2022年03月05日

林檎とポラロイド   原題:Mila

ringo poraloid.jpg
(C)Boo Productions and Lava Films (C) Bartosz Swiniarski

監督・脚本:クリストス・ニク
エグゼクティブ・プロデューサー:ケイト・ブランシェット
出演:アリス・セルヴェタリス、ソフィア・ゲオルゴヴァシリ

ある夜、バスの中で目覚めた男は、記憶を失っていた。覚えているのはリンゴが好きなことだけ。医師から“新しい自分”プログラムに参加し、古い記憶を取り戻すのは諦め、新たな記憶を積み重ねて人生を築きなおすことを勧められる。住まい、食料、洋服、当面の生活費があてがわれる。毎日リンゴを食べ、カセットテープに吹き込まれたミッションをこなし、ポラロイドで記録する。
自転車に乗る、仮想パーティーで友達を作る、酒を飲み踊っている女を探す、ホラー映画を観る、高さ10mからプールにダイブする、運転して車をぶつける、死期の近い人と一緒に過ごし、亡くなったら葬式に参列する・・・
さて、男はどんな人生を築きなおすのか、それとも記憶を取り戻せるのか・・・

なんともいえない可笑しみがありながら、人生の真髄を感じさせてくれる映画でした。たくさんの記憶が、日々の暮らしを豊かにしてくれていることをあらためて思いました。記憶をなくしてしまったら・・・ それはそれで、楽に生きていけるのかもしれません。この映画の主人公のようなミッションを毎日与えられるのも、ちょっとつらいかも。

クリストス・ニク監督は、1984年、ギリシャ・アテネ生まれ。本作が初長編映画。デビュー作でありながらヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門のオープニング作品に選ばれています。同映画祭コンペティション部門の審査員長を務めていたケイト・ブランシェットが評判を聞いて本作を観賞。惚れ込んで、映画完成後にも関わらず、エグゼクティブ・プロデューサーに就任。長編第2作目は、ケイト・ブランシェットプロデュース、キャリー・マリガン主演でハリウッドデビューの企画が進行中。どんな作品になるのでしょう・・・・(咲)


長く生きていると悲しいことにも遭遇します。もしかすると主人公の男性は悲しいことを忘れたくて、あえてこのプログラムに参加したのかもしれません。果物店のご主人から「リンゴは記憶力の低下を防ぐ」と言われた男性は買うつもりだったリンゴを袋から出して、オレンジを買っていました。
淡々とミッションをこなしていく男性。悲しみの中に閉じ籠るのではなく、辛くても行動を起こして前に進んでいくことが大事だと教えられた気がします。(堀)


記憶をなくすのは彼一人ではなく、そういう「奇病が蔓延している世の中」なんだそうです。切り取られた静謐なシーン、淡々とした主人公に共する人も多いでしょう。
寓話だと思いつつ、もっと世間が騒ぎそうとか、いつ自分がなるかもしれないなら、連絡先や身元のわかるものを必ず持ち歩くとか、ついツッコミ。この人は一人暮らしだから誰も探してくれなかったけれど、家に犬や猫や小さな子供や病人がいる人が帰れなくなったら?変なミッションを与えるよりほかにやることがあるでしょ、と現実的なことを考えてしまいました。変な感想ですみません。リアルな話より、ファンタジーのほうが受け入れやすいし、新しい人生を築きたい人が多いのかな。(白)


2020年/ギリシャ・ポーランド・スロベニア/90分/G
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:https://www.bitters.co.jp/ringo/
★2022年3月11日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

posted by sakiko at 19:13| Comment(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください