2022年11月01日

窓辺にて    英題:by the window

madobenite.jpg
(C)2022「窓辺にて」製作委員会


監督:今泉力哉
出演:稲垣吾郎、中村ゆり、玉城ティナ、若葉竜也、志田未来、倉悠貴、穂志もえか、佐々木詩音 / 斉藤陽一郎、松金よね子

小説を1冊出したきり、フリーライターをしている市川茂巳(稲垣吾郎)。編集者である妻・紗衣(中村ゆり)が、担当している売れっ子作家・荒川円(佐々木詩音)と不倫していることを知る。だが、ショックだったのは、妻が浮気しているのに、何の感情も沸かないことだった。そんなある日、文学賞の授賞式で出会った高校生作家・久保留亜(玉城ティナ)の受賞作「ラ・フランス」の内容に深く惹かれる。手に入れたものをすぐ手放す主人公に、モデルがいるなら会わせてほしいと、留亜に願いでる・・・

高校生の留亜からラブホテルに呼び出された市川。知り合いの経営するラブホテルに籠って執筆しているのですが、そんな場所に呼び出されても、吾郎ちゃんだと何も起こらない安心感があります。(いや、何かあってほしい?!) 愛している妻に浮気されても、何も感じないというキャラクターにも、納得です。鈍感というワケではなくて、吾郎ちゃんは、ふんわりとした包容力があるようだと思わせてくれるからでしょうか・・・
本作には、もう一組、不倫カップルが出てきて、そちらはちょっとギラギラした感じ。
『愛がなんだ』の今泉力哉監督が、吾郎ちゃんをイメージして描いたオリジナル脚本。
中年の域に足を踏み入れた稲垣吾郎が素敵です。(咲)


最初の1冊が売れたまま、書けずにいる小説家が主人公。妻は夫の担当編集者だが、若い売れっ子作家と不倫中。妻の秘密を知っても動じない自分にショックを受けて…という話だが、自分の心は意外に自分ではわからないものなのかもしれない。
妻は不倫をしつつも、夫を愛しているし、若い売れっ子作家もそれを十分理解している。むしろ彼は冷静で、主人公の妻の不満の根本にあるのは、夫が唯一書いた小説が元カノとのことがベースになっているからで、夫が本を書けないのは夫婦の愛が足りないからと思っているのだと分析する。ところが売れっ子作家が本気で主人公の妻を愛することで本当の理由が見えてくる。主人公は妻を心から愛していたのだ。互いに愛しているのにすれ違ってしまった夫婦の愛が切ない。(堀)


◆東京国際映画祭コンペティション部門 観客賞受賞!

舞台挨拶報告(東京国際映画祭公式サイト)
稲垣吾郎、『窓辺にて』の役柄は素の自分 今泉力哉監督に「心の中を見透かされているよう」
https://2022.tiff-jp.net/news/ja/?p=60045

2022年/143分/カラー
配給:東京テアトル
公式サイト:https://madobenite.com/
★2022年11月4日(金)全国ロードショー



posted by sakiko at 17:44| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください