2020年04月05日

アドリフト 41日間の漂流(原題:Adrift)

adlift.jpg

監督:バルタザール・コルマウクル
脚本:アーロン&ジョーダン・カンデル
撮影:ロバート・リチャードソン
出演:シャイリーン・ウッドリー(タミー・オールダム)
サム・クラフリン(リチャード・シャープ)

1983年、婚約したばかりのタミーとリチャードは、ヨットに乗り込みタヒチからサンディエゴへと旅に出た。ところが出発から2週間後、記録的なハリケーンに遭遇し巨大津波に飲み込まれてしまう。船室にいたタミーはしばらくして目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線も繋がらない。さらに、大怪我を負い波に漂うリチャードを発見する。リチャードを助け出したタミーは、極限状態の中、セーリングの知識を総動員し陸を目指すが…。

実話と知っていても、次々と二人を襲ってくる困難にハラハラ。ことにハリケーンに遭遇して、文字通り木の葉のように浮き沈みするのに怖い思いをしました。ヨット好きのタミーですが、知識も経験も豊富なリチャードが頼りです。その彼が大怪我をし、ヨットも大破、食料も水も充分ではないと来たら…海での遭難は絶対体験したくないです。
孤軍奮闘するタミーを『ダイバージェント』シリーズ、『きっと、星のせいじゃない。』(14)のシャイリーン・ウッドリー。アクションも前作で鍛えられたでしょうが、最初から最後まで出ずっぱり。極限状態の後半はさぞ大変な撮影だったはず。カメラさん凄い!と資料を見ましたら、アカデミー賞撮影賞はじめ多くの受賞を果たしているベテランでした。船に弱い方は覚悟のほど。(白)


2018年/イギリス・アメリカ合作/96分
配給:キノフィルムズ
(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://adrift-movie.jp/
2020年4月10日(金)ロードショー →近日公開
posted by shiraishi at 00:11| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください