2021年10月02日

メインストリーム(原題:Mainstream)

main.jpg

監督:ジア・コッポラ
脚本:ジア・コッポラ、トム・スチュアート
撮影:オータム・デュラルド
音楽:デヴ・ハインズ
出演:アンドリュー・ガーフィールド(リンク) 、マヤ・ホーク(フランキー)、ナット・ウルフ(ジェイク)、 ジェイソン・シュワルツマン(マーク・シュワルツマン)、ジョニー・ノックスヴィル(テッド・ウィック)、アレクサ・デミー(イザベル・ロバーツ)

20 代のフランキーは映像作品を YouTube にアップしながら、さびれたコメディバーで生計を立てる日々に嫌気がさしていた。ある日、天才的な話術の持ち主・リンクと出会い、そのカリスマぶりに魅了される。作家志望のジェイクを巻き込んで、本格的に動画制作をスタートする。
自らを「ノーワン・スペシャル(ただの一般人)」と名乗り、破天荒でシニカルなリンクの言動を追った動画は、かつてない再生数と「いいね」を記録。リンクは瞬く間に人気 YouTuber となり、3人は SNS 界のスターダムを駆け上がってゆく。
刺激的な日々と、誰もが羨む名声を得た喜びも束の間、いつしか「いいね!」の媚薬は、リンクの人格を蝕んでいた。ノーワン・スペシャル自身が猛毒と化し、やがて世界中のネットユーザーからの強烈な批判を浴びるとき、野心は狂気となって暴走し、決して起きてはならない衝撃の展開をむかえる―。

「いいね」の承認欲求が止まらない人はこれ観て頭冷やしてくださいね。暴走の果てに何が起こるのか?子どもたちがなりたいものに「 YouTuber 」が上がってるというのはほんとなんでしょうか?SNSのメインストリーム(主流)の裏側はこんなにたいへんなんですよ~。ユーザーはわがままで移り気。お金を儲けたい大人はもっともっとと煽って、その責任は取りません。
ユーザーが反応する画面にあふれる色彩と音、疾走するドラマ。これが長編2作目のジア・コッポラ監督はフランシス・F・コッポラの孫+ソフィア・コッポラの姪。才能が受け継がれているのは、主演女優のマヤ・ホークもでした。ユマ・サーマンとイーサン・ホークの娘ですが、七光りとは言えないほどの活躍。今後もチェックしたい女優さんです。製作にも参加している、アンドリュー・ガーフィールドの振り切りっぷりが凄まじいです。(白)


2021年/アメリカ/カラー/シネスコ/94分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(c)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
公式サイト:https://happinet-phantom.com/mainstream/
公式 twitter:https://twitter.com/mainstream_jp
公式 instagram:https://www.instagram.com/mainstream_jp
★2021年10月8日(金)新宿ピカデリーほかにて全国公開
posted by shiraishi at 21:05| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください