2022年05月31日

ストーリー・オブ・フィルム 111 の映画旅行(原題:The Story of Film : A New Generation)

story of film.jpg

監督&ナレーション:マイク・カズンズ『オーソン・ウェルズの目』(2018) 

本作で監督とナレーションを務めているマーク・カズンズは北アイルランドのベルファスト生まれ。エディンバラを拠点に活動するドキュメンタリー監督であり作家。発案から20年、観た作品は16000本。そのうち2010年から2021年までに製作された111作品をジャンル問わず選び、映画愛と知識で紐解いていく。

20年で16000本!年に800本とは!この映画のために、最近10年分の中から111作品選ぶのはさらに大変なはずです。シネジャスタッフになって1年に数百本観るだけでも結構大変なのですが、毎週作品紹介を書くために見直すことが多々あり(おまけによくラストを忘れてしまう)オンライン試写なのがとてもありがたいです。
マイク・カズンズ監督は日本映画が大好きだそうです。選んでいると似たようなものばかりになりがちですが、こちらでは広範囲にわたって様々なジャンルからとり上げられています。きっと記憶力もいいのでしょう。未見の作品の解説やヒントを聞くと、後で観たくなること必至。鑑賞済みでも印象に残る場面は人によって違いますしね。未見の作品と、その見どころをメモするのも楽しいです。
公式サイトには映画クイズが11問、どうぞお試しください。(白)


マーク・カズンズ監督は2011年に「ストーリー・オブ・フィルム」という全15章・全編900分以上にも及ぶドキュメンタリーのTVシリーズを制作。19世紀末の映画草創期から2000年代に至る映画120年の歴史を数多くの名監督、名優へのインタビューや膨大な数の映画の印象的なシーンを引用し、映画史を新しい視点で紐解きました。
本作はその続きともいえる作品。まずは『ジョーカー』と『アナと雪の女王』に共通点があると監督は伝えます。「えっ、どこに共通点がある?」と思ったら、ぜひご覧ください。監督が見つけた意外なキーワードに驚くはず。その後も「映画言語の拡張」、「我々は何を探ってきたのか」という二部構成で映画を検証していきます。
圧倒的にアメリカの作品が多いのですが、幅広く世界各国の作品が登場します。もちろん日本の作品も。さて、日本からは何が取り上げられたのか。今、日本で話題のあの監督の作品といったらわかるでしょうか。(堀)


2021年/イギリス/カラー/ビスタ/167分/5.1ch/
配給:JAIHO
公式サイト:https://storyoffilm-japan.com/ 
Twitter:@JaihoTheatre

★2022年6月10日(金)新宿シネマカリテ他、全国順次ロードショー!

posted by shiraishi at 22:28| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください