2022年12月11日

トゥモロー・モーニング   原題:Tomorrow Morning

tomorow morning.jpg
(C)Tomorrow Morning UK Ltd. and Visualize Films Ltd.

監督:ニック・ウィンストン
脚本・音楽:ローレンス・マーク・ワイス
出演:サマンサ・バークス、ラミン・カリムルー、ジョーン・コリンズ、ハリエット・ソープ

夕暮れ時のロンドン。淡いピンク色の空に映えるタワーブリッジを背景に、10年前の結婚した時の、熱い気持ちを思い出す二人。明日の朝には、離婚調停を控えている。
小説家を夢見ていたビルは、小説は諦めたが、広告業界でコピーライターとして敏腕を奮い、画家を目指していたキャサリンも現代アートの新星として注目を浴びている。結婚式前夜に妊娠が判明し、二人の喜びのもとに生まれてきた息子のザックも10歳になった。順風満帆だったはずの二人なのに、どこでボタンを掛け違えたのだろうか。結婚前夜に佇んでいたテムズ川沿いの同じ場所で、10年前を振り返る二人・・・

もとは、英国の音楽家ローレンス・マーク・ワイスが脚本・音楽を手掛け2006年にロンドンで生まれたミュージカル。舞台はひとつのセットで、二組の男女が、「結婚前夜」と「離婚前夜」の心情を吐露するものだった。オリジナルの初演も演出したニック・ウィンストン監督が、映画化。息子ザックや、まわりの人物も登場させ、舞台とは違うものに仕立てている。

明日からは違う人生を歩み始める二人。いろいろなことが夕暮れの美しい風景の中で脳裏に蘇ってきます。このまま別れてしまうの?と、見ているこちらも切なくなりました。
ビルを演じたラミン・カリムルーが、イラン人で、おぉ~これは!と。革命直前の1978年にテヘランで生まれ、その後、家族でイタリアに移住。3歳の時にはカナダへ。クルーズ船のパフォーマーとして活動ののち、英国を拠点にミュージカル俳優として活動を始め、2002年「レ・ミゼラブル」のフイイ役でウエストエンド・デビュー。ウエストエンド史上最年少の28歳で「オペラ座の怪人」の主役ファントムに抜擢されています。
キャサリン役のサマンサ・バークスも、2010年ミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役でウエストエンド・デビューし、ウエストエンド版「アナと雪の女王」でエルサ役など、有名ミュージカルのヒロインを多数演じています。世界最高峰のミュージカル・スター二人の夢の映画初競演です。
ちなみに、お父さん役のオミード・ジャリリもイラン出身でアメリカなどで活躍するコメディアン。ちゃんと血筋、合わせてました。お父さんの出番は少なくて残念でしたが!(咲)


2022年/イギリス/英語/105分
日本語字幕:石田泰子
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:セテラ・インターナショナル
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrowmorning/
★2022年12月16日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座ほか全国公開



posted by sakiko at 02:18| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください