2022年06月23日

愛に奉仕せよ  原題:인민을 위해 복무하라(人民に奉仕する) 英題:SERVE THE PEOPLE 

aini housiseyo.jpg 
© 2022 JNC MEDIA GROUP. All Rights Reserved.

監督:チャン・チョルス(『シークレット・ミッション』)
出演:ヨン・ウジン(『ときめきプリンセス婚活記』)、ジアン(『罠 Deep Trap』)、チョ・ソンハ(『哀しき獣』)、キム・ジチョル(『シークレット・ミッション』)

1976年5月1日、模範兵士ムグァンは師団長宅の炊事兵として着任する。ほどなく、師団長は軍首脳会談のため、1か月家を空けるという。2階には、命令しない限り上がるなと言い残しで出かける師団長。一方、若く美しい師団長の妻スリョンからは、位牌が定位置にない時には2階に上がってくるよう命じられる。2階に上がり、「奥様」と呼びかけると、「人のいないところでは、ヌナ(お姉さん)と呼んで」と命じるスリョン。師団長は若くして戦場で生き残り、人民の英雄として大きな権力を手にしているが、戦地で受けた弾のため、男としての役目を果たせないとスリョンは明かす。スリョンの誘惑に負け、一線を越えるムグァン。市場で1か月分の食糧を買い込み、鍵をかけて、二人きりで一糸まとわぬ姿で過ごす。やがて師団長が戻ってくる。ムグァンは、スリョンの口添えで工場長に出世する・・・

ムグァンには、出世して、村に残してきた妻子をいつか都会に住まわせたいという夢があって、工場長になったことで夢は実現します。けれども、スリョンと過ごしためくるめく日々は、ムグァンにとって忘れがたいもの。スリョンもまた、女として満たされた気持ちになったのですが、夫には言えないし、ムグァンが別れの挨拶に来た時にも、何事もなかったように接します。もちろん、これで話は終わりません。二人の行く末は劇場でご覧ください。
それにしても、大胆な描写にどきまぎしてしまいます。それもそのはず、原作は、その性描写により刊行直後に中国で発禁処分となった閻連科(えんれんか)の小説「人民に奉仕する」。架空の社会主義国家が舞台ですが、「主席様」の写真が飾られていたりして、北朝鮮を思わせます。
ムグァンを演じたヨン・ウジンは、つい先日、再放送で観たドラマ「君の歌を聞かせて」で主役を務めて、ニヒルな魅力のある男でした。Netflixで配信中のドラマ「39歳」では、ソン・イェジン演じる主人公と恋に落ちる皮膚科医役だそうです。
大胆なベッドシーンに挑み、奥様としての威厳も見せたジアンは、『罠 Deep Trap』でマ・ドンソクの妹を演じた方。師団長役は、『哀しき獣』はじめ数々の映画やドラマで活躍しているチョ・ソンハ。威厳を見せています。
韓国版『ラスト、コーション』とも呼ばれているそうですが、私は、ソン・スンホン主演の『情愛中毒』(2014年)を思い出しました。(咲)


2022年/韓国/146分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:福留友子/レイティング:R18+
日本語字幕:福留友子
配給会社:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-asia.com/houshi/
★2022年6月24日(金) シネマート新宿 ほか ロードショー



posted by sakiko at 01:02| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください