2022年08月13日

ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ(原題:Sonic the Hedgehog 2)

sonic.jpg

監督:ジェフ・ファウラー
出演:ジェームズ・マースデン、ベン・シュワルツ、ティカ・サンプター、ナターシャ・ロスウェル、 アダム・パリー、シェマー・ムーア、コリーン・オショーネシー 、イドリス・エルバ 、ジム・キャリー
日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、木村昴、広橋涼、中村悠一、井上麻里奈
日本版主題歌:DREAMS COME TRUE

ヒーローになるべく日々奮闘中のソニック。一緒に暮らしているトムとマディはまだ子供なのに、と心配だ。2人はマディの姉レイチェルの結婚式のためにハワイに行くことになり、留守番役のソニックにいい子でいるように言い聞かせる。2人がいなくなったとたん、やりたい放題のソニックだが超音速で元に戻すのもお手の物。
そんな時に世界征服を企むドクター・ロボトニックが最強の敵、ナックルズと襲ってくる。ナックルズが探しているのは史上最強の破壊力を持つ「マスターエメラルド」。ドクターが手に入れたら、宇宙も意のままになってしまう。彼らより先にマスターエメラルドを見つけなければ!メカニックのテイルスと共に、ソニックは危険な旅に飛び込んでいく。

第1作の『ソニック・ザ・ムービー』から2年。独りぼっちで地球にやってきたソニックでしたが、今回は、黄色のテイルスが仲間になります。真っ赤なナックルズが新たな敵として登場、人間界には3色の旋風が巻き起こります。普通の人には速過ぎてよく見えませんが。ソニックのいつもの超音速は同じ能力のあるナックルズには通用せず、しかも生まれながらの戦士で抜群のパンチ力で攻撃してきます。どうするソニック?
ジム・キャリー扮するドクター・ロボトニックの切れっぷりも健在ですが、60代になった彼は4月に俳優引退宣言をしています。エキセントリックな役柄が多いジム・キャリー、ご本人は静かな生活が好きなのだとか。私が認識したのは『ペギー・スーの結婚』(1986)、表情豊かな人という印象でした。ソニックの敵役で出し切ったのか、これが最後になってしまうのか気になるところです。
日本版主題歌として提供された楽曲は、30年前に「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のゲーム楽曲として書き下ろされた「UP ON THE GREEN HILL」のメロディに吉田美和さんが英語の詩をのせています。(白)



2022年/アメリカ/カラー/シネスコ/123分
配給:東和ピクチャーズ
(C)PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC.
https://sonic-movie.jp/
★2022年8月19日(金)ロードショー

●映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
ムビチケ前売券を購入いただいた方
全員に『ソニック・ザ・ムービー』1作目の視聴プレゼント!

posted by shiraishi at 21:50| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください