2022年05月05日

沖縄本土復帰50周年特集 国境の島にいきる『ばちらぬん』

与那国島が舞台の映画が2本公開されます『ばちらぬん』『ヨナグニ ~旅立ちの島~』

沖縄 桜坂劇場 TEL 098-860-9555 4/30(土) ~
東京 新宿 K's Cinema TEL 03-3352-2471 5/7(土) ~
東京 UPLINK 吉祥寺 TEL 0422-66-5042 5/7(土) ~
公開劇場情報

kokkyo_main_S_R_R.jpg

HPより
時代の波に翻弄される文化、言葉、暮らしそれでも島に息づくものがある。
かつて「与那国島」はアジアの交易の中継地として栄えてきた。その交流から生まれた文化と、日本や沖縄本島とも異なる独自の言語は島の誇りであった。
1972年、沖縄の日本本土復帰とともに、与那国は日本の最西端つまり国境の島になった。
その後50年の間、島はどのように移り変わり、人々の暮らしはどのように変化したのか。
そして、時代を経てもなお変わらないものとは ――
2021年、世界がコロナ禍に見舞われる中、与那国島は二つの映画を生み出した。
島に生まれ育った若き才能が描く望郷の島 『ばちらぬん』。
欧州からやって来た気鋭の視点で描かれる日常の島『ヨナグニ ~旅立ちの島~』。
与那国島を新たな角度から描いたこの作品を通して、国境の島そして復帰50周年の意味を問い直す。

与那国島ってどこ ?
与那国島ってどこ日本最西端に位置する国境の島。東京から南西に約1,900km、石垣島から127km。台湾までは111kmに位置し、晴れた日にはその山々を望むことができる。人口は約1700人、面積28.88平方kmの小さな島ながら、黒潮の激流が造り上げた壮大な自然と文化が色濃く息づく。主な産業は漁業や農業で、祖納(そない)・比川(ひがわ)・久部良(くぶら)の3つの集落がある。琉球王朝と南方文化の影響を受けた文化芸能は、ハーリー祭、豊年祭、金比羅祭などがあり、島の人々によって受け継がれている。2016年に自衛隊の駐屯が開始され、人口の15%に当たる自衛隊員とその家族250人が住民に加わり、複式学級が解消される小学校も出るなど、島の暮らしには大きな変化が生じつつある。
緯度・経度24.459251062906088, 122.99462682025388

『ばちらぬん』

Bachiranun new_main_S_R_R.jpg

監督・脚本・撮影・編集・美術・与那国語指導 東盛あいか
美術: 笹木奈美、東盛あいか
制作: 木村優里、三井康大
出演 東盛あいか/石田健太/笹木奈美/三井康太/山本桜

2021年ぴあフィルムフェスティバル グランプリ受賞
与那国島で生まれ育った東盛あいか監督の初監督作品。

『ばちらぬん』東盛あいか監督_2_R_R.jpg
東盛あいか監督

本作品は花、果実、骨、儀式など与那国島の象徴的なイメージで構成されるフィクションパートと与那国島の日常や祭事を取材したドキュメンタリーパートが交差するように進む実験作。フィクションとドキュメンタリーが交じり合う映像を通して、島に紡がれてきた歴史、文化、人々の記憶がスクリーンに映し出される。日本の最西端、沖縄県与那国島の言葉で「ばちらぬん」は「忘れない」という意味だそう。

与那国島生まれの女性監督が、若い感性で作られた作品。私には意味が分からずついていけないところもあったけど、与那国島の様子、雰囲気、イメージ、自然など、いろいろなものが混ざり合って、「私の島」を主張しているのかなとも思いました。本土とは違う、亜熱帯の植物たちが珍しく、いつか機会があったら行ってみたいと思いました。西表島までは行ったことがあるのですが、与那国島にはまだ行ったことがありません。沖縄が舞台の映画はけっこう観てきているのですが、与那国島が舞台の作品は、映画では観たことがなかったかも(暁)。

2021年/日本/日本語・与那国語/61分/カラー/フィクション/61分/5.1ch
エンディング曲: 「どぅんた」與那覇有羽 有限会社 RESPECT RECORD
配給 株式会社ムーリンプロダクション
協力:リスペクトレコード
後援:与那国町、イタリア文化会館
公式HP 『ばちらぬん』 
posted by akemi at 07:52| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください