2021年10月07日

燃えよ剣

mopeyoken.jpg

監督・脚本:原田眞人
原作:司馬遼太郎
撮影:柴主高秀
音楽:土屋玲子
出演:岡田准一(土方歳三)、柴咲コウ(お雪)、鈴木亮平(近藤勇)、山田涼介(沖田総司)、伊藤英明(芹沢鴨)、尾上右近(松平容保)、山田裕貴(一橋慶喜)

江戸時代末期。黒船の来航により、外国から日本を守るため幕府の権力を回復させようとする佐幕派と、天皇を中心にした新政権を目指す討幕派の対立が深まりつつあった。武州多摩の農家に生まれた土方歳三は「武士になりたい」と、近藤勇、沖田総司ら同志とともに京都へ向かう。芹沢鴨を局長に、徳川幕府の後ろ盾で新選組を結成し、土方は「鬼の副長」と恐れられながら、討幕派の制圧のため京都の町で活躍を見せるが……。

新選組を扱った小説、ドラマ、映画は数多ありますが、こちらの原作は司馬遼太郎の同名小説。俳優なら一度はやってみたい役柄がこの中に詰まっています。なかでも人気はこの土方歳三、次に沖田総司ではないでしょうか。土方歳三は洋装断髪の写真が残されていて、なかなかお洒落で美男であったようす。活躍のほどもすでにあれこれで語られていますが、本作は『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と石田三成役だった岡田准一の再タッグで新たに映画化されました。新選組の歴史や多くの登場人物がよくわからない~という方は公式サイトの「3分でわかる新選組」トレーラーをどうぞ。完成報告イベントの映像も観られます。
たぎる想いを抱いて京都へ向かい、新選組副長となり、池田屋事件、大政奉還を経て戊辰戦争の勃発、箱館・五稜郭での戦いで絶命するまでの土方歳三をご覧ください。柴崎コウさんが生涯歳三に寄り添ったお雪を演じて、その凛々しいこと。剣士に負けていません。(白)


2021年/日本/カラー/シネスコ/148分
配給:東宝、アスミック・エース
(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
http://moeyoken-movie.com/
★2021年10月15日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 15:01| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください