2021年10月16日

ビースト(英題:The Beast)

beast.jpg

監督・脚本:イ・ジョンホ
撮影:ジュ・ソンリム
出演:イ・ソンミン(ハンス)、ユ・ジェミョン(ミンテ)、チョン・ヘジン(チュンベ)、チェ・ダニエル(ジョンチャン)

仁川(インチョン)で猟奇殺人事件が発生した。かつて相棒同士だった、捜査1班を率いるハンスと2班を率いるミンテは、昇進をかけて捜査に臨む。早々にハンスが容疑者を逮捕したが、冤罪を確信したミンテが独断で釈放したことで捜査は混迷を極め、また二人の溝は深まっていくのだった。その頃、情報屋のチュンべに呼び出されたハンスは、猟奇殺人事件の情報を提供する交換条件として、殺人の共犯になるように要求されていた。困惑するハンスの拳銃を奪い、待ち伏せていた男を射殺したチュンベ。予測不能の殺人事件に巻き込まれたハンスは、チュンベの隠蔽工作に加担することになってしまった。ハンスが容疑者のアジトを突き止め、事件は解決へ向かうかに見えたが、チュンベと海に沈めたはずの車が引き揚げられ、凶器に使われた拳銃の銃弾が発見されてしまう。焦燥を募らせていくハンスの姿をミンテは怪しみ、疑惑の目を向け始める──。

色彩もダークな韓国の警察ノワールもの。同期の警察官2人がことあるごとに衝突し、競い合ったあげく殺人事件にまで加担することになってしまいます。隠そうとしたばかりにウソにウソが重なり、にっちもさっちも行かなくなる2人。人間正直になるのが一番。それを妨げるのは、なんとかなるかもしれないという甘い期待と欲でしょうかね?
主演のイ・ソンミンは今年1月公開の『KCIA 南山の部長たち』で大統領役、2019年『工作 黒金星と呼ばれた男』ほかでも主要な役を演じています。テレビドラマ「ミセン 未生」のオ課長も印象的で、人情味のある役にも冷徹な政治家役にもはまります。ユ・ジェミョンは日本でも大ヒットのテレビドラマ「梨泰院クラス」の長家グループ会長、「花郎」の側近パク、『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』では警長でした。情報屋のチョン・ヘジン『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』ではクールな民政主席。俳優さんの顔は数え切れないほどあるんですね。それを観るのが楽しみです。(白)


2019年/韓国/カラー/シネスコ/130分
配給:キノシネマ
(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.
https://movie.kinocinema.jp/works/thebeast/
★2021年10月15日(金)キノシネマほか全国順次公開
posted by shiraishi at 11:55| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください