2022年12月03日

北風だったり、太陽だったり

kitakaze.jpg

監督・脚本・編集:森岡龍
撮影:古谷幸一
音楽:UCARY VALENTINE
出演: 橋本一郎(葉山旅人)、足立理(奥貫陽太)、川添野愛(あぐり)、飯田芳(金井風太)

人気絶頂の最中、暴力事件を起こし、解散したお笑いコンビ「北風と太陽」。
かつて二人のマネージャーだった葉山は、自身の入籍を機に、ボケ担当で服役中の金井に、結婚報告をしようとする。事件以来、疎遠だった金井の元相方である奥貫をなんとか連れ出し、刑務所へと面会に向かうのだったが・・・。

刑務所に向かう道で、大小さまざまなアクシデントに遭遇する二人。雪まで降ってきますが、これは本物でいいアクセントでした。久しぶりに再会した風太は、規則正しい生活で元気、葉山と奥貫のような現実の生活の苦労がないからでしょう。ピン芸人はできないという奥貫は、眼鏡をなくしコンタクトレンズを踏まれ、からまれて殴られ、とまさに踏んだり蹴ったりです。それでもネタが口をついて出るとは、芸人魂は消えていないようです。そんな奥貫を元マネージャーの葉山は気遣います。
森岡監督、2016年『エミアビのはじまりとはじまり』に前野朋哉さんと人気の漫才コンビ役で出演しています。このときの漫才は、渡辺謙作監督と3人で作り上げたオリジナル。今回その経験が脚本や演出に生きているのかもしれません。可笑しさ、もの悲しさがないまぜになっています。監督・脚本のほか実はこの作品に出演もしています。「日本の明日は…」と連呼しているところを葉山と奥貫が乗った車が通りすぎます。お見逃しなく。(白)


『地の塩 山室軍平』(2017)
東條政利監督&主演:森岡龍さんインタビューはこちら

2022年/日本/カラー/35分
配給:map
(C)マイターン・エンターテイメント
https://kitakazedattari.com/
★2022年12月10日(土)渋谷ユーロスペース他にて上映!
posted by shiraishi at 13:29| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください