛盾を語り、女性解放を訴えた女性。映画の最後に映ったご本人はどこにそんな力を秘めていたのかと思う雰囲気の可憐な方。
100年前に、こうした勇気ある活動をした女性たちがいて、その積み重ねで今があることを忘れてはならないと思います。まだまだ日本の女性の置かれた立場は満足のいくものではないのに、彼女たちのように声をあげる人が少ないようにも思えます。
それにしても、大震災後の混乱に乗じて無政府主義者や社会主義者というだけで虐殺された人たちがいたことに胸が痛みます。多くの朝鮮人が犠牲になったこととあわせて、忘れてはならない歴史です。(咲)


公式HP https://www.kazearashi.jp/
2023年製作/127分/G/日本
製作・配給:太秦 映像提供:NHK
posted by akemi at 20:40| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください