2021年12月05日

街は誰のもの?

machi pos.jpg

監督・撮影・編集:阿部航太
整音:鈴木万里
出演:エニーボ(サン・パウロ)、チアゴ・アルヴィン(ベロ・オリゾンチ)、オドルス(プラナルチナ)、中川敦夫(サン・パウロ)、ピア(リオ・デ・ジャネイロ) 
*()内は出逢った都市

南米一の大都市サン・パウロ。そこには多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジル特有の都市の姿があった。東京でグラフィックデザイナーとして活動する阿部航太が、2018~2019のブラジル滞在で体感した「街」。そこには歪んだ社会に抗いながら、混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ、スケーター、そして街を歩き、座り込み、踊り明かす人々がいた。ブラジルの4都市を巡り、路上から投げかけられた一つの問いへの答えを追うストリート・ドキュメンタリー。

この作品に登場するグラフィテイロ(グラフティを描く人)たちは、警察の目を気にしながら、あっというまに描き上げていなくなります。スプレー缶だって安くはないのに「ここにいるよ」という発信なのでしょうね。大きな壁に自由にメッセージや好きな絵を描けたら、さぞ楽しいはず。歓迎してくれる人も中にはいて、なんだか嬉しくなります。所有者が気に入って消されずに残っていくといいな。
このストリートアートは、世界中で描かれてアーティストとして認められた人もいますね。バンクシーやバスキアも。台湾の虹の村「彩虹眷村」も観光スポットとして有名です。お爺ちゃんが家や道路にポップな絵を描き始めて話題になりました。2019年に訪ねて、あまりに面白くてバスの集合時間に遅れてしまったんでした。
東京では落書きとみなされてすぐ消されてしまうんでしょうか。高速道路や高架下で読めない文字?を見かけるくらいです。ちゃんと所有者に許可をもらったか、発注されたかと思われるものは原宿などにあるようですね。浅草仲見世の商店のシャッターには、日本の四季や祭りなどが描かれています。閉店後でないと見られませんが、寄席や演劇の帰りに観るのが楽しみです。Googleマップであちこち壁伝いに探してみようかな。
「街は誰のもの?」というタイトルの答えは、観た人によって少しずつ違うでしょう。でも願うのは、誰もが生きていける街であること。(白)


『街は誰のもの?』は、サンパウロの街中で壁に落書きをしている人たちを追ったドキュメンタリー。私は2018年12月から2019年2月まで、ピースボートの船で世界一周の旅に出て、途中、リオデジャネイロの街中を観光し、その時、落書きの多さにびっくりした。ファベーラ(スラム街)の家々の壁にはずっと落書きが続いていた。さすがにコルコバードの丘、イパネマ海岸、コパカバーナなどの観光地の周辺には落書きが少なかったけど、その後に行った、ウルグアイ、アルゼンチン、チリと、南米の国々は落書きのオンパレードだった。南米に行ってびっくりしたことです。街の文化というべきか、混沌とした街の姿なのか。あるいは若者の発露の場所なのかもしれません。庶民が暮らす街中にはこの落書きがあふれていて、街の文化を形成している。この映画でも文化、あるいは仕事として書かれています(暁)。

南米の落書き写真:撮影 宮崎暁美
リオデジャネイロ街中の落書き
P1020289_R補正_R.jpg

チリ・パルパライソ観光地のカラフルな落書き
P1050591_R補正_R.jpg

チリ・パルパライソ街中の落書き
パルパライソ4.jpg


参考記事 シネマジャーナルHP スタッフ日記
ピースボート世界一周船旅の写真整理(暁)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/484784517.html

2021年/日本/カラー/98分
配給:Trash Talk Club
(C)KOTA ABE
https://www.machidare.com/
★2021年12月11日(土)シアター・イメージフォータムにてロードショー

posted by shiraishi at 13:25| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください