2021年08月20日

鳩の撃退法

hatonogekitaihou.jpg

監督:タカハタ秀太
原作:佐藤正午「鳩の撃退法」(小学館刊)
脚本:藤井清美 タカハタ秀太
撮影:板倉陽子
音楽:堀込高樹
主題歌:KIRINJI feat. Awitch (ユニバーサル ミュージック)
出演:藤原竜也(津田伸一)、土屋太鳳(鳥飼なほみ)、風間俊介(幸地秀吉)、 西野七瀬(沼本)、佐津川愛美(幸地奈々美)、 桜井ユキ(加賀まりこ)、 柿澤勇人(晴山次郎)、駿河太郎(多々良)、浜野謙太(大河内)、岩松了(川島社長)、 / 村上淳(山下)、 坂井真紀(加奈子)、濱田岳(堀之内)、ミッキー・カーチス(房州老人)、リリー・フランキー(まえだ)、豊川悦司(倉田健次郎)

この男が書いた小説(ウソ)は、現実(ホント)になる。
その結末を決めるのは、あなたー。

かつては直木賞を受賞した作家の津田伸一、天才ともてはやされたのは過去の話。今は富山で送迎ドライバーとして働いている。ある夜、いきつけのコーヒーショップで、文庫本を読んでいる男・幸地秀吉に目が止まった。話がはずみ、今度会ったら「ピーターパンの本を貸そう」と別れた。しかしその夜から幸地秀吉は妻と子と共に姿を消してしまう。
そして旧知の古本屋の房州老人が亡くなり、津田のもとに遺品のスーツケースがやってくる。数字を合わせる鍵がついていたので、こつこつと組み合わせの数字を一つずつ入れてみた。何日か目についに鍵が開き、中に入っていたのは3千万と数万円の現金。思いがけない収入に津田は喜ぶが、使った1万円札が偽札だとわかる。

編集者の鳥飼は津田の小説を出版したいとなだめすかし褒めちぎり…そんな彼女に新作を読ませてやるからと現金をねだる津田。これがむさいおじさんなら、ふん!ですが藤原竜也さんだもんね。クズ男だと思いつつ、財布を開いてしまいそうです。コーヒーショップの店員・沼本もなんだかんだ言いながら津田に巻き込まれてしまいます。
小説は虚々実々入り混じり、鳥飼も観客も事実なのか小説なのかわからなくなってきます。この小説を映画にしようと、脚本を書き始めた監督エライ!タイトルの「鳩」は津田が手にしてしまった偽札のこと。これが間違いの元で、回りまわってスーツケースに入っていたことから、津田をはじめ周りの人間が右往左往してしまうのです。ここぞというときに名前があがり、ついに姿を現す倉田健次郎。裏社会の大物の風格を豊川悦司さんが表わしています。ほんのちょっとだけ出てきてその場をさらっていく、演技巧者も多数。これは現実なのか?小説の中なのか?あなたも劇場で翻弄されてきましょう。(白)


2020年/日本/カラー/シネスコ/119分
配給:松竹
(c)2021「鳩の撃退法」製作委員会 c佐藤正午/小学館
https://movies.shochiku.co.jp/hatogeki-eiga/
https://twitter.com/hatogeki_eiga
https://www.instagram.com/hatogeki_eiga/
★2021年8月27日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:17| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください