2022年02月12日

グッバイ、ドン・グリーズ!

goodbye.jpg

監督・脚本:いしづかあつこ
キャラクターデザイン:吉松孝博
美術監督:岡本綾乃
撮影監督:川下裕樹
音楽:藤澤慶昌
主題歌:[Alexandros]/「Rock The World」
アニメーション制作:MADHOUSE
声の出演:花江夏樹(ロウマ/鴨川朗真)、梶裕貴(トト/御手洗北斗)、村瀬歩(ドロップ/佐久間雫)、花澤香菜(チボリ/浦安千穂里)、田村淳(ロウマの父/鴨川太朗)、指原莉乃(ロウマの母/鴨川真子)

東京から少し離れた田舎町。ロウマは周囲と上手く馴染むことができない少年。同じように浮いた存在だったトトと二人だけのチーム"ドン・グリーズ"を結成する。東京の高校に進学したトトも夏休みに帰ってきた。そこにドロップという男の子が加わって3人チームになった。
「ねえ、世界を見下ろしてみたいと思わない?」というドロップの何気ない一言にのせられて、ロウマたちは山登りへ。その結果、山火事の犯人に仕立て上げられてしまった。空の彼方へと消えていったドローンが唯一の証拠、探しに行かなくては!
3人の小さな冒険は、やがて少年たちの“LIFE=生き方”を一変させる大冒険へと発展していく。

引っ込み思案な男子ロウマ、進学高へ進んだトト、長い付き合いの2人。新しく友達になった金髪のドロップはアイスランドからやってきました。秘密を抱えているようですが、ずっと後まで明らかにされません。

身の回り半径数メールから、次第に広くなっていく世界。表情豊かな少年たちとその軽快な動き、遠景も素敵です。ヴォイスキャストにもご注目を。人気の声優さんに加え、田村淳さんと指原莉乃さんがお父さんお母さん役です。
男の子3人組の冒険をアニメーションに仕上げたのは、いしづかあつこ監督とMADHOUSE。
最近では『サマー・ウォーズ』(2020)『若おかみは小学生!』(2018)、テレビアニメも「宇宙よりも遠い場所」(いしづかあつこ監督)ほか多数。1月5日からは「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」放映中。今年4月には『時をかける少女』(2006)が4DX版で再上映されます。その前にファンタジックな胸アツのこの作品を。(白)


作画のクオリティの高さに驚きました。ドローンで映した打ち上げ花火は最高。これは絶対にスクリーンで見てほしい。クライマックスはファンタジー感が強いのですが、それもすんなり受け入れられるのも背景画の美しさがあってこそ。
物語は『スタンド・バイ・ミー』的な要素がたっぷり。その中で医者になるために東京の進学高へ進んだトトの葛藤は同じ道を目指す多くの高校生の悩みでもあって、普段、アニメや映画を見ない受験生にも気分転換もかねてぜひ見てほしいと思います。人生の歩み方って人それぞれで、焦らなくてもいいんだよと気が付いてもらえるのではないでしょうか。(堀)


2022年/日本/カラー/95分
配給:KADOKAWA
(C)Goodbye,DonGlees Partners
https://donglees.com/
★2022年2月18日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 23:22| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください