2021年08月29日

その日、カレーライスができるまで

_sonocurry mainvisual.jpg

監督・脚本・編集:清水康彦
原案・脚本:金沢知樹
脚本:いちかわニャー
撮影:川上智之
主題歌:安部勇磨「テレビジョン」(Thaian Records)
出演:リリー・フランキー(健一)、神野三鈴(美津子/声)、中村羽叶(映吉)

土砂降りの中、くたびれた様子の男がアパートに帰ってきた。独り住まいの健一。今日はカレーを作る日だ。薄暗い台所で材料を取り出し、丁寧に調理する。いつも聴いているラジオ番組では、リスナーの「マル秘テクニック」を募集している。ガラケーに文字を打ち込んでみる。「妻の誕生日にカレーを作っています。3日後が、誕生日です…」
心臓病で亡くなった幼い息子・映吉の写真が父を見守っている。

そのカレー_sub7.jpg

ほぼワンシチュエーションで、リリー・フランキーの一人芝居。部屋の壁は薄くて、ラジオの音が少し大きいと「うるさい!」と隣人に壁を叩かれます。わびしい住まいの中で、笑顔の息子の写真を眺めながら思い出を反芻しています。子に先立たれた親は後悔に苛まれます。健一は同じ心臓病で苦しんでいる子どもたちのために街頭募金をしているようです。
3日がかりでカレーを作るのは、妻が3日目のカレーが好きだったから。息子が亡くなった後、妻は出て行ってしまいましたが、例年通りにカレーを煮込んでいます。
リリー・フランキーの細やかな表情の変化に目が吸い寄せられます。息子の写真を見ながらだんだん鼻の頭が赤くなり、目がうるんでくるのに釘付けになりました。もらい泣きしたのは言うまでもありません。寂しいばかりでなく、愛聴しているラジオ番組が一役買う嬉しいできごとも起こります。観終わるとカレーが食べたくなること請け合い。
『37セカンズ』(18)の神野三鈴が健一の妻役で声の出演。齊藤工が企画・プロデュース。

併映作品に『HOME FIGHT』。伊藤沙莉、大水洋介(ラバーガール)が兄妹に扮してリモートで会話する短編。軽妙な二人の会話に笑えます。どこまで脚本で、どこからアドリブなんでしょうか?(白)


2021年/日本/カラー/52分  *併映作品あり
配給:イオンエンターテイメント
(C)2021「その日、カレーライスができるまで」製作委員会
https://sonocurry.com/
★2021年9月3日(金)全国公開
posted by shiraishi at 00:54| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください