2021年10月31日

花椒(ホアジャオ)の味 原題「花椒之味」 英題 Fagara

2021年11月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
劇場情報
poster_R.jpg

脚本・監督:麥曦茵(ヘイワード・マック)Director: Heiward MAK
監制(プロデューサー):許鞍華(アン・ホイ)、朱嘉懿(ジュリア・チュウ)
撮影監督:葉紹麒(イップ・シウケイ)[HKSC]
美術&スタイリング・ディレクター:張兆康(チャン・シウホン)
編集:麥曦茵、鐘邵康(チョン・シウホン)
配樂(音楽):波多野裕介
出演:
父 夏亮(ハー・リョン):鍾鎮濤(ケニー・ビー)
娘 如樹(ユーシュー):鄭秀文(サミー・チェン)、
娘 如枝(広東語読みユージー、北京語読みルージー):赖雅妍(メーガン・ライ)
娘 如果(広東語読みユーグォ、北京語読みルーグオ):李曉峰(リー・シャオフェン)
如枝母 張雅玲(チャン・ヤーリン):劉瑞琪(リウ・ルイチー)
如果祖母 劉芳(リウ・ファン):吳彥姝(ウー・イエンシュー)
父の友人の麻酔医蔡浩山(チョイ・ホーサン):任賢齊(リッチー・レン)
如樹の元恋人郭天恩(クォック・ティンヤン):劉徳華(アンディ・ラウ)

『花椒(ホアジャオ)の味』公式サイト
2019年/中国・香港/広東語・北京語/118分 
日本語字幕:最上麻衣子/字幕協力:大阪アジアン映画祭/G
写真クレジット
© Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All Rights Reserved.
sb1_R.jpg

花椒はしびれるような辛さがあるけど味わい深い

自分と母親を置いて家を出てしまった父(ケニー・ビー)とは距離を置いていた如樹(サミー・チェン)は、父の急死で自分に異母姉妹が二人いることを知る。一人は母親と共に台北に住む如枝(メーガン・ライ)、もう一人は祖母と重慶に住む如果(リー・シャオフェン)。香港・中国・台湾の三地に分かれた姉妹が父の死を機に葬儀の席で出会う。初めて顔を合わせた3人は、始めはよそよそしかったけど、父親の店を切り盛りする中でそれぞれの事情を越えて理解しあう。
sb9_R.jpg

父は香港島大抗で火鍋店を経営していたが結構繁盛していた。賃貸契約期間が残っていて、途中で解約すると違約金を払わなくてはならなかったり、雇われていた従業員がすぐには仕事をみつけられないというような事情があって、如樹は店を続けることにした。店を再開したら目の回る忙しさに。疲れきった如樹は重慶と台北に帰っていた姉妹に手伝ってくれるようにSOSを出す。それぞれ居場所をみつけようとしていた二人は戻ってきてくれて、三人は協力しあって店を切り盛りする。
しかし、父の作った火鍋の出し汁の在庫が少なくなった時、レシピが従業員には伝わっていないことがわかった。父の残した火鍋スープのレシピを再生する過程で、育った文化も境遇も違う三人に姉妹としての情と絆が芽生えてくる。それぞれが抱える問題も描きながら、店を立て直す姿が描かれる。家族とのわだかまりや、自分の進んで行く方向の模索など、それぞれの夢と現実をかかえながら歩む女性たちの姿が美しい。そして、父の友人(リッチー・レン)や、元恋人(アンディ・ラウ)など男性人の励ましも嬉しい。「花椒」はピリッと渋くて辛いけどおいしい。
麥曦茵(ヘイワード・マック、『烈日当空』)の日本初紹介作。『恋の紫煙』の脚本家でもある。エリック・ツァン、パン・ホーチョンに見出された新世代の才能。その才能に惚れ込みアン・ホイがプロデューサーを担当。原作はエイミー・チャンの小説「我的愛如此麻辣」。2020年第39回香港電影金像奨に11部門ノミネート。張兆康が最優秀美術受賞。

コロナ禍で自粛期間が始まる直前の去年3月、東京から大阪に行き、大阪アジアン映画祭で最初に観た。「今年は大阪に行くのやめる。あなたもやめたほうがいいわよ」というまわりのこの映画祭ファンの声があったけど、それでも私はこの作品を観たいという思いを胸に大阪に行ったのでした。結局、この映画祭以降、あいち国際女性映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭など、地方の映画祭には行くことができず、いまだにその状態が続いているのですが、この『花椒(ホアジャオ)の味』はあいち国際女性映画祭でも上映され、しかもこの映画祭のカタログには私自身が作品紹介を書いたにもかかわらず、行けなくて残念でした。でも、その時点では日本公開されるとは思っていなかったので、公開が決まって嬉しかったです。
この物語そのものはどうなんだろうと思う。この環境にある3人の女性が協力して店を切り盛りするなんてことは発想すらできない。男(父)にとって都合のいいことだから。香港、台湾、中国と3か所に、別々の家族を作り、そんなに年の離れていない娘が3人もいるという設定。私だったら、「なんだこの男。女(妻)をとっかえひっかえ変えて許せない」と思ってしまう。長女の如樹(サミー・チェン)も、そういう思いがあるから父と間を置いていたのでしょう。しかも、自分以外に娘が二人も別にいるということさえ伝えていなかったのだから、そりゃあ、父の葬式で初めて知った時の気持ちは複雑だったんじゃないかな。それを乗り越えて3人の協力体制になるわけだけど、これぞプロデューサーのアンホイティストという感じ。あるいは香港的というべきか。
父親役がケニー・ビーというのも好感度あげている。ケニー・ビーは温拿楽隊(ザ・ウィナーズ)の ボーカルで俳優としても活躍。1970年代から台湾映画に出演、80年代以降香港映画にも出演している。
如樹役のサミー・チェンもベテラン歌手であり、主演作も多い女優でもある。第21回香港電影金像奨(2002)では『ダイエット・ラブ 』『鍾無艶』『ファイティング・ラブ』の3作品が主演女優賞にノミネートされた。また2020年の第39回香港電影金像賞奨では『花椒の味』と『聖荷西謀殺案』の2作品が主演女優賞にノミネートされた。
如枝役のメーガン・ライは『愛到底』(09)、『あの頃、君を追いかけた』(11)などに出演。如果役のリー・シャオフェンはフォン・シャオガン監督の『芳華-Youth-』(17)に出演している。如樹の母は出てこないけど、次女の母役は台湾の女優、張雅玲(チャン・ヤーリン)。『迷走廣州』で第五十七回金馬獎(2020)で助演女優賞にノミネートされた。また、如果の祖母役は吳彥姝(ウー・イエンシュー)。中国映画界の中国国家一級俳優。シルヴィア・チャン監督の『妻の愛、娘の時』(17)では田舎のお婆さんを演じた。今回のモダンなお婆さんの姿と比較して、とても同人物とは思えない。
そしてリッチー・レン(台湾)とアンディ・ラウ(香港)。二人ともベテランの歌手であり俳優である。二人とも日本でコンサートを行ったことがある。リッチー・レンは『星願 あなたにもういちど』(1999)での演技が印象的だった。アンディ・ラウはアン・ホイ監督の『望郷』(1982)で映画デビュー以来120本以上の作品に出演している。サミー・チェンとの共演作も多く、『ニーディング・ユー』『ダイエット・ラブ』(00)、『インファナル・アフェア 無間道』(02)、『イエスタデイ・ワンスモア』(04)などで共演している。また、歌手としても活躍し「香港四天王」の一人。
sb7_R.jpg

プロデューサーのアン・ホイ監督を撮ったドキュメンタリー作品『我が心の香港』(文念中/マン・リムチョ監督)も、11月6日(2021)に公開される。(暁)

posted by akemi at 20:23| Comment(0) | 中国・香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください