2020年09月17日

鵞鳥湖(がちょうこ)の夜 ( 原題:南方車站的聚会 英題:THE WILD GOOSE LAKE)

16001392048270.jpg

監督・脚本:ディアオ・イーナン
撮影:トン・ジンソン
照明:ウォン・チーミン
美術:リュウ・チアン
出演:フー・ゴー、グイ・ルンメイ、リャオ・ファン、レジーナ・ワン

2012年、中国南部の鵞鳥湖周辺エリアは再開発から取り残され、ギャングたちの抗争が激しくなっていた。刑期を終えてバイク窃盗団に戻ったチョウ(フー・ゴー)は、敵対関係にある猫目・猫耳兄弟たちとの争いに巻き込まれた揚げ句、警察官を殺してしまう。指名手配犯となった彼は、自分に懸けられた懸賞金30万元を妻と小さな息子に残そうと策を練る。

夜、篠突く雨、電車の機械音が響く中、印象的な劇伴が被さる。
「お兄さん、火を貸して」
物憂げな女が近づく。
「待ってる女は来ないわよ」 男「…。」
冒頭の数カットだけで、中国産フィルム・ノワールの雰囲気は決定付けられる。『薄氷の殺人』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したディアオ・イーナン監督が、新型コロナウイルス発生前の湖北省・武漢で撮影した本作は、前作のイメージを踏襲しつつ、暗い官能、薄幸の人間だけが醸す色気、胸騒ぎを誘う疾走感、銃撃戦のテンポとキレのよいアクションが混在し、画面から艶めかしさまでが漂う逸品である。

映画は2012年、事件の発端となる場面の回想へと自然に移る。再開発から取り残された鵞鳥湖周辺に渦巻く抗争、ギャングたちを”客”とする“水浴嬢”(湖畔の娼婦)たち、チンピラ窃盗団などが暗躍する。怪しく安っぽいネオンが点滅する繁華街、蛍光色靴で踊る人々、鵞鳥湖周辺の暗闇と幻想的な霧、雨、水音のイメージ、鬱蒼とした大自然、点在する禍々しい廃墟、真夜中の動物園までが、豊かな映像世界を彩る道具立てとして登場し、観客は息を詰めて見守ることになる。
2000年代を代表するヒット曲が、中国の裏社会でもがき生きる人々の心象風景を表出するのだ。情動的な音楽はエンディングの「ブンガワンソロの歌」で終焉を迎えるが、決して後味は悪くない。寧ろ爽快感さえ感じさせる演出話法に唸らされた111分だった。(幸)


『藍色夏恋』(2002年)で、台北の街を颯爽と自転車でいく姿で鮮烈な印象を残してくれたグイ・ルンメイ。『鵞鳥湖の夜』では、水浴嬢と呼ばれるリゾート地で海水浴に同伴する風俗嬢を演じているというので、ちょっと驚いた。ミステリアスで可憐。清楚な娼婦だ。出演していると聞けば、その映画を観たくなる。グイ・ルンメイはそんな女優。本作も、期待を裏切らなかった。(咲)

なぞの男となぞの女。暗い怪しげな人影の少ない駅で二人は会う。それは偶然ではなく、ある指令を受けて女が男に近づいた。追われる男と寄り添いながら逃走を続ける女。観ている側は、何がどうなっているのか、かなり中盤までなぞのまま話が進んでゆく。後半、やっと「どうやら、こういう話らしい」という感じが見えてくる。それにしても刁亦男(ディアオ・イーナン)監督の作品は前作の『薄氷の殺人』といい、なぞめいた話の流れを作り、最後のほうでやっと観客に「そういうことだったのね」と納得させる作りが不思議とイライラさせない。私は半分すぎても話が見えないと、途中でイライラするたちなので、そういう作品があまり好きではない。でもディアオ・イーナン監督の作品はけっこう好き。
桂綸鎂(グイ・ルンメイ)が水浴嬢という役でなぞの女を演じる。彼女のこれまでのはつらつとした役とは全然違う「女」を見て、彼女を「少女」の頃から見ている私としては、ますます「ミステリアスな女性」になってきたなと思った。刑事役の廖凡(リャオ・ファン)は刑事役で出演。この二人はディアオ・イーナン監督お気に入りの二人なのかな。『薄氷の殺人』に続いての出演。
そして指名手配犯となった男を演じた胡歌(フー・ゴー)これまでたくさんの中国映画を観てきたけど、彼を観たのは初めての気がする。調べてみたら2005年にデビューしているけど、これまで全然知らなかったのはなぜ?と思って出演作を見てみたら、TVドラマが多かったよう。しかも「新・射雕英雄伝」に主演している! これは香港の劉徳華(アンディ・ラウ)版しか見たことがないけど、繰り返し作られている中華圏では有名な作品。しかし、こんなイケメン俳優がいるというのを、これまで全然知らなかったとは。映画は観るけどTVドラマは見ない私なので出会わなかったのでしょう。今、日本公開されている『チィファの手紙』や、これから公開される『クライマーズ』にも出演しているというので、この9月末はフー・ゴー出演作3本が日本で公開されていることになる。すごい! 日本の中国ドラマファンだけでなく、中華圏映画ファンにも話題になるかも(暁)。


2019年製作/111分/PG12/中国・フランス合作/ビスタサイズ
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C) 2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,
公式サイト:http://wildgoose-movie.com/sp/
★ 2020年9月25日 (金)より 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほかにて全国公開

posted by yukie at 21:07| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください